共働きの家計について

レス44
(トピ主7
お気に入り36

恋愛・結婚・離婚

こうた

こんにちは。
男ですが、こちらでお聞きしたほうがレスが多そうなのでお願いします。
来月結婚予定のコータです、結婚後の家計について意見があわず
女性の皆さんにお聞きしたいです。
彼女はマンションを持っていて
結婚を機に私がマンションを買って一緒に暮らす予定です。
彼女のマンションは賃貸に回します。

年収は僕のほうが多く、額面だと1200、彼女800です。今回、家を買うにあたり、僕は4000万円台の物件を希望していたんですが、彼女の私の賃料収入もあるし、との話と、彼女の強い希望で6000万円台にジャンプアップ。当然、家のローンを含めた生活費はかなり高くなることが予想されます。僕の考えとしては、自分、彼女の給与収入、彼女の賃料収入から生活費や2つの不動産のローン等を引き(生活費として彼女が化粧品等で多く使うことは異存ないです)、残ったお金からお互い同じくらいのお小遣いを引き、さらに残ったお金が夫婦の貯蓄という考えです。

彼女としては、生活費は給与収入の年収割、マンションの賃料収入は彼女のお金(勿論彼女のマンションのローンはその中から)とのこと。続きます

ユーザーID:1848604152

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数44

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • トピ主です

    続きます。
    マンションの賃料は、生活費に組み込まないというのは別にいいんです。資産としても彼女のものだと理解してます。借主がいない時もあるでしょうし、その収入をなかったものとして生活していき、余った分は夫婦の貯蓄とするなら良いことです。でもそれが彼女個人の貯蓄で、自分がいつでも自由に使えるっていう発想はなんか理解できないんです。ちなみに貸す方のマンションの賃料は月25万円位、ローンその他の支払いが8万円くらいです。将来、子供が出来たりして、彼女が働けなくなったら生活費その他全部自分の負担で、彼女はお小遣い16万円ってことなんです。人に貸せるのも自分達がマンション買ったからだし。生活費も完全折半なら寂しい話だと思いながらもまだ理解できるんですが。僕の甲斐性がないんでしょうか?

    ユーザーID:1848604152

  • トピ主のコメント(7件)全て見る
  • 彼女の言い分が正しいのでは

    簡単でしょう。彼女のマンションは彼女の物です。生活費の収入割分はきっちり出してもらって、彼女には自分のマンションのローンも払わせればいいだけです。トピ主さんはトピ主さんで、結婚前の資産をきっちり個人財産として保全されればいいのではないでしょうか。

    ユーザーID:8607077781

  • 価値観の違いかな?

    トピ主さんが一番納得いかないのは、彼女さんのマンション関連の収入の扱いと理解しました。

    賃貸の一番のメリットは身軽だということ。つまり25万というのは店子が入っている場合の話であって、ずっとそれが切れ目無く続くとは限らない。また、今は25万で貸せるかも知れないが、物件はだんだん古くなるので、リフォームとかでお金をかけない限り賃料収入も下がっていく可能性が高い。住宅ローンは8万の支払いとの事だが、金利のタイプによっては今後金利上昇に伴い支払額も上がる可能性がある。将来的には不安な要素がいっぱいあるように思えます。ずっと16万円の差し引き収入、は画餅でしょう。

    私なら、賃料収入は彼女さんのもの、は同意する代わりに、もし万が一空き家状態が続いて家賃収入が無くなっても家計やトピ主さんから補填はしない、という条件にします。

    まあ、独身時代の資産を運用しているようなものと考えればいいでしょう。独身時代の貯金を運用して出た利益は相手の同意を得ることなく使っても良いと思いますので。でも損が出たときも自己責任で、ということでどうでしょう。

    ユーザーID:5227304502

  • トピ主です

    レスありがとうございます。
    >>所得税 さん
    やっぱり普通ですか。ひとつ質問なんですが、この場合の収入割りの収入って給与だけですか?僕の価値観だと、自分の資産が産む収入が自分のものなら、給与(自分という資産からの収入)だろうが、賃料だろうが同じだと思うのですが。生活費は給与の収入割り、賃料は自分のものってなんか自分勝手なきがしてしまいます。
    私の収入  給与
    彼女の収入 給与+賃料−マンション維持、ローン
    この収入割なら納得です。

    >>通行人さん
    その辺は分かってます。不動産投資が本業なので。自分が買ったのも、彼女のマンションも、賃貸に出しても転売しても安定的な利回り、利益が確実に出る物件です。僕のマンションは自分達が住むので貸せません。彼女のマンションは僕のマンションに住むから貸せます。彼女だけ収入が増え、それが全部自分のものってのは??

    ユーザーID:1848604152

  • トピ主のコメント(7件)全て見る
  • うちも共働きですが・・・

    >僕の考えとしては、自分、彼女の給与収入、彼女の賃料収入から生活費や2つの不動産のローン等を引き・・・

    これって正確に支出を差し引くためには、全収入をどこか一箇所に集めないと難しくないですか?
    うちも共働きですが、二人とも第二口座を指定できるので、一定額を共通の口座に振り込んでもらい、残りを貯金(ここからお小遣いを控除)しています。ここから住宅ローンの繰上げ返済(金額を決めて)に当てています。
    でも不動産価値って結構、変動が激しいし、今はバブルの再来?なんて言われたりもしています。彼女所有のマンションって、多分、購入時より上がってますよね?私なら、またいつか底値になるまで持っているより、今のうちに売却して、売却益を二人で住むマンションの頭金に充当し、共有名義でリスクヘッジかな。住宅ローンが複数になるのも管理が面倒なので私はパスですね。

    ユーザーID:6099461980

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • マンションの賃貸収入は彼女のもの

    だと思います。結婚前に稼いだものですし、彼女個人の財産って事で。

    ただ、家事が平等だという前提なら、生活費は、折半が
    妥当だと思います。
    だって、貴方が現在彼女の1.5倍稼いでいるのは、内助の功なんて
    全く何の関係もなく、100%貴方の実力で貴方の財産です。
    (その点、彼女のマンションと変わりません)
    それに、年収が多いほうが、余分にご飯食べたり、電気使ったり、
    部屋のスペース使ったりするわけじゃないしね。
    半分づつ使うのだから平等に負担。

    彼女が出産したら?
    そこは、今まで通りに働くのは不可能でしょうから、
    家事育児分を適当な額として見積もり(2〜30万かなあ、それで
    納得しないならヘルパー雇いましょう)、不足分が出るようなら
    マンションの賃貸収入から払ってもらったらどうですか?

    うちは、子供の居ない共働き夫婦ですが、上記のような感じです。
    夫の収入しらないので、自分より多いのかどうかも解りませんが。

    ユーザーID:1431212604

  • 矛盾が気になります

    まず、彼女の家賃収入は自分でローンを返しているかぎり、彼女のものだと思います。それはいいのですが、トピ主さんが指摘していない、彼女のある矛盾がとても気になります。

    >彼女の私の賃料収入もあるし、との話と、彼女の強い希望で6000万円台にジャンプアップ。当然、家のローンを含めた生活費はかなり高くなることが予想されます。

    なのに、

    >彼女としては、生活費は給与収入の年収割、マンションの賃料収入は彼女のお金

    なのですか? いくらの家を買おうとこの場合生活費は年収割くらい出すものだろうと思うのですが、家のローンが「彼女の希望」が原因でアップしたなら、そのぶん賃料収入からなりとよけいに出して当然じゃないでしょうか?
    負担の比率に納得がいかなければ、この点を指摘して、トピ主さんの希望していた四千万の家に変えるなり比率を変えるなりなさればよいわけですが、個人的には、こういう矛盾した発言をする時点で、彼女が「お前のものは俺のもの、俺のものは俺のもの」的発想の女性でないか、気になってしまいます。

    ユーザーID:3966351939

  • じゃあ彼女のマンションに住もう(笑)

    ちょっと前にだんなさんの結婚前からの投資の運用益について夫婦間の平等ということで
    トピがありました。そのときには結婚前の資産はその人のものだと思ったのですが、今回のケースではトピ主さんが感じている不公平感もわかる気がします。

    例えばタイトルのように彼女に提案して、こうたさんが買ったマンションを賃貸にまわしローンを賃料で払った場合、差額はすべてこうたさんのものですか?彼女は納得しないんじゃないかな。

    新居のために買うマンションは折半で購入(当然名義も共有)とか、こうたさんが拠出する生活費から家賃分(ローン分?)を控除など互いに納得できる条件を探った方がいいと思います。

    P.S.ただ突っ込まれることを怖れてとは思いますがウン千万の話の中に化粧品代が出てくるのはこうたさんもお金にこまかいなって印象ですが。

    ユーザーID:4511740013

  • 押されてません?

    彼女の言い分はおかしいと思いますよ。というのは、確かにマンションは彼女の独身時代のものなのですから、そこから発生する利益は彼女のものと思うのですが、今回の場合「私の賃料収入もあるから」と言ってマンションをランクアップしていますね。
    それなのに、やっぱり賃料はローンに組み込まない、というのはおかしくないですか。差額の十六万は繰り上げ返済分として、貯金するべきでしょう。もしくは、今からでも「最初の約束と違う。このマンションはキャンセルして、4000万台のマンションを購入する!」と言うべきです。

    相談内容とは離れますから蛇足ですが、生活費の入れ方にしろ、コータさんがどう考えているのか、きちんと話し合えてますか。寂しいとか不満に思うなら、こんなところでこぼしていないで、ちゃんと彼女に伝えてください。
    これからの結婚生活は長いのですから、最初から押されていては先が大変ですよ。

    ユーザーID:6163458964

  • ううーん・・・

    共働きです。
    トピ主様の理不尽じゃないか?って気持ち、納得できます。
    彼女が少し、自分のお小遣いを増やそうと必死になっている気がします。

    縁起の悪い例えで恐縮ですが、離婚時の財産分与は
    通常、結婚前のお互いの固有財産は分与対象には含まれません。
    但し、それは協力なくして固有財産を保持・運用できた場合の話です。協力あってこその場合は例外もありえます。

    ましてや2,000万分物件をグレードアップしたのは彼女の希望です。
    彼女は1度「私の賃料収入もあるし」と、賃料を含めて生活費を出す事を許容しているのですよね?
    自分から提案しておきながら、後からそれは組み入れないはちょっとひどいですよ。

    生活費に賃貸物件のローンや維持費も組み入れた上で

    ・賃料収入も含めて、年収に比例させる
    ・年収の比率は何も考えずに折半する

    どちらかが心情的にしっくり来ますよね。
    少なくとも我が家ならきっとそうなります。
    今回は株の運用などとも違いますからね・・

    それはそうと、今まで住んでいた物件とのこと。
    居住用の住宅ローンのままなんでしょうか?
    組み替えた後の支払いが8万円なら問題ないと思うのですが・・

    ユーザーID:4776579924

  • 夫の収入=生活費

    私46歳、夫41歳の夫婦ですが
    理由あって、二人合わせて
    主さんご夫婦の5分の1以下ぐらいの収入です。

    主に夫の収入で生活しています。
    小遣いはその都度。
    年とってるせいか、
    結婚したら夫が扶養すべき、という考えの
    夫ですので。

    実際は現実的に無理なので
    足らない分は私の給料から出しています。

    まあ、少ないからモメないんですかね・・
    私が主さんの奥さんの立場なら
    生活費はすべてご主人の収入から出して
    後は
    お互いの名前で適当に分けて貯金しちゃうかな。
    めんどくさいから。

    ユーザーID:1524203910

  • お金は難しい

    不動産に精通してらっしゃるなら、資産価値の変動等も組み込んでの考えですよね?
    彼女のローン残額やマンションの建築年数等は解りませんが、不動産が水物である以上、彼女の不安からくる提案なのだと思います


    夫婦として、何十年のスパンで貯蓄を話し合った方がいいですよ

    ユーザーID:9643441487

  • 奥さんの都合良すぎでは?

    自分は「こうたサン」の言い分が正しいと思います。それがダメなら次のようにすべきだと思います。
    生活費を給与収入の年収割とするのではなく、総収入の年収割するべきです。
    彼女の生活費の年収割は「マンション収入+給与額」にします。
    もし彼女が働けなくなったら、マンション収入から年収割で生活費を出してもらうべきです。
    6000万円のマンションの頭金は、どう負担されたんですか?

    ユーザーID:0265009617

  • 似たようなとぴがありましたね。

    似たようなとぴがありましたね。
    男女逆で、
    夫は投資家としてかなり成功している(独身時代からの種銭らしい)
    妻はその果実の分け前が全然無いと嘆いている。

    結構、妻擁護が多かったように思いますが、このとぴはコメントすら少ない。小町らしいのでしょうか。

    >額面だと1200、

    そんだけもらってんなら、がたがた言わなくてもいいんではないでしょうか。

    >彼女のマンションは僕のマンションに住むから貸せます。彼女だけ収入が増え、それが全部自分のものってのは??

    そのことをきちんと言って交渉すればいいだけと思うのですが、話し合いしてます?

    >さらに残ったお金が夫婦の貯蓄

    うーん、羽振りのいいときは、それでいいでしょうけど、
    貯蓄とローン返済を先にすべきですよ。

    ユーザーID:5546316861

  • 私は彼女に同意

    私は素人ですが、彼女の案に賛成です。それが普通とも思えます(あくまで私の感覚)。

    独身時代にたまたま買ったものが、その後も収入をうむということ。これが例えトピ主さんや夫が、独身時代に買っていたアンティーク家具やマニア受けする玩具などが、おおばけして何倍もの収入を産んだとしても、また株を保有していてその配当金が月平均16万あったとしても、彼が彼の責任においてリスクも承知でやった投資として自分の関知するところではありません。元手も彼のものですし。

    夫婦の生活が困窮し、日々の食費や光熱費にも困る時に「これは自分の収入だ!」といわれればそれは人間としてどうかと思いますが、普通の生活ができている間は何も言いません。

    ユーザーID:6522053097

  • 彼女にローンの一部を負担してもらう

    >彼女の私の賃料収入もあるし、との話と、彼女の強い希望で6000万円台にジャンプアップ

    というところで、私も腑に落ちません。

    彼女がマンションを持っているとか、家賃収入が入ることを
    まったくないものと考えてみましょう。

    彼女は、仕事をしていて別途収入があります。
    そして、夫婦の住まいに関して、夫婦間で話し合った
    上で合意し、彼女の希望も受け入れているわけです。

    そう考えると、
    彼女の希望額6000万円−あなたの希望額4000万円=2000万円
    のローン増額分は、ある程度、彼女が負担すべきだと思いますよ。

    ただ、その場合の所有権は彼女負担分は彼女名義にすべきでしょう。

    つまり、
     彼女の給与:彼女のもの
     あなたの給与:あなたのもの
     生活費:双方の給与から支出
     彼女のローン:彼女が負担
     彼女のマンション維持費:彼女負担
     彼女の家賃収入:彼女のもの
     今回のローン:あなたが4000万、彼女が2000万を負担
     今回のマンション維持費:あなた2:彼女1で負担
    といった考え方です。

    いかがでしょうか

    ユーザーID:7475127368

  • 結婚前と結婚後

    結婚前に作った財産は純粋に彼女の物です。家賃収入だと思うから、納得いかない気分になるんですよ。マンションではなくて、単なる貯金だと思えばどうでしょう。結婚前の彼女の貯金は彼女のものです。もちろん利子も。。貯金をマンション、利子を家賃収入、銀行必要経費をローン等と考えてはどうでしょう?だから、もちろん借手が見つからなくて、赤字になった時に彼女と貴方のお給料の方からの蓄えからローンを払わざるを得ない場合は、貴方も同額、自分の為に使えばいいと思います。

    だから、もちろんトピ主さんの結婚前の貯金は貴方のものですよ。どうしてもきっちりしたいなら、トピ主さんの結婚前の貯金を全部トピ主さんが人に貸す為のマンションを買う頭金に回して、彼女と同じ状況になるという手もあります。もしくは、トピ主さんの方が多く二人で住むためのマンションの頭金を多く払うのなら、マンションの持分名義に差をつけるという手もあります。

    結婚後の生活は、共同体だと思うので、私なら給料の割合云々ではなくて、二人の給料を全部合わせてから、お小遣いなり生活費なりをそこから二人で話し合って、決めればいいと思うんですが。。

    ユーザーID:0524973968

  • 結婚前の財産は彼女のものでしょう

    彼女は、結婚前にマンションを購入した際、頭金や税金諸経費で1000万以上投入していませんか?

    貴方は、不動産を買っていない分、貯金は沢山あるのではないですか? それに比べ、彼女の貯金は(収入の差はさしおいても)少ないのではないですか?

    もし、結婚後の賃貸収入を家計で平等に使いたいというのであれば、貴方も、彼女が結婚前に支払ってきた総額を繰り上げ返済で支払い、権利を半分もらえば、結婚後の共有財産として賃貸収入を見なせるでしょう。繰り上げ返済した分、賃貸収入も16万より多くなるかもしれませんね。

    私は、既婚で独身時代に賃貸物件を購入していますが、家賃収入とローンを差し引いた収入はそのまま貯金し維持費に充てるため家計には入れていません。ローンが終われば、夫婦関係がうまくいっていれば老後の年金代わりにと使うつもりです。しかし夫は全く資金を投資してもらっていません。
    ローンがあるので仕事は辞められない(夫には払わせられない)ですね。不動産を持つ女性は、金銭感覚と人生設計はしっかりしているので、「お小遣い」という発想はないと思いますが。よく確認しましたか?

    ユーザーID:0366057381

  • 彼女の収入から家賃分をいただく

    結婚後の新居は100%トピ主さん名義なんですか?だとしたら、トピ主さんの持ち物である新居に一緒に住む分として、彼女の収入から妥当な家賃分をトピ主さんへ支払っていただくのはどうですか?
    現時点で、彼女が収入割りで支払うと言っている生活費(食費・光熱水費)には、家賃分は含まれてないですよね?私(妻)ならその分は請求されたら拒否できないなあ。だって、彼女の主張は彼女に都合の良すぎる別家計制ですよね。
    私も最近夫と共同名義(連帯債務)で新居を購入しました。結婚2年目の共働き、第1子妊娠中です。夫と私の年収に開きがあること、夫はすでに賃貸収入があがってくる住宅を他に1軒持っていることで、収入に差があり、これまで2年間はシビアに別家計制でした。お互い、自分が損しないように考えていました。
    でも、今では、お互いに信頼関係が強まり、離婚することはないだろうと思っているので、自分名義の資産保全にこだわる気持ちがお互いなくなってきました。新居の名義持分割合もかなり私に有利にしてくれています。
    トピ主さんも、新婚の今全てを決定しなくてもいいのでは?しばらく賃貸で暮らし、数年後に購入を考えては?

    ユーザーID:9274721056

  • トピ主です

    皆さんレスありがとうございます。
    僕の価値観、そんなに一般常識とズレていないようで、良かったです。
    >>保育園ママさん
    売却益は彼女の持分算入でその考えはいいと思います。ただ、残債の額とリスクは殆どないですし、物件の特殊性を考えると、売却するより貸していた方がいい物件なんです。
    >>にゃにゃこさん
    ええ、生活費が折半なら、自分の価値観とは違いますが、フェアだということは理解できます、その場合、一緒に住むマンションのローンは僕が負担する代わりに、マンションの賃料相当の半分は彼女負担だと思います。それが受入れられればなんの問題もないですがどうもそれも違うみたいで。
    >>shamrockさん
    ジャンプアップの件はそのとおりです、そこにも納得いかないので指摘してますが、しまいにはそんなこと言ってないとまで言われました。
    >>TACさん
    おっしゃるとおりです。そうできればいいんですが。化粧品うんぬんは、例えです、突っ込まれたくなかったからです。

    ユーザーID:1848604152

  • トピ主のコメント(7件)全て見る
  • トピ主です

    >>tomokoさん
    独身時代の資産からの利益が彼女のものなら、一人で頑張ってきた僕の今の年収も僕のものだと思うのですが。ですから生活費折半なら、まあ納得です。話はしてます、ハードな交渉で疲れ気味ですが。
    >>とどさん
    まったくとどさんの考えと同じです。賃料含めて年収比例若しくは完全折半。これならなんの問題もないです。彼女のローンは住宅ローンのままです、厳密にはアパートローン(非自居住ローン)に借り換えないといけないのですが、実際には約定どおり返済している限り、銀行は借り換えは迫りません。旧公庫融資とかだとうるさいかもしれませんが。
    >>おばさん
    それもOKです。自分の収入で生活、残りは折半で貯蓄、若しくは共有財産として貯蓄は一番近い価値観です。
    >>タワーマンション40さん
    残債は現在の売却実勢価格の1/3以下、都心ターミナル駅ペデ直結、借り頃の50平方メートル台、築年数も5年未満。ハッキリ言って自分が持ち主なら、マグニチュード10位の地震でもこない限りなんの不安もないです。
    >>ゆうさん
    そうですね。頭金は僕の貯金と、一部自分の両親が援助してくれました。

    ユーザーID:1848604152

  • トピ主のコメント(7件)全て見る
  • トピ主です

    >>あげ
    ガタガタ言うな、うん、それに近いことは言われてまして、それでここに書いてみました。
    >>ハナさん
    ま、そういう考えもあるとは思うんですが、それなら給与だって一緒じゃないんでしょうか?彼女と僕の給与年収格差に無関係に生活費折半なら筋が通っていると思うのですが。
    >>チュン夫さん
    考え方としては面白いです。
    >>もこさん
    結局、そこです。彼女のマンションからの収入が彼女のものならば、僕の今の年収は自分で勝ち取ったものなので僕のものではないですか。貯金が彼女のものなのは理解しますが、そこから得られる利子収入は、自分という資産から生まれる給与収入と同じではないでしょうか??生活費が折半なら、理解はできます。
    >>sさん
    それは提案してみます。とても理解できます。ただ、マンションは購入しているので、賃貸暮らしはできませんが。

    ユーザーID:1848604152

  • トピ主のコメント(7件)全て見る
  • 似た状況

    私だったら新居のローンの支払い次第かな。。
    というのも似た状況です。夫には結婚前に購入した住居があり、彼の名義で、家賃収入もローン返済も彼が管理しています。新居は共同名義で、収入に応じて出した家計費からローンの支払いをしました。私は私で結婚前の貯金は公開しなかったですし。。私は問題だと思ったことはありませんが、そうじゃない方も多くてびっくりしました。
    もし、トピ主さんが新居のローンを払うならそれはひどい話だけど、家計費からなら問題ないのでは?と思いました。
    また、私は現在妊娠中ですが、産休中は私がもらえる手当ては一部家計に入れて、残りと自分の貯金でお小遣いをまかなおうと思っています。
    なので、彼女が働けない時は、ルールを変更して彼女の家賃収入からでも家計費を入れてもらう、貯金からお小遣いを出してもらう等すればよいのではないでしょうか?
    それと、どなたかがおっしゃているように数年たち、夫婦仲が悪くなければ、明確な線引の必要性を感じなくなると思いますが。

    ユーザーID:6859437322

  • 彼女に言いたい

    お金にいちいち名前を書いたりせず、両方まとめて財布の紐を握っちゃえばいいのに。あなたの物は私のもの、私の物も私のもの、ってね。

    ユーザーID:3655671638

  • トピ主さんへ

    返事いただきありがとうございます。不動産投資が本業なら、私みたいな素人が意見するまでもない感じです。

    でも敢えてその他の方策を探ると・・・

    6000万円出せるなら、敢えて6000万円の物件を止めて4000万円に戻し、浮いた2000万円でトピ主さんが投資用マンションを買って、トピ主さんも賃料を得るというのはどうでしょう?だったら納得できませんか?

    その上で、どうしても6000万円の物件が良ければ、ジャンプアップしたがっているのは彼女さんなのですから、その彼女さんに差額を出してもらえば良いではないですか。原資は彼女さんの家賃収入、勿論その分名義は彼女さんが多く持つという条件で。

    これで彼女さんが反対するようなら、トピ主さんがいいように利用されているのではないか、と疑ってみても良いかも。

    ユーザーID:5227304502

  • 彼女の意見に納得いかないなぁ。

    ウチ、生活費は同率折半ですよ?
    収入差は関係無しです。

    というか、収入はお互いに我関せず、です。(ただし借金はご法度)
    夫はどちらかというと浪費家。私は締まり屋。

    ということで、私の貯金のスピードは夫の5倍程度です。

    で、例えば、車を買うとき、
    夫は浪費家なので、高価なスポーツカーを欲しがります。
    私は、その費用を半分「出して」あげます。
    逆に、半分以上は絶対だしません。家を買うにしてもそう。

    常に、浪費家で収入の少ない夫が良いものを欲しがるので、
    それを半分まで補助という感じで叶えて(?)あげます。

    私は万事に付けてつつましい暮らしをする事に対して
    ストレスを感じないので、夫がギリギリイッパイ頑張って半分負担できる
    範囲で十分満足です。

    このままだと、老後、夫はつつましい暮らしを余儀なくされるかもしれませんが、
    その時にも、私は半分しか出さないでしょう。

    ちなみに、私が仕事が忙しくハウスキーパーを頼む時、
    夫は半分負担してくれます。

    そうやって、お互いの経費(?)を半分づつ認めあう生活は私の理想です。

    ユーザーID:4113207755

  • アドバイスにならないですが

    トピ主さんの状況はなんとなくわかりました。

    ウチの家計は一応「折半」ですが、はっきり言って
    どんぶり勘定です。私も妻も「ええかげん」だから
    それでいけるのでしょう。

    最初はルールをきっちり決めた方がいいのでしょうけど、
    何年も生活していつもルール通りやるのもキツイかなと。

    私は何回も数ヶ月単位の病休とりましたので、
    その間の収入は年収分無し傷病手当金のみ。

    会社の状況によっては年収が下がる場合もありますし。
    残業禁止(拒否)になったときは定時帰りで基本給だけとか。
    倒産とか解雇とかになれば、失業手当になるとか。

    折半だとたしかに公平感がありますが、
    あなたに(失礼ながら)何かあった場合、
    あなたは借金してでも半分負担??。

    彼女の案は彼女が育休とると、彼女に都合がいい案です。
    (夫が育休とる場合は?)
    家賃収入も含めた手取り割のほうが公平だと思います。

    でも、最終は何があっても夫婦で助け合って生活するしかないわけで。
    彼女とあなたの考えが「夫婦は助け合い」なのか、
    「金銭的に線引きする」のかで決まるのでは。

    ユーザーID:7475127368

  • 続き

    収入が少ない方が、贅沢好き、、
    彼女が6000万円のマンションを望む・・・。
    って言うのが婦に落ちないのです。

    彼女の収入・資産は彼女のもの、
    あなたの収入は・資産はあなたのもの。ですもの。

    なんだか彼女があなたの収入を当て込んでいるのに、
    自分の収入は自分のもの、といっているのが
    不平等のような気がします。

    自分が養われている、搾取している側(!?)だって、
    自覚して、感謝するのであれば別でしょうけれども。

    家賃収入は私のもの♪、
    っていうあたりに、それが感じられません。

    ユーザーID:4113207755

  • ポートフォリオ的には、全部で、3つの財布というべきか

    家賃収入は元の資産に付随しているものなので、配当などと同様に(それがマイナスでも)、元の所有者のもの、と考えるのが普通かと思われます。
    今までは、1.彼女の財布(口座)、2.あなたの財布の2つしかなかったのですが、今後は、3.夫婦の財布が増えると考えてはいかがでしょう。で、法的には、結婚後は、2人の給与収入はすべて3.へ回す義務があります(1や2ではなく一度3へ入れ、そこから共同して新居での生活費やローン代を払う。元からあるローンは1や2から)。
    結局のところ、彼女はうまく不動産投資して1の資産を増やしているということでしょう。
    それに対して、トピ主さんも自分自身名義の(?)新居を買うので、それは自身の財産なのでは? ただし不動産投資は、自分がそこに住んでしまっては利益が出ないのは当たり前なので自分の家賃収入がないのはしょうがないです。最終的には支払った額に応じて持分が決まるかと思いますが(新居のローンは3から払うべき)、頭金出すのをやめて、別の投資用MSを買うという手もあるかもね。
    とにかく、3つの財布を描いて、お金の流れをよーく考えてみるといいかもしれません。

    ユーザーID:6452253100

  • 合理的に行きましょう

    彼女のマンションに2人が住んでトピ主の買ったマンションを貸したらトピ主が有利、トピ主が買ったマンションに2人が住んで彼女のマンションを貸したら彼女が有利になる訳ですね

    以下の案を提案します
    ・生活費は2人の収入比で割り振る
    ・生活費を出した残りのお金については各々のもの
    ・彼女名義のマンションは彼女がローンを払い賃料は彼女が受け取る
    ・トピ主名義で2人で住むマンションはトピ主がローンを支払い、彼女から家賃として彼女の賃料から幾らかお金を貰う(←ここ重要)

    これじゃ駄目ですか?
    かなりスッキリしてると思うのですが

    ユーザーID:3912198384

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧