子供の性格は何が影響しているの?

レス39
(トピ主0
お気に入り25

妊娠・出産・育児

チョコ

1歳半の子供がいます。

たまに同じぐらいの月齢の子供同士を遊ばせると、性格の違いに驚かされます。
一年半しか生きていない(日本語表現が変ですね)のに、ここまで違うのは何故だろうと。

欲しいものがあると相手を引っかいてでも取り上げる子、泣きながら力ずくで奪う子、取られてもすぐに別の物に興味を移す子・・・

子供の性格って、何で差が出るんでしょうか。
うちの子供は泣きながら力ずくで奪う子です。
そういえば、先日は珍しく泣かなかったのですが、奇声を発して奪ってました・・・

ユーザーID:7501477846

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数39

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 思うに

    遺伝子じゃないでしょうか。

    ユーザーID:7937546301

  • 我が子たちはといえば

    子どもが二人いますが、だいぶ性格が違います。上の息子は奪い取っていましたが、下の娘は上手にトラブル解決しています。自分は今これを使っているからと別のものをお友達に提示して乗り切っています。但し兄に対しては泣いて喚いてをやっています。

    育て方は息子の方が手をかけていたし、丁寧に接していましたよ。生まれもった性質の違いが大きいと思います。大抵、子どもは、どちからの親か祖父母の子ども時代に似ているものです。

    また環境要因もあるでしょうね。娘は兄と毎日接することで、優しさと厳しさ、知恵を幼いうちから学んだ上でお友達と接しますが、息子は試行錯誤でいきなりお友達なので。

    ユーザーID:5062889035

  • 育児本によると

    性格は、遺伝5割、環境3割、育て方1割(1割余りますね?)だって。

    親の育て方の影響が1割、というのがなかなか興味深いですね。

    ユーザーID:1949869600

  • 遺伝子?

    同じように育てても、兄弟の性格全然違いますもの。
    8割遺伝子の組合せ、2割育て方ってところかしら?

    ユーザーID:9810963837

  • 性格も遺伝子で決まります

    肉体的素質が遺伝子で決定され、訓練によって伸びるように
    性格も大まかな部分は遺伝子で決定されていて、細かな部分が
    環境で左右されます。


    日本では学校教育の影響か「環境説」がまかり通ることが多いですが
    実際には遺伝子で性格の大半が決定します。

    子供は親に似ます。
    肉体的にも性格的にも。

    ユーザーID:3174073321

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • 遺伝子もだけど、環境とか友達とかきょうだいとか・・・

    3人子供がいますが、同じ親、同じ環境で同じように育てたつもりだけど、3人3様です。

    一番上は落ち着きがなくて単純だけど、素直で優しい子。
    真ん中は慎重で真面目だけどマイペースで結果を気にしない子。
    末っ子はとにかく明るくてお茶目だけど、ちょっと自己中。

    それがまた学校やスポ少に入ったりして変わりましたし、環境やそのときの立場で全然違う面を出してきました。

    慎重な子が大胆になることもあるし、活発な子がおとなしい子になることもあります。
    赤ちゃんのときの性格がそのままってことはあまりないような。もちろん根幹は同じですけど・・・

    親の性格よりも、対処の仕方の方が性格には影響しやすいかなと思います。
    おなじ遺伝子を持っているはずのきょうだいでも全然違うのですから、個性なんでしょうね。

    ユーザーID:7290922324

  • 養育者の性格

    一番身近にいる養育者の性格が一番、子の性格形成に影響しているかなあと思ってます。支配的な親を持つ子は服従的になり、また親と同じような支配的な面をあわせ持つ、とか。この例で行くと「支配的」という要素が遺伝子や血ではなく環境によって受け継がれていくので文化的遺伝といってもいいかもしれません。生まれつき(遺伝子説)という考え方もありますが、実感がともなわないのであまり信じてませんね。いくらかはあるんでしょうけど。

    ユーザーID:8749398195

  • すべては遺伝子

    二卵性の双子を育てています。
    2人とも全く性格が違います。
    胎教や育て方や環境なんて全く関係ないと思えます。

    ユーザーID:8665848748

  • 遺伝

    私:顔は母似、性格は父似。
    妹:顔は父似、性格は母似。

    父が子育てに積極的に関わることが少なかったので、後天的に得た価値観やものの考え方については母の影響を大きく受けていますが、先天的な性格というか、性質(他人の言うことが気にならない、他人のことを気にかけない(気配りも苦手)、マイペース、等々…)は、父そっくりです。

    母はよく父のことを「ほんっとに、あそこまでマイペースに行動できるなんて、何考えてるのかわからない!」と言いますが、私が父と同じようなことをしているのを見ると「何となく理解できる…」のだそうです。
    いわく、「あなたには、半分は私の血が混じってるからかしらねぇ〜。」

    妹は、小さい頃から誰に教わるともなく、周囲に気配りのできる子です。私は教わったって、ちっともできないのに。

    遺伝ってすごいな。

    ユーザーID:7405861296

  • 遺伝の影響が大きいのでしょうが

    お腹にいる時の環境も、非常に大きな影響を与えます。私の弟が出来た頃は、すさまじい夫婦ケンカの毎日でした。毎日、何の理由も無く(子供の頭にはナゾ)、突然モノが飛び壊れる、ぶつ、投げ飛ばす、ちゃぶ台などひっくり返すの内戦状態が始まりました。で、生まれてきた弟は、親戚が「あんな子でも、親はかわいいと思うのかね?」という程不細工な子でした。赤ちゃんという感じはなく、「不機嫌なクソじじい」という表現がピッタリのチビでした。まったく笑わないし。「変なのが現われたな・・・。」というのが正直な印象で、ちっともかわいく思えませんでした。大きくなっても、「起きたら大変」という問題児で、いつまでもしつこく泣いて自己主張します。身近で見ていて、本当に胎教は大事だなと感じています。

    ユーザーID:5543872897

  • 私もずっと疑問に思っていました

    家の前に公園があり、子供たちが遊ぶ様子がよく見え、時々トピ主さんの疑問と同様のことを考えていました。

    こんなに小さいのに、こんなに性格の差があるんだ?!
    出来れば、この差がオトナになる時までにどう変化するのか(キツイ子はキツイオトナになるのか?何でも譲る子は遠慮がちなオトナになるのか?等々)追跡調査したい!とまで思いました。

    実際に、トピ主さんの疑問への答えですが、以前テレビでやっていた話では、皆さんが言っているように「遺伝子」のようです。
    アメリカで、施設から別々の家庭に引き取られた一卵性双生児のその後を、ある研究者が追跡調査をした結果、全く違う家庭環境でありながら、2人は非常に似た性格・生活態度・学力だったそうです。

    とはいえ、私も子供を持ってみて(今1歳です)、実際にはどちらに「似る」んだろう・・・と、新たな疑問が湧いています。
    私は非常にお喋りですが、夫は非常に無口・・・。この場合、どちらの遺伝子が色濃く反映されるのでしょう。

    ユーザーID:9522499275

  • 遺伝じゃないでしょうか

    子供がいないので、自分の幼少期を振り返って考えてみると、やはり遺伝的要素が強いと思います。
    私と兄、顔はソックリでしたけれど、物心がつく前からまったく性格が違います。
    父・母・兄、全員社交的な性格ですけれど、私だけがあり得ないほど人見知りで、よその人が苦手でしょうがありませんでした。
    でも父母の育て方からしても、そんな性格になる環境的要因が見当たらないのですよね。
    犬や猫の子供を見ていても、生まれてすぐに性格の違いが出てきます。
    やっぱり、遺伝的なものでしょう。
    大人になるまでには、環境的要因に左右されていくと思いますけど。

    ユーザーID:0580663873

  • ズバリ生まれつきでしょう!

    二児の母です。
    複数の子どもがいるので自信を持って言えますが、生まれつきの要素が大きいです。
    ついでに、性格だけではありません。
    体質・体格・運動神経・知能なども、生まれつきによるものが大きいでしょう。

    だからといって、育て方が大事じゃないとは思いません。
    でも、大抵の親が一生懸命子育てしてるんですよね。
    ○○ちゃんは育て方がなってない、みたいに言う人がいますが、「生まれつきでしょ」って心の中で思ってます。

    あなたの育て方のせい、なんて言われたら嫌でしょう?
    この子の性格は生まれつきだと思って、自分のお子さんにあった育て方を模索したほうがよいと思いますよ。

    子育ては大変ですが、がんばりましょうね。

    ユーザーID:0925762615

  • ヨコですが

    胎教は大事さんの意見に納得です。
    うちは妊娠中にかなり私が不安定になってしまって産まれた子は、容姿は
    普通ですが愚図るのが酷く、ほとんど笑わないし赤ちゃんらしくないのです。
    0歳の頃から不機嫌そうにむすっとしていました。

    確か親は昔からあんたは手がかからなくて生活のリズムも時計のように正確
    で大人しい子と聞いていたし、夫の親も夫のことをよく笑ってあまり泣かず
    手がかかった記憶が無い子というのです。
    双方の親はこんなに手のかかる子だったら大変ねと預かるのも拒否です。
    わたしのイライラが全て悪かったのかな。

    ユーザーID:9598245551

  • 本人の感受性次第ではないかと思います。

     遺伝子というレスが多いのに驚きます。たしかに遺伝子の影響は大きいとは思います。でもそれではしつけや教育はほとんど意味をなさないのでしょうか?
     私はたとえ子供でも人それぞれだと思います。私は今の自分の性格は大学時代の体育会にいたときの先生の影響が大きいと思っていますし、娘はどうも今のところ好きな漫画の影響が出ています。息子はまだ幼いのでかなり私の考え方と似ています。もちろん遺伝子による生まれつきの性格は大きいとは思います。でもその後親、友達、先生、あるいは憧れの芸能人やスポーツ選手、本で読んだ偉人など何が性格に影響するかはそれぞれだと思います。
     みなさんも人生で自分に最も影響を与えた人や出来事はそれぞれでしょう。本人の感受性次第だと思います。
     チョコさんも親として子供に根気よくよき手本を示してあげてください。

    ユーザーID:1920969577

  • う〜ん

    うちの三歳の息子はとても愛敬があり、生まれてからほとんど人見知りをせず、物怖じしないさっぱりした性格です。両親どちらにもまったく似てないのですよね・・・。遺伝って関係あるのかなと思ってしまいます。生まれてからずっと大家族の中でにぎやかに育っているので、その影響が何より大きいのではと思っています。

    ユーザーID:4809521861

  • 遺伝子、親との相性、そして運命

    娘を育てていて、とにかくタイトル3つには勝てない、と思いました。
    個人的には、遺伝子が一番大きいと思いますが、その配分が決まるのは運命でしょうか。
    そして、親との相性によって、性格的な表現方法、多少は違うのかも、と思いました。

    蛇足ですが、隔世遺伝は侮れません。
    娘の性格、大っ嫌いなところ、実は別れた亭主方から100%だとずっと思い込んでいました。
    が、実家の父が脳梗塞で倒れ、すっかり赤ちゃん返りした様子を見て、
    『ゲゲッ、娘と似ている!!』
    ・・・いえ、逆なのですが、本当にそう思いました。

    ああ、同族嫌悪だったんだな〜、でも遺伝子の出所は私かぁ、とため息が出ました。
    もう、娘の悪口は言えません・・・。

    ユーザーID:0401145006

  • 遺伝子

    某テレビ番組で紹介されていたんですが
    アメリカで一卵性双生児の孤児数十組を、まったく異なる環境で育ててみたそうです。
    ですが、そのほとんどが容姿はもちろん性格もそっくり、好きな食べ物や好きな場所も同じだったそうです。
    この実験は「環境が性格に影響する」と言うことを実証するためのものだったのですが
    その結果は、その正反対の結果が出て、実験者は大変驚いたそうです。

    ユーザーID:3104182660

  • 以前、読んだ情報では…、

    父親・母親・社会・本人がそれぞれ4分の1ずつということでした。

    3人子供がいますが、本当にそれぞれです。新生児の頃から、全く3人3様でした。親でもどうしようもないこともあるんだな、と感じる部分はありますね。

    ユーザーID:2499293932

  • 環境・遺伝??

    こんにちは、
    環境も重要、しつけも重要と思います。

    が。
    自分に似てない!と思われる方も多いですが
    ”自分が赤ちゃんのころ”に似てる場合もあります
    私は、健診などでお話しすることが多いのですが
    ”自分の両親、あるいは夫の両親に聞いてみたら?”というと
    次の機会のときに苦笑いされる方多数ですよ・・・

    ユーザーID:7005337998

  • 食べ物と親の接し方

    持って生まれた性質が大きいのでしょうが、
    それ以外だと「食べ物」と「親の接し方」だと思います。

    食べ物ってかなり精神に影響を及ぼしますし、
    親がイライラしてると赤ちゃんにも伝わりますよね。

    ユーザーID:7085387522

  • ひまままさんの話にあったような一卵性双生児でも

    >アメリカで、施設から別々の家庭に引き取られた一卵性双生児のその後を、ある研究者が追跡調査をした結果、全く違う家庭環境でありながら、2人は非常に似た性格・生活態度・学力だったそうです。

    一卵性双生児は遺伝子が同じだから同じ性格になるというのは良く分かります。遺伝子説が正しいのだと思います。

    けれど、この調査は全く違う家庭環境で育てられた一卵性双生児の話です。
    そういう場合は、自分と同じ要素を持つ相手が家族内にいないので、本来の遺伝子の働きが素で出るということで、似通った性格になるということらしいです。
    ですが、双子、きょうだいはほとんどの場合、同じ環境で育ちます。そうすると、一卵性双生児でも性格や生活態度、学力に違いが出るという調査もあります。
    人間は複数いれば、相手に対する競争心や依存、批判など複雑な感情が生まれますから、そうすると微妙に受動か能動か、積極か消極かに寄るそうですよ。
    つまり遺伝子以外に環境や状況や与えられた役割が原因で、性格や考え方は変わっていくのです。

    遺伝子もそうですが、それ以外も性格形成には大きく関わっているのだと思います。

    ユーザーID:3439207000

  • 基本は

    遺伝子だと思います。
    59さんと同じく二卵性双子を育てています。
    育児環境は98%位同じと思いますので、二人の違いは遺伝子レベルの違いだと理解しています。
    しつけで左右される部分についてはほぼ同じ・・・ような?気がします。
    遺伝子、恐るべし・・・。

    ユーザーID:9245773808

  • 分からない人には分からない話だけど

    基本的にはその子の魂そのものですね。
    生まれもった性質ってどこから来ると思います?
    その魂の気質なんです。

    感情や性格は遺伝子で決まると世間ではいわれますが、
    元々そういう気質の魂が、その気質に合った遺伝子の体に
    降りて生まれてくるだけです。
    偶然はありません。

    もちろんこれからの人生の環境によって、
    人格形成は良いほうにも悪いほうにも左右されていきます。

    ユーザーID:4728150360

  • 遺伝子ですか

    人の性格の殆どが遺伝子により形成されるのならのなら、生まれ持った性質は成長や教育により変化することは殆ど期待できないって事になりますよね。
    私はもっと環境とか育て方が影響するものだと思ってました。これらは全く関係ないと思っている方も多いんですね。
    なんだか後ろ向きな気分になる現実ですね。
    人の性質を再教育するというのはやはり絵に描いた餅なのでしょうか。

    ユーザーID:3268748335

  • 子は親の分身

    3歳(男)と1歳(女)の子供を持つ父親です。
    他の方のレスを拝見するとみなさん遺伝子の影響が大きいと考えておられる方が多いと思います。
    私も基本的には同じですが、
    もっとわかり易く「子は親の鏡」ではないですが「子供は親そのものの
    分身」だと思ってます。うちの実体験をいくつか(少し親バカはいっているかもしれませんが)。

    3歳の長男ですが、地図をながめるのが好きです。広告チラシの案内図、日本地図、市の道路地図
    等々地図といえば見つけてきて、飽きずもせず楽しそうに眺めています。
    うちの奥さんは「教えてないのになぜ?」と不思議がっています。
    実は私は「地図オタク」。あまり自慢できる趣味でもないので家族に話たこともありませんし、
    家にもその趣味のものはおいていません。それでも何も教えていない3歳の子が地図をむさぼる
    ように見ているのは、遺伝以外に考えれられません。それ以外にも、異常に几帳面なところ
    (玄関の靴をかならず並べる等々)私の性格にそっくり。くどいようですがなにも教えていません。
    子は親の分身、自分のその当時を写し出す鏡であると確信しています。

    ユーザーID:5574813233

  • 生まれつきに一票

    私もかねがね、そう思っておりました。別のトピで「酷い事をいう少女とそれを止めない父親。だけど弟だけは止めてくれた」というのがあり、確信しました。
    同じ親に育てられても、年下でも持って生まれたもので「いけないこと」を判別できるんだな・・って。
    どちらかというと性格というより性質?かなという気もします。同じ出来事を「面白い」と感じる人と「困った」と感じる人、同じ物を「美味しい」or「美味しくない」・・・
    でも「環境と育て方」が全く影響しないかというと、それはありえないとも思います。別トピのあの少女が、これから優しい心の持ち主に変わってくれるといいけど・・

    横ですが・・
    「胎教は大事」さんの「不機嫌なクソじじい」に失礼ながら大爆笑してしまいました。

    ユーザーID:1149854572

  • 生まれつきかな・・・

    二人の女の子を育てていますが、これがもう全く違います。
    私は同性二人と言うことで、何でも平等に心がけているのです。
    確かに、長女の時は多少神経質になったキライはありますが。
    だから、もう持って生まれた物。
    多少の育った環境はあれど、基本的な部分はDNAだか生まれつきだと考えます。

    長女は自由奔放、勉強はキライ、マイペースでアクシデントがあっても平気なタイプ。スポーツ大好き。
    次女は決まり事を守り、特に目上にはがっちり従い、勉強大好きタイプ。
    その代わり、トラブルやアクシデントに弱く、運動神経も?。

    どうやってそう育て分けられるでしょうか。
    親の私が聞きたいくらいです。
    育った環境は同じのはず。多少私が二人に言い方を替えて接していたとしても、
    こんなに性格が違う様になるとは考えられません。

    ユーザーID:8664168378

  • 遺伝子でしょう

    やはり遺伝子が一番大きいと思います。

    我が子の幼稚園の同じクラスの子に、一卵性双生児の兄弟がいますが、そのお母さんに聞くと、二人とも性格が違うそうです。
    一人は社交的、一人は内気。
    5つ子ちゃんでも5人それぞれの性格があるように、やはり生まれ持ったものが大きいと思います。

    その双子ちゃんのお母さんに、まさしく同じ環境で同じように育てているのに、性格が違うと聞いたときはホッとしました。
    育て方だけではどうにもならないこともあるのだと。

    ユーザーID:2780764884

  • 遺伝かな?

    私自身は、母に性格がそっくりです。長子だからかもしれませんが、母も同じように思っているようです。
    私には娘と息子ひとりずつがいますが、娘は母性本能に溢れるタイプ、小さい子から好かれて、お世話が大好き、気のきく子。私の身内にはいないタイプですが、考えてみれば主人の母にそっくりです。息子は恥ずかしがりで小心者、私の身内に多いタイプです。

    親に似ていなくても、親族の誰かにすごく似てる、ってこともありますね。

    ユーザーID:0842934289

  • ありり?

    性格→遺伝によるところが大きい→生まれた後ではどうにもできない、躾け・教育は意味ナシという結論になるんでしょうか?

    私は、
    性格→遺伝によるところが大きい→その子の性質にあった躾け・教育をしなくてはいけないだと思ったのですが?違うかなあ。

    その子の性質を見極めて、きちんとそれに見合う躾けをしなくてはいけないのだから、親の役割はやはり大事ですよね。

    でも、何となく、性格って兄弟姉妹の位置関係の影響も強い気がしているんです。なんか、うちの子、下(8ヶ月)が上より愛想がいいんですよね、明らかに・・。対人関係を結ぶのが上手なのかなあ。

    ユーザーID:1949869600

  • 育て方の問題とはまた別

    生まれつき持っているものが大きいからこそ、個性を伸ばしてやりたいと考えてます。
    私はいい意味でも悪い意味でも「育て方のせい」とは思わないようにしてます。

    我が子に「頑張ればできるよ」って言ったって、誰もが金メダリストになれるわけじゃないんです。
    やはり生まれ持った素質って大きいと思うのです。
    その個性を伸ばしくれたのは親である、ともいえないことはないですが。

    「生まれつき」と思うことによって、子どもの個性を理解し認めて受け容れてあげる、個性を伸ばしていくことを考えられると思います。
    「あなたが成功したのは私のおかげ」と親が思っていたら、私だったらちょっと残念に思います。
    私は心から「あなたが頑張ったから今があるんだよね」と言ってあげたいのですが。

    育て方や環境によっては、萎縮したりトラウマになって心を病んだりわがままになったりする場合もあるでしょう。
    ですが、それだけで性格は決まらないはず。
    ほぼ同じように育てた場合でも違いが出るのは、「生まれつき」のせいでしょう、ということで、しつけの問題はまた別の次元のことだと思います。

    ユーザーID:0925762615

  • 血は争えない

    ひまままさんやまっちゃんさんの一卵性双生児お話、私も以前テレビで見ましたが、凄く興味深い内容で引き込まれました。
    顔かたちや能力、体質と違って、性格は環境によるものと思ってましたが、ヒトゲノムが解明されるにしたがって、性格も遺伝子によって決定されてることがわかっているそうです。
    同じような劣悪の環境で育っても、問題なく成長する人もいれば、道をはずしてしまう人も出てくるのは、やはりもって生まれた素質が影響しているのでしょう。
    親に虐待されて育った人間は、自分自身も子を虐待しやすいというのは、まさに遺伝の影響が大きいのでしょう。
    遺伝子を元とし、環境によってその人の行動のスイっチのオン、オフが決まると聞きました。
    犯罪者に多い反社会的で攻撃的な遺伝子というのも存在するそうで、そういった人に間違った行動のスイッチが入らないように、しっかりとした躾や環境はやはり大切だと思います。

    ユーザーID:7775520953

  • 遺伝子と環境

    本能や感情をつかさどるのは脳です。

    遺伝子の違いによって脳の働きやホルモンの分泌量に
    微妙な違いが生じ、それが人それぞれの性格を
    形成しているのだと思います。

    けれど、本能や感情をコントロールするのも脳です。
    人は学習によって、感情を制御する術を身につけていきます。

    小さな子どもは、感情をコントロールする脳が未発達の状態です。
    いろいろな経験を重ねると共に、脳も発達していきます。

    発達に悪影響を与えるほどの障害を経験すると、
    成人しても感情をうまくコントロールすることができません。

    遺伝子は性格を決める重要な要因ですが、
    環境やしつけも非常に大切な要因であると思います。

    ユーザーID:3374558009

  • うちの1歳9ヶ月の娘ですが

    顔は父親である私にそっくり。生まれた瞬間から看護師さんが、「あ〜らメガネかけたらパパそっくり」ですと。しかし、性格はあきらかにヨメ似です。予断ですが、ウチのコはよく目を開いたまんま寝ています。そして、ヨメもよく開いて寝てるし、ヨメのお母さんも爺さんもよく開いたまま寝ているそうで、親子4代に渡ってしょーもないところが遺伝しているし、しかも全員AB型!(私はA型)血液型信仰はまったくないのですが、ヨメの二重人格的な性格が娘にも伺えることとか考えると、性格形成にはけっこうな部分が遺伝とかあるのかな?なんて思ってしまいます。私としては、環境が重要であって欲しいのですが‥。

    ユーザーID:9164889064

  • やっぱり遺伝子かな。

    2回目です…一卵性双生児を妊娠中なのでとても興味深く読んでいます。
    私自身も子供を持つまでは人の性格の大半は環境に拠るのではないかと思っていました。
    でも、子供を産み育てた事と、ある体験が理由で遺伝子の影響は大きいと実感しました。

    そのある体験ですが、我が家は両親の離婚の為、私2才、弟0才児の頃から、一度も会っていませんでした。
    弟はパスポート取得の為戸籍を取って初めて自分の素性を知り、
    25年振りに会ったのですが、育った環境は全く違うのに、趣味や性格、しぐさがそっくりだったのです。
    一番好きなクラシック曲とその曲の一番お気に入りの演奏指揮者までぴったり一致しました。
    理屈ではなく、「血って凄い!!」と思いました。

    あと、Olivierさんのお話、うんうんと頷いてしまいました。
    私の2才の長女は、以前介護していた亡き祖母が赤ちゃん返りした時と、しぐさや雰囲気行動までそっくりです!
    あまりに似ているので、皆から冗談で「ひいばあちゃんの生まれ変わりかも」と言われます。
    もちろん、誰もがこの世でただ1人の貴重な命ですけど。
    隔世遺伝、確かに侮れません。

    ユーザーID:2316730651

  • 遺伝&環境ですね。

    遺伝と環境だと思いますよ。

    全て遺伝と言っている人もいますけど、それは絶対に違うと思います。
    実際に親が色んな意味で問題だらけの友人がいますけど、
    本人は至って真面目で、一本気な人間です。
    あとは、養子でもらわれて血が繋がっていない友人も、どちらかと言えば養父、養母に性格が似てるし・・・
    だから、遺伝子だけとは思いません。

    環境は凄く大事だと思いますよ。
    教育、親、周りの人たち等々、いろんな要素がありますけど、
    プラス要素が多ければプラスの方向に進む可能性が大きいですし(絶対ではない)、
    マイナス要素が多ければマイナスの方向に進む可能性が大きいですし(これも、確実ではないです)。
    でも、環境が全てでもないですね。
    ニューヨークのスラム街で育った子供が皆、危ない世界に入るかと言ったら、そうでもないですし。
    だからと言って、小学校から大学まで高学歴の人間が素晴らしい人間になるかと言えば、
    そうでもないですし。

    やっぱり遺伝と環境が上手く組み合わさってこそ、性格が形成されるんだと思いますよ〜。

    ユーザーID:4319954824

  • ほ-さま

    生まれ持った性質を変化させることができない、とお嘆きのようですが、赤ちゃんには、無限の可能性があることも確かではないでしょうか?
    性質ひとつ、見方によって長所となり、また短所ともなるものです。
    親のまっすぐな愛情によって、その子の、この上ない魅力ともなっていくのではないでしょうか?
    性質を再教育することは絵に描いた餅とおっしゃいますが、教育とは、もともとあるものを引き出すことですよね。
    どの子にも、宝が秘められています。どうやって磨いてあげようか、どうやって開花させてあげようか、そう試行錯誤することは、親にとって無上の喜びだと考えますが、いかがでしょうか。

    ユーザーID:1864039677

  • DNAの全く同じ2人を育てていますが

    2才の一卵性双生児の女児2人を育てています。
    もちろん、DNAは全く一緒です。

    この二人のおかげで、DNAが同じでも異なるものが発見できました。
    ○ほくろ(有無や出来る場所がバラバラ)
    ○つむじの位置
    ○歯の生える時期と順番
    ○顔や声はやはり少し違います。
    ○そして性格!

    今のところ上記5つですかね。
    で、性格ですが、本当に違う!と感じます。
    一人はおもちゃを取られたらびーびー泣いて母に訴えに来ますが、
    もう一人は少し怒った後、自分で気持ちを切り替えて他の遊びを
    始めます。
    前者は5才の兄の性格にそっくり、後者は私の性格そのまんまです。

    でも、生まれ持った“性質”は、きっと似てるかな〜 と思いますね。
    きれい好き、とか、興味や好きな遊びの種類など。
    性格は、まっちゃん様のおっしゃるとおり、共に同じ環境で育つため
    に遺伝子が同じでも性格形成に変化が生じるというのに同意します。

    私の個人的な意見では、親の接し方(しつけというより、親が見せる
    生活態度)と、兄弟の有無や構成内容が大きいんじゃないかと思います。

    ユーザーID:1591572519

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧