• ホーム
  • 学ぶ
  • ビターな味わいの恋愛小説教えてください

ビターな味わいの恋愛小説教えてください

レス9
(トピ主0
お気に入り7

趣味・教育・教養

コロンボー

秋。ビターなチョコレートが似合う季節。
ビターな恋愛小説で、読書の秋も満喫したい!
甘ったるい恋愛小説はもうたくさん!
読者に「泣き」を強要する湿っぽい恋愛小説も気分じゃない!

というわけで、ビターな恋愛小説のおすすめを教えてください。

条件は、
●主人公や恋人が死なない(=死にオチで泣かせない)
●甘ったるくない、ベタベタしない、ドロドロしない
●芳醇な味わい(=薫り高い文章)

よろしくお願いします。

ユーザーID:4125659411

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数9

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 山田詠美さん。

    彼女の恋愛小説は絶品だと思います。
    まさに「ビターなチョコ」って感じですよ。

    ユーザーID:7113327403

  • 宮本 輝 「錦繍」

    秋になるといつも読み返したくなる小説が、この「錦繍」です。
    宮本輝作品は文章が流れるようで、味わい深いので好きです。

    この作品を初めて読んだ時は衝撃を受け、本当の意味での「大人の恋愛小説」だと思いました。燃えるような紅葉を背景に描かれる人間の哀しい愛情と生きる力と切なさ、人生の悲哀、そして希望を感じる、美しい小説です。読んでひと晩経つと忘れてしまうような小説とは違います。
    全ての人に読んでほしい!

    ユーザーID:5191503471

  • サガン「すばらしい雲」

     サガンの作品は、ビター小説に入ると思います。

     特にコロンボー様の3条件に適うものはと考えて、

     「すばらしい雲」をお勧めします。

    ユーザーID:3451060364

  • ミステリーもおすすめ

    恋愛小説ってわけではないですが、
    恋愛もあるミステリー小説っていうのがグッときます。

    白夜行(東野圭吾)
    容疑者Xの献身(東野圭吾)
    影踏み(横山秀夫)

    などなど。切ない愛です。
    お勧めです!

    ユーザーID:2551430158

  • 川上弘美さん 「センセイの鞄」

    大人だけどもどかしくて、やさしくて切なくて、
    とてもゆるやかに進む恋模様を描く物語です。

    賞をとって、ベストセラーで
    ドラマ化もされているのでかなりベタなんですけど
    私のお気に入りです。
    友達に貸すときも「この本だけは必ず返してね」と念をおしたところ
    やはり気に入ったらしく、私に返却後、結局自分で買いなおしたらしい。

    コロンボー様の最初の条件に、やや抵触いたします(すみません)が、
    「泣(鳴)かせてみせよう」の類ではありません。
    ベタベタの甘甘じゃないと思いますよ。

    また読みたくなってきちゃったなー。

    ユーザーID:8244383179

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • タイトルは秋ではないですが…

    「春にして君を離れ」
    アガサクリスティがメアリなんとかって言う別の著者名で
    書いているミステリーではない小説です。(文庫で、でてます。)
    ある夫婦の話なのですが、味わいは苦すぎるくらいビターですが
    、深い話なので私は大好きです。

    ユーザーID:2630585110

  • 小池真理子

    どっちもお奨めです。

    小池真理子の「欲望」と「恋」
    どちらも女性が主人公のビターな恋愛小説です。

    あと、上でも書かれてますが、川上弘美の「センセイの鞄」は私も好き。

    ユーザーID:1224982546

  • アニー エルノー 「シンプルな情熱」

    わたしがこの本を手にとった時はちょうど失恋してまだ日が浅かったので
    主人公の女性の気持ちが自分のことのようにリアルに感じました。
    といってもこの小説は一切の感傷を排した文章で恋愛していた自分を客観的に振り返る形で書かれています。
    それがかえって嵐の過ぎ去ったあとの静けさを感じさせます。
    恋愛はたとえそれが失う結果に終わっても、あれほどまでに心を揺さぶられる経験は他では得られない貴重なものだと思いました。

    ユーザーID:2962631593

  • ツ、イ、ラ、ク

    「錦繍」も「センセイの鞄」も小池真理子の「恋」もいいですね。

    姫野カオルコの「ツ、イ、ラ、ク」も面白いですよ。主人公の女性の小2から中学生、そして大人になってからを描いていますが、驚くほど『甘くない恋愛小説』です。

    あとがきの中で、「いわゆる恋愛小説が苦手な、あるいは苦手になってしまったところの、大人の読者にこそ強く訴える作品である」と著者が述べているので、若い方向きではないかもしれませんが…

    ユーザーID:2030458854

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧