ポスドク妻のなげき

レス7
(トピ主1
お気に入り56

家族・友人・人間関係

花子

夫は30歳後半のポスドクでバイオ系研究者です。大学の研究員として働いています。私も30歳後半です。最近、今の生活がいつまで続くのか不安になることが多く、こうして不安になってしまう自分を責めてしまってもいて、とても苦しいのです。

贅沢をしなければ食・住には困らないし、私自身の仕事もあるので貯金もある程度はできます。だから、悲観的に考える必要はないことを分かっているのです。でも、一生、こうして夫の研究生活を支えなければならないのか、と思うとやりきれない気持ちになってしまいます。

最近、夫への不安の気持ちを押さえられなくなっている自分がいて、夫にもついついキツクあたってしまうのです。赤ちゃんが欲しいけれど、こんな不安定な気持ちで健全な育児はできませんよね。仕事も辞められないし。あ〜、この不安な気持ちを夫や両親にもわかって欲しい。うそでもいいから「心配しなくても大丈夫」の一言が欲しい。

とても孤立してしまっている感が強い私。
同じポスドク妻さん、不安をどう乗り越えていますか?
アドバイスをいただけたら嬉しいです。

ユーザーID:1271435878

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数7

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • そうですねぇ・・・

    トピ主さん、こんにちは。私はポスドク妻歴3年です。
    主人の研究場所は海外。もちろん、任期つきです。私は日本での仕事をやめ、ついてきました。
    文章から察する所あなたのお仕事は研究職ではないのでしょうか?私は一般職しかしたことが無く、研究職の世界はまだまだ分からないことが多いです。しかし、ポスドクの生活が先行き不安定というのはもちろん知ってます。

    不安が無いわけではありません。私の場合、日本でもここ海外でも主人の職場の方達とよく遊びに行ったり、飲みに行ったりとよいお付き合いをしています。研究職を見つけるのに必要なのはコネとタイミングと聞いてますが、こういった日々の交流を大事にしている方から情報を頂くこともあります。数年後お互いどうなっているか分かりませんが、今できることを皆一生懸命やってます。

    一生ご主人の研究生活を支えなければならないのかと悲観的になっているようですが、貯金をしつつ生活できるし共働きだし、私は少し羨ましくも感じますよ。私帰国したら一から就活しなければならないのに、ブランクがある上年齢ひっかかりますから。大変です。多分…

    ユーザーID:1816470701

  • のんびり構えました

    5年ほどポスドクの妻でした。

    転勤も多く、それなのに私が稼がなくてはならない状況で、かなり大変だった時期もありました。当たりたくなる気持ち、分かります。
    でも相手はなかなか頑固(では無いかもしれませんが)。なので、こちらはこちらで楽しむと決めて、何とかストレスを吐き出していました。オフは大いに遊んだり休んだりしました。

    何かに集中すると、相手のことが気にならなくなったりしませんか?
    熱中できる趣味があれば、思い切りやってみるのはどうでしょう?

    ユーザーID:6713283233

  • うちの夫もポスドクです。

    トピ主さんのお気持ち、よく分かります。
    私は、今は専業主婦(子育て中)ですが、結婚前は研究職でした。
    うちの夫もバイオ系で、先行きとても不安です。
    結局任期制で、契約の綱渡り状態ですよね。
    うちの場合は子供もいるし、私は専業主婦で収入もないですから、
    夫の収入だけが頼りです。

    でも、うちの夫も「心配しなくても大丈夫」なんていいませんよ(笑)。
    むしろ私の方が年上で、いざとなったら(自分の収入がなくなったら)
    私に働いてもらおうと思っているみたいです。
    だから私が難関国家試験を受けることにも大賛成でしたし(笑)
    実際に私が働けば、きっと夫よりも収入良いだろうなとは思います。
    きっとその安心感が夫が気張らずに仕事できてるんだろうなと思っています。
    私は就職する気はないんですけどね(子供が全員独立するまでは)。

    トピ主さんは立派ですよ。
    私みたいな見切り発車、しないですもん。
    私は子供がすぐ欲しかったから、貯金なんてなしで出産。
    未だに実は貯金ありません。
    夫の奨学金を返さないといけないので、当分余裕はありません。

    お互い頑張りましょう。

    ユーザーID:0465202113

  • いいアドバイスはできませんが・・・

    ご主人は、将来をどう思っているのでしょうか?ポスドクには期限があるので、不安は本人にもあるはずです。ご主人にあたるのではなく、二人でちゃんと話し合ってますか?ポスドク後に大学のポストがとれそうなのか、または他の企業に就職するのか、など。

    トピ主さんの詳しい事情はわかりませんが、私は夫が楽しんで仕事をしてくれる方がいいです。ポスドクだったときには世帯収入は1/5くらいまで減りました(私も仕事を辞めたため)。でも研究の仕事が楽しそうで(大変でもあるけど)ストレスも少なく、それまでの貯金に手を付けなければいいか、という程度の生活をしていました。

    >一生、こうして夫の研究生活を支えなければならないのか、と思うとやりきれない気持ちになってしまいます。

    こういう気持ちを持つということは、すでにご主人への思いやりが薄れてきているのでしょうか?私自身は自分を犠牲にしても夫を支えたい気持ちです。そして、いざとなれば私が生活費は稼ごうという気持ちもあります。やはり研究に対する情熱を理解することが一番ですね。

    ユーザーID:0391356426

  • 心配ですよね

    こんにちは。
    微妙に立場が違うかもしれませんが、数年前まで同じ状況だったためご心配な気持ちはわかります。
    私たちは両方ポスドクで、お互い不安な身分のまま数年を過ごしました。
    もちろんポストがある間は給料面で不安はないのですが、安定した職業でない立場、来年はどうなるのか、子供は…と、ことあるごとに悩んだり喧嘩したりでした。
    うちは職に関してはお互い様だったのですが、やはり子供は男女でまったく考え方が違うんじゃないですかねー。夫は『どうにかなるよ』で、私は不安でぜったいむり!と。
    どうにかなる、という考え方は人から言われて納得できることではないんですよね、残念ながら。
    ご主人も任期無しの定職を探されている所ですか?バイオ系だと企業の募集も多かったりするので、もしそういった方面を考えておられずにポスドクでいっか♪という立場でしたら、きちんとご一緒に将来の家族について話し合われたほうがいいと思います。(日本ではポスドクの立場は低いです)
    がんばって就職活動をされてる最中でしたら、いつか必ず努力は報われます!あまり負担を抱えず、お互いを思いやって乗り越えましょうね。

    ユーザーID:3199770661

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • よく分かります

    私の夫もポスドクで、海外で働いています。
    花子さんの不安なお気持ちよく分かります。
    似たような状況なので、アドバイスはできませんが、我が家の状況を書こうと思います。

    うちの場合は、結婚してから、日本と海外を1〜2年単位で動いています。
    先行きが不安定なため、今まで何度か、「研究職以外も視野に入れて欲しい」との話し合った(or文句かも)ことがありますが、その都度なんとか次の仕事が見つかっているため、現在に至っています。
    主人は研究が大好きなので、他の職種に就くつもりはあまりないようです。

    私は資格を持って働いていたので、いざ主人の仕事が途切れたら私が家庭を支えればよいと思い結婚を決めました。
    ただ、引越しの度に私が仕事をやめなければならない状況。
    現在は海外なので仕事ができず、自分自身のキャリアも積めずに憤りを感じることもあります。

    ただ、ご主人様がどんなお仕事でも不安のない状況というのはないでしょうし、私の場合は夫と結婚したことで、海外での暮らしを体験でき、語学の勉強に打ち込めたので、それを前向きにとらえたいと思っています。
    お互い頑張りましょうね。

    ユーザーID:8892439218

  • 気持ちが楽になりました。

    皆さんからのレスポンス、感謝して読ませていただきました。
    私の投稿に目を留めてくださって、あたたかい励ましの言葉をありがとうございました。

    流れ者3号さん、「今できることを一生懸命皆やっています」にハッとさせられました。そうですよね、皆それぞれに頑張っているんですよね。
    あんなさん、私の気持ちに共感してくださるお言葉、ウルウルしました。自分の時間をもっと楽しんでいいんだな、と思いました。
    ポスドク男の妻さん、状況をシェアしてくださってありがとうございました。あ〜、こんなに頑張っている方もいらっしゃるんだと励まされました。
    元ポスドクの妻さん、そうですよね。私も夫が真摯に研究に向き合っている姿が好きです。恋愛時代の初心を忘れてはいけないですね。
    ポスドクだった妻さん、共感のお言葉、本当に身にしみて嬉しかったです。いつか努力が報われる日が来ることを信じて頑張ります。
    ベルさん、少々の不安があっても現状をポジティブに受け止めることが、今を乗り切る秘訣、と教えていただけたような気がします。

    私、力が沸いてきました。こうして励まして頂いたことを忘れずに、頑張ります。

    ユーザーID:1271435878

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧