この小説のタイトルを教えてください

レス6
(トピ主0
お気に入り7

趣味・教育・教養

tak16

自分が小学生の時に読んだ本でうろ覚えですが、交通事故で妻が死んでしまい自宅へ帰ると、同じ事故で夫が死んだ別の世界(次元)と接点を見つける。となると夫婦ともに死んだ世界があって、逆に夫婦ともに助かった世界があって、最後はそちらへ脱出するための実験をするというものでした。ずっと気になっていましたが見つからないのでおたずねします。

ユーザーID:5821280536

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数6

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • わからないけど

    『奇蹟の輝き』
    リチャード・マシスン著

    は、少しだけ内容が似ているような(苦し紛れ)。
    でもあらすじの様子からすると、日本の小説みたいですね。
    星新一か筒井康隆か、あるいは小松左京あたりにありそうな設定ですけど。。。

    真相が気になるので、とりあえずアゲてみました。
    見つかるといいですね。

    ユーザーID:8287178947

  • 私も分からないけれど・・・

    近い話なら知ってます。
    梶尾慎治さんの短編傑作編ロマンチック編『美亜へ贈る真珠』(ハヤカワ文庫JA)に収録されている「江里の“時”の時」に、何だか似ていると思いました。
    事故ではなくて天変地異(?)だし、夫婦でなくて恋人なので絶対に違うと思うんですが、読んで損はないくらい切なくなる話です。

    あと、私もうろ覚えなんですが、リチャード・バックの「ONE」にも似ているような気がします(集英社文庫)。「イリュージョン」といい、リチャード・バックはそういう感じの作品が多かった(かもめのジョナサンも)かなぁ・・・と。

    ユーザーID:2623513732

  • もうひとつの今

    ストーリーからマレイ・ラインスター(表記によってはレンスター)の短編小説「もうひとつの今」だと思います。
    講談社文庫から発売されていた「海外SF傑作選1〜時と次元の彼方から」に収録されていました。
    検索してみると、この小説は学研の中学生向け雑誌の別冊付録になったことがあるという情報が見つかったので、それでお読みになったのではないでしょうか。

    ユーザーID:3134635587

  • わたしも

    ぽちさんと同じく、リチャードバックの「ONE」という小説を思い出しました。

    でも小学生が読むような本だったかしらん???

    書店で確認されてみてはいかがでしょうか?

    トピ主さんお目当ての本が見つかると良いですね!

    ユーザーID:4898199115

  • おそらく…

    ぐぐった結果で申し訳ないのですが、下記URLに
    同じような内容の質問をされ回答を得られている
    方がおられます。ご参考にして下さい。

    http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q108834695

    ユーザーID:1147405610

  • レスありがとうございました。

    tak16 です。ありがとうございました。しばらくレスがつかないので諦めかけていました。

    外国の小説でしたが、教えていただいたものをじっくりと探してみたいと思います。
    oopsさん>確かに海外SF傑作選は持っていました。一時海外のSFと推理小説(の文庫版)を読みあさっていました、引っ越しやら何やらでほとんど整理してしまったのと、年をとってついていけなくなって離れていたのですが、また少しずつ読みたい気持ちが戻ってきています。

    ユーザーID:1429226938

レス求!トピ一覧