披露宴へのこだわり

レス81
(トピ主0
お気に入り39

恋愛・結婚・離婚

ショウゴ

はじめまして。27歳男性です。

最近彼女と別れました。原因はタイトルの通りです・・・。
2年の交際期間を経て、彼女からの希望もあり結婚することになったのですが、私は披露宴をしたくありませんでした。
その旨を告げるとそれまで見たことがないほどに感情を露わにする彼女。正直言ってひいてしまいました。

披露宴について、両親への感謝とかケジメとか様々な説明がなされていますがいまひとつ必要性を感じない、むしろ、結婚産業の餌食じゃん(笑)とか考えてしまいます。
そんな調子なので、価値観の差を埋めることは不可能と判断し別れにいたったわけですが・・・。

そこで聞いてみたいのです。
あてはまらない方も当然いると思いますが、女性の披露宴へのこだわりはいつ、どのようにして持つものなのか。

未婚の方、既婚の方を問わずご意見をお聞かせ頂ければ幸いです。

ユーザーID:8349387263

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数81

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 披露宴云々よりも・・・

    そんな価値観の違いで別れてしまうような縁のない間柄だったんでしょう。
    別れちゃった彼女はもう関係ないんだし今更聞いてもどうなんでしょうね(笑)
    次回はお互いの価値観が結婚後も続くようなフィットする方と結ばれる事をお祈りいたします。

    私は結婚式はしたいっていうより花嫁衣裳を着た写真を残したかっただけ。
    夫は挙式披露宴よりも仲間内で二次会のようなパーティーをしたかっただけ。
    それじゃマズイだろーって事で挙式披露宴&二次会を開催。
    お互いの両親と親戚が思いの他喜んでくれたので、やってよかったと思っています。
    私の場合で披露宴したくない女性はだいたいバツイチで一度披露宴を経験していて、もういいやって食傷気味の人しかいないし、男性も「無駄だ」と言いながら「女性の為にやってあげるのが男の甲斐性」と割り切っている人が殆どです。

    でもこういう価値観ってどうしてって理由を聞いても受け入れられるものじゃないから聞くだけ無駄な気がしますよ。
    やっぱり自分の価値観に合う、お互いがお互いを尊重しあえる・譲り合える人と結ばれる事が一番の解決法だと思います。

    ユーザーID:3775498072

  • 女性は好きですよ。

    私は5年前に結婚しましたが、式・披露宴をしませんでした。
    理由はトピ主さんとほぼ一緒です。
    3時間ほどで300万飛んでいくのは・・・って思って。

    でも、ほとんどの女性はドレス着たいみたいですよ。
    披露宴はしなくても式だけはするとか妥協案をださないと、
    私みたいなオッサン系の女性は少ないので、結婚するのは遅くなるのでは?

    ユーザーID:0770210049

  • あんまりないです…

    結婚式は是非したいけど、披露宴はいらない!と考えている28歳の未婚女性です。

    披露宴なんて、何のためにあるんだろう…
    陳腐なケーキカットは必要性を感じないし、両親への手紙は直接本人に渡せばいいと思ってしまうし。
    お世話になった人へのけじめは、自分たちで手紙を書くなり挨拶をするなり、個々にしたほうが丁寧でしょう。
    あれは結局「生きながらのお葬式」だと思ってしまうくらいです。
    生涯に一度くらい、自分が主役になって、いいことしかいわれない日が欲しいんじゃないだろうか、と…

    披露宴を絶対にしたい、という女性は、このお姫様願望が強いんですよ。
    女性には大なり小なりありますけどね。
    「きれいな服を着てみんなにちやほやされたい!主役になりたい!」という気持ちが強いんじゃないですかね。

    女性のみんながみんな、あんな恥ずかしい宴会に執着しているわけではありませんよ。
    トピ主さんには、ほかの感覚を持った人が現れることを願います。

    ユーザーID:5889998785

  • 男の意見。

    形骸化した意味のない儀式が大機らな私も、
    結婚産業の餌食。私も正にそう思っていました。

    でも、
    披露宴くらい、かみさんになる人の好きなようにさせてあげる
    のが、大人の男の度量だと思い。彼女の思うがままの披露宴を行いました。
    結構楽しかったですよ。

    ユーザーID:4444143003

  • 夢です

    彼女の夢である披露宴をかなえてあげなかったという事はそれくらいの愛情だったんですね。
    別れて正解です。
    私自身結婚式はしたくない派でしたが、彼が長男ということと私が一人娘だということがあり挙式、披露宴ともに行いました。正直、準備期間には「めんどくさいな・・・」と思っていたし、内容も全てプランナーの方と母、義母にまかせっきりでした。でも、うれしそうな両親の顔や、祝福してくれる友人達の姿を見て心底してよかったと思いました。

    ユーザーID:2503419817

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • 子供のころからの夢だったのかな?

    未婚の24歳です。
    婚約・結婚の経験もなければ予定もないのですが、そんな女からの意見を。

    結婚はやはり当事者だけのものというわけにいかない部分もあるので、どうしてもやるならば身内だけの式と食事会みたいなものがいいです。
    式・披露宴に何度か出席して、こう思うようになりました。
    結婚した身内や友人のことは好きでお祝いの気持ちもあるのですが、お色直しや余興、キャンドルサービス、花束贈呈、花嫁から両親への手紙、、どれもこれも正直サムいのです。冷静に見ると馬鹿馬鹿しいです。最初の3つなんか意味がわかりません。
    子供の頃に花束贈呈のために披露宴に出席し、先に挙げたようなことを網羅する結婚式を夢見ていましたが、大人になってみて自分が現実に結婚することを考えてみるとあんなのは絶対嫌です。

    でもどうでしょうね、そのときが来れば私もトピ主さんの彼女のように花嫁ドリーム爆発の女になるかもわかりませんしねー

    ユーザーID:9333460856

  • 多くは幼稚園かな

    小さい頃の思い出に、幼稚園で、お姫様の絵を沢山描きました
    もちろん、友達もみんな、これでもか!って位ふりふりのドレスを着たお姫様を描いてました

    結婚式に憧れる女性の多くは、もうそんなくらいから女性の幸せは、お姫様になることだと思ってるんじゃないかなと思います

    で、今の時代の日本じゃ、結婚式が、唯一の舞踏会なんじゃないかなと

    知っていますか?ディズニーの企画で、シンデレラになるというのを。幼稚園から小学校低学年が多く集まり、皆一様にドレスを着て、フルコースを食べるというばか高い企画です

    ほとんどの女の子が、毎日読んでくれる昔話のお姫様のような、素敵な王子様と結婚するという夢を小さい頃に抱くのは、自然な事と思います(もちろんそうでない人も沢山いますが、あくまで一般論です)

    私は、友人の結婚式に呼ばれ、純粋に感動して泣いたりしました

    少女漫画の結末は、幸せな結婚(ウエディングドレス姿)だったりもします
    ドラマの観すぎではないと思いますが、でもやっぱり憧れます

    続きます

    ユーザーID:8808639319

  • 多くは幼稚園かな2

    女性って、結婚産業の餌食とか、考えなんです
    だって、結婚式は、夢ですから、そんな現実はどうでもいいんです
    中学生の時に、自分は白無垢にしようか、ドレスがいいか、なんてのも友人と話したりしました
    ブーケはこんなんがいいとか、ベールはこんなんがいいとかも、中学生の時に夢をみました
    その夢を、かなえてくれる人と、結婚式がしたいんです

    私はバブルの頃のような、派手婚は苦手ですが、結婚式に憧れる女性の多くは、ただ、白い服を、一生に一度しか(しかも、資格のある人しか)着れないものに、一度で良いから袖を通したい、そんな夢は、将来の伴侶と会う前から決まっていると思います

    と、あくまでも私の一個人の考えですが、こうなりました
    結婚式に憧れるのはなんで?と聞かれたら、こんな感じかな

    男性には分からない女の事情でしょう
    もう、彼女とは別れてしまったのでどうしょうもないですが、憧れてたのに出来なかったら、ず〜っと(おばあさんになっても)根に持つでしょうね

    次の彼女が、同じ様にしたいと言われたら、してあげてくださいね
    譲れませんから

    ユーザーID:8808639319

  • たぶん幼稚園から3

    それと、書き忘れましたが、父親や、母親に、その姿を見せたいと、やっぱり思います
    ドラマにも、よく父親が死にそうな時に、娘がドレス着て…って、あるでしょう、ほんと、ドラマの観すぎじゃないとは思うけど…お父さんには、やっぱり見せたいな〜って、思います

    私の式の時、父は泣きました

    けじめでもあり、披露宴のおかげできちんと、(普段は恥ずかしくてとても出来ないけど)御礼と感謝を伝えれました
    式をしたとき、それまで半年先に婚姻届けを提出して一緒に住んでたけど、やっぱり全然心構えが違うな〜と思いました
    みんなの前で宣言する事によって、来てくれた人の為にも、幸せにならないといけないな、とか、本当に夫婦になったんだなという実感もすごくありました
    私の友人は、全員泣いてくれました
    親族も、とても良かったと言ってくれました
    自分は凄く幸せで、愛されてるなと感じ、ますます夫と、仲良く良い家庭を築いていこうと思えました
    準備は大変でした だからか、ちょっとやそっとじゃ別れない絆もできました

    式と披露宴をしてくれた両親(もちろん夫の両親も含め)に、とても感謝しています

    ユーザーID:8808639319

  • 結婚式?

    ふふふ。
    おもしろいかたですね〜。
    トピ主さんの価値観と、ほぼ同じです。

    うちの夫も、私(34歳)も同じだったので、10年前、結婚式をしませんでしたよ。
    個別に挨拶に回りました。

    まさに、結婚産業の餌食ですよねぇ。

    「結婚式? ぷーーー(笑)」
    と夫婦で話し合っています。
    でも、お互いの友人の結婚式には駆けつけますし、ご祝儀はちゃんと包みます。
    でも、やっぱり、心の中に「お姫様ごっこ、ばっかみたい〜」と思ってしまうんですよねぇ…。

    ユーザーID:4410864307

  • 視点の違い

    こんにちは。
    独身の女性ですが、私は結婚式・披露宴ともに「したい」派です。
    やはり結婚は人生において、大きな節目でもあると思います。
    今まで育ててくれた家族と離れ、新しい家族を作るわけですから。

    女性にとって、ドレスを着たいとか、けじめだとか、もう十人十色の理由があると思います。
    私は小さい頃から「花嫁さん」への憧れ、は持っていました。

    最も重要なのは、やはり自分をこれまで支えてきてくれた人、お世話になってきた人に対して彼を紹介したいですし、彼の大切な人に対しても「宜しくお願いします」というご挨拶の気持ちを示したいことです。
    必要以上にお金をかけることはないと思いますが、パートナーがただ単に「式場の餌食」としか考えられないということを言われたら、ガッカリですねぇ。
    愛する人と永遠の愛情の誓約を交わすこと、それを親しい人に祝福してもらうことを夢見る人は多いと思います。
    男女に価値観の相違は必ずありますが、お互いの気持ちをどれだけ汲めるかが最終的に結婚なのだと思います。くだらない、というだけなら敢えて数時間彼女のために頑張ってあげることはできなかったのでしょうか?

    ユーザーID:2243395599

  • 思いやりの問題

    既婚女性です。そんな事が理由で2年間もお付き合いしてきた彼女さんと別れてしまったのですか。初めて聞きました。
    披露宴をしたいとかしたくないという考えは、女性も人それぞれだと思いますが、彼女がそんなに強く望んだことを受け入れてあげなかったトピ主さんに思いやりがなかったと思います。
    結婚したら、お互い色々と価値観の違いや、こだわるものの対象の違いが出てきます。そこで思いやり、譲り合いの気持ちがなければ結婚生活は成り立たちません。自分はちょっと違うんだけど相手が喜ぶなら・・相手がそこに幸福を感じるのであれば・・とお互い尊重し合わないと穏やかな結婚生活は成り立ちません。ケンカばかりになってしまいます。
    次は、許容範囲の広い女性を探しますか?

    ユーザーID:1849294851

  • 幼稚園くらいじゃない?

    トピ主さんと同じで披露宴なんて結婚産業に良いようにのせられちゃってアホみたいと感じるため、披露宴をしたいとは思わず、実際しないで済ましてしまった女です。

    披露宴へのこだわりの種って、幼稚園頃に萌芽するんじゃないでしょうかね?
    幼稚園頃に「将来何になりたい?」と聞かれて「およめさん!」と答える女の子は、それから結婚するまでの平均20年間ほど(←花嫁ドリームの夢想家は20代半ばで結婚しそうだから)の半生におけるエネルギーの90%くらいを、自分がどんな花嫁になろうかイメージを具体化し膨らませるために費やすのではないでしょうか。
    私は「およめさんになりたい」と答えるタイプではなかったので、花嫁ドリームに取り憑かれることもありませんでしたが。

    トピ主さんってば、彼女の約18年分のエネルギーの賜物を踏みにじっちゃって、ひっどーい。
    ま、人生賭けた大イベントなんだろうし、相手を変えてでも彼女はイベントを開催するでしょうがね。
    トピ主さんには、トピ主さんに合う人が見つかりますように。

    ユーザーID:7094538822

  • 披露宴しました

    昔は私も披露宴なんて恥ずかしいことしたくないって思っていました。でも、先に結婚をして友人に言われたんです。結婚式、披露宴をした方がいいよと。理由は、当日のキラキラ花嫁さんっていうことではありません。大変な作業をするという過程が重要なのです。
    私も普通の結婚式、披露宴をしました。そして、良かったと思います。夫婦になるということは、大変なことなのだなと実感です。婚約(結納、結納返し)から始まり、そこから生じる両家の価値観を私達は仲介に立ち、擦り合わせを行いました。披露宴に関わる金銭のやり取り、または親戚関係の連絡やり取り。結婚に対する両家の認識の把握。恋人同士では、決して話すことが出来ない話を何ヶ月も、時にケンカをしながらしました。別れよう・・・と思ったこともありました。それぐらい大変な作業でした。でも、結婚して良かったと思います。結婚式、披露宴の内容よりもやっとここまでやってきた、まずは第一関門を突破したぞ!!という、大変なことを乗り越え互いに信頼関係が築けたということです。
    結婚、披露宴を行う理由は、大変な作業をしてまで夫婦になろうとする2人の決意表明だと思っています。

    ユーザーID:0265890703

  • お姫様パーティー

    結婚式は誓いをたてる神聖な場だと思いますが、その後の披露宴はハッキリいってなくてよい!と思います。
    出席したからには笑顔で祝福しますが、内心バカバカしくて早く帰りたいです。

    ユーザーID:1435661501

  • こだわりはいつできたか、思い出すと・・。

    私ははじめは、披露宴には興味なく、漠然と親の為にやろうかなぁ・・くらいの認識でした。

    ところが、結婚の報告をしたところ、職場や周りが披露宴はどんなの?!と興味深々。私も色んな披露宴に出て、厳しい批評も耳にしていたり、見栄もあり、調べているうちに、こだわりや夢が広がってしまいました(笑)

    せっかくだから、今まで誰も行った事がないような印象の残る式にしたいなぁ〜と。

    主人はバツイチで、本当は披露宴はあげたくなかったのですが、一生に一回のことだから希望をかなえてあげたいと思ってくれたんでしょうね。

    すべて私の希望通りにしてくれ、私に内緒でサプライズも用意してくれていました。

    披露宴やるやらないで喧嘩したり、内容で揉めたりもしましたが、今では、本当にやってよかったと思っています。喧嘩しても、あの時の主人の気持ちを思い出すと、じ〜んとしてしまいます。我がままいってごめんねという気持ちになります。

    披露宴というよりも、その時の主人の気持ちが宝物です。

    ユーザーID:8758310265

  • ケジメ

    うちも盛大な披露宴は望んでいませんでしたが、家の都合などもあり、結局ホテルで披露宴をしました。
    よく夫婦で話をするのが
    「あれだけお金をかけて披露宴をしたんだから、簡単には別れられないよね」と。
    もちろん別れるつもりなんてこれっぽっちもありませんが・・(笑)
    あとは、役所に届けを出すだけだと結婚したっていう実感がわかないかもしれませんが
    結婚式や披露宴をすることによって、「あー、結婚したんだな」って実感がもてました。
    これも一種のケジメですよね。

    それより、披露宴って夫婦になるときに一番初めにする(であろう)行事ですよね。
    夫婦で価値観が違うことなんてたくさーーんあるし、そのつどケンカしてたら夫婦なんてやってられません。
    結婚する前に別れてかえって正解だったのかもしれませんよ・・。

    ユーザーID:8861589937

  • 逆に聞きたい

    トピ主さんは披露宴へのこだわりを笑っていますが、裏を返せばそれもこだわりということです。
    そんなかたくなに披露宴をしたくないという思い入れは、いったいいつどこから来ているのですか?

    ユーザーID:9946423201

  • 全然ないです

    披露宴したけど全然ないです。したくなかったけど、双方の親が
    「どうしても頼むから披露宴をしてくれ」
    と言うのでしました。面倒で嫌でしたが、そこまで言うなら、と折れました。
    トピ主さんと似てますね。彼女が親に変わっただけです。
    私も彼も親を大切に思っていますので、出来る限り希望を叶えてあげたいと思い、譲りました。
    まぁつまりトピ主さんにとって、彼女はそこまで大切な存在ではなかったって事です。
    彼女の希望よりあなたの拘りが大事だったんですね。
    価値感が違うと言うより、結婚するほど好きじゃなかっただけです。
    彼女もそれほどあなたの事好きじゃなかったんですよ。本気で好きならお互い譲り合えるはずです。こんなくだらない事で別れたりしません。

    ユーザーID:8017772264

  • 食わず嫌い・・・かな??

    既婚の30女です。トピ主さんは27歳、もう十分に大人の男性ですね。経験から価値観も確立されているのでしょう。でも、トピ主さんがレスされたのは、この事について気持ちの整理がついていないのですね。女性の披露宴への憧れは、小さい時の「お姫様」への憧れも大きいと思います。女性はいくつになっても女の子でいたいんです。でもただそれだけではないということです。私は披露宴を親戚の方々に「いい式だった」と、とても喜んでもらえました。

    普段はできない親への感謝も伝えられました。暖かい祝福を受けとてもいい思い出になりました。夫も楽しんだそうです。結婚は家と家の融合といわれたのは今は昔。でも、今の自分があるのは親兄弟や親戚、祖父母、そのまた・・のつながりがあったから、それは否定できないのでは・・。感謝の気持ちをもつ機会の一つとしても無駄ではないと思います。もちろんそれが価値観というなら、別れてしまったのも正解ですね。愛する女性のために人生で一度夢をかなえてあげることはできませんでしたか?私の友人の夫も、トピ主さん派でしたが、披露宴を終えて、妻より感銘を受け「もう一回やりたい!!」と言っていましたよ(笑)

    ユーザーID:3488674711

  • はなこさんと同じ気持ち

    私も披露宴はしなくても良いかなと思ってました。
    でも両家の親がいずれも大きな病気を患って微妙な余命...
    家族の思い出づくりにひと肌ぬごうと披露宴を行う腹を決めました。

    たしかに寿価格は解せないものもあります。
    でも大金が動くからこそ、
    両家両親、親族一同の希望やら何やらを調整したり、
    式場(ホテル)との交渉や予算の管理をしたり...
    そうやって一見無駄と思える準備をする過程に、
    友達でも恋人でもなく、夫婦になるプロセスが凝縮されてるんだな
    と思いました。

    披露宴をやるのが良いとか悪いとかではないです。
    「夫婦になる」というのは、
    こういうことなんだろうなと実感しましたよ。

    ユーザーID:8115687391

  • 式&披露宴しませんでした

    役所に婚姻届を提出して、以上、終了!でした。
    米国から東京に引っ越したばかりで、呼ぶ友人も会社関係者もいませんでしたし、私自身、お姫様ごっこに興味がなかったので。

    仕事で、あるブライダル企業の取材をしたことがありますが、彼らは、「単価をいかに上げるか」を目論んでいます。披露宴の花や、レンタル宝石や、付随サービスを売り込むのに必死。ブライダル雑誌と組んで、あの手この手でお金を引き出そうとしています。そんなわけで、雑誌をみて夢を膨らませてしまう女性って、ちょっと騙されやすい人かな、って、個人的に思っちゃいますね。

    もちろん、手作りでステキな結婚式・披露宴もありますよね。いままで、いろいろ出席しましたが、新郎新婦の人柄が如実にあらわれて、面白いものですね。いっぺんに多くの人にお披露目ができて、便利なものでもあると思います。

    ユーザーID:4124984063

  • こだわり無いです!!

    30独身女です。
    結婚式といわず、入学式、卒業式、こどもの頃からセレモニーが苦手でバックれてきました。
    そう遠くない内に結婚するであろう彼は、結婚式・披露宴は親族関係者一同
    に対するケジメで、金額の許す限り自主的に執り行うべきとの考えですが、私は逃げたい一心です。

    私の身内は、仲好いものの、ドライで照れ屋でセレモニーに多大な興味・期待はありません。
    しかし、彼や彼の関係者が望むのであれがば可能な限りの限界まで、(金額も)答えよう、
    と思っています。自分のエゴと同じ様に尊重するべきと思うからです。
     
    以上、私のこだわりです。

    ユーザーID:6191020704

  • 同じです。

    私も結婚式なんぞ結婚産業の餌食だと思います。

    だけどね、パートナーが望むならしますよ。相手が大切に思っていることですから。

    但し、一点だけ確認します。

    本当の結婚とは、婚姻届の提出であるということを。

    婚姻届を提出することで、初めて結婚したといえるのです。良く婚姻届なんてただの紙切れという意見を目にします。冗談じゃない!これを提出した後に別れたら離婚です。結婚式だけをした後に別れても離婚とはいいません。婚姻届の提出とはそれだけ重いものだと思います。

    結婚したという自覚は、披露宴で皆の前に立ったときではなく、婚姻届を提出するときに感じてもらいたい。

    私の譲れないポイントはそこです。披露宴をする・しないではありません。

    ユーザーID:0110194823

  • うちは

    主人が披露宴をやりたいといったから恥ずかしいのを抑えてやることになりましたね。
    なので、挙式で身に着けるドレスには興味がありましたが、披露宴は早く終わって〜って感じでした。
    私の場合、主人が披露宴や衣裳の準備段階で盛り上がり、まるで花嫁ならぬ花婿状態でした。その上に当日はたくさん友人がきていたので挨拶をかわすだけで、たいへんでした。
    ちなみに、新婦より新郎のほうが嬉しそうといわれたし。
    今でも結婚前後の体力、精神力はすごいなと感じますね。

    ユーザーID:3920014429

  • 人それぞれだけど・・。

    私も式はともかく披露宴はなんか恥ずかしくていらないな〜って思ってました。
    けど、友人の結婚式・披露宴に出席してるうちになんとなく考えがかわりましたね。
    正直そんな心情を逆手にとっているような業界のお値段設定に何の疑問も抱かなかった訳じゃありませんが、
    旦那さまは基本的に花嫁が主役だからと披露宴は可能な範囲内で私の好きなように進めさせてくれてとても嬉しかったです。
    願わくば主さんも一生大事にしたいと思う女性の、結婚に関する希望はできる範囲でかなえてあげて欲しいなーとは思います。
    どうしてもそれが譲れないなら同じ価値観の人との出会いを待ちましょう。
    結婚式・披露宴をするしないは価値観の違いで正誤はありませんが、
    ご祝儀を包んで笑顔で祝福して内心は『バカだな』と思われて出席する人がいるのはちょっとさびしい気がします。
    新郎新婦らしい式・披露宴だなって祝福してあげればいいのに・・。

    ユーザーID:1000106012

  • 自分達はあくまでホスト

    ブライダル産業に踊らせられるか否かは新郎新婦次第です
    自分達を見世物小屋の猿に例えるか、はたまた今までのお互いの生きて来た道でお世話になった方々に改めてご挨拶を兼ねた会にするかは当人達次第。
    私も猿は勘弁してよ〜と思いましたので中身は質素に、あくまでもホストに徹した披露宴に。今になってしてよかったと思います。
    余り親戚付き合いがないとはいえ、事前のご挨拶があるとないではその後のパートナーの立場にも違いが出てくる事もあります。
    義理兄夫婦は結婚葉書1枚ご挨拶廻りなしで終わりにした為に、親族葬儀や法事等で「あれは誰?」扱いされ兄嫁は大変居心地が悪そうでした。
    そういった煩わしさが一切なく、夫婦同伴で社会に出る場面がないならやる必要もないと思います。
    私がやるきっかけになったのは、同じく猿を嫌がっていた主人が「将来子供が結婚する時に自分達がやり方しらないのも困るよなぁ、試しにやってみよっか」でした。

    ユーザーID:3350895765

  • 男ですが……

    僕は、
    結婚式→自分たちのためにやる儀式。
    披露宴→今後関わり合いになる人たち(=祝ってくれる人たち)へのご挨拶会。
    というのが大原則だと思っています。

    「家同士」という考えがあるつもりでもないんですが、例えば花嫁さんの友達や親族にとって、新郎や新郎の親族は「あまりよく知らない」人なわけで、「どんな友達や親族がいるんだろう?」なんて不安に思ったりするかと思います。そういう不安をできるだけ解消し、祝福してくれる人に安心してもらう。
    それと同時に「結婚しました」報告の訪問を一軒一軒訪ねて回るのを省略できる……それが披露宴だと思ってます。

    逆に言えば、そうしたことを別にやるか、そもそも不要と考えるなら披露宴しなくてもいいと思いますが、別にやるぐらいなら披露宴したほうが楽なので。

    ちなみに、「両親への感謝」とか「2人で苦労する」とか「きれいなドレスで写真撮影」とかも大事だとは思うんですが、これらは他でもできるので「披露宴をやる大きな理由」としては考えてません。

    もっとも、理屈は別として、一生に一度の「夢の花嫁さん」を思う存分体験させてあげる、ってのも愛だと思ってます。個人的には。

    ユーザーID:1001556504

  • 挙式・披露宴は重要!

    はなこさんと同意見です。

    私も披露宴なしを希望してました。あまり結婚式に対する憧れがなかったので。。

    でも、両家の両親の希望もあり、挙式・披露宴を行いました。それは、それは大変な作業で、何度オットと喧嘩をして、婚約解消しよう!と言ったことか。。式の前夜まで泣いてました。でも、全てが滞りなく終わって思う事は、止めなくて良かった〜という気持ち、幸福感。式前夜は悲しくて泣いてましたが、翌日式後の夜は二人で無事乗り越えられたことの満足感で涙してました。結婚式や披露宴は、二人が最初にする共同作業で、最初に乗り越えなければいけない難関だと思います。両家の両親から見れば、息子や娘の晴れ姿を是非見たいでしょう。親孝行にもなりますし、あとあと良い思い出話にもなります。

    ユーザーID:3840604596

  • 男性です

    数年年上の男性からの感想です。
    トピ主さん、理屈で自分を守っていませんか?彼女と、ちゃんと向き合っていましたか?

    「彼女からの希望もあり結婚することになり」「感情をあらわにする彼女。正直言って引いてしまいました」
    このあたりに、疑問を感じます。

    ショウゴさん、結婚には乗り気じゃなかったのでは?きっと2年つきあったケジメとして結婚しようとしたんでしょうね。
    「今ひとつ」必要性を感じないだけなのなら、「披露宴に憧れる(=これって普通の女性の感覚ですよね)」彼女の希望を叶えてあげれば良かったのに。
    結局は、結婚(式)に対し、トピ主さんは嫌々(言い過ぎ?)だったのに対し、彼女は嬉しくウキウキだった。その温度差が全てではないでしょうか。

    「結婚産業の餌食」って、斜めな言い方も滑稽です。
    別に披露宴をする人、したい人は、騙されているわけでもなく、納得していますよ。

    まあ、今回を反省として、この先、素敵な出逢い、結婚をしてください。

    (偉そうに書きましたが、いろんな意味で自省を込めてます。俺は披露宴をしました。結構な出費でしたが、楽しかったし満足してますよ。)

    ユーザーID:1889490084

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧