こんな小説、ご存じありませんか?

レス3
(トピ主1
お気に入り3

趣味・教育・教養

いくっち

 はじめまして。どうしてもタイトルが思い出せない短編小説があり、どなたかご存じの方がいらっしゃればと思いお尋ねいたします。怪談めいた短編小説集の最初のお話のように記憶しているのですが・・・

 ある男の子がお友達の家に遊びに行って、遅くなったので珍しくそこで夕食をご馳走になる。宴会のようで、その家のお婆さんが何かの民謡のようなものを歌う。いよいよ帰る時間になるが、自分の家は友達の家から長い坂を下った所にあり、実は家と家とがつながっていて、一人で帰ることになる。その帰り道は果てしなく続く古い座敷・・・襖を開けても開けても次の部屋が現れてなかなか家にたどりつけず、欄間や襖の柄も恐ろしくみえてきて、必死の思いで坂を走り下り、ようやく家に着いて。。。

 といった感じだったと思います。時代設定もいつの頃かわからないのですが、不思議な昔話風の独特な雰囲気が印象的なお話でした。何とかもう一度読んでみたいのですが、転勤の際にたくさんの本を手放してしまい、その中に入っていたらしくタイトルさえわからずにいます。どなたかお心当たりの方、教えていただければありがたいです。よろしくお願いいたします。

ユーザーID:3674580032

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数3

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • わかりました!

    トピ主です。本屋さんで探してみたところ、タイトルわかりました。
    筒井康隆作「遠い座敷」です。
    すっきりしました。どうもありがとうございました。

    ユーザーID:3674580032

  • わかってよかったですねー
    自己完結トピで、面白いなと思っちゃいました。
    オモシロそうなので、私もその本読んでみたいです。

    ユーザーID:8705291273

  • 座敷ぼっこ

    あっ、もうお分かりだったのですね。良かったですね!

    SFの人たちの中には、このような奇妙な味わいを残す心象風景を描く作家がいますよね。シェクリイとか、レイ・ブラッドベリなんかもそうです。

    それにしても今日は涼しい。ブラッドベリの「10月はたそがれの国」を読みたい季節になりました。

    ユーザーID:4259806616

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧