貧血治療について

レス6
(トピ主0
お気に入り4

心や体の悩み

ちょま

20代半ばの女性です。
今まで病気らしい病気にかかったことはなかったのですが、
6月の初め頃にひどい頭痛と倦怠感におそわれ動けなくなりました。
病院での診断は貧血で、フェロミア(50mg)が処方されました。
それを6週間飲み続け、もう一度病院で血液検査をしたところ、
「数値が12.5で、正常になりましたので、あと2週間フェロミアを飲めばもう問題はないでしょう。次は3ヵ月後に来て下さい。」
とのことでした。
数値が正常値に戻っても、数ヶ月は薬を服用しないと完全には治らないと聞いていたので不安です。
2ヶ月で治ったと思ってもいいのでしょうか?

ユーザーID:3407240413

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数6

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 数値で判断

    私も貧血もちです。鉄剤でよくなられて良かったですね。
    素人の貧血もちの意見ですがご参考になれば。

    "数ヶ月は薬を服用しないと完全には治らない"
    とはどういう事でしょうか?
    数値が正常であれば鉄剤を飲み続ける必要はないので
    私の主治医もちょまさんの先生同様投薬は一旦ストップします。

    鉄は蓄えても徐々に減っていきますので
    日頃から食品で摂取する様に心がけてくださいね。
    普通は一旦正常になり食品から鉄を吸収できていれば
    貧血になる事はないのですが、消化器系が弱く
    体が鉄を上手くとりこめなかったり
    生理が重い場合も貧血が完治しない場合があります。
    私の場合は婦人科系に問題があり貧血が酷いので
    注射をする場合もあります。

    貧血を繰り返す様なら内臓や婦人科系疾患も
    疑ってみられるとよいと思います。

    どうぞお大事になさってください。

    ユーザーID:8562296547

  • それよりも

    完全に治ることを目標とされるのであれば、そもそもの貧血の原因を調べたほうがいいのではないでしょうか。

    貧血になる原因として、食生活の問題のほか、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、悪性腫瘍や痔などが考えられますが、女性の場合、婦人科系の病気が多いみたいです。生理は重いほうですか?婦人科を受診されたことはありますか?子宮内膜症の場合初期で発見するのは非常に難しいので、なんともないと言われても、2年に一度受診されたほうがいいですよ。

    ユーザーID:0323505647

  • 貧血ね・・

    私も貧血もちでした 血の検査で ヘモグロビン 血清鉄 フェリチン(鉄がどんなけたまっているか?)を調べます
    ヘモグロビンはいったん12まで上がっても ヘモグロビンの寿命は120日なので その間にしっかり鉄分をとらないとまた貧血になってしまいます。

    がんばって治してくださいね

    ユーザーID:5385095804

  • 定期的な検査を

    医師が一旦やめてよい、と言ったのは正しいと思います。
    三ヵ月後に検査をするのももっともだと。鉄剤の摂取をやめてまたもとに戻るようなら、慢性的な貧血となりますから、その原因を探さなくてはなりません。突発的な貧血なら、三ヵ月後も無事でしょうし。

    女性で20代ということですから、婦人科系の病気で貧血が悪化してる可能性はありますね。
    でも、婦人科の貧血だと、徐々に貧血が進行するので動けなくなることは実はあまり多くないそうです。慢性的に体が貧血に慣れてしまうので、生理時はきついけど普段は動けてしまうとか。
    なにしろHGBが8を切ってた私は、そんなこととはツユ知らず、海外旅行にうつつをぬかしてましたから。からだって不思議です。

    ちょまさんには、貧血の原因について、医師と会話をしてみることをお勧めします。症状にだけ対処しても仕方がないかもしれないですよ。
    最初に書いたとおり、原因を探るための投薬の一旦停止かもしれませんし。

    ユーザーID:9199591825

  • 鉄欠乏性貧血でいいですか?

    貧血と一口に言っても、さまざまなものがあるのですが、トピ内容から推測して、鉄欠乏性貧血の治療ということで書きます。

    実は、私も、たびたびかかっているんですが。。。先生からは、治療について詳しい説明がなかったですかね?トピ主さんの場合と全く同じとは言い切れませんが、一般的な治療の流れを書きますね。

    そもそも健康な人の場合、日常使用される鉄分(合成されて検査値で示されるヘモグロビンになります)と何かあった時のために蓄えておく鉄分(貯蔵鉄…フェリチン値で示されます)があって、鉄欠乏性貧血の人は、貯蔵鉄を使い果たしてしまって日常の鉄分も足りなくなっている状態にあるんです。そこで、鉄剤と呼ばれるフェロミアなどを服用することで、急速に日常使用分と貯蔵分の鉄を補うわけです。

    トピに数値が12.5とありましたが、これってヘモグロビンの数値ですよね?成人女性の場合、ヘモグロビンは10〜11mg/dl程度あれば正常といわれています。トピ主さんの場合、6週間の服薬で正常値を超えていますので、この後は、過剰な鉄の供給(服薬)をストップして減り具合をみていきます。

    続きます…

    ユーザーID:1937463237

  • …続き

    1日に使われる鉄の量は微量ですので、大きな出血でもなければヘモグロビンの値に影響することはありません。それで先生は、3ヵ月後に再度血液検査をしてヘモグロビンの減り具合をみて判断し、その時に、ヘモグロビンが正常値のままであれば治療終了となります。
    (尚、治療開始時のヘモグロビンの数値や、鉄の吸収について個人差がありますので、同じ鉄剤を服用しても鉄が補いきれるまでの時間が違ってきます。これが服薬期間の差になります。)

    とりあえず、服薬が終了になっただけで、治療終了とは先生から言われてないんですよね。トピ主さんは、まだ治ったとは言い切れないと、私は思いますが…。

    ユーザーID:1937463237

レス求!トピ一覧