FANは不安?

レス24
(トピ主4
お気に入り9

生活・身近な話題

juana

とっても素朴な疑問なのですが、テレビとかを見ていて、なんで表記どおり発音しないのかな?と思うときがあります。

ファンを、ふあん
女王を、じょうおう
グアテマラ(国名)を、がてまら

私が間違っているのかなと思って広辞苑を引いて見たけれど、やはり正しい表記は、ふぁん、じょおう、ぐあてまら、でした。

発音しにくいから、でしょうか…?

誰か理由を知っていたら教えてください。

ユーザーID:8414865476

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数24

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • そもそも

    日本語以外の言語を日本語(50音)で表記する事に限界があるからでしょう。「がてまら」も「ぐぁてまら」も現地の人には通じないかも。

    女王が「じょうおう」となるのは、専門家に聞けば、なんらかの名前のつく変化だと説明いただけると思いますが。

    大岡越前の「大岡」って「おおおか」ですよね。でも声に出すときは「おーおか」
    いくらでも出てくると思いますよ。

    表記と確かに違うけど、そういうもんなんじゃないかなぁ…。
    専門家には全然違う!って叱責されてしまうでしょうか。

    ユーザーID:4935254934

  • 理由というか・・・

    グアテマラ、についてはわからないので、前2つについて。
    私なりの考えを書きます。

    ・ファンをフアンといってしまうのは、トピ主さんの仰るとおり英語的発音ができないからでは。
    とくに高齢の方に多くないですか?
    「ディズニー」を「デズニー」といってしまうのと同じだと思います。

    ・女王をじょうおうと読むのは、慣習的なものかと。
    正しくはじょおうなのですが、PCでも「じょうおう」で「女王」が変換できます。
    学生時代に簡単なアンケートを取ったところ、「じょおう」派、「じょうおう」派が半々ずつでした。
    よく記憶にないですが、小学校で「じょおう」と読みます!という徹底指導もなかったような…。

    ユーザーID:4541502818

  • 答えでなくて恐縮ですが

    私も貴女と同じ事を感じています。
    さらに付け加えるなら”しゅじゅつ”(手術)を”しゅじつ”と言う
    アナウンサーや俳優がほんとうに多いです。
    アナウンサーや俳優が口が回らないはずがないと思うのですが。
    いったいどうしてなんだ?

    ユーザーID:1132795842

  • これらもそうですね

    NHK→エネーチケー

    やむを得ない→やもーえない

    今、トピを読んで頭に浮かびました。

    ユーザーID:3050568032

  • 文字と言葉は別物

    私はタイトルのように理解しています。

    >女王を、じょうおう

    テレビじゃなくて、普通の人が話す時、「じょうおう」というより
    「じょーおう」の方が近くないですか?

    「ダーリンは外国人」なるマンガからの受け売りですが、
    似たようなもので「大岡越前」。
    これを「おおおかえちぜん」とは読まないですよね。恐らく多くの
    日本人なら「おーぉかえちぜん」と読みますよね。

    喋る言葉と文字は100%マッチしているわけじゃないんでしょう。多分。
    あと、アナウンサーだと「このように発音しましょう」というガイドライン
    があるようです。これは発音しにくいというより、視聴者が聞き取り易い
    という観点から決められているんじゃないかな。これも多分。

    ユーザーID:8437448802

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • そうそう

    女王を「じょうおう」と読むのは前から気になっていました。

    NHKの教育番組ですら、明らかに「じょうおう」と言っていました。
    なぜなんでしょうね。

    他に気になってるのは、ウェブ(web)を、「えぶ」(ぶにアクセント)のように読むことです。

    アナウンサーの話す言葉も信用できないなと思う今日この頃です。

    ユーザーID:1062898639

  • そういえば

    office はみんな「オフィス」と読んでいるのに、アナウンサーは「オフィース」って伸ばして言いますよね。
    何か決まりがあるのでしょうか?

    ユーザーID:7633272372

  • 少しずれますが

    40半ばの知人はメールで「気をつけてね」と伝える時、いつも「気よつけてね」と書いてあります。
    私は読むたびに笑ってしまいます。指摘した事はないですが。この歳まで気づかないのはすごい。

    ユーザーID:4442868447

  • 私も思っていました!

    ファンをふあんと読むことについて、

    徹子の部屋で、徹子さんがよく発音されているので、
    前々から気になっていました。

    聞いていてむずがゆく感じますね。

    ユーザーID:4389801728

  • 発音と表記は一致しないのが普通なのでは?

    話し言葉は生きています。時代、場所、国により様々の変化があります。
    文字は、ある程度固定されたものです。言葉として発音されているものを、出来るだけ忠実に記録として残す努力をしていますが、一致するのは中々難しいようです。

    50音に ワ行がありますが、その中に「ゐ」「ゑ」「を」という文字があります。今では犬を「いぬINU」と発音していますが、これは上代では「ゐぬWINU」ですよね。文字がある以上発音は区別されていたはずです。

    現代表記で使っている「これを」を発音する時に、「KOREWO」と言うか「KOREO」と言うか・・定かではないですよね。それでも通じます。

    発音はある程度あいまいになるのは仕方がないのでは。それを書き言葉としてあいまいにしてしまうと、意味が取りにくいですから、書き言葉は厳密に、話し言葉は幅をもって、というのが現状でしょう。

    「そう言うのは」を「そういうのは」  「止むを得ない」を「やむおえない」  「どうろ(道路)」を「どおろ」なんて書くと、おかしいですよね。でも、これらを正しい表記通り発音して話してみると、おかしいのに気が付くでしょう。

    ユーザーID:4183943364

  • トピ主です。

    皆様、レスありがとうございます。
    私のあげた3つ以外にもいろいろあるんだなと思いました。
    経験の浅そうなアナウンサーならともかく、ニュース番組の看板キャスターや教育番組で、自信たっぷりに発音されると、気になりますよね。


    バニラ様、
    初レスありがとうございます。
    「〜かも」と憶測でたしなめられたので、ちょっとビックリしました。
    現地発音(スペイン語)はわかった上で書いてます。
    グアテマラ大使館もホムペで「グアテマラ」(アは大きい字)と書いてるし、
    なによりあちら出身の方が、
    「ガテマラとかグァテマラと英語みたいに短く言われると、アメリカの属国と思われているみたいで嫌」
    と中米の小国らしい感想を言っているので書きました。


    トピ立てた後、母と話したら、
    「ベルサイユのばらで『私はフランスのじょうおうなのです!』というセリフが流行る前は、みな『じょおう』と言っていた」
    という意見がでました。
    だとすると、「フアン」を広めたのは長嶋さんあたりかな(想像)。

    ユーザーID:8414865476

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • すでに日本語。

    おそらく、年齢や方言による、言い方の違いから変わっていったと解釈しています。
    多くの人が喋り、発音するほうが主流になったと考えます。
    私の女性上司はパーティーをパーテーとしか発音できませんでした。
    プラスチックはプラッチックです。
    当時彼女は60才に手が届くくらいですが仕事は抜群に出来、尊敬すべき上司でした。

    ユーザーID:5074702283

  • “たいくかん”は“体躯館”?!

    「謎」さんと同じく、“手術”を
    “しゅじつ”や“しゅーつ”と発音するのが気になってました。

    同じくアナウンサーや俳優でも
    “体育館”を“たいくかん”
    “全員”を“ぜぇいん”
    などと発音するのが不思議でたまりません。

    ユーザーID:4607715821

  • 原因

    原因は「げーいん」だと思ってました。なので「げいいん」と何度打っても変換されず困ったことがありました(恥)。

    ユーザーID:4189894393

  • トピ主さんへ

    不愉快な思いをさせたでしょうか?
    しかし、憶測でたしなめられたとおっしゃいますが、私の言いたかった事は、外国語の発音をあくまで日本語の表記である「カタカナ」で表しても、必ずしも一致する(それを通じると表現しました)とは限らないでしょう?と言う事です。

    だってそれは、その国の言語に似ている日本語の音を当てはめているだけですから。

    なので、日本語の音の変化と外国語のカタカナ表記(地名だろうと、その他の単語だろうと)は同列で比べられないと思いますが?いかがでしょう。

    他のレスにも出てきますが、「ダーリンの頭の中」と言う漫画も参考にどうぞ。

    ユーザーID:4935254934

  • 大地震

    「大地震」をNHKでは必ず「おおじしん」と読むそうです。「だいじしん」と読んでは駄目だそうです。「おおじしん」と読むには理由があって(しかしその理由は読んだけどよくわからなかった)、そう決められてるそうです。発音やアクセントなどアナウンサー用に辞書(これが古いという話もあるみたい)があり、厳しく教育されるということなので、トピ主さんが挙げられた例もなんらかの理由があって、基準通りにアナウンサーは読んでいるんだと思いますが・・・

    ユーザーID:7899439210

  • 変化の速度が違うのです

    「書き言葉が正しくて話し言葉が間違っている」というわけではなく、話し言葉の変化に書き言葉が追いついていない状況だと思います。

    言葉はどんどん変化しますが、お互い意思疎通ができなくなっては困るので、ある程度の基準を決めて変化にブレーキをかける役割が「標準語」や「文法」などの決まりごとです。が、それでも言葉は変化しますので、実態とかけ離れてしまったら決まりも更新されます。

    今、学校教育でも助詞の「を」を「お」と同じ発音で教えていますが、昔はちゃんと表記どおり違う発音だったんです。話し言葉で区別されなくなり、教育が追認した例です。
    「京」と「今日」も昔は違う発音だったのが、まず話し言葉で区別されなくなり、書き文字だけ「きゃう」「けふ」と区別されていたのが、さらに書き文字も「きょう」と表記しよう、と追認されていったのです。
    旧かな世代の祖父は東京を「とうきょう」と書くのは違和感がある、と言ってます。(でも発音は「とうきょう」と言います)

    その内「じょうおう(女王)」とか「たいく(体育)」も標準になるかもしれませんよ。

    ユーザーID:6086580116

  • グ「ア」テマラ?

    >現地発音(スペイン語)はわかった上で書いてます。
    グアテマラ大使館もホムペで「グアテマラ」(アは大きい字)と書いてるし、
    なによりあちら出身の方が、
    「ガテマラとかグァテマラと英語みたいに短く言われると、アメリカの属国と思われているみたいで嫌」
    と中米の小国らしい感想を言っているので書きました。


    現地人でも何でもないただのスペイン語学習者ですが、Guatemala の発音、グ「ア」テマラなんですか?
    母音「u」は 弱母音なので強母音の「a」が後ろにくると一音節になってしまうため「gua」は「グァ」という風に発音する、と習いました。
    「グア」と2音になるのはguaのuの上に点々2つつける場合だと思っていたので、あちら出身の方の発言に目から鱗です。とても興味深いです。
    あちら出身の方は「グアテマラ」と5音節で発音しているのでしょうか?(日本語としてでなく、スペイン語の会話の中で)

    ユーザーID:9779307438

  • トピ主です。またまたレスありがとうございます。

    レスありがとうございます。
    本当にいろいろありますね。

    原因!たしかに多いです。
    私も口が回らない…(反省)

    大地震、思わず辞書引いてしまいました。
    おおじしん=大きい地震
    だいじしん=マグニチュード7以上
    なんですね。知らなかった。
    ちょっと感動。
    アナウンサー辞書って見てみたいな。勉強になるだろうな、と思いました。

    これに限らず、小町の言葉関連トピって、レスされる人のキャラが強く出て、そちらの面でも面白いです。

    ユーザーID:8414865476

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • たいくかんでもなく「たいっかん」と発音してたりします

    外国人が日本語を習うとき、「原因」の読み仮名は「げんいん」、でも「げーいん」と発音するように習いますよ。でないと通じませんよね、日本人にも。げんいんとはっきり発音すればするほど通じなくなるから不思議です。

    逆に英語の発音も、次の音の影響を受けて落ちたり変化したりしますよね?それと同じで、どの原語にもあるんじゃないでしょうか?

    元々外国語をカタカナで表す場合はまた別の問題も含まれてくると思うのでちょっと置いておいて・・(バニラさんに同意です)

    「たいいくかん」ではないのか?という指摘には英語で「ホワットタイム?」が正解、「ワッタイム?」は表記どおりじゃないから間違い、と言われているような違和感を覚えます。あくまで発音のことですが。

    ユーザーID:6590330589

  • mala lecheさま

    mala leche(いじわる)ってすごい名前ですね

    >「グア」と2音になるのはguaのuの上に点々2つつける場合だと思っていたので

    えっ、と思ってスペイン語辞書のguaのところ、全部見てしまいました。
    そんな単語ないですよ(汗)

    あと、二重母音をもつ外来語って、たいがい、大きい字2つで書きます。
    ピエロ、クエスチョン…などなど。
    辞書引いてみてくださいね。

    それはともかく、重要なのは、
    「アメリカの属国と思われるのは嫌」
    の方です。
    mala lecheさんも中南米史とか学んでご存知と思いますが、彼らのこの気持ち、ハンパじゃないです。

    同じguaでも英語は短く、スペイン語は長めに発音する。
    アナウンサーの場合、「グァ」を一拍で発音しようとする(とても短い)。
    だから、無理に英語風に発音しようとしているように聞こえ、不愉快。
    「グア」は英語風に聞こえないからOK。

    この話題、なぜ外国語の発音とは?の議論に流れるのかなあ。
    ただの単語でなく、国名だから、外務省などが失礼のないように決めた言い方守ろうよって話です。

    ユーザーID:8414865476

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • トピ主から、ちょっとリクエスト

    すみません、レスされる方にお願いです。

    一般人や若手アナウンサーが噛む件はおいといて、ベテランがそう発音してるものに限定してくださると助かります。

    あと、外来語と、語源の外国語は、分けて考えて欲しいです。

    なんか、話題が拡散しはじめて、よくわかんなくなってきました(笑)

    前のレスで、なぜ正しい外国語の発音の話に流れる…と書きましたが、別トピで完全に外来語と外国語の発音をごっちゃにして盛り上がっているところがあったからなんですね。
    失礼しました。

    私は、外来語ってのはすでに日本語で、日本語話者の間で話が伝わらないと困るので、自然発生したものだと思っています。
    日本語になった以上、外国語を習えなかったおばあちゃんでも、国語辞典引けば意味がわかるようになってなきゃと思います。
    なのに、なんで看板キャスターが、辞書にも載ってる定着した言葉をわざと変えて話すの?
    …というのが素朴な疑問でした。

    きちんと理由がわかれば納得いくのに。

    よそのトピから写してきたような一般論じゃ答えになってないなぁ。
    この言葉は…と深く掘り下げた説明、歓迎です。

    ユーザーID:8414865476

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • 書き言葉と話し言葉は別物

    だと思います。基本的に。

    なぜ表記通りに発音しないのか? とのことですが、話し言葉は話者が話しやすい、発音しやすい方向へ流れていく傾向が、書き言葉のそれより圧倒的に多いからです。
    音というのは流動的なので、多少曖昧になったり境界がぼやけてしまっても、全体としてまとまっていればそれでOKになってしまいます。なぜOKになるのかというと、それで相手に伝わるから。
    書き言葉にその傾向が少ないのは、文字を省略すると意味が変わったり伝わらなくなるからなんですね。

    アナウンサーの件で言えば、アナウンサーの仕事は表記通りの発音で原稿を読むことではなく、視聴者に原稿内容を正確に(場合によっては早く)伝えることです。
    そのため、多少違う発音であっても耳として聞く場合に「同じ」と認識される発音で代替することがある、という話を元NHKアナウンサーの方からお聞きしました。
    「しゅじつ(手術)」「たいくかん(体育館)」「げーいん(原因)」などの発音はそのためだと思います。
    噛まずに早く発音するために、話し言葉を変化させたのだと思います。

    ユーザーID:8715042360

  • 言語とは

    >レスされる人のキャラが強く出て
    本当にそうですが、トピ主さんの投稿を読むと
    こうあるべき!というところがずいぶん強く出ているような
    印象を受けました。
    でも言語というのは、他のこととは違って、
    こうあるべき!というようなものではないと思うのですが。
    翻訳の仕事をしていますが、カタカナ表記の外来語って
    実際厄介なものです。そのためかソフトウエア開発で
    英単語を日本語でつないだような文書を目にすることも多いです。
    依頼元によって、この単語はこう!と一律に決められることもあれば
    ブレが許容されることもあります。

    さて国名についてですが、
    昨年、オーストリアの表記をこれからはオーストリーとするという
    発表がありましたが、今のところ定着は難しそうです。
    オーストラリアと混同されたくないからだそうですが、
    自分は混同していませんし、南米のある国について(あえて表記を避けますが)アメリカの属国だとも思っていませんので、
    明らかに侮蔑の意図があるのなら変えるべきでしょうが、全員で右へ倣えするものでもないのでは?むしろその方が怖いです。

    アナウンサーの件はハトリさんがおっしゃっているとおりですね。

    ユーザーID:1921738419

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧