現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

生徒が学校の掃除をすること(海外)

大安
2007年8月23日 2:39

アメリカに住んで1年半になります。
夫、子供二人の四人家族で、暮らしております。

この国の学校の掃除は、生徒ではなく清掃員の仕事なんですね。

日本では生徒が一日の終りに掃除をしますが、他の国ではどうなんでしょう。
日本のスタイルが稀で、外国では清掃員がやることなのでしょうか。
校内清掃は、禅思想の影響もあるのかな。

外国の学校清掃の事情をご存知でしたら、教えてください。
お願いします。

ユーザーID:0194938143  


お気に入り登録数:16
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新しいレス順
レス数:32本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
なるほど〜
えりぃ
2007年8月30日 1:16

イギリスに住んでいますが、イギリスに限らずヨーロッパの国々って公共のスペースが汚いなぁと思っていました。
深く考えてはいませんでしたが、このトピのお陰でその原因が分かりました。
国際線などに乗っても、日本人が座っていた席と外国人(欧米人など)が座っていた席って明らかですよね。

生徒が学校の掃除をする習慣、なくならないで欲しいなぁと切に願います。

ユーザーID:3804759587
職業差別じゃないんですよ
Jean Paul
2007年8月29日 7:59

アメリカからです。子供に掃除をやらせないというのはただ単に子供は勉強が仕事で、掃除が仕事じゃないという発想です。掃除がしたければ大人になってからその職にアプライすればいいんですよということです。だから、子供は教室を散らかしても気にしません。息子が通っている学校では罰則で教室のゴミ拾いというのがあるそうですがこれは全員ではなく罰を与えられた生徒だけです。はっきりしていていいと思います。

ユーザーID:2304894953
外国事情は分からないけど
小僧
2007年8月28日 17:59

トピ主さんのレスにあった「掃除が精神教育」、その通りだと思う。

トイレ掃除にしても、汚いこと、人が嫌がることをするということに意味がある。

自分が汚しても清掃員が掃除してくれる環境。
大人はいいけど、子供にはあまり良くないかな。謙虚さ、身につかないよ。
こんなところから「職業差別」が出てくるんじゃないでしょうか。

ユーザーID:8822106401
hanaさんへ
ぽん吉
2007年8月28日 17:11

清掃員の仕事を奪う、なんて片付けたくない人の言い訳に過ぎないと思いますよ。
パリでも、ゴミをポイポイ路上に捨てる人が多いのですが、彼らの言い分は、「清掃員の仕事がなくなったら彼らも困るだろう?」です。

いくら、人々が路上にゴミを捨てなくなったとしても、路を清掃しなくてはいけないことに、変わりはないのですから、詭弁に過ぎません。

hanaさんのご意見には賛成なんですけどね。ただ、そのご友人の発言に違和感を覚えたので・・・。

ユーザーID:8407295409
ブラジルでは・・・
も〜らんご
2007年8月28日 16:38

やっぱり、こちらでも学校の清掃は掃除夫がしています。

生徒に清掃をさせようものなら、親から
「うちの子はメイド(掃除夫)ではない!」
とクレームが来るそうです。

でも日本人学校は生徒がしていましたよ。
当然。掃除夫さんもいましたが、生徒も
ちゃんと掃除していました。

日本人学校でバザーがあった後、当然の如く
お母さん達がきれいに後片付けをして、もとの
とおりの教室になった頃、掃除夫さんがバケツと
モップを持って現れ、唖然と教室を眺めていた
のがおかしかったです。

てっきりバザーでぐちゃぐちゃになった教室は
自分が掃除するものと思っていたみたいで・・・。

ブラジルではお金持ち(=日本人 )が自ら
掃除をするなんてありえない話なので。

日本人の奥さん達がみんなでエプロンして掃除
するなんて、考えられなかったみたいです。

私たちって小さいうちから、学校の掃除は自ら
するものとすり込まれて育ってますからね〜。

ま〜良いことではないでしょうか?

ユーザーID:7308938593
シンガポール
シンガポール在住
2007年8月28日 10:16

シンガポールで、子供はインターナショナルスクールです。清掃は清掃員です。出稼ぎ制度が充実していて安全なので、近隣諸国からの人気は高いそうです。前の投稿でシンガポール国内の清掃員や労働者を「社会的弱者」と言うくだりがありましたが、近隣諸国に職を与えているということで当の本人達には感謝されています。シンガポールで清掃員でも、本国に帰れば家が建つそうです。また、私の周りには海外にいって、ゴミを捨てるシンガポーリアンはおらず、むしろゴミを捨てる姿を見て驚いていました。同じ国に住んでもこれだけ違いがあるのですね。

自分は掃除の時間に男子にイタズラされたことがあるので、いじめの温床になりそうなそんな時間は必要ないと思います。子供は学校でもっと学ぶべきことがあると思います。20年前は真冬のトイレ掃除なども子供にさせていましたが、治安上も危険ですよ。今は小学生ももっとギャング化していますしね。

ユーザーID:7703073228
アメリカ中西部のある町
浮世人
2007年8月28日 9:47

こんにちは。

アメリカ中西部のある町に住んでいます。最近小学校に行って日本のことを話す機会があったのですが、そこで日本の子供達は自分達で学校の清掃をする、と伝えたところ、聞いていた先生方は「ウンウン、それは良い案」とうなずきながら聞いていました。ただ、生徒さんは「エ〜、そんなのやだよ〜」と反対意見多数でしたが。

仕事の分担、公共物の扱い方など学べ、その上軽い運動になり、学校運用・pの軽減にもなるので私は生徒による清掃は良い事だと思うのですが。

ユーザーID:5978239994
彼らの仕事を奪ってはいけない
hana
2007年8月27日 22:58

締められた後ですが。アメリカで、セルフ形式のカフェテリアがよく美術館なんかにありますよね。食べ終わった後の片付けや学校の清掃、自分たちですればいいのにと言ったことがあります。その時に、友人(アメリカ人)は「彼ら(清掃員)の仕事を奪ってはいけない」という言い方をしました。

子供のための躾という観点ではなく、清掃員の立場を考え、彼らの仕事を奪うことになる=彼らとその家族は路頭に迷うことになる、仕事を与えるのはいいことという感じでした。だから彼らの領域を侵してはいけない。そういえば日本でも、とある公的機関にいたときに、大掃除や除草は勤務している人たちでやっていました。でも同僚が「これをシルバー人材センターなんかに仕事をまわせば、新たな雇用をうむのに」と言っていました。これは一種の公共事業みたいなものなのでしょう。仕事場(会社)の清掃となると、正社員の給料を考えると正社員に清掃をさせるより、清掃員を雇った方が安上がりってことなのでしょうね。

ユーザーID:8978144307
トイレの掃除ーーイギリスから
めがたぬ
2007年8月27日 22:31

イギリスに住んで20年余り、子供達4人とも私立の学校に行きました。(大学は国立ですがーーイギリスには私立大学は1つしかない) トイレの掃除は「クリーナー」がします。もし、その仕事を生徒にさせたら、先ず第一にクリーナーさん達の仕事を取り上げる、つまり 彼・彼女らを失業させることになります。それにアメリカからの方が書かれていたように トイレの掃除によって 事故、病気などになった時の学校の責任問題がありますので 生徒にやらせることはないでしょう。(日本の場合、トイレの掃除からノロウィルスがうつるなんて心配はないのですか)

トイレ掃除を使って精神を鍛えるなんて考えられない国です。(しかし、これも私から見たイギリス感であって 決して一般化しないでください。

ユーザーID:4682932593
仏教の教えの影響と聞いたことがあります
はなはなこ
2007年8月27日 21:32

アメリカにおりますが、人に聞く限り学校の掃除をしたことがある人は皆無でした。
私も雑誌の日本の学校生活を紹介した記事に、日本の小・中・高校の特徴に「生徒が校舎を掃除する。これは仏教の理念が根強く残っているからだ。」と書かれてあるのを読んだことがあります。
ちなみに、アメリカ人は大人でも公共の場所をきれいに使うという観念が、日本人より明らかに低いと思います。
日本人は「次の人のことを考えてきれいに使いなさい」と教えられますよね。(トイレの使用などは特に)
とある漫画家さんの座禅体験のエッセイを読んだ時、お食事の時、「次の人のことを考えて、これはここ!この向きに置きなさい!」と厳しく指導されたというのを読んで、妙に納得しました。
私は子供の教育の為にも、学校のお掃除をするのは賛成です。
役割分担やグループで一つのことをやり遂げること、それにお掃除の仕方も覚えます。自分の学びの場をきれいに保とうという意識が生まれます。
こちらでアメリカ人を見て思うのは、「公共の場所は別に気にしないけれど、自分の家だけはきれいにしている」という人が多いです。そういう親を見て育つ子供は同じようになります。

ユーザーID:7339601178
レス、どうもありがとうございます。
大安
2007年8月27日 20:22

地球のあちこちからのレス、本当に嬉しく思います。
「なるほど〜」と頷きながら、読ませて頂きました。
仏教国では、生徒が掃除することが多いのですね。
逆に、欧米では、清掃員がする傾向が高そうですね。


私は小さい頃から剣道と茶道を習っておりました。
どちらの先生も「お稽古させてもらったことを、この場所に有難く感謝して、きれいに掃除なさい」と仰り、稽古後は雑巾で拭き掃除、が当たり前でした。

なので、学校でも学び舎に対し、感謝する気持ちで掃除するものなのだと思っていました。

学校の掃除を生徒が行うことは、精神教育にも大きな実りをもたらすと思うのですけどね。掃除は心の修行にもなりますし、謙虚さも身につきます。

こんな考えは、他の国では珍しいのでしょうか・・・。

考えてみると、日本の神道も武道も茶道も、とことん「清め」を大切にしますよね。日本人の中の掃除の位置づけは、歴史的にも他国とは異なるのかもしれませんね。

沢山のレス、本当に勉強になりました。そして、とても面白かったです。
どうも、ありがとうございました。

ユーザーID:0011489525
作務
topaz
2007年8月27日 16:42

私も日本の学校教育の中で掃除や給食配膳を生徒が行う、そのもとは
トピ主さんが仰るように禅にある「日常生活全てが修行」という
作務の考えから来ていると思います。それが行儀作法と共に
自然に庶民にも伝わっていったのではないでしょうか
私はいくつかの武道を10年以上やっていましたが
その考えはどの武道においても大事にされていました。

禅寺修行がもとであっても「清掃」は日本人にとって心を清める事にもつながり学校教育の場所では勉学と共に身につけるべき
大事な「教育」として扱われたと思います。

ちなみに10年ほど前のNewYorkTimesに日本の小学校教育についての
面白い特集記事がありました。その中で日本在住外国人が一様に驚いた事は悪名高い(当時の)日本の詰め込み授業等ではなく、
「生徒に掃除や給食配膳をさせる」であり、そのような
教育方針に感銘を受けた特派員が自分の子供をアメリカンスクールでなく日本の小学校に入れたいと思った、というエピソードが
興味深かったです。

私個人としては「全生徒分け隔てなく自分達の教室・学校を清掃する事」はいろいろな意味で素晴らしい習慣だと思っています。

ユーザーID:6662608550
イギリスです
まきばん
2007年8月27日 4:15

こちらもやはり掃除を学校の生徒がすることはないようです。
そのせいかどうかわかりませんが、一般の会社なんかでも公共スペースの汚さは私たちの常識をことごとく覆されます。
休憩室には飲料水を飲んだ後の紙コップ等は置きっぱなし。
トイレなんかでも、手を拭いたタオルペーパーがゴミ箱からそれて落ちたものはそのまま。(普通は・・・この「普通は」が普通ではないんでしょうが・・・それて床に落ちたら、今、自分が拭いたものなんだから入れ直しません?)
後はトイレットペーパーの芯が床に落ちてもそのまま。
まあ、それを後で知らずにセットされても知らぬが仏、みたいなところもありますが。

とにかく公共のスペースをキレイに保っておこうというような気働きはイギリスには絶対に育ちません。
「ここ、きれいにしておけば?」とでも言おうものなら「掃除は掃除する人たちの仕事」と言い返される文化はこういうところでできているのだと思います。

あーきたないっ。

ユーザーID:6582545779
聞きかじりですが
夏バテ気味
2007年8月26日 0:21

ヨーロッパの身分制度の影響と聞いたことがあります。
イギリスのパブリック・スクールが典型的らしいのですが、エリート教育を目的とした私立学校が学校の原型(パブリックといいながら私立)だそうで、上流&裕福な中流の子弟がそうじをすることなどそもそも考えられなかったみたいです。そうじは下層クラス&召使いの仕事だろ、みたいな。

日本(をふくむアジア)は前にもレスがあったとおり、仏教の影響もあって、ヨーロッパとはまたちがう伝統があるんでしょうね。
学校=修行の場という考え方なのかも。

タイトルどおり聞きかじりの知識ですので、くわしい方がいらっしゃいましたら、レスしてくださるとうれしいです。

ユーザーID:6763144792
イギリスから
ロンドン太郎
2007年8月25日 20:06

イギリスでは清掃員が掃除してますね。イギリス人の友人が(奥さんは日本人です)ロンドンの日本人の補習校に子供を連れて行ったときに、教育の一環として掃除をすると言われたそうです。その他、入学式とか運動会もあるそうで、僕の友人はとても感心してました。

個人的には子供にとって掃除を毎日するっていいことだと思います。

ユーザーID:2806016204
ニュージーランド
ダフォデール
2007年8月25日 18:07

ここニュージーランドでも、学校の清掃は業者が行っています。ただ、邦人子弟が通う補習校は、生徒児童が授業の後に簡単な掃除をすることになっています。
年度末には、保護者が行う大掃除もあります。

ユーザーID:4302277223
そもそも「綺麗にする」こと自体、国によって違う
東南アジア
2007年8月25日 13:03

知人が海外宣教をしているのですが、赴任先のインドネシアのクリスチャン学校で、掃除をちゃんと生徒にやらせ、校内の整理整頓を徹底させているといってました。
日本人的な道徳でなくとも、キリスト教的な考え方では、自らの手を汚し清掃をすることや、校内の見えない部分(建物の裏庭とか)までもきちんと綺麗にすることを良しとしています。
たしかに、現地の一般的な学校は結構汚いし、学校の裏庭は粗大ゴミの山です。(もちろん、清掃は清掃員がやります)
さらにいうと、東京の目黒区にインドネシア学校があるのですが、閑静な高級住宅街で敷地内に粗大ゴミが散らかっているのはあそこだけです。

ユーザーID:5483907561
両方あるようです
bungabunga
2007年8月24日 22:17

教育系の大学院で勉強していたときに、この清掃のことが取り上げられたことがありました。ちゃんと調査をして論文にしている人がいるのですよ〜。(誰だったかは覚えていませんが。)

その論文によると、生徒が掃除をする国しない国両方があるが、どうしてそうなのかという明確な答えは見つけられなかったそうです。こういう文化の国はとか、こういう宗教の国はやるもしくはやらない、という関連性は見つからなかったそうです。

ユーザーID:1721931282
日本の公立学校では
リナ
2007年8月24日 21:36

生徒が掃除ほぼ毎日掃除します。
予算の問題です。
清掃費用は年に1〜2回のワックスがけくらいしか
確保されていないところが多いと思いますよ。
「用務員さん」も全教室を毎日掃除できる人数の確保
はされていません。

一方、給食制度の維持のために多額の予算を付けていますよね。
文科省の「学校給食法」が根拠なのですが日本独特の制度なのでは?と思います。
法律が変わらない限り昭和20年代の価値観(学校ではしっかり栄養を付け、
学びの場への尊敬の気持ちを持たせるため掃除をする。)
が良くも悪くも続いていくのではないのでしょうか。

私立は費用が潤沢にあるため、生徒に清掃をさせていない
ところもあると聞きます。

ユーザーID:3381872932
オーストラリア育ちです
コーラル
2007年8月24日 19:54

オーストラリアでも、学校の掃除は清掃員がしていました。もちろん、全ての学校ではないかもしれませんが。そのせいか、生徒たちに「自分が汚したところは自分で掃除をする」という概念が希薄らしく、私が進学した大学構内のカフェテリアのテーブルの上や机なども、食べかすやゴミがそのままだったりしました。

夏休みに、2週間だけ日本の小学校に通ったことがありますが、そのとき、自分で教室を掃除するということを知って、本当に驚いた経験があります。

私は親が日本人で、「自分のごみは自分で片付けること」と厳しく言われたので、家庭外でもそうするように努力してきたつもりです。

ユーザーID:5571720662
 
現在位置は
です