中一人間関係に傷つき泣く娘

レス14
お気に入り18

くもり空

ひと

娘は小学校を二回転校していて、
特定の仲良しどころか、友達のほとんどいない子でした。
中学は部活も好きな文化部に入り、友達もできて
遊びに誘われて楽しそうに出かけていました。
ところが最近、その子達から仲間外れにされているようです。
先日、私の引出しから一万円を持ち出していました。
私が娘が貯めたお小遣いを預かっていたものですが、
何に使うか問い詰めると、人間関係がうまくいくテキストを買いたいと、HPを見せてくれました。
昨日はいつも一緒に帰っていた子が、娘がいるのをわかっているのに
小走りで行ってしまったそうです。
大きなイジメではなくて、小さな無視や悪口、あからさまな仲間外れなどに
傷つき泣いています。
娘は大人しいですが、感覚や発言が少し変わっているとは思っていましたが
それが原因なのかも。
部活は特別な理由がない限り、変更することは出来ないし
必ず入らなければ行けません。
はりきっていたのに、すっかりやる気をなくし、だらけています。
そこで、中学時代の経験談や、お子さんの経験談を聞かせてください。
どうアドバイスをしたらいいでしょうか。

ユーザーID:6548815329

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数14

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • お子さんとの距離

    同じ年頃の女子の母です。
    似たような経験あります(まだ進行形ですが)。

    お母さん(親)は、どんなときでもあなた(子供)の味方。
    この姿勢を見せることにより、子供は安心します。

    子供は家の外でいろんな人たちと関わって、時には傷つけることもあり、傷つけられて疲れ切ってしまうこともあります。

    具体的な原因に心当たりがなければ、家庭では気にならなかった(慣れてしまった)言動や言葉遣いかもしれません。
    案外気がつかないことです。
    お母さんも気をつけるから少しずつ直してみようか、と持ちかけることも一案かもしれません。

    家庭と学校とは人間の構成が違います。
    家庭では受け入れている言動(話し方や話題)も、同世代の子からはちょっとキツイ場合があるかもしれません。
    うちの子の場合もこれが遠因となっていました。

    広義の「見た目」の印象を良くすることは、自分自身を高めることにもなります。

    ご心配でしょうが、日々のできごとを至近距離で聞き出すより、ゆったりと構えてお子さんと一緒に考える機会も必要かと思います。
    もちろんお母さんはあなたの味方、という姿勢で。

    ユーザーID:5501629839

  • お子さんは変わりたいと思っているんですよね

    友達とうまくいかないことをお子さんは自分なりに分析して、自分に問題があるのではないか、うまくやるにはどうしたらいいんだろうと考え、その人間関係のサイトを見たり本を買おうとしたりしているんですよね。
    立派だと思います。

    でも、そのコミュニケーションベタなお子さんを育てたのはお母さんですよね。だから、アドバイスではなく、お母さんもいっしょに学ぶつもりで何か人間関係の講座を受けたり、本を読んだりするのはどうでしょうか。

    ユーザーID:7137686523

  • 私の娘も・・・

    私の長女(現在高1)が中学2年の時、一人のいじめっ子(取り巻き2人)にいじめをうけていました。お腹が痛い、頭が痛い、気持ち悪い等の症状でよく病院に行きました。
    その時の対応をお話しします。
    まず、娘から状況を詳しく聞きました。それから担任の先生に話をしました。
    私と妻は娘に「お父さんやお母さんが後ろにいるから・・・」「そういう子はその内みんなにきらわれるから(事実クラスの他の子は避けていたようです)」と励まし続けました。
    私としてはあまりにひどくなれば、親も含めて徹底的に潰すつもりでいましたが・・・・。
    3学期に入って娘は先生に頼んでその子と1対1で話し合いをし、自分で決着をつけましたよ。
    トピ主さんの文からでは原因がよくわかりませんが、まずは娘さんと話をすることです。責めるのではなく、状況をもっとよく把握することです。そこで娘さんの欠点が見つかったとしても何も言わず励ましてあげて下さい。それと、できれば担任の先生にも状況を聞いてみて下さい。
    続きます。

    ユーザーID:3153215004

  • 続きです。

    娘さんにはご両親が「いつも見守っている。なにかあれば前に出て行く」と一緒に考えて行けるようにしてあげて下さい。
    一長一短で解決できる問題ではないと思いますし、必要であれば担任とも何度も話す必要が出てくるかもしれません。
    参考になったかどうかわかりませんが、娘さん自身にも勇気を持って友達と話ができる様になればと思います。

    ユーザーID:3153215004

  • ステキなトピ主さんですね

    娘さんの気持ちに寄り添っておられて、先ず感激です(私も似たような経験ありましたが、母に責められるばかりでしたので)。思春期の人間関係は本当に複雑ですよね。おまけに団体行事も多いし。
    一人で行動できるように「読書」「編物」などを薦めてあげて欲しいです。
    そして「仲間外れ」にした人に媚びる必要はないこと。つるまないためにも、一人で動けるように教えてあげてください。

    ユーザーID:1659312110

  • 切ないですね・・・

    くもり空さん、きっとお母様としてとても切ないお気持ちだとお察し致します。
    私も女の子の母親です。今、中学生と高校生の娘達を見ていて思ったことを書かせてください。

    子どもの友人関係での問題が親にとっては一番キツイのではないかな・・と思います。
    対人関係がスムーズにいかない時、その子どもさんが自力で何とかしなければならない場合が多いと思います。
    子どもは自分で乗り越えながら、強くなりながら「人間関係」について学んでいくのだと思います。
    親は相手のあることなので何もできないことが多く、親にとっても本当に苦しい時期です。
    わが子が苦しみ、傷つき、もがいている姿を目の当たりにしながら、じっと平静を装って、
    ど〜んとかまえていることは、親にとっても試練です。

    目に余るいじめ等が生じてきたら(気づいたら)、学校の担任の先生を巻き込み、学校をあげて問題解決してください。

    それまでは子どもの力を信じ、そして同時に、子どもがいつでも駆け込んでこられる砦になってあげてください。
    お母さんもしんどいでしょうが、頑張って!

    ユーザーID:4921283058

  • 家族は心の基地

    同じ悩みを経験した母です。

    とぴ主さんの娘さんは優しい心の持ち主だと思います。

    そして、そのように育てってほしいと願って育てていらしたのでしょう。

    しかし、娘さんを受け入れてくれない厳しい現実に「なぜ?」との思いでいらっしゃることでしょう。

    経験からですが、ここは娘さんの正念場と覚悟を決め、「私たちはどんな時でもあなたを愛しているよ」という姿勢でいることです。

    今は辛くとも、必ずこの状況は変わってきます。

    どうか、娘さんを温かく見守ってください。

    ユーザーID:9767558566

  • 肯定してあげて下さい

    私も小学生の頃、同級生の幼なじみから同様の嫌がらせをされた事があります。
    何度となく泣きながら帰った私に、母は何があったのか問い質し、私の為に怒ってくれました。
    「そんな事をする方が間違っている」「おまえは何も悪くない」等、完璧に私を擁護してくれ、意地悪をされてくやしいなら、はっきりとその幼なじみにこう言いなさい、というようなアドバイスもくれました。
    そして最後にはいつも、「そういう人間をまともに相手にして損をするのは自分だ。同級生だから避ける事はできないが、顔で笑っても、心では相手にするな。」と説いてくれ、私の気持ちは随分と楽になりました。
    そして、母のアドバイス通り、その都度、翌日には勇気を出してその幼なじみに言いたい事を言い、その積み重ねで、私の心は強くなったと思います。
    中学生になる頃には、「怒らせると怖い子」と認識され(苦笑)、また新しい友人も出来た為、楽しく過ごせました。
    泣いて逃げるのではなく、立ち向かう事で自分というものを持つ事もできたと思います。(つづきます)

    ユーザーID:5877577800

  • 肯定してあげて下さい2

    (つづきです)
    くもり空さんのお嬢さんは、感性が少し変わっているという事ですが、それを「そのままでいいのだ」と肯定してあげてほしいです。
    ただ、その中で人間関係に響くような部分があれば、改善策を出してあげて、よく話合われる事です。
    迷いなくお嬢さんを援護し、人は人、自分は自分という事を、そしてまた、部活は部活だという割り切りを教えてあげて下さい。
    「中学生活は数年だけど、何があってもお母さんは死ぬまであなたの味方だ」と力づけてあげれば、お嬢さんは心の拠り所を得る事ができるのではないでしょうか。
    私は、母がいれば友達なんかいなくても平気だ、と思い至った事で、逆に自分に合う友達を見つけられるようになれました。
    ご心配でしょうか、お嬢さんが振り向けばいつもある大きくて暖かい山になってあげて下さいね。

    ユーザーID:5877577800

  • 一生懸命変わろうとしているのだと思います。

    中学生の世界。
    私も切ない思い出で一杯です。
    「変わりたい」と思った事もあります。
    少しのことで人間関係がこじれたりして辛かったです。
    小さいいじめでもとっても傷ついて。

    それから、このトピからは、
    娘さんは、一生懸命変わろうとしている様子が伺えます。
    何か自信のつく習い事や趣味などをする様にしてみれば如何でしょうか。

    ユーザーID:9947064203

  • お母さんも切ないでよね

     同じ年頃の娘を持つ父親です。まだ、いじめは経験したことが無いですが、いじめに苦しむ娘さんがけなげに「人間関係がうまくいくテキストを買いたい」と一生懸命インターネットでそのHPを探す姿を思い浮かべ、涙がでました。お母さんの引き出しから自分のお小遣いを持ち出した、というのも、本当に追い詰められている様で、私も切なくなりました。
     私には何もアドバイスが出来ません。でも他の方のレスは、トピ主さんや娘さんを親身に思うものばかりですよね。是非参考にされて、娘さんを温かく守ってあげて下さい。
     娘さんに笑顔が戻ることをお祈りしています。

    ユーザーID:0244329162

  • 昔の自分を見ているようです。

    くもり空さん辛いですね。そしてお嬢様も。読んでいて胸が苦しくなりました。
    私も昔同じような経験をしたことがあります。そして大人になったいま、当時を振り返って思うのは「全ての人に好かれなくてもいい」ということです。
    お嬢様にとって部活の人間関係が世界の全てのように思えるかもしれません。でもそれは違います。他の部活もあれば、他の中学だってあります。いま全てだと思っている世界が、実はすごく小さな世界であること、もっと大きな世界に自分の幸せが隠れていること、知ってほしいです。
    関係を修復したいと思われているかもしれません。でもそんなのうっちゃって次を探してもいいんです。
    自分のこと嫌っている人に好いてもらう必要なんてないんですよ。自分のことを好いてくれる、そして自分も相手を好きと思える人と友達になれば。そしてそういう相手は絶対にいます!
    自分の経験からお嬢様に伝えたいのは。
    卑屈にならないこと!おどおどしないで胸をはっていきましょう。
    趣味を持ちましょう!大好きな熱中できるものを見つけましょう。
    自分を好きになりましょう!
    大丈夫、あなたには素敵なお母様がついていますよ!

    ユーザーID:4564543139

  • 味方だよ、と教えてあげてください

    昔いじめられていたものです。
    中学校は二回転校しました。3つ目の中学校が閉鎖的で、友だちのいない一年間を過ごしました。
    母親が、「明るく友だちの多い子」を望んでいるのがわかっていたので苦しかったです。家では明るくふるまい、学校では本を持参してひとりで過ごしました。なんで自分は人と違うのか、とかよく考えました。
    親はあのころ、実は私のことを相当心配していたと今になって言います。
    でも、だったらどうして、学校の話をするといつも先生の立場にたったんだろう、と思います。先生もいじめの片棒を担いでいたので。
    「友だちはいるの」って親に訊かれるのは辛かったです。
    苛められてるのか、ときかれたら絶対に否定したと思うし、親にできることは正直、なかったです。が、あのころ親が、「友人なんていなくたっていい」「ひとりで行動できるのはすばらしいこと」という姿勢だったら、家での安心感はまるで違ったと思います。

    ユーザーID:6814085326

  • トピ主です。

    みなさま、まずはたくさんのご意見にお礼を申し上げます。
    娘は、何とか学校へ行っていますが、部活はどうにかして休めないか、と私に相談してきます。
    テキストのことですが、夫とも相談して本屋で娘のためになる本を探してみよう、ということになりました。
    娘も納得していますが、大人向けや親向けの本が多くて、子供に対して書いてある本は見つけられないでいます。
    みなさんの言葉、ありがたくて涙が出ました。
    娘が変わっていることに関しては、昔から思っていたのですが、これも個性だと思い、受け止めてきました。
    中学生になり友達とうまくいかない状態になってから、思わず言ってしまいました。
    「あなたは少し変わっている。変わっていることが悪いのではない。ただ、それを出す場所を考えてみたら」というような
    ことを言ってしまいました。言った後は自己嫌悪です。今まで個性をつぶさないように、受け止めようとしたのに
    とうとう言ってしまいました。
    とにかく娘と話し合って「味方」であることを、また「毅然としていること」を伝えようと思います。
    話してくださった方々、本当にありがとうございました。

    ユーザーID:6548815329

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧