古文・漢文を好きになる方法。

レス25
(トピ主1
お気に入り11

趣味・教育・教養

GTO

 皆様こんにちは。国語の教職を取るOL大学生です。
30代にして、自分の無知にイヤというほど気づき大学に入りました。
4年間幅広く学ぶという他に、何か資格が欲しいと、
教職を取ってます。来年は高校へ国語の教育実習へ行きます。

 実は、古文と漢文が苦手です。
こんなので教育実習へ行くことが恥ずかしいし、申し訳ないです。
どうにか身につけたい。
大学のほかにも、予備校に行ったり、
NHKラジオ講座を聞いたりしてますが、自分の理解力がイヤになります。
働いているため、気力体力にムチ打ってますが、疲れると寝てしまいます。
どうにか好きになりたいのですが。
できれば山にでもこもって、カリスマティーチャーに教わりたいです。
。よろしくお願い致します。

ユーザーID:3530608685

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数25

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • マンガ・映画などから・・・

    GTO様、偉いです!

    私も高校時代、古文漢文に親しむために、「あさきゆめみし」(源氏物語をマンガにしたもの)などを読んだ記憶があります。
    真面目に勉強しようと思うと眠くなりますので、古代日本や中国を舞台にした映画やマンガ・小説などから慣れるのがお勧めです。

    実際に生徒に教えるときも、話の糸口になり楽しいですよ。

    ユーザーID:8158007841

  • それなら

    平家物語でも原文で読まれたらいかがですか?

    誰でも知ってるストーリーを分かりやすく展開し、簡潔な古文の中に漢文読み下し調の雰囲気が残る。
    註付きであれば、文中に引かれる古代中国の故事も理解しやすく、そこから本格的に漢文にも入っていける。
    また、古文としても現代人にとって親しみやすい調子で、少なくとも和歌や日記の古文を読むよりは分かりやすい。
    文庫で出てますよ。

    格好の入門書だと思いますね。
    それで何となく感覚みたいなものがついてきたら、文法の理屈なんかも頭に残りやすいでしょうし。

    面白い物語があれば、好きになる確率も増すはずです。
    この時代を面白いと思えば、九条兼実の漢文日記「玉葉」も興味を持って読めるようになります。
    で、和臭プンプンの漢文とはいえ読めるようになれば、「史記」あたりにも抵抗は少なくなるでしょう。

    ユーザーID:7986386359

  • 歴史は好きですか?

    古文は好きでした。
    歴史物の小説など好きだったので、その延長みたいに
    読んで好きになりました。

    漢文は苦手でです。説教されているみたいで。

    ただ、どちらも歴史的背景はあるので
    歴史を学ぶ感覚で勉強されてみてはどうでしょうか?

    歴史がキライならムリですけど。。。。。

    ユーザーID:7428537602

  • 文庫本や古典コミック

    働きながら教職!通学!すごい!さて、1年間、準備期間はあるんですよね。思いつくのは、文庫本サイズのものを通勤通学途中に読む、というのはどうでしょう?
    ・古文・・・旺文社の古典文庫を古本屋でゲット。『徒然草』等、対訳や重要語句が読みやすく挙げられていたと思います。
    ・漢文・・・講談社学術文庫を同じく古本屋などでゲット。これもハンディで対訳がわかりやすい。
    ・コミックや現代語訳を入り口にする・・・中公文庫の『マンガ日本の古典』シリーズ、漢文は講談社プラスアルファ文庫の『マンガ史記・列子の思想』等をゲット。現代語訳されている『源氏』『平家』も、ゆとりがあれば読む。読了できれば自信がつく。
    これらを半年も続け、『古語辞典』『漢和辞典』を枕元に置き、わからない語句を眠る前に検索メモしながら眠る、というのをやるといいのでは?
    あとは古文も漢文も縦書きですので、ノートを横置きにして、上半分に原文、下半分に語句説明や対訳を書きます。これだけで気分がでます。

    教育実習に入る時には、じっくりテキストに向き合うでしょうから、古典アレルギーを無くすつもりでいかがでしょう。

    ユーザーID:3402994759

  • お役に立つか分かりませんが

    お役に立つか分かりませんが、GTOさまは歴史はお好きでしょうか?
    私は歴史物や文学が結構好きで、昔から暇さえあれば文学便覧や中国・日本の歴史物を読んでいました。
    例えば宇治拾遺物語とか孔子の説話などです。
    本格的に読む他にも、興味のある(有名な)部分だけチョコチョコとつまみ読みして満足する事も多かったので概略だけの雑学が溜まる一方でしたが、漢文や古文を学ぶ際、(これ(訳文を)知ってる!)という状態でした。
    訳文や概略を知っていることは、漢文や古文を学ぶ際、かなり役に立ったと思います。

    ユーザーID:7830335030

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 一冊を読みとおすっていうはどうですか?

    高1の時、古文が退屈でした。先生がのんびりした方だったこともあったでしょうが、教科書の短編を読んでも面白いと感じなかったんです。ところが、2年時の古典担当の先生から「源氏物語は面白いよ」と言われ、嘘かまことかといきなり原書を読み出したんです。

    図書館にあった禁帯出の本を朝晩ノートに写して単語や文法を調べながら、一生懸命読み進めるうちに、話の面白さもさることながら、文法の理解度が増して、偏差値が70を軽く越えるまでになりました。

    結局、大学受験時には古典の勉強(問題集など)は一切せず、ただひたすら源氏物語を読み進める毎日。でもそれだけでOKでしたね。

    それ以来、古典は大好きな教科の一つです。

    漢文もほぼ同じ状況です。一つの作品を読んでみる。これで苦手意識が消えました。

    あと、古典・漢文に共通するのは、言葉の響きとリズムだと思います。言葉の美しさは響きとリズムに支えられてる部分が大きいと思うんです。そのあたりを意識して読んでみたら、きっと面白いと思えるんじゃないかな。

    ユーザーID:5605178668

  • 中身を好きになること

    古文、漢文を好きになる簡単な方法は、故事成語辞典を読みましょう。

    そうすると、人生の糧になりそうないい言葉が、来歴を含めて書いてあります。原文も載っています。

    例えば「菜根譚」からひいてみると
    「友に交るには、すべからく三分の侠気を帯ぶべし。
    人と作るには、一点の素心を存するを要す。」
    (友人と付き合うには損得を考えない気持ちを3割くらいはもっておくべきだし、人間的に成長するには、素直な気持ちをなくさないようにすることが大切だ)
    とか
    「人の悪を攻むるは、はなはだ厳なることなかれ、その受くるに堪へんことを思ふを要す。
    人を教えるに善をもってするは、高きに過ぐることなかれ、まさにそれをして従うべからしむべし。」

    なんていう風に、おお、確かにそうだよなー!って内容がテンコ盛りです。

    要は勉強だと思うから嫌になるのであって、中身を知って、それを理解するための古文、漢文だと思えば、やる気になりますよ。

    それに、ある程度入ると、類推で読めるようになるので、勉強と平行して故事成語辞典を読むのと、いいのがあったら抜書きしてみるのをすすめておきます。(手を動かすのは大事です)

    ユーザーID:4174313028

  • 私も苦手でした。

    私も10年以上前ですが、国語の教職とって高校に教育実習に行きました!
    教育実習時に担当したのは中島敦の「山月記」。
    近現代ばかり専攻していた私は、正直古文漢文でなくてホっとしました。

    全ジャンル完璧な先生も居ないですし、その都度その都度少しづつ
    学んでいけばいいんじゃないかな〜っ、という軽い気持ちで私は教育
    実習に臨みましたけど……。まだまだ勉強中の身なんだし!
    「勉強させてもらう」「生徒に教えてもらう」場所ですから。
    実習中は自分自身とても学ぶ事が多かったです。ものすごく
    勉強しました!ホント寝るヒマも無いくらいに。

    すみません、実のないレスで。決して「古文漢文なんてわかんないまま
    実習行っても平気だよ」と言うのではありませんが、あんまり「やらなきゃ!」と
    思ってるとますます嫌いになっちゃいません?向上心あふれるGTO様に尊敬の念を
    抱きつつ…ちょっと肩の力抜いてがんばってくださいね!前にずらりと有意義な
    レスが並んでるので!

    ユーザーID:1170561874

  • 外国語と考える

    私も古文、漢文苦手でした。トピ主さんの苦手な理由は何だと思いますか。
    私が苦手だった理由は(特に古文)単語の意味を知らなかったからです。同じ日本語とは言え、古文は古語ですから、同じ単語でもぜんぜん別の意味の桙ェ多いですよね。私の高校時代は「日本語だから」と思い込んで、単語の意味を覚えるということをしませんでした。英語と同じに扱っていたら、得意だったのではないかと思います。

    ユーザーID:1376086732

  • 私は無知ですが

    子供(高3女子)が、学校で古文を習ってきて、その内容がどんなに面白いかを語ってくれます。よく分からないのですが、案外古文ってスキャンダラスで面白いみたいですよ。娘は蜻蛉日記が面白いと言っていたような・・。角川ソフィア文庫で色々と古文が出ているので一度見てみてはどうでしょうか?

    ユーザーID:1302977540

  • 新潮古典集成

    林望さんのエッセイに勧めてあったので、新潮古典集成というシリーズの本を読んでみたら、私は初めて継続的に古典が読めました。

    頭注の他に原文の横にところどころ訳注があって、これを繋いで読むとほぼ訳文になってしまうので、ストレスなく原文を読める(読んだ気になる?)のです。訳注と原文がすこしずつまとめて載っている本だと見比べるのに疲れますが、その点、このシリーズは楽です。
    慣れてくると、原文でもだいたいの意味がわかるようになります。

    文庫本じゃないところがちょっと難点です。

    ユーザーID:8094452206

  • レベル低いかもしれませんが

    GTO様、偉いですね!

    GTO様の「苦手」レベルがどの位かわからないので、的外れなレスでしたら、ごめんなさい。

    皆さんが、古典作品の読解を勧めておられるのに、あまりにレベルが低すぎるかもしれませんが・・・ 教職をとられることですし、古文・漢文の教科書を徹底的に読み込まれるのは、いかがでしょうか?
    教科書というのは、つまみ食い的ですが、名文揃いです。幸いにして本も薄いし、その内容を十分理解して、興味のわいた作品を読み進めるのは、どうでしょう?
    家は古典全集があったので、教科書で気になった本を拾い読みしました(読み通したのは古今和歌集と伊勢物語ぐらい 笑)。漢文は、とにかく教科書が好きで、そこから漢詩や十八史略なども読みましたが、「教科書程度」の注釈や返り点・送り仮名のある本がなくて、残念でした。
    私自身は、好きだったから覚え、覚えるとますます好きになる、だったので、一部でも内容を理解して暗誦できるほどになったら、きっと好きになれる、と思うのですが・・・
    あとは、「百人一首」と、名作を読んだ気になれる「日本文学史」かな(笑)

    その位、とっくにやってます! だったら、すみません。

    ユーザーID:0200641121

  • 読書あるのみ

    既出ですが…。

    私は読書が趣味でして、高校で古文漢文を習う頃には、主だった中国歴史小説から日本の代表的作品(徒然草とか方丈記とか)辺りは既に読んでいました。後は、興味を持った本の現代語訳本?を読むだけ…。

    正直、文法の基礎の基礎はやりましたが、後は大抵の問題文を読んだら、どの話か分かるので答えも分かる…という実に安直な方法。

    読書が嫌いな生徒さんには…やはり漫画や映画が手っ取り早いのでしょうか?

    ユーザーID:5897011382

  • 漫画はお好きですか?

    古典の作品そのものを漫画化した本(『あさきゆめみし』『日本の古典』シリーズなど)が出ています。
    すでに他の方がお勧めしていますね。

    私は、氷室冴子さん原作で、山内直美さんが漫画化した『さ・ちぇんじ!』『なんて素敵にジャパネスク』をお勧めします。

    『ざ・ちぇんじ!』は、『とりかへばや物語』からアレンジされたお話です。
    腹違いの姉弟が、それぞれ性別を逆にして育てられるお話です。

    『なんて素敵に〜』は、特に元となったお話はないと思います。
    都で評判の「風変わり」な姫が、幼馴染の公達と結婚するまでのドタバタを描いた独身編から、
    結婚してから、大きな事件に巻き込まれていく『人妻編』まで。
    原作の小説はコバルト文庫から10冊出ています。
    漫画の方は、現在『人妻編』を『別冊花とゆめ』で連載中です。

    どちらも、平安時代の宮廷貴族の生活の様子などが分かりやすく描かれており、
    基本的にラブコメディーなので、楽しく読めると思います。

    私が小学生のときに姉がこれらの本を貸してくれたお陰で、
    中学にあがったとき、古典の授業が始まるのがとても楽しみでした。

    ユーザーID:9435082793

  • まずは「にほんごであそぼ」をどうぞ

    古文・漢文が苦手な方なら、同じNHKでも、ラジオ講座(高校講座?)より、まず「にほんごであそぼ」をおすすめします。
    あの番組は、日本の古典のあらゆるジャンルから、読んで美しい語句を、楽しく紹介してくれます。しかも、本来は未就学児〜小学校低学年向けなので(お蔭で今、幼稚園で落語・狂言がブームだそうです。従妹の娘に「寿限無」を強要される日々です(笑))、音で丸暗記できるように作られています。
    あの番組で、ひとつでも気に入ったフレーズができれば、そこからその作品に入っていけますよ。

    「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり…」を知っているか否かで、平家物語へのとっつき方はがらりと変ります。「春はあけぼの」から枕草子もしかり。ただし、源氏物語は原文が凝りすぎているので、初心者にはおすすめしません。
    また、百人一首の歌を覚えていれば、万葉集や古今集、伊勢物語、女房文学への入り口になります。

    漢文も同様。まずは「少年老い易く学成り難し」あたりから始めて、耳から丸暗記してみてください。

    あおさんのおすすめの中公文庫『マンガ日本の古典』シリーズもいいですよ。

    ユーザーID:5362858436

  • トピ主さん、すごーい

    尊敬します、ホントに。
    さて、漢文はちょっとコチラに置いといて(笑)、
    古文ですが・・・以前「南総里見八犬伝」を少しだけ、かじったことがあります。まああれは、長いし、登場人物多くて関係が複雑怪奇だし、読み通せませんでした(汗)。でも、原文は意外と読めました。なんとなく、こういう意味だなと見当つけながら読めたんです。
    何が言いたいかというと、時代が下った近世の文章なら、古文といえどもだいぶ文法がこなれてきて、平安時代とかの文章より抵抗が少ない、ということなんです。文法って文化なので、時代の変遷とともに現代風に近づくものなんですよね。実際、その積み重ねが現代につながっているわけですから。本屋さんで見かけたら、八犬伝の1巻の最初のページ、ぱらっとめくってみません?だいたい理解しながら読めると思いますよ。そのくらいこなれた時代の文章です。そういうの読んでから源氏物語とか読むと、多少は・・・読みやすくなる・・・んじゃ、ないか、なあ・・・。

    ユーザーID:8918839533

  • 古文漢文大好き!

    こんにちは。私の勉強法を紹介します。

    古文も漢文も勉強法は同じで、暗記・暗唱です。
    つまり私は教科書に乗っていた古文のすべての文章をそらで言えました。
    とにかく声に出して読むんです。
    ちょっと京都弁ぽいイントネーションで読むと、なんとなく意味も分かってきちゃいます。
    外国語だと思うより、「これは日本語なんだから分からないわけがない」って思いながら読むんです。「これは方言なんだ」くらいの気持ちです。

    それから、助動詞の活用表(受身「る・らる」とか過去「き・けり」とか。古語辞典の後ろのほうにのってますよね)は、丸暗記します。
    これを覚えただけで、かなり違うと思いますので、助動詞の活用表だけは是非暗記して欲しいです。

    また小倉百人一首には、古文で使う文法の殆どが使われていると聞いたことがあります。
    なので百首覚えておくと役に立つと思います。

    個人的には随筆より物語のほうが分かりやすいです。
    枕草子はちょっと難解、源氏物語は分かりやすい。平家物語はもっと分かりやすいです。

    でもやっぱり好きこそ物の何とやら、ですので、漫画読むのもオススメですね。

    ユーザーID:7560062803

  • きっかけは○○

    あお様があげられている講談社プラスアルファ文庫の『マンガ史記・列子の思想』等は私も読みました。このシリーズは「孔子の思想」「老荘の思想」等色々あるのでオススメです。
    私は三国志から中国古典にはまりました。まず、横山光輝氏、久松文雄氏らの漫画を読み、陳舜臣氏等の小説を読み、それから色々と読んでます。横山氏の中国史ものは三国志だけではなく、項羽と劉邦、史記とか色々あるのでオススメです。
    私は子供の頃、かつて塾の四字熟語テストで〇点近い点ばかりとってて、全然理解できず、覚えられず、好きになれなかったのです。でも中国の故事成語の由来を解説する学習マンガ(タイトルは忘れましたが)を読んでからすっかりわかるようになり、好きになり、今では漢検2級もとっています。例えば「四面楚歌」が何で生まれたか、項羽と劉邦の戦いの結末の中で出てくると知ると、やっぱり感じ方が違うんですよね。覚えるというよりは、心に残るんですよ。他の言葉も以下同文です。
    はじめはマンガでも、私はそこから活字にも向かいました。きっかけは何でもいいと思うんですよね。

    ユーザーID:7001824385

  • ヨコです、南総里見八犬伝

    ヨコです。すみません。

    ぱるるさま

    >「南総里見八犬伝」を少しだけ、かじったことがあります。

    私もかじりました〜。はじめの方に、若き里見義実が、龍についての蘊蓄を傾ける場面がありましたが、妙に感心してしまいました・・・ 出典・参考文献を挙げといてほしかったです、馬琴さん(笑)
    「年の頃は二八にて」といった表現がよくあって、28、って昔だったら年増だなー??なんて思ってたんですが、二八=16だったんですね・・・(汗)

    すみません、勉強法じゃなくて。おじゃましました。

    ユーザーID:0200641121

  • まず興味を

    田辺聖子さんの「文車日記」をおすすめします。
    田辺さんの愛してやまない古典を紹介したエッセイ集ですが、主だった作品が網羅されえてるうえ、愛のあふれる読みやすい文章で、一度も読んだことのない本がすごく身近に思えます。
    そして絶妙の原文引用。古文という意識なく、心に落ちてきます。
    たぶん、文庫本になってると思うので探してみてはいかがでしょうか。

    あと、他の方もレスしてましたが、NHK教育の「にほんごであそぼ」はほんとにお薦め。方言や遊び歌などを駆使して、いかに楽しく教えるかの参考にもなると思います。

    古典って慣れるとここちいいですよ。頑張ってください。

    ユーザーID:4175492093

  • 好きにならなくてもいいと思います。大事なのは結果

    友人の国語教師が大嫌いな作家のエッセイが教科書に収録されていて「何でこんなのやらなきゃならないんだー」とわめいてたのを思い出しました。
    彼女は教材研究きっちりして、ちゃんと授業をしたそうです。「イヤなことで手を抜いたらきっとミスとかして、結局、より長い時間関わることになる」から。
    そんなもんじゃないでしょうか。

    国語は勉強しかしてこなかった若い子よりも、人生経験がある人が上手に教えられる可能性が高い教科だと思います。仕事をして社会でもまれた体験がきっと生きてきます。自信を持ってください。

    すでに出てきた「蜻蛉日記」も高校の時は「何て可愛げのないオバサン」としか思わなかったのに30過ぎて読み返すと作者のいじらしさが見えてきます。
    とりあえず一冊読むならおすすめは橋本治の「桃尻語訳枕草子」。さらっと読める上、「ほぼ直訳」なのがすごい。

    ユーザーID:9262378605

  • 元国語教師です・・・

    はじめまして。
    私は元国語教師です(高校で古典担当でした)。
    おすすめは代ゼミのサテライン授業です。「宮下の漢文」がおすすめ。
    本文の内容以外にもこぼれ話もとっても面白いです!!
    あと、音読のバリエーションを豊かにして、楽しみながら授業してみて下さい☆応援してます。

    ユーザーID:9352939480

  • 中国名詩選

    岩波文庫から出ている中国名詩選などはいかがですか?

    年代を追って代表的な詩を掲載しています。
    上巻に掲載されている「上邪」なんか私のお気に入りです。

    上邪
    我欲興君相知
    長命無絶衰

    (神かけて誓います、あなたへの愛が命ある限り永遠に変わらぬ事を)

    漢文で難しいと思うから敬遠したくなるけれど
    昔の人の作ったラブソングだと思えば楽しいものです。

    ユーザーID:7612824842

  • レベルがわからないので。

    文法、きっちり頭に入っていますか?
    古文なら助詞・助動詞、活用形ごとまるっと暗記してらっしゃいますでしょうか?
    古文も漢文もまずはきちんと文法を覚えることです。
    また、有名な文章もまるっと暗記してしまいましょう。
    リズムと流れを体に刻みつつ、世界観にも浸れますよ。
    古文も漢文にもそれぞれが書かれた社会や歴史的背景があり、著者の置かれた立場や思想によって、
    書かれている内容は当然ちがいますよね。そういったこともきちんと踏まえて読んでいくと、
    たとえ問題集の文章といえども、伝わってくるものはあります。
    この人は感性があうかも!という人に出会ったら、一冊まるっと読んでみるのもお勧めします。

    ユーザーID:2071719354

  • トピ主です。

    皆様、アドバイスありがとうございます。
    皆様のレスをコピーして、気になるものにマーカーして
    今、調べてます。他力本願…トホホ

    今は大学が夏休みなので、勉強するチャンス。
    と、わかっていても休みの日はゴロゴロしたり、遊び行っちゃったり。
    勉強態勢がホント身についてない!
    ホント平安時代に留学したいです。
    駅前留学NOBAはあるのになあ。

    教育実習を考えると、人生に大きな課題を背負ったようで、
    不安が襲います。
    とかいつつこれからヨガへゆく…(すみません!)。

    と戯言ばかり言ってないで前進前進、です。
    皆様の意見を活かして、頑張ります。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:3530608685

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧