どん底からはいあがったというノンフィクション本、紹介して

レス28
お気に入り28
トピ主のみ1

you

学ぶ

どん底、苦労から這い上がり成功(幸せ)をつかんだという感じのノンフィクション本、ご存知のかた 題名を教えてください。

ユーザーID:5086325354

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数28

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 本ではないのですが・・・。

    DVDなのですが、私はこれを見て結構元気がでたので、もしトピ主さんが落ち込んでいて元気をだしたい!ということでしたらお勧めの映画です。
    「ショーシャンクの空に」
    そういう目的ではなかったらごめんなさい。でしゃばってしまいました・・・。

    ユーザーID:7975488021

  • 五木寛之の本

    小説でない、エッセイなら、彼の人生を垣間見れます。 色々な人生勉強の出来る本です。 現代の若者にも受けると思います。

    ”風に吹かれて”
    その他色々。

    ユーザーID:1723936263

  • ムツゴロウの放浪記

    タイトル通り、ムツゴロウさんの自伝をおすすめいたします。
    私も思いこんだら突っ走る性分でしたので
    「ムツゴロウの青春期・結婚記・放浪記」は私のバイブルでした。
    その後を成功ととるかは人それぞれでしょうがどん底からはい上がったという意味ではご希望に沿っていると思います。

    ユーザーID:5713699005

  • だから、あなたも生きぬいて

    ぱっと思いついたのは、大平光代さんの「だから、あなたも生きぬいて」です。

    ユーザーID:8687511293

  • だからあなたも生きぬいて

    真っ先にこの本がうかびました。

    「だからあなたも行きぬいて」大平光代

    不良少女〜極道の妻から立ち直り、弁護士になった方の自叙伝です。
    わたしは読んだことないのですが、出版当時、話題になりました。

    ユーザーID:6110319557

  • 未来のきみが待つ場所へ

    「未来のきみが待つ場所へ」 先生はいじめられっ子だった 宮本 延春 (著)

    DVの義理の父親と何も助けられない病弱な義理の母親。
    いじめられっこの落ちこぼれ
    10代で義理の両親との死別
    その後、いろんな人とのめぐり合わせで勉強に目覚め、高校に入りなおして、猛勉強をして大学に入り、現在は高校で数学の教師をされている方の実際のお話です。

    力が湧いてきます。
    人とのふれあいって本当に大事なんだなって思いました。

    ユーザーID:8213832386

  • こんなのはどうでしょうか

    『だから、あなたも生きぬいて』 大平 光代 (著)

    本当にどん底からはい上がった方だと思います。

    ユーザーID:1698862352

  • 幸せのちから

    映画にもなりましたっけ。もうDVDも出ていると思います。

    「幸せのちから」(The Pursuit of Happyness)
    クリス・ガ−ドナ−著 楡井浩一訳 
    アスペクト社

    学歴もなければ金もない。妻にも逃げられて子連れでホ−ムレスまで経験した男が、ひょんなことから投資会社の研修生となり、出世してとうとう自分の会社を設立する話です。

    ユーザーID:6823000645

  • 大平光代さんの

    『だから、あなたも生きぬいて』です。
    どんぞこの十代から、更正して弁護士になるまでの壮絶な半生をご自身で綴っておられます。

    ユーザーID:2216192826

  • 帝国ホテル厨房物語

    村上信夫さんの「私の履歴書」の加筆文庫版。

    さらっと流されてるけど、両親を亡くし、妹と生き別れ、というか再会については触れられていない。
    戦争でシベリア抑留、帰国して・・・

    戦前に両親亡くして、徴兵で戦争行ってれば、どん底だと思います。

    ユーザーID:8051735835

  • 私が好きな本

    私が好きなのは、
    「五体不満足」著:乙武洋匡 ・・・先天性四肢がなく生まれた乙武くんの半生です。

    また是非読んでもらいたいと思ってるのが、

    「ホームレス中学生」著:田村 祐(麒麟)・・・お笑いコンビ麒麟の田村くんの半生。母の死、中学生で父親が家族解散宣言。
                          公園で寝泊りした日々をこえて今TVで活躍する優しい彼がいます。

    「アシュリー ~All About Ashley~」著:アシュリー・ヘギ
    「短い命を抱きしめて」著:ロリー・ヘギ

    上記の2冊は、人の10倍もの速さで年をとる難病『早期老化症』患者であるアシュリーは、まだ14歳なのに身体年齢はすでに約90歳。限られた命を精一杯生きているアシュリーとママの本です。

    あと、昔の偉人伝などでは、「シューベルト」、「キュリー夫人」、「ヘレン・ケラー」など。
    どの成功者もこれでもかこれでもか、という貧しさや、不遇や、病気を乗り越えて成功している人です。

    これらの本は、人生に失望せず、こういう人がいるだけで明るい希望をもって人を信じる事ができます。

    ユーザーID:3174826493

  • 大成功の人生、という内容ではありませんが。

    台湾のノンフィクションで「乞食の子」
    悲惨な幼少時代から 人並みの暮らしを
    得るまでの自伝です。
    とても読みやすい訳で、
    最近文庫化もされたような記憶があります。

    ユーザーID:2513032831

  • そのものズバリ

    「どん底からの成功法則」/堀之内九一郎(サンマーク出版)

    「マネーの虎」に出ていた生活倉庫社長・堀の内氏の本です。ホームレスから、年商100億円以上の企業の社長になるまでの軌跡が書かれています。文庫版もあるようですよ。

    ユーザーID:7755196142

  • カーネルサンダース「65歳で企業を起こした男」

    あのケンタッキーフライドチキンを起こした、カーネル・サンダースさんの本です。一度はお金持ちになったのに、新しい道路が出来て、自分のレストランを手放してしまった。今まで一生懸命働いてきたのに、年金はたったの数十ドル。残っているのは借金だけ。

    しかし彼は負けなかった。自分の持っているフライドチキンの技術を売り歩くことで、ついにはまた大金持ちに。お金もちになっても仕事への情熱を失わずに、働き続けた彼の話からきっと勇気をもらえると思いますよ。

    ユーザーID:9068897084

  • サンマーク出版

    「どん底からの成功法則」堀之内九一郎さん著 

    現在生活創庫(リサイクルの会社)の社長さんで
    ホームレス経験もある方の書いたノンフィクションです。
    ちょっとビジネス書的ではありますが。

    ユーザーID:1408073883

  • 修羅場のマネー哲学

    確か木戸次郎さんって方が書かれていたと思います。
    バブル崩壊後、大借金を背負った著者が短期間で返済して成功していく話だったと思います。
    日頃見れない世界を体験出来た気がして面白かったです。

    ユーザーID:3008289585

  • いろいろありますが・・・

    ノンフィクションが大好きなのでいろいろお勧めはありますが、
    どん底といってもいろいろですよね。

    読みやすいものなら、
    ムツゴロウ青春記・結婚記・放浪記なんかはお勧めです。
    かなり苦労したみたいですよ。

    ユーザーID:9382964464

  • こんなのでもいい?

    麒麟の田村さんのエッセイ。中学生からホームレス・・・これは、悲惨ですよね。
    今は、お笑いタレントとして売れて活躍してますが。

    ユーザーID:0852753752

  • ただマイヨ・ジョーヌのためでなく

    ランス・アームストロングの「ただマイヨ・ジョーヌのためでなく」はいかがでしょうか。

    著名な自転車選手が癌に侵される。そして、生還する。再びレースの世界へ戻る。という内容の自伝です。
    しかしこれはタイトルの通り、自転車レースの話ではありません。闘病記でさえありません。
    一人の人間が苦境に立たされ、すべてを失い、しかしそこから立ち上がるまでの魂の軌跡が見事に描かれています。
    人間はこんなにも弱く、脆く、そして、強い。そう思わされた一冊です。ペダルを漕ぎ始めたランスの足と、読んでいる自分の心臓の鼓動がシンクロするような心地で読み終えることができました。

    ユーザーID:4856559821

  • V.E. フランクル

    「それでも人生にイエスと言う」

    ユダヤ人で精神科医です。
    無意味感・空虚感をこえて、病気・障害・苦境をこえて、
    アウシュヴィッツをこえて、この著書があります。

    読んでいたら、私の目の前の問題などアッサリ霧散してしまうようでした。
    壮絶ですが淡々と受け止め、なお人生にイエスと言う。すごいです。
    是非読んで下さい。

    ユーザーID:8533614545

  • タイトルもそのまま

    すぐ思い出したのは、
    『這い上がり―ある「顔」の喪失と再生の半生記』です。
    著者は、若い頃バイク事故で全身に火傷を負い、数々の手術や偏見といった生き地獄を経験した青年です。

    ユーザーID:4131168835

  • 大切なのは「やる気」

    吉野敬介さんの著書をお勧めします。
    『「おまえはバカじゃない」やればかならず合格する』

    暴走族から4ヶ月で大学合格、大手予備校の講師になった方です。

    ユーザーID:6989161423

  • 富良野ラベンダーの富田さん

    どん底から這い上がる部分は少ないですが・・・

    「わたしのラベンダー物語」富田忠雄

    今では富良野を象徴するファーム富田の話です。
    見せるためではなく、香料を取るために育てていたラベンダー。
    輸入香料の影響で事業が立ち行かず、全部潰そうと思ったラベンダー畑をなんとか続け、苦労して勉強し、今のような形に育て上げた。
    富田さんの歴史が書かれています。

    ユーザーID:6221181741

  • 私のおすすめは

    坂井三郎さんの「大空のサムライ」です。自らの運命や困難に決して屈しなかった不撓不屈の男の青春記です。坂井さんは太平洋戦争でラバウルや硫黄島などの激戦地で米英と戦った日本海軍の零戦パイロットです。戦後は旧敵国のパイロット達とも交流を深め、その卓越した空戦技術と人柄に賞賛を込めて撃墜王、エースサカイと呼ばれました。同書は欧米でも翻訳されベストセラーになり、ニューズウィーク誌でアメリカで有名な日本人100人の1人に選ばれたこともあります。また以前プレイボーイ誌で人生相談を連載していました。貧しい生まれで海軍に一少年兵として入営し、尋常でない努力の末エリート零戦パイロットになった叩上げの苦労人で、ラバウルで空戦中に被弾し右目を失明したにも関わらず勘だけで基地に奇跡の帰還を遂げ、後年も片目の状態で飛行中に再三危機的な状況になるも常に無事生還した人です。これだけ聞けば鬼のような人物を想像しますが、訓練には厳しかったようですが、戦時においてもユーモアを忘れず、冷静さのなかに豊かな感性をもつユニークな方だったようです。その辺は、同書の元本である「坂井三郎空戦記録」のほうが人柄がよく出ていると思います。

    ユーザーID:9001481842

  • ありがとうございます!トピ主です

    こんなにたくさん、私が知らなかった本を教えていただいて…
    本当に感謝感謝です!

    一冊一冊メモして、ちゃんと読むつもりでおります。
    何冊かは私も読んだ本がありましたが、それでも
    まだ未読の本がたくさん!
    とってもうれしいです。

    本当にみなさん、教えてくださってありがとうございました!

    ユーザーID:5086325354

  • シャープの創業者

    「シャープを創った男 早川徳次伝」著:平野隆彰

    シャープの創業者は幼少期から地獄を味わった人です。両親との別れ、継母による虐待、丁稚奉公、妻と子供の死、震災、会社倒産と不幸の連続です。それでも奮起して会社を成長させると福祉活動に専念して社会にお返しするという早川氏の人柄には胸を打つものがあります。また、早川氏が幼い頃、ご飯もろくに食べさせてもらえなかったことを読んで知っているだけに、世界的企業を育てた氏の立身出世は感動します。

    ユーザーID:4724081926

  • 中村久子女史

    3歳で四肢を切断した中村久子女史。
    字を書いたり、編み物や裁縫を努力の末にマスターし、できなかったのは帯を結ぶことと髪を結うことだけだったとか。
    女史の著作や自伝が何種類か出ています。
    女史の生涯を紹介するサイトもあります。ネットの検索ですぐに出ますよ。

    ユーザーID:5154316978

  • あれ?これが入っていないとは!

    太田哲也さんの「クラッシュ」です。
    この方はレーサーで、レース中に車が大炎上し生存確率も低く生きていても「再起不能」と言われ、全身やけどの治療の恐怖や偏見が生々しく書かれています。
    現在はサーキットで車の運転もできるまでに回復し、ご自分の体験の講演活動も活発になさっています。
    著者名の名前で動画検索するとそのシーンが見られますが、本当によくここまで復帰できたものだとゾッとします。(その後ご本人の自己責任ではなくサーキット側の運営の方が問題があったとして裁判で勝訴しています。)

    ユーザーID:8133331387

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧