家事がキライ…(共働きです)

レス9
お気に入り13
トピ主のみ0

猫娘

ひと

結婚13年、共働き歴13年(フルタイム)、子供3人の母です。
結婚し母なっても、私は家事が好きになれずにいます(苦笑)
私が家事を好きになれない理由は…

1.家事に時間を取られ、子ども達とじっくり触れ合えない。
2.家事に時間を取られ、自分の好きなことに時間を割けない。

夫はというと、家事やってます。(当然!)
でも夫も好きでやっているわけではないデス。やらないとやる人がいないから…ってかんじです。

「もっとお金があればハウスキーパさん雇ったり、夕食は外食で済ませたい」ってのが夫婦の夢ですが、日本では家事をしない親→家族への愛情が足りない!って目で見られてしまいますよね。

お隣の台湾や中国では、共働き世帯は外食ばっかりで当たり前だそう。
親が仕事から帰って、子どもそっちのけで家事に追われることなく、お店やテイクアウトですぐに食事にありつけて、家事時間が減ることで、家族団らんの時間もしっかり持てる。いいなぁって思うんです。

親が家事をきちんとやる、家事に時間を掛けること=家族への愛って本当なのかな?
みなさんはどう思われますか?

ユーザーID:8964367236

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数9

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 愛情とは思いません。

    近所に中国人のお母さんがいて、
    絵に描いたようなワーキングウーマン。
    実の母親が日本にまでやって来て、育児家事の手伝いをしていました。
    専属のベビーシッターとお手伝いさんがいるみたいで。
    教育熱心で実にしっかりしたおばあちゃんでした。
    本当に尊敬してしまった!
    日本でもハウスキーパーやベビーシッターを雇えるほどの
    裕福なご夫婦でしたが、あれほどの働きは望めないでしょう…。

    でも普通に生活していたら、日常的な家事からは逃れられないと思う。
    独身で1人暮らしでも。
    自分で自分の面倒が見られないと苦労すると思うんです。

    お子さんの年齢がわからないけど、3人もいるのなら。
    お手伝いをさせれば、子どもとのふれあい時間も持て、
    尚且つそれが身につけば、自分が楽出来ると思います。

    核家族で自立するのが当たり前の日本ですし、
    家事も外注、外食が当たり前って未来はまだまだ先でしょう。
    手抜きの技をあみ出しつつ、子どもたちにも任せつつ。
    家事を全て親がやるのは愛情とは思いません。
    躾の範疇でどうでしょう?
    なんて言うと益々家事が面白くなくなってしまうかな?

    ユーザーID:7958564470

  • わたしは家事好きです。

    わたしは専業主婦なので、家事をする時間はたんまりあります。
    家族ともゆったり時間を過ごせます。

    わたしの両親は共働きでしたが、母は家事はきちんとこなす人でした。
    料理もさほど時間をかけずに、何品も作ります。
    掃除も毎日仕事行く前にしていました。
    いつも化粧をして、身なりもきれいでした。
    母は手を抜くのも上手でしたよ。部屋はあまり物を置かないようにしていましたし、週に一度は外食でした。
    でも、わたしたち兄弟3人とも母と仲良しです。
    今はその母のおかげで、家事のこつや料理のレシピなどを教わりました。

    わたしはトピ主さんのように家事が苦手で、子供と過ごしているほうが
    好き!という気持ちも分かりますが、全てをだんなさんにまかせていると
    いずれしわよせがきますよ。

    今は、洗濯機もボタン一つで洗濯から乾燥までやってくれるし、
    掃除機も留守の間勝手に掃除してくれるものがありますよね。
    料理もお惣菜があるし、食洗器もある。
    家事なんてそんなものです。
    それを買って、だんなさんも楽させてあげてください。

    ユーザーID:0417007205

  • 家事の時間<家族への愛

    家事に手間隙をかけることがそのまま家族への愛だとは思いません。イコールではない。

    でも、家事を通して家族の健康状態や様子を見ることは多いのではないかな?と思います。

    しつけの話にもつながりますね。


    ここからは余談:

    仕事柄、世界各国のご家庭を垣間見ることがありますが、中途半端な家事の外注状態では変な感じになります。中国の人のマナーの悪さは世界的に有名ですよ。

    先日、ハウスキーパー(男性)がいるお宅のパーティに呼ばれたのですが、その家族はハウスキーパーを実にぞんざいに扱っていて日本人の僕の感覚では少々嫌な感じがしました。

    とはいえ、ここ(ジャマイカ)では当たり前のこと。
    日本人感覚で召使を利用していたら増長して家のものがなくなった、何てことも聞きますし。

    日本のコミュニティに属しているのであれば、その感覚から外れることのないようにするのも必要なことではないでしょうか?

    ユーザーID:9840342403

  • 要は「自分の世話くらいは自分でする」が基本ですからね

    愛情うんぬんなんて話は聞いたことが無いですねえ。
    自分がそう思っているから、他人からもそう見られているんじゃないかって思っているだけの可能性もある。

    ただ、例えば腹を空かせている子がいるのにメシを用意しないってのは愛情に欠けているでしょう。
    でもそれは用意の仕方の問題ではない。

    でも家事って結構自分の文化が出るんですよね。
    メシの味から掃除の仕方から洗濯物のたたみ方まで。
    だから自分がやったほうが早い。
    今は何でも便利ですから、手分けしてやればパパッと終わります。
    トピ主さんも家事の優先順位を決め、効率化してはいかがですか?

    何を愛情と思うかはその人次第です。

    ユーザーID:5604178528

  • できる人がやればいい

    フルタイムの仕事をこなしながらの
    三人の子育て
    頑張っていますね
    時間がないんだもん
    家事は家族皆でやればいいんです

    家事労働時間=家族への愛情ではないと思っています
    家族電らんの時間がしっかりある方がいいです

    そんな私は専業主婦なので(笑)
    時間だけはあるので
    家族が帰ってきて、寛げる空間目指して頑張っています
    フカフカの清潔な布団
    美味しい夕食

    人それぞれですよね??

    ユーザーID:6073257234

  • 子供と家事をわけあっては?

    義母も家事は好きではなかったようです。だから家事は最低限。家で小さい塾をして収入補助をしたり、地域のテニスサークルで楽しんだり、子供と観劇したり。子供には「家庭のために自分を犠牲にしたなんて先々絶対いわないから、みんなもかあさんさんが家でなんでもやってくれると思わないように」と言い渡して、洗濯物を取り込んでしまうのは子供の仕事など、あれこれ仕事を割り振っていたそうです。

    というわけで、その子供3人の一人と結婚したわたしとしては、「お義母さんありがとう!」です。夫は始めから「女性=家事」という過剰な期待はないし、家事は自分のこととしてやる習慣ができている。みんながテレビを見ているときに一人(妻や母)が夕食の片付けをするのが当たり前と思われたり、家事ダイスキ!なスーパーお母さんのもとで育って比較されたりするより、とってもお付き合いしやすいです。

    自分を大切にすることと家族を大切にすることが両立しているときに、和があるとおもいます。テイクアウトは栄養バランスさえ考えられていればアリだし家事の外注も想定内だと思います。世間の目など気にせず、むしろ次世代のために新しい風潮を創出してください。

    ユーザーID:6007521893

  • 私も好きではないです

    働きながら家事もするのは大変ですよね。
    でも外食や買ってきたおかずばかりじゃ栄養が偏るんじゃないでしょうか。
    食育という言葉があるように、食事って大切なものだと思うのです。
    毎日時間をかけてご馳走を作る必要はないと思いますが…。

    子供との触れ合いは言い訳に聞こえてしまいます。
    だったら子供と料理をすればいい。

    うちの中学生の娘は自分でお弁当が作れますし、小学生の息子は朝食に自分で目玉焼きを焼くのが好きです。
    洗濯物は子供と一緒にたたみます。
    働いていても家事をしながら子供と触れ合えますし、子供のためにもなりますよ。

    ユーザーID:8420937475

  • トピ主です(補足)

    みなさん、さっそくのレスありがとうございます!
    最初のトピは、文字数の関係で書き切れなかった点もあり、補足しておきます。

    ・子供は、4歳、5歳、8歳です。
     (戦前だったら…もう立派な労働力になっていた年頃ですよね…)
    ・夫と私の家事負担はほぼ同等です。

    今は子供たちが少し大きくなりましたが、0〜2歳頃は、朝8時前に家を出て、夜7時に仕事から帰って、子供たちが親に甘えたくて泣きわめいているのに(おんぶしてもダメ…)、家事に取り掛からないといけないのが本当に嫌でした。
    子供が泣いているのを横目に、食事の支度や洗濯。
    (家事は子供が寝てからやればいい…というレベルの家事量ではなかったので)
    「子供にこんな思いをさせてまで、食事は手作りがいいんかい?」
    「私は子供と洗濯干すのとどっちが大事なんだぁ!」
    なーんて家事を呪ってました(苦笑)

    そうですね。これからは子ども達にもどんどん家事をさせていくことが課題かな!と思います。

    ユーザーID:4972321991

  • 私も家事は嫌い

    同じくフルタイムで働く2児の母です。
    私も家事が嫌いです。
    仕事から帰って買い物行ったり食事を
    作ったりが毎日大変です。
    朝からは子供2人分のお弁当作りも
    かなり面倒です(笑)

    掃除も週1くらいがやっとだし、掃除
    しなくても死にはにないよな〜なんて
    思って見ないフリ。

    仕事から帰ったら誰かご飯作っててくれない
    かなぁっていっつも思います。

    ユーザーID:1109714200

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧