子育ての『座右の銘』

レス40
(トピ主1
お気に入り48

妊娠・出産・育児

ぼっこ

現在3歳の娘がいるぼっこです。

子供にはいろいろ期待してしまいそうになることが度々あるのですが、その度に『子供は親の分身ではない』という言葉を思い出して自制しています。

「なんでできないんだろう」
「なんでわからないんだろう」
「よその子はできるのに」
と心がギスギスし出したときに自分にそういい聞かせて、
「あるがままのこの子でいい」
と思えるようになりたいからです(なかなかうまく感情がコントロール出来ないのが未熟なとこですが・・・)。

子育て中の皆さん、また子育てを終えられた諸先輩方には座右の銘はありますか?
あれば是非参考までに教えてください。

ユーザーID:1757062808

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数40

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 子供は、(親が)育てたように育つ

     トピ主さん、こんにちは。3歳のお子さんだと、まだまだ手がかかり、イライラすることも多いと思います。

    我が家には8歳の一人娘がおります。
    私の座右の銘は、

     ・子供は(親が)育てた様に育つ

     ↑
    です。

     あと「座右の銘」ではないのですか、「子供はいずれ大きくなり、私の手元から飛び立つ」という事はいつでも思っています。
    「ママ。ママ」と甘えてくれるのも、あと数年かと思うと・・「今のこの時間」を大切にしようと心から思います。

    ・いつかは私の手元から、はなれて

    ユーザーID:6720447069

  • 【子育てとは子供の心になりきること】

    6歳双子(2卵性男女)の父親です。『座右の銘』などと大それた事ではないのですが、私の場合はタイトル通り自分がこの子の歳の頃はどんな気持ちだったか?と思い、それに成りきって一緒に遊ぶのです。自分が子供の頃、遊びたかった遊び、父親にしてもらいたかった事を今、実践するのです。自分が童心に還って遊ぶので当然楽しいし、楽しい気持ちの父親(私)と遊ぶ子供も楽しいと思います。

    反面、躾は厳しくしていると思います。私は親から体罰を受けましたが、子供には一切していません。その代り怒る時は腹の底から怒ります。楽しい顔と怒る顔が極端に違う為か(滅多に怒りませんけど)、私の言う事は良く聞くと思います。
    私が怒る時のセリフは「じゃあお前たちが約束守れないんだったら、パパもう遊んであげないからね。」です。これで一発で言う事聞きます。

    トピ主様の娘さんは、まだ3歳。可愛い盛り、成長盛りです。こんな純真で素直な時期はありません。物凄く大変な時期ですが物凄く充実し楽しい時期でもあります。どうか思い切り楽しんでください。子供って可能性の塊ですよ!御参考になれば幸いです。偉そうな事言ってスミマセンでした。

    ユーザーID:8122590226

  • ほっぺ、ほっぺ

     イラッとしたら心の中で唱えることがあります。(笑)

     3歳ならまだいけます。5歳になると「上唇」(とんがっていて可愛い)や「脇腹」(まだまだフワフワ)が必要になります。


     子供に対してイライラギスギスしたら、子供の目の中とほっぺを見るようにしています。子供が「やべっ」っていう時の顔や、「てへっ」っていう時、「みてみて!」っていう時、目の中がキラッキラしています。おまけにその両脇にぶら下がったすごい脂肪のほっぺ。中央にとんがる唇。

     怒る気も失せますよ。笑

     ほっぺや目の中を見ても収まらない時は実際にほっぺをすりすり触ります。笑

     
     小さいですよね〜、子供って。

    ユーザーID:5317424982

  • 『子育ては、いいかげんが好い(いい)加減』

    息子も高校生になり、いよいよ子育てのラストスパートに入りました。
    『子育ては、いいかげんが好い(いい)加減』
    これはいいかげんな子育てを奨励する言葉ではなく、“何事にも完璧はありえないのだから肩肘はらず頑張りすぎず、マイペースの育児を心がけよう”という意味なんだと思います。

    子育てで一番感動したことは“胎児の記憶”を聞けたことです。息子は言葉が遅く、何を言っているのか私しかわからなかった時期もありましたが、彼は胎児の時のことを憶えていたのです。

    好い加減な育児はメリハリがポイントです。
    話し始めるのが遅くても気にしなかったし、幼児教育にも興味がなかったし。でも、心の教育はきちんとしっかりと。
    叱るときはお尻を叩いたこともあったけど、ぎゅうっと抱きしめることもしました。そして、よそのお子さんとの比較は絶対にしませんでした。
    いいかげんを実践して15年たち、息子は積極的で明るく素直な子供に成長してくれたと思います。

    ただし、親はわが子が興味を示したことを見逃さないアンテナを張る!このことだけは、いいかげんはいけないですね。潜在能力は無限ですから。

    ユーザーID:5447012442

  • なるようになる。なるようにしかならない

    子どもといえども自分とは別の人格を持った人間ですから成長するにしたがって、自分の思い通りにはならないようになります。
    親の思い通りに育てようという考え方にふと疑問を持ったときに、タイトルのように考えて心が軽くなりました。
    どれだか考えたって思い煩ったって、しょせんなるようになるものであって、なるようにしかならないものなんです。

    ユーザーID:9098899319

  • 子供は親が言うように育たない、親がするように育つ

    数年前、まだ未婚だったころに聞いた言葉です。そのとおりだ!と強く印象に残っています。
    子供に「ああしなさい、こうしなさい」と言ったところで、親がやってなければ、するわけがないんですよね。子供はちゃんと見ています。

    息子は現在1歳半。あいさつがちゃんとできる子になってほしいため夫婦間でも「おはよう」などのあいさつをきちんとしています。また、ちょっとしたことでも「ありがとう」「ごめんなさい」を言うように心がけています。
    そのおかげか、知らない人に対しても、親があいさつをすると息子もペコッとお辞儀をするようになりました。
    ただ、荷物を持ったり、階段を登るときは「よいしょ、よいしょ」と掛け声をかけています。私がよく言っていたんです・・・息子が言っているのを聞いて気づきました。携帯電話のおもちゃで遊んでいて、お辞儀をしているのを見たときには笑ってしまいました。親のまねをしてるんですよね。

    私自身、子供のお手本となれる親を目指したいと思っています。そのためには、自分の理想の人間像に自分がなれるよう努力しないとね。子育ては自分育てとはよく言ったものだなあと思います。

    ユーザーID:1307539449

  • 青年は心を離さずに

    現在3歳男児・10ヶ月男児の母です。

    乳児は肌を離さずに、幼児は手を離さずに、
    少年は目を離さずに、青年は心を離さずに

    いつも心に留めています。
    I will always love you. です。

    ユーザーID:8217348629

  • 親は子供の成長のお手伝い

    まだまだ未熟者の母親ですが、レスさせてください。

    我が息子はもうすぐ1歳になろうとしています。1年前、生まれてきたときは本当に小さくて、泣くことしかできなかったのに、2週間後には上手におっぱいを吸うようになり、笑うようになり、がんばって寝返りをして、気がつけばお座り安定してて、突然ハイハイとつかまり立ちをしたかと思えば、そのまま移動してて・・・・と、目まぐるしい成長の1年でした。でも上に挙げたこと、私ひとつも息子に教えてないんです。全部自分で試行錯誤を重ね出来るようになったことばかりなのです。

    子供には、自分で大人になっていく力があるのだと思っています。でもその時々に出来ることの眼界がある、だから親はその出来ない部分を補ってやるのです。我が子はまだ自分で食べるものを得ることができない、だから私はミルクや食事を作ってあげる、自分でおむつを取り替えることが出来ないから取り替えてあげる・・といった些細で単純なことです。でもそう思うことで「この子は何でできないんだろう・・」といったイライラを感じることは皆無どころか、ほんの小さな成長に毎日感激です。

    ユーザーID:7571210765

  • 親は子供の成長のお手伝い 2

    続きです。長くなってすみません。


    これから先も息子は、社会で生きていくためのたくさんの能力を自分で身に付けていくと思います。私たち親はその時々で適切な手助けをしてあげるつもりでいます。そして親の手が離れるまで見守ります。

    なーんて、なんだか難しく書いていますが、本当に単純なことなんですよ!
    「なんでできないんだろう」 → こんなことまで出来る!
    「なんでわからないんだろう」→ そんなことわかるの?
    「よその子はできるのに」  → いつ出来るようになるかな♪
    と、発想の転換が出来るようになります。

    我が子も同じ月齢の周りの子の中ではハイハイするのが一番遅かったんです。でも、私はみんながチョロチョロ動き回ってる中デーンと座ってる息子をみて「生まれたてはあんなに小さかったのに、もうお座りできてるなんて(涙)」と一人感激していたのです(笑)

    ある意味楽天的かもしれませんが、トピ主さんもイライラしたときは、どうぞお子さんが生まれた時の姿を思い起こしてみてください。

    ユーザーID:7571210765

  • 人間は動物

    人間なのでいろいろ考え過ぎてしまいます。

    でも、人間も動物。

    人間も動物も、親が必ずする事は

    食べさせて、生かす事。自立させる事。

    なので、栄養学を勉強します。料理を勉強します。添加物をなるべく削除します。
    子供と楽しくご飯を食べます。自立するまで、ずっと作って食べさせるでしょう。

    生きてくれている。今日も元気にご飯を食べてくれる。
    可愛い可愛い我が子。

    それで十分ですよね。きっと。。

    ユーザーID:3651418459

  • 大学生の母です

    座右の銘というほどではないのですが、「子育てには教科書はない」
    と思って今日まで過ごして来ました。
    子供(一人の人間)を育てるということは人生においての大仕事です。
    今まで、試行錯誤をしながら、また悩みながらも何とかその中から、
    最良の道を見出そうと必死でやってきました。
    例え、時間がかかろうともそれは決して無駄にはならないと信じて。
    愛情を持って育てれば、どんな子育てでも間違ってはいないと思います。
    実に、基本的なことですよね。(愛情が過度に多いのは問題ですが)

    ぼっこさん、どうぞお子さんと出来るだけたくさん会話して下さい。
    そして、お子さんの良い所を伸ばしてあげて下さい。
    それから決して、よその子と比べないように・・・
    私も、子供が小さい時は比較してしまい、今では大変反省しております。

    ユーザーID:3580115935

  • やっぱり育児は育自かも・・・・・

    思春期になる娘二人がおりますが、
    いつまでも子育ては「忍耐と体力!」です。

    その時々で、考えることは色々だけど、
    我慢して頃合を見計らうこと、
    毅然と立ち向かうことが大切ですよね。

    かといっても、初めての子に関してはこっちだって素人です。
    失敗しちゃう事もあります。
    先輩ママやママ友と情報交換して
    ステップアップしたいものですね。

    ユーザーID:3509101682

  • 「3つ叱って5つ褒めろ」

    息子の学校の校長先生がおっしゃっていました。

    ユーザーID:5832948162

  • 私を、母に、大人に、育ててくれてありがとう、子供たち。

    子供たちのおかげで、
    我慢する事を学びました。
    それと、
    人を怖がる本能(これは確実にみんなが持っているもの)に身を任せるよりも、
    人々のただ中に飛び込んで行く方が、
    子育ては楽になる事を発見。
    子供たちにいっぱい泣かされ(もちろん私も子供を泣かせたり、傷つけたり!)
    子育てする中で出会うすべての人々とのおつきあいにくたびれて(笑)いくうちに、
    私に徹底的に足らなかった鈍感力が付いてきたのでした。
    自分らしく生きるのに欠かせないのが鈍感力ですから、
    座右の銘は、
    『私の人生で最も偉大な教師は子供』

    ユーザーID:5851713964

  • 母から受け継いだ言葉でしたら

    「手をだすな、口をだすな、目を離すな」
    と言うのが私の母から言われた言葉です。
    夫の父からは、
    「やってみせ、言って聞かせて、やらせて見て、ほめてやらねば人は動かず」
    でした。
    元軍人さんなので、昔の人の言葉だと思うのですが、どこかで聞いた
    「子育ては ついつい手が出る 足が出る」
    のほうが身にしみます。

    ユーザーID:5440493662

  • 育てたように子は育つ

    私もゆみかさんと同じです。

    『育てたように子は育つ』

    だから、子育てで困った事があるときに、自分を反省することになります。

    一番じっと我慢したのは、子供を塾に行かせなかった事です。
    もちろん、提案はしましたが・・・。
    私の安心のために行かせるのはいけないと、心を鬼にして我慢しました。
    周りに流されないようにかなりこらえました。
    でも子供にも言い分がありましたから、それなら自分で頑張って勉強しなさいと、子供自らが『塾へ行かない』事を選んだのだから
    その言葉に責任を持たせました。
    上の二人は塾に行かないまま大学生になりました。
    下の子は中学生で決して成績がよくありませんが、
    やはり『行かない派』なので、本人に任せてます。
    行きたい高校があるようなので、これから頑張らねばならないところでしょう。
    自分で頑張るのは塾へ行くよりも大変だと思います。

    私は後は受け皿になるだけですね。
    合格しても、ダメだったとしても。

    要は子育てで自分の安心のための選択をしないようにしようと心がけてます。

    ユーザーID:7248171300

  • 急がば回れ

    育児で時間も心もキリキリしてきたら、心の中で唱えています。

    ワーキングマザーなので、スキルもダウンしたくないし、
    育児も家事も手がかかる・・・。でも急いでいても
    仕方が無い、と思って唱えています。

    ユーザーID:6871511949

  • 個性だよ、個性。

    家にちょっと足りない子供がいると、「・才にもなって、なんでこんな事も出来ないんだ!」とつい怒ってしまいます。そんな時は、保育園の園長さんの言葉が思い出されます。「それも個性だよ、個性。」
    ぶち切れても子供の能力が伸びる訳でもないので、持って生まれた能力をそのまま受け入れて育てるしかありません。他の子と比較せずに。

    ユーザーID:2850263718

  • 親は子供に親にしてもらう

    親は、子供を産んだからといって、当たり前に親になるのではなく
    子育てを通じて、子供からも学び親にしてもらうんだ

    という言葉です。
    子供から学ぶこと、今は慌しくて良くわからないかもしれませんが
    きっとありますよ。

    ユーザーID:8700496187

  • 生きてりゃいい

    完璧主義で「〜しなきゃ」「〜させなきゃ」が高じて
    育児ノイローゼになったことから、
    「大らかさ」を目指して軌道修正してきました。

    もっと大きくなってきたら、それだけでは済まなく
    なるのかも知れませんが、2・4・6歳児の今は
    子供たちの安全確保だけでも神経使いますよね。

    ぼっこさんもそうかも知れませんが、私も、
    第一子にはついつい期待が大きくなってしまいます。
    生まれてからまだ6年しか経ってないのに、
    それにしては彼女も頑張ってるな〜と、長女を
    意識して評価するように気を付けています〜。

    ユーザーID:7074994819

  • 子と一緒に親も育つ

    私なりの、座右の銘でしょうか?(苦笑)
    なんでー?

    良く思って、イライラしてます。
    でも、誰だって、最初からできる子なんていませんよ。(得手不得手あろうけど)

    私なりに思ってるコトです。(自分の子を)

    ※この子が居てくれるから、自分が親としていられる。
    ※この子が好きな事ってなんだろう?一緒に好きになれるかなぁ...。

    まぁ、他にもいろいろありますけどね(苦笑)
    好きなところを拡張してあげる。それが大事ではないでしょうか?

    人として大切な事を教え、本人の能力を引き出してあげる。
    それが親の使命だと思います。

    できた親ではありませんが、そうして共に成長していけたらと思ってます。

    ユーザーID:3746839303

  • ”怒る”と”叱る”をはき違えない。

    私は、4歳2歳の息子二人を育てる母です。
    私の一番心に留めていることは、
    ”怒ると叱るをはき違えない”
    ”愛すことと甘やかすことをはき違えない”です。

    感情に左右されずに冷静さを持って、子供を叱っていると自覚しながら、
    子供に応対します。
    愛するがゆえに、厳しくしなくてはならないときがあると、
    自分を戒めます。

    そして、もう一つ。
    ”毎日必ず一回は子供を爆笑させる”です(笑)
    子供の笑い声は、幸福の音です。

    ユーザーID:9842986292

  • 主人の魔法の言葉・私の魔法の言葉

    主人の魔法の言葉は
    「子供は3歳までにその一生分の親孝行をする」だそうです。

    自分が死んでしまうまで、どんな憎らしいことを言っても、行っても、我が子を慈しみ愛す。
    あの3年間は、それ程強烈で 新鮮で 溢れ来る愛しいわが子への想いでいっぱい ・・・らしいです。

    生まれたときの嬉しさ、初めて歩いた時、パパと呼ばれた時、一心に自分にしがみついてきた時、一緒に歌ったり、散歩したり、お風呂に入ったり・・・我が家はすでに一生分の親孝行を終えた息子です。
    幼い時の思い出一つ一つがあるから、今の反抗期を一緒に乗り越えられるのだ、と言っています。

    私は保育園の園長先生が言った「食は人を作る」です。
    食事をしましょう。食べ物を与えるだけ=餌です。子供=動物ではありません。
    餌で育つのは動物です。人は食事をします。
    今日は子供と食事をしたのでしょうか?それとも子供に餌をやったのでしょうか?

    毎日の食事やお弁当・おやつに留まらず、洗濯や挨拶、言葉遣いなど
    忙しいといって疎かにしてはいないか、私は子供を育てているか?飼ってはいないか?自問自答しています。

    ユーザーID:6219844505

  • 別のサイトで

    ある方が書かれていた言葉です。
    その方も言われて心が軽くなったとおっしゃっていました。

    「真面目なお母さんにならなくていい。元気なお母さんになりなさい」


    座右の銘とはちょっと違うかもしれませんが、今の私の子育ての根本です。

    ユーザーID:0260161172

  • わかるかどうかをモニターして

    座右の銘は「その場では恨まれても、後々感謝されるしつけをしよう」です。もう私の子供たちは成人していて、ときどき彼らから「反発したこともあったけど、教えておいてもらってよかった」と言われます。典型的な例が箸の持ち方ですよね。幼稚園に入る前教えるのは、労多くして益少なしですが、小学校を卒業する前に矯正しないと、本人が恥をかきます。結局本人が理解して、彼らなりに正しいかどうか判断できるように持って行くのが大切だと思います。

    ユーザーID:1699554375

  • まだまだ新米ママですが

    私は現在1歳2ヶ月になった息子がいます。
    この1年、気分の浮き沈みやイライラを乗り越えてたどり着いた言葉は

    「子供に育てられている」

    です。

    子供ができて、我ながら「大人になったな〜」と感じること多いです(笑)
    「子供に「親」にしてもらっている。」
    そう考えるようになったことで、いろんな肩の荷が降りました。

    うちはまだまだこれから。
    やっぱり3歳くらいになると大変なんでしょうね。
    その頃にはまた新しい座右の銘ができているかも知れません(笑)

    ユーザーID:2429274936

  • いかに自分が楽になるかをモットーにしてきました

    9歳の子供の母です。
    離乳食のころ、食べさせてあげていましたよね。でも、それを続けていると食べる意欲のない子が育ちます。
    食べさせていると、早いし汚さないからそのときは楽なのですが、あとで食べてくれないとイライラします。
    お着替えをしてあげていると、早いですが、続けているとこれも自分でしなくなります。
    何でもそう、子供が自分でしようと思っているときに、自分でさせ、それを見守ることが、「できる」につながると思います。
    だんだん自分で出来ることが増えると、母親は楽になります。
    時間に追われていては、待つことはなかなか出来ないでしょう。待てる時間を作って、子供と付き合ってください。
    出来ないのではなく、させてないことってたくさんあると思いますよ。
    うちの子は、2歳ぐらいから、靴は自分で履いていましたよ。

    ユーザーID:5818802591

  • バムとケロ

    座右の銘と言うような、ちゃんとした言葉ではないけど。
    『バムとケロの・・・』シリーズの絵本、ご存知でしょうか?
    ある保育士さんが「あの本は子育てのバイブルだよ」って言っていたのです。
    確かに!
    それ以来、私は「バムになろう」って心がけてます。

    ユーザーID:7657644525

  • 7割

    子育ては何事も7割で

    自分が子供に対してしてあげるのも7割、干渉するのも7割。
    そのくらいが親も気負いすることがなく子供の自主性も育ちます。
    ただ、締めるところはきっちり締めることは必要ですね。

    ユーザーID:6732561561

  • 叱るときには現行犯で、、です

    怒らないようにつとめていても
    ついつい感情的になってしまうのが親
    私の知り合いにピアノの先生が二人いますが
    どちらも、自分の子を教えるのは絶対に嫌で
    絶対に無理だといいます。
    感情的になりすぎて、なんでこんなことができないの?って
    責めてしまうのが想像に易いからだとか。
    話がズレましたが
    私は常に、何事も現行ということを頭においています。
    悪い事をしたときも、その場で叱ります
    どこにいても誰といても、です。
    (もちろん雰囲気を壊さない程度の配慮はします)
    帰って思い出させて叱っても、子供はピンときません。
    子供の疑問にも、その場で解決です。
    知ってる事はその場で教え、怪しいときは、調べさせたり
    もしますが、基本的にすぐに解決です。
    もちろん、該当しない事案もあったりはしますが、、、

    ユーザーID:7126304423

レス求!トピ一覧