「私、好き嫌いがないの」という人

レス159
(トピ主0
お気に入り88

生活・身近な話題

さら

友人や同僚などと食事をするたびに思うことがあります。
何が食べたい?苦手なものとかある?
と話しているときに、「私、好き嫌いないの」という人がいます。

偏食気味の私からしてみると、この言葉が不思議です。
自分で「好き嫌いがない」って言い切れる人って
本当に嫌いなものがないのですか?

例えば、
激辛料理とか甘いお菓子とか、香草たっぷりとか、
イナゴの佃煮とか、酢豚のパイナップルとかなんでも
OKなんですか?
ほんとになんでも食べれちゃうのでしょうか?

「好き嫌いないの」という人は一般的にはあまり人に
受け入れられないような食べ物でも食べれるのですか?
マズイと思う食べ物は存在しないのでしょうか?


ちなみに私は、家で納豆を食べる習慣がなかったため27歳
になる今も食べたことがなく、食べれるのかどうかも不明です。

ユーザーID:1462693410

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数159

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ない。

    食べ物の好き嫌いナシです。

    ただ、それは一般的な食べ物に、ない。というだけの話であって、
    普段食卓に上らないようなゲテモノ料理を指す訳ではない。
    でも、身近にあったら食べてみたい。

    そして、激辛云々はただの好みの話であって、好き嫌いではないと思う。

    ていうかその場で友達に聞かないのになぜここで聞くの?
    私はそっちの方が不思議。

    ユーザーID:9658565842

  • 限度があります

    好き嫌いがないと宣言する方もそこまで厳密には考えていないでしょうけれども
    普通に考えて「好き嫌いがない」は一般的に主流な食品、日本の一般家庭の食卓にあがるものの事でしょう。
    酢豚のパイナップルぐらいまでは範疇に入ると思いますが
    激辛にも限度がありますし、イナゴも今ではゲテモノの一種じゃないでしょうか。
    そう言い出したら中国ではゴキブリの唐揚げも食べ物らしいですが、日常食べないものは想定しないでしょう。
    何でも食べられるワケはありません。

    ユーザーID:5889492340

  • はーい!

    今まで食べたことあるもので好き嫌いは0です^^

    さらさんの書かれた

    激辛料理
    甘いお菓子
    香草たっぷり
    酢豚のパイナップル
    納豆

    いけます。
    イナゴは食べたことないな〜



    ・味付けが下手な料理(極端に薄い・濃い)
    ・水っぽいお刺身など、新鮮じゃないもの

    は食べたくないかなー。
    これは好き嫌いではないですよね?

    納豆、一回食べてみてください。
    結構、おいしいし、ハマるかもです。

    ユーザーID:9491477923

  • 「私、好き嫌いないの」解説

    「私、好き嫌いないの」という意味は、「ゲテ物以外は何でも食べられるよ」ということなんですよ。
    よくいますよ「私、好き嫌いないの」という人。
    まあ、何でも一通りは食べられるし偏食しないよと言ってるのです。

    >激辛料理とか甘いお菓子とか、香草たっぷりとか、
    イナゴの佃煮とか、酢豚のパイナップルとかなんでも・・・

    激辛はどうでしょうか?【味付け】の問題になってきますので。辛すぎるから食べられないということは有り得るでしょう。でも、辛いものはある程度なら平気かもしれません。

    イナゴの佃煮をいきなり出す飲食店はまず無いでしょうから、今までに食べたこともない人も多いはず「好き嫌いないの」の中には存在すらせず、未知の【ゲテ物】の部類に入ると思われます。

    酢豚のパイナップルは食べられるでしょう。
    納豆も食べるでしょう。

    ユーザーID:3775048908

  • 好き嫌いはないです

    味覚的に美味しい不味い、苦手という食べ物もありますが
    たいていの物は少し我慢すれば食べれてしまうので、
    人に伝える機会があれば、好き嫌いはないと言ってます。
    飲食店で出てくる物は調理が上手ければ、どれも美味しく
    いただくことができますが、あまりも不味い場合は
    残す時もあります。
    どの食材がダメということではなく、味付けですね。
    招待された時に料理を出された場合は、どうにも満腹で
    ないかぎり残しません。
    作ってくれた人に喜んでもらいたいし、自分も人が作った
    料理を食べれるのは嬉しいので、美味しくいただきます。

    偏食のひどい人は、普通に家庭や店で出される料理の中にも
    我慢できない物が多い、我慢したとしても食べられない、
    という人が多いのでは?

    もちろん、幼虫などのゲテモノ類は、食べたことがないし、
    普段の食生活とは程遠い物まで、何でも美味しく食べれると
    いう訳ではありませんが、「好き嫌いがない」と言うのに
    そこまで挑戦する必要もないと思ってます。

    ユーザーID:2193931810

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 苦手はある。

    「好き嫌い」というより「苦手なもの」はあります。
    でも、食べれないわけではないので相手に合わせていると
    「好き嫌いないのね〜」と言われます。

    甘いものが苦手で、フルーツも好きじゃない
    ピーマンや牛乳も嫌いなんですけどね。苦笑

    >ほんとになんでも食べれちゃうのでしょうか?

    義姉が「好き嫌いない。なんでも食べるよ。」というので馬肉専門店(産地なので)に行ったら、「食べたくない」といわれ困りました。
    そういう人もいます。

    ユーザーID:6583275994

  • 好き嫌いないです

    甘いものも辛いものも納豆も酢豚のパイナップルも嫌いじゃないです。
    誰が食べてもマズい物はマズいと感じますし。ゲテモノまでは食べれませんが、一般的な食べ物で嫌いで食べれないものはないです。
    話し変わりますが、友達と食事に行った時に友達がこれは、美味しくないとか、これ嫌いとか言われると一緒に食べてて不愉快です

    ユーザーID:4426790150

  • 私も好き嫌いはありません

    上記の通りです。
    食事に行くとき、お店で出るであろうものは
    全て食べられます。

    「好き嫌いないの」という人は一般的にはあまり人に
    受け入れられないような食べ物でも食べれるのですか?
    マズイと思う食べ物は存在しないのでしょうか?

    上記の質問では、イナゴの佃煮程度なら大丈夫です。
    一般的に受け入れられない食べ物とはどんなものを指しているのか
    はっきり分かりませんが・・・。
    テレビで出てくるような、外国にあるようなゲテモノは
    どうかわかりません。食べたことないし、気持ち悪いものもありますから。
    まずいと思う食べ物については、食材ではありません。
    味付けの問題ではあると思います。
    味の好みはありますからね。

    あと、猫舌なので熱々のものは少し苦手で
    若干冷まして食べてます。

    ユーザーID:2201549202

  • えっと・・・

    私も好き嫌いはありません。
    今までの経験から食べられなかったものはないという意味ですが、
    それは普通にご理解いただけるのではないでしょうか?
    未知のものを食べられるかどうか分からないのは当たり前で、
    それを認めた上で成立している言葉だと思うのです。

    また、好き嫌いがないと言っても
    極端なもの(激辛・激甘・強烈にまずいなど)を指して
    好き嫌いを論じるのは屁理屈だと感じます。

    あくまでも、常識的に家庭やお店で出てくるものに対して
    偏食はないくらいの意味でしょう。
    もちろん常識というのは人それぞれでしょうが、
    でも、この場合はあえて「常識」と言って構わないと思います。

    どうしてこんなにけんか腰になっているのですか?

    ユーザーID:9619508376

  • 好き嫌いがない、というより「何でも食べられる」

    大抵のものは、食べられます。

    イナゴでも蜂の子でもザザムシでも・・・
    納豆でもくさやでもなれ鮨でも。海鞘も海鼠も大丈夫。
    激辛料理大好き(あとがちょっと心配ですが)、極甘お菓子もいけます。
    香草も好き、酢豚にパイナップルは、自分では入れないですが、入って
    てもちゃんと食べます。

    超臭い、と評判のどこかの国の缶詰は、試したことがないですが・・・

    でも、敢えて進んで食べたくはないな、というものはありますね。
    いわゆるゲテモノ、とか
    衛生面で問題ありそう、なものとか。
    (川魚の生食も遠慮したいですね)

    おかげで?、外食する時は、少々不味いものでも、食べることはできます。
    不味い、と思わない訳ではないですよ、思っても食べられるんです。
    注文したのにどうしても食べられなかった思い出の料理は、英国で食べた
    ウサギ肉のローストに甘いオレンジソースをかけたものぐらい、かな。

    守備範囲が広いので、サバイバル向き、とは思います(笑)

    ユーザーID:3544009043

  • そう言われちゃうと・・

    私も基本的に好き嫌いは無いと思っています。
    ただそこまで厳密に言われちゃうと言い切れないかもしれないな。
    好みの味付けとかもあるので,「○○という食材は平気(むしろ好き)だけどこの味付けは・・」って事はあるので。

    >激辛料理とか甘いお菓子とか、香草たっぷりとか、
    イナゴの佃煮とか、酢豚のパイナップルとかなんでも
    OKなんですか?

    ↑これに関しては全部OKですよ。問題ナシです。
    ちなみにカエルとか鳩(スズメ)とか蜂の子とかも大丈夫です。
    あ〜でも原形でイモムシとかぷにょっとした幼虫とかが出てきたら生理的に引くかもなぁ〜。
    でも一口食べてみると思う(笑)

    ユーザーID:5326008991

  • 何でも食べられます

    トピ主さんが例えにあげられてる料理は全部OKです。納豆も大好き。子供の時唯一駄目だったナマコも今は食べてます。
    外食で人に合わせて食べるくらいは何でもありません。
    あ、ワニは一度食べましたが(あんまり美味しくなかった)、ヘビは駄目でした。
    何でもいいとは言っても、「これは美味しい」「これはまずい」というのはあります。味付けとか、材料が古いとか、冷めてるとかそういうことで。
    誰がどう作ってもこの料理、この食材はダメということは(ゲテモノでなければ)ないですね。

    ユーザーID:7811516698

  • 何でも食べられるんじゃ…?

    私も偏食が多く、友人や知人との食事の際
    肩身が狭い思いをします。

    ある友人が、偏食の多い私に
    「こんな美味しいものが苦手だなんて可哀相」
    とちょっと見下したような言い方で言ってきた上、
    「私は何でも食べられるけどな〜」
    「出てきたものは全部食べる主義」
    と豪語していたのに、その後
    「実はこれ、苦手なの」
    「もうお腹いっぱい」
    といって残すことが何度かありました。

    「何でも食べられるって言ってたし、
    出てきたものは残さないんじゃなかったの?」
    と気の弱い私は心の中で突っ込みました。

    私の夫も、何でも食べられるといいながら、
    一口食べて自分の口に合わないものは
    「これまずい〜」
    と言って残しています。

    経験上、えらそうに主張する人に限って、
    自分がそのような立場にたった時、
    自分の発言を棚に上げて平然としてるような気がします。

    好き嫌いの無い人って絶対いないですよね!

    ユーザーID:7627790792

  • 「今までの人生で食したものの中では」

    「好き嫌いないの」ということではないでしょうか。
    「好き嫌いない」と断言する人の中でいわゆるゲテモノを食べた人はほとんどいないことでしょう。一般的に食されるものの中では嫌いなものはない、という意味だと思っています。
    私の彼も「好き嫌いない」といいます。本当になんでも食べます。しかも残さず。「酢豚に入ってるパイナップル」「ポテトサラダに入ってるフルーツ」等も「わざわざ一緒にしないで別々に食べたほうが美味しいけど、出されたら食べる」と言って食べています。

    本当か嘘かわかりませんが、食べ物の好き嫌いと人の好き嫌いって比例するそうです。言われてみるとなるほど・・・と思えるフシがないでもありません。もちろん食品アレルギーは致し方ないことですが・・・。

    ユーザーID:4301175799

  • 好き嫌いと言うよりも…

    好きは沢山ありますが、嫌いは余りありません。普通に食べるものであれば何でも食べられます。カタツムリやかえるの足も大丈夫。ゲテモノ系や昆虫系は食べたこともありませんが…。うちの二十歳の娘が嫌いな食べ物が多くて、この気持ちの方が解りかねています。

    こんな私ですが、世界でひとつだけ、まずい!と思ったものがあります。ハゲスです。スコットランドに行ったとき、毎日のように出てきたハゲス。オートミールと動物の内臓の腸詰らしく、国民的食べ物と伺いました。これだけは、うワーッ、すごい味!!とさすがの私も思いました。(スコットランドの方、ごめんなさい!)

    以来、一寸まずいものを食べてもあまりビックリしていません。

    横になりますが、小町の皆様で、ハゲスが好きな方いらっしゃいますか?

    ユーザーID:8246910704

  • 日本の、一般的な食べ物に対して、でしょう。

    食べたことの無い物は誰だって「解らない」だし、
    超激辛とかは、単に食べ物の好き嫌いからは外れていると思います。
    虫料理とかは食べられないだろうとは思います。
    それは普通に流通している食べ物ではないですから。
    たぶん、今の生活をしている範囲で「乳製品はキライ」とか、
    「魚はいや」とかそういったものが無いという、一般的な話だと思います。
    一般的なものから外れている料理は「解らない」、
    そして、マズイと思う料理がないという訳ではありません。
    例えば砂糖と塩を入れ間違った料理は「マズイ」と言います。

    と、言うのはうちの夫も基本的な食べ物に対しては好き嫌いがありません。
    子供もありません。
    例えば。。。納豆は普通に食べるし、ゴーヤ系の料理もいけるし、
    香草料理も食べるし酢豚のパイナップル大好きだし。
    初めて見る料理でもチャレンジャーで、「お、食べてみよう!」
    と言う感じです。
    どこに旅行しても食べ物では困りません。

    私は小さい頃から偏食で食べられない料理が沢山あり、
    夫とか子供を見ていると羨ましいです。
    何でも食べる人っていいですよー。

    ユーザーID:8931128239

  • 聞いたら

    私なら聞くけどな。
    「へぇ 凄いね。ザザムシとかカブト虫の幼虫とか蠍の唐揚げとか蝙蝠の姿煮とかも食べられるんだ。」
    とか言って慌てて「それは無理!」と言ったら笑って
    「冗談だよ。じゃなにが食べたい?」と聞きます。
    一般的に言って「好き嫌いがない」と言うのは「不味いと思わない」ではなく「不味いと思う事はあっても、食べられなくはない」と言う事だと思います。私があげたような特殊な食物は、好き嫌いの範疇には入りません。食べられる方のほうが希少だからです。

    ユーザーID:0867737474

  • んな、堅くかんがえなさんな…

    堅く考えなくてもよいのでは?
    生きにくくないですか?

    「私好き嫌いないの」
    というセリフを聞いて、
    「あ、そうなんだ。この人は、地球上の全ての料理が食べられるんだ。”蜘蛛の天ぷら”(他国の料理です)でも大丈夫な人なんだ」
    などと考える人は、本当に少ないですよ。

    きっと、トピ主さんは、
    「世の中に”絶対”なんていう事象なんてないのに、”絶対に●●”などと使うんじゃない」
    という思考パターンの持ち主なのでしょうか?

    ちなみに、私はトピ主さんがあげた料理は全て食べられるし、自称「好き嫌いはない」人間です。

    ユーザーID:0744069236

  • ホントにないですよ

    基本的にないです。

    少なくとも、食材に於いての好き嫌いはいっさいありません。
    もちろん、積極的に口にしないものはありますが、出されれば食べます。
    思うんですが、好奇心や冒険心が強いんじゃないかと。
    食べたことないけど、美味しいかもしれないじゃないですか。
    知らないままだと人生少し損するかも?などと思ってしまう。

    あくまで料理として成立しているものですよ(笑)
    餡パンのカレー煮とか、香草“だけ”のサラダとかだと、ちょっとね……
    あ、でも、餡パンのカレー煮でも、作り方次第で美味しくしてくれるんなら、一回は口にしてみるかも、ですね。

    つまり「これだけは、どうしてもダメ」「食わず嫌い」ってものがないのです。

    「美味しくないなー」と思うことはあります。だけどそれは、料理が美味しくないだけ。イコール「嫌い」にはなりません。

    おわかりいただけますでしょうか。

    ユーザーID:6282391002

  • そういう人です

    トピ主さんが挙げられた中で、
    >イナゴの佃煮
    は食べたことがなくてコメントできませんが、他はどれも好きですよ。

    甘いものも、辛いものも、こってり系も、さっぱり系も、酸っぱいものも、苦いものも、ネバネバしたものも好きです。
    子供の時には嫌いなものもありましたけどね。

    ユーザーID:4593758981

  • 好き嫌いないといえばないのかな

    好き嫌いがないというか
    好きな物はあります。
    嫌いで食べられない物はほぼないです。

    激辛料理好きです。
    甘いお菓子(洋菓子、和菓子)も頂きます。
    香草たっぷりOK
    イナゴの佃煮は食べる機会がありませんでしたが
    おいしいよと勧められたら口にするかもしれません。
    酢豚に入っているパイナップルは好きではないけど
    残しません。
    納豆は好きな物に入ります。

    一般にあまり人に受け入れられない食べ物って
    なんでしょう?

    ちなみに子ども3が人いますが
    初めての食材にたいする反応は

    「これ何?」(↓)って一人は嫌がり
    「これ何?」(↑)って一人は好奇心満々で食べたがります。
    もう一人は淡々と口にして
    どう?って聞くと別にこんなもんじゃないのって。
    みごとに三者三様です。

    ユーザーID:6361162307

  • はい。なんでも食べられます。

    私も好き嫌いがなく、たいてい何でも食べられます。
    もちろん「それほど好きではない」という食べ物もありますよ。私の場合はレバーですが「食べられない」というほどのものではありません。

    好き嫌いがない人、私の周りにもたくさんいますよ。
    申し訳ないですが、偏食が酷い人よりも好き嫌いがない人との食事の方が楽しいですね。

    トピ主さんの仰る「一般的にはあまり人に受け入れられないような食べ物」ってどういうものでしょう?
    私の中では、テレビの「世界の珍品料理」に出てくるような、昆虫の唐揚げや、牛とか馬の「大事な部分」の煮込み、などが浮かんできますが。
    でも友達と普通にレストランや居酒屋に行ってメニューを選ぶとき、そういった珍品ものを挙げて「これはダメだから」とは言わないですよね?

    「好き嫌いがないの」という言葉は「野菜・肉・魚。だいたい何でも食べられます」という意味では?
    私にかぎっては、もし人から「私、野菜が食べられないのー」と言われたらドン引きしますが、「激辛料理ってちょっと苦手なの」と言われても「そうなんだ」としか思いませんし、それが「好き嫌い」には直結しません。

    ユーザーID:7828454783

  • 私は思い込みでした

    私もよく以前は「好き嫌いない」って言ってましたね〜
    でもよくよく考えると、けっこうあるじゃ〜んと気がつきました。
    基本的には何でも食べるけど、絶対食べないもの(ウニ、ぎんなん)や、あまり好きじゃないけど我慢して食べてるとか、好きなものは普通にあるし、「好き嫌い」けっこうありました。
    大人になってから出現した嫌いな食べ物(砂肝、白子など)や、まだ食べた事ないけどまずそうなもの(ピータン、ホヤ貝)もありますしね。
    でも偏食の方から見ればなんでも食べる方だとは思います。(酢豚にパイナップルとか全然OK!)
    恐らく「好き嫌いない」っていう人も、「ほとんどない」というだけでよく考えれば何かあると思いますよ。
    「苦手なものある?」って聞かれてあれもこれも嫌い〜って言う人よりはいいんじゃないですかね。

    ユーザーID:6405483544

  • ん?

    >激辛料理とか甘いお菓子とか、香草たっぷりとか、
    >イナゴの佃煮とか、酢豚のパイナップルとかなんでも
    >OKなんですか?

    ぜんぶ大丈夫です。まったく問題ないです。
    特に激辛料理なんて大歓迎。

    私の場合は「(特に)好きなもの」はあります。
    でも「(特に)嫌いなもの」はないんです。
    まあ、世界中の料理を食べ尽くしたわけじゃないので、
    なんでも食べられるかどうかといえば、未知としかいえませんが
    食に対する好奇心は強いので
    海外などではゲテモノでもなんでも、まずは試してみるほうですねえ。

    ユーザーID:2081148088

  • とりあえずなんでも食べてみよう!という意気込みかな。

    うちの夫も「好き嫌いはない」と言います。
    私は嫌いなものをきかれたら「大抵のものなら何でも食べる」と答えます。

    夫は「嫌いという言葉ではなく苦手、と答えるのが妥当だ」と言います。
    私は「どうしても受け付けないものが出てくるかもしれないから」というスタンスです。

    この言葉の共通点は「マズいものは食べない」なのです。

    だから苦手と感じたものでも、美味しければ食べるし、
    受け付けない食材だったとしても美味しければ食べる。

    多分「好き嫌いがない」という人の心理って
    そんなところなんじゃないかな。と私は思います。

    ユーザーID:8656458467

  • 好き嫌いはないの使い方

    自分も「好き嫌いが無い」という表現を使ったりします。

    ニュアンスとしては、「人が食べるものであれば(毒でなければ)、好んでは食べないまでも残すことは無い」という感じでしょうか。
    当然少し不味いな〜と思うものもありますが、調理法によってごまかせるものも多くありますし…。

    日本で一般的に食されている様なものでしたら食べられないものを探す方が難しいですね。
    激甘,激辛,香草,昆虫等々なんでも来いです♪

    ユーザーID:2625714831

  • そんな意地悪な言い方しないで〜

    私もあんまり好き嫌いがない方です。
     >>激辛料理とか甘いお菓子とか、香草たっぷりとか、
     >>イナゴの佃煮とか、酢豚のパイナップルとかなんでも
     >>OKなんですか?
    私は全部大丈夫です。
    むしろ好きな部類に入ります。
    コリアンダーなんか沢山食べたいから自分で栽培してるくらいです。
    激辛は限度があるけど、それって好き嫌いっていうより生理現象ですよね。
    食用ゴキブリが漬かった酒なども、好き嫌いのレベルの話じゃないでしょう?
    牛の脳味噌ステーキは、BSEが騒がれてる昨今ではたとえ好きでも食べない方がいいですし。
    アリのジャムなんか、なかなか食べるチャンスもないですよね。
    そういうゲテモノ系まで同じ土俵で語る必要ないんじゃないかな?

    私は35歳で生まれて初めて納豆を食べました。
    いまでは平気で食べてます。
    47歳の今まで、カップラーメンを一度も食べたことがありません。
    食べられるのかどうか不明です。

    ユーザーID:8032549159

  • ゲテモノは苦手だ〜

    私も食べ物の「好き嫌い」はないです。
    一般的な食べ物ということでですが。
    激辛なものやゲテモノはダメだと思います。
    そういう食べ物が出るお店に行くとなれば
    「食べた事無い」「食べられないかも」とは言うと思います。
    そういう場面になった事が無いので分かりませんが・・・
    よく、偏食がある人で「わぁ〜私これ嫌い!」って
    大騒ぎする人がいます。そんなに大袈裟に言わなくてもって思います。

    ユーザーID:6921572499

  • 変わったものでなければ

    私も食べられない物が浮かび上がりません。

    イナゴの佃煮なんて簡単に手に入りませんし・・・。
    ハチの幼虫を食べる地域もありますよね。
    昆虫類は避けたいかな。
    激辛も、辛いを通り越して苦いのがありますよね。
    これもちょっと避けたいかな。

    あ、苦手な物は人参ですけど体とお肌のために食べてます。

    思い出しました。
    一度、回転寿司で食べた玉子がかなり甘くて吐き気がしました。
    吐き出すわけにも行かず、お茶で飲み込みましたが・・・。
    甘すぎる玉子焼きは嫌いです!

    ユーザーID:5957661494

  • 甘く見ちゃ駄目ですよ。

    ずいぶんアカデミックな受け取り方をされるタイプですね(笑)
    好き嫌いがない=現時点では嫌いな食べ物がない、という程度の軽い意味でしょう。
    この世に存在するすべての食べ物を平気で食べられるか、とまで考えて口にする人はいないと思います。

    私は好き嫌いがほとんどないつもりです(2つだけ生理的に受け付けないものがあります)。
    コリアンダー、タイ・ハーブなど、苦手な人が多い香草も平気です。
    激辛、甘い物も、すごい安物とかネタとして極端にしているだけ、というのでなければ平気です。
    酢豚のパイナップル大歓迎。イナゴは食べたことがないので分かりません。
    ただ、普段は平気な料理でもあまりに下手な調理だと食べられません。

    食べたことがない食べ物についてはなんとも言えませんが、いかにもなゲテモノ以外は大丈夫だと思います。
    ワニや蛇なんかは機会があればぜひ食べてみたいリストの上位に入っています(その程度はゲテモノではない!)。

    食に対する情熱を甘く見てはいけませんよ(笑)

    ユーザーID:5557793763

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧