父が癌、さらに失恋...

レス27
(トピ主0
お気に入り9

家族・友人・人間関係

ここ

私(27歳)はこの夏失恋(約4年付き合いました。)

おまけに父(57歳)が癌で3度目の手術をすることになりそうです。
3年前に1回、半年前に1回手術しました。
何回も手術して元気になられた方もいらっしゃると思うので前向きに
とらえていくようにしていますが。
いきなり余命○ヶ月と言われた方よりはラッキーだったと思わなければ
いけないとも思いますし。
幸い、2回目、3回目は初期のものなので。

結構冷静に見えるかもしれませんが、心はどん底です...
今まで何の苦労もなく幸せに生きてきた私にとって、こんなに心がボロボロになったのは初めてです。

嫌なこと続きの私ですが、しあわせになれるのでしょうか・・・
こんなに嫌なことばかり続くということは、私は幸せになってはいけない定めで、一生幸せにはなれないのかなと不安に思ったりしてしまいます。
長い人生まだ何があるか分かりませんが。

ユーザーID:8746754019

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数27

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • そんな年もありました

    こんにちは。
    私も同じように、色々と重なった年がありました。

    ここさんと同じように4年付き合った彼氏と別れ(当時24歳)、大好きな祖母が突然他界し、仲の良かった妹が結婚。。(おめでたいことですが、寂しくなっちゃいました)

    でも。何だか必死に仕事をして、いっぱい友達と遊んで。。と過ごしていたら、いつの間にか彼氏ができ、仕事も順調で、その1年半後に結婚しましたよ☆

    今思えば、あの時がどん底だったかな。。と思います。
    きっとトンネルから抜けられますよ。

    今はここさんのできることを頑張ってください。

    ユーザーID:0052081865

  • 明けない夜はありません

    私も、そんな年がありました。
    父の余命宣告(半年後他界)と、子供の大病で、本当にどん底でした。

    でも、考えてみたら、どん底って、良いもんです(笑)
    だって、それより下には、行かないってことでしょう?
    いつか、フッと1cmでも浮き上がる気がする時が、来ます。
    後は、上に上がって行くだけです。

    途中また沈むこともあるかもしれませんが、一度どん底を味わっていると、
    切り抜けられるもんです。
    人間って意外と強いもんですよ。

    幸せになっては、いけないなんて、自分に自己暗示をかけては、駄目です。
    どん底の時は、大いに泣いて喚いて下さい。
    心が浄化されたように、すっきりしますから。
    そしたら、風と共に去りぬのスカーレットよろしく、
    Tomorrow is another day.〜明日は明日の風が吹く〜
    と言ってみては?(笑)
    頑張れ!トピ主さん!

    ユーザーID:8538014572

  • がんばって

    お気持ち、お察しします。
    試練を乗り越えたら、あなたにもっとふさわしい人が現れることでしょう。つらいと思いますが、がんばってください。
    父親のガン・・つらいですね。
    でも今、ガンは治ります。アメリカでは、手術→抗がん剤といった対処療法よりも、サプリメントや栄養療法といった代替療法のほうが用いられるようになっています。調べてみてください。きっと良い方法が見つかります。がんばって!

    ユーザーID:5717164995

  • 幸せになれます

     心が大変疲れているので、何もしなくてもOKですよ。
    でも、お父様のことは、そんな訳にいかないと思うので、頑張り過ぎないでね。(看病は、とても体力を消耗するので)
    あなたは、
    長い人生まだ何があるか分かりませんが
    と書きました。そうですよ!明日のことは、誰も分からないのです。
    幸せになってはいけない定めも、ありませんし、誰にも、定めなど予言できないのですよ。ここは、一旦人生の転換期かと、あなたのこれからについて、真剣に考える時期なのかもしれません。
     
    必要最低限なことだけやって、新しいことは手をつけないなど、心の負担を少し軽くしてあげて下さい。弱っている時に限って、優しいフリして、いろいろな勧誘とか、変な誘惑もあるので、気をつけて下さい。私も、過去不運なことが重なりましたが、今は幸せです。 

     あなたの幸せを願っております。 

    ユーザーID:5217248550

  • 上には上が…(下には下?)

    この3年間の間に…

    彼の浮気が発覚(泣
    親が癌で死にました。最初からサクッと余命を言われましたよ(号泣
    自分が病気になる。退職(自爆
    彼(5年交際、結婚寸前)と別れました(滅

    36です。もうすぐ37。

    今、自分の人生でこれ以上悲しい事って無かったと思う様な心地です。心臓がギュッと鷲掴みにされた感覚って言うんですか?涙を堪えてる時のあの苦しい感じがずーっと続いてます。生きながらえてるのが不思議な位辛いです。生かされてる…って感じです。

    こういう人も居るって事で…
    私から見るとトピ主さんはまだまだ若いし親はなんとかご存命だし、羨ましい限りです。(そして、私も、又他のもっと苦しい立場の方からは羨ましい人になるんでしょーね)

    自暴自棄にならなければ普通の生活が出来ると思います。幸せかどうかは自分が感じる事ですよね。他人がどう思ってもその人自身が不幸なら不幸な訳で。私は、今のところ全身全霊で不幸を噛み締めてます。かなり自暴自棄です。いつかはこの悪循環に終止符を打たなければと思いつつ、それをする気力も今は無く。

    お互い、なんとか乗り切りましょうね。

    ユーザーID:0511998574

  • 私もそんなことあったなあ。。。。

    私の場合は31歳の年です。

    2年付き合っていた彼氏にお金を貸したまま逃げられ、人間不信になっていたところ、父親がガンに罹っていることがわかり、緊急入院。仕事と看病のやりくりで疲れ果てた半年。

    今から思えば、失恋の心の痛みを忘れさせるようなタイミングの父の発病でした。そんな考え方もありますよ。

    その後父は元気になり今に至ります。私は30代後半になってから結婚。幸せな毎日を送ってます。

    トピ主さんも自分の健康管理に気をつけて、この局面を乗り切ってくださいね。

    ユーザーID:1320514936

  • はたちの夏に

    付き合っていた人にふられました。ほどなく父が急死しました。

    父は心筋梗塞で突然でした。朝ふつうに会社に行って。
    故郷を離れていた私はその頃携帯を持ったばかりの父が送ってくる意味不明なメールに返事をしたりしなかったりでした。
    彼に避けられはじめていた頃で、メールが鳴ると期待したのに父からの特に内容のないメールだったりすると正直イラっとし、がっかりしていました。

    父と私はずっと仲がよかったのですがその頃は進路の事で揉めていて溝がありました。

    今思うとその頃付き合ってた人なんて私の人生にとってどうでもいい男だったのに。

    ちなみに私はその年知り合った人とのちに付き合い、今でも幸せです。知り合ってから本当に付き合うまでに4年という歳月がありました。

    今思うと大事な人と巡り合えた年ですが、当時はどん底だと思っていました。

    ちなみに私の父も癌の手術をしています。私が10歳の時です。
    亡くなるまでの10年、父にとって公私共に充実していたと思います。

    何の助言にもなりませんが、何だか他人と思えずレスしてしまいました。

    ユーザーID:2850847331

  • 私もそんな時がありました

    わたしも6年前そういう時がありました。
    父の命にかかわる心臓病の手術(1度目が失敗で2度目をせざるえなかった)決まり、仕事を突然失い、同時に失恋。

    なんかその時には、自分で不思議なくらい重なったので、心が重苦しくても実感がなくて
    もう、ショックで心が麻痺する感じでした。

    その度、その度、ショックがくるので他人事のように、なんで?なんで?っていう思いと、
    「これが底?まだくるの?」ってずっと思ってました。

    重苦しくて切なくて心がボロボロだった時でした。

    年明けの大晦日の夜に、寝ながら涙が止まらなくなって自分でもどうしようもなかった時に、
    走馬灯のように人生が逆流したような風景画が怖いくらい目の前に次々と浮かんできて、
    ひょっとして、じぶんはもう死ぬんじゃないかと思いました。

    でも、その後から、ようやく吹っ切れて、新しい世界を手に入れ前に進めた気がします。


    他の方と同じですが、明けない夜はありません。それを望む限り絶対トンネルは必ず抜けられます。
    静かに新しい時がくるのをまって、今できることをしてくださいね。

    ユーザーID:9615191263

  • とことん落ちる

    お若いのに悲しい事が重なり、辛いですよね。
    私も60才近い今日まで本当に色々ありましたが、支えの言葉があります。

    笑福亭鶴瓶が落ち込んでいる時に、子どもの頃から苦労の多かったミヤコ蝶々が助言してくれた言葉だそうです。
    「人間だれでも苦労があるんや。落ちる時は身をかがめて、とことん底まで落ちたらよろし。無駄にあがいたら体力消耗しまっせ。一番下まで落ちたら、底に足が着きますやろ。そのときに温存した体力を使って、思い切り底を蹴りなはれ。あとは昇っていくだけや。」
    苦労の多かった蝶々さんの含みのある言葉です。

    そして、立ち上がった後は、少々の事があっても「あの時に比べれば大丈夫」「あの時に負けなかったんだから」と大きな自信がついて、粘り強くなります。
    今は辛いでしょうが、負けないでくださいね。

    ユーザーID:9850293392

  • 悪い事の後はいい事が起こる。

    自分ばかりが大変だと思わない様にして下さい。
    同年代なのでレスします。
    「嫌な事続き」と自分で言っていますが、もっと辛い思いをしている人や大変な人は世の中五万といると思います。
    誰が幸せになれないと決め付けたのですか。
    自分で思いつめると益々深みにはまると思います。
    誰だってついてない時や、何してもだめな時って人生に於いて1度や2度はあるのです。
    悪い事の後はいい事が起こる。と思ってみて下さい。
    きっと変わってくると思います。

    ユーザーID:2867503967

  • 幸せになるよ

    >幸せになってはいけない定めで、一生幸せにはなれない
    のなら、わざわざこの世に生まれてこないですよ。
    今は辛いかもしれないけれど、これまで幸せだったし、
    これからも幸せになります。
    取り合えず、裏づけとか理由とか考えずに、それだけは心の底に落としてみてください。

    喪失体験が続くと、苦しいですよね。
    私は親が瀕死の病で倒れている間に夫に浮気され、
    同居をしている義親が入院して対応している間に、不倫されました。
    義親からは私が悪いと恨まれました。
    早く離婚しろと義親にも夫にも言われました。
    自分が病気にもなりました。死ぬことしか考えられなかった時期があります。
    こうして書くと、結構ひどいもんですね。
    でもその頃は飛び出していくだけの気力と体力がありませんでした。

    自分史上最底の事態になると、世界中にはもっと不幸な人が
    なんて言われたり、自分で思ってみても、
    やっぱり自分に降りかかったことは、他でもない自分が一番苦しいと思います。
    無理に前向きに考えなくてもいいと思います。
    今、自分が一番楽になれる考え方をするのがいいですよ。

    つづきます

    ユーザーID:4263996326

  • 幸せになるよ 2

    つづきです
    止まない雨はないかもしれないけれど、
    巨大台風が続けて上陸しているかもしれないです。
    出口のないトンネルはないかもしれないけれど、
    世界最長のトンネルの上り坂を怪我した足で歩いているのかもしれません。
    明けない夜はないかもしれないけれど、
    冬にはほとんど太陽が昇らない地もあります。
    冬来たりなば春遠からじかもしれませんが、
    春がなくて短い夏があるだけで冬の長ーい土地だってあります。
    生きたくても生きられない人もいますが、
    その人は生きたいと思えるのだから、
    自分から死にたいと思ってしまう人よりも幸せではないでしょうか?

    私は世界一不幸、何で私だけが?とは全く思いませんでしたが、
    (そう思っているでしょう?って他人に言われました)
    自分史上最底とは思ったので、これらの慰めの言葉は、
    見聞きしても、そうね、ありがとうとその場では思えても、
    心からは楽にはなりませんでした。(かなりひねくれている?)

    長くてすみません。もう少し続きます。

    ユーザーID:4263996326

  • 幸せになるよ 3

    つづきです。これで終わりです。

    今の自分が無理なくできることをやってみるのがいいです。
    例えばもし、身体が動かなくてお父さんの元に行けないとしたら、
    心の中で祈るだけでもいいと思います。
    それから、自分で自分を喜ばせることを続けてみてください。
    小さいことでも、無理のない範囲で。
    今の自分の辛さ、してもらって嬉しいことは自分が一番判ると思います。
    何が今一番嬉しいですか?食欲がないけどこれなら食べられるかも とか。
    それから、一時的でも、心から笑えるものが見つかるといいですね。
    TVでもマンガでも映画でもライブでも、ネットで笑える話を探してみてもいいし。
    心から笑えたら、徐々に上り坂に向いますよ。

    ここさん、大丈夫だから、生きているうちに幸せに感じる瞬間を
    できるだけたくさん味わってください。
    悪いことは勝手にやってきちゃうので最小限の痛みでかわしましょう。
    27歳って、もう少し年がいくと分かりますが、か な り 若いですよ。
    回復力もあると思うので、今はできるだけ自分をいたわって、
    自分の幸せになる力を信じてください。

    ユーザーID:4263996326

  • 3年前、私もそうでした

    ここさん、はじめまして!

    お父さまも手術と、ここさんの失恋、
    気持ちがいっぱいいっぱいですね
    大丈夫ですか?

    ここさんと同い年の私も、3年前同じようなことがありました
    ・父が腎臓癌のため、手術(右腎臓癌摘出の大手術)
    ・長期入院のため、父の会社の経営が悪化、倒産か?という窮地に
    ・祖父が喉頭癌で死去
    ・母が上記の看病により、更年期障害の悪化

    とまぁ、家族が祟られているのか?と思うくらいひどいことが続き、
    最後の最後に
    ・3年間付き合っていた彼に「結婚は考えてない」と父の相談をしたところ、あっさりすぎるくらいあっさりふられました 苦笑


    今となっては、父も元気になり、会社も元通り、
    母も元気に友達と遊び、・・・私は少しイイナと思う人とご飯を食べに行ったりしています

    いやぁ〜〜〜、もうこういう時って、ありますよ!!!!
    自分の力ではなんともならないくらいひどいことが続くとき・・・

    その後の家族の結束力と心の幸せは、ピンチを乗り越えたご褒美だと思います

    絶対にいいことありますから!!!!!
    お父様、サポートしてあげてくださいね

    ユーザーID:9445172963

  • 私にもありました

    皆さんのレスを見ていると同じように苦労をされた方が多くて驚きました!

    かくいう私も昨年の冬に、父親の癌が再発、彼氏の心離れ、仕事も上手くいかない日々を送ってました。

    毎晩泣いて、体重も落ち、人に優しくする余裕もなく本当に最悪の時期だったと思います。

    ただ、今だから思う事は、不幸は必ず一つ一つ自分の身から剥がれ落ちていく物なんだなと言うことです。
    父はその後、放射線の治療を受け少しづつ癌は小さくなり、無くなって行きました。

    仕事は転職し、お給料は良くないけど資格の勉強もさせて頂いてます。

    あの時の彼とは別れ、冬に今の彼に出会いました。
    初めて将来の話を笑いながらできる彼です!

    ここにレスした小町メンバーが幸せになったように、トピ主さんは必ず幸せになりますから!!

    ユーザーID:9069686061

  • 悪いことは重なってやってくる。

     私の親は、両方とも癌で、病気になった時は、ものすごく苦労しました。いろんなことが影響を受けるし、良い流れであったはずのことまで悪い方向に流れて行ってしまいます。私の父親が癌になった時も、私がいずれ結婚したいと思っていた方が、ある日突然、見合いをして、そのまま結婚してしまったこともあります。

     そうなんです。悪いことは重なってやってきます。とぴ主さんだけではありません。こういう時は、辛抱するしかない状況でもあります。誰でも経験することではないかと思います。だけど、現実に、そういう状況になってしまうと、なんと理不尽なという気持ちになります。こういう時は、静かに、時が経つのを待ちましょう。私の母親も胃を取って、95%までは無理と言われていたのに、現在は元気です。この先、どうなるかは分かりませんが、時の過ぎ行くままに、流れに身を任せていくしかないのかもしれません。

    ユーザーID:2414297638

  • お父さんはお父さん

    不幸気取りで共感できませんね。

    お父さんの癌はお父さんのことであって、トピ主さんがなり代わって治療をうけるわけでも、抗がん剤に耐えるわけでもないと思います。余命宣告をうけて人生なげくのもお父さんであって、トピ主さんではないでしょう。

    お父さんの死期が近いということで、平静でいるのが難しいとは思いますが、お父さんの癌と自分の失恋を同じラインにおいて、ああ、私ってどん底と思うのはどうかと思いますよ。

    お父さんの人生を見届け、トピ主さんの人生を生きるしかないと思います。そこにどういう現実があっても、受け止める力をつけてください。
    幸せになるもならないも、自分次第です。
    しっかり食べて、不謹慎でないところで大きい声で笑って、元気を出して、立ち向かってください。

    ユーザーID:6315800948

  • あれは5年前のこと

     私もラブラブだった人に急に振られ、同じ日に父が末期がんと知らされました。
     ほどなく父は死に、跡取り問題だの、精神的に不安定になった母や妹に振り回されました。
     でも、不安定だった派遣から契約社員、正社員へと就職が決まり、新しい彼も出来(別れちゃったけど)、周りの親切な人にも助けられました。
     今では、一度にあんなに強烈な不幸を経験をしたので、しばらくは平穏無事で不幸は襲ってこないだろうと信じてます。
     悲しみのどん底でオーストラリア人の友達が教えてくれた言葉が、「一つのドアが閉まっても、他のドアが開く」です。だから、気を落とさずに頑張って。
     でも、がんでも手術が出来るってことは、大丈夫ってことじゃないですか?私の父は手術することもできませんでしたから。

    ユーザーID:0853894363

  • 幸福と不幸は同じ数

    うろ覚えで申し訳ないのですが、以前も悪いことが重なった時に友達から言われて心にしみた言葉があります。

    「人は誰でも同じ数だけの幸福と不幸の石の入った袋を持っている。不幸が続くこともあるけれど、同じ数だけ幸せも入っているんだよ。」

    私は離婚、リストラ等様々な不幸が2〜3年の間に一度に押し寄せてきてかなり精神的に打撃を受けました。それから小さな幸福に感謝できるようになりました。これが大きな学びでした。

    その後はたまに不幸に感じることもありますが、幸福がたくさん続くようになりました。今では自分はかなりラッキーな人生を歩んでいるなぁ。とまで思います。

    ここさん。今はきっと辛い時期なんですよ。
    他の方も書かれているように明けない夜はなく、やまない雨もありません。いつかくるたくさんの幸せにたくさん感謝できるように心の準備期間だと思って乗り切ってくださいね。ここさんが幸せになれますように祈ってます。

    ユーザーID:8069982193

  • 50代ですが

    嫌なことって、どうして続くのでしょうか。私も、親が病気で手術をした2日後に、交通事故にあいました。辛くても頑張らなければならない時が、人生にはあるのだとわかりました。トピ主さん、人生っていろいろあります。

    ユーザーID:9199657078

  • 熟年さんの引用されたお言葉

    うるうるっときてしまいました。

    本当に本当にそうなんですよね、嫌な事ってこれでもかっていうぐらい重なるものですよね。
    そんな時に近しい人と力を合わせられなかったりするのが一番つらいですよね。
    せめて今はお父様のことに集中なさってあげて下さい。
    考え方によったら彼氏に割く時間を気にせずお父様に尽くしてあげられると思いませんか?

    今までお幸せだったとのこと、当たり前のことがそうでなくなるということを気づかせてもらえた良い機会だと思って、ゆっくり、じっくり生きてみてください。
    私は悲劇のヒロインになることもそんなに悪い事だとは思いませんよ、ただ自暴自棄にだけはならないで下さいね。

    ユーザーID:0961309704

  • 恋せよ乙女..

    トピ主さんのお父上と同世代です。

    トピ主さん、何事も順番があります。
    お父上のことは、順番です。
    それほど、嘆くことではありません。
    お父上は、そんなことは分かっています。
    自分のことで苦しむより、恋をして明るい娘になってほしい...
    そう思っていますよ。

    元気をだして!
    早く、素敵な彼氏を見つけて、お父上に紹介しなさい!

    ユーザーID:3835361653

  • 私もありました

    20代半ばのとき当時交際しはじめた人になぜか気持ちがなくなったといわれ失恋。ほどなくして、ガンを患っていた母が再入院してそのまま死亡。ほんの1ヶ月ぐらいの短期間に失恋、身内の死を体験しました。妹には交際相手がいて葬儀のときは顔出してくれたのですが、私にはそんな支えもいない。自分だけが暗闇にひとり残された気持ちでした。
    半年ぐらいはそんな感じで、それから徐々に復帰し元気になりましたが、2,3年ぐらいは暗いトンネルを走り続けてる気持ちがどこかにありました。その後、素敵な恋愛経験があって失恋した彼は完全に吹っ切れました。新しい恋愛はとても楽しくて充実していましたが、これは事情があって別れる運命でした。
    その別れの前に会社の都合で同期女性のなかで一人だけ私だけが異動になってしまい、なぜ私だけが?と悲しみに暮れました。他の子達はそれなりに結婚したり、出産して、順調にいってるのに、と。(続きます)

    ユーザーID:9792247966

  • 続・私もありました

    一時期はなぜ私ばかり、と思ったのですが、今は不幸か幸せかと聞かれれば、幸せな人生を送っているほうだといえます。
    過去振り返って思うのですが、不幸のときは見えないだけで不幸だけではなかったのです。10年前一人で暗闇にいた時間に支えてくれた存在がありました。人ではないんですが、今でもそれが私の支えです。
    今もまだ独身なのでハッピーエンドじゃないのですが、今までの恋愛はみな必要な体験だった思います。人生うまくいってるときはあまり深く考えないけど、不幸になったりつまずいたときに「なぜ?どうして?」と思う。そのとき一生懸命考えたり悩んだりしたことに、意外とヒントがありします。だから不幸や不運はイヤですが、ぶつかったときに「何かこれは意味があるのでは?」「この経験は何を意味してるのかな?」と最近は、その出来事から一歩離れて考えられるようになりました。
    あなたも、時間が流れたときに今の体験の意味がわかる日が来ると思います。私がそうでしたから。
    明けない夜はない。そして夜の暗闇にも隠されている宝があると思います。

    ユーザーID:9792247966

  • 似た経験をしました。

    しかしトピ主さんとは少し違い父は原因不明の病気で、何処にも問い合わせても薬は無く、死を待つだけでした。(苦しまなく死にましたが)
    その上、仕事を辞め父の仕事(自営)を継ぐはめに…当時付き合ってた彼(結婚前提の付き合い)に、こっ酷く振られボロボロになりました。その結果うつ病になりました。
    こんな経験をしたからこそ今は辛い事も平気で乗り切れる様になりました。
    お父様が、ご健在なのですから幸せですよ。
    辛くても時間が乗り越えさせてくれます。

    ユーザーID:1861505185

  • 「あの時に負けなかったんだから」

    わたしもたった今ここさんと同じ境遇にいます。

    熟年さん、すばらしい引用をありがとうございます!

    終わりのないように見える闇に、
    出口を見つけたような気がしました。

    負けないで。
    無理無く頑張りましょう。

    ユーザーID:4466357384

  • 横ですが・・うるうるさん、オリンコさんへ

    私が書き込んだ言葉が、お役に立てて嬉しいです。
    私自身も、現在又悩みの最中なのですが、このミヤコ蝶々さんの言葉が支えてになっています。
    明るい明日を信じましょうね。

    ユーザーID:9850293392

レス求!トピ一覧