• ホーム
  • 働く
  • 臨床心理士の方、臨床心理士の知人がおられる方、教えてください

臨床心理士の方、臨床心理士の知人がおられる方、教えてください

レス5
(トピ主0
お気に入り18

キャリア・職場

青林檎

私はフルタイムの兼業主婦ですが、諸般の事情により、臨床心理士の指定校大学院を目指したいと思っています。

臨床心理士は多くが非常勤であること、自分ひとりが食べていくのが精一杯であることは知っています(心理系公務員になれば安泰とも聞きますが、年齢的にそれは厳しいと思います)。スクールカウンセラーの時給についても知っています。ですが、まわりにこの仕事についている人がおらず、収入や生活がどのような感じなのか検討がつきません。

臨床心理士をされている方、またお知り合いに臨床心理士がおられる方、生活はどのような感じでしょうか。やはり、ご主人が社会的・経済的に高い地位におられる方が多いのでしょうか。皆さまご自身について、あるいは皆さまがご存知の方について差し支えない程度に教えていただけると嬉しいです。もしくは、全体的な傾向がわかる本や資料でも結構です。

今の仕事を手放す決断になるだけに、慎重に考えたいと思いまして、このような質問をさせていただきました。よろしくお願い致します。

ユーザーID:3292898764

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数5

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • わたしの知る臨床心理士

    臨床心理士の先生方と関わる仕事をしています。

    わたしの知る先生方は指定大学院の教員ですので、トピ主さんがおっしゃる収入に関してのご質問の回答にはふさわしくないと思いましたが、レスがついていないので私の知る臨床心理士の環境についてお話します。

    わたしが住んでいる地域(地方の中核都市)は臨床心理士の絶対数が少なく、先生方はいくつもの相談機関(主に市町村などの公共機関)をかけもちしており、大変な忙しさです。ご夫婦で臨床心理士というかたもいらっしゃいます。
    首都圏などの大都市圏になると臨床心理士の数が違いますので、トピ主さんのおっしゃる通り、非常勤のような仕事が多くなってくるかもしれません。

    ただ共通するのは、臨床心理士の仕事は大変ハードで重いということです。
    臨床例によっては先生の心が壊れやしないかと思うほどです。
    身の危険を感じることも少なくないでしょう。
    仕事でのダメージを私生活に引きずらない努力をしないと、大変なことになると思います。そういった精神的に過酷な状況に耐えられるタフな精神の持ち主が、臨床心理士に向いていると思います。

    ユーザーID:4800101890

  • 臨床心理士です

    首都圏で臨床心理士として働いています。

    どのような暮らしぶりかといえば、おそらく普通の生活はできていると思います。ぜいたくはできませんが、衣食住に困ってはいません。主人は研究者志望でまだ収入がほとんどないため、私が2人の暮らしを支えられるくらいは稼げています。

    ただ、トピ主さんがおっしゃる通り、やはり臨床心理士は非常勤職が多く、日々の暮らしはできますが、健康保険や年金、福利厚生、ボーナスなど長期的な保証はあまり期待できません。

    トピ主さんは、スクールカウンセラーの時給をご存知とのことですが、心理職でスクールカウンセラーほどの時給をもらえる仕事は、他にはありません。(ほとんどはもっと低い賃金で働いています)

    精神的にも肉体的にもハードな上、いわゆる心理面接以外の仕事も柔軟にこなさなければいけませんが、いくつかの非常勤職をかけもちし、毎日働いていれば生活できるくらいは稼げます。
    ただし、院を修了してすぐにはそれほど仕事が見つからないかもしれません。また、仕事以外に研修会など自己研磨も必要なので、休日もつぶれることが多いです。

    参考になれば…。

    ユーザーID:2956073324

  • 大学教授が

    こんにちは。
    私が心理学を学んでいた大学の教授が
    臨床心理士(男性)でした。
    今現在も講義の他、様々な場所で
    活動をされているようです。

    やはり患者さんの気持ちを
    受けとるので、苦労が多く
    また患者さんが治療を勘違いして、
    身の危険を感じた時も多々あったそうです。


    顔は若々しく、とても分かりやすい講義をしてくださる
    教授でしたが他の同年代の教授と比べると
    髪が真っ白に近く、教授の方が壊れてしまうのではないかと
    学生で心配したこともありました。


    でも、それでは務まりません。
    とてもタフで、でも繊細な精神力が
    必要なのだなと教授を見て考えさせられました。

    また地位としては、私立大の教授と、
    その他諸々の活動なので
    かなりのお給料はもらっていたと思いますが、
    (ここに関しては私の推測なので、お役にたてず申し訳ないです)


    どちらにせよ、心から体まで
    与る職業だと私は思っています。
    トピ主さんとは、性別も
    求めていらっしゃる職場も
    違いますが少しでも参考になればと良いなと思っております。

    ユーザーID:6869650740

  • 普通の地味な生活をしています

    現在は公務員、数年前は民間で正規職員として勤めていました。
    収入は民間時代も現在も一般的な大卒を基準とした年齢(経験)に相当する額をいただいています。資格手当などありません。夫は大学の教員なので、私が学会に出かけることには理解があるほうだと思います。

    こちらは地方ですが、非常勤や単発の求人はそこそこあるようです。求人はweb上であったり、都道府県単位の臨床心理士会で募られたり、知り合いの先生に直接紹介していただいたり、というかんじです。
    世間でよく言われますが、仕事をしていて自分の精神に悪影響が・・・、ということはあまりないと思います。強いて言えば、たいてい心理士は1人程度の配置の職場が多いので、同じ立場で思いを共有しあう仲間がいないことがつらいです。

    私の場合は、秋ごろになると学会や研究会やらで週末は東京その他遠方に出かけるので、2人の子どものあずけ先に苦労します。
    独身の時や子どもを生む前は好きなだけ猛勉強できましたが、現在は学会も断念することがあり、いつか資格の更新すら危なくなりそうです。仕事と家庭の両立に悩むあたりも、やはり普通のワーキングマザーです。

    ユーザーID:8931069411

  • 覚悟は必要だと思います

    地方でスクールカウンセラーをしている者です。

    就職はトピ主さんのお住まいの地域にもよると思います。
    時給はスクールカウンセラーが心理職のなかでは
    もっとも高いのではないかと思います。
    あとは、企業の専属カウンセラーにも、かなり高給のところがあります。
    しかし、首都圏と京都、大阪あたりは
    近年はスクールカウンセラーも飽和状態になっており、
    地方に流れてきている人が多いです。
    何時間もかけて通勤している人がたくさんいます。

    時給は高くても、保険等はないですし、
    1年契約なので安定した仕事とはとてもいえません。
    どうにか食べていける程度です。
    いつも、「来年は採ってもらえないかも」
    という不安を抱えています。

    また、スクールカウンセラーだけでなく
    心理職全般に言えることだと思いますが、
    カウンセラーは、自分も含めて、人間の汚い面やドロドロした面と
    常に向き合っていくことになります。
    それらを受け止めるゆとりと安定性が必要とされます。

    色んな面でしんどい仕事だと思いますが、やりがいはあります。
    あとはトピ主さんの覚悟次第だと思います。

    ユーザーID:3997791647

レス求!トピ一覧