中学一年の長男が心配で気が滅入る

レス14
(トピ主6
お気に入り12

妊娠・出産・育児

親ばか

我が家には中一の長男を筆頭に年子の妹、小一の次男の三人の子がいます。主人が異常なほどに本好きで上二人が小さい内は家であやすときはだっこしながら本に眼を向けてたり、もう少し大きくなると寝る時に10冊くらい絵本を読んでくれるということは積極的でしたが後はこどもや私が呼んでもテレビや本(マンガを含む)を見て耳に入らず私から見ると現実逃避しているようにすら見えるほどでした。こうして思春期に入ろうとしている上二人も本を見る事は大好きで、家に帰るとあえて友達に会おうともしません。

我が家は公団の一階で窓の外は駐車場。こども達が窓の下から友達を呼びます。我が子もその仲間で学校やサッカークラブの行き来は共にし自分も仲間もグループの一人と思っていますが約束なしで誘い合って遊ぶ時には必ず声がかかりません。我が子の部屋の窓のすぐ外から3階の子を呼ぶのだから、私もうちにも声がかかるのかと思います。我が子も内心そう期待しながらも自ら声をかける勇気がないのです。なんか、なかま達の付き合い方や話題がいまひとつつかめないようで見ていてイライラします。

こども達は小ニからずっとサッカークラブで一緒に育って来て人任せな親が多い中、家にいる私はチームに付き添う場面が多くどの子も可愛く思ってました。しかし息子はそれに安心して自ら関わる努力を怠っていると思います。そして自立し始める仲間たちに取り残されているような…。家に友達を招いたら良いかと思うのですが先に書いたように家に本があふれ、無言で本を読みふける残りの二人の子供達が常に狭い部屋に脚を伸ばして居座り家族ですら手狭なので私の気が進みません。息子は友達のお宅でも本を読んで過ごすようです。この夏休み、キツイです。

ユーザーID:5993591676

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数14

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 声の掛け方を教えてあげたら?

    お子さんが、本を読むより皆と一緒に出かけたいと思っているなら、ですが。
    具体的に「俺も一緒に行っていい?」とか一字一句教えてあげて下さい。
    勇気がないのも当たりだと思いますが、何と言えばいいのかわからないことも
    大きいと思います。
    「そんなことまで?」と思われるかもしれませんが、やったことがないことは
    わからないんですよ。

    私も母に回覧板やお裾分けを持って行くよう言いつけられていましたが、
    母は何も教えてくれず、結構辛かったです。
    その母もお嬢様育ちで、自分も何と言って持って行けば良いのかわからず、
    子どもの私に行かせていたようですが。

    人に声をかけることも身につけるべきスキルの一つだと思います。
    子どものうちに教えてもらえたら、私だったら嬉しいです。

    ただ、お子さんが友人と遊ぶより本を読みたい時期ならば、
    「本が読みたいのに、無理矢理お母さんに追い出された」と思いながら
    遊ぶことになってしまいますので、「本当は外で遊びたいんでしょう?」と
    誘導尋問はしないであげてくださいね。
    多少は苦労しますが、大人になってからでも間に合うことですから。

    ユーザーID:5933695777

  • ほっといてあげてください

    >息子はそれに安心して自ら関わる努力を怠っていると思います

    お母さんが答えを自分で出してるじゃないですか。

    ほっとくべきです

    親御さんですから「本ばかり読んで、友達と付き合えないオタクになってしまったらどうしよう」と心配されているのかもしれません。

    でも息子さんの人生ですよ。
    自分で切り開いていかなきゃいけないのです。

    いじめられたりしているのなら別ですが・・・
    中学生ですし、ほっとくべきです

    ユーザーID:2540254893

  • みんなちがってみんないい

    本当に、なぜ我が子のこととなると、厳しいまなざしになってしまうんでしょうね。「他の子のように活発で誰とでも仲良く遊ぶ子供になってほしい」「あの子のように本好きになってほしい」・・・。他の子とついつい比べてしまい、我が子に期待してしまい、がっかりして厳しい言葉・態度を表してしまう。お母さんがそれでも「いいんだよ」と認めてあげることが本当に大切なんだと日々感じています。まずは子供の「個性」を認めること。社会とのつながりは「必要に迫られて」身に付いて行くかもしれないです。見守ってあげてはどうでしょうか?お母さんが、サッカークラブで子供と一緒に行動していることで「安心感」を与えていたのでしょうね。素敵なことだと思います。愛情たっぷり注いでいると、遅かれ早かれ『自立』していくでしょう。本好きの友だちはいませんか?大人でも誰でも、同じ興味を持つ相手と情報交換は楽しいものです。図書館など公共の場所でいつもみかける気になるあの人、そんな人をみつけて声をかけるのもいいかもしれません。司書さんもとっても情報持ちですよ。焦りと比較で追いつめませんように・・・・。

    ユーザーID:5377712720

  • 素晴らしい個性が芽生えている

    活字を読まない今時のおバカちゃんばかりの中で、中一にして、それだけの読書好きとは頼もしいです。

    読書は、他人の意見や感性を学ぶことに他なりません。
    今、息子さん達は、目には見えないけれど沢山のことを獏のように獲り入れている最中なのですね。

    人生の中でも、実に貴重であり、大抵の子には難しいとされる「読書するという癖」をもう身に付けてしまったのですから素晴らしいです。

    息子さんの、この素晴らしい個性を先ずはプラスとみなして下さい。

    その上で、「身体を動かす」「コミュニケーションの大切さを身に付ける」などを「更にプラスする」とお考えになって下さい。

    完璧な子はいません。
    それどころか、何の強烈な個性も興味も持たない子も実は多いです。

    私が個人的に「個性の角」のある子が好きなせいもあるでしょうが、
    「知的好奇心のかなり強そうな」息子さんお二人、楽しみです。

    ユーザーID:6054362137

  • 私もそうでした

    部活の時以外は本ばかり読んでました。授業中は隠れ読み、休み時間は没頭、委員会は図書委員、取った資格は司書課程。
    クラスから浮くこともあったけど、本や漢字についての質問に答えたり感想文を書くのを手伝ったりで、一応友達付き合いも私なりにしてました。
    男子でもそういうタイプはすっごい少数派ですけど、いましたよ。気骨がありました。本好きとして。
    他の子は他の子として、息子さんには今何読んでるの?とかおすすめは誰?とかどういう話が好き?と聞いてあげて下さい。私も母にそう聞かれるのが、気恥ずかしいけど嬉しかったです。

    ユーザーID:0191647202

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • 3人の方のご意見、ホントにありがたいです。我に返りました。

    何度も繰り返してきた親子間の葛藤。ちなみに葛藤は私だけです。我が親から受けた子育ての不安による私らしさの否定。母親からの依存。甘えらるない不満。つきることのない理想への無責任な要求。未だにその関係から逃げたくて近寄られる度に冷たい態度をとり我が子らに「おばあちゃんとお父さんにはケンカごしだからね〜」と苦笑いされる始末。この親子関係を味合わせたくないと思っていたのに、やはり連鎖しています。「僕の事を心配して言ってるのはわかるけど、友達関係はほっといて!」と突き詰める私に言ってます。了解。よーく解る。
    続く

    ユーザーID:5993591676

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • 続きです

    私の親は、感情のままぶつけて来た。どんなに家庭内がゴタツイテモ親が憧れる家の子と同じ習い事にいかされて完全な拒絶反応を示す私に「なんでよその子ができるのに…」と児童相談所に相談に行った。私が親の事を相談したいくらいだったのに。私の親には子育ての手本になる両親がなかった。私にとって異性である息子の人生の手本の主人にある不安感を取り除けず自分が父親になろうとしてしまう。どんな人でも迷いがなければ確固たる自信で生きていける。息子をただ見守ると決意はすれど、この葛藤を一人で抱えるのがすごいダメージを受けます。苦しい

    ユーザーID:5993591676

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • みなさんに共感してもらえてホッとしました。実は私もそうでした

    トピ主です。皆さんのご意見を見て、私が正にわが子と同じで、母が今の私であった事を思いだしました。母が「本が大事」と小さい頃から与えられたものの、周囲に翻弄され真逆なものも求められ、それこそ親自身が苦手な人付き合いが上手く出来てないと責められる。今、本に集中して世間が見えないと世間に入れない子になるのでは、と不安感起こるのも母のとおりなのでしょう。しかし、あおさんのように「本がなくてはならない」という現実を自信を持って自覚できればそれを活かせる人生もある。「わたし(我が子)の人生はこれでOK」と思えば良いのですね。

    ユーザーID:5993591676

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • 続きです

    外で頑張って働く主人の姿も家には見ないから揃ってマンガ喫茶なみに読みふける姿が「こわいよ」と思ってしまう。とくに人の往来や話し声が手にとるように見える環境が混乱に拍車がかかるのですね。こども達自ら「図書館に連れていって」と暇になると言うのを叶えるのが私のすべき事ですね。むやみに否定しないように心がけます。

    ユーザーID:5993591676

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • 再び失礼します。レスを読んで

    葛藤から自分を解放してあげてください。私も悩みながら子育てしています。『明日こそいい母親であろう!』と。子供と一緒に自分も親として明日から新しいスタートをきってはどうですか?今日できなかったら、明日から。昨日までのことはもう過ぎ去ったこと。これまでの自分も含めて許してあげて下さい。

    子供はお母さんの『口攻撃』から逃避するために読書の世界に逃げ込んでいませんか?今まで一杯「干渉」してきたのなら、しばらく様子みるだけ。見ているとイライラするのなら家庭内の最低ルールを張り紙にしておくだけで、口には出さないことにしてはどうですか?お母さんがうまくガス抜きできないと、家庭内がガス充満で窒息してしまいますよ。お母さんの心の余裕を取り戻すことを今は第一優先にしてみてください!(私は読書で育児放棄をしています!)

    自分がされたら嫌だと思うことを子供にしない。それを暗黙のルールにしていきましょう。
    (例えば、夫が知人の奥さんと自分を比較して「あそこの奥さんは料理がうまいがうちはだめだ」とか「あそこの奥さんは話上手だがうちは器量が悪くて困る」なんてことを毎度毎度言われたらどう思いますか?)

    ユーザーID:5377712720

  • なんだ、お仲間でしたか

    トピ主さんも本好き仲間でしたか。それなら本に触れる楽しさはご存じですね。
    でも、今のトピ主さんはとても苦しそう。対処療法を考えました。
    ・一階で人の往来が気になる→上の階への引越を検討。
    ・読書に没頭する家族にイライラ→自分の趣味の時間にする。
    不安がよぎったら言葉で相手を責めず、肩をもんだり、くすぐってママと遊べとスキンシップ。
    本格的療法としては、素人判断でごめんなさい。家族が読書をする姿を見ると、トピ主さんのお母さんから咎められた記憶がよぎるのでは?それで怒りの感情が湧くような。
    でも、その感情、捨ててしまっていい頃です。
    世間が人の往来が近所の子供が昔の母がって、全員、目の前にいます?あなた方ご家族に何か文句つけてます?ないでしょ?全て、頭の中だけの仮想敵です。
    順番に理性で考えて。
    旦那さんのは本好きの読書、最大のストレス発散。全く恥ずかしくないです。読書が苦手な人も大勢いるのにご立派です。会社でも小難しい文書を処理して頼られてますよ。
    お子さん達も同じです。世のお母さん方が、どうやって子供に読書させるか悩んでいます。エッヘンと誇りましょう。
    あまり思い詰めないで下さいね。

    ユーザーID:0191647202

  • ただ今、自分開放法を模索中1。このまま横道それていいですか?

    投稿して掲載までに時間があり、2度も私の苦しみについて語ってしまい、ただ今こっぱずかしい心境です。しかし、私の日ごろは自覚することすら避けている心の奥にしまっている苦しみに親身に考えて下さって有り難いです。忘れたころにやってくる自信喪失感と幼い頃の不満感。きっと客観視すれば、「過去にこだわってもしかたないじゃん」と思うだろうに、沸き立つ感情はどうにもなりません。(もちろん、周囲には訴えませんよ。この度のように夜も寝れないくらい頭を渦巻くだけで)
    続きます

    ユーザーID:5993591676

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • ただ今自分開放法模索中2

    私がたまたま会話したカウンセラーに「すごく話にくいよね。抑圧の塊みたい」と言われたことがあります。いろいろ心あたりはありますが、これが私の生きる術でした。さぁ、この術が自分やこどもを苦しめるならぜひとも開放したいのですが、そう簡単に答えがでません。私はターゲットオンしたら他に興味もてなくなってしまい、こどもが生まれて以来子育てにターゲットオンなんです。学校に行ってる間は仕事をしますが帰ってからは…。こんな感じで子離れに成功した人いませんか?今、自分の事に専念したら順待ちの妹やまだ小さい弟も育児放棄しそう。

    ユーザーID:5993591676

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • 横道、どうぞ〜

    あらら、お子さんの読書の件は糸口に過ぎないご様子ですね・・・。

    >きっと客観視すれば、「過去にこだわってもしかたないじゃん」と
    >思うだろうに、沸き立つ感情はどうにもなりません。

    「頭ではわかっているけど、気持ちが追いつかない」状態ですか。私もたまに似た状態になります。辛い!と思っていたら、家族が教えてくれた方法があります。たしか「認識療法」とか言う名前で、心の中の葛藤(不安な事象)を口に出したり書き出し、対処法を挙げて解きほぐし、徐々に理性的に認識、問題は無いと納得する方法だったと思います。

    最初は感情がグルグルしますが、徐々に慣れてきます。あとイラっとする感情の発露は、枕を叩くとか顔をばしゃばしゃ洗うとかしてサッパリさせちゃいます。あくまで自己流の解消法ですが。

    以前に会われたカウンセラーの方なり、心理療法の専門家を早めにお尋ねになっては?客観的には3人のお子さんに恵まれ旦那さんも働き、健康や経済に問題はないのでしょう?要は心のリフレッシュが必要な時期なのだと思います。過去は変えられないけど、未来はトピ主さん次第です。きっと大丈夫ですよ。

    ユーザーID:8310933803

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧