価値観の違うカップルについて

レス4
(トピ主0
お気に入り5

恋愛・結婚・離婚

noriko

結婚9ヶ月目のnorikoと申します。


付き合っていた当初より性格が大分異なっていることはお互いに承知していたのですが(例えば、夫は即決型、私は慎重派、夫は社交的、私は少数または一人の方が楽、等々)、夫の人柄に惹かれて結婚を決めました。

しかし、最近家の購入や子供の事、仕事のビジョンなどについてより具体的に色々話あっていくうちにことごとく考えが異なる事などが明確になり、もちろんどちらかが妥協もしくは中間地点を探れば良いのでしょうが、段々お互いの個性が消えていくようで、こんなに価値観が違うのに一緒に生きていくのってどうなんだろう・・と思うようになりました。(付き合っていた当時は夫が私に合わせてくれていたので丸く収まっていたのですが)

皆さんも多少なりとも意見の食い違うことはあると思うのですが、どのように乗り切られているのかなど教えていただけたら嬉しいです。

ユーザーID:1474761483

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数4

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私的には

    うちもどちらかといえば、お互いに正反対の者同士。
    世間話や何気ない会話は、結構流して合わせたり合わせてもらったり・・
    けど、大切な話にはキチンと自分の意見を言わなければ駄目だなぁ〜と感じています。

    最近も子どものことでお互いの意見が食い違いプチ喧嘩
    私には理解できないところだけど、主人もきっと私に対してそう思っている部分は沢山あるだろうし
    でも、お互いが「こう思うのだろうなぁ」と察してあげる気持ちが大切だと思うんです
    一番怖いのが何を考えているのか分からない・・って事だと思うから

    自分の気持ちを素直に言うことと相手にも思っていることを言ってもらうこと
    そして、理解できる部分とこれは違うのかなぁと思う部分をはっきりとお互い話し合えること
    言葉のキャッチボールをしているうちに問題に対する解決策が見つかるのではないでしょうか

    独断で物事を進めていくのではなく(私は結構そうやって夫を怒らせるのですが)
    こう思っているから、そうしようと思うけどどう?などと思いやりのある言葉を挟むと意外とうまく
    ことが進むのではないでしょうか?
    …私も反省中…

    ユーザーID:2043338897

  • 譲り分け

    恋愛中にはそんなに気にならなかった事も、結婚した途端に気になるって事多いですよね。
    あれって恋愛中は自分のエリアって確保出来るけど、結婚すると自分のエリアと相手のエリアが混合されてしまうからなのかなぁ。結婚して9ヶ月、段々と気になりだす時期なのかもしれませんね。

    私の場合、物事の全てをお互いの中間で決めるのではなく、それぞれのエリアによって、ここは相手ここは私といった具合にしています。例えば、インテリア等を決める時は、その空間に長時間居る私が決める様にしています。車に関しては、夫が使う事が多いので夫が決める。お互いが共通して決めなければならない事(経済、子供、生活等)は、しっかりと話し合いをしてそこはお互いの中間で決める様にして、どちらか一方が我慢をし過ぎない様にしています。といった感じで棲み分けならぬ譲り分けをしています。

    価値観が違うと何かとイライラしていまう事もあるけれど価値観が全く同じよりも物事を色んな観点から見れて面白いと思えば、イライラも少しは減るかも。自分の考えを変えるヒントを持ってるのが、もしかしたら貴方の旦那様かもしれない。

    ユーザーID:8336379428

  • 難しく考えない

    僕も嫁さんとはかなり価値観が違います。
    食の好みだってそう。
    だから、食卓には色々なモノが出てくるようになってる。
    それぞれまあまあ食えればいい。
    外食も同じ。
    前に自分が好きなモノ食ったら、次は相手の好きなモノが食えるところに行く。
    そこらへんを適当にすることです。

    即決が嫌なら慎重派が先回りして色々チェックしておけばいいし(即決派がクルマの店に行く頃には、慎重派はカタログを通じて買いたいモノが大体決まっているか、様々な材料に対して判断が下せる状態になっている)人との付き合い方は相手に強制さえしなければいい。

    要は、ギャップの埋め方でしょう。
    「私達、価値観全く同じです」なんてのは少ないだろうし、大なり小なりギャップはあります。

    キーワードは腹八分目。
    全部自分のやり方でやることはないし、完全に五分かどうか神経質になることもない。
    そして過度に損得を持ち込まないこと。

    相手の価値観を真に認めることで色んな見方が出来るようになりますから、「グレーな決定も視野を広げるいい機会」くらいに思えるようになりますよ。

    ユーザーID:2052594784

  • バランスと適材適所

    うちも性格が正反対の夫婦です。うまくいってます。
    性格が違うと意見がぶつかることが多いのですが、良い事も多いと感じます。

    1.バランスがとれる
    どちらかがブレーキをかけるので、極端な意見にならない。
    違う視点からの意見が聞け、参考になる。
    中間点を取るので、バランスが取れた結論になりやすい。

    2.適材適所
    数字に強いほうが、お金の計算をして、
    社交的なほうが、対外交渉を受け持つ。
    自分が苦手な分野を相手が担当してくれるので便利。
    自分の苦手分野を出来る夫が素敵に見える(笑)

    3.人間的に成長する
    夫の気持ちを考えたり、言い方に気をつけたり、自分の意見をアピールする能力もいる。
    時には我慢したり、落し所を決めたりする・・・1人の時より大変です。
    結婚して、人間的に成長したなぁと思うところがあります。

    自分の意見とぴったり同じで、自分の思い通りにならないのは嫌・・・というのは、
    不健全で、人間的に未熟。
    2人でいる意味がない。自分と結婚すれば?独身に戻れ!と自分に言い聞かせました。

    ユーザーID:9213451910

レス求!トピ一覧