専門職って??

レス30
(トピ主1
お気に入り24

生活・身近な話題

つまり枝豆

普段はロムのみで、いつも思っていたことがあります。

よく『専門職』という言葉が出てきますがあまり解らずにいます。
(無知でお恥ずかしい限りです・・・)

例えばどのような職業のことを指すのか、具体的に教えてください。

よろしくお願いします。

ユーザーID:5357715317

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数30

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私もずっと思ってました

    私の僻みなのかもしれませんが、自分で「専門職」と名乗る方は、心のどこかで「一般事務員とは違うのよ」というプライドがある気がします。

    うちの子供2人は、一人は「士」がつく仕事で、一人は「師」がつく仕事についています。こういう職業も専門職というのでしょうか。
    こういう表現の仕方も自分で書いてて何かな・・・と思いますが。
    「士」と言っても、弁護士もあれば、介護福祉士だって「士」です。
    (介護福祉士の方をバカにしてるのではありませんが、社会的にはどうしても弁護士よりは下に見られます)

    自分で専門職と名乗っている方がどんな職業についている方なのか想像しているに過ぎないのですが、国家資格を持っている人、もしくはデスクワークだとしても、一般事務員とは一線を画している人?

    ユーザーID:5541011214

  • たとえば

    まず、専門26業務

    http://www.shigotonavi.co.jp/s_contents/s_temporary_26.html

    ユーザーID:3435649755

  • 「高度専門職」の範囲なら

    労働基準法第14条第1項第1号では「高度専門職」について述べられていますが
    この「高度専門職」の定義は以下のように定められているようです。

    (1)博士の学位を持つ者
    (2)公認会計士・医師・歯科医師・獣医師・弁護士・税理士・薬剤師・社会保険労務士・不動産鑑定士・弁理士の有資格者
    (3)システムアナリスト試験合格者又はアクチュアリー資格試験(保険・年金数理試験)合格者
    (4)特許発明の発明者、登録意匠の創作者、種苗登録品種の育成者
    (5)システムエンジニア等の科学技術関係業務、衣服・室内装飾・工業製品・広告等のデザイナー等の業務に就こうとする者で、学校でその専門学科を修めて実務経験が一定年数(高卒7年、短大・専門学校卒6年、大卒5年)以上の者で年収1075万円以上が確実な者
    (6)以上と同等の知識・技術又は経験があると国・地方公共団体・公益法人等により認定された者で労働基準局長が認める者

    ユーザーID:9040949616

  • こうかな?

    資格がなければ出来ない職種の意味ではないですか?

    saraさんの言う「弁護士」は弁護士の資格がなければ弁護活動出来ないでしょうし、でも「介護士」は資格を持つ人だけが介護の仕事に従事する訳ではないので専門職から外れるかと思います。

    ユーザーID:0997650042

  • 資格がいる職業

    Yahoo!辞書で引くと「高度な専門知識や技能が求められる特定の職種。」とでてきます。
    私のイメージでは、資格が無いと出来ない職業の人でしょうか。
    医師、薬剤師、看護師、弁護士、助産士、税理士等。
    会社員は資格はなくてもなれるので専門職ではないですね。

    ユーザーID:3074121588

  • 私の解釈

    「専門職」とは
    企業で仕事していて、事務方の逆だと思ってました。
    総合職、営業職、一般(事務)職ではなく
    CADやSEなどその専門的な仕事だけをしている人だと思ってました。

    「士」や「師」の中(そういう人とは仕事したこないのですが)でも、雑務を一切せずそのことだけのために雇っているひとではないでしょうか?

    ユーザーID:1275990153

  • たぶん...

    総合職に対する職制が「専門職」だったと思います。

    総合職っていうのは、ぶっちゃけて言えば将来の幹部候補ですよね。
    まあ社長とまでは行かないまでも、普通に係長→課長→部長...という具合に
    経営ボードにのっている「ゼネラリスト」ということです。

    それに対して専門職は、会社の中でその人にしかできないとか、
    すごく得意な分野があるといった人に与えられる職制です。
    経営ボードにのっていない「スペシャリスト」ということです。

    わたしは広告業界にいますが、
    「コピーライター」とか「グラフィックデザイナー」とかで専門職の人、
    結構多いですよ。なんか職人みたいな人たちです。
    ただ、組織の中では総合職に比べて出世が遅い、というのが
    現実のようです。(経営に参加しないからかな)

    えーっと、答えになってますかね?

    ユーザーID:0283086232

  • 国家資格

    すいません、私は一般事務員と一線を画すために使っています。わたしは医療の専門職です。薬剤師で製薬で開発をしてますが、特定したくない場合使っています。
    私もプライド高い人が使うと思っております。私もその一人です。

    ユーザーID:9456902767

  • 大ざっぱに言うなら・・・

    う〜ん、大ざっぱに言うなら、
    ビジネスマン(日本的に言うなら、サラリーマンですね)に
    分類されない人・・・って感じじゃないですかね?

    弁護士、教師、医者、料理人、介護士等々そう言った感じの人は
    「専門職」に分類されるんだと思いますよ。
    ちなみに僕は翻訳者です。

    でも、重箱の隅を突っつく感じにするなら
    例えば、金融関係のサラリーマンで株を扱っているなら、
    いわば「株の専門職」なワケですから、
    あまり細かく考えないで良いと思いますよ。

    いわゆる会社勤め←→ちょっと特殊に思われる仕事勤め・・・
    程度の考えで大丈夫だと思います。

    ユーザーID:1579013517

  • その分野の専門家がなれる職業ではないかと

    以前、企業では、一般職・総合職・管理職などと
    対比させて専門職という言葉を使っていたと思います。

    管理職にはなりたくないけど、専門職になる。
    特定分野の専門家としての仕事ということで。

    この場合の専門職は管理職と同様、責任や知識、
    それなりの人格が必要で、誰でも簡単になれるわけ
    ではないという意味を含んでいます。

    私のいるメーカーでは、専門職とは言いませんが、
    機械設計・電気設計など、専門分野毎に
    仕事が分かれています。

    一般社会では○○の専門家と呼ばれますね。
    法律の専門家が弁護士で、教育の専門家が教師で、
    介護の専門家が介護士で。

    小町では資格を取得して、ある分野の「専門家」になり、
    その専門資格で就く職業を「専門職」と呼ぶことが多いようです。

    ある技能や知識に特化し、それを習得するために、
    勉強や訓練などの努力が必要なものです。

    その努力が難しいほど尊敬度合いが増すようで。

    一般事務でも、その事務が必要な理由や、事務の
    仕組みなど、裏の裏まで精通すれば、
    専門職とは呼ばれなくても専門家になれると思います。

    ユーザーID:9086370092

  • 深く考えたことがありませんでした

    そういえばそうですね。

    私の中では、技術職や弁護士さん系、あとはカメラマンとかコックさんとか
    そういう人たちかな、となんとなく考えてました。

    どこが線引きなのでしょうね?
    自己判断?

    saraさんの言う通り、名乗る方には
    「一般事務員と一緒にするな」的要素のある方も多い気がしてきました(笑)

    ヨコですが、同じような理由で「職業・クリエイター」と名乗る人が苦手です。

    さらにヨコですが、私の中では「団体職員」も具体的にはどう言う職業なのか
    よくわかりません。(無知ですみません・・)

    ユーザーID:8889285234

  • 仕事に専念している人

    「一般職」と「総合職」というくくりというよりは、何かの仕事に専門で携わっている人と考えていました。
    「専門的な知識を必要とする仕事」ということでしょうか。
    必ずしも資格があることが条件じゃないように思います。

    ユーザーID:8742311257

  • 女性が好むキーワード

    「専門職」は小町と小町以外では使われ方が違う気がします。
    一般にいう「専門職」は「それ以外の職務ができない、限られた分野で高度な知識が必要な職、ドラスティックな職種転換が比較的困難な職」というイメージです。医療資格職とか、弁護士とか。

    小町では、自宅翻訳から秘書、駆け出しSEから高給SE、上場企業の管理職まで「専門職」という言葉でくくられます。一般事務やパートタイム単純労働(スーパーのレジ打ち等)以外は小町基準では全て「専門職」です。一般事務でも「経理の専門職」と言い換えたり、受付嬢も「接客の専門職」とか。

    Saraさんの投稿にあるように、みんな「自分は特別」だと思いたいんだと思います。皆が「特別な専門職」の看板を出すことによって「特別な専門職」がインフレを起こしている現象が、フランスやイタリアブランドの高額バッグが日本でインフレする現象に妙に似ているなと個人的に思います。「私は特別」というツールが普及してしまい、特別な存在でなくなってしまっている状態が似てます。

    ユーザーID:1937811595

  • 反感を買う言葉だとは知りませんでした

    一般事務ではあまり無いであろう、変なタイムテーブルで
    勤務しているので、それを説明する為に専門職と書いた事があります。
    普段は単に会社員ですと言っています。

    ちなみに名刺での肩書きはデザイナーですが、実際は
    CGを作るのが主な仕事です。アナログな事も少しやります。
    資格がいるわけではないですが、専門的な技術と知識が必要な仕事なので、
    社内では専門職に分けられています。

    でもそうやって書くだけで反感を買うものなのですね。
    グラフィックデザイナーごときが専門職を名乗るなという
    意見もあるかもしれませんし、世間での定義からははずれるのかも
    しれません。これからは控えようと思います。

    ユーザーID:1954815386

  • そうだったのですか

    私も疑問というほどではなく思っていました。

    どんなすごい専門技術をもっているんだろう、と。
    「OL」でもいいのを「専門職」とわざわざ書くし「ひととは違うんだ」と言いたいからあえて書くのだと思っていたし、それはすごい職なのだと思っていました。
    弁護士とか医師やITのなにやらすごい技術系のプロとか。
    それか宮大工とか。これもすごい専門職だし。


    ということは、うちの父もきょうだいも私も子ども夫もみんな専門職なんですね。
    教師など専門職と思ってなかったわ。
    なんだあ。でもわざわざ書かないけど。

    でも、きっとここで「私は専門職なんですが」とあえて書くひとは、教師などと一緒にしてほしくないほどすごいんだろうな、と想像しました。

    ユーザーID:6497696661

  • 私も専門職かな?

    夫は、専門の学校を出て国家資格を持った専門職です。サラリーマン経験が無いという意味ではつぶしが利きませんが、同じ資格を持ってタレントをしている人や小説・漫画を書いている人もいるので、それしかできないということは無いかも。

    私は「有資格者だけに許された業務」の有資格者ですが、この仕事はフリーではできないので、有資格者はサラリーマンとして働いていると思います。資格のおかげで給与も高めですし転職にも有利だと思いますが私のポジションはどう見ても「事務」。これから格好つけたいときは「専門職」と名乗ることにします。

    大手小町で「専門職」と出て来る時は、最高は医者や弁護士(このへんは文脈で判断)、最低でも「多少お給料が良くて、転職に困らない、余裕のある仕事(年齢にもよりますが年収500〜ぐらい)」だと思って読んでます。

    ユーザーID:7516828446

  • 仕事はそれぞれ極めるもの

    専門職さんの、

    > 「介護士」は資格を持つ人だけが介護の仕事に従事する訳ではないので専門職から外れるかと思います。

    近い将来「介護福祉士」国家資格がないと介護の資格ができなくなりますが、その時から「専門職」に変わるということですか?
    業務独占にするには介護福祉士の絶対数が足りないので、名称独占でやっていただけです。
    仕事として介護をするには幅広く深い知識と技術が必要で、研修や勉強の日々です。業界の中では「専門職」とされていますよ。

    誰でもできるような仕事に見えても、実はとても技術が必要な仕事っていうの、あると思います。
    誰もが自分の仕事を極めようと日々頑張っているのでは。

    ユーザーID:8233743100

  • 専門職です。

    発言に使ったことはありませんが、専門職だと思っていました。
    なぜなら、職場で健康診断を受けて、結果がきたときに
    「○○の専門職」と書いてあったからです。(○○には分野が入ります)

    でも自分の仕事を「専門職だ」と思って誇りを持って出来るなら、
    多少「専門」が広かっても良しとしましょうよ。
    プライドって大事だと思います。
    でも人を見下すのは論外ですが。

    ユーザーID:6070542379

  • ある一つの業務に特化している人かと

    思っていました。

    兼業主婦。さんと同じ感じですね。

    でもこんなにいろんな方が当たり前のように書いている、一般職、事務が立場が下で、専門職が立場が上、という差別化のための用語とは思っていなかったのでびっくり。

    私はWEBサイト作成・管理全般(デザイン・コーディングから更新まで)のお仕事をしている時、自分は専門職だと思っていたし、秘書をしている時も専門職だと思っていました。

    今、総務経理事務をやっている自分は一般職と総合職の間の事務だな、と思っています。

    だけど、仕事やメンバーに恵まれているおかげか、事務でも専門の時でも総合職(企画・営業)のメンバーとパートナーという意識で働けていたので上だ下だという意識はなかったですね。

    仕事に対する意識の低い・能力がまだ足りない人が専門職だろうが総合職だろうが事務だろうが下なのじゃないかな。

    事務職とは確かに違うと思いますが、プライド?ではないと思います。

    ユーザーID:2831932688

  • 専門職…かなぁ?

    専門職ってそんなイメージですか?
    ただ単に、「一般職及び総合職ではない職。専門的な技術か知識を
    要する職」だと思っていました。だから凄く幅広いもので、
    その内容はピンキリだと思っています。
    ちなみに、ホワイトカラー・ブルーカラーとの区切りとは別物だと
    思っています。
    ただ単に一般職でも総合職でもない者です、という意味合いで
    言っているだけなのでは?
    なんか、そんなに穿って捉えるといやらしいですよ…。
    自慢したくて言っている人の方が少数だと思いますが……。
    世の中、斜め上を行く解釈の方がいるのですね…。
    私の知人にフィギュアを作っている方がいますが、それも
    専門職だと思っています。毎日徹夜する勢いで日々フィギュアを
    手作り。まさに専門職です。個人的には医師と同じかそれ以上の
    凄いスキルだと思います(単純比較が無理なことは承知の上ですが
    敢えて主観で評価)

    ちなみに私も過去専門職でした。人には誇れるものではなかったけれど
    恐らく日本で十数人いるかいないかの専門職。
    バリバリ3Kでしたけど。本当に、ピンキリで幅広い言葉だと思います。

    ユーザーID:7804966258

  • ありがとうございます、トピ主です。

    レスを下さった皆様、ありがとうございます。

    ののさんのレスまで拝見しました。

    こんなにも様々な意見が聞けるとは思いませんでした。

    とても勉強になりました。

    『専門職』と一口で言ってもそれぞれの捉え方があるんだなぁ、奥が深い!
    と改めて思いました。

    まだまだ色々な意見も聞いてみたいです。
    引き続きよろしくお願いします。

    ユーザーID:5357715317

  • プライドありますよー。

    私は、基本的にアンケートとかそういったものは、普通に会社員と答えます。
    小町などで、もう少し具体的に言うときには、専門職と答えますね。

    私の中で、「専門職」とは、国家資格などを有する職、いわゆる自称ではなれないものだと思っています。

    私は、税理士です。
    その資格を取るために、それなりの努力をしたという「プライド」はあります。

    ユーザーID:8047006454

  • 他に選択肢がない職業

    臨床技師です。
    私も、アンケートなどで「職業を選択して下さい」と聞かれた場合、他に当てはまるものがないとき、専門職としています。

    他に当てはまる物がないから。

    総合職でもないし、事務職でもないし、ガテン系、IT関係、フリーター、主婦、販売、役員・管理職、どれも違う...。他に候補に挙がるのは、医療関係、その他 など。私の勤める病院では、この資格がないとできない職業ですが、見下しているわけでは全然ありませんよ。一般に臨床技師と言っても、全然知らない人の方が多数ですから、まぁこれでいいか、くらいフ気持ちです。

    ユーザーID:5058728559

  • 横ですが…

    元マダム、の前に、元団体職員でした。
    勤めていたのは、国際交流団体です。NGOというか、今ならNPOというか。
    新聞に投稿したり、アンケートに答えたりするとき、会社員でもなく、公務員でもなく、医者でも農業でもなく…、団体職員、と書いてました。
    もっとも、そのような団体で働いている「専門職」の人もいると思いますが。

    ユーザーID:8518694706

  • どーでもいいかな

    そんなにきっちりした線引きはないので、
    深く考える必要はないと思います。

    自分が専門職だと思っていれば、そう言っていいのでは
    ないのでしょうか。

    そう言えるだけのプライドがあるということは、
    それだけ努力している人だろうし、
    いい意味でのプライドを持つってことも大事だと思います。
    (悪い意味でのプライド(見栄)はみっともないですが)。

    それに、職種により明らかに一般事務とは異なる仕事って
    沢山ありますよ。

    そんなにカリカリするようなことでもないような気がします。

    ユーザーID:8304880477

  • 考えた事なかった〜

    改めて専門職って?と聞かれると、技術系で資格の要る仕事、もしくは大学などで、専門的に学んだ人が就く仕事かな?と漠然と思っていました。でも小町の皆さんのレスを読んでいると、文科系でも弁護士とか税理士他も確かに専門職ですよね。
    私自身は建築学科を出て1級建築士を取得し、何の疑いもなく専門職だと思っていました。新卒の時に専門職枠で採用されたからです。その会社では、専門職は転勤が無い変わりに、総合職に比べて若干お給料が低かったと記憶しています。

    今は子育てに忙しい毎日ですが、ママ友の間で、昔どんな仕事してたの?と聞かれ、「○○会社の専門職だったの」と答えた経験があります。それって・・・嫌味に取られた可能性があぅたのですね(汗)・・・・。

    ユーザーID:4695601352

  • 横ですが

     友人が、裁判所の書記官で、一緒にショッピングしていたときに頼まれたアンケートで、専門職と書いていました。私は、裁判所の一般事務をする仕事だと思っていたので、驚きました。聞いてみると、内部試験を受けて合格して研修を終了しなくてはなれないし、書記官でないとできない仕事だからとのことですが。
     本人は専門職と思っていても、マイナーな職種だと知られていないかも。結構、主観的なものなのかなと思いました。

    ユーザーID:7110343396

  • 専門職が立場が上とは??

    トピ主の質問から逸れてしまい申し訳ありませんが
    小町では「そのつもりはない」と言いつつも、
    「一般職、事務が立場が下で、専門職が立場が上」
    という意識の人が多いことを常々疑問に思っていました。このトピでもしかり。

    一般的に専門職は出世の可能性が低いですよね。ポストが少ないからです。
    一般職や事務は、能力次第ではありますが管理職になることが期待できる立場にあります。
    歳を重ね順調に昇格した時、相当高度な専門職(医師等)と比較しない限り
    収入も権限も専門職の方より上になる可能性が高いのが一般職や事務だと思っていましたが
    違うでしょうか。

    小町は女性読者が多いから、出世を度外視しているのかも知れませんね。
    専門職は求人が多く転職しやすいが、潰しが利かず一定のラインより上が望めない。
    でもそれが女性にとっては魅力的な職と感じられることが多いので
    「専門職が上」的な発想になるように思います。
    専門職とそうでない者に対する感覚は、女性と男性では差があるのではないでしょうか。

    ユーザーID:4219950521

  • 特別意識はなかったな…

    看護師です。
    専門職=業務独占の職業だと思ってました。

    職業欄での選択は「事務職・総合職・専門職」となっていれば専門職
    「無職、会社員、公務員、団体職員」となっていれば
    迷う所なのですが(病院=会社??)団体職員でしょうか。

    あと、「職業は看護師」と明記すると不都合な場合がある
    (男性から卑猥な質問を受けたり
    女性から「ドクターと付き合ってるの?」など詮索されるetc)ので
    「専門職」と誤魔化したりしていました。

    けして事務職や他の職業を見下して
    「私はみんなよりも上の職業よ!」と
    言っているつもりは毛頭ありませんでした。

    ここで不快に思われる方もいるんだと判ってよかったです。

    ユーザーID:3179049996

  • 裁量労働

    私は、大学の教員です。
    私たちをはじめ、「専門業務型裁量労働制」が適用されているのが専門職だと思っていました。
    これは、要するに一時話題になったホワイトカラー・エクゼンプションと同じものです。
    大学教員、研究開発、放送・映画、デザイン、コピーライター、システムコーディネーター、ゲームデザイナー、弁護士、公認会計士、建築士、証券アナリストなどなど、19業務だけに適用されています。
    業務の性質上、業務遂行の手段や方法、時間配分等を大幅に労働者の裁量にゆだねる必要がある業務です。
    要するに、自分の仕事について自分で決めて遂行できる裁量を組織から許されている職の人だと思います。

    ユーザーID:1687888344

レス求!トピ一覧