• ホーム
  • 学ぶ
  • 見て本当に良かった名作、しばらく心にズーンと残る「映画」 

見て本当に良かった名作、しばらく心にズーンと残る「映画」 

レス391
(トピ主0
お気に入り980

趣味・教育・教養

はな

ここ数年、映画館に足を運んだり、DVDを借りて映画を楽しんでいます。
昔の名作DVDを見る事も多いのですが、新旧問わず、「これは見て良かった」と思うあなたが感じる「名作映画」があれば教えてください。

名優、名女優が出演している映画、内容的に優れている映画、見終わった後、しばらく心にズーんと残る映画等が良いです。
このズーンが欲しです。

つい最近見た映画で良かったのはアラン・ドロンの「太陽がいっぱい」です。
また、昔見た、ゴッドファーザー等も良かったです。
バックトゥザーフューチャーも私の中では名作です。

それを考えるとここ最近、映画館で見る映画はズシーンと心に残る
程の映画に出会って無いのが残念です。

ユーザーID:7147522835

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数391

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
先頭へ 前へ
211240 / 391
次へ 最後尾へ
  • イングリッシュ・ペイシェント

    イングリッシュ・ペイシェント、が心に残っています。
    アカデミー賞にも選ばれた作品だと思います。

    ユーザーID:3696874351

  • 数年前ですが

    邦画の「クロエ」永瀬正敏さん、ともさかりえさん出演の映画です。
    一緒に観た友人は全く意味がわからなかったと言っていましたが、
    私はこの作品の空気がたまりません。

    見終わった後はずーんと心が沈んでしまいますが、映像や音楽、ストーリー、
    役者さんたちの演技すべてが好きです。

    ユーザーID:2223388454

  • 出てたらごめんなさい

    四十年以上も前になりますが、テレビでたった一度だけ
    見た映画が忘れられません。

    題名は「黒い牡牛」 子どもと牛の感動ものです。
    ラストシーンが目に焼き付いています。
    もう一回見たいと思っていますが、
    ビデオもDVDも見たことがありません。
    どなたかご存知の方がいらっしゃったら、教えて下さい。

    あと、ズーンというのとはちょっと違うかもですが、
    「ピラミッド」(題名が?)は、ラストのからくりが
    すごくてこれも忘れられない映画です。

    ユーザーID:1375059148

  • ありまぁす。

    ・スウィングキッズ (ロバート・ショーン・レナード)
    ・パッチアダムス (ロビン・ウィリアムズ)

    涙が出る映画です。

    ユーザーID:5882873446

  • 大人も号泣クレしんアッパレ戦国大合戦

    クレしんアニメと侮ってはいけません。

    某局大河ドラマより正確な時代考証。
    戦国の世の理不尽さの中での悲恋。

    完全大人向けですね。切なくすがすがしいラスト号泣しました。

    世間ではこれはクレしんじゃない! とする不評もあるようですが、
    しんちゃんのセリフにも深く突き刺さるものがありました。

    絶対に見るべきです。

    ユーザーID:5677563538

  • トピ主さまのリクエストにお応えして

    「ショーシャンク」 のラストが???なトピ主様へ、未出でおすすめは

    わりと最近のものでは「アメリカンヒストリー X」 
           「25時」        (主演 エドワードノートン)   

    古いものなら「こわれゆく女」(監督 ジョンカサヴェティス 主演ジーナローランズ) 
          「バリーリンドン」(監督 スタンリーキューブリック 主演ライアンオニール)
          「インテリア」 (監督 ウディアレン 主演ダイアンキートン)

    日本のものなら「単騎、千里を走る」 (監督 チャン イーモウ 主演 高倉健)  です。

    どれもテーマのみならず、脚本、映像もしっかりしていて何回も繰り返し見ました。 

    既出のものでは
    砂の器  ディアハンター  デッドマンウオーキング  モンスター   セブン
    バッファロー66    カッコーの巣の上で  ソフィーの選択  トラフィック
    いまを生きる  シェルブールの雨傘  シャイニング  ミシシッピーバーニング 
    恋におちて  さよなら子供たち さらばわが愛 覇王別妃 でしょうか。 

    ユーザーID:0158580214

  • 古い映画ですが

    やはり子供から10代にかけてみた映画は印象深いですね。なんの固定観念も持たずに素直に観たためでしょうか。
    「ひまわり」は映画館で涙が止まらず、「道」はテレビで見ましたが、淡々と描きながらもなんて深く哀しい映画だろうと子供ながらに思ったものです。
    「スケアクロウ」も思い出深いです。(これで私はパチーノのファンになったのですが。)今となっては懐かしいですねー。
    邦画では「砂の器」でしょうか。これは挿入曲を聴いただけで場面を思い出して泣いてしまいます。

    ユーザーID:5421278420

  • 一瞬でも心が触れ合う瞬間。

    恋愛映画に限らず、主人公と大切な誰かの心が触れ合う場面、
    それが丁寧に描かれている映画が好きです。
    それが例え一瞬でも。
    結末だけ見ると、Happy Endではないのもありますが、
    その心の触れ合いの趣に重点を置いています。

    私の心の中にいつまでも残っている名作は、、
    「ミリオンダラーベイビー」
    「マジソン郡の橋」
    「フライドグリーントマト」
    「ショコラ」
    「ギルバートグレイプ」
    「ビフォアーサンセット ビフォアーサンライズ」
    「ホワイトオランダー」
    「マティスティックマン」
    「スタンドバイミー」
    (食いしん坊の私は食事や食べ物が美味しそうな場面があると、
    それも影響されます。(苦笑))

    好きな映画は音楽も秀逸。
    ビフォア〜と、ショコラはサントラ買ってしまいまいした。
    スタンドバイミーのあの超有名な主題歌は、最近になって、
    歌詞の深さやもの哀しさ、繊細さが身に染みてきており、
    久しぶりに見たら、あの歌がかかった瞬間大泣きだったなぁ。。

    本当に自分にとっての「名作」って映画に出会えた時の、
    満足感って何とも言えませんよね。

    「いや〜、映画って本当にいいですね♪」(笑)

    ユーザーID:5762077890

  • 実話です。

    ロレンツオのオイル。
    ずんときました。
    ニック・ノルテイが父親役で、スーザン・サランドンが母親役。
    医者に見離された子供の不治の病気を治そうと、取り組む話です。
    医学の専門家ではないふたりが、なんとかして病気を治そうとして立ち向かっていきます。
    ふたりの親としての切実な気持ちが伝わってきます。

    ユーザーID:3663181611

  • 私のオススメ。

    「歓びを歌にのせて」
    「ステラ」
    「Dear フランキー」
    「おばあちゃんの家」
    「愛を乞うひと」
    「太陽はぼくの瞳」
    「トリコロール/赤の愛」
    「シザーハンズ」

    どの作品も観終わった後、しばらく心にズーンと残りました。こんなトピがあって嬉しいです。観ていない作品が沢山あるので、私も参考にさせてもらいます!

    ユーザーID:3587733496

  • 私の心にズーンと来たのは。。。

    ・ワンス・アラウンド
     古い作品でおまけに劇場未公開作品で恐縮ですが、
     リチャード・ドレイファス、デブラ・ウィンガー主演の
     後味に切なさと家族愛の暖かみがズーンと心に来た作品でした。
    ・サイモン・バーチ
     身長100cmにも満たない主人公と親友との心温まる友情と
     信念の強さに心を強く打たれた作品でした。
    ・Dear フランキー
     耳が聞こえない男の子を中心に描かれたハートフルストーリーで
     人の心の温かさに強く心を打たれた作品でした。
    ・風とライオン
     ショーン・コネリー演じる所のどこまでも自然のままに生きる姿勢を
     崩さないベルベル族の族長には禅の教えを実感せずには居られませんでした。

    ユーザーID:9742644614

  • まだ出ていないものから

    「未知への飛行」
    脚本と役者の質さえしっかりしていれば、低予算でも良質な作品は仕上がるのだという見本のような映画です。後半の息詰まる緊張感とクライマックスの衝撃は他に類を見ません。ブラックコメディとシリアスとの違いこそあれ、米ソ冷戦下の核戦争の狂気を描いたという点では、キューブリックの「博士の異常な愛情」とよく対比されています。盗作騒ぎまであったというエピソードも残っていますので、見比べてみるのも一興。個人的には、こちらのルメット作品の方に軍配を上げます。

    「スミス都へ行く」
    私がキャプラ作品にハマるきっかけとなった映画です。「素晴らしき哉、人生」や「我が家の楽園」なども勿論大好きなのですが、この愚直なるヒューマニズムを、テンポよく真正面から描ききった手腕は流石です。若きJ・スチュワートの演技は最高。J・アーサーもいい女優さんです。ラストは盛り上がりますよ。一気に涙が噴出しますよ。民主主義とは、正義とは、偽善とは、四の五の言わずにストレートに感動できる作品ですね。爽快感がズーンと暫く残ることうけあいです。

    ユーザーID:8555556352

  • また、出ていないもので

    ★ラーングーンを超えて★
     ビルマと軍事政権の話です。実際の公開にはミャンマーの許可がおりず
     非公開のビデオ化のみの作品です。

    ★ブラックブック★
     ナチスドイツの時代に実際に存在したと言われるブラックブック。
     ナチに家族を殺されたユダヤ人歌手がナチのスパイとなり復讐を描いたサスペンスドラマ。かなりオススメです。


    その他(出たもの)…デットマンウォーキング、ライフイズビューティフル

    基本的にノンフィクションの映画です。

    ユーザーID:0056311757

  • トピ主です。感謝です。

    お久しぶりです。トピ主です。

    皆さんから教えて頂いた映画、ビデオ屋さんにある中から選んで
    (古い映画は見たくても揃えていない場合もあります。)
    いくつか見ています。
    特に複数回ご紹介頂いた映画を見ました。

    後ほど、何を見たか書いて見たいと思っていますが、
    「ズシーン」と言うと暗めな映画が多いですね。(多かったです。)(笑)
    気分転換に皆さんからご紹介頂いた中から、明るく、ズシーンと言う映画を
    少し見たいと思っています。

    http://www.tv-asahi.co.jp/ss/
    先日テレビで見た、スマステーションの「大人が泣ける洋画ベスト30」も
    ズシーンが多かったです。

    皆さんも、ご参考になさって頂ければとご紹介致します。

    ユーザーID:5369741793

  • みなさんに是非見て頂きたい厳選の2本です!

    『ロレンツォのオイル/命の詩』(原題:Lorenzo's Oil)

    ズーンとくるものをお求めなら、この映画は必見です。何ヵ国語も話せる聡明な息子が当時治療法の確立されていない病気にかかり、医者にはさじを投げられ、研究者には研究材料にされ、支援団体には子供の人生より自分達の人生を考えるように言われながらも、医療知識の全くない両親が不屈の精神で自ら治療方法を模索する、実話に基づいた話です。
    何度見ても、とにかく勇気を与えられる、文字通り見終わってズーンとくる映画です。ニック・ノルティ、スーザン・サランドンが演じています。とにかくお勧めなので、是非ぜひ見てください!

    続きます。

    ユーザーID:5980876134

  • 皆さんに是非見て頂きたい厳選の2本です!

    続きです。

    『プロヴァンス物語/マルセルの夏』(原題:La gloire de mon Père)

    マルセル・パニョルというフランス人作家の同名小説に基づいた映画で、マルセル少年のプロヴァンス地方でのひと夏を中心としたお話です。題材が争いでも恋愛でもなくドラマチックな設定でないにもかかわらず、ユーモアに溢れる優れた作品です。これを見ると映像に出てくる「Garlaban」という岩塊を自分の目で見たくなりますよ!(実は探しに行ったことがあります、あまりにも印象的だったので・・・笑)
    続編『プロヴァンス物語/マルセルのお城』(原題:Le chateau de ma mère)もありますが、この1本を独立した作品として楽しめます。いいですよ!

    以上が厳、厳、厳選ですが、最近見たものでは「ホテル・ルワンダ」「善き人のためのソナタ」は外せませんね〜。

    ユーザーID:5980876134

  • じゃあ、これでズシーンと来てください!

    基本的にその道の王道を行く映画は食わず嫌いな私。ハリウッドでもS・WARS大好き。でもって、「ショーシャンク」「フィールド・オブ・ドリームス」「ナチュラル」は同じ系の後からじわ〜んと来る感動もの。それ以外もすでに既出が多いし、トピさんはじんわり感動とかやたら感動が好みみたいではないので省きます。

    映画じゃないんだけど「総員玉砕せよ!水木茂の見た戦争」NHKドラマはきっとトピさんの好みかと。NHK正月でやりました。再放送期待。なんか普通の戦争ものとは違う感じでした。ズシーンと来た。「硫黄島からの手紙」はラストに現実世界に戻される以外が怖い映画って感じだったけど。

    で、映画だと中国映画コン・リーの「紅夢」。美しいコンリーの演技と映像美の中の厳しい愛憎劇に最後の衝撃と哀しすぎる結末。ズシーン!!暫く言葉は出ないです。生易しさなんて微塵もない本当の美しい悲しい映画だと思います。

    後は、田中裕子の「火火」。途中闘病関連の切なさはありますが、ひとつの芸術に人生投げ入れる女魂には惚れます。芸術家って厳しいです。

    ユーザーID:5940327846

  • オススメ!

    「トト・ザ・ヒーロー」
    すごく感動して大好きな映画なのですがDVDは出ていないようです。
    でももし見る機会があれば是非!

    ラスストーリーなら、
    「ラヴソング」
    香港映画ですが、マギー・チャンの演技が素晴らしい。恋愛映画の傑作だと思います。必見!

    「恋のゆくえ」
    ラヴソングとは対照的にとてもクールでオシャレな大人の恋愛映画。。とにかくミシェル・ファイファーが美しく、ラストシーンは最高すぎる。
    この二つは本当に女優さんが輝いてます。(もちろん男優さんも良いですが。)

    その他まだ挙ってなさそうなのでは、
    「バーディ」異色のベトナム後遺症映画だけれども良質な青春映画。
    「ボビー・フィッシャーを探して」
    「遠い空の向こうに」
    「バタフライエフェクト」B級っぽいけど、ラストは切ない。

    「殺人に関する短いフィルム」が挙っていましたが、「愛に関する短いフィルム」もオススメです。
    「善き人のためのソナタ」などが好きな人ならズーンとくると思います。

    あと韓国のキム・ギドク監督の作品はどれもズーン度が高いです。
    「悪い男」「受取人不明」「サマリア」など、視覚的にも心にもグサリと痛む作品です。

    ユーザーID:1230330960

  • すごいですね

    皆さん詳しいですね。最近は韓国ドラマにはまってしまってるために、最近の映画には詳しくないのですが、

    「カラー・パープル」
    「太陽の帝国」
    「芙蓉鎮」
    「ショーシャンクの空に」

    あたりが好きです。

    ズシンと来ないもので面白かったのは
    「バグダッド・カフェ」
    「マルコヴィッチの穴」

    です。

    ユーザーID:2642379233

  • 滅多に見ませんが。

    いわゆるミニシアターで観るのが好きです。

    **ひまわり** 
    **セントラルステーション**
    **パパイヤの青い香り**
    **インドシナ**
    **初恋のきた道**
    **リトルダンサー**
    **有頂天ホテル**は、ずっと笑って観ていました。

    **ふたりのトスカーナ**は、すばらしかったのですが、
    最後があまりにも辛くて、観た事を後悔しました。

    短時間で挙げられたのは、これくらいです(笑)。

    ユーザーID:7976567690

  • トピさんと同じ好みかな?

    トピさんと同じく、BACK TO THE FUTUREがかなり好きな者です。
    年齢や趣味があうかも。

    ビューティフルライフ(すみません確かこのタイトルだったとおもいます) ユダヤ人の迫害の話です。映画館で、見終わって立てませんでした。

    ボーイズドントクライ  オスカー女優ヒラリースワンク  性同一性障害の話、好き嫌いは別として、どーんときました。ビデオで見ましたが、3日ほどひきずりました。

    ある日どこかで(確かこのタイトル) 古いラブストーリー。スーパーマン役のクリストファー リーブ主演。私の好きなタイムとラベルモノ。
    切な過ぎるって感じです。

    AI  未来の話で、少年はロボットなのに、持ち主の人間の母の愛情を求める。愛とは何なのか考えてしまう、わかりやすいけど泣ける話でした。
    天才子役といわれたハーレイなんとかって子がでてます。

    ユーザーID:4563021783

  • 蛇足ですが・・・。

    いやあ、皆さんいろいろ書いてくださってとても勉強になります。これからビデオ借りるときには参考にしたいと思います。

    見てよかった映画
    「100人の子供が列車を待っている」チリ映画
    昔、日本のテレビで見ました。貧しい田舎の子どもたちが、映画の原理を先生から学び、生まれて初めて都会に映画を見に行く話。子供たちの喜びが伝わってくる。

    「Ten Canoes」オーストラリアのアボリジナル言語だけで作られた初めての映画。この世離れしたテンポがとてつもなくおかしい。

    ズーンときた映画
    「シュリ」韓国映画。韓国と北朝鮮のスパイが愛し合い、殺しあわなければならない最後が悲しい。

    「三丁目の夕日」日本映画。笑って泣いて、ものすごくよかったです。
    「フラガール」日本映画。笑い泣きして最後は顔がぐちゃぐちゃ。

    ユーザーID:0545800795

  • コアな映画ファンじゃないけど…

    高校生の時ビデオで見た「サブリナ!」は衝撃でした。
    アパルトヘイトを題材にしていて、暗いし重い話だけど凄く心に残ってるんです。主演の南アフリカの女優さんはこの作品で何か賞をとってた気がします。ウーピーゴールドバーグさんも主演してたかな。
    サブリナほどでは無いけど、「クレイマークレイマー」も泣けました。後、泣ける系ではないけど「シーデビル」もしみじみなラストで良かったです。メリルストリープが主役だったと思います。
    テレビ東京系の昼の映画は、地味だけどステキな映画を時々やるので好きです。
    夜の洋画もおんなじのばかりやらないで、たまには変わった物を放送して欲しいなぁと、時々思います。
    まあ、基本何でも楽しく見ますけどね。

    ユーザーID:1716472522

  • パンチライン

    もしまだ知らない映画でしたら、ぜひご覧になってください。
    トム・ハンクス主演の、スタンダップコメディアンとして舞台に立っている人々のお話しです。

    ユーザーID:1613958123

  • 「Brokeback Mountain」 05年

    タイトルの映画は先日22日に29歳で亡くなったオーストラリア出身のHeath Ledgerのベスト作品だと、私は思う。作品自体はAng Lee監督がアカデミー監督賞受賞。

    「Everything is Illuminated」(05年、米国。祖父の祖国ウクライナを訪ねるユダヤ系青年の旅。ウクライナのユダヤ人虐殺を扱っているが、安易な重さは無く、美しい映像で、又ユーモラス。)

    「東京物語」(1953年、小津安二郎監督。今に通じる人間普遍の課題。私は力が湧きます。)

    「Motorcycle Diaries」(04年、アルゼンチン。チェ・ゲバラが美化され過ぎている嫌いも多少あるが、とても美しい映像。)

    「Shipping News」(02年、米国。ケビン・スペイシーなど。監督はスウェーデンのラッサ・ハルストロム。)

    「Hot Fuzz」(07年、英国。アクション映画をギャグっていて、笑いっぱなし!)

    ユーザーID:0667497604

  • アース

    昨日「アース」を観に行きました。

    地球に住んでいながら
    ゴミを平気でポイ捨てする人や
    温暖化に興味ない人
    とにかく無関心な人に
    観て欲しいと思いました。

    でもそういう人は絶対観ないだろうし
    観ても何も感じないんだろうな。

    有名人が地球環境を訴えるのより
    この映画のホッキョクグマや像、ザトウクジラの
    姿が今の地球を象徴してるし
    これから人間がどうすべきなのか
    考えさせられました。

    この映画観て何も感じない人は
    地球に住む権利ないとも思えたし
    全ては人間の手に委ねられてるという
    渡辺謙さんの最後のナレーションが
    とても印象的でした。

    ユーザーID:9469488760

  • ステラ

    ベッド・ミドラーの「ステラ」
    娘を思う母の気持ちに号泣です。

    ユーザーID:7939398251

  • サラフィナ!

    1/25セツコさんの書き込みの「サブリナ!」は、

     サラフィナ!

    のことだと思います。私も見ましたが、深刻なテーマを扱っているのに、なんだかエネルギーに溢れた映画でした。

    これからビデオ屋さんに行って、ズーン系、借りてきますよ〜。でも確かにズーン系は暗くてシリアスなのが多いですね。見て後悔した、なんていう書き込みもあったりして。ズーンは元気なときに見るに限りますね。

    ユーザーID:1099317413

  • かんなさん訂正有り難うございます

    うっかりしてました。タイトル間違えちゃだめですよね(汗)

    皆さまのレスを読んで無性に映画見たくなって来ました〜。
    週末は泣ける系でもみたいものです。

    因みに「スターリングラード」も良い作品でした。戦争物だけど。あんまりメジャーな俳優が出てないからか、淡々とした渋い作品だった気がします。

    ユーザーID:1716472522

  • ビッグとピンク・キャデラック

    ってどうでしょうか?
    最初の「ビッグ」は既にEllieさんが紹介したトムハンクスの主演作で、「パンチライン」と同じ年に製作されています。大人になって忘れてしまった、子供心が甦ります。

    「ピンク・キャデラック」はクリント・イーストウッド監督の作品です。確かホーム・アローンに出てきた泥棒役の方が主演です。あるとき、母親に贈るピンク・キャデラックを運転して運ぶことになった兄弟のロードムービーです。

    ユーザーID:9183758305

先頭へ 前へ
211240 / 391
次へ 最後尾へ
レス求!トピ一覧