現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

ポスドクの夫の将来が不安です。

アガロースゲル
2007年8月10日 13:08

私の夫は理系博士号(化学)を取得した後、アメリカでポスドクをしています。
帰国後は日本で助教を狙おうとしています。
最近は大学の採用は公募制のようですが、先生たちとの強いコネクションが関係あると推察しています。夫は、あまり日本の先生方々と親しい間柄でもなく、年々疎遠になっている気がします。
論文はそれなりにあるとは思うのですが、うちの夫に日本での明るい未来はあると思いますか?
一般的にポスドク経験後、何パーセントの人が助教などのアカデミックポストに着任することができるのでしょうか?最近は大学での採用枠も減ってきてますよね。

ユーザーID:3585963336  


お気に入り登録数:31
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピ主のレスのみ
レス数:1本
トピ主のみ(1)ほかのレスも表示

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
トピ主です。
アガロースゲル(トピ主)
2007年8月11日 14:05

色々なご意見ありがとうございます。研究の世界は教授になるまでは任期付で不安定で先の保証は無いということでしょうね。
選ぶ大学によっても出世の仕方も違いますよね。助教に入った時点で教授まで出世できると決まっているような大学ありますよね。
あと、教授の目をかけた人物がそのまま助教授、助教になっているような気がするのですが。ほんとうに最近取り入れている公募制はフェアなのでしょうか?
今住んでいるアメリカは、助教、助教授、教授などの採用は日本に比べるとフェアですよね。コネクションも関係無いし、業績重視ですよね。私も、アカデミックポストは厳しいと思うので、製薬会社などの中途採用を勧めるのですが、「嫌だ」の一点ばりですねーーー  

ユーザーID:3585963336
 
トピ主のみ(1)ほかのレスも表示

現在位置は
です