4週間前、夫を事故で亡くしました

レス23
(トピ主1
お気に入り61

家族・友人・人間関係

ノニ

結婚して丁度半年の7月末、交通事故で夫を亡くしました。まだ30歳で、家も建築中でした。相手がきちんと左右確認していれば、夫のバイクとぶつかる事はなかったと警察も言っています。今は加害者が憎く、私も仕事をしているので、仕事をしながらバイク通勤を止めなかった自分を責め、結婚したのに大型バイクで通勤していた夫を責める思いです。とても優しくて穏やかな夫でした。その穏やかな性格からか、結婚前に夫が借りていた寮に遺品整理に行ったらゴミ屋敷で驚きましたが(笑)。結婚して半年は、借りているアパートで私がきちんと掃除をしていたので良い環境で過ごせたとは思います。一年半付き合って結婚しましたが、付き合っている時は、恩人の紹介で知り合いましたが、結婚するにはいいけど、恋愛対象としては物足りなさを感じていましたが、結婚して、夫の良い所が見えてきて、亡くなる二日前、二人で外食した時に、『この人と一生一緒にいられるんだ。』と、結婚して一番幸せを感じた時でした。その直後に逝かれてしまったので、病院で遺体と対面した時は絶叫しました。

今は姉がアパートで一緒に暮らしてくれていますが、姉も来年の春には結婚するので、実家に戻るか、一人暮らしをするかの選択ですが、今の所、一人暮らしを考えていますが、本当だったら夫と二人で建てた家に引っ越すはずたったのにと考えると胸が締め付けられる思いです。そうなると、加害者の人も誠意のある人だとはわかりますが、どうしても恨んでしまいます。夫の死を無駄にしないために、来年から通信で精神保健福祉士の資格をとって、同じ思いをして精神的な病気になっている人を助けてあげたいと思っています。まだ49日も終わっていませんが、周りからはまだ27歳なのでいづれは再婚しないとと言われますが、そんな気になれません。いづれは加害者を許さないといけないのでしょうか?

ユーザーID:2136857621

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数23

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 時間薬

    ことばもありません。本当にご愁傷さまでした。
    私の周りのも事故で身内の方を亡くしたからがひとりならずといます。

    >周りからはまだ27歳なのでいづれは再婚しないとと言われますが、そんな気になれません。いづれは加害者を許さないといけないのでしょうか?

    私の周りにはご主人を亡くされて10年経っても再婚をした方はひとりもいませんがそれは周りの環境やご自分の気持ち、出会いなどでしょうから自然に任せれば良いと思います。

    事故の場合の加害者に対しても許す、許さないは人の性格にもよるので数年で許せる人何十年と経って許す人、一生許せない人それぞれだと思います。「〜しなくてはいけない」というルールはないと思います。


    悲しいことに人間は最愛の人を失い月日が経つとその人と会えない状況に慣れる(順応)していくと思います。
    そのことと亡くなった人を忘れるのは別のことだと思います。
    少しのことでも思い出して涙することが少なくなる薬は「時間」しかないようです。
    私が泣いていた時に年配の方に「時間薬というのがあるのよ」と言われたことがあります。
    お体をご自愛ください。

    ユーザーID:1919118505

  • 悲しい

    ノニさん、はじめまして。
    お辛い経験をされましたね。読んでて涙が止まりません。
    なんと言ってさしあげらよいか…

    でも、ノニさんの資格を取って同じ境遇になられたかたをサポートしたいという前向きな気持ちに胸をうたれました。
    天国へ逝かれたご主人も絶対応援してくれますよ。

    4週間というまだ心の傷が癒えないお辛いときかとは思いますが、ノニさんご自身もお体を大切になさってくださいね。

    ご主人様のご冥福お祈り申し上げます。

    ユーザーID:2133192912

  • ・・・・・

    言葉が見つかりません。

    結婚して半年、家を建築中の27歳ということで、
    自分と同じような状況の方が、突然旦那様をなくされてしまった
    という事実が、自分にとっては衝撃的で言葉が出ません。

    ただ、これだけ言いたくて、レスをします。

    >いづれは加害者を許さないといけないのでしょうか?

    「気持ち・感情」に対して、「○○すべき、しないといけない」
    という抑制は、その気持ちをいっそう高めてしまいます。
    恨んでいいのです。
    もちろん、その恨みを行動にしてはまずいですが、
    心のうちに思っている分は、心のままにした方がいいです。
    恨んで恨んで恨んだら、きっと自然に
    解ける時期がいつかは来るかもしれません。

    今は心のままに、恨んでいても良いです。

    誰もそのことで、あなたを「いやな人間」なんて思いませんから。

    ユーザーID:5406417025

  • 43歳既婚男性です

    心中お察しいたします。わたしも妻子が不慮の事故でなくなったりしたら、トピ主さんと同様の心持かと思います。
    私自身6月に実母を亡くしました。事故ではなく長い闘病を経ての病死でしたから覚悟は出来ていましたが。
    その時でしたか、随分以前に何かの本で読んだ言葉を思い出しました。
    「その人(亡くなった人)との別れを悲しむのではなく、その人と出会えたことを感謝しよう」
    なかなかに悲しみが癒えるものではないと思いますが、いつかそんな素敵な御主人と出会えたことを喜びとして感じられますように。

    ユーザーID:5215120833

  • 相手をあまり責めないように

    バイクは乗ってるだけで命の値段が2桁くらい安くなる乗り物です。
    そして大抵の交通事故は片方が一方的に悪いというものではありません。(警察はそのように説明すれば楽ですが)
    悲しいのはわかりますが、負のエネルギーに変えないようにしましょう。

    ユーザーID:0628683706

  • まずはご自分をいたわってあげてください

    ご主人様のご冥福を心よりお祈りいたします。
    トピ主様、許さなければならないのか?というお気持ち、まずはお忘れになってはいかがですか?時間というものは色々な意味で必要だと思います。
    おやさしい方ですね、私ならば憎くて当然、下手をすると憎しみだけがエネルギーになったかも知れません。
    色々なお気持ち…後悔、憎しみ、いとおしさ、切なさ…沸いてきて当然です。前を向きながらも、ハッとどうしようもない空虚感を感じることもまだまだあると思います。
    私は交通事故で、辛い体験をしました。また、身内の人間を交通事故で亡くしています。無謀な運転をする車や、マナーやルールを無視する自転車や歩行者を見ていると、事故から20年近くたった今でも悲しくなります。ルールを守っていた自分がなぜ事故にあわなくてはならなかったのかと…。
    自分と同じような思いをした方々を支えたいとお考えのトピ主様にはただただ頭が下がります。
    どうぞご自愛くださいませ。

    心よりお祈りいたします。

    ユーザーID:4889104799

  • 今はどうですか?

    少しは落ち着きましたか?

    >いづれは加害者を許さないといけないのでしょうか?

    とありますが、私はそうでなくてもいいと思います。
    一生恨んでも仕方ないことだとおもいます。
    ただ、トピ主さんがそれによって悲しい気持ち、
    ふさぎこんだ気持ちになることは、ご主人も願ってはいません。
    明るく、元気に毎日を過ごしてください。

    ユーザーID:7814307882

  • 参考になれば・・・1

    私も6年前主人を病気で亡くしました。
    当時の私と主人は今のあなたと同じ歳で、お付き合い2年を経て結婚式直後に倒れ、倒れてから1ケ月後のことでした。
    倒れて検査するまで、病気は全くわかりませんでした。
    私も周囲に『いい人が居れば再婚を・・・』と言われています。

    ご主人の死に加害者が居るということは、相当お辛いと思います。
    私も目には見えない”病気”という相手に何度も泣き叫びました。
    加害者の方が憎いと思うのは当然だと思います。
    また、トピ主様は仕事をされており、ご自分も責められているとの事ですが、体力・精神面で大丈夫ですか?
    経験から、気丈に振舞っても、もう体も心も限界だと思われます。

    加害者の方の事も自分の将来も、考える時間は充分あります。
    今答えを出す必要もなく、簡単でる答えではないと思うからです。
    (続きます)

    ユーザーID:8356969968

  • 参考になれば・・・2

    私自身、ずっと現実と葛藤し続けてなんとなく落ち着けたかもと最近思い、やっと前に進もうとしています。
    未だに主人のことを考え、毎日独り言のように話しかけてます。
    主人は必ず私を見てくれているはずです。
    だから、主人の分も私が幸せに生き、人生が終わるとき『頑張ったでしょ?』って笑って言いたいです。
    例え再婚したとしてもです。(する予定はありませんが・・・)

    今はいろんな事が頭を巡っていると思いますが、周囲の方のご好意に甘えてもいいので少しご自分を楽にしてみるのが一番だと思います。
    楽になってご自分のペースで進みながら考えてもいいのではないでしょうか?
    何度も何度も考えてぶつかってもいいと思います。
    ご主人もあなたが幸せになることを必ず願っていられると思います。

    同じような状況の方だったのでレスさせていただきました。
    ご不快に感じる文章があれば申し訳ありません。
     
    どうかご自愛下さい。

    ユーザーID:8356969968

  • ノニさんへ

    読んでいて涙があふれました。
    結婚して半年・・・。そして大切なひとを亡くされてまだ4週間。
    きっとまだ心の整理もついてないでしょう。
    ご自分を責めてしまったり、加害者を許せない気持ちも当然だと思います。まだまだ心の傷は癒えないと思います。

    大切な人を失うと、生きていくうえで頑張ってしまう気持ちとはうらはらに、心の傷やショックが大きいために精神的なバランスを崩してしまうこともあります。
    周りの人の善意ある言葉にも、思いがけずに傷ついてしまうこともあるでしょう。

    今はノニさんが自分に優しくなり、できるならノニさんが無理なくできることを少しづつやっていくことだと思います。
    傷ついた分、人にも優しく理解のある女性になっていると思います。
    ノニさんが、前向きに考えている資格の勉強頑張ってくださいね。

    わたしもノニさんに倣って頑張っていきます。

    ユーザーID:0509939539

  • 生きがいの創造2

    飯田史彦さんの「生きがいの創造2」をぜひ読んでみてください。
    何か参考になることがあるはずです。

    ユーザーID:5373922212

  • お察しします

    私も5月に母を亡くしました。闘病後でしたので多少の覚悟はありましたが。さて、ご存知かもしれませんがウォーキングツアーというフラッシュがあります。なんてことないんですが、死について多少なりとも心が軽くなるかもしれません。よかったらのぞいてみてください。
    http://pya.cc/pyaimg/pimg.php?imgid=6468

    ユーザーID:5921718363

  • トピ主です。

    皆さん、励ましのお言葉、有難うございます。うさぎオさんのウォーキングツアー見てみました。音楽といい、映像といい、とても心地がよく、何回も見てしまいました。読んでみて!さん、早速お勧めの本買ってみました。今週末、49日の法要で長旅をしないといけないので、電車の中で読んでみようと思います。前向きに生きようと決心しても、やはり時折悲しみに襲われる時がありますが、事故当日よりは大分落ち着きました。昨日、友達から電話があり、ノニは強いねって言ってくれました。これからは姿はないけど、心の中でいつも話しかけようと思います。不思議な事に想像ですが応えてくるているような気がします。

    ユーザーID:2136857621

  • お悔やみ申し上げます

    1ヶ月、やっと落ち着かれたころでしょうか。
    この度は本当にご愁傷様でした。

    私は14年前に婚約者を交通事故でなくしました。ノニ様の御主人とおなじように、バイクでの事故でした。
    悲しみが癒えるのには、向日葵様のおっしゃってるようにやはり「時間薬」でした。1ヶ月・3ヶ月・1年・3年と段々悲しみが薄らいでくるのが、落ち着きでもあり寂しくもありました。そうですね、3年くらいたって、やっともう本当に大丈夫だ、と思える感じでした。これは忘れた、という意味ではありません。悲しみが薄くなった、という意味でです。
    でも、今でも彼との思い出の場所には行けません。

    加害者を許しているか、ということについては・・・許しているかと問われれば今でも許していないと思います。常日頃恨みを覚えているわけではありませんが、目の前に現れたら、恨む・怒るというより、当時の悲しみがそのままぶり返しそうな感じです。
    許さないからといって向こうさんには実害はないし、こちらの心の問題ですから、このまま思わせておいてもらいますってところでしょうか。

    ご主人様のご冥福を心よりお祈りいたします。

    ユーザーID:0349233475

  • 心のままに

    このたびはご愁傷様でした。
    うちも先月夫が自損事故で、車が大破しました。しかし本人はほとんど怪我もなく、命のあることに感謝してなりませんでした。
    今後も自動車通勤が続くため、毎日無事に帰るか心配です。しばらくは胃腸炎も起こしたほどです。怪我がなくてもこのように心が締め付けられる思いでしたよ。

    私は20年前、中学生の頃に母を亡くしております。今でも、思い出すと切ないです。身内の死も友人の死も経験してますが、悲しみはなかなかなくならないようです。
    旦那様ともなると、また違った悲しみもおありでしょう。再婚などそういったことは義務でもありませんから、ご自分の思うとおりにされたらいいですよ。今はまだことが起きたばかりですから、まずはご自分の心を大事に過ごしてくださいね。

    加害者に対してもまだ整理するには早すぎますよ。許す許さないと決めなくていいです。
    時間ともに変化するものだと思います。

    49日もまだとのことですので、何かと落ち着かないと思いますが、今はとにかくご自分の心を大事に過ごしてください。

    ユーザーID:1287557196

  • 時間がすこしずつ癒してくれます

     私も7年前に交通事故で母親を亡くしました。 私は母が大好きで、自分が成人してからはとくにいっしょに旅行に行ったり、食事したり親友のように母とよく行動していました。 母はトラックにぶつかったので、即死でした。 人通りがほかになく死人にくちなしですから、なにが起こったのは当人にしかわかりません。
     今でもね、母を思い出さない日はないですよ。 今だに涙ぐんだり悔しくなったり、父のことをかわいそうに思ったり。 だけど時がたつにつれ冷静に物事を見つめられるようになります。 トピ主さん、今はお苦しいでしょうが、お若いあなたの人生はまだまだ長いのです。  時間はかかるかもしれませんが、外にでて気分転換しながらまた前に向いて前進してくださいね。   

    ユーザーID:6316565529

  • トピ主です

    早目ですが、49日の法要終わらせてきました。夫の親戚も感じのいい人達で、上手く付き合えると思ったのにすごく悔しいです。そうなると加害者に対して余計恨みが募ってしまいます。飯田史彦氏の「生きがいの創造2」読んでみました。大学の先生だし、嘘を書いているとは思えないし、私自身、科学では証明できない事はあると思っているので、夫も話し掛ければ聞いてくれていると信じています。朝起きた時にいない事が分かる時、夕方の時間が一番辛いです。

    ユーザーID:3260541139

  • 泣いてください

    ご主人の突然の訃報、なんと言葉をかけていいのか分りません。。
    本当にお悔やみ申し上げます。

    私も大切な人を今年の3月に亡くしました。
    とてもとても悲しくて、思い出しては涙が出ます。

    我慢せずに何度も泣いて、一人で泣いて、多分天国で
    「そんなに泣いてまったく」と呆れられていると思いますが
    でも泣くと少しだけすっきりします。
    そして心の中で話しかけています。
    不思議ですね、亡くなってからの方が近くいる気がして・・。

    「千の風になって」を聴いたら気持ちが軽くなりました。
    人の命は悲しいけれど寿命があるんです。
    旦那さんの命はきっとその時が寿命だったんですね。
    でも旦那さんはきっと近くにいてあなたを守ってくれていますよ。
    だから、あなたもきっと少しだけ強くなれるはずです。

    人の死は乗り越えるとかそういうことではないと思います。
    受け入れらると良いですね。お互い頑張りましょう。

    ユーザーID:9748388374

  • トピ主です

    早めの49日の法要が終わって、保険会社や警察との戦いまでに2週間あるので、少し落ち着いてきた今朝、急に悲しみに襲われて、見えない夫に向かって「もう自分も死んで楽になりたい!」と叫び、包丁の先をお腹に当ててみました。痛かったのでやめましたが・・・。頭の中のもう一人の冷静な自分が、私と同じ思いになる人を作ってはいけない!自殺しても江原さんで言われているように余計苦しみを味わうことになると言っているようです。毎日のように交通事故が起きていますが、今までは人事のようでしたが、交通事故がこんなに悲惨なものとは知りませんでした。

    ユーザーID:3260541139

  • 「死ってどうってことないんだよ」

       死ってどうってことないんだよ

    死ってどうってことないんだよ
    僕は隣の部屋にそっと出てっただけ
    今までとなんにも変わってなんてない 
    僕はいつもの僕 君はいつもの君
    これまでしっかりつながってきた僕達じゃないか
    今の僕達だっておんなじだ
    いつも呼んできたように 僕のこと 呼んでおくれ
    いつもしてきたように 気楽に話しておくれ
    その声の調子を変えないで
    無理して厳粛さや悲しさなんてこめないで
    二人で一緒に楽しんできた冗談に
    今までのように大きな声で笑っておくれ
    楽しんで 笑って 僕のことを考えて 
    そして僕のために祈っておくれ
    今までと同じように ぼくをいつまでも いつまでも 
    うちにいさせておくれ
              
                ヘンリー・スコット-ホランド
                (1847−1918)

    拙い訳ですが 一瞬でもノニさんの慰めになればと思って 書きました。

    ユーザーID:2512391380

  • つらいですよね

    はじめまして。ニノさん。私は主人を病気で亡くしました。そしてまだニノさんと同じ、状態です。亡くなってすぐは自分でも信じられないくらいしっかりしていて、お葬式の後もバタバタ、事務手続きや毎日の生活に追われていました。子供を私が育てていかなきゃって気負いもあり、ずいぶん前向きで仕事のために資格をとる申し込みもしていました。しかし、49日が過ぎた頃、急に不安や悲しみがどっと押し寄せ、不眠やドキドキで結局、心療内科に通うことに。今はカウンセリングをうけています。

    カウンセリングの方やお医者さんが言われるのが、大事な人を失った後、直後より半年、一年後に精神不安定になるのだとか。私自身、直後にこんなに前向きな気持ちだったのだから、意外と精神的に強いのかなあと勘違いしていて、忙しく過ごせば、気もまぎれると思ってました。でも、そんなことはなかったのです。胸の中にはものすごく無理をしていて、気がつかなかっただけ。今は体調を崩したおかげで、悲しみと向き合い、カウンセリングをうけることで、まずは胸にしまってしまおうとしていた現実を吐き出しています。ニノさんも、無理は続きません。

    ユーザーID:0518341966

  • つづき

    どうかお体を大事に。そして、カウンセリングは専門の心理士さんがひたすら話を聞いてくれますから、終わったあとはとても心がすっきりします。実際回りの人は同じ経験をしていないので、亡くなってすぐにしっかりしているノニさんをみて、もう大丈夫だと思っているのかもしれません。実際は、大丈夫ではないのに。だから、専門の人に手助けしてもらうのもいいのでは。同じつらい経験をされているので思わず、レスしてみました。私も進行中ですが。

    ユーザーID:0518341966

  • トピ主です。

    ぴょんさん、書き込み有難うございます。久しぶりに自分のトピを見て、私も今二カ月が過ぎて、ぴょんさんと同じで、仕事もしてるし、家族や親戚、仕事場や友人に対して暗い顔をしていると周りも暗くしてしまうし、心配かけまいと笑う事が出来ているので、自分は結構精神的に強いのかもと思っていました。でも、ぴょんさんの書き込みを見て、半年後には一人暮らしもする予定だし、寂しさに耐えられるのか不安になってきました。特にこれから物悲しい秋と冬が来るので、もしぴょんさんと同じ様になったらここに戻ってくると思います。戻らないことを祈りますが、戻ってきてしまった時はよろしくお願いします。

    ユーザーID:4650218356

レス求!トピ一覧