婚約者の家に挨拶に行きました・・・

レス15
お気に入り10
トピ主のみ4

かっぱ

話題

先日、初めて婚約者の家に挨拶に行きました。
普通に明るくお茶は出して下さいましたが、
お菓子は仏壇のお菓子をそのまま出されました。
しかも仏壇用のお供物台のまま。
先方は、彼の父と姉がいました。お菓子を出したのは彼父です。
気がつかない男の人かなとも思いましたか、彼姉も同席していたため
なんだかすっきりしません。
何度も行き来する仲になれば気にもしないでしょうが、
何しろ初めての訪問でしたのでショックをうけてしまいました。
普通は失礼な行為だと思いますが、皆様はどうお考えになりますか?
(私は頑張って高級和菓子店の菓子折りを持参しました)
その他、彼家とは色々価値観が違う為、今後が不安です。

ユーザーID:5247478365

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数15

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 男の人だから・・・?

    彼のお父様とお姉様がいたとのことですが、お母様は?
    もしも亡くなられて、もしくは離婚されていらっしゃるとのことでしたら、そういう細かいところに気が向かないのかもしれませんよ?
    でもたしかにお仏壇のお菓子をそのまま出すのは非常識ですね。
    でも意地悪でしたようにも思えないですし。

    ユーザーID:1673641453

  • 習慣の違い

    お菓子の件については”価値観”と言うほどの事ではないと思います。
    まず何でも真っ先に仏壇へお供えする習慣があるお宅はめずらしくないです。
    私の実家もそうですが頂いたり買ったりしたお菓子、果物はまずお供えします。
    お供物台ごとはびっくりだったかもしれませんがバラで出されるよりは
    気遣いがあったと考えられませんか?

    言わずもがなですが育つ環境が違えば習慣も違って当たり前。
    お互いに”我が家の常識は他人の非常識”と思っていれば多少のことは受け入れる
    ことも出来ますね。

    ユーザーID:8685371484

  • 地方によるのかもしれませんが…

    『仏様にお供えした食べ物は、縁起の良い食べ物です。
     お墓に持って行ったりするより、みんなで分けて食べる方が良い。
     仏様も喜びます。』

    と、住職さんに言われました。

    そういうところも有ります。

    でも仏教に地方の風習とか入るかな??
    仏教全般ではそうなのかな??
     

    ユーザーID:4797454504

  • 価値観しだいかな

    私は女ですが、彼氏さんの家と同じ価値観かな。というのは私の家も仏壇がありますが、まずは食べ物は仏様が先だという考えなので、一番に仏壇に置きます。一定期間置いた後で人間が頂くのです。これは私が祖母から受けた教えでいまだに続いています。だから決して彼氏さんのご家族は悪気はないと思います。さすがにお客さんにお菓子を出す時は、仏壇の物をそのまま出したりはしませんが、せめてお客さんに分からないようにしますね。これは価値観しだいですね。私は彼氏さんのお父さんがしたことは非常識とは思いません。まあ少し配慮がないくらいですかね。きっとあまり細かいことを気にしない人なんでしょう。住んでる家も違えば価値観が違うのはあたり前です。あまり深く考えこまないようにしましょう。

    ユーザーID:8579215899

  • 男親は気が利かないから

    一般に男親は気が利かないことが多いと思います。
    その気の利かない男親に育てられた彼やお姉さんも、あまり気の利くタイプではないかもしれません。
    しばらく様子を観察してみましょう。
    悪意が感じられなければ、及第点でしょう。
    案外、気を遣わない付き合いができて「吉」と出るかもしれません。
    また、まったく価値観の一致する家庭というのはありえないと思うので、結婚するということは、多少なりとも価値観の違いを乗り越えることが必要かと思います。

    ユーザーID:3893424533

  • これからもっとありますよ〜

    多分お父様はお仏壇に上がっていた物→一番上等なもの→お客さんへ、という気持ちもあったのかもしれません。風習などでそのような考え方をするところもあるかもしれません。彼のお姉さんが同席されてながら、というのもあるかもしれませんが男の人にお茶をご家庭で出していただくってそうそうないことですね。ちょっとした価値観の違いは結婚を境にたっくさん出てきます。家と家が違う者同士が生活を共にするのですからそれは大変なことも多いと思います。うちなんて結婚前に主人の両親が家に来ましたよ、見合いだったのに。なんか動物みたいに私自身の値踏みをされた感じでとっても嫌でした。(おまけに彼の家への招待はなし。言葉もなし)適度に距離をとれば義父母とのことは・・・。一番は婚約者である彼との生活です。どうぞお幸せに。

    ユーザーID:5638629262

  • トピ主です。

    皆様、色々なご意見ありがとうございます。
    はもさんのレスまで拝見いたしました。

    彼の母は2年程前に他界しました。
    現在は、彼父と姉のみが近い家族です。

    地域によって、家庭によってそれぞれ色んな考えがあるのですね。
    あらためて再確認しました。

    今回のお菓子を出された時に、賞味期限が切れそうだという話になり、
    また、私が家に来る事を喜んで特別に用意したお菓子ではないなと感じたため
    さびしい気持ちになりました。

    他の件でナーバスになっていたもので、つい悪い方に考えてしまいました。
    (高給取りでもない彼からの仕送りを当てにしている割に節約していない等々)

    仏壇のお菓子=良いもの と考えるのが今回は良さそうですね。
    そして細かい事にこだわらない分、口も出されなくラッキーと思うようにします。

    少し、元気が出ました。皆様ありがとうございます。

    ユーザーID:5247478365

  • これだけじゃよくわからない

    お菓子以外の価値観の違う所を書いていただけたら読んでいる皆さんも意見を述べやすいと思います。
    お菓子に関しては日本中色々風習があるので、どうともいえません。供物台は神仏だけでなく高貴な人に食べ物を出す際に使われた器(のミニチュア)なので、もしかしたら彼家には「大事な客には供物台ごと」という習慣があるのかもしれません。お嫁さん予定者に仏様のお下がりを食べてもらうことによって身内の仲間入りしてもらう風習があるのかもしれません。

    冠婚葬祭の価値観が非常に違っている場合は、夫婦が事前にしっかりと話し合い合意に達しておかないと、ややこしいトラブルのもとになります。(特にお母様がおられないようなので、お父様と同居の可能性もありますし、少なくとも彼家の冠婚葬祭の実務担当者は早いうちに彼姉からトピ主さまが引き継ぐことになるのでは?)
    生物に対する態度も大事です。(犬猫の好き嫌いとかだけじゃなくて、世の中にはゴキブリを食べてくれると言う理由でアシダカグモを絶対に殺さない家もあります)
    思想信条の違いは双方が押し付けがましい言動をしない限り大丈夫ですが、中々そうはいかないようです。

    ユーザーID:4547906882

  • 今後も大変そうですね

    >今回のお菓子を出された時に、賞味期限が切れそうだという話になり
    仏壇のお菓子をお供物台のまま出される、しかも賞味期限が切れそうだなんて、やはりトピ主さんが良い気持ちがしないのは当然のように思いますが。
    彼のお姉様もいらっしゃるのに、弟が婚約者を連れてくると分かっていて、なんの準備もなさらないのは、不思議です。
    彼の仕送りをあてにしているという事は、今後も仕送りが続くのですよね?
    仕送りしてくれる、息子が結婚することを、経済的な考えからも積極的に賛成できないなどという事はないのでしょうか?
    育った環境の違いは、結構、生活していくうえでの影響は大きいですよ。
    後々、後悔しないためにも、彼のご家族の事は冷静に観察されたほうが良いと思います。

    ユーザーID:2165280635

  • 二度目読みました。ちょっと甘いぞ

    世の中で嫌われてる人と言うのは、大方「自分には甘くて他人に厳しい」ものなのです。
    自分は気を遣わずにいて、ざっくばらんで開けっぴろげで裏がない性格だと自称し、他人の行動に対しては「無神経」と文句を言う人なんていくらでもいます。
    結婚前によーく目を見開いて観察し、後悔しないようにしてください。
    お金の件も気になります。というか、それはほぼ確実に後々もめる種になります。
    トピ主様のご両親か伯父さんなど近い親戚に、主張すべきはきっちり主張できる方はおられますか?
    気弱な方ばかりだったら、トピ主さま自身がしっかり覚悟を決めてものを言わないといけません。

    最初が肝心です。お金に関することでおかしな成り行きになったら即座に修正することです。たいした金額でないとか、めでたい事がらみだから騒ぎたくないとかでこちらがかぶると、それが当たり前になって段々エスカレートするのはよくあることです。
    最初から封じておけばお互いそれ以上不愉快な思いはせずに済みます。

    ユーザーID:4547906882

  • お母様

    私の都合のよい解釈だと、、、
    仏壇からのお菓子は、亡くなられたお母様が、あなたを歓迎したくて、、出て来たのではないかと。

    風習や宗教的なことは分からないけど、
    喜んでいると思うなぁ。きっと。。

    それとお姉様は、、まだ亡くなって二年のお母様への寂しさがあって手放しで喜べないのかも。。
    お父様は文面から明るく飾らない感じがしました。シャイなのかも?

    トピ主さんとご家族のしあわせを祈ってますね。

    ユーザーID:3786297599

  • トピ主です。2

    悩めるおばさん様、2度目のレスまで拝見いたしました。ありがとうございます。
    お金の件に関しては、私の家族が高齢で心配かけられず自分で対処するしかなさそうです。
    彼いわく、「実家が裕福でないのに頑張って大学まで行かせてもらったので
    少しでも返したい」とのことです。
    気持ちはわかりますが、彼の実家がその割りに節約していないため
    割り切れない部分があります。しばらく様子を見て話し合ってみます。
    今回の件には該当しないかもしれませんが、
    >>供物台は神仏だけでなく高貴な人に食べ物を出す際に使われた器(のミニチュア)
     なのですね。勉強になりました。幅広く知識をお持ちの様子で頼りになります。

    koreha 様、私の不快な気持ちをわかってくださりありがとうございます。
    >>仕送りしてくれる、息子が結婚することを、経済的な考えからも積極的に賛成できないなどという事はないのでしょうか?
    なるほど。じっくり様子を観察してみます。このままだと仕送りはずっと続く見込みです。話し合い出来るよう頑張ります。

    ユーザーID:5247478365

  • トピ主です。3

    ハナ様、レスありがとうございます。
    >>仏壇からのお菓子は、亡くなられたお母様が、あなたを歓迎したくて、、出て来たのではないかと。
    なるほど。色々考えさせられます。
    私の少ない情報の中から色々感じ取っていただきありがとうございます。
    時間をかけて様子をみてみますね。

    ユーザーID:5247478365

  • 前向きに

    生活環境が全く違う義実の家に戸惑いながら
    早や20年余りの歳月が流れました。
    心に染み入るように、いつしか違いを受け入れることが
    できたのは、義親、義兄弟に悪気がないことが
    わかったからです。違いをマイナスに受け取らず
    良い方へ考えてみると、これまでの思考に
    広がりができます。気持ちも楽になりますよ。
    末長く付き合っていくことになるのですから
    不安に思わず、新たな発見と思いましょう。

    ユーザーID:8439634559

  • トピ主です。4

    kira 様
    違いを気持ち良く受け入れるようになれるとは。素敵です。
    私も気持ちに余裕を持てるように切り替えていきたいです。

    ユーザーID:5247478365

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧