今年の夏体験した怖い話

レス87
(トピ主1
お気に入り524

生活・身近な話題

きったろ〜

季節ももう秋なのですが、今年の夏体験した怖い話しませんか?
私はこれといってなかったのですが。。。
なので、友人の話を。

私が住んでいる県には、幽霊がでるという噂のトンネルがあります。私も以前ひやかしで行きましたが、何も見えませんでした。
友人は仕事仲間と一緒に行ってきたらしいのですが、トンネルに入る前「もし幽霊がでたらちびっちゃうから、トイレ」と言って、(はしたなくてすみません)用をたしていたそうです。(友人は男性です)
友人はどうせ幽霊なんてれるはずない。と思っていたそうです。
ところが、用をたしているそのとき「ふふふふふ・・・・」と女の人の笑い声がしたそうです。でも、車に逃げるにも終わってないため逃げられず。。。
車に戻りほかの人に聞いても何も聞こえなかったといわれたらしく、二度と行かないといってました。

今年に限らず、怖い体験したかた、ここで話ませんか?

幽霊なんているはずない、気のせい、科学で証明できるなどと、信じない方もいらっしゃると思います。
そういうレスは遠慮していただいて、怖かったという話したい方一緒に寒くなりましょう。

ユーザーID:7647453358

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数87

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 何か私は霊感があるらしいです…

    霊が見えるのって当たり前だと思っていたので「私って別に普通」と思っていたのですが、異常なんですね…(笑)
    常に見えるわけではないのでまぁいいかと自分で勝手に納得しています。
    実家に何故か出る部屋があって、私はそこを私室として使用していたのですが…耳元でぶつぶつ話す変な奴がたまに出ます。もう鬱陶しいので「あ〜聞こえない!」とやり過ごしています。

    一番やばいと思ったのがそういえばありました。20代前半での出来事。
    夜中に目が覚めると息が苦しいのです。気がついたら金縛り状態でした。
    「またか」と思ったのですが今回は何かが違う。
    男の声で「死ね〜死ね〜」と聞こえるのです。
    息が苦しいし何か嫌だったけど目を開けました。
    すると、男の手が私の首を絞めていたのです。渾身の力を出して首を絞めているようでした。「力を振り絞るような声」を出していました。
    首が痛い、苦しい…不気味な声と締め付ける手。顔はぼやけて良く見えなかったです。
    流石にこれは怖かったです。翌朝鏡を見たら首をしめられた後(内出血)がくっきり残っていました。
    他にも色々ありますがこんな感じでいいですか?

    ユーザーID:3773511738

  • 怖い話?幽霊話?

    この夏の一番怖かった話。
    山の公園に友達とバーベキューに行った時のこと。
    ひとしきり食べて飲んで愛犬のチワワと
    ぶらぶら散策していると、繁みがガサガサッと動いて
    立派なドーベルマンが飛び出してきました。
    私は「ひぃっ」と声にならない悲鳴をあげて
    愛犬をかかえあげました。
    脚がガクガクして腰が抜けそうになりました。
    ほんと、怖かったです・・泣

    ユーザーID:1810713402

  • 友人の話ですが・・・

     きったろ〜さん、こんにちは。私の友人Aが体験した話をさせて頂きます。

     Aはバイクが趣味で、その日は友人達と有名な心霊スポットにバイクで
    行ったそうです。そこは廃病院なのですが、到着すると友人の中の1人が
    「塩持ってきたからこれでバイクをお清めしよう」と言うので、皆自分の
    バイクに塩を撒いたそうです。しかしB君は「俺のバイク新品で汚すの嫌
    だからやめとく」と言って拒否したそうです。するとそこからの帰り道、
    B君だけが大事故を起こして重傷を負ってしまったのです。付近の救急病
    院に担ぎ込まれたB君に付き添った皆は暫く無言でしたが、やがてC君が
    口を開きました。「俺、Bの後ろを走ってたから見えたんだけど、あいつ
    ずっと自分の右肩をチラチラ見てたんだ。だから俺が『ちゃんと前見ろ!
    』って何度も言ったんだけど、それでも右肩を気にしてた。これは何かマ
    ズいなって思った矢先の事故だった」。やがてB君と面会を果たした皆は
    この事を訊きましたが、B君は病院からの帰り道の事は何も覚えていなか
    ったという事です。やはり興味本位で心霊スポットに行くものではありま
    せんね。

    ユーザーID:9897292586

  • 昨年ですがちょっと怖い思いをしました。

    私は主人とアパートの2階で二人暮しをしてます。昨年は、頻繁になにかの気配を感じて怖いと思う事が多くて、一人の時はほんとに嫌でした。

    そんなある日、夜の7時頃でした。
    主人と夕食中、突然ドアをガタガタと開けようとする音がして、鍵がかかっていたので開くことはなかったのですが、それがとても強く引っ張る音で..。主人が「どちら様ですか!」とドアを開けると誰もいなかったんです。

    いったいなんだったのか、わけもわからないまま、また食事を取り始めたんですが、階段を下りていく音が主人には聞こえたそうでかなり不気味でした。

    主人:「つれてきちゃったのかな」

    主人は墓石を立てる仕事をしています。
    その頃通っていた現場(墓地)との相性が悪かったらしく(そんなことがあるのか..)なにかと大変な思いをしたり..。
    その現場に行く途中、車ごと崖に落ちそうになった事もあったそうです。

    それからまた何か起こるのではないかと、とても怖かったのですが、たまたま知人にいただいたお清めの塩を玄関に置くことでそれからは、なにもおこらなくなりました。

    ユーザーID:1292895414

  • 4歳位の時、父の子供の頃の乳母さんと遊びました

    田舎だし治安は良いしで、私は一人で留守番をしてました。
    ある日、おままごとしてた時に白足袋と草履が現れて見上げたら綺麗な着物を着た女性が居て「何してるの?」「おままごと」から始まり、私の家の裏庭や果樹園を一緒に歩きながら父の子供の頃の話しや近所の昔話を聞いたり、木登りをしてみせたりして、母や姉が帰ってくるまで過ごしました。
    3日目に私はいつも突然一人になった所に現れるので「どこに住んでるの?」と聞いたら「同じお家」という答えで会った事ないのに不思議だったけど田舎の家は広くて暗くて、入らない部屋が殆どなので納得してました。
    晩ご飯の時に「父親はこんな子だったんでしょ」「もう一人のばあちゃんは?」なんて言うもんだから両親は気味悪がってたようで、一週間経つ頃私は親に信用して欲しくて会わせようと思い、手を引いて行こうとしたら、彼女が突然しゃがみ込んで目が痛いと苦しみ出し、その掌を見たら目玉が乗ってて、母の所まで逃げたら仏壇までつれて行かれ、写真をみたら彼女で、遊んでた時とまるで違ってたのにその人と判った事に驚きでした。
    身よりが無く、父が十歳位の時、目の病気で我が家で亡くなったそうです。

    ユーザーID:3154005851

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 母の話

    お盆の時期、田舎なので大そう立派なひな壇のような
    お盆飾りがありました。
    夜、母がそのお盆飾りのある部屋のふすまを隔てた隣で寝ていたところ、
    夜中に目が覚めて、視線を感じてふと目をふすまの方へやると
    誰かが「じー」っと母の方を見ていたらしいです。
    怖くなった母は、タオルを頭まで被って時が過ぎるのを待ったそうです。
    いつの間にか眠り朝を迎えて、「あれはやっぱり夢だったんだ」と
    思ったそうなのですが、閉めたはずのふすまが(間違いなく閉めたと
    言ってました)10cm程開いていたらしいです・・・

    その話を聞いたあと、暫く怖くて夜電気を消して眠れませんでした。。

    ユーザーID:5038806229

  • この夏の話ですよね・・・

     あります一つ

     この夏に会社の同僚達と山梨県にある某幽霊トンネルへ肝試しにいきました。
     メンバーは男性4人女性3人の計7人で車3台に別れて、夜中0時到着予定で出発しました。
     私は1BOXを所有しており私の車にはA太とB美が同乗し、2台目の
     Cが所有する軽自動車にはCの彼女であるD子が乗り込みました。
     続いて大形セダンを所有するE宏の車にはE宏が最近仲良くなったF紗が
    乗り、先頭は言いだしっぺのE宏が運転するセダンで、Cの軽が続き、最後
    に私の運転する1BOXの順で現地へ向かいました。
     途中何度か睡魔に襲われながらも、インターへよったり休憩を取りながら
    ゆっくり向かうと現地に着くときには1時半を過ぎてました。
     そのときは、トンネルの周りに霧がだいぶ出ていて夏なのに肌寒く感じた事を覚えています。
     しかも対向車を含め全く車が走ってません。
     続く 

    ユーザーID:3279122213

  • 続き

     幽霊トンネルは虫一匹も泣かない静けさが気になるだけでトンネルは想
    像よりも近代的で、トンネル内も左右上部に1キロくらい先の出口まで均
    等に据付られた、蛍光灯で明るく照らされており、幽霊が出るには明る過ぎる印象でした。 
     その時は、トンネルの入り口に車を止めていたのですが、E宏が
     『どうせだからトンネルの真ん中に止めようぜ。』と言い出し車を発信させました。
     その後にみんな続き、トンネルの入口から500メートルくらい中に入ったところで車を、セダン・軽・1BOXの順に止めました。
     他の車が走ってないとはいえ、トンネル内部に車を停車することに抵抗
    があったのか、Cの軽がE宏のセダンの後ろにピッタリとくっつけ、私も同じくCの軽の後ろにピッタリと1BOXをくっつけて停車させました。
     長い運転で疲れたので車から降りて背伸びをすると、みんなも各車から降りて背伸びや軽いストレッチをしています。
     トンネル内部の空気は外は違いヌルッと肌に張り付くような嫌な湿気を含んでました。
     私とCとE宏は、他の車が来たときの為に車に戻り運転席で待機してましたが、
    続く2

     

    ユーザーID:3279122213

  • 続き2

     D子、B美、A太、F紗はトンネル真中くらいまでキャーキャー言いながら歩いていきました。
     私は、運転席から4人の背中を眺めながら”帰りの運転辛いなー”等と
    考え、天井を走る左右2本の傾向等の光のラインを頭上から出口まで目で追いました。
     すると、出口まで続く光のラインの右側一箇所が蛍光灯が切れてしまっているのか点滅している事に気が付きました。
     さっき歩いていった4人は相変わらず、トンネルの真ん中にいます。
    その内、B美、A太、F紗はトンネルの左側の壁に何か見つけたのか、3人で壁際で話していました。
     ただD子だけは、先ほどトンネル出口付近の蛍光灯が点滅してる場所を見たまま、固まっています。
     私も気になり点滅していた場所を見ると心なしか出口付近で点滅していた箇所がこちらに近づいてました。
     よく目を凝らそうとするとD子だけががすごい勢いで戻ってきます。
    その足音を聞いた3人も訳も解らずあわてて戻ってきました。
     イキを切らし血相を変えたD子がCの車へ戻るとCの車のなかでわめきながら、

    ユーザーID:3279122213

  • 続き3 長文すいません

     D子はCの車の中で天井を指差しながら必死で、Cに何か説明しています。
     もはや異常な事が起きている事は、後ろからその情景を見ている私はもちろん、CもE宏も理解していたでしょう。
     Cは車内から
    D子の指差す場所を必死に見ています。
     E広戻ってきたF紗に車に乗るよう叫んでました。
     私も後部のドアをあけ、A太とB美を迎えいれました。
     A太・B美とも状況が良く把握できないながらも椅子に座り呼吸を整えています。
     私も運転席に戻り発進の準備をしました。
     セダンからE宏が降りてきてCの所へ行こうしたその時、
     急にCの軽が強引に発進しました。
     ただ車間をあけてないので、E宏のセダンにぶつかり、その後Uターン
    するべくバックし今度は私の1BOXにぶつけ、腰を抜かし座り込むE宏と私達を残したまま来た道を戻って走りさりました。
     私は即座に発進前にD子が指差していた、蛍光灯の点滅箇所を見ました。
     するとソレは、さっき4人が立っていた中央付近で今は点滅います。
     しかしもはや肉眼ではっきり見えるこの距離では、ソレは蛍光灯の点滅ではなく、
     続く4最後です

    ユーザーID:3279122213

  • 続く4

     何か白い塊が上下にゆっくり揺れながら蛍光灯の上をフワフワこっちへ
    来ている事が解りました。
     ハンドルを握る手が熱くなり、筋肉が収縮していき体に力が入ります。
     もう一度ソレを見ようと思うのにたくさんの時間が流れたように感じます。
     こちらへ近づくE広も私の見る先に気がつき、見上げたまま固まっています。
     そしてもう一度それを見てみると、
     それは女でした。
     女に間違いはありませんが、老婆のような肌に黒く精気の全くない瞬きしない瞳、顔から下はボロ布の様になっており人目で生き物では無い事がわかりました、それがゆっくりと天井付近に浮かびながらこちらに近づいてくるのです。
     私が急いでエンジンをかけると同時にE広も車に戻りました。
     先頭のE広の車とソイツの距離はもう100mくらいです。
     急いでUターンし入口に向かうと、E宏の車も付いてきます。
     ミラー越しにドンドン、ソイツとの距離が開きトンネルを抜ける頃には見えなくなりました。
     その後は何事もなく家路につきましたが。
     C達とは険悪です。
     修理代は誰にもらえばいいんだー

    ユーザーID:3279122213

  • みんな怖いよ

    夏は終わったし、怖い話の免疫が下がっているって言うか…。
    みんな怖いよ〜!

    ユーザーID:4983960274

  • 都内某所

    有名な神社です。その名前の由来になった人の邸宅が隣にあります(というと大体わかってしまいますけどね)。

    ちょっと用事があってその近くまで行った折、骨董市をやっていたので立ち寄ってみました。すると、その境内に入るや否や、ものすごい「血」の臭いなんです。どこかで猫でも死んでいるのかなと思う程の。なんで誰も気付かないんだろうと、すごく不思議でしたが、すぐに分かりました。

    その邸宅で主夫妻が自刃したのです。一世紀以上経っているのに臭うはずはないので私だけの感覚かと…。

    いわゆる「みえる」系です。はっきり見た事は数える程しかありませんが、こういう五感に訴えるような事は割と多く体験しております。確かにあんまり気持ちの良いものではありませんね。

    ユーザーID:0910425661

  • 妹に憑いてた霊

    昔の事ですが、真夜中ふと目が覚めた時視野に髪が腰まである白いワンピースを着た女性が妹の方を見て立ってたり、ある時は妹の肩に青白い顔をしたお婆さんの顔が憑いてたのを見たりしましたよ。その頃妹は肺炎になったり事故ったりしてたので、憑いてたんだと思います。

    ユーザーID:2020433398

  • こんな幽霊は初めて

    とっても怖くて興味深いトピですね!

    特に、修理代くださいさんのお話はゾクゾク震え上がってしまいました;
    恐ろしいよ〜。

    私も今年の夏の幽霊話をひとつ。
    極たまに不思議な体験をします。ただ今回のパターンは始めてでした。

    イギリス暮らしです。ある日寝室のベッドで彼と寝ている時に妙な夢を見ました。男の赤ちゃんが誘拐されるも1ヶ月後に無事家族の元に戻ってきて、私はその両親にインタビューをしている状況でした。赤ちゃんはとても怖い思いをしたようで顔は仮面が張り付いたような表情でした。ふと金縛りのように動けなくなりました。目を見つめたまま、だんだんその子の悲しみ・怒りが私の心に入ってきたのです。スーッと染み入るようにとてつもない感情が入ってきました。そこで飛び起きました。

    まだその感情の余韻が残っているまま暗い寝室の壁を見つめていると、壁にかかった絵に別の青年が写ってました。同じ目でこちらを見てました。そしてまた感情が入り込もうとする…。怖いので横で寝ている彼を起こし電気をつけると…。

    絵が消えていました。実際はその絵、逆側の壁に掛かっていたのでした…。

    ユーザーID:8975543477

  • 霊体験じゃなくてすみません。

    毎年夏の恐怖といえばムカデです。字にするだけでもおぞましいのに、今年の夏は、夜寝ている時に、20センチクラスのムカデが、お腹→首筋→顔を這いました。(刺されなくて助かった)あまりに怖くて、その後しばらくネットカフェで過ごしました。

    みなさんの霊体験怖すぎです。特に、修理代くださいさんのレスには、背筋がゾクッとしました。老婆こえ〜〜〜!!!

    ユーザーID:5801042191

  • 7月下旬ころ、昼間、夫が・・・

    自宅の廊下で、背の曲がったお年寄り?を目撃しました。

    その人は、歩いているのではなく、す〜っと現われてす〜っといなくなったそうです。

    最初夫は「誰???」でしたが、冷静になると「一体誰!!!〜」とパニック状態に!

    私は霊感が強く、引っ越してきた当初から廊下に違和感を感じていました。

    それ以来、お目にかかることはありませんが、今もいると思います。

    ユーザーID:7118306463

  • また聞きで申し訳ないです

    もうず〜っと昔の話で、しかもまた聞きで申し訳ないのですが・・・
    私の友達のバイト友達が、男女含んだ数名で病院跡地に肝試しに行った時の話です。

    まぁ、この手はよくある話ですけど・・・
    その病院跡地に着いたら、そこは暴走族の溜まり場になっていて、面白半分でやってきた彼らは暴走族の怒りに触れ、
    男の子達は殴る蹴るの暴力を振るわれ、女の子達は強姦されそうになり、違う意味で怖い目にあったそうです…

    なんだか幽霊話と思いきや…で、笑い話のようだけど、怖い話には変わりないですよね?
    幽霊も怖いけど、生きてる人間も怖いです。
    むやみに心霊スポットにいくのは止めましょう。

    ユーザーID:5270256361

  • 話しかけないで

    よく引っ越すのですが、その度に家で違うタイプの霊に遭遇します。
    私だけでなく、主人も子供も、です。

    この夏も引っ越したばかりの新しい家でちょっとしたことから主人とケンカになり、ムッとした私はまだ荷物が積み上げてある別の部屋へ。

    ぐっすり寝ていたところ、夜中に話しかけられて目が覚めました。一度寝てしまうとなかなか起きない私。その時も「うるさいなぁ」と思ったけれど、また眠ってしまいました。

    しばらくすると、もっとうるさく話しかける声で再び目が覚めてしまいました。何を言われているのかよくわからないんですが、とにかく何かを訴えたいというか、諭している感じ。「うるさいなぁと口に出しかけて、「あれ?誰?」と・・・。

    そこで完全に目が覚めました。布団の上に起き上がって周りを見回しても、誰もいない。
    荷物を積んだ中に寝てたので、そもそも人が耳元にしゃがみこんで話しかけるようなスペース、ないんですけどね。

    ヘンだとは思ったけど怖いとも思わず、「話しかけないでよね」とつぶやいてまた寝たら、もう話しかけられることはありませんでした(笑)

    誰だったんだろう・・・?

    ユーザーID:5844610028

  • 修理代殿。堪能しました。

    怪談譚として、すごく、うまい。読み応えあります。
    実体験でリアルと言うのが又すごい。

    更にリアルを暴露して頂けませんか。

    ずばり、山梨の何処?ですか?

    ユーザーID:2730961926

  • あっきーさんへ

    うちの夫はその近辺が大嫌いで、近寄りたがりません。
    うちの夫も見える、感じる系です。

    ユーザーID:0796651403

  • 2001年9月11日

    当時わたしはNYのワールドトレードセンターで仕事をしていました。

    同僚の一人(女性)は、職場の近くのアパートに住んでいました。

    あの惨事のあと、現場付近が立ち入り禁止になったので、彼女は何週間かの間、自宅に戻れませんでした。

    やっと自宅に戻った彼女の生活には同居者がいました。

    ・シャワーを浴びていると、シャワーカーテンの向こうにスーツを着てブリーフケースを持った男の人が立っている。

    ・リビングの隅でうずくまっている女の人がいる。

    といった感じです。

    友人は、「本人達が、死んだことに気付いていないのでは」とのことで、こちらがその人たちに反応してしまうと、「なにかしてくれる(助けてくれる)」と思われるので、ひたすら気付かないフリをしている、と話していました。

    ユーザーID:9188813217

  • この夏は、このくらいでしょうか

    ある時から、子供部屋のタンスの引き出しが、逆さまになって抜け落ちます。
    何度入れ直しても、落っこっています。
    てっきり、子供がやっていると思い、「ちゃん直しなさい」と怒りました。
    しかし、子供曰わく「僕じゃない。」「じゃ、誰!」と言いましたが、「知らない」と答える。
    ある時、子供の目の前で、タンスの引き出しが抜けたようです。
    どうやら、一人で勝手に飛び出している模様。
    子供に怖くない?と聞きましたが「慣れた」ですって。

    2階の廊下を歩く足音が聞こえました。トイレまで行ったようです。温水洗浄便座のスイッチが入る音がしました。
    私は、てっきり、主人だと思いましたが、主人は、1階でテレビを見ており、子供は自分の部屋にいました。
    家族中、「今の足音は誰?」状態。

    自室にいた子供、「お母さん、床から、手が出てる」
    「ふーん、ピコピコハンマーで、叩いてやれ」「うん、分かった。」

    学校から帰った子供、
    「今日、久しぶりに怖かった。トイレに入ろうとしたら、女の人があり得ない格好で、便座の上に座ってた」
    以上、よくある会話です。

    ユーザーID:0817251732

  • 悪い話ではないけれど

    私の20年来の親友がよく霊を見る子です。子供の頃は一緒にいる時に彼女だけ見ると言う事も度々ありましたが、出産後は以前ほど見なくなったそうです。

    お互い同い年の娘がいて時々行き帰していたのですが、ある時彼女の家から帰ってくると私の娘が「Aちゃんちの二階で寝ているおばあさんは誰?」「Aちゃんちにはおばあちゃんはいないよ」「でもベッドで寝てた!」最初聞き流していたのですが、あまりにしつこい。その後友達と電話で「そういえば一週間前から娘がこう言うんだけど・・・」と言うと「実は夫のおばあちゃんが一週間位前から危ない状態で。すごく可愛がってもらってたから、家に来ているような感じはしてたんだ〜姿は見ていないけど気配はしてたの」その後おばあさんはまもなく亡くなられたと聞きました。

    孫に会いたかったおばあさんの愛情の深さは感じるものはあるけれど、娘がそれ以来Aちゃんちに遊びに行くのを怖がるようになってしまい、申し訳ないような・・・(でも私もコワイ)

    ユーザーID:7622100132

  • あなたが一番怖い

    修理代くださいさん、すごい体験をされたようですね。
    でも、あなたの行動が私にはこの夏一番怖い経験です。

    なぜなら、自分たちの好奇心のために、どれほど危険なことをしているのか、HNからわかっていないということです。

    いくら交通量が少ないといっても、トンネル内に複数の車が停車しているなど、万一後続の車が知らずに入ってきたら・・とおもうと
    ぞっとします。
    しかも、車間もとっていない。

    一台にぶつかったら、大事故につながっていることは間違いありません。
    後から来た人は、亡くなるくらいのひどい事故になった可能性があります。
    また、もしかしたら、火災を引き起こしたかもしれません。

    面白半分でしていることでしょうけど、大変迷惑です。
    まして、悪いことと知りつつやっているのですから、信じられません。
    重大な道交法違反です。

    関係のない他人を巻き込まなくてよかったと思って、修理代くらい、自分で出してください。
    もし、あなたたちの考えのない行動で人の命が失われるような事故になっていたら、あなたたちはどうやってその命の代償を払えるのですか?

    払えませんよ。

    ユーザーID:0369783598

  • 今年実家で

    一人暮らしをしている気丈な母が、ここの所真夜中に窓の所に誰かいるようで気味が悪くて寝不足、と言うので一晩、主人が車の中で見張ってくれました
    以上無しでしたが、とうとう監視カメラをつけてもらいました

    そこに写っていたのは丸いフワフワしたものが庭や窓を舐めまわすように朝まで行ったり来たりしていました。カメラの製造元にビデオを送って見て貰いましたら、「他からも同じような問い合わせがあったが、それはその機械の欠点なのです」というような回答でした

    丸い物は機械のせいという事で一件落着して母も落ち着きましたが、気配を感じたという事には実は私はまだ納得していないんです

    ユーザーID:8454292475

  • 友達の話ですが・・

    その友人は看護師ですが、見えるひとらしくていろいろ病院でも見えるそうです。今までで聞いた話で一番怖かったのが、あるとき友人3人と旅行に行った先での話だそうです。不思議な話です。タクシーで旅館まで行ったそうなんですがその、運転手さんが「こんな所でいいんですか?」と聞いたそうです。その時はなんとも思わずタクシーを降りて旅館に入ったそうです。旅館に入ると仲居さんが部屋まで案内してくれたそうです、その時に仲居さんが「今日は満員なんですよ、お客さんお泊りになれてよかったですね」といったそうです。3人は風呂に入ったり食事をしたりゆっくりくつろいでたそうですが、ふと気が付いたことが・・・自分たち3人以外に誰も出会わない事、他の部屋の前を通っても物音ひとつ聞こえないこと、普通の結構大きな旅館だったそうですが・・結局翌朝チェックアウトするまで、誰一人として会わなかったらしいです。その後その旅館の事を調べたかったらしいけど、もし、存在しない旅館だったら・・と思うと怖くて調べられなかったらしいです。私もその話を聞いて調べて〜って思いましたが、忘れたいらしくてそれ以上詳しくは聞けませんでした。

    ユーザーID:3519585649

  • 都内某所です

    私の友人に霊感の強い人がいます。
    幽霊がどうこうというよりも、例えば山に行くと「ここにはこういう神様がいるね」とかそういうようなことを言う人です。私自身はよく分からないけどまぁそういうこともあるだろうね〜くらいのスタンスです。

    この夏、私が勤めている会社でイヤなことばかりが起きて、本当にあまりにひどいので、何か障っているのではないか?とまで考えてしまうようになりました。それで会社の地域のお祭りがあった時にその友人に来てもらい、会社を見てもらったのです。

    友人がいろいろ言ったことを、翌日会社がある場所に詳しい人に聞いてみると、たとえば友人は西側がイヤな感じがすると言っていた→昔、西側で揉め事があった、などいちいち一致するのです。

    そういうことって本当に土地に残るんだなとか、分かる人って本当にいるんだ!と寒気がしました。

    そのことと会社の災難が関係あるのかはわからないんですけれども(笑)

    ユーザーID:5028861043

  • 怖い〜

    みなさんの話怖いです。
    見えるひとには見えるんですよねぇぇ。

    私の姉も幼いころから見えてるらしく、よく??な話をしてます。

    私はあまりないのですが、もう10年前くらいにあります。
    夜起きて、窓を見ると男の人の顔が。。。??と思い近くに行ってみると、まったくしらない人。
    そして、急に怖くなり、走って布団に入りました。

    そして、最近姉が「前の家でさ、よく「男の人の顔みえたよねぇぇ。あんたわからないと思うけど」って言われてビックリしました。

    声が聞こえちゃうのも見えるのもかなり怖いですよね;;

    ユーザーID:7647453358

  • トイレにいるのは?

    1ヶ月ほど前の話を。

    霊感はないと思います。

    子供3人と同棲してる男性Aさんと5人暮らし。
    ある日、Aとケンカをして口もきいていませんでした。
    夜も遅くなり、子供たちを寝かせるために
    「歯磨きして!」「トイレいってね!」と言ってましたが、
    自分がトイレに行きたくなりました(・▽・;)

    トイレに行くと電気がついているのがわかります。
    「誰か入っているんだ」と思い、周りを見ると、
    次男がそばについており、3男は洗面所で歯を磨いている。
    引き算からすれば、長男だと思いトイレに向かって
    「ねぇ、入ってるの?」と聞きました。

    すると「はい」という声が聞こえたので「あたしも入りたいから、手早くねぇ!」と言って、その場を離れようとしたんです。
    すると次男が不思議そうに私の顔を見ます。

    「兄ちゃん、あっちにいるよ」と。
    たしかに、長男は和室にいました。
    とっさにケンカをしている最中のAがいると判断しましたので
    「あ、ごめんなさい、失礼しました」とトイレに向かって言いました。

    続く

    ユーザーID:2358687407

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧