子供に豆乳

レス10
(トピ主2
お気に入り7

妊娠・出産・育児

coco

 もうすぐ二歳になる娘は三ヶ月前に断乳し、それから、ほとんど毎日豆乳を300mlほどあげています。
ちなみに牛乳と混ぜてます。アレルギーがあるわけでもありませんが、毎日食事よりも牛乳ばかり欲しがる
娘にあまり牛乳を沢山あげたくないのと、体に良さそうだし娘も嫌がらずに飲んでくれるのであげてます。
でも、本当に子供にいいのかわからなくて不安です。(ちなみにアメリカに住んでます。) 
知ってらしゃる方がいたら教えていただけないだしょうか?   

ユーザーID:9316068238

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数10

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 幼児、妊婦には控えた方が良いかも

     大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモン様物質の代表的なものです。
     妊婦、幼児が大量に摂取すると体内のホルモンバランスが崩れる恐れがあるとする研究者もおり、国によっては一日最大摂取量を定めて妊婦や幼児には守る様に奨励しているところもあります。
     マウスへの大量投与実験では生殖器の発達に影響が出るとの実験結果が得られています(ただしこれは体重比では人間ではとてもあり得ない量を投与した実験ですし、マウスと人間では代謝機能も違いますので、そのまま人間への反映はできませんが)。

     ちなみに一時、世間を騒がせた環境ホルモンはほぼすべて「人間に影響ない」との結果が出ていますが、イソフラボンなどの植物エストロゲンに関しては人体に影響を及ぼす可能性が高い物質が色々あります。

     しかし、健康にいいからと特定の食品を大量に摂取したりせず、いろいろな種類の食品をバランスよく摂取することを心がければ何の問題もありません。

    ユーザーID:6656789948

  • トピ主さん、ありがとう。興味深いです。

    このトピを立てて下さってありがとうございます。私も心配していました。
    私どももアメリカ在住です。うちの娘ももうすぐ2歳。牛乳大好きですが、便秘がひどく、牛乳も便秘になる要因の一つかもしれない、と思い、豆乳に切り替えました。(牛乳に含まれるタンパク質は便を硬くするそうです。)サイエンスさんのおっしゃるイソフラボンについてもネットで調べて知っていましたが、要するに、今現在、研究が進んでいない段階なのだな、と思います。とはいえ、心配なので、便秘の様子を見てまた牛乳に切り替えようかと思っていたところです。
    横にそれますが、娘には市販のカルシウムと食物繊維入りの豆乳を飲ませていますが、それが以外においしかったので、豆乳メーカーを購入し、わたしたち夫婦の飲む豆乳は自宅で作っています。甘味などは自分で混ぜなければいけませんが、なかなか良いですよ。大豆は牛乳よりも安いですし。

    ユーザーID:4686247135

  • ありがとうございます。

    さいえんすさん 丁寧なご説明ありがとうございました。 
    他の食品とバランスをとりながら、ですね。 安心しました。そういえば娘、枝豆も大好きでよくあげてます・・・
    同じ物ばかりしか食べよう(飲もう)としないこの時期、気をつけないといけませんね。ありがとうございました。

    ユーザーID:9316068238

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 子供用豆乳

    欧州在住です。
    我が家の息子も3歳になりますが、生まれてすぐにミルクアレルギーが判明したので、生後数日後から豆乳を飲み続けています。
    私もイソフラボンが心配だったので、当時の小児科医に尋ねたことがありましたが、赤ちゃん用の粉ミルクはそういったことを考えて成分が作られているので大丈夫、と言われました。
    1歳からは1〜3歳用の調乳済み豆乳を飲んでいます。

    トピ主さんの娘さんが飲んでいらっしゃるのは子供用でしょうか?
    もし普通のもので心配なら、幼児用の豆乳はいかがですか?
    もし幼児用を既に飲んでいらっしゃるのなら、幼児用はどうしても甘いので、食事に差し支えのない飲み方をすれば大丈夫なのでは?と思います。

    ただこの先、研究結果がどう変わるか分からないので、
    子供用の豆乳を飲ませる。
    飲む量によっては大豆製品、加工品を食事に入れない。
    遺伝子組み換えされていない豆乳を選ぶ。
    ことだけは気をつけています。

    ユーザーID:6876919271

  • 韓国では普通に与えてますが・・・

    韓国から拝見しております。

    幼児用の豆乳は、スーパーマーケットで普通に売られています。
    新生児から月齢別にあります。
    オーガニックものもありますし、種類も多いです。

    特に離乳食の時期には、牛乳よりも栄養バランスが良いので良く飲まれています。それで、問題が起こったという話も聞きません。

    うちの子も私が母乳があまり出ないこともあって、母乳+粉ミルク+豆乳で育っています。

    ユーザーID:4358104389

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • 妹が

    妹が赤ちゃんだったとき、母乳も粉ミルクも飲まなかったそうです。
    困った母が保健師さんに相談して唯一飲んでくれたのが豆乳だったとか。

    同じ親から生まれたのに、私は貧乳で妹はボインちゃんです。
    (胸以外の体型はほとんど同じです)
    さいえんすさんのレスに納得しました。

    ユーザーID:1052850602

  • 赤ちゃんは大人と違うから気をつけた方が

    ついこの前、米国で菜食主義の夫婦が豆乳とリンゴジュースのみで赤ちゃんを育てようとしたところ、2ヶ月もしないうちに赤ちゃんが栄養失調で亡くなってしまい、両親に幼児虐待の有罪判決が出たとの記事を見ました。菜食主義、乳児、豆乳で検索すると見つかります。

    豆乳は体によい、というイメージがあるので私も正直以外でしたが、豆乳が体に良いというのは体が成長した大人にのみ言えることであって、育ち盛りの赤ちゃんは何かが足りないということなのだと思います。人間は菜食動物ではないのだなと変に関心してしまいました。

    お子さんの食習慣が心配であるなら専門家と相談された方が良いと思います。

    ユーザーID:0852001628

  • 豆乳ベースのフォーミュラ

    私達家族はベジタリアンの為、先日2歳になった娘は母乳と豆乳ベースのフォーミュラで育ててきました。今は子供用豆乳を与えています。もちろん、小児科医には検診の都度、栄養が足りているかを何を与えていて、何が足りないかなど細心の注意を払って相談しています。今まで一度も身長体重が足りなかった事はありませんし、健康そのものです。

    牛乳を攻撃しているのではありませんが、アメリカの牛乳はMonsanto社のホルモンが必ず打たれた牛からのものです。(オーガニックは除いて)カナダ、ヨーロッパでは危険性を鑑みて禁止されているものが、こちらでは(私も在米です)野放しで、健康への害ということなら却って怖いと思います。利益第一主義で消費者の安全は二の次といったところでしょうか。

    ただ、イソフラボンを男性に与えすぎるのは良くないですね。トピ主さんが気になさるようでしたら、オーガニックの牛乳と豆乳とを半々にお嬢さんにお与えになられたらいかがですか?

    人間は動物性の食物無しで生きていけます。アトランタの菜食主義の夫婦の話をよく読めば、彼らは親としてのバランスが取れていなかっただけの事です。

    ユーザーID:3195092831

  • ありがとうございました

     みなさん、ありがとうございます。いろいろ参考になります。豆乳といってもいろいろ含まれてますからね、遺伝子組み換えとかも聞いたことあるだけで内容を詳しくしらなかたので心配でした。研究中っていうのがすごく心配で・・・・ よくありますよね、後で実はあまりよくないとか。皆さんに返事をいただいてあげすぎないようにバランスを取って考えながらあげればいいのかなっと、前のように不安な気持ちはなくなりました。子供用の豆乳探してみます。 ぽこさん、私の母も豆乳手作りでした安心だしおいしいですよね。
    ぶろっこまんさん、私はオーガニックの牛乳、豆乳あげてますが何がいいのかいまいち分かってませんでした。でもホルモン剤とかをあげていない牛からのミルクなんですね、安心しました。どうもありがとうございます。ホルモン剤とかもすごく心配で牛乳あまりあげたくなかったんです。 

    ユーザーID:9316068238

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 気にしないこと

     最大の安全策は気にしないこと。そして、特定のものを食べず、産地や製法などは可能な限り多様にすることです。
     「健康にいいから」と特定のものばかりを食べるのが一番いけません。もし、それに何か問題があった時にどうしますか?
     最大の安全策はリスクの分散です。ゼロ・リスクはありえないのですから。「有を証明できても、無は証明できない」が大原則です。完全に安全なものは存在しません。
     今、食べている野菜や肉などは、誰かが安全だと完全に調べたわけではありません。単に「長年、食べてきたから大丈夫だろう」というだけです。その意味では遺伝子組み替え作物の方が、動物投与実験など法的に厳密な安全性検査が求められているので、むしろ安全だとも言えるのです。
     有機野菜に関しては、農薬を使わないことで、化学合成して作るのと同様の農薬物質を逆に野菜が自ら生成して病害虫からの攻撃を防いでいることが分かってきています。化学農薬は法的に機能性、噴霧後の消失期間などが定められ、水洗いでまず人間に影響がなくなりますが、野菜自身が内部で作る物質は勿論、除去不能ですから、そのまま摂取するしかありません。

    ユーザーID:8266258989

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧