東京オリンピック生まれの主婦の憂鬱

レス14
(トピ主1
お気に入り9

生活・身近な話題

まり

子育ても一段落し、生活費の足しにパートに出ている43歳主婦です。
この位の年齢になるともう叶わないような夢など妄想はしません。
マダム雑誌に載ってるような生活と今の自分の生活を比較して落ち込んだり悔やんだりも無駄だってわかっているのでしません。
我が家の経済を考えると自分にお金の要る趣味は持てないとわかっています。
特別、貧乏でもなく、たまに家族で外食したり、年に一回は、海外か国内旅行する位(格安ツアーで)、こんな感じでなんとなくこの先の人生に大きな期待も希望もなく、ただ人として生きていくんだと思います。
スピリチュアルカウセラー江原さんは、人生は長短ではなく、いかに魂を込めて生きたかだとおっしゃてましたが、今何かに打ち込みたいパワーが湧いてきません。
高校生の頃は、未来が輝いて思えて夢も希望も期待も溢れんばかりにあったというのに、今のなんとな〜くの喪失感は、更年期だからかな?と思ったりしてます。
こんな感情を持ってる方はいらっしゃいますか?

ユーザーID:2009400112

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数14

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私も同年産まれです

    更年期とはお身体大変ですね。
    そうそう、と言う意見を募集の様ですが、随分贅沢な事おっしゃる方だね、と思いました。特別貧乏でもなく、たまに家族で外食したり、年に一回は海外か国内旅行する・・と、それさえも叶わない人が沢山居る、と勿論分かって言っているのですよね。
    子供や家庭があるなしはこの際別にして、私が自分を振り返ると、まだまだ可能性が沢山ある人生だと思ってます。
    責任が重い仕事では信頼を得て、それ相応の収入を得ていますし、今後の収入アップへの不安もありません。
    ジムで体形も保ててますし、毎年、年末年始をハワイで過すのも楽しい。恋愛対象はもはや年下です。
    私にとって、恋や収入がこれからもアップするだろう、と思うのは未来が輝いて思えて、夢も希望も期待も溢れんばかりにある状態です。
    貴女が本当に何を求めているのか、文章からはご自身でも分からないように思えますが、自分の力だけで全て手にしてきた、これからも掴む手応えはないのかと思います。
    こう生きてるのは多分私ひとりではないし自慢でもありません。43は見た目も手間を掛ければ美しく保てます。お身体気を付けて、イキイキ生きてください。

    ユーザーID:7348345644

  • それでも淡々と暮らしてゆくのだ・・・

    同じく東京オリンピックの生まれです。
    夫と子供3人、遠く故郷を離れ、現在は専業主婦です。

    紆余曲折を経て、現在は穏やかな暮らしをしています。
    夫は、定年後の話をするようになりました。

    人生の折り返し地点なんだと思います。
    いろいろと思い残すことはあるけれど、まぁまぁの人生なんじゃないかと思っています。

    ユーザーID:8046387397

  • 同い年です

    トピの趣旨は「同い年集まれっ!」ですよね、きっと。
    同い年で他愛のないおしゃべりがしたい。
    私もそう思います・・・だから出てきました。

    私達は良い時代に生まれたと思います。
    戦争が終わり、でも日本人の誠実さが残っていた時代。
    就職前後はバブル景気で、就職浪人は皆無、フリーターもいませんでした。
    歴史ある街並みが破壊され、そこここに緑色のネット(新築中のビル工事)が見えました。
    駒沢通りを走るのは10台に1台がポルシェ、20台に1台はBMWかメルセデス、カローラは希少でした。
    それでも多くの女性は、結婚して子を産む平凡な人生を選んで行きました。
    そして私たちは今、人生の後半戦に望んでいます。

    私も数年前から体の不調が続いています。
    努力ではどうにもならないことがあると悟りました。
    これまで頑張ってきたので、逆らわず流されていくのも楽しいかも知れないと思えてきました。
    もう恋愛は一生分ヤリつくしたし(笑)、いままでとは異なる価値観に興味があります。
    喪失感を楽しむ、これもアリかも知れませんよ。

    ユーザーID:4770581564

  • 同年生まれ男性ですが

    おっしゃってる感じはなんとなくわかりますよ。
    なんとなく「先は見えた」感じというか。
    ちょっと昨年忙しすぎて燃え尽きた感じがしてるからかもしれませんが
    日々、自分と家族が健康であることや薄給でも自分にそこそこあった仕事があることに感謝して、
    ご飯がおいしいとか、天気がいいとか
    そういうささやかな楽しみを大事にして社会の片隅でひっそり生きていくのもいいんじゃないかと思うんですよ。

     昨年、一緒に仕事をしていた1歳下の同僚が過労死に近い状況で亡くなったのを見て、平凡に生活できているだけでも幸せなことと思います。

    ユーザーID:6487869733

  • 幸せってことではないでしょうか?

    きっとあなたは今、差し迫る不安もなく、幸せなんじゃないでしょうか?だからなんとなく退屈で憂鬱なのでは?生きるのに必死で身を粉にして働いていたり、家庭内の問題があれば、そんなこと考えませんよね。それに43歳なら更年期にはまだ早いと思います。もちろん個人差はあるけど、かすかに東京オリンピックの記憶がある私は、まだ更年期を自覚したことはありません。
    もっと前向きに楽しいことを見つけましょうよ!お金がなくても時間はあるようですから、楽しいこと色々見つけられますよ。
    私は独身で働いています。44歳で異動してまったく新しい職場で信じられないほど忙しくなり、過酷な状況に追い込まれましたが、新しい出会いもたくさんあって、充実した日々を送っています。相変わらず休みは取れず、ここ3年は一泊も外泊したことがありません。旅行のプランを考える心の余裕すら無いんです。
    こんな不幸な私に比べれば、毎年旅行に行かれるあなたは幸せものです。

    ユーザーID:0893432999

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 東京オリンピック3年後生まれですが・・・

    なんか、トピ主さんの日々の過ごし方、もったいない!!私と3つしか違わないのに、なんだかとっても老けた印象です。
    私は夢を妄想したりしないし、雑誌のような生活も興味ないです(25歳の新婚の頃には憧れてましたが)。
    何かに打ち込まないと、なんて思いません。
    それに人間いつまでも夢や希望に燃えて生きるわけでもないと思いますが。
    そう思ってる私ですが、今とっても日々充実しています。

    うちの小2の息子は早産で生まれNICUに1ヶ月お世話になり、乳幼児期は喘息や熱性痙攣の繰り返しに加え脚の骨の病気で1年余り装具をつけての生活。
    今、やっと他の子供達と同じような生活ができるようになりました。
    と同時に私もやっと他のお母さん達と同じような生活ができるようになりました。
    それだけでまず、とっても幸せです。
    特に、刺激的な日々ではありません。でも家族が元気で笑って過ごせるっていうだけで十分幸せに感じます。

    トピ主さんは今まで「本当に辛い思い」というのをしてこられなかったのではないでしょうか。
    ある意味、恵まれてると思います。

    ユーザーID:8202976592

  • そういう時期、ありました

    私もオリンピック生まれ、体調の変化をヒシヒシと感じていました。トピ主さんの気持ち、すごくわかります。

    私も毎日、喪失感と虚脱感でどうにもつらくて、いろいろ調べてみたところ、卵巣機能の衰えから来るものとわかりました。プレ更年期というらしいです。婦人科でプレ更年期の小冊子を見ていたら、心と体の諸症状が全部当てはまっていました。
    その後、対馬ルリ子さんというお医者さんの書いた本を読んでみたところ、諸症状の対策として「反復運動をする」というものが多く取り上げられていました。ダンスとか難しいことではなくて、歩く、ジョギングする、腹筋するなど、簡単にできる単純な運動をすることで、頭も空っぽになるし、卵巣機能も衰えを遅らせるとのことです。

    私も気分が落ち込んだら、さっと散歩に出るようにしていました。何も考えずもくもくと歩き、目的地でおやつを食べたりして、リフレッシュ。だいぶ違いましたよ。また、漢方薬も有効です。
    一度、プレ更年期で検索してみて、本など読んでみられてはいかがでしょうか?

    ユーザーID:6421183613

  • トピ主です。

    レスをありがとうございました。
    以前は、歳を聞かれると、東京オリンピック生まれですっと答えると 若いね〜だったのが、今では二度目の東京オリンピックが実現するかもしれないって、あっという間に年月が流れましたね。
    私は地方出身者で、一生にもう二度とないって位に勉強して希望の大学へ通い都内に住み始めもう20年以上。女子大学生ブームにバブル、そして崩壊。その間に結婚、出産、育児、お受験と何かに急かされる様に走ってきた感じです。
    淡麗さんのおっしゃるような光景、私も同じく感じていました。ずっと走ってきた感じで今は、ふっと力が抜けた状態で、仕事から戻って緩く家事を済ませ、お風呂に入り、私の場合は 一番搾りを飲ん1日が終わります。こんなに何もしなくて良いのかな〜っ何かしなければいけないのかなと時折、焦燥感も。
    でも何かする訳も無く時間だけが過ぎていく毎日です。

    ユーザーID:2009400112

  • まだまだ・・・

    主人はオリンピック開催後生まれ、私は開催前生まれのちょっとだけ姉さん女房の同級生夫婦です。
    その年でって思われる方、多いと思いますが、実は3ヶ月前に流産しました。12年ぶりの妊娠で大変戸惑い、驚き、不安もありましたが長女にやっと弟か妹が出来たんだと喜んでいたところの流産でした。ショックでした。でも、まだ生殖能力があることをうれしく思っています。
    まだまだ私たちの年代でも不妊治療していらっしゃる方いると思います。(私は不妊治療はしていませんが)私には更年期はまだ先のことと思い、人生の折り返し地点かもしれませんが、まだ43歳ではないかと、仕事に趣味に旅行にとがんばっています。
    いくつになってもときめく事、(50になっても60になっても)大切かなと思います。

    ユーザーID:5273074864

  • 同じくです

    トピ主さんと同い年、子ども二人いて、手がかかる年齢ではありません。
    たぶん、トピ主さんは、24時間家族のことばかり考えて、少し疲れてしまわれたのかと思います。
    しかし、後になって人生を振り返ったら、一番輝いてる時期なのかもしれませんよ。
    私も自分にかけるお金なんてもったいないとおもっていましたが、海外旅行を国内の近場やお金のかからない旅行に切り替えて、少しはご自分自身のためにつかわれたらどうでしょう?
    私は、結婚して初めてミュージカルを見に行きました。券が高価だとか、時間がないなどと考えていましたが、自分だけの時間を思いっきり楽しめました。
    人生半分過ぎた今は、やりたいことや、行きたい場所、読みたかった本、見たかった映画など、あきらめずに少しずつ実現したいです。
    若い時に比べて経験から、いろんなことがわかってきて、つらくなることもありますが、
    若いときにはない感性もできてきたのではないでしょうか?

    ユーザーID:2884090877

  • 同い年ですよ

    うちの夫もです。

    私は、毎日元気振り撒きながら、仕事してます。
    そういう、運動系の仕事です。
    40代なんて、言ったら、びっくりされちゃいます。
    夫も子供もいるようには見えないようで、お年寄りには、28歳くらいに見えちゃうようです。

    この仕事は、36歳で勉強し、37歳から始めて、まだまだやりますよ〜。
    限界は、あると思いますが、形をかえて、関わっていくつもりです。

    更年期は、無しの予定です。ぶっちぎっちゃいます。

    今からじゃ、何も始められませんかねぇ?
    なんでもできそうだから、やりたいこといっぱいあります。

    もし、見つけたら、尻込みしないでやってみて下さいね。
    頑張れ、同い年!

    ユーザーID:8529473882

  • まぁ、まぁ、

    私もトピ主さんと同じような年齢です(オリンピックの次の年に生まれました)。
    私もトピ主さんと同じようなことを考える時もありますが、改めて考えると、それって自分が恵まれてるからなんですよね。
    親もまだ介護が必要なわけじゃなく、夫はそれなりに稼いでくるし子供もとりあえず健康で。
    文句を言ったらバチがあたりますよ。
    この先、「あのころもっと自分の境遇に感謝しておけばよかった!」と思う日がくるかもしれないし。
    と、自分に言い聞かせてます(笑)。
    ちなみに、マダム雑誌。
    あんなの全部が本当ってわけじゃないですよ。
    もちろん本物のセレブ?も登場してますが、私や私の友達も「嘘いえよ!」という感じの記事になって登場したことあります。
    ああいうのはファンタジーですから話半分で楽しんでおけばいいんです。

    ユーザーID:6128295325

  • 自然な流れに任せてます

    トピ主さん、初めまして。
    私も東京オリンピックの年に生まれました。

    子供はいませんが、この年になってもまだ「赤ちゃんは?」と聞かれます。結婚した当初、流産をしてから自分の中に変化があり、子供を授かることを強く望めなくなってしまいました。

    もともと仕事が好きで、今年も仕事に結びつけようと資格も取りました。ですが、若い頃に比べてパワーがダウンしてしまい、情熱が薄れた気がします。
    こんな時は何をやってもうまくいかないと思い直して、気持ちが高揚するまでは、主婦としての仕事を丁寧にこなしていこうと思うようになりました。

    私も更年期の前ブレ? と思うほどイライラしたり、喪失感に見舞われることはあります。でも、健康でいられるだけ幸せだと思える年にもなりました。

    トピ主さん、自然体で行きせんか?

    ユーザーID:8526253236

  • わーい

    私も同い年です

    トピ主さん早めの更年期なのですか
    個人差が大きいですからお大事になさってくださいね

    私自身は年相応に見られたことがないです
    いつも若く見られます
    そういう人多いんじゃないかな?

    まわりの少し年上の方々からは
    あなた達の世代は、なんだかいつまでも若いよね
    って言われます

    同世代の友人達も、なんか年取らない気がするって言ってます
    みんな元気ですよ

    今の気がかりは子供の受験です

    ユーザーID:9060392236

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧