自分のこと嫌いですか?好きになれましたか?

レス69
お気に入り54
トピ主のみ14

someone

健康

自分がどうしても好きになれません。
思い通りにしゃべれない、行動できない、思考を変えられない自分です。

自分以外の誰もが魅力的なところを持っているように感じます。
自分の魅力が自分で見つけられずに長いことなぜ自分には何の魅力もないのだろうと悩んでいました。

ある人と話している時に始めてそれが分かりました。
その人はうれしそうに「私は自分が大好き」と言ったのです。
自分を好きになるなど考えたこともなかったのでおどろきましたが、それが自分に魅力がない理由なんだと思いあたりました。

自分をどうにか好きになろうと思うのですが、できないのです。
話し方を変えればいい、行動すればいい、思考を変えればいい、と試してみては自分に合わない無理なことをやってしまったと、またペシャンコになってしまいます。

自分が嫌いだった方で好きになれた方いますか?
どうやって好きになれましたか?

ユーザーID:1328173955

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数69

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 基本的には好きではない

    私も自分が嫌で、人から好かれる為にあれこれ試行錯誤していた時期がありました。
    やっぱり気持ちが伴わないので無理がたたって全てオジャンになりましたが。
    自分が好きって思った事って基本的にないなぁ。
    他人の目を気にして比較するから自分が余計に嫌いになるんじゃないのでしょうか?

    私は自分は好きではないけれど自分の事は大切ですよ。
    誰も大事にしてくれないから自分だけは自分の味方でいようと思っているの。
    何かに夢中になったり、得意な分野があればいいんですけど、人並み以下か人並みぎりぎりの能力しか持ち合わせていないので、自分を好きになるって考えると気が滅入ります。
    だから粗末にしないように、ヤケクソにならないようにしていればいいんじゃないかなぁ。

    一日一日を大切に、小さな事でも喜んだり嬉しいと思えれば、わざわざ自分自身が好きか嫌いかなんて考えなくなると思いますよ。
    そんな事考えてたら私は身動き取れなくなるから考えたくないな。

    ユーザーID:7801045475

  • 私も知りたい

    トピ主さん、好きになれた話しじゃなくてごめんなさい。

    私も自分が嫌いです。
    そして、そんな私はすでに開き直ってしまいました。(笑)

    あっ、そうだ、ひとつだけ好きなところがあります。
    それは、私はとっても方向感覚が良いのです。迷っても必ず元に戻れますし、迷うことが怖くないのです。
    一度行った場所は、二度目も間違いなく行かれます。例え1年後であっても。行った道は同じ道を戻って来れます。

    既婚女性ですが、子供は欲しくありません。
    その理由が、私と似た子が欲しくない、自分の遺伝子を持つ子なんて全然育てたくない、、、というものです。
    まぁ、旦那もうつになるなど細かい性格なので、旦那の子が欲しいとも思えないって言うのもあるんですけどね。

    本題からそれてすみません。

    自分のことがキライだったのに、好きになれた、っていう話、ぜひ私も聞きたいです。

    ユーザーID:8735756385

  • 少しは好きになれた

    でもまだまだ嫌いです。同い年の人や年下の人が結婚、出産したという話を聞くと、結婚どころか恋愛にも誰とも踏み込んだことない自分に腹が立ちます。それを克服できれば自分のことさらに好きになれそうです。

    中学生ぐらいまで自分が超大嫌いで殺したいぐらいでした。勉強もスポーツもダメ、根暗、友達なし、ガリガリ体型と否定されてばかりだったので「私は愛される価値ない人間なんだ」と悲観していました。

    初恋の人がパーフェクトな同級生に片思いしているというのを聞いた時、「やっぱり何でもできる人は好かれるんだ。私って何て愚かな女なの!」と思いました。その頃、周りが「○○ちゃん可愛い!」と容姿に関しての話題が出始めていて自己嫌悪しました。

    同時に「こんな自分はもう嫌だ!変わりたい!」と思ってまず、いじめてくる人達にテストの点数で勝とう!と思いました。初恋の人は勉強できる人だったから学力上がればその人に近づけるチャンスが来ると思っていました。それからは常に何に関しても「これはいじめっこをやっつけるものだ!」と思って頑張ってきました。

    次に続きます。

    ユーザーID:3523666901

  • 続き

    結果、「お前はどこの高校も行けない。行けても××高校(地元の底辺高)。学力不足かいじめで留年か中退する。」と言われていた私が、進学校に届きそうなレベルまで上がり、地元で中堅の高校に受かりました。

    それからは勉強に関して罵られたことはありません。親も「勉強ができるのだから…」と言うぐらいです。

    高校卒業して6年また暗黒の時代がありました。正社員で就職できず苦労しました。同級生は順調に就職したり進学して、友達と遊んだり恋人できたりとすごく青春を謳歌しているのに自分は何もできない!と自己嫌悪していました。

    2年前に今の職場で正社員で就職してから、以前より自分を好きになれました。これを自分では人生の第二革命と思っています。第一は志望高校合格です。

    第三革命を起こせたらきっと私は今よりもさらに好きになれそうです。というか、自分に自信が持てそうです。

    ユーザーID:3523666901

  • 概ね好きになれましたよ

    私は物心ついた頃から自分が嫌いで、劣等感の固まりでした。人にどう思われるか、嫌われないかにばかり気が取られて思ったように行動したり話したりすることができず・・・。

    中学生のころは直接イジメにあうことまではなかったけれど、友達もなかなかできない、クラスの子としゃべっても話がうまくできずそのままフェードアウト・・・。そんな自分がみじめで恥ずかしくて何で私はこんなダメ人間なんだろう・・・って真剣悩んでいました。
    とにかく自分というものに自信がなく、ちょっとでも失敗したり人から何か言われたりしたらもうそれだけで「生きる資格なし」みたいなどん底の心境。

    でも、そのままの自分じゃいやだ、と強く思う自分もいて・・・。

    近くの公立高校に進学したとき、苦手なタイプの子達が違う学校にみんな進学したのを機に「今がチャンス!」とばかりに自分改革に乗り出しました(急に変化する私を見ても気に留めなさそうな子達ばかり同じ学校に進学したので)。

    したことはたった一つ。

    続きます。

    ユーザーID:4418170973

  • トピ主です

    空気のような存在さん、ご自分が好きではなくとも大事には思えるのですね。
    私は自分が好きではないので大事にも思えません。
    確かに「他人の目」がなければ私は別に自分が嫌いなままでもかまわないのですが、社会の中で生きていくのには無視できないんですよね。
    せめて自分を大事に出来る道を探してみようと思います。


    あさつゆさん、開き直りましたか。
    私ももういいかげんそうなりたいのですが、今とても生きづらいのです。
    私はあまりに自分が嫌いなので多少人より優れているところがあっても、それが何?って感じです。身近な存在のご主人がいらっしゃるのであれば心を打ち明けたりできるのでしょうね。


    懐中時計さんは周りの方たちに好かれているのですね。
    割り切りというのも大事なのでしょうね。


    美里さんは努力して自分を高めていらっしゃる、すばらしいです。
    私も努力したことはありますが本質は変わらないものだと再認識することになっただけでした。
    でも努力が足りないのかもしれません。
    もう一度挑戦してみます。

    ユーザーID:1328173955

  • 僕は自分が大好きです!

    僕は自分の事が大好きです。自分ではイケメンで仕事も出来ると思ってます。でも・・・裏の顔は醜いです。いつも仮面を被ってます。誰も知りません。そうしないと生きていけませんから。陰険で気に入らない人を苛めて侮辱しては喜んでます。例えば付き合ってた元彼女とか。ここ数ヶ月間毎日です! スゴイでしょう。筋金入りのジメジメ君です。心にカビが生えてますからね。きっとカビキラーでも取れないでしょう。最低です・・・。

    ユーザーID:5792039831

  • そのまま受け入れる

    自分を変えようとするからペチャンコになるんじゃないですか。
    真ん丸いツルツルの既製品のお椀より、手ごねのいびつでエクボのあるお椀の方が温かみがあるでしょう。茶碗は欠けの部分に趣があると言う人もいるのです。
    人間だって同じだと思います。欠点があるから魅力的なんですよ。
    まず現状の自分を「これで良し」と認めてあげてください。

    ユーザーID:5102802592

  • ハイ!好きになれました。

    物心ついた時から親にも愛されず、友達もできず、いじめられ、やっとできた恋人ともうまくいかず、散々でした。もちろん自分のことは大嫌いでした。なんとか変えようと思って、心理学や性格・人付き合いなどの本を読み漁り、原因は親にあると分かりました。

    私の親はけして褒めてくれず、怒られたりけなされたりされてばかりでした。両親の仲も悪く、子供がいるから離婚しないという親の言葉を「自分のせいで離婚できない」と自分を責めていました。褒められたことのない私は、どんなに他人に褒められても私なんてと自分を卑下していました。

    でも、それが分かった時からは自分で自分を褒めるように努力しました。こんなことも出来た。あんなことも出来た。自分ってスゴイ!と。また、相手を褒めることにも努めました。そうすれば相手も「あなたこそ○○ですごいよ!」といいところを探して褒めてくれます。
    まずは親でも友達でも褒めてくれる相手を探しましょう!
    褒められたら「ありがとう」とにっこり笑ってみましょう!自信がつきますよ!

    ユーザーID:1405783476

  • はい、なれました 1

    小さいころから、コンプレクスがあり、周りと比べて自分はだめだ。
    こんな自分は好かれないと思い続けてきました。
    ふと気づくと同年代の友達はそばに居なく(友達は居ましたが、距離が遠くいつも一緒に行動することもなかった)流行やおしゃれに鈍感で、どう行動していいのかも分かりませんでした。
    そのくせ人に会うのは、緊張してなかなか本心をいえなかったし。

    私が変わったのは、24歳のときです。
    フルタイムのアルバイトを始めて、残業もあり体力的にもしんどかったのですが、
    周りに同年代の男女が居たことです。最初はみんな長く続かず少し仲良くなってもすぐやめていなくなるの繰り返し。
    でもそれがよかったみたいで(失敗した人は居なくなったり疎遠になったり)、人の付き合い方を失敗しながら学んだこと、自分で仕事も人間関係も必死になってやってみたことです。
    遅まきながら、学生時代のような時間をすごせたことです。仕事終わってみんなでたべったり、恋愛話に花を咲かせたり、休みの日も一緒に出かけたり・・・・

    続きます。

    ユーザーID:6958724552

  • はい なれました 2

    男友達もでき、会社で無料チケットがあって(音楽関係の会社でした)
    みんなでロック系のコンサートに行き、帰りに食べ歩きしたり。
    みんなが認めてくれたから、私も自分が好きになれたし行動できた。
    勇気を出して、彼氏いない歴=年齢を仲良しの女友達に告白して、
    びっくりされながらも、彼氏ができたときは本当に喜んでくれました。
    仕事しながら時間調整して自動車教習所に通い、夜は週2で知り合いの飲み屋でバイト。親と同居でしたが家事も洗濯も自分でやってたし自治会にも参加してました。
    24からの3年間で私は自分が好きになれました。
    自分でも我ながらよくやった、と思うからです。
    うじうじ悩む暇なく、動いていたからよかったんだと思います。

    その後も不思議とそうやってるうちに周りに仲間ができて、ねぎらいあい、自分を確信して人並みに生活することができるようになりましたよ。
    なりふり構わず(公私ともに)無我夢中になったのがよかったみたいです。
    仲間の一人だった今の旦那と30で結婚、今は1歳9ヶ月の娘が居ます。

    こんな話で参考になったのでしょうか・・?

    ユーザーID:6958724552

  • 私も基本的には好きじゃない

    昔からですからそう簡単には変われないんですよね。

    私は過去三人の男性と付き合った事があるのですがその恋愛経験を通して少しずつ変わっていきました。もちろん相変わらず好きではないのですが劣等感の塊が溶けたというか自信がついたというか過去の自分と決別したというか・・・。

    三人目の男性と結婚をして子供たちにも恵まれた今は「開き直りばばぁ」といった感じでしょうか。もちろん子供たちに厳しくしかりとばした後なんかは「こんなママでごめんね・・・もっと良いママのところに生まれればよかったのにね・・」なんて一人で落ち込む事もありますが。

    ちなみにうちのだんなも自分のことが好きではありません。似たもの夫婦ってことでしょうか。

    そういえば実父は自分のことだけが大事で大好きな人間です。実母も自分のことを嫌いになった事がないと最近聞き、ショックを受けたところです。
    私の自分嫌いと何か関係がありそうなんですが・・・・。

    ユーザーID:9838424022

  • 自分を愛することにしました

    ある日、”自分自身を愛してないような人を他の誰が愛せるんだ”みたいな文章を本で読み衝撃を受けました。
    その日から、どうしても好きになれない部分もひっくるめて、あるがままの自分を愛そうと思ったのです。
    もちろん僻みや嫉みはしないようにしていますが、顔とか体型とか、性格の短所は許せるようになりました。

    あくまでも”許せる”であって、”好き”ではないのですけれどね。
    「他の誰にも好きになってもらえなくても、自分で自分を大事にしよう」と思えば、ちょっとは世界が明るく見えました。

    ユーザーID:4910194955

  • 努力中です

    今までの私は「人からの良い評価=自分の成功」だと
    思い込むところがあって常に自分と他人とを比較しながら生きてきました。
    劣等感の塊でした。
    人前でも自分の意見をなかなか言えませんでした。
    けれども、仕事も私生活もうまく行かなくなって
    ものすごく追いつめられてしまったんです。
    何が駄目だったんだろうと考えたり、自分の性格や考え方を整理してみたら
    自分の価値観に目を背けていたのではないかと気付きました。
    「これが私」という確固たる物がないから周囲に振り回されて
    その度にしんどくなる。
    それが分かってから少し楽になりました。
    まだ、後ろ向きになってしまう事もあるけれど・・・。

    価値観なんて人それぞれ違います。
    まずは自分自身を認めるところから初めてはどうでしょうか。
    何も完璧でなくてもいいのです。
    逆に何でも完璧だったら人間として何の面白みもありません。
    someoneさんにはsomeoneさんだけの良さがある。
    いいところも悪いところも全部ひっくるめてsomeoneさんなんです。
    自分を好きになれるのは自分しかいないと思います。

    ユーザーID:8338130528

  • わかります

    someoneさんこんにちは。

    私も、自分のことを嫌いになるというか、自分のことを責めてしまうくせがあります。愚かだったり、欠点だらけだったり、失敗したり、ぶざまな自分を自分だと認めたくないんです。
    マイペースな性格で、別に親に叱責されながら育てられたわけでもないのに、なぜなんでしょうね? 妙なプライドが高いのは自覚してますが。。。

    8/3付けのゆかさんの投稿で「欠点があるから魅力的」という文章を目にして、泣きそうになりました。いきなり自分を好きになることは難しいかもしれないけど、とりあえず現状の自分(自分を嫌いな自分、自分を責めてしまう自分)をも、まるごと認めて受け入れるところから始まるのかもしれません。

    これに気付くきっかけとなったのは、山川亜希子著『宇宙で唯一の自分を大切にする方法』(大和書房)という本に巡り合ったからです。自分を責めて苦しくなったら必ず読んでいます。読みやすい文で心に届く内容です。someoneさんも良かったら読んでみてください。

    ユーザーID:6661695728

  • トピ主です 2

    あゆママさん、今の時点では続きが掲載されておらず分からないのですが、ご自分を改革するためにおやりになったことをぜひお聞きしたいです。


    タラさんは例えばタラさんと同じ性格の他人がいたら、その人のことは好きになりますか?
    それとも自分なので無条件で好きになれるのでしょうか。
    タラさんはご自分のことを最低と書かれていますが、それでも私は自分を好きなタラさんの方により魅力があるのだろうと思います。
    もしかしたら私が求めている魅力とは生きるための強さなのかもしれません。


    ゆかさん、私が見る自分というお椀は趣のあるいびつさでなく、ただ醜いだけのいびつさなのです。その醜さを「しようがない」と認めることはできても愛するのはなかなか難しいことです。


    大丈夫さんが自分を好きになれたのは努力の賜物なのですね。
    私はほんの少しですが器用なところがあってたまに実力以上に評価されることがありますが、自分の中身がないことを知っているので手放しで喜べないんです。
    ひねくれた性格です。こんなところも自分を嫌いになる一つです。

    ユーザーID:1328173955

  • トピ主です 3

    今はパートママさん、良い職場にめぐりあえたのですね。
    そうですね、考えすぎるとろくなことはありません。
    考える暇もないほど夢中になれることが何かないか探してみます。


    ぶたじろうさん、良い家庭をお築きなんですね。
    家族という近しい存在は心を強くしてくれそうです。


    大嫌いだったのよさん、私は本ではなく、直接「自分が好き」という言葉を聞いてから私も自分を好きになりたいと思ったのですが、一足飛びには行かないようです。
    そうですね、まず自分を許して大事にするというところから始めていこうと思います。


    美登里さんも努力中なんですね。
    私の場合は他人からの評価にはあまり関係なく、自分がからっぽなのを私が一番知っているので好きになれないようです。
    自分に完璧を求めているのでしょうか。でもどうしても他人の方が私より優れた人間に思えてしまうのです。

    ユーザーID:1328173955

  • 自分が大好き人間です。

    僕も自分が大好き派なのですが、実は自分がムカツク人を見つけては侮辱して攻撃してしまいます。楽しくて仕方がありません。それで自分に優越感を感じます。そういう相手は自分を引き立たせてくれるアクセサリーです。ですから何かしら理由をつけて見下します。

    例え話を作ってでも侮辱します。また相手が自分を満足させてくれて当然と思っています。何故なら自分はそれ程の価値のある人間だから。だから至らない相手を見ると自分が叩き込んでやる必要があると思ってます。自分が正しいので当然の事だと思います。

    でも・・・良く考えてみると僕は本当は卑劣な人間かもしれないですね。本当は自分のことしか考えてません。他人のことなどどうでもいいです。全部自分のためにしていることなんです。一体僕はどうしたらいいのでしょうか。

    ユーザーID:6571280919

  • 好きにならないままです

    別に無理に好きにならなくてもいいのでは?

    私は自分のことを好きだと思ったことはないです。
    「ありのままの自分」、ただそれだけです。

    でも、自分を好きでいてくれる人(彼や友達)がいると、
    それはとても自信につながることだなとは思いました。
    「そのままでいいよ」と言ってくれる人がいれば、多分それでいいのでは?

    まあ、人生、試行錯誤ですから、トピ主さんにとって納得のいく結論が出るといいですね。

    ユーザーID:1115400275

  • 自分の素敵なところ、他人の素晴らしいところ

    自分のことが嫌い、という人の気持ちは判ります。昔は自分のことを「嫌な性格!」と思っていましたから。
    でも、あるとき言われました。「自分の素晴らしいところを3つでいいからあげてごらん」「自分自身を伸ばしていきたいところを3つ、挙げてごらん」
    そうすると、人間は大抵「悪いところ」を見つけるのですね。そして、「照れくさい」せいもあって、「いいところ」はものすごく苦労しないと見つからない。
    そうじゃないのです。「悪い」とか「嫌なところ」ではなくて、「これからもっと良くしていきたいところ」を見つけるのが大事なポイントなのです。

    自分を見つめて「けっこういけるじゃん」と思うところってあると思います。
    そうすると、「嫌な奴」だった他人の「素敵なところ」も見つかるものです。
    完璧ではないから人間なのだと思えば、「いやなところ」ばかりあげつるより、「これからもっと良くなるところ」を褒めながら暮らしたほうが、幸せなのではないでしょうか。

    ユーザーID:7009368580

  • 天上天下唯我独尊、本当の意味

    この言葉、よく「世の中でただ一人自分だけが偉い」とか
    そういった言葉で使われていますが、本当の意味はね。
    SMAPの名曲、「世界に一つだけの花」と同じ意味なんです。

    ナンバーワンにならなくてもいい、もともと特別なオンリーワン。
    そうです、トピ主さんも私もみんな、この世に二人といない特別な存在なんです。
    そしてそれぞれが尊い存在。
    天上天下唯我独尊とはそういう意味なのです。

    この歌、是非聴いてみてくださいね。

    私は昔、自分が嫌いでしたが、
    他人と比べて自分が上に立とうとか、他人から好かれる人が人として優位なのだとか
    そういう考え方をやめてから少しずつ自分のことを好きになりました。

    ユーザーID:3611077221

  • はい、好きになれました!

    私も自分が嫌いでした。だから30才で自殺しようと高校の頃思ってました。が、それから20年生きてますがな。
    私は行動よりも、言葉や考え方を少しづつ少しづつ変えていきました。マイナスの言葉を使ったら、プラスの言葉を言うようにしました。簡単なんですよ。例えば、小町ですごく良いレスを読むことが出来て良かった!って思ったり、呟いたり。嫌な事言われたら、こういう事言われたら、すごく嫌だった。それが分かって、いい勉強した!こんな感じです。後は、自分も他人も褒める!!褒めるって、必ず良い所を探さなくちゃならないので、一石二鳥なのです。そして笑顔です。知ってる人に会ったら、笑顔+挨拶。この3つを、半年続けると、変化ありますよ! 続きます

    ユーザーID:8863111724

  • はい、好きになれました 2

    最初は、すっごーく違和感あると思いますが、とにかく続けて下さい。習慣にしてしまえば、こっちのものです。
    《自分が空っぽ》ですか。トピ主さんの、哀しい気持ちが、切ないですね。でも見方を変えると、これから、幾らでも色々なモノを詰め込んでいけるじゃないですか!!幾らでも付け足し出来るじゃないですか!!それがトピ主さんの魅力でしょ?違うかな?

    ユーザーID:8863111724

  • 守れるのは自分だけと悟った時から

    自分大好きになりました。

    友達も恋人も、親も、
    助けてくれる存在ではないんだな、とそう悟った時から、

    自分は自分で守る、愛してあげる。

    そう考えるようになりました。

    ユーザーID:1934192731

  • 2度目です

    トピ主さんのレスを読みました。自分が空っぽ。よく分かります。私もそうでしたよ。他人が褒めてくれても、それは本当の自分じゃない・でも本当の自分って何?と思ってました。でもね、どなたかも言っていたように空っぽならこれから好きな自分で埋めていけばいいんですよ。誰かが褒めてくれたらそれも自分の一部として「ありがとう」といって受け入れる。それだけで自分が出来ていきます。前にも言いましたが、人を褒めると相手も自分のいいところを探して言ってくれます。逆を言えば、人をけなすと相手も自分の悪いところばかり探します。自分で自分が分からないのなら、他人に見つけてもらいましょう。いろいろなことに興味を持って、チャレンジして、自分はこれが好き・これが嫌いと1つ1つ確認していきましょう。
    嫌な自分を変えるにしても、自分が何なのか知らないとどこを変えればいいのか分かりません。まずは自分探しから!

    ユーザーID:1405783476

  • 好きになれました。1

    私も自分のことが嫌いでした。
    私はもともと内向的な性格。華やかで社交的な性格に憧れ、無理をして社交的な自分を演出しては、結局なりきれずにまた落ち込むという悪循環でした。また、自分の得意なことにも自ら「たいしたことない」という評価を与えており、褒められても慰められているとしか思えず、劣等感だらけ……本当に卑屈だったと思います。私の場合、社交性に優れたそれこそ華やかな姉がいて、何かと彼女の影のように扱われた(そして姉自身、私に対して優越感をあらわにしていた)ことも特に関係していたかもしれません。

    続きます。

    ユーザーID:0602386310

  • 好きになれました。2

    でもある時私は、ある小さな社会でですが、第三者に認められる機会を得ました。それは昔からやってきた得意な分野のことでした。社会で役立つとは思っていなかったことだったので本当に嬉しく思うと同時に、「私にもできることがある」という自負が生まれたのがその時です。
    たぶんそこからですが、だんだんと自分に対する見方が変わっていきました。私は別に華やかでも社交的でもないけど、私の能力や性格は単に別種のものであるだけで、決して劣るわけではないのでは、と考えが変わり始めたのです。そして、今まで短所だと思っていたものこそ、私だけの貴重な魅力であり、才能だと気づきました。
    今、私は自分を肯定しています。もちろん、他者も。誰もがその人にしかない美点を持っていると分かったからです。

    トピ主さん、ぜひご自身の「多少人より優れているところ」を見直してみてほしいです。それは、トピ主さん自身にとっては簡単だから「それが何?」と思えても、他の人から見たら本当に尊敬すべき美点・才能である可能性が大ですよ! ひとつでもいいから自分のことを肯定できるようになると、その先に光が見えてくるのでは、と思います。

    ユーザーID:0602386310

  • トピ主です 4

    ポチオさんにとっては大好きな自分を優位に立たせる方が他人から憎まれるより大事なことですか?嫌味や非難ではないので誤解しないでくださいね。
    私は自分を好きになれれば人からも愛される人間になれるのではないかと思っていたのですが、そんなに単純なものではないのでしょうか。
    ポチオさんは「どうしたらいいでしょうか」と書いておられますが、自分が好きでも自分を変えたいと思いますか?
    自分にとって役に立つ立たないに関わらず、人から愛されたいと思いますか?


    ぽたろうさん、そうですね。自分を好きな他人が例え一人でもいてくれれば世界中から疎まれてはいないんですね。
    試行錯誤してみます。


    あじさいさん、それならできそうです。
    「素晴らしいところ」は見つかりそうにありませんが、「伸ばしていきたいところ」なら。
    自分ひとりで悩んでいるだけではとても考えつきそうにないことでした。


    平方メートルさん、「天上天下唯我独尊」は他人や俗世との関わりから身を引いた孤独な雰囲気を持った言葉だと思っていました。でも、自分は唯一の存在、尊い存在という意味を持っていたのですね。

    ユーザーID:1328173955

  • トピ主です 5

    猫の尻尾さん、私はノストラダムスの予言で1999年には死ねるんだと待ち遠しかったですよ。予定がくるってしまいました。
    他人を褒めることは言葉が下手で、わざとらしくなったり相手を警戒させたりで失敗することが多かったです。気持ちでは本当にすごい、と思っているのですが。
    笑顔は意識して作っているうちに笑う必要がないところでも笑うようになってしまい、これも失敗。でも、空っぽも魅力になれますか。そう考えると希望が持てます。


    アレンさんは誰の助けも期待できないからせめて自分は、ということで好きになれたんですね。
    私だったら辛くて、それこそ自分を捨ててしまいたくなります。


    大丈夫さん、他人から良い評価をもらったときは言葉では「ありがとう」と言うのですが、心では私はそんな評価をもらえるような人間ではない、と思ってしまうのです。
    他人をけなすと自分の中身が余計に黒くなりそうなので他人の欠点からは目をそらそうとします。
    他人ときちんと向き合っていないのだと思います。
    好きなもの、嫌いなものを確認して自分を見つけてみます。

    ユーザーID:1328173955

  • 僕は変わってるのかなー

    僕は嘘をつかないと生きていけません。言う事の全てと言っていいほど嘘を良くつきます。女性も良く騙します。愛する人にも嘘をついていました。本当の姿を知られると振られてしまうから。そう、女癖も悪いのです。あ、でもその彼女には嘘はバレなかったけど振られてしまいました。ショック。人間性がバレちゃったのかなー。そういう事は隠し通せるものではないから仕方ないかー。でもこんな天才的?な嘘つきの自分が大好きです。

    ユーザーID:2306557940

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧