• ホーム
  • 働く
  • オーストラリアで食物の勉強と仕事をしたい

オーストラリアで食物の勉強と仕事をしたい

レス7
(トピ主1
お気に入り2

キャリア・職場

どすこい

こんにちは。30代未婚女性です。
私は20代で栄養士の資格を取りながら事務の仕事をしてきました。
が、やはり栄養関係の仕事をしたいと思うようになりました。
とっぴょうしもないかもしれませんがオーストラリアには自然の食べ物があると漫画「美味しんぼ」で読んで、興味を持つようになりました。
向こうできちんとした食べ物について学べればなあと思うのですが、ワーキングホリデーするのには年齢が超えちゃっているんですよね。
オーストラリアの料理店で働くのによい方法はないでしょうか?
ご存知でしたら是非教えていただきたいです。
なお、私は日本の調理師免許は持っており、英会話にも問題はありません。(1年間ロンドンに留学経験あり)

ユーザーID:2585181173

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数7

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 行ってみるのが一番

    突拍子も無い話ですね!
    でも個人的に、そういう発想は大好きです(笑)。

    英語に問題がないのであれば、現地の採用情報をwebでチェックされてみてはどうでしょうか?そうして、一度観光がてら下見に行ってみるのが現実的でしょうね。現地で実際何が食べられているのか、これから何が流行りそうか、自分の目と舌で見てくるのが一番ですよ!それにオーストラリアと言っても広いですし、あの乾燥した空気やハエの多いのが我慢ならない、と風土が嫌いになってしまう人もいるようですよ。

    日本の調理師資格はあまり関係ないと思います。シェフとしての採用は、実務経験がないと無理でしょう。まずはキッチンハンドから、そして薄給であれば潜りこめると思いますよ。がんばってください☆

    ユーザーID:1767563196

  • 日豪プレス

    シドニーで4年ちょっと働いていました。
    あっ職種は普通のOLでしたが。

    向こうの日本人向けの新聞で「日豪プレス」というのが
    あるのですが、そこに求人が載っています。でも、和食系が
    多いと思いますが、調理師の資格を持っていればビジネスビザを
    取りますという求人も載っていると思います。
    Webもありますので、まず取り掛かりとして見てみては
    いかがでしょうか。
    オーストラリアは海鮮も豊富だし、果物も美味しいし、
    中国人が多いせいか、和食の食材(大根、白菜など)も
    簡単に手に入るので、食に苦労した覚えはないですね。
    オーガニック食材も豊富でした。

    また「美味しんぼ」の原作者はシドニー在住でした。
    今は、住んでいらっしゃるかは分かりませんが。
    一度、飛行機がいっしょで席が近かったことがありますよ。

    私は前世、オーストラリア人じゃないかと思うぐらい
    オーストラリアが好きなので、是非夢をかなえてくださいね。

    ユーザーID:6890749641

  • がんばってください!

    西オーストラリア州に8年住んでいまして、1ヶ月前に日本へ戻ってきたものです。
    アンリさんもおっしゃられているように、WEBで採用情報を得るのも手ですし、
    それでご自分を売り込んでビザのスポンサーを探すのも可能かと思います。
    オーストラリアも州によってぜんぜん違いますので、選び甲斐があるかと。
    どこに行きたいか決まれば、その州の日本語情報誌もネットで見れますので
    キッチンハンドなどの求職も探せるかと思います。
    英会話に問題ないならTAFEに行って学ばれるのもいいですよね。頑張ってください。

    ユーザーID:0709254582

  • がんばれ〜!

    こんにちは!

    30年ほど前、オーストラリアに住んでいたことがあります。

    ベジマイトという食べ物がありましたが、あれは、一体、なんだったんでしょうか?トピ主さんに解明してもらいたいです。

    私の中では、エビオスにそっくりだったんですが、、、。

    ユーザーID:1630123979

  • 可能性あり

    オーストラリアでは日本食はカロリーが少ない事もあって健康食として人気が有ります。日本の調理師の資格があったら、英語もできるし仕事は簡単に見つかるのではないですか。企業化される迄、政府の翻訳をしていましたが、日本の調理師の資格は仕事によりますが、有効です。ビザを取ってくれる会社もありますよ。jobseek、 dengonnet、日豪プレスのサイトを調べて職探しをしてみたらどうでしょう。大学でも興味があれば、food science,food technologyを専攻することもできますよ。勉強してる間に、職探しをして、卒業と同時に永住権を取る事も考えられます。人生は一度、ゆめを見て、色々な事をやってみるのは良いですよね。

    ユーザーID:4768108128

  • レスありがとうございま〜す!!!

    お礼が遅くなって申し訳ございません!!
    非常に参考になりました。おまけに励ましていただいて本当に感謝です!!!
    「日豪プレス」という新聞があるのですね。日本で手に入らないかなあ…。「オーストラリアは州によってぜんぜん違う」とのこと、
    日本の狭い国土の感覚じゃだめなんですね。う〜ん、どこがいいのかなあ…。それすらも決まっていないなんて行き当たりばったりですね。
    とりあえずはオーストラリアを一から調べて一番行きたい場所から決定しないとどうしようもないですね。

    ■グダイ・マイトさんへ
    ロンドンにいたときにも「ベジマイト」見ました。あれと同じものならパンにぬって食べるスプレッドみたいなものではないでしょうか。
    一度イギリスのホストファミリーが持っていてニオイを嗅がせてもらったらなんともいえないくさーい臭いだったのを覚えています。たぶん野菜を煮込んだ作ったものだと思うのですがとても日本人の口には合わないと思いますよ。(体にはいいらしい)

    高級食材を扱っている「成城石井」でも見つけましたが見つけたとたんあの臭いが思い出されて思わず「ゲー!」って言ってしまったほどです。

    ユーザーID:2585181173

  • べジャマイト

    初めてシドニーに行った時、べジャマイトをチョコレートと間違えてべっとりパンにつけて食べて飛び上がりましたよ。健康に良いので、最近はトーストにちょっとつけて食べています。10年程前、williams anglis institute of technologyで教鞭を取りましたが、この学校はシェフが勉強するところ、旅行関係専門の学校として有名です。サイトを見て調べると面白いかも。

    土地柄について簡単に言うと、私の住んでいるメルボルンはとても英国的、昔住んでいたシドニーは日系の会社が多いのでオーストラリアの社会に慣れるまで、職探しが容易。ゴールドコーストは高齢者や海好きの日本の若者が多く、安っぽいちゃちな日本人の経営する店が多い。

    80年代、西オーストラリアのパースで先住民と生活し、先住民の言語を勉強しましたが、環境的には良いですが、Asian go homeの看板を出したり、アジア人には家を売らないと言うような人も沢山いましたよ。でも、オーストラリアは全体的にフレンドリーな人が多く、カジュアルで住みやすいと思います。(勿論これは人によって意見が異なりますが、)

    ユーザーID:4768108128

レス求!トピ一覧