ペットを180日間の係留検査させた方いますか?

レス10
(トピ主1
お気に入り6

旅行・国内外の地域情報

犬派

来年海外より愛犬を連れて帰国予定です。しかし前回の狂犬病接種で大変きつい副作用が出ました。かかりつけの獣医師は老犬であるため死をも招きかねないと以来接種は免除となっています。小型の老犬で歯もほとんど無く、また昔から家と裏庭の犬用トイレに囲ってある部分を行き来するだけの犬です。
日本の検疫所に問い合わせたところ、2回の狂犬病接種はどうしてもしなくてはならない。もしも回避したい場合は180日の係留検査になるとの返事が来ました。以前旅行の為2週間知人に預けた時は寂しさとストレスで食欲が無かったらしくものすごく痩せていてびっくりしました。 そんな愛犬(おまけに老犬)が180日にも耐えられるかが心配です。 似たような経験をされた方がおられたらお話が聞きたいです。

ユーザーID:7294484729

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数10

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • サンプルになりませんが

    検疫厳しいですよね。絶対に例外の前例を
    作りたくないんでしょうね、あとあと大変
    ですから。今のように厳しくなる前に、
    「老齢なのでなんとかして下さい、家からは
    絶対出しません」といってスルーできた方は
    知っていますが、今は絶対無理でしょうね。

    成田のケアはわりといいと聞いていますが、
    実際にあずけたという方は私の周囲にもいない
    ので、本当のところはわかりません。

    ワンちゃんがストレスに耐えられるかどうか
    ですが、何しろとっても遠いらしいので、
    どのぐらい面会に通えるかもポイントになります
    よね。事情によっては係留地の変更ができる
    かもしれませんし(推測で書いてます)。

    いずれにしても、ワンちゃんのストレスが少しでも
    軽減できるような方法を考えてあげたいですね。
    万事まるく治まりますように。

    ユーザーID:0545387003

  • トピ主です。あまり180日の方はいらっしゃらないようですね。

    猫連れ様、レスありがとうございます。
    成田のケアはわりと良いのですね。それにしても愛犬はとても寂しがりやで毎晩ベッドのわきで泣くような子です。(夫がベッドに犬を入れるのは反対派です)
    半年というのはあまりにも長いです。。。

    ユーザーID:7294484729

  • 180日ではありませんが・・・。

    厳しくなる前の法律のときに中国から犬を連れて帰国しました。
    中国から日本へ帰国するには14日間の係留(日本到着日と係留施設を出る日は含まないので実際は16日間となります)が必要でした。

    関西空港の係留施設には、空港に着いてすぐに犬と一緒に連れて行っていただきました。とてもきれいで清潔な印象を受けました。施設の見学も快くさせてくださいました。

    我が家は3頭まとめての係留でしたので、係留中に犬に会いに行くということはしませんでしたが、普段使っているおもちゃや毛布・私が1週間くらい着まくった(笑)シャツも一緒に預けました。

    成田に預けた友人の話では、面会時間というようなものがあって、友人はほぼ毎日面会に通っていた(こちらも16日間だったと思いますが)ようです。関空の施設でもおそらく面会くらいは問題ないのではと思います。関空の施設は関空の島の中にありましたので、車で通うこともできそうでした。

    狂犬病の注射が無理なら、180日係留はどうやっても免れないと思いますので、できるだけ面会に行ってあげるくらいしかできないのではないでしょうか・・・。

    ユーザーID:2935157219

  • 行政も人だから。。期待したいな。。

    こんにちは。
    係留検査について、理解していない上の発言ですがお許しください。
    私だったら、タイトルのような考えから、まず交渉すると思います。

    かかりつけ医の方に注射免除の理由を診断書にしてもらいます。合わせて、高齢のため、180日間の係留検査に耐えられない可能性も記載してもらいます。
    (耐えられないかどうか、その判断はお医者さんに任せますが。。)
    その上で、室内で飼い、外部と接触はさせないこと、愛犬の日々の様子(解るように写真付き)、だから狂犬病をうつす心配はない、などを誓約書として自分で作成し、提出します。結果、検査緩和してくれたらありがたいですよね。

    もちろん、行政官は日本国民を守るために、法律を厳格適用しなければいけないし、して頂きたいですが、一方でケースバイケースを判断するために、人としての行政官が存在するのではないでしょうか?

    トピ主さんの知りたい経験談でなくて、申し訳ありません。。

    ユーザーID:2751675028

  • 係留中の友人が2人います。

    新法になってから、何度か犬連れで帰国しています。
    事前手続きと書類さえそろっていれば、12時間以内(実際には5分程度)で済むので、
    「厳しくなった!!」と言う人もいますが、私は逆で「優しくなった」と思っています。

    友人で、今まさに180日係留中ペットの飼い主さんが2人います。
    1人は、接種していた狂犬病注射がkilledでは無かったため。
    1人は、勘違いで、狂犬病注射追加接種が1日遅れていたため。
    新しい現行の動物検疫では、いかなる理由があろうとも、「例外」は認めません。
    老犬で、係留に耐えられないとしても、自宅係留は認められません。
    狂犬病注射の接種が困難であるなら、180日間の係留を免れることは出来ません。

    180日の係留になると、愛犬の体調ももちろん、
    係留期間の費用も気になるところです。
    小型犬だとして、1日3000円なら、180日で54万円!!
    友人の1人は大型犬だったため、帰国後の車購入費用を充てたそうです。

    続きます。

    ユーザーID:0110443220

  • 旅行・国内外の地域情報ランキング

    一覧
  • 係留中の友人が2人います(続き)

    係留施設は面会が可能です。
    自宅が近い友人は、時間を作って、ほぼ毎日面会に通っているそうです。
    自宅が遠い友人は、こまめに電話で様子を聞いて、
    連休の度に会いに行っていると言っていました。


    もし、係留が心配なら、
    今かかりつけの動物病院ではないところに、セカンドオピニオンに行ってみては?
    別の友人で、同じく高齢の猫ちゃんでしたが、予防注射接種後にひどい副作用が出た子がいました。
    日本帰国が決まって、猫ちゃんを信頼出来る人に託して行くか、
    何とか方法を探して連れて帰るか検討し、
    獣医師さんとも相談して、
    副作用の少ないメーカーの狂犬病注射を、比較的体調の良い日に接種。
    接種した日は、病院に入院して様子を見ていました。
    幸い、副作用は出ることなく、無事に血清検査もクリアしました。
    その彼女と猫ちゃん、なんと!明日日本に帰国するんですよ!!

    ワンちゃんのために!
    いくつかの病院をはしごして、無事に注射を接種できる方法を検討するのも良いかもしれません。

    ユーザーID:0110443220

  • トピ主です。

    >らくがんさん
    そうですね。私も2週間くらいならそんなに心配もしないのですが、半年とはあまりにも長いですよね。
    >なかっちさん
    何度か検疫所にメールをして説明をしたのですが、やはり例外は認められないとのこと。あまりにしつこいとこれは人間を守る法律だから(後略)とかなりきつめのお返事が来てしまいました。
    >クリッシーさん
    具体的な例をありがとうございます。
    私も毎日のようにやはり獣医師さんと相談して接種した方が良いものかと悩んでいますが、万が一アナフィラキシーショックにでもなったらその場で死亡ということもあります、医院ではどこでも接種前にそういう可能性も有りで書類に承諾のサインを求めます。 その時点でどうしても怖くてできないんですね。
    確かに料金面ではどう工面しようかと思うくらい大きいですが命には変えられません。

    ユーザーID:8917986448

  • 蛇足

    猫連れ@再び です。

    サンプルにならないので前回書きませんでしたが、
    うちの猫は日数が全然足りず、養育費つきで友人に
    猫を託してきました。まだ若い猫ですが。

    満期(って貯金のようだ)になる頃、はるばる迎えに
    行きました...。

    ユーザーID:0545387003

  • 自宅係留は不可能ですか?

    自宅係留(自宅検疫)については問い合わせをされましたか?
    トピ主さんのお宅のワンちゃんの状況を読む限り、老犬で半年も飼い主さんから離れていたら気力体力ともにもつかどうか心配です。
    所定の種類をそろえたり、定期的に成田まで犬を連れて診せに行ったりと大変なことは多いと思いますが、自宅係留が認められれば犬も精神的に楽だろうとは思います。検討されてみてはいかがでしょう。

    ユーザーID:9909373682

  • 2回目の書き込みです。

    ☆トピ主さま
    結局は180日拘留にするか、前回とは違うメーカーの狂犬病予防ワクチンを使ってみるかくらいしか選択肢はないように思います。

    新制度の検疫は万に一つの例外も許されないようですし・・・。
    私ならという仮定で申し上げるとすれば、180日拘留を選ぶと思います。時間もお金もかかることですが、注射をして万が一・・・なんてことになって後悔するよりもよいのではと思います。

    ☆セバスチャンさま
    残念ながら、以前の制度では自宅での検疫が認められていましたが、新制度の検疫では自宅検疫はできないことになっています。
    検疫を受ける動物がどれだけ老齢で、病気を持っていたとしてもです。

    ユーザーID:2935157219

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧