メニエル病があと一歩治りきりません

レス9
(トピ主2
お気に入り5

心や体の悩み

メニ友

39歳子供なし主婦です。
実家との確執、パート転職、春の花粉アレルギーで
心身共過労気味だったけど、パートもそこそこ楽しく思っていた
矢先に、メニエル病になりました。
今はその上、夫と義母の病気が見つかり心配事が増加

10年以上前大発作に見舞われて以来の+α級大発作でした。

約半年経ち通院してますが治りきりません。
大発作時、めまいと片耳だけ”耳鳴り””耳塞ぎ感””難聴”
だったのが、この頃、難聴もめまいもないですが
時々自覚する程度の軽さで耳鳴りと耳塞ぎ感が両耳にでます。

今、パートを探して就職しても一週間は勤められるけど3ヶ月で倒れる
と、医師に言われ、家にいます。
大きい原因は実家との確執だから
安定剤が一番手放せないかなぁとも言われました。

前回の発作の時には見切り発車的に仕事(正社員だった)を再開し
7年以上安定剤をキッチリ飲みました。
その後も調子が悪くなりそうな時飲んでしのぎました。
見切り発車がいけなかったのかなぁ。

似た経験のある方一旦完治まで待ちましたか?
あと一歩治らない期間はどの位ありましたか。

ユーザーID:1934831859

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数9

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 処方薬はどちらですか?

    わたしの夫もメニエルですが、今年の春に再発し、医院を変えて受診したところ、はじめて処方されたイソバイドという水薬が劇的に効きました。

    60年代からあるお薬で、「今までの医者でなぜこれが処方されなかったのか?」と、夫はこれまでの医院・医者に呆れつつ、イソバイドを「神の水」と呼んでありがたがっています。

    もし、すでに処方されていて効かないということでしたらごめんなさい。こういう例もあるということで。

    http://www.bl.mmtr.or.jp/~shinjou/mema4.htm

    ユーザーID:4937151108

  • イソバイド飲んでいます

    今回の発作の時から処方されました。

    毎食後飲んでいるのですが…(>_<)
    劇的という効き方ではなく
    程度は違えど4ヶ月くらい
    毎日必ずめまいがありました。。

    なかなか、今回のメニエルは手ごわい奴なので
    お医者さんと一緒に困ってるところです。

    ユーザーID:1934831859

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 参考にならないかもしれませんが...

    私は薬を一切飲みませんでした。(やめたのではなく、最初から飲みませんでした)「倒れても、辛くても、死にゃせん」と開き直ったのです(笑)。酷いときには一週間に数回、8〜10時間の酷い目眩と嘔吐がありました。でも、病院に行って薬(イソバイド、他)が処方されたとき、その薬のボトルと錠剤を眺めながら、これは一時的な症状を抑えるもので、改善、完治させるのには不必要だ...。なぜか、そう思ったのです。

    発作が起きる心配し、パニック症候群にまでなる方も多いと聞きます。難聴への不安もあるでしょう。でも医者がどう言おうと、体は上手くできているもの。全部吐き出したら、勝手に整ってくる場合も多々あります。

    私は、自分でメニエルを意識しないことにしました。運動、仕事、旅行、夜更かし、なんでもしたいようにしたのです。

    完治しないといわれている病気で完治した人の例は世界中でいくつもあります。

    <私の場合>1〜2年目:以上長時間の激しい目眩と嘔吐→3年目:長時間の楽な目眩とたまの嘔吐→4年目:たまに軽い目眩。たまに強烈な目眩が1時間程 ...今、もう何年も目眩はありません。

    こんな人(私)もいます。

    ユーザーID:0671818066

  • 外来は何科にかかられていますか?

    イソバイド、すでに服用されていたのですね。

    現在、病院でどういった科にかかられているか存じ上げませんが、頭痛外来などで検査されてみるのもひとつの方法につながるかもしれません。いかがでしょう?

    ユーザーID:4937151108

  • メニエール闘病史(その1)

    メニ友さん、はじめまして

    私も長年、メニエール病を患っていました
    思えば学生最後の年に発病して留年しかけたり、社会人になっても度々発作が起きて仕事に支障をきたしたり、と散々でした

    学生時代は東京住まいだったので都内の有名大学病院に通院し、郷里に帰ってからは地元の大学病院やめまい治療に当たっている開業医さん、沢山の方に診て頂きました
    本や文献も手に入る範囲は調べ、勿論薬も試しました。イソバイドやセルシン、アデホスにステロイド、頓服としてトラベルミン。民間療法では漢方薬、そして万病に効くという水にまで

    最終的に私は手術をすることで、「めまい発作」と「難聴の進行」を食い止めることが出来、薬も辞められました
    ただし手術も万能ではありません。実は、術後1年経過の時点で再発してしまったのです
    その時も完治したから大丈夫だと、仕事で無茶をしたからだと思います。手術の効果を実感していたので、迷うことなく再手術をうけました

    ユーザーID:3084010428

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • メニエール闘病史(その2)

    それから10年経った今、聴力低下のまま・耳の閉塞感・耳鳴りの症状は続いていますが、恙なく日々を過ごしてます

    自分の経験から、再発率も高いメニエール病の完治は難しいと思います。大学病院の医師の方とも同様の意見でした

    3年ほど前、仕事でパンク寸前になった時にメニエールの予兆がありました
    人によっては鬱病や胃潰瘍、そういう形ででるストレスが、自分にはメニエールとして顕れるのだとその時判りました

    症状が軽い段階で対処することが肝心です。ストレスを溜めず、十分な睡眠をとり健康的な毎日を送る必要があります
    自分は好奇心が強い人間なので、この病によってやりたいことに制限があるのは辛いですが、自分の身体からのSOSだと受け止めて、病のエキスパートになるべく頑張ってます

    そうそう、気になる治療法があります。メニエール病の原因はヘルペスウイルスだとする説です。
    http://www.bekkoame.ne.jp/~ms-7/index.html
    この治療法に反論されているY先生に、2度とも執刀して頂いたのですが、治療中に帯状疱疹になったので可能性は捨てきれないと思います

    ユーザーID:3084010428

  • 開き直りは怖いです。

    一度目の時は、薬はしっかり飲みましたが
    開き直りさんみたいに、すっかりさっぱり開き直って生活してました。

    そこで今回の発作で全く立てないどころか
    頭も持ち上げられない日が1週間以上続き
    その間、目を開いても閉じても自分がどこを向いているのかわからない
    ほどのめまいと嘔吐で、薬や食事を飲み込むのもうまくできないような
    状態だったので、もう開き直りは怖いかなぁという感じです。

    かかっている病院は”めまいといえばまず脳神経外科”
    というとこなので脳神経外科にかかりましたが異常なく
    今は耳鼻咽喉科でみてもらっています。

    ユーザーID:1934831859

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 私の場合、専門外来で確定診断を受けています。

    大変ですね。よく分かります。私は今60歳、男性。メニエル歴20年です。回転性でなく、浮揚感のあるめまいで左耳の耳鳴りは治りません。最初の発作では、左耳の閉塞感、耳鳴り、吐き気、首の凝りなどがありました。

    ドラスティックに効いたのは、『グリセロール』の点滴でした。イソバイトと同じく水分を取るクスリで、300ccを入れると、翌朝には耳の閉塞感が取れて、頭がすっきりした覚えがあります。『グリセロール』は検査薬なので、耳鼻科ならば持っています。私は、めまいが得意な大学病院の専門外来にかかっていました。今は、年に2回ぐらいめまいがあるので、開業医でイソバイトを2週間服用すると、症状は収まります。悪くはなっていません。疲れが大敵ですので、疲労は避けられるのが賢明です。ナポレオンがこの病気だったそうです。

    ユーザーID:2480526766

  • 再び投稿します

    メニエルで脳神経内科、外科にかかること、あるいは、その診療科に回されることは、まずありません。キチンとした病院ならば、不思議な気がします。この病気は、まず、かかり初めに適切な治療をしないと症状が重くなると言われています。

    大学病院、国立病院などでも、耳鼻咽喉科によっては、めまいは得意でない病院があります。よく調べてかかられるといいのではないでしょうか。一度、専門医とご相談されて、『グリセロール』を試してみられたらいいと思います。高張液ですので、針が痛くて腕がしびれるようになりますが、吐き気が頭や耳の閉塞感には、効くのではないかと思われます。症状の程度によって違いますので正確には言えませんが、ともかく命に別状のある病ではないので、深刻に考えないでください。原因が分からないのは、この病気で亡くなる方がいないのもひとつ、と聴きました。

    ユーザーID:2480526766

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧