大泣きされてしまいました

レス27
(トピ主2
お気に入り21

妊娠・出産・育児

ひまわり

小3の息子です。国語の文章題を解くとき、問題をよく読みません。「答えは必ず文章の中にあるから、よく読みなさい。」と毎日言っていました。すると今日、「文章をちゃんと読んでるけど、解らない。」と大泣きされてしまいました。読まないから解らない。読んでもきちんと読めない。私が一文ずつ、一緒に読んでやるのがいいのでしょうか?漫画でも絵本でも読むのは好きではありません。途方にくれています。

ユーザーID:0634961578

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数27

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • お話を知ろう

    「お話」には、多くの人をひきつける何かがあるようです。
    私のいう「お話」とはフィクションにかぎらず、「自分はこういう経験をしてきた。だから、こうなった」というような「物事をつなげる考え方」のことです。
    国語の文章問題も例外ではなく、たいてい、なにかとなにかがつながっています。
    一文ずつ読むのはつながりを切るのと同じで、全体を把握するためには逆効果でしょう。
    つまり文章には流れがあるのです。その流れに乗ることが、文章を読むときの面白さであり、楽しさであり、読み手の自主性の発見でもあります。
    ひとつの文字でさえ、あるのとないのでは大違いです。
    そこがわかると、部分的にとばして読むことは、楽しみを自分で捨てているようなものだと気づくでしょう。
    おすすめしたい本はいくつかありますが、おそらくいちばん良いのは、息子さんはどういうお話がお好きなのかを教えてもらうことです。一緒にお話を楽しんでください。多くてもいいし、同じものばかりでもいいのです。好きになればなるほどよいのです。「勉強しない。だからわからない」というネガティブな「お話」は忘れてください。百害あって一利なしです。

    ユーザーID:7221609581

  • 一緒に読んであげたらいいな

    読解って大人だと当たり前のようにわかることでも、子供だと主語と述語、接続詞の役割、などまだすんなり入っていかないんだと思います。できればトピ主さんが一緒に一文ずつ読んであげて、こうだからこうなったんだって、と文のつながりを説明してあげるのが一番だと思います。

    そうでなければ塾に通わす。できれば家庭教師をつける、など、誰かが教えてあげたらいいと思います。

    お子さんは泣くほど真剣に取り組んでいるのですから、その気持ちのあるうちに勉強を見てあげる人をあてがってあげられたらいいと思います。

    ユーザーID:0061424539

  • 慣れることから、ゆっくりと。

    「読んで、どういうことが書いてあるか考える」ことをしないと、いくら読んでも読んだことになりません。
    ただ「書かれている文字を追っている」だけです。
    でも、形の上では一応読んでいるので、「読んでいるけどわからない!」となるのでは?

    本を読む習慣の無いお子さんとのことなので、物語を自分で読んで理解するということに慣れてないんだと思います。慣れてないから読めないんですよ、きっと。
    国語より、まずは「お話を聞く、読む」事に興味を持つように仕向ける事が先ではないでしょうか。

    まず読み聞かせから始めて、次に短い文章を自分で読む練習…という風に、段階を踏んだ方がいいかも。

    読み聞かせも、クイズ形式にして、お話の中から読み取る訓練を楽しんで出来るように工夫してみるとか。

    例えば『桃太郎』だったら
    「今から『桃太郎』っていうお話を読むよ。終わったらクイズ出すから、よーく聞いててね!」とか言って読み始め、最後に「桃太郎が最初に会った動物はなーんだ?」みたいな。

    それで上手くいくようになれば、今度は二人で一緒にあれこれ感想を言い合いながら本を読むのもいいかもしれません。

    ユーザーID:0978470596

  • 音読は?

    うちも同じようなことで、何度もカンシャク起こしてました。

    家でやるなら、音読をゆっくりさせてみてはどうでしょう?
    我が家は「答えは〜よく読みなさい」と、ひまわりさんと同じことを言っていました。それだとやっぱり「読んでるのに分からない!」と・・・。

    そこで「それは読んでいるのではなく、(黙読だったので)眺めているだけではない?声に出して考えながら読んでみたら?わからなければ、問題も文章も何度も読んでみりゃーいいでしょ。」と言い続け、最近は、かなり理解力が増えたと思います。家ではこの方法で続けています。

    そしてうちの子も活字はダメです。マンガは大好きです。でもヒマがあれば本屋や図書館に連れて行って、本に接する機会を作っています。すごく読みやすい本を選んで、読ませてみるのも一つの方法です。ディズニー映画の活字版など、字も大きいし、絵もきれいなので、我が家は重宝しましたよ。

    ユーザーID:8905742287

  • お子さんの気持ちがよく分かります。

    私も国語の文章問題が大の苦手でした。
    本を読むのは好きなのですが問題となると別です。

    文章の中に答えがあるけど探せない。
    問題を出す人の気持ちが理解出来ない時も多々あります。
    答えを知った上で「なんでこんな気持ちになるの?私には理解できない・・・。」とよく思ったものです。

    焦らずに基礎である一年生の問題集から復習し始めて出来た時にはいっぱい褒めてやる気を伸ばしだんだんと難しくしたらいいと思いますよ。

    私の場合、近所の公文に通っていて国語が新設されるのでお試しで始めたら「なんだ・・・簡単じゃん。」といいきっかけになり克服できました。
    それは実学年の2学年下の子用の問題だったけど出来た嬉しさから1年で追いつきました。

    ユーザーID:5179171926

  • 文章を読んで思ったこと

    ちょっと話が逸れますが、トピ主さんご自身、人の話を聞いたり、人に丁寧に話したり、人の文章をよく読んだり、人に分かりやすく文章を書くことを心がけていらっしゃいますか?
    たとえばあなたの文章。トピ主さんが父なのか、母なのかも分かりません。文章の性格として、内容が簡素で効率的に過ぎます。要するに面白味がないんです。
    ひょっとすると、息子さんとのコミュニケーションも、
    >「答えは必ず文章の中にあるから、よく読みなさい。」
    という親からの端的な指示・指導ばかりに終始しているのではないでしょうか? 親がこのようなコミュニケーションばかり取ろうとすると、子供も、
    >「文章をちゃんと読んでるけど、解らない。」
    という結論で反抗するばかりになると思います。

    具体的な解決方法としては、他の方もレスしてらっしゃるように、「一緒にお話を読む」ことです。このときあなた自身お話をよく読んで、その感想を子供と対等に語り合おうとすることが大切です。

    ユーザーID:7009408907

  • 私も、音読と読み聞かせ

    がいいんじゃないかなと思います。最初はうんと短いお話でいいので。知っている話だとなおいいかもですね。幼稚園で紙芝居で見たような昔話や、アンデルセンやグリムなんかの、なんとなく筋は知ってる話を音読させたり、読み聞かせたりするのはどうですか? 字を読み飛ばしたりしないように、丁寧に読む習慣をつけさせるのです。最初のうちは、お母さんと坊やで1行ずつ交代で読む、なんていうのも、楽しいかもしれませんね。

    で、クイズを出すという方がいらっしゃったけれど、読み終わった後に必ずテストが待っているっていうのは楽しくないかな、提案した方、ごめんなさい。私だったら、むしろ自分(母親)が感想を言ったり、冗談の中に混ぜ込んだりして、自分の言葉で表現するやりかたっていうのを提示してみせると思います。桃太郎だったら、ジャガイモをむきながら「中から赤ちゃん出てきたらどうしよう」とか、お使いを頼むのに「鬼が島、じゃなかった、コンビニ行って来て〜」とか?

    文字からは離れてしまいますが、アニメ番組や映画を見て感想を述べ合うだけでも、物語の大筋をつかんで要点をまとめる訓練になるかもしれません。

    ユーザーID:7652537119

  • まず始めに

    読解力はまず 本をたくさんよむことで身につきます なので今は、問題を一緒に読むよりも、まず本を一緒に読みましょう。どんな本でもいいですよ 楽しく読めるものをたくさん読みこなした後に 文章問題にトライ! 試してみて!

    ユーザーID:3006019150

  • 読解の仕方をまず教える

    長文読解は小学3年くらいからぐっと読み込みが深くなります。
    ですからまず何をどう読み取るのかのハウトゥを教えないと
    お子さんも困ってしまいますよ。
    ひとつのお話を2行くらいずつ読んでこれはこういうこと、
    ここはどう思う?どんな気持ちかな?などと解説しながら
    何問か一緒に解いてあげてください。とても忍耐がいりますし
    一週間やそこらでつかめませんけれど粘り強く読む、考える、こういう
    作業は慣れなのでがんばってください。男の子は女の子よりこういうことが
    小さいうちは苦手な感じがします。簡単なレベルのもの、もしくは
    学年をひとつ下げてやってみるのもいいと思いますよ。

    ユーザーID:7790300256

  • テクニック

    文書読解のテクニックとしては、文章を読むより問題を読む方が効率的です。
    文章の中で、問題に書かれているフレーズと同じものを探すと、
    その近くに答えになる文章が見つかります。
    パズルのような感覚で取り組むことが正解への早道かもしれません。

    ドリルや公文式は、頭の回転の速さやテクニック重視です。
    文章を読めるようになるには、本を読むことが一番です。
    小学生なら、小説、伝記もの、図鑑でもよいかもしれません。
    前後に何が起きていたか想像する、自分で文章の内容を説明できることが大切です。
    単純に、週1冊読む本を決めて、水曜日の夜に話が次どうなるかの予測を聞いて、
    金曜の夜に結果を聞く。普通の会話の中で本の内容や感想を聞くようにすれば、
    興味を持って、読む習慣がつき、楽しくなると思います。

    ユーザーID:1858887164

  • 今からでもいいので絵本を読んであげて

    小さい頃絵本などをそばにおいてあげましたか?寝る前に「むかしむかし…」とお話を聞かせてあげましたか?幼い頃お母さんが子供にしてあげるそういう遊びやあやしは実は国語への大事な一歩だったりするんですよね。
    TVではそういうものは育たないと言われています。なんでも一方的に見せていくだけで考える事をしなくていいからだそうです。
    よく物語の読み聞かせがいいと言われますが、なぜかというと言葉から発せられる内容を頭の中で想像するからなんですね。絵本はアニメとちがって絵が一枚ですが子供の頭の中にはちゃんと物語が広がっていくのです。
    それが、想像力になり好奇心になり子供として大切な心も育てるのですよ。これは私が行った短大の保育実習で聞かされた事です。
    私はこのトピを拝見して、ぜひ今からでも寝る時、遊ぶ時に取り入れてやってほしいなと思いました。
    昔は紙芝居ってものがありましたよね。あれは今思えば買い物の体験もさせ、舞台を見るような語り口、めくる紙の向こうへのワクワク感など、とてもいい文化だったのだなと今更ながら思いました。
    その過程がなくて文の理解に飛んだ子供は確かにとまどうでしょう。

    ユーザーID:9382271563

  • う〜ん!

    トピ主さんのトピの文面からでしか判断できないので、正確に
    お子さんの状況がつかめないのですが。
    息子さん、文章を正確に読み上げることはできますか?
    文章問題なども際立って理解力に欠ける様子ですか?

    もしかしたら、文字を読み上げるといった目からの情報を上手く
    処理できにくいお子さんなのかなと感じました。
    3年生とのことですが、少し学年を下げたレベルの教材を使って
    まずは、ゆっくりと音読を始められては如何でしょうか?
    お子さんの自信を持たせることが現在の段階では大切な気がします。
    それさえも、なかなか困難な様子でしたら、一度、保健センター等に
    相談して子供の心理発達を専門としている臨床心理士の方を紹介して
    もらって下さい。

    ユーザーID:7460359057

  • あらあら

    こんにちは。8歳の娘をもつママです。
    多分、「理解」ができないのではないでしょうか。
    誰が、何を、何処で、どうした。
    が理解出来なければ、答えを見つけようもありません。
    小さい頃、読み聞かせしましたか?
    してなければ今からでもやりましょう。
    絵本でいいんです。
    寝る前に読んであげたりして、登場人物の気持ちを聞いたりしてみては?
    怖いね〜、痛いね〜、可哀想だね〜
    主人公と同じ気持ちにさせるのです。
    そういう気持ちを育ててあげれば自然と読解力はついて来ます。
    頑張って下さいね!

    ユーザーID:2705887481

  • 音読しましょう。最初は一緒に。一人でも。

    昔、塾のバイトで小学校と中学校の国語と英語を教えていました。

    国語は、世界のあらゆる内容が書いてある、読むことでそれを知ることができるとても楽しい教科です。

    トピ主さんおっしゃるように、読解は文章の中に答えがあるのですがその内容を理解しなければ、作者が何をいいたいのかがわかりませんよね。

    読み聞かせをしたり、一緒に読んだりして、子供にお話を聞くこと、文章を読むこと・理解することに興味をもたせてあげることはとても重要だとおもいます。

    読んでも解らない・・・と泣き出すおこさんは、おそらく字を追っていても、内容に心がついていってないのでしょうね。

    小説の文章は主人公がどう思ったのかを一緒に考えてみよう。なぜ泣いたのか、なぜ怒ったのか・・・どんなことが書いてあるんだろう?

    書いてあることに興味をもって読めるように導いてあげる方法で、下のレスのみやびさんのおっしゃる内容がいいなぁと思っています。

    文章を読むのが苦にならなければ、何度も読みながら、内容を追ってくことは抵抗感も少なくなり楽しい作業ですよ。 国語が苦手になりませんように!

    ユーザーID:5630349863

  • 漫画も読まない?

    文章だけでなく、漫画も読まないということで少々考えてしまいました。

    我が子が軽い発達障害があるもので・・・
    読解力ではなく、ほかに何か問題がある可能性は無いのでしょうか?
    最近は学校でも視力検査で乱視を指摘されることもあるそうですが、子供さんはどうなのでしょうか?
    あと学校でノートをとったり音読したりする時は何も問題は無いのでしょうか?
    視力にも遠方視力と、近方視力があると聞いたことがあります。
    近方視力に問題があると、黒板の字は読めるけど机の上に広げた教科書の字は読みにくかったりするそうです。(記憶が正しければ)
    眼球の動きに問題があったりする場合、片目で行を追うと読み易かったりする場合もあるようです。

    見当違いだったらごめんなさい。

    ユーザーID:1157428215

  • 音読がいいと思います

    私は読書好きなのですが、物事を文字から理解するのに時間がかかるタイプです。今でも、声に出して何度か読むことで、文章を理解できると感じます(実際にそうします)。
    小学生の子供がいないため、勝手な意見になってしまうかもしれないのですが、お子さんに興味を持たせるには、お父さんやお母さんが感情たっぷりに一度読んであげるといいのではないかと思います。お話に表情が生まれると思います。
    たとえば、神妙なところは声を潜めて毅然とした声色に、びっくりするような場面では急に大きめの声に(「なんと!」)、その他楽しげに恐ろしげに悲しげに穏やかに・・・
    小学生の頃の国語の読解力を試す問題って「このとき主人公はどのような気持ちだったのでしょうか?」というようなものではなかったでしょうか?
    文章を起伏(表情)を持って聞かせてあげることでそのきっかけがつかめないだろうかと思いました。しばらくは親が読んであげていいのでは。1人でやらせることで国語が嫌いになってしまったらもったいないです。

    ユーザーID:8645038790

  • トピ主です

    ともりんさん。そのとおりです。
    私がダメなんです。子どもの目線で、と思いながらも
    よく読めばわかる!なんて言ってしまいます。
    なので、専門の方にお願いしようと、塾に通わせ
    ています。音読、読解、語彙力をつけるための国語
    全般の塾です。
    引き続き・・・宜しくお願いいたします。

    ユーザーID:0634961578

  • 親子で交換日記

    『読む』という行為が好きでない子供に「教科書をじっくり読んで」と言ってもちょっと無理です。私の息子(高1)もかつて小1の初めての国語のテストで、

    《おむすびころりん》
    むかしむかしのお話です。あるところにおじいさんがいました。(省略)。
    問題(1)『これはいつのお話ですか』
    息子の答 「きのうのこと」

    …。「なんで『きのうのこと』なの?」と聞いたら「きのうおじいちゃんと遊んだから」と、のたもうた。「誰もそんなこと聞いてないでしょ!むかしむかしのことですって書いてあるでしょっ!」と怒りながらも爆笑してしまったのですが。
    そこで私はスケッチブック(ノートは×)を用意、息子と交換日記をしました。最初は短いフレーズで良いのですが読解力=想像力をつけるのが目的なので、「今日こんなことがあったよ。○○ちゃんはどう思う?」「今日はおもしろいことがありました。当ててごらん(答は適当に)」の質問形式にします。
    無理強いはしないで、毎日でなくても根気よく続けてみてください。抽象的な事がらを読みとれるようになれば、国語の読解はほぼ解決に向かうと思います。

    ユーザーID:7773336188

  • テクニックをつけさせたいの?

    トピだけからはよく分かりませんが
    国語の問題を解くテクニックを身につけさせたいのでしょうか?
    中学受験が目標であるなら、私の三段目の話とも関連しますが、理解できます。
    音読と、類題を解くことでそのテクニックは身につきます。

    それとも、お子さんが文章を理解できないのでしょうか?
    いわゆる高機能障害の中に、そういう症例があるそうです。
    普通に生活し、知能も高いのだけど、文章になると文意がつかめない。
    これはお医者さんに相談されるべきです。

    それとも、違う答えを見つけているのでしょうか?
    少しまえに問題になりましたが、大学入試問題の国語の模範解答について、その文章の筆者さんが意義をとなえたことがありました。

    つまり、「そのときの○○の気持ち」という問題に対し、お子さんの頭の中の答えが文章の中に見つからないこともあります。
    この場合、お子さんの感受性をとるか、受験テクニックをとるかという選択をしなければいけないかもしれません。

    余談ですが、私は中学受験のときから「国語のテクニック」が嫌いでした。
    最後のケースなら、お子さんを応援したいです。

    ユーザーID:7664913810

  • 活字以外のもので訓練。そしてトピ主さんも。

    ともりんさんと似たことを考えていました。
    トピ主さんご自身も読解が苦手なのではありませんか?
    だから「よく読んで」としか教えられないし、
    今回のトピックのタイトルも、テーマは子供の読解力のはずなのに「大泣き」というのは。
    あえてそういうタイトルをつけたのだとしても、ちょっと・・・

    活字が苦手な子供ならアニメや映画等での訓練はどうでしょう?
    見終わったらどんな話だったか説明させたり、感想を聞いたり、
    登場人物はどうしてそういう行動に出たと思うか考えさせるとか。
    アニメだって答えは番組の中にすべてありますからね。

    ユーザーID:2869424087

  • ディスレキシア?

    友人の子どもが小学校へ上がったとき、まったく同じ問題をかかえていました。読み聞かせもしているし、頭のいい子どもなのにどうしていいか分からないと相談され、ひょっとしたらディスレキシアかもと教えたのですが、その通りだったようです。

    ディスレキシアは学習障害の一つで、失読症・難読症・識字障害ともいわれます。知能は普通ですが、文字を読むことが困難というものです。欧米ではかなり昔から知られていた障害ですが、日本では最近まで存在しないと言われていました。文字が読めないぶん、記憶力が良い人が多いようで、チャーチルやエジソンもそうだったといわれています。

    今の段階では可能性だけですが、ネット等で調べてみることをお勧めします。早めに分かれば、現在は対策法がいろいろあります。

    ユーザーID:2338705047

  • 行間を読めと言われましたが…

    今では29歳になりましたが、学校に行っていた頃の私と息子さんがダブります。唯一違う点は、私は本を読むのが好きだったことくらいでしょうか。

    「本を読むのが好きだったんなら」とお思いかもしれませんが、国語の問題を解くことと本好きは全く関係ないと思います。
    高校の時、国語の先生から「行間を読め」と言われて、本気で「行間は真っ白です」と答えたことが今でも恥かしく思い出されます。でも、ホントに私にとって行間には何も書いてないんです…。国語の問題で「作者はどう思っていますか」といったものがよくありますが、「書いた人間がどう思っていたかなんて、私にはわからない」と頭を抱えました。別にひねくれてそう思っているとか、やる気が無いとかではなく、ほんとに判らないんです…。

    文系の大学に進みましたが、大学受験で足を引っ張ったのは国語です。質問内容が違う英語は問題ありませんでした。物語には没頭できますが、国語の問題は未だにダメだと思います。でも、受験以外で不便だなぁと思ったことは無いですよ。読解力が無いと人の気持ちを思いやれなかったりするのかしら?とも思いますが、いい友達にたくさん恵まれています。

    ユーザーID:2208936835

  • うちの子も文章の読解が苦手でした

    本を読め、本を読めと言って、無理やり本を読ませても内容がぜんぜん頭に入っておらず、物語が何を言っているのかなかなか理解しなかったようでした。
    やはり小さい頃、親が本を読んであげる事が少なかったからかなぁと反省して、考えた事はまず子供が今興味持っている事を観察しました。テレビは好きでポケモン等よく見ていました。
    それから私が子供がまだ見てないけど興味持ちそうなアニメ等を見てストーリーを把握し、まずは物語を話して聞かせてみることにしました。
    なるべく興味をそそるように感情をこめてね。
    そして、話し終わった後に必ず感想や、もし自分が主人公だったらあのシーンではどうする?等いろいろ子供と一緒に語り合いました。
    その後時間のある時にそのアニメを一緒に見て、また感想とか話させてみたり・・・。
    そのうちに、だんだん話だけでいろいろなシーンを想像出来るようになったみたいです。
    そんな事を続けていたら、いつの間にか本を読むのも好きになったみたいでした。(本の内容は子供向けの娯楽小説みたいなものですが)
    数年後の今、うちの子供の好きな教科の一つが国語です。まぁ漢字は嫌いみたいですけど

    ユーザーID:2958841689

  • そもそも教える気が感じられない

    答えへのステップも示さず「ちゃんと読め」「もっと考えろ」では、
    お子さんは自分を守るために 考えてるフリだけうまくなりますよ

    国語の"このときの登場人物の気持ちを"的な問題なら
    解につながる部分の文章を○つけて示すとか・・
    「この5行をよく読んでみて?」と。範囲を絞ってあげるだけでも違うと思います。
    最初は「〜でここに『肩を落とした』って書いてある。がっかりしたってことだよ」とか
    もっと分かりやすく教えたほうがいいとは思います。

    失礼ですが、子供に読ませてる問題をトピ主さん自身がちゃんと読んでいるかさえ疑問に思われました。
    大泣きしたっていいますし・・、もう手遅れになってるかもわからんですが・・・

    ユーザーID:1173109423

  • くりかえし

    うちの子供も文章がよみとれませんでした。

    国語の問題を解くということに慣れていないのかと思って
    繰り返し勉強で有名な公●に4年から通いました。

    入塾の際のテストで、国語がまったくわかっていないので、
    1年からやりなおしましょうといわれ、
    なんと、1年の最初からはじめることに。

    ただ、彼は4年だったので、1年の問題が簡単な上に
    プライドがいたく傷つけられたらしく、
    とても熱心にとりくみ、1年あまりで学年においつきました。

    国語の読み取りも、当然できるようになり、結果的にいれてよかったと思います。ただ、親にいわれてあそこに入っても伸びるかどうかはわかりません。うちでは本人が国語がどうしてもわからないから、解けるようになりたいので行かせて欲しいといったので、行かせました。参考になるといいです。

    ユーザーID:4352552359

  • トピ主です。

    皆様のレスを読ませて頂きました。
    お察しのとおり、息子は泣くほど頑張っているのに、適切なアドバイスが出来ない、頭ごなしに言ってしまうダメな親です。ほめれば伸びる子と解っていながら、追い詰めてしまうのです。皆様のお叱り真摯に受け止め、私も一緒に勉強していきます。
    息子が好きな絵本作家は長新太さんでした。あの独特な雰囲気が大好きで、いつも大爆笑でした。お布団の中で目がさめてしまう絵本でした。
    11ぴきのねこシリーズも大好きでした。ユニークな物を好んで読んでいました。息子の感性を失わないように親として出来るだけの事をしていきたいと思います。
    親切に回答していただいてありがとうございました。
    皆様のレスを参考にして、これから取り組んでいきます。

    ユーザーID:0634961578

  • そっくり!

    「文章をちゃんと読んでるけど、解らない」と仰る息子さんと似ていますね。
    トピ主さんも解らない答えは息子さんのどこかにあるのに一緒にいて彼の
    気持ちも分からない、よーく彼を見てても解らない。

    国語の文章って正直つまらないのが多かったですよ。
    たくさん本を読めば読むほどどうして教科書ってこんなに面白みがない話
    が多いんだろうって思っていました。
    反対に受験用の問題は面白いものが多いと思いました。

    国語ってとても難しいと小学校の頃に思いました。
    作者はこの時どう思っていたでしょう?という問いに自分なりの答えを書き
    ×を貰ったのですがどうして作者はそう思っていたと言い切れるのか不思議
    で一時間くらい考えていたことがありました。

    漫画絵本が嫌いでも映画やTV何でも一緒に見て共感して親子で会話を沢山
    していけばいいと思いますよ。
    お子さんの話は最後まで聞いてあげてくださいね。

    ユーザーID:2771590275

レス求!トピ一覧