一生賃貸住宅に住み続けること

レス68
お気に入り47
トピ主のみ4

白袴

話題

はじめまして。40代の主婦です。
私達夫婦は結婚当初からマイホーム願望がなく、住宅は一生賃貸で良いと考えてきました。
しかし日本では少数派らしく、一部には一生賃貸住宅に住む人を見下す風潮があるようにも感じるようになりました。
とくに小町など匿名で本音を語れる場所では顕著な気がします。
また同世代の友人知人も独身既婚に関わらずマイホームを取得する人が増えてきました。
今の賃貸生活が私達夫婦のライフスタイルに合っているという自信はあるのですが、他の方のご意見をちょっと聞いてみたくなり、トピック立ててみました。
よろしくお願いします。
私達が賃貸住宅に住み続けたいと考える理由は以下の通りです。

1) 私達夫婦二人とも実家(生家)は都区内にあり現在は親世帯が住んでいる
しかしどちらの土地にも愛着がなく通勤にも便利とは言えないので住みたくない
どちらの土地も区画が大きめで(200坪以上)将来は相続税支払のため手放すことは必至

2) 夫婦とも建築士資格を持っており住宅に対する欲求レベルが高い
いざ購入となると妥協できそうになく支払能力を超えてしまう

つづきます

ユーザーID:2515701759

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数68

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 保障のようなもの

    同じく40代です。アパートを持っていますが、新規で60歳以上の方の入居はお断りしています。理由は年金生活者で大病をして家賃を滞納することがあった。老夫婦2人暮らしでご主人が亡くなったあと奥さんがひとりで暮らしていて多少呆けてきて火の始末が疎かになり事故の一歩手前のことがあった。
    一生賃貸でもいいと思いますが、歳を取ると自分の住みたいところに住めない(貸してもらえない)可能性が出てくると考えた方がいいと思います。
    ずっと更新していてアパートやマンションないで高齢になって亡くなっていたら困る・・・というのが大家の本音です。

    お金を払えばどこでも住める(貸してもらえる)という今の状態がずっと続くとは思いませんし、定年後だとローンが組めないので住宅取得が難しくなります。ローン返済能力があると認めてもらえる年齢のうちに住宅取得をしました。都内に双方の親の持ち家がありますが、相続税を考えると半分は無くなるかも知れないと思っています。

    生涯支出とかではなく現実問題として住宅を取得しました。
    などです。

    ユーザーID:2289578800

  • 一生賃貸が可能ならいいけれど

    一生、賃貸って借りる方からしたら気楽でイイですよね。でも、私が貸主だったら70歳代以上の方には貸したくないです。貸主さんの立場からすると、部屋の主が亡くなってもすぐに荷物を捨てることはできません。相続人の方が居ない場合の、書類等の手続きも大変です。賃貸料のロスが発生する可能性があるからです。賃貸する方からしても、配偶者・親兄弟や友人が皆リタイアしたら、経済的な裏付けとしての保証人を頼むことが難しくなりませんか。

    年金が潤沢だったり収入が生涯保証されていて、顧問弁護士もいるような(何かあったらすぐに弁護士さんが飛んできて残務処理をして下さる)方なら全く心配にはおよびませんが、そういう方が生涯賃貸というのは、日本では少ないように思います。

    賃貸は賃貸でも、ある時期からは将来のことを見据えて、介護付有料老人ホーム等に入ることになるかと思います。首都圏の便利な場所だと一時金だけで1億円以上かかるのもめずらしくないので、頭痛がします。とても気軽といえる金額ではありません。

    ユーザーID:1634858428

  • 私もです

     私もトピ主さんと同じで、賃貸派です。
     実家は父親が工務店を経営していて、とても大きな家に住んでいましたが、とにかく掃除が大変でした。
     賃貸でいいなぁと思うのは、新しい設備のところに気軽に移り住めると言うことです。35年ローンを払い終わって自分のものになったかと思う頃にはその家は古く、リノベーションが必要になることもあると思います。 その点賃貸は、最新機能の付いた所に住め、近隣に変な人(騒音おばさんとか)や、変な宗教施設がきても移ればいい。
     歳をとっても大きな家に住み続けないといけないのは苦痛でしょう。
     また、地震で何千万も払って手に入れたものが一瞬でなくなるのかと想像すると、絶対賃貸です。
     職場で同年代の人が新築したって言ってるととりあえず「おめでとう」とはいいますが、心の中ではこれから大変なんだなぁ、かわいそうって思ってしまいます。
     ローンの無い生活と、今の最新設備の賃貸マンションに大満足です。

    ユーザーID:1597949580

  • 生活ステージ

    自分は、生活ステージに合わせて家を換えたいので、賃貸で行きたいと思います。もちろんインテリアには、出来る限りで、こだわっています。

    プロなのに
    >いざ購入となると妥協できそうになく支払能力を超えてしまう

    まあ、気持ちは分かりますが、限られたコストの中で最大限の欲求を満たすようにするのがプロだと思ってました。

    1)の理由はよく分かります。
    2)はいかがなモノかと。

    ユーザーID:9589789273

  • 難しいところですね。

     私はご自身の信ずるままに生きていかれてはいいんじゃないかと思います。

     私なりの買取不動産(戸建てや分譲マンション)と賃貸との違いを書かせてもらいますね。

     日本はこれ(バブル)までは必ず右肩上がりの経済成長でした。
     多少の波はあったとしても人口が増えてきていたのですから消費する物も当然流通量が結果的に増えたのでした。
     この状況では今日の100円が明日120円にもなるわけで不動産を借金で買ったとしても、何も怖くなかったんです。
     ですので、皆さん不動産購入していたんですね。

     でもデフレが起こったり人口が減って市場が縮小しだすと、翌日100円では売れず90円にしかならなくなります。
     こうなりますと大きなリスクを背負っていることになりますよね。
     ですので不動産購入は大きなリスクがついて回るわけです。

     対して賃貸は、デフレが起これば賃料も下がる方向で調整され、インフレ時には逆に値上がりすることでしょう。
     自分の給料もかなりの場合それに近い動きをするわけで、将来に期待できるものもない代わりにリスクも少なく、より安全に人生を送れる気はします。

    ユーザーID:0095928448

  • いいんじゃないかなぁ…

    と、あまり深く考えずに言っていますが、すみません。

    でも、うっかり買った家に縛られるより(あ、いや、もちろん、家なんて「うっかり」買うものではないとは思いますけどね)、臨機応変に住み替えやすい賃貸で暮らし続けるのも悪くないと思います。
    一生のうちに何十回と住まいを変えたのって、ベートーベンでしたっけ?
    まあ、あれは現代日本とは事情が違いすぎますし極端な例だと思いますが、そういう生き方だって別に問題ないと思うし…。

    地震大国の日本では、せっかく家を買ったのに、あっという間につぶれちゃう、というリスクも高そうですもんね。
    いくら保険に入ってても、やっぱり「買った、これは自分のものだ!」という家がそういうことになったら凹みそうですもん。賃貸だったら「仕方ないよ」で立ち直れそうなんですけど(根が弱いものですから)。

    ユーザーID:0819129923

  • これから40年賃貸可能ですか?

    平均寿命まで生きるとしてこれから約40年間賃貸での生活が可能でしょうか?
    銀行でローンが借りられるということは返済能力があるということで、そういう人にはマンションでも貸そう(貸しても家賃の支払い能力がある)と思ってもらえるでしょう。
    でも年金生活になってローンが借りられなくなると、そういう人が大病を下場合の医療費よりも家賃を優先してくれるとは限らないのでリスク借主になってしまいますよね。どなたかがレスしているように、保証人も高齢で滞納金の返済が無理そう。部屋で亡くなってしまったらどうしようというのは貸す側が躊躇するところだと思います。

    地震などで壊れた場合極端に提供先が減れば希望の場所から引っ越さなくてはならないし。
    50代半ばまでは賃貸でもいいと思いますが、定年後も賃貸と言うのは今の日本ではリスクが大きいと思います。
    いざと言う時に現金で家を買えるくらい貯金があれば別ですが。
    賃貸暮らしで夫婦の片方だけ施設にに入ると、施設費と家賃のダブルですよね。
    自分の持ち物がなくて一生他人の物を借りているというのは高齢者にとってリスクがあると思います。

    ユーザーID:0655999074

  • 私も賃貸派

    理由は単純。
    持たざるリスクより持つリスクの方が高いと思うから。
    賃貸は、いつでも逃げられる。
    地震で壊れたら、特に都市部は、保険も意味がないし、財産パーですよ。
    持ち家の隣に、迷惑ご近所さんがいらしたらどうでしょう。話し合いの通じる相手じゃなければ、とっとと逃げた方が良いですね。
    あともう一つは、今の場所に、一生住みたいかどうか、現時点でわからないこと。通勤に便利ですし環境も気に入っていますが、引退後ベストかどうかはわかりません。また、地域を飛び越えた(引越が必然の)転職の経験が2回あり。
    確かに貸す側から高齢者に貸したくない理由を挙げられていますが、それもわかります。でも、今後ますます拍車のかかる高齢化社会、空き家にしてでも貸したくないですかねぇ?まあ、本当に借りられなくなったら、その時は、買うかもしれませんが、その時で充分だと思います(その程度の貯金はありますよ)。URとか公営住宅なども、受け皿になると思いますが。

    ユーザーID:3600511497

  • 近隣トラブル経験者です

    夫婦で東京都内の賃貸住宅住まいです。夫婦とも地方出身で、持ち家が当たり前の田舎に住んでいたこともあり、持ち家に対する憧れなどはありません。
    タイトルにも書きましたが、現在の住居に引っ越す前のところで、壮絶な近隣トラブルで神経をやられました。具体的な内容は省略しますが、裁判も考えるほどの苦悩の日々でした。賃貸とはいえやはり何年も住んでいると愛着も湧き、引越したくなくて悶々としていましたが、家事に支障が出るほどの体調になったこともあり、引越し会社にさんざん迷惑をかけてやっとこさ引越ししました。引っ越すにあたり「どういう隣人が住んでいるか」を不動産屋も不思議がるほど念入りに調査しました。もちろん引越しに伴う費用はかなりの額となりましたが、正直、賃貸だったからこそ身軽に引越せたのだと今になってしみじみと思います。

    不動産価値には「隣人のよしあし」も含まれると思う今日この頃です。

    ユーザーID:1797574570

  • 一生払えるならいいんじゃないですか?

    うちも両親とも都内に広い一戸建てに住んでいます。
    でも子供が生まれたので良い環境と広い個室を与えたくて
    近隣の区に一戸建てを購入しました。

    賃貸でもそれなりの物件となると家賃も高いし
    その割りに買ったほうがグレードが高いんですよね。
    うちのローンと同じ額で賃貸のママ友の家に行きましたが
    狭いし汚いし「えー月13万でこんなもんなの?」と
    もったいなく思いました。

    でもトピ主さんのような方が多いと将来
    親の家を貸したりするのにいいかなとちょっと安心しています。

    ユーザーID:9586223174

  • 年取ってくると大変です。

    50代までは借りれると思いますが、60過ぎると途端に借りにくくなるのが賃貸。今お住まいになっている場所に一生住むのであれば可能かもしれませんが、生活にあわせて住まいを変更されている方なら、老後はどんな生活にするのかプランが必要では?

    ユーザーID:7356235502

  • あるかも・・・

    >、一部には一生賃貸住宅に住む人を見下す風潮があるようにも感じるようになりました。

    うん、ありますねぇ、特に子供が結婚するときに、その親が賃貸住まいだと相手やその親に??って思われることが必須かも。
    また、子供がいないならいないで、いる人より将来設計はしっかりしておかなくちゃいけないと思うので、それで賃貸だとまた??かな。

    というわけで私自身は現在子供がいない状態ですが、なんとかマイホームは習得したいと思ってます。

    ユーザーID:5358249836

  • 私の理由

    我が家も賃貸派です。

    とにかく、長期に渡るローンと金利分の支払いが嫌です。
    数十年かけてローンを払い終えたときの家の
    価値を考えると、とても買う気になれません。

    また、高齢者は家を借りられない、持ち家がないと介護付き老人ホームに入ることになる、
    とレスしている方がいらっしゃいますが、私はその点には疑問です。

    まず、この先の高齢者社会、大家は老人にも家を貸す必要に迫られるでしょう。
    また、持ち家があっても、介護付き老人ホームに入らなければならない家庭事情は充分考えられます。
    というか、家があれば、そこで一生を終えることができるわけじゃありませんよね。
    最終的には、持ち家を売ってその手の施設に入る高齢者も多いです。

    個人的には、夫婦と家族の事情に合わせて賃貸で生活し、
    ローンがない分貯蓄にまわしたお金で、老後夫婦2人で暮らせるだけの
    小さな中古マンションを即金で買う、という選択肢については、
    考えないでもありません。老後にローンが組めない、というご意見もありますが、
    小さなマンションなら、即金で買えるくらいの貯金はできるものです。

    ユーザーID:3760061037

  • 一戸建て天国

    子供の頃はボロボロの借家、結婚後もしばらくは賃貸を経て、一戸建てを購入しました。
    田舎だからか、同年代(30代後半)でも持ち家の人が多いです。
    また、田舎ゆえ、親に援助してもらう人も多いし、我が家も親の援助と共働きで収入はそれなりなのでローンは完済しました。
    持ち家に住んでみて、つくづく思います、自分の家っていいなぁと。
    窓を閉めてれば外に音が漏れない造りなので、どんなに夜遅くまでテレビを見ていても、夜中に洗濯機を回しても、子供がドタバタギャーギャーと騒ごうとも、誰にも迷惑をかけず、誰に気を使うこともなく、家の中は安住の場所です。
    また、夜であれば、近隣の家の生活音も聞こえてこないので、騒音に苦しむこともありません。
    どこの家も夜遅くまで起きてるし、小さい子もいるけど、家の中に入ってしまえば、見事なまでに聞こえないんです。
    まぁ、家と家の間隔が離れているからだと思いますが。

    賃貸時代、夜、テレビを見ていたら、うるさいと壁を叩かれたことがあります。
    また、逆に夜眠れない程うるさく感じたこともあります。
    一戸建てに住んで11年、一戸建て天国を経験してしまうと、もう賃貸には戻れません〜。

    ユーザーID:9019340816

  • 貯金第一

    若い頃に、がんばって家を建てました。生活は苦しく子供の学費でたいへんな毎日です。賃貸でお金の余裕はできますよね。それで自分の趣味に使ったり、貯金したりした方がよかったかなとも思います。
    これからは、安い中古住宅が増えると思います。子供が親の家に住むことが少なくなりますから。手放す人も多くなるのでは。定年になって余裕があれが新築を建ててもいいし、余裕がなければ小さい中古の購入も考えていいと思います。

    ユーザーID:0523879368

  • 年取っても賃貸派を貫くのですか??

    私の実家や親戚は、アパート経営をしています。

    高齢者が一人で亡くなっている事が何度かあった為、高齢者には貸さないようにしました。
    他の方の意見にも同じような事が書いてありましたね。

    おばあさんが一人トイレで死後数日たっていたなんて、本当に気の毒でかわいそうになります。

    もちろん、誰だっていつ死ぬか分からないし、持ち家で亡くなったって、発見まで数日かかる事は珍しくないケースだと思いますが。

    だけど、貸す側となれば、なるべくそういう場面に出くわしたくないので、どうしても確率の高い高齢者は避ける傾向があるのは、否めないと思います。

    亡くなった方の親戚を探し出して、ご遺体を引き取りに来て貰ったり。
    全然付き合いがない親戚だと良い顔しないしね。
    荷物や家財道具も処分しなきゃいけないし、そういう事って、本当に関わりたくないですよ。

    賃貸派の皆さん、終の棲家は適当な時期に用意しておいた方が良いと思います。

    もちろん、財力のあれば、気に入った賃貸を渡り歩いて、高齢者向けホームに入居が理想かな〜。
    息子夫婦宅に同居だけはイヤだけど。

    ユーザーID:8995979827

  • まあ結局人それぞれ

    リスクもコストもそれぞれ違う部分に存在し、それをどう評価するかは人それぞれでしょう。
    持つリスクに重きを置く人もいれば、持たざるリスクに重きを置く人もいる。
    それぞれがよく考え、決断すればいいだけです。

    地震は来ても大したこと無い被害で済むかもしれないし、一生住めない土地になるかもしれない。
    先に現金出せば高齢でも貸す家主かも知れないし、そうじゃないかも知れない。
    ローン払っているうちに失業するかもしれないし、将来さっさと現金で買えるかもしれない。

    何があるかは分からないので、一定以上は理屈をこねても無駄でしょう。
    最後は自分の価値観に従って行動し、ベストを尽くすのみです。

    どっちが優れているか?なんて議論はナンセンス。

    ユーザーID:6031676075

  • つづきが遅くなりすみません

    3) 子がないので死後に財産を残したくない

    4) ある信用機関が行った住宅関連費用の調査結果を見たところ、都区内在住の平均で分譲住宅と賃貸住宅の差額が一生で3〜4000万円あった
    平均値が出せるのは一生賃貸住宅で暮らす人が相当数存在することの裏打ちとも言えるので、そうであれば差額分を可処分な財産として旅行や飲食などの楽しみに使いたい

    5) 高級マンション(いわゆる億ション)建築現場に仕事で入るとガッカリする経験が少なくない
    億ションがこれでは私達に買えるレベルの住宅を心底信用する気になれない

    6) 昨今は新築マンション広告に有名タレントを起用することも多く(ジャン・レノ、マドンナ等)莫大な販売経費(広告CM費用、モデルルーム設置運営費用、ディベロッパ社員の人件費や諸経費など)が分譲価格に上乗せされていることを考えると納得し難い気分になる

    7) 幼少時より祖父母から関東大震災の恐ろしさを何度も聞かされているので、リスクを簡単に背負う気持ちになれない
    また昨今多発するご近所トラブルの話を聞くと、いつでも転居できる賃貸暮らしの身軽さも捨てがたい

    つづきます

    ユーザーID:2515701759

  • つづきです

    どれもありきたりの理由ですね。(笑)
    私達夫婦二人とも建築に関わる職業ではありますが、住宅設計については素人同然です。
    最悪の場合、相続するだろう土地(税を払っても何とか100坪位は残るでしょう)に家を建てることになるかも知れません。
    設計は住宅設計の専門家に依頼することになるでしょうし、我々のサラリーでは安普請の家しか建たないし、先祖代々住んでるので近所が親戚だらけで面倒臭いし、そんな老後を想像すると暗い気分になります。
    なんとか一生無事に気ままな賃貸住宅生活を(老人ホームでもいいし)全うしたいのが本音なんですが…
    以上、長々とすみませんでした。

    ユーザーID:2515701759

  • 私も隣人トラブルで引越しました

    ただ、具体的なトラブルになる前にさっさと引っ越せたのは不幸中の幸いでしたが、
    これも賃貸でなければ不可能だったかも知れません。

    実際、夫の会社の先輩・後輩の中にも隣人トラブルに悩まされている人は多いですし、
    借金を増やしてまでも買った家を売り、さらにローンを組んで買いなおした人もいました。

    いざという時の為に貯金をしながら、いける時までは賃貸でいこう
    というのが今の気持ちです。

    現金で欲を出さなければ家を買える貯蓄があれば、いいと思っています。

    ユーザーID:6266235003

  • いずれ売ればいいのでは

    いずれは家を処分して、ホームに
    入るつもりでマイホームを購入するのはどうですか?
    お金は、なるべく将来の為に残しておくことをお勧めします。

    ユーザーID:2261718868

  • 一長一短

    大家といってもよほどの資産家でない限り、アパート建てるのにはお金を借りて建てます。つまり賃料でアパート建てたときの借金を返して、なおかつ大家自身が生活しているわけです。つまり、店子にとっては賃貸はそれだけ割高だと言うこと。

    ただし割高な分、身軽で引越自由というのも事実ですので、そのメリットに保険のつもりでお金が出せるなら賃貸も良いかも。

    あと、高齢者に貸してくれるか?については今の時点では何とも言えません。まあ、年を取れば引越一つをとっても億劫になってくるでしょうから、ある程度の年齢(60代くらいか?)で住んでいる家に最期まで住むことになるでしょう。ただし、建て替えとかで自分の意志と関係なく移らなければならない場合に、次の選択肢が狭まる可能性は十分ありますし、最悪現金を持っていないと本当に借りられなくなったときに住む家が無くなってしまいますよ。

    年を取って頼れる身内がいなくなったときに、住む場所が確保されているという安心感はかなり大きいものだと思うのですが。若いうちは考えもしないことですけどね。

    ユーザーID:7167323876

  • 人それぞれだと思いますけど

    理屈っぽい方ですね。

    私も一級建築士ですが、自分で設計して家を建てました。
    自分の払える範囲でですから色々な制限はあります。
    でも図面も自分で書きますからアンカーボルト一本一本の位置までわかって安心です。

    建築士なら、自分で一から作れば内部構造も耐震もクリア出来ると思いますし、コストも安く出来ませんか?

    ユーザーID:0050176857

  • 賃貸の保証人は?

    収入さえ確かなら、賃貸を借り続けることは可能かと思います。ただ、70代、80代になったときの保証人のあてがありますか。

    私は最近、子のない叔母(62歳)の賃貸契約の更新時に保証人をたのまれました。家賃30万円台の駅近のマンションで、これまで12年間住んでいました。今回が叔父が亡くなって初めての契約更新で、これまで要求されたことのない更新料(家賃4ヶ月分)と追加の保証人(労働収入がある者)を請求されたと嘆いていましたよ。

    保証人欄に署名するとき、少し重い気分でした。叔母のためとはいえ、所得証明書という究極の個人情報をを提出させられましたし、賃貸料遅延のときの保証と病気や死亡時の荷物の整理などが求められていましたから。私自身は、甥や姪にそれを言うのは心苦しいし辛いです。

    ユーザーID:1634858428

  • 賃貸のほうが何より自由でいいですよ。

    賃貸のほうが、お金の面だけに関しては、定年60歳までにかかる費用が少なく、家を買うのに年齢制限はないのですから、
    65歳になってから、決められてもいいと思います。

    建築士さんならおわかりと思いますが、相続税を安くするためにアパートやマンションを建てるかたが多いですよね。
    我が家の周辺も、みちがえるように住宅やマンションだらけです。

    人には、定住するのが好きな人と、あちこち移動するのが好きな人がいる。
    家の隣が、ゴミ屋敷となったとしたら、何10年と被害を受けます。 

    私の予想ですが、大都市の住宅やマンションは10年後は、空家が今以上に増加するでしょう。
    そうしたら、大家さんのほうが、住む人のとりあいになり、高齢者はお断りは、高級住宅以外はなくなるでしょう。

    リスクは賃貸で暮らすほうが、はるかに少ないですよ。
    今お迷いなら、買わないほうが、いいですよ。

    家を持つということは、今や信用にはつながりません。 折込チラシを見ると、
    頭金10万円、買い手がキャンセルした物件につき500万円値引きという広告を見、目が点になりました。

    ユーザーID:1241205412

  • どちらを選ぼうと自由だっ!

    最終形態が老人ホーム(終身利用権)なら、一生賃貸もアリかと思います。

    横ですが>通行人A様
    >店子にとっては賃貸はそれだけ割高

    私の知人は分譲マンション購入後実家に戻ったので賃貸に出したのですが、修繕、税金など考慮すれば12万は取らないと割に合わないですが折りしも不況まっただ中(地方都市)借り手は見つからず空き家状態よりはと8万で貸していて景気回復、じゃ12万にとは出来ないようです。急な転勤で賃貸に出した人も以下同。あと中古をリノベーションと言うのも流行っていて、キッチンやお風呂は新品でお洒落なのに賃料はかなり割安です。賃貸にはそういう割安物件を借りると言う自由もあります。

    >年を取って頼れる身内がいなくなったときに、住む場所が確保されているという安心感はかなり大きい

    家はただの入れ物です。入れ物は介護までしてくれませんよ。実子でも介護してくれるかわからない時代、持ち家さえあれば安心と言う感覚がわかりません。家があっても介護費はかなりかかると見積もっていた方が良いです。庶民ならいっそ戸建所有にこだわるより割安賃貸でせっせと貯金→介護付ホームの方がいいかも?

    ユーザーID:9168757424

  • どっちでもいいけど

    私の友人の建築士も変わった家を建ててましたけどね。新居に招かれた時のウンチクがすごかった(笑)建物にこだわりがあるから賃貸では我慢できない人が多いのかと思っていましたが、ラーメン屋が家でラーメン食べないようなもんでしょうか。
    トピ主さんの家はお金も将来相続することになるような家もあるのだから、今のままでいいのでは?高齢者は家が借りられないなんてことはないと思いますが、それからマンション買ってもいいんだし、介護付き高齢者用のマンションに入るのもいいし。下手に所有するよりも、必要にせまられた「その日」が来るまで、選択肢を多く残しておいた方がいいと思います。

    ユーザーID:0972890481

  • 賃貸主義・点々としています

    身軽でいたいので、一生賃貸主義です。
    現金一括で家を買えるくらいの宝くじが当たったら、
    買ってもいいかなと夫と話しています。

    結婚後二回引っ越しました。
    一軒目は駅近だったのですがコンビニや飲食店等
    夜間の周辺環境が気に入らず撤退。
    一階で庭付きなのがお気に入りでしたが湿気が多かったです。

    二軒目は静かな住宅街のマンションの四階部分に住んだのですが、
    窓を開けていると隣家のご主人が毎日のように怒鳴り散らすのが
    聞こえてきて耳障り。結局夫の転職を機に転居。

    現在は夫と私の通勤便利な中間点の都市公団URに住んでいますが、
    比較的新しいですし、作りもしっかりしてるし気に入ってます。
    国道の近くで空気が悪く、子供ができたら引っ越すと思います。

    夫が無職の時、URでは家賃の一括1年払いで
    入居できると言われたので、保証人も要らないし
    年取っても貯金があればなんとかなるかなと思ってます。

    ユーザーID:5627326451

  • >りんごのこ さん

    >家を買うのに年齢制限はないのですから、
    65歳になってから、決められてもいいと思います。

    とこのとですが実際に家を買うと判ることですが、ローンを組んだ銀行が相手先に支払うのではなく、住宅売買は個人が住宅販売会社へ一括現金で支払います。そして個人が銀行とのローン契約に法り毎月銀行へ返済します。
    貯金が1000万円しかなかった場合、銀行などがお金を貸してくれなければ、月収が100万円あり毎月50万円の返済能力があるといっても貯金額の1000万円までの家しか買えないのです。
    30代で月収100万円の人と65歳で月収100万円の人ではローンで借りられる金額が違うのでローンを組む年齢が高くなると借りられる金額が少なくなるのです。

    『手持ちの金額+ローンの借入れ可能金額価格』の家しか買えないのです。
    そういった意味で早くからローンを組んだ方が有利な場合が多いのです。
    定年後でローンが組めない場合は、貯金を叩いて全額現金でしか家を買えないのをご存知ですか?
    ご自分が今いくらローンを借りられるかは不動産屋が無料で計算してくれますので調べてみることをお勧めします。

    ユーザーID:9289864802

  • 一生賃貸住宅に住む人

    >一生賃貸住宅に住む人

    同じ場所に住むって事ですか?普通は「同じ場所」だったら見下されるでしょうけど、だんだん良い場所へ住み替えれば、“知り合い”からは、うらやましがられますよ。

    でも実際、高級住宅地での賃貸は、“住んでいる人”からは見下されています。(小町だけではないですよ)

    なぜ見下されるのかというと、賃貸者は、「場所に愛着が無い」と思われているからです。嫌になったら引っ越すし、近所付き合いがない人が多いし、ボランティアにも参加する人が少ないし、自分中心の人が多いし。

    また、マンションに1億近い金額を払った人と、月々25万の賃貸じゃ、下にみられて当然ですよね〜。(私自身経験者)

    なので「○○のどこにお住まいですか?」って、奥様方に聞かれたら、「私は一般庶民ですから、賃貸の所です」って答えるようにしています。これが現実です。

    ユーザーID:2514711873

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧