資格取得、資格取得ってちゃんとモノになりました?

レス11
お気に入り11
トピ主のみ0

司法書士

働く

周囲でも、こちらのトピでも、今は資格取得目指しているので、バイト中とか、働かずに家にいますとか、お見かけしますが。

資格取得の為のお勉強、そしてその資格を生かしての再就職、就業など、現実に叶ったのでしょうか?

なんだか、現実から逃げるための隠れ蓑にしている方も多いように感じてしまうのです。

というのもうちの父が40代半ばで会社を辞めて資格取得と称して何年か家にこもっていたことがあるんです。資産も貯蓄もあったので生活は立ち行く程度でしたが、その後、新しい会社に再就職し退職するまで確かその資格取得の勉強は続けていたかと思いますが、60代の現在に至っても、その資格はとれていません。もうさすがに諦めて隠居生活に入っています。

そんな経緯もあり、お見合い相手で資格取得の勉強中のため年収が200万しかないという男性と知り合ったりしたこともあり(結局将来の保障がないので見切ってしまいました)。

なんだか、「資格取得のための勉強中」にものすごく違和感というか、偏見を感じてしまうのです。

実際に、現実逃避のための勉強ということはないのでしょうか?

ユーザーID:2208966155

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数11

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • こればかりはね・・・

    本人次第でしょう。
    私の勤務先に税理士の勉強中のアルバイトの男の子がいました。
    無事合格して今は会計事務所だかどこだかで修行してます。
    友達にも税理士の勉強をしていた子がいましたが、その子は途中で挫折しました。
    でも、今は経理の仕事をしているので勉強はむだにはならなかったでしょう。
    私の夫は忙しい仕事をこなしながらとある難関資格をとりました。
    夫の働く会社には司法試験を目指している人がいますが、前回はだめでした、また受験するようです。
    夫と同じ資格をとるために会社をやめた人もいます。
    その人の場合は現実逃避に近いものがあるらしいです。
    と、本当に人それぞれなので決め付けはよくないですよ。

    ユーザーID:3114491049

  • 取り掛かるのが遅い

    自分の一生の仕事を考える時、どうしたらいいか、どうしたいか、仕事だけでなく生き方を
    どうするかって考えるのが、遅すぎるのです。
    働き出してから考えることでは本来無いはず。

    私は高校2年生、自分の進路を決めるときに、毎日毎日悩み続けました。
    どうやって生きていくかって真剣に考え続けました。

    今では普通にある職業体験授業。
    その当時、そんなものなかったです。
    でも、自分で考えてありとあらゆるバイトをしました。
    自分で職業体験してみたのです。
    合っているもの、無理なもの、高校生なりに判断しました。

    事務員は無理、資格を取ろうと進路室で探しました。

    学校が大好きだったので、
    幼稚園教諭、保育士、養護教諭、美術教諭、小学校教諭・・・
    リストアップして、その中から自分が出来そうな職種を選びました。

    紆余曲折ありましたが、現在学校で働いて22年です。
    資格を取って良かったと思っています。

    トピ主さんの周りにいる人たちは高校生の頃、眠れないほど将来のことを
    考えた時期が無かったのでは?悩む時期が遅すぎるのです。

    ユーザーID:6226632457

  • 年齢次第です!

    経験からお話しますと、資格を生かした就職も他の就職と同様 年齢が大きく関係すると思います。

    転職の場合も 資格取得後の経験が重要ですから取得したばかりでは採用は難しいのでは?

    難関といわれる資格の場合も たぶん就職となると年齢的なリミットはあると思いますよ。

    就職を考えなければ ボケ防止をはじめいつまでも向上心を持ち続けるという点でも勉強はとてもいいことだと思います。

    しかし現実的な話をすれば夢を持ち続けながら勉強し仕事に結びつけることが可能なのは20代までかな〜と思います。

    ユーザーID:7161299608

  • 目移りするのかな

    クラスメイトに、歯科医師免許を取って研修医になってから弁護士になりたくなり、研修医を辞めて法科大学院に通った人がいます。
    結果はダメでした。
    もう高校を出てから10年以上経つから、勉強するのもイヤになったけど、今更歯医者にも戻れない・・・と悩んでいます。
    歯科医師としては卒業年数が経っている割には経験が全くないに等しいので、どこも雇ってはくれないのです。
    どうするんだろうなあ、と思って陰ながら見守っています。

    一方、医学部生で、大学の勉強をこなしながら司法試験をパスした友人もいます。
    どっちで食べていくの?と聞いたら、まずは医者。それから弁護士になって、医療訴訟を扱いたい、と言っています。でも、数年医者をしたところでそんなに医療の内容に明るくなれるのかしら・・・?と思ってしまいます。

    欲張らず、目移りせず、18の時に決めた進路を歩ける人はある意味幸せ者なのかもしれませんね。
    自分はそこまで有能ではないので、そう言い聞かせています(笑)。

    ユーザーID:7822399890

  • トピ主様のお父様が私の父親だったら・・・

    尊敬するなぁ。
    私の父は40代で脳梗塞で倒れてからまともに働く事はできなかったですから。
    それでも資格の勉強をして、周りは不可能だと言っていましたけど実際に資格を取得した父を見て、家族のために足を引きずりながら頑張ってくれてありがとうと思いました。
    言葉にして言った事はなかったですけどね。。

    >現実から逃げるための隠れ蓑にしている方も多い
    数の大小はわかりませんが、中にはそういう方もいらっしゃるとは思います。
    ですが、それが何だと言うのでしょう。
    現実逃避のための勉強・・・。その先に何を仰りたいのか、本音は何なのでしょうか。

    現状維持で満足するもよし。一念発起して、資格取得を目指すもよし。
    人にはそれぞれの事情なり背景なりがあっていいとは思えませんか?
    私は、向上心を持って資格取得に向けて頑張っている人って素敵だな、応援したいなと思いますよ。
    ただし、健康な体があるのに勉強のためだけに長期間完全無職を決め込んでいる男性は、あまり好きではないかなぁ・・・。
    人の生き方にケチをつけるよりも、ご自身の人生に集中なさった方が良いような気がします。。

    ユーザーID:0985965253

  • トピ主さん、勘が良い!

    >なんだか、「資格取得のための勉強中」にものすごく違和感というか、偏見を感じてしまうのです。
    実際に、現実逃避のための勉強ということはないのでしょうか?

    全く私の事です。
    無職で何もする事が無かった時に資格の勉強しましたもん。国家資格でしたが、比較的簡単で10%位は合格のもの。これはまさに「現実逃避」でした。そして今の仕事と全く関係ありません(笑)。

    あと前職に就いていた時に取った資格は、今の会社で面接した時にかなり面接官に「おお!」みたいな事言われていたので、結構役に立ったかも。でもこれって2ヶ月で取得したんですよね、しかも仕事しながらだし。ただ転職したい一心で取得したので、まぁ現実逃避とは違うかな?

     私は逃避型ですが、資格取得者さんが言うように大学進学前に、どんな職業に就きたいか、それにはどうしたら良いか?って決めてから資格取得した方が合理的ですよね。

     結局、人それぞれかなぁ・・・って思います。

     

     

    ユーザーID:6942232598

  • そんなこと言わないで〜

    私の父は、40歳を越えてから
    税理士の資格を取るために勉強しました。
    結局、資格は取れませんでしたが
    勉強している父の姿が好きだったし
    おかげで税金の事にものすごく詳しくなり、
    何を聞いてもすぐ答えてくれました。

    病気になってからはさすがに勉強をやめましたが、
    73歳で現役引退してからも
    趣味として数学の勉強をしていました。

    そんな私、46歳で介護福祉士を目指して
    勉強中です。
    いくつになっても勉強する、という
    習慣をつけてくれたのは
    父だと思っています。

    ただ、私も父も常に働きながら勉強するという
    形をとっているので
    「仕事をやめて」というのとは
    少し違うかもしれません。

    資格も一つの目標です。
    いくつになっても目標を持って勉強する事は
    決して悪い事ではないように思うのですが・・

    ユーザーID:0842178866

  • 資格取得の為には勉強しないと…ダメですよね?

    お金を払って資格が取れるってもんじゃないし(笑)そんな資格役に立たないだろうし。

    とはいえ、トピ主さんがおっしゃってるのは、「勉強している」という印籠を掲げて「現実逃避」をしている人に違和感を感じるって事ですよね?
    人によりけりだと思いますが、実際、我武者羅ひたすらに勉強に邁進している人は、現実逃避では無いと思いますし、違和感は感じません。
    が、そうではなく、「もうココで働くのは嫌だから」とかいいながら資格取得のために退職して、のんべんだらりと過ごしている人は現実逃避になるんでしょうね〜。

    私も会社を辞めたくて転職のために資格を取ろうと勉強しようとしているのですが、会社のストレスで疲れきってしまい、帰宅すると放心状態になってしまっています(笑)退職したら生活が出来ないので、資格の勉強を頑張るかロト6を当てるのに掛けるか、虚ろな頭で悩んでみたりする今日この頃です(笑)
    ネットをしている時間が唯一の気分転換です。完全に現実逃避をし始める前に、そろそろPCも封印しないと…(苦笑)

    ユーザーID:2981989577

  • 現実的かどうかがポイントでしょうか。

    私の住む地域の進学高校は、ほとんど学業至上主義で、家庭の事情以外はアルバイトも禁止、机上の空論で将来を考える若者がとても多いです。(今は職場体験というのがあるようですね。規模はわかりませんが。)だから、社会に出てから別の可能性に気付き、資格取得を目指すことは十分あり得るし、悪いことではないと思ってます。若い一つの決断で人生の融通が一切きかなくなるというのも、極端ですし。

    ただ、資格取得を盾に逃避する人がいるのも事実です。パートナーとしては確かに不安ですね。男女ともに将来設計は明確な方が安心。見分け方は「どれだけ現実的に計画しているか」だと思います。例えば、資格取得のために退職する場合。勉強期間に耐え得る貯蓄があって、もし受からなかった場合はまた別の職に就く心構えと自信がある、など。

    まぁ、逃避してでも休息が必要な場合もありますよ。逃避だと自分で解ってる人も多いでしょう。周囲が休息を許さないから資格を盾にせざるを得ない人も、いるでしょう。また頑張れるならそれもありだと、私は思います。

    色々な事情があるので、あまり強い偏見は持たない方がいいかもです。

    ユーザーID:2677159141

  • 同感です。

    なぜなら私も逃げてたから・・・(現在進行形かも)
    私は去年会社を辞めてから、夜のお仕事をして食べてます。
    「いつかは何か資格を取って昼のお仕事に戻る」といいながら、ずるずると今も夜のまま。
    ちょこちょこと勉強しても続かないんですよね・・・
    結局絶対にこの仕事に付きたい!これがしたい!っていう強い意志がないと勉強って続かない。
    学生のときはともかく、大人になると特に。

    まぁわたしが元々飽きっぽい性格というのもありますが。

    ちなみに準看護師の資格持ってますがまったく使ってません。

    ユーザーID:4853560497

  • ある程度の年代で資格を取ろうとすると難しい。

     仕事をしながら資格を取ろうとすると、取れない場合というのはあります。経験と知識で対応できる問題と経験だけでは対応できない問題があるからです。そして、試験に受かるコツがあって、幅広い勉強よりも、過去問題を網羅して解けるようにしておけば受かってしまうという現実があります。関連する項目全てに、真面目に取り組むタイプの人には受かりにくい仕組みになっています。真面目なタイプが受かるコツをつかめずに仕事を辞めて資格取得をするようになります。

     私の場合だと、資格試験の3ヶ月前に退職して、その3ヶ月間で、絶対に受かるという前提で取り組みました。結果は、1次試験に相当するものに受かりましたが、2次試験に相当するもので落ちました。翌年、2次試験に受かっています。ただ、1次試験には受かったという事実は、次の就職に繋がりました。就職するときに、再試験の時は、1週間程度の休みを貰うという約束も得れて、結果として、資格取得に繋がりました。やはり、真剣であれば、会社を退職してでもという方法はありかなとも思います。---独立という前提で資格取得をしましたので、こういう無理が出来たと思います。

    ユーザーID:5727961648

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧