趣味・教育・教養

見て本当に良かった名作、しばらく心にズーンと残る「映画」 

レス391
お気に入り980

はな

学ぶ

ここ数年、映画館に足を運んだり、DVDを借りて映画を楽しんでいます。
昔の名作DVDを見る事も多いのですが、新旧問わず、「これは見て良かった」と思うあなたが感じる「名作映画」があれば教えてください。

名優、名女優が出演している映画、内容的に優れている映画、見終わった後、しばらく心にズーんと残る映画等が良いです。
このズーンが欲しです。

つい最近見た映画で良かったのはアラン・ドロンの「太陽がいっぱい」です。
また、昔見た、ゴッドファーザー等も良かったです。
バックトゥザーフューチャーも私の中では名作です。

それを考えるとここ最近、映画館で見る映画はズシーンと心に残る
程の映画に出会って無いのが残念です。

ユーザーID:7147522835

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数391

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • わたしの好みになりますが


    ●「誰も知らない」
    数年前に柳楽優弥くんがカンヌ主演男優賞をとった作品で、「西巣鴨子供置き去り事件」をモデルとした内容です。後味が悪いですが、色々考えさせられる映画でした。

    ●「ショーシャンクの空に」
    こちらは逆に見終わった後に清々しさを感じる内容ですが、その清々しさが心に残る映画でした。

    ユーザーID:9768872063

  • ギルバート・グレイプ

    今をときめくジョニー・デップ様とレオナルド・デカプリオ様が競演しています。デカプリオが好きな友達に誘われて見に行きました。

    アメリカの小さな田舎町が舞台の、胸の痛くなるような物語です。

    あれからもう何年もたちますが、一番心に残っている映画です。

    ユーザーID:1319405839

  • 善き人のためのソナタ

    ちょうど昨日の夜DVDを見ていました。たしか今年のアカデミー最優秀外国語映画賞を受賞したのではなかったかしら。すこし長編ですが、引きこまれてしまうので長い感じがしません。

    ベルリンの壁崩壊を数年後に控えた東ドイツの国家保安省のエージェントが主人公、ネタバレにしたくないのであまり書きませんが、感動する一方で、これがほんの20年前の出来事なんだなというショック、そして音楽や台詞(ドイツ語ですが)の美しさに、まさに見終わったあとぼーっとしてしまいます。

    当方海外在住なので日本でDVDが出ているかどうかわかりませんが、各種の賞を取っている作品ですし、今出ていなくてもいずれは出るはずだと思います。おすすめです。

    ユーザーID:3354362709

  • いろいろあります!

    映画は毎日見てました(最近は体調不良でちょっとお休み)
    映画大好きです。
    特に、ヒューマンドラマや、コメディなどが好きです。
    お気に入り、思いつくだけ簡潔にまとめました。

    ・「シャイン」天才ピアニストの挫折と復活の半生(実話をもとに)
    ・「世界最速のインディアン」世界最速を夢見た男の人生(実話をもとに)
    ・「リトル・ダンサー」イギリス労働者階級の息子がバレエダンサーになる話
    ・「みなさん、さようなら」病で最期の時を待つ男の、心温まるドラマ
    ・「永遠と一日」人生とはこんなにも深く、愛しいものなのか。


    また書き込みしま〜す。

    ユーザーID:1584777778

  • いろいろありますが

    昔から映画好きで、好きな作品もたくさんあるのですが、
    ズーンと心に残る作品、とうい観点で選んでみたのは

    「ギルバート・グレイプ」
    「サイダーハウス・ルール」
    「トーク・トゥ・ハー」
    「花よりもなほ」

    ですかねー。
    高校生の頃からアンチハリウッドになり
    もしかするとトピ主さんとは好みが違うかもしれませんが
    もしよかったらこういうのも観てみてください!

    ユーザーID:3407419049

  • ショッキングな場面も多いですが・・

    いつまでも場面が浮かんでくるのは・・「シンドラーのリスト」です。

    ユーザーID:0430670905

  • ワンダフル・ライフ

    是枝裕和監督の「ワンダフル・ライフ」

    何かの賞を取った作品です。
    自分の人生で何が一番大切かと、思わず振り返ってしまいました。

    ユーザーID:4872270162

  • 『レナードの朝』

    これは10代の時に友人と一緒に観て…号泣。
    ズ―ンっと来ます!
    しばらく友人とお互いの映画の感想を言いながら、また号泣。爽やかに涙がでます。
    『ミリオンダラ―・ベイビ―』
    何とも言えない哀しさ、そして考え込んでしまう作品です。
    『泣拳―クライング・フィスト』
    韓国で実話を元にした作品です。二人の男の、更生と勇気、愛情の物語です。ハ―ト直撃!です。

    ユーザーID:7991411256

  • 私は好きですが…

    お好みに合うかはわかりませんが、『時計じかけのオレンジ』『フライド・グリーン・トマト』『未来世紀ブラジル』『カッコーの巣の上で』などは名作だと思います。
    最近のものでは、『ブロークバック・マウンテン』とアカデミーを競ったという『クラッシュ』(観た直後は前者の方がいいじゃんと思ったのですが、時間が経つにつれて思い起こされるのは後者。涙が出るものを名作とするのは間違いですね)や、邦画でアニメですが『時をかける少女』も良かったと思いますよ。

    ユーザーID:9919959914

  • まさしくズシーンときます!

    「戦場のピアニスト」心にズシーンと来ました。映画館で2度観ました。一度目はすぐに席をたてませんでした。
    本当は映画館のような大画面で観て欲しいですが、どうか1度ご覧になって下さい!

    ユーザーID:7540769910

  • 文芸作いくつか

    トピ主さんが挙げられている作品は私も好きなので、もしかしたら趣味が合うかもと思い私の好きな作品をいくつか書いてみます。

    ・道
     フェリーニの作品です。泣けます。
    ・二十日鼠と人間
     ずしんと来ます。
    ・イル・ポスティーノ
     映像がとてもキレイです。
    ・トラフィック
     麻薬の流通を描いた今日的な作品です。
    ・ダンサー・イン・ザ・ダーク
     人によっては駄作という人も。
    ・ミリオンダラー・ベイビー
     役者のアンサンブルがすごい
    ・アラバマ物語
     古いですが..いいです。
    ・市民ケーン 
     これも古いですが..泣けます。
    ・素晴らしき哉、人生!
     鉄板ですね。
    ・リプリー
     「太陽がいっぱい」のリメイクですが着眼点が異なっていてこちらも良いです。
    ・フェイク
     「ゴッドファーザー」からパチーノつながりで。パチーノが泣かせます。
    ・砂の器
     こちらもずしんと来ます。

    とりあえず思いつくのはこのアタリです。心にズーンを重視して、じんわり目のものを挙げてみました。

    ユーザーID:3579459222

  • この森で天使がバスを降りた

    10年ほど前のアメリカ映画なのですが、DVDになっているかどうかは分かりませんが・・・。

    心に大きな傷をもった10代の少女が小さな村に移り住み、その土地の自然や人々と関わり合う中で徐々に癒され、また少女の純粋さがその村の人たちにもたくさんの奇跡を起こしていく、というような内容です。
    映像がとても美しく、舞台になったメイン州の大自然は見ているだけで癒されます。また少女が働く小さなレストランでの調理シーンがとても印象的でした。トーストやベーコンエッグがとても美味しそう・・・

    見終わったあとに、心がほっこり温かくなる映画です。

    ユーザーID:9324816515

  • 隠れた名作・・・「誓いの休暇」

    1959年、ソ連の秀作です。

    ずっと以前に衛星放送で見たという友人から薦められて、近くのレンタル店で探していたのですが見つからず。
    DVDが発売されていることを知り、ネットで購入。昨日見ました。最近では一番胸に突き刺さりました。

    戦場で思わぬ功績をあげた19歳の通信兵が、その褒美として将軍から、行きに2日、帰りに2日、母親と過ごすのに2日、合計6日間の休暇を貰います。その短い休暇の間に、様々な人々との出会い別れを描く物語。

    優れた反戦映画であると同時に、さわやかな青春映画。また美しいロードムービーでもあります。
    主人公の誇り高く清らかな言動は見る者の心の琴線に触れ、故郷や家族を思い起こさせること必至。ラストは涙が止まりません。

    わずか90分足らずの尺の中で、これほどまでに感情移入を許す映画は滅多に見当たりません。真に見事な映画です。
    私は死ぬまでにこの映画を何回見続けることになるのでしょう。

    トピ主さんありがとう。こういったトピは皆さんの生の情報を拾うことができて大変参考になります。

    ユーザーID:8555556352

  • サイダーハウス・ルール

    捨て子・中絶…と取り扱っているテーマはとてもヘヴイなのですが、見終わった後には心が温かい「ズーン」で満たされる、大好きな作品です。
    トビー・マグワイヤ演じる施設出身の主人公が様々な体験を経て、ラストに口にする言葉が最高に染みます…。
    そして何より作品を引き立てているのが、全編を彩る、美しいサウンドトラック。時々テレビであのピアノのメロディーが流れているのを聞くだけで、キューンとしてしまいます。

    ユーザーID:9317009580

  • 未だに忘れられない

    ある愛のうた  です
    音楽も素晴らしく良かったですね
    本も読んじゃいました
    だいぶ昔のことですが、未だに忘れられない作品です

    ユーザーID:2328041207

  • シンドラーのリスト

    好きかどうかというのとはまた別なのですが、ズーンときた映画という観点で選ぶと、相応に重いテーマを持つ映画ということになり、そうなるとやはり「シンドラーのリスト」を筆頭に挙げたいです。

    あとは「キリング・フィールド」「ミッドナイト・エクスプレス」あたりですね。

    ユーザーID:9037182863

  • ラブストーリーですが・・・

    友達に薦められて見た映画ですが・・・良かったです。

    『Before Sunrise』(邦題:恋人達の距離)
    『Before Sunset』(『Before Sunrise』の続編。邦題はわかりません。)

    続けて見ると良いと思います。

    ユーザーID:7501122717

  • 邦画です

    黒澤明監督「七人の侍」「赤ひげ」ずーんときます 名画
    エンターテイメント系なら「椿三十郎」「用心棒」「隠し砦の三悪人」何度も見ています

    ユーザーID:9388817014

  • 古くても良いんですよね

    結構古い映画ばっかりですが

    「七人の侍」
    「2001年 宇宙の旅」
    「ヘアー」
    「ジーザス・クライスト・スーパースター」
    「ポセイドン・アドヴェンチャー」
    「シベールの日曜日」
    「大脱走」

    ユーザーID:2515809789

  • すでに出てますが・・・

    「ショーシャンクの空に」高校生のとき、一人で映画館で見て、感動のあまり
    エンドロール後も少しの間、席から立てなかったです。

    「ギルバートグレイプ」こちらもすでに出てますが、とても好きな映画です。
    このジョニー・デップが大好きです。

    「バッファロー66」見終わった後のズーンは大きかったです。

    ユーザーID:9513784940

  • 理解されないわたしのイチ押し!

    今まで観た中で、最も心がとどろいたのは「市民ケーン」です(もちろんレンタルビデオで観ました)。若干25歳のオーソン・ウェルズが監督・脚本・主演しており、彼の処女作になります。

    ストーリーは、大金持ちの新聞王・ケーン氏が死ぬ間際に残した“バラの蕾”という言葉の謎を追う物語です。映画のラストシーンで思わず「あぁっ!」と声を上げ、そのまま呆然……。本当にズシンと来ました。

    このラスト、本当に一瞬なので、見逃す人もいるみたいです。そのせいか、なかなか理解されないのが悲しいのですが(苦笑)、機会があったらぜひごらんになってください。

    また、「風と共に去りぬ」もズーンと残る、いい映画だと思います。

    ユーザーID:0928640235

  • ライフ・イズ・ビューティフル

    1998年のイタリア映画です。
    また観たい!

    ユーザーID:2376165271

  • 私のお勧め

    まだ挙がっていないようなので、「ビューティフルマインド」。

    あえて予備知識をいれずに観たのですが、いやー良かったですよ。
    アカデミー賞をとったというのを後で知り、納得しました。

    ユーザーID:4609911531

  • まだ出ていないようなので

    クシシュトフ・キェシロフスキというポーランドの監督の
    「トリコロール3部作」と「殺人に関する短いフィルム」は
    ズシーンときました。
    特に、「殺人に関する〜」は映画館で見たのですが
    最後涙が止まらず、ついそのまま2回続けて見てしまいました。
    でも10年ほど経ってTVで放映していたのを見たら
    割愛されていたシーンがちらほらあった気がします。

    あとズシーンと言えば、タルコフスキーの全作品ですね。

    ユーザーID:2511813690

  • 映画好きなら・・・

    絶対、「ニューシネマパラダイス」でしょう。

    これを見て感動できなかったら、映画好きとはいえないな(私の中では・・)。

    もっとも、おすぎさんか、ピーコさんだったか忘れましたが、この映画は絶対に映画館で見るべきと言ってました。

    でも、私の昔の彼は、これを「よく分からない映画だな」と言ってました。勿論別れる運命だったと言えます。やっぱり感性が違ったのですね。今の夫はこの映画を感動できる同士です。

    ユーザーID:2615033032

  • 超名作!

    1.評決のとき
    黒人の子供が襲われて、その子の親が白人の犯人に復讐して捕まっちゃうんです。その弁護を引き受けた弁護士の話なんですが・・・
    最後の最後・・・ハッ!!っとさせられるすごい映画です!
    マジでお奨め。10回以上見てます。

    2.ライフ・イズ・ビューティフル
    最初の方は淡々と進んでいく物語ですが最後号泣。。
    好き嫌いあるかもしれませんがお奨めです。

    3.半落ち
    原作も有名ですが、個人的に映画の方が断然好きです。
    最後号泣しすぎて顔がめちゃくちゃになってしまいました。
    日本映画ではこれが一番好きです。

    ユーザーID:5119045880

  • パリ、テキサス

    ナスターシャ・キンスキーが美しい!
    カンヌ映画祭グランプリにも輝いた1984年のロードームービー

    あんなに心にしみる映画は滅多にないと思います。
    ぜひ見てください。トピ主さんには気に入っていただけそうな気がします。

    ユーザーID:0016092883

  • 大好きなものいくつかあります

    既出ですが

    ・ショーシャンクの空に〔爽やかな感動の映画です〕

    ・ギルバートグレイプ〔私の大好きなジョニーデップの映画の中                     でも1、2の映画です〕

    ・この町で天使がバスを降りた〔地味なお話ですが後でじんわりくる映画です〕 
    未出では

    ・レジェンドオブフォール〔ブラッドピット主演の映画で一番好きな映画です〕

    ユーザーID:8669149372

  • 私も「市民ケーン」「風と共に去りぬ」

    他の映画トピを見るたびに、この作品を推しています。が、なかなか同意見のレスがないなぁと思っていました。でもこのトピでは何人かこの作品を挙げていらっしゃる方がみえますね。とても嬉しいです。

    市民ケーンは、本当に最後が大事ですね。つまらないなぁーと思ったとしても最後まで見ていくと、この作品の素晴らしさがおわかりいただけると思います。
    風と共に去りぬは言うことがありません。

    他には、東京物語(小津安二郎)、道(フェデリコフェリーニ)がすばらしいと思います。ズッシーンと残ります。

    ユーザーID:5352414130

  • 私も

    「ギルバート・グレイプ」
    めちゃめちゃ泣きました。

    ユーザーID:6164417945

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧