同じ方向に避けようとする自転車!

レス29
(トピ主2
お気に入り6

生活・身近な話題

ちりりん

みなさんは経験ありませんか?
こちらが避けようとした方向と同じ方向にハンドルを切ってくる自転車!

対向からやってくる自転車と、このままの進路ではぶつかるというとき、避けますよね?
私の場合、避け方にふたつのパターンがあまります。

1、相手の様子を伺って、相手の方に避ける意志がある場合。
その方と反対の方向にハンドルを切ります。これでなんの問題もなく行き交うことができます。

2、相手の様子を伺うも、相手の方に避ける意志がなさそう、もしくは気が付いていない?またはこのままではぶつかるという意識がなさそう?な場合。
こちらが先にハンドルを切ります。
すると、100%と言っても過言ではないくらい、相手の方はこちらが切った方向と同じ方向にハンドルを切ってくるのです。
それで仕方なく、逆方向にハンドルを切りなおすと、またもや同じ方向に切ってくるのです。
ひどいときはそれで、右!左!右!左!となり、止まってしまうこともあります。

なぜ、先にハンドルを切ったこちらと同じ方向にハンドルを切ってくるのでしょうか?
こういう人間心理学?に詳しい方、いらっしゃいますか?

ユーザーID:4424829184

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数29

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • あなたの思惑などわかりません。

    相手の方がわざと同じ方向にハンドルを切っていると思っているのですか?
    「人間心理学」って・・・。

    あなたが避けようとしている方向とたまたま同じように避けてしまうだけですよね?
    それとも、
    「私、右に切ります!!」
    などと宣言しているのですか?

    お互いが事故を避けようとしている、ただそれだけで、人間心理も何もありません。
    相手にしてみれば、あなたの人間心理を聞きたいですよ。
    ようはお互い様ってことです。

    相手はエスパーではないのであなたが避けようとする方向など、間違いなく察知できません。

    ユーザーID:7067834838

  • ためしてみて!

    ありますよね〜そういう事って。
    なんで、同じ方向に来るんや〜〜って。

    でも、試してみて下さい。向かいから来る人と目を合わさないようにする。わざと視線を逸らして下さい。すると、不思議なことにだいたい
    90%ぐらいの確率で避けられます。知らん顔して通り過ごしてください。絶対に効き目ありますよ、お勧め!!
    でも、あんまり顔を真横に向けたりすると他の人にぶつかったりするといけないので気をつけてくださいね。、自然に目を合わせないようにする
    だけで効果抜群ですから。

    ユーザーID:4589745969

  • 私の方法

    私はこういう時の秘策を見つけました〜(笑)

    それは…「相手をみない」ことです。
    おそらく両名とも相手もしくは相手のハンドルを注視していると思うんです。
    だからとっさに相手が動いた時、同じ方向に動いてしまうんです。
    あっちむいてホイと近いものがあります。

    だから、あえて相手は見ない。
    自分の進行方向をはっきりジッと見るんです。

    想像してください。

    前から自転車が来て、乗ってる人の視線はあなたから向かって右。
    そしたらあなたは左によけませんか?

    これでバッチリです!

    ユーザーID:5013031169

  • おばはん、自転車降りた〜

    嘉門達夫さんの、「自転車」を思い出して笑ってしまいました。
    人間、同じようなことが気になるんですね、なんででしょうね。

    ユーザーID:8580239333

  • トピ主です

    レスありがとうございます!

    なるほど。あっちむいてホイ!と似たような感じなのですね。
    こちらが右側に寄ると、つられて右側(相手からみたら左側)に寄ってしまうのですね。

    「相手をみない」ぜひ試してみます!
    上手くいったらまたご報告します。

    ユーザーID:4424829184

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 見てる方向に進みますから。

    中型バイク乗りで、スポーツ自転車で通勤してます。
    乗り物って見てる方向に進むんですよ。対向車を見すぎると自分から吸い込まれるように寄って行っちゃいます。多分、お互いにそうしちゃってるんでしょうね。
    相手の存在は意識しつつ、自分の走るラインをもっと遠くまで見て走っていれば、相手もこちらに「わざわざ」ハンドルを切ったりしないものですよ。
    ところで、そもそも対向の自転車という状況が??です。
    自転車は左側走行と道交法で決まっています。また、歩道上の自転車レーンで対向したら、お互い左によけるのが原則です。
    これがわかっていない自転車と何度正面衝突しそうになったことか・・・。せめてトピ主さんはルールを守って、安全運転してくださいね。

    ユーザーID:5200703451

  • 「左」じゃなかったんですか???

    自転車は左側通行なので、すれ違うときは互いに左側によけるものだと思っていました。

    子どもの頃の学校での交通教室でそう聞いたんですけど、私の勘違いだったんでしょうか?

    ユーザーID:1279798457

  • あの、横ですが

    自転車って左側通行ですよね。(通行可の歩道では車道側)
    で、避ける時も左側へ、と遠い昔に習ったんですが。
    相手の心理とか以前に、相手も同じ方向にハンドルを切るということはどっちかが交通ルール違反をしてるのでは。

    ユーザーID:5023315685

  • 道路交通法っていうルールがある

    こういう場合左に避けるのがルールです。
    なので原則的には左に避けるようにしましょう。


    まあでもこういうことは歩いてるときでも起きますね。

    反射神経の速度が人によってそれほど変わらないのと、
    基本的に空間のある方へ避けようとするのが原因なのかなと。
    全くの推測ですが。

    ユーザーID:8387456669

  • みんながルールを守れば

    トピ主さんの趣旨に合わないレスですみません。
    本来自転車は車両扱いとなり車道を走行すべきものです。
    車道を走行するときは勿論車と同じ、左側通行です。

    自転車通行可の歩道であれば自転車も歩道を通行できますが
    その場合も道路の左側の歩道の右端(車道に近い側)を走行する
    と道路交通法で決まっています。

    みんながルールを守っていれば自転車同士がお互い譲らず正面衝突!なんてこともなくなりますね。
    今問題になっている、自転車と歩行者との事故も減ると思います。

    ユーザーID:5061755220

  • 左側通行

     自転車は、道路交通法上、車両扱いですから、道路の左側を通行すること(歩道上の規定は無いそうですが、道路一般の規定に従うべきです。)が義務付けられています。当然、対向する自転車をよける方向も左側です。相手がどう動くかにかかわらず、左側によけましょう。相手が右側(衝突コース)へ向いてきた場合(相手の過失)は、止まってやり過ごしてください。

    ご参考:(道路交通法の自転車に関する規定)
     ・二人乗りの禁止(タンデム車に関しては各自治体条例にて規定)
     ・二人乗り禁止の例外:16歳以上の方が、専用の乗車椅子を設けた自転車に6歳未満の子供1人を乗せること。
     ・並進の禁止(2台、3台と並んで走ること)
     ・並進禁止の例外(特に許可された自転車専用道路でのみ。3台並列を許可している道路は日本に存在しない)
     ・片手運転(手放し運転)の禁止(携帯電話操作、傘差し等)
     ・標識にて許可された歩道のみ通行可能

    他に車両として規定されているもの
     ・左側通行
     ・夜間無灯火禁止
     ・信号、交通標識に従うこと
     ・飲酒運転の禁止
     ・等等

    交通ルールを守って安全に走りましょう。
      

    ユーザーID:2638702114

  • 自転車は「左側通行」なので、「左」によけてみる

    >こちらが右側に寄ると、つられて右側(相手からみたら左側)に寄ってしまう

    のは、トピ主さんが左側通行をご存じないので「右」に寄り、相手は左側通行を知ってるので普通に「左」に寄って、その後の混乱が生じている可能性もあります。
    その逆だったら、お互いに知らないだけかもしれませんが。

    目を見ず、早めに左寄りになると大丈夫かもしれませんね。
    自転車は免許制じゃないし、知識は人によってマチマチですから、左に寄れば絶対安泰ではないですが...。

    ユーザーID:3966966949

  • 自分の行く方向を見る

    あっ、あと一つ重要なことを書き忘れてました。

    私は心の中で勝手に「意思表示」と呼んでいる方法です。
    自転車やゴチャゴチャと混んだ人ごみの中を進むとき、「右、左、右、左」になってしまいそうなポジションに人がいたら、思いっきり分りやすく自分の行く方向に視線と首を傾けます。

    左に行くなら、左に首をかしげ左寄りに視線を固定します。完全に前が見えなくなると危ないので、首を向けるのではなくかしげる(顔は正面を向いたまま肩の方向に倒すような、分らないときのポーズです)だけです。

    相手がすごく視力の悪い人だと効き目がないかもしれませんが、この「意思表示」は大体の場合で効果絶大です。

    ユーザーID:3966966949

  • 素朴な疑問

    センターラインがないような、住宅街の道路ですかね?
    人は右、車は左と子供の頃に習いましたよね? 
    自転車も左側通行なのでは?
    対向から来たのが自転車ならば、お互い左によればいいのではないでしょうか? 

    ちょっと横かもしれませんが、車道で逆走してくる自転車がいますが、
    あれは、正しく走っている自転車や車の運転手はとても怖いです。
    そんな自転車に限って猛スピードの事が多く・・・。
    すぐそこの角を曲がりたいから、右側を走っているのかも知れませんが
    もう少し危険だということを認識して欲しいです。

    自転車は免許はいらないですが、車には変わりないです。
    慎重に乗ってください。 
     

    ユーザーID:8795420017

  • 相手も「なぜ同じ方向に動く?」と思っているはず

    歩行者同士でも同様と思う。
    通常は互いに違う方向に避けてうまく行きかえるが運が悪いと、互いによけようと思いながら結果的に同じ方向に動いてしまって気まずいことになる。
    これって単にタイミングが悪いだけだと思っていた。
    「自転車通勤」さんと同意見でトピ主さんの考え方の方に違和感を覚えた。
    相手は相手で貴女のことを「こっちがよける方にばかり動くヤツだな、イライラする!」と思ってると思うけど。

    普通の人同士なら互いに気まずい思いをしながら「すみません」と言って何度かやり直した後ようやくすれ違うが、ガラの悪い男性などは自分の思い通りにならぬことにいらだって、タイミングが合わないのはお互い様なのに相手を怒鳴りつける。こういう男性の心理とトピ主さんの心理は「相手のせいだ」と無条件に思っている点で近いのかも?

    たいていの場合は互いの様子を見ながらうまくすれ違えるが相手が高齢者の場合、感覚も身のこなしも鈍化傾向にあるのかこちらがよけようとする方向にばかり動いてなかなかすれ違えない場合がある。私ならお年寄りだから仕方ないなあと思うだけだがこれも「高齢者心理学」なんて考えるのかな?

    ユーザーID:2120665615

  • そのような状況に陥らない為には

    自転車は車両ですから左側走行。
    この原則を皆さんが遵守することで、避けられるはずなんですけれどね。

    ユーザーID:3643095513

  • 自転車や原付は交通法規に疎い人が多い。

    >ひどいときはそれで、右!左!右!左!となり、止まってしまうこともあります。

    ひどい時、とありますが、事故を起こすよりは正しいです。
    危険なドライバーが進路に割り込んできた。等緊急回避が必要となることもあるでしょう。
    止まってしまうこと、そんなに悪いことですか?

    先日の朝のNHKテレビ「ご近所の底力」は、自転車の歩道走行がテーマでした。
    自転車でも、悪質な場合は、懲役刑や罰金刑などが科せられる場合があるので
    このトピが正しい知識を覚えられる契機になれば良いですね。

    ユーザーID:1340984138

  • 人間の反応速度

     お見合い状態で止まってしまう,というのは,交通ルールとは,あまり関係ないのではないでしょうか? トピ主が交通ルール非遵守派かどうかは分かりませんが,相手が一般車両の交通ルール遵守派であれば,「左」か「減速(停止)」を選択する筈で,「右」は選ばないのでは?
     で本題.「右!左!右!左!」となるのは,歩行時もよくあることです.これは,単に,最初に,同方向(ぶつかる方向)を両者が偶然に選択した後,「相手を見る」→「避ける」という反応速度が,両者ともほぼ同じなために,その後の動作が同じになってしまう,ということではないでしょうか? 自動車の運転免許を持っている方は,「0.2秒」という値をご存知かと思います.
     で,なぜ,最初に同方向を選択してしまうのか,については,色々あるでしょう.相手を見て寄っていってしまう,というのもあるでしょうし,うまくすれ違えた分は記憶に残らないからかもしれませんし,法令遵守で左端を走っている人は,もう左一杯で避けられなかったのかも.

    ユーザーID:3039523277

  • 聞いたことがあります

    確か、目が合うとつい、その方向に行ってしまうという事でした。
    ぶつかりそうだな、と思う時は、私は相手の目を見ない様にしています。今のところ、効果がありますので、是非お試しください。

    ユーザーID:6335211169

  • 自己認識のずれ

    重複もありますが、
     1相手と目を合わせない
     2思いっきり避ける方向に移動する
    歩いている場合
     3体を避ける方向に傾けるまたは体を横に向けてしまう
     4傘を差しているなら傘を避ける方向に傾ける
    などが対策としては良いなあと思っています。

    これを元になぜにらめっこが起きてしまうのかを考えてみると…
    結論としては、(1)「自分が思っているほど相手にはどちらに避けようとしているかが伝わっていない」
    のが一番の原因なんじゃないかと思います。
    相手としてはあなたの意思を確認したいために無意識のうちに反応を求めてしまう心理が働いているのでは
    ないでしょうか?
    繰り返しが起きるのは、(2)人が認識するまでに要する時間差が関係している と思います。

    自分が考えている以上に思いっきり意思表示する、あるいは自分には全く対応する意思がないことを示す
    1234は結果的にこれを実施しているので相手にも意思が伝わり回避できているのではないかと思います。

    日常よく体験することですが、奥が深いですね。
    正解だとは思わないので他の考察も伺いたいです。私も。

    ユーザーID:2198721568

  • 避けるんじゃなくて・・・

    止まる。これで解決です。
    もちろん左側通行なのは誰でも判っているはず。でも心理学的に、『目が合った場合、引き寄せられるという事がある』と、以前某番組の特集でやっていました。避けるという行動は反射的に行いますね。相手に気が付くと相手をどうしても見てしまうんです。そうすると、どちらに避けるか考えるよりも見ている方に体が動くんだそうです。
    だから動いている限り、避けられない事なんです。

    相手が避けそうに無いと感じたら止まりましょう。それでぶつかったら動いている方が圧倒的に不利。片方が止まるとどちらに避けるべきか冷静に判断できる様になります。
    動いている方にだけ避けてもらえばいいんです。
    実はその方が結果的に速いですよ。

    ユーザーID:5743749097

  • 事故にあいました

    自転車で仕事の帰り道、自転車歩行者共用道路を、自転車専用道路上から乗り入れて走行中、歩道に二人組みの歩行者が見えたので、ずいぶん前から「自転車が通ります」とベルと「すみませーん」と2度の声かけで警告(どかすためではなく、目の前に出てこないように)して金網フェンス際の一番道路の左端を通っていたにもかかわらず、2人組みの左側の人物が携帯電話でメールを打ちながら、同一方向に歩きつつ間際になって自転車に斜めに幅寄せしてきて、体当たりされました。

    左端の空間を通り抜けざまだったために、ブレーキをかけた衝撃と右手から幅寄せ体当たりの衝撃で金網に激突し、左腕を粉砕骨折、全治一年(神経をはずして2度の全身麻酔手術のため、いまだに左手神経が繋がらず)の大怪我、かたや歩行者は無傷。これでも自転車は歩行者の過失がないため泣き寝入りです。どうか歩行者の方、突然の進路変更や自転車に自ら突進するのはやめてください。子供を作ろうとしてたぎりぎりの年齢だっただけに、腰骨移植手術までしなくてはならないかも知れない恐怖に、人生すべてを失った気持ちです。(相手は謝罪も何もなく「お大事に」と言い残したままです)

    ユーザーID:0017911746

  • トピ主です

    みなさま、いろんなご意見アドバイス、ありがとうございます!

    何名かの方がレスに書いていてくださってますが、私も基本は左側通行だと思います。
    なので、特に左側を走れない状況でない限りは左側を走っています。
    そういう状況で正面から自転車が向かってくると、私は左側に避けます!って思ってても、向かってくる相手の方の中には、無意識に自分が車道側にふくれることを避けてる方がいらっしゃるんだと思います。塀沿いやガードレール沿いをそのまま向かってこられると、こちらが車道側(右側)に避けるしかないんです。
    けど、こちらとしてもできれば後ろから来る自動車に接触されたくない。なのでギリギリまで避けるのをねばってしまう。けど、もうダメ避けないとと思って右側に避けると、同じ方向に避けてこられるんです。
    ちなみにですが、同じタイミングで同じ方向に動いてしまったときは、こちらも悪いので、すいませんと一言謝って通り過ぎるようにしています。
    なんでだろう???って思ったのは、あきらかに先にこちらが動いているのに、後から同じ方向に動いてくる方がいらっしゃたので…です。不思議!と思ったのです。

    ユーザーID:4424829184

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 自転車は軽車両=道路交通法適用

    歩道で人にベルを鳴らすのは道路交通法の第54条に抵触しますから
    道交法違反ですよ>ふるたいむさん

    自転車歩行者共用道路って、「自転車通行可」の「歩道」のことでしょ?

    つーかそもそも自転車のベルって、そんな使い方で鳴らすために
    ついてるんじゃないですよ?正しい使い方をお調べになったほうがいいですよ。

    で、ふるたいむさんの事例だと、
    一時停止して歩行者の歩きに合わせる、あるいは自転車から降りて歩くべきでしたね。
    そこは歩行者優先ですからね、
    どんなに人が邪魔でも、自転車は法律上、軽車両=クルマですから。

    ルールに従って一時停止する、あるいは降りて歩けば、
    書かれているような怪我せずに済んだと思いますけどね。
    ルールを守らずに歩行者を怨むのは筋違いです。

    歩行者に怪我させなくてよかったですね。
    すり抜けもスピードによっては道路交通法違反で罰金ですよ。
    (スピードは出してなかったとおっしゃるでしょうが)

    ふるたいむさんに限らず、自転車の基本的なルールやマナーを知らずに
    乗ってらっしゃる自転車の方多くて本当に迷惑です。

    ユーザーID:5965061285

  • ふるたいむさんに厳しい話です

    ふるたいむさん 事故はお気の毒でした。お体をいたわってあげて下さい。
     しかし、法律的には事故の責任はふるたいむさんにあります。
     自転車歩行者共用道路という概念は道路交通法には無いはずですので、そこは、自転車の通行が許可された歩道であると考えます。そして、歩道上での自転車は、道路交通法によって以下の2つ義務を課せられています。
    1.徐行すること。(空走距離0で停止できる速度を保つこと)
    2.歩行者の通行を妨げないこと。(妨げる恐れのある場合は速やかに停止すること)
     説明の文面を見てみれば、あなたが上記2つの義務を果たさなかった為に起きた事故であると考えられます。歩行者に怪我が無かったのが幸いでした。
     「突然の進路変更や自転車に自ら突進するのはやめてください。」と書かれていますが、筋違いです。歩道には子供、障害者、高齢者、体をうまく使えない方たちも安全に通る権利があります。歩行者がどんな行動をとっても安全であるように通るのが、歩道を通る自転車の義務です。そのための上記2つの規定なのです。人の近くでは必ず守ってください。

    上記2つの規定を知らない自転車乗りが多すぎます。

    ユーザーID:2638702114

  • 携帯電話

    ふるたいむさんは「横断歩道上からずっと警告」してたんですよね。
    歩道に上がっても、端っこのあいてるスペースを走っていたところに、携帯画面を見ながらふらふら突っ込んでこられたということですが、お気の毒でした。

    自転車のほうが法律ではいくら間違ったことをしてなくとも(前にレスしてるかた、読み落としてませんか?ベル以外にふらふらしてる歩行者をよけて端っこ走行中に唐突に進路を変更した歩行者に突っ込んでこられてはさけようもないはず・・・)歩行者は守られてしまうんですよね。
    携帯見ながらの歩行はやめてほしいです。
    本当に危険ですから。

    ユーザーID:9739807785

  • 読み落としてませんけど

    gotさん

    >(前にレスしてるかた、読み落としてませんか?ベル以外にふらふらしてる歩行者をよけて端っこ走行中に唐突に進路を変更した歩行者に突っ込んでこられてはさけようもないはず・・・)歩行者は守られてしまうんですよね。

    携帯見ながら歩くの危険なのは当たり前。
    これが歩行者同士の話だったらわかります。
    たとえば歩行者同士で正面衝突したとかね。

    でも、「歩道」での自転車と歩行者の事例は違います。

    ふらふらしてようが何だろうが歩行者が優先。
    ふらふら寄ってくることも予想して徐行。
    よけられないような走行をする自転車が悪い。
    歩道では徐行ですよ、徐行ってしってますか?

    目の不自由な方が、チリンチリン鳴る音には気づいても
    どっちによけていいかわかんない場合もそんなこというの?

    歩行者を邪魔しないことを条件に「走ることを許される」道なんです歩道は。

    それと、
    >自転車のほうが法律ではいくら間違ったことをしてなくとも

    自転車のベルによる警告は、人間に使っちゃいけません。
    ベルによる警告、調べて理解してから自転車に乗って下さい。よろしく。

    ユーザーID:6928648206

  • 横ですが

    友達の家で飲んだときに聞いてみました(友達のご主人は警察の交通課の人です)。
    自転車は共有道路上では「歩行者に気をつけて走行する義務」があり、歩行者は歩行者専用道でない限り「他者・軽車両に注意を向ける義務」があると。この場合は歩行者に自分の存在を知らせ、ぶつからないよう気をつけて走行中に、携帯電話等で他者に一切の注意を払おうとしなかった歩行者にも、過失責任には問えないが、問題がある、ということでした。
    歩行者が守られるとはいえ、この場合は歩行者も歩行者だという感もありますね。

    ちなみに
    http://webnews.asahi.co.jp/you/special/2007/t20070307-2.html
    http://allabout.co.jp/family/bohan/closeup/CU20011031/

    のサイトに出ていますが、「日本損害保険協会によると、人対車両の事故でも、「歩行者がメールに気を取られていた」等の場合、保険支払い時の過失割合に影響が出る可能性があるかもしれないそうです。」とのこと。

    お怪我お大事になさってくださいね。

    ユーザーID:0355017866

  • gotさん横井さん

    >ふるたいむさんは「横断歩道上からずっと警告」してたんですよね。
    相手に伝わらない警告は無意味です。まして危険な状態で無い場合にベルを鳴らすのは法律違反です。自分が止まれば回避できる状態を危険な状態とは呼びません。
    >自転車のほうが法律ではいくら間違ったことをしてなくとも
    今回はふるたいむさんの行動が間違っています。すり抜けられるという誤った判断の元に行動して、歩行者と接触したのですから、自転車乗りとして間違った行動です。

    >歩行者にも、過失責任には問えないが、問題がある
    私もおべんきょうさんも歩行者に問題が無かったと主張していません。歩行者側ではなく自転車側の責任だと言っているだけです。

    >人対車両の事故でも、「歩行者がメールに気を取られていた」等の場合、保険支払い時の過失割合に影響が出る可能性があるかもしれないそうです。」
    車対車でも、少しでも動いていると、ほとんどの場合、過失割合が出てくるそうです。(完全に法律を守っていても)

    ユーザーID:2638702114

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧