「桃栗3年の歌」(時を駆ける少女)

レス14
(トピ主1
お気に入り3

生活・身近な話題

ラベンダー

柿の実が色づきだしてふと思い出したのですが・・・

かなり前に「時を駆ける少女」というドラマがありました。
最近アニメ化されたものと原作は同じかな?(アニメを見ていないのでその辺は詳しくないです)
確かNHKの少年少女向けドラマシリーズで、続編?リメイク?でドラマも最低2本はあったと記憶しています。

そのどちらかで、タイムトラベラーである少年が口ずさんでいた歌がありました。
確か「桃栗3年柿8年。○は×年で成り下がる(←ここはあやふや)。梨のバカめは18年。ラララ〜(この後切れ切れに記憶)遠く夜空の星屑(?)がヒトデと出会って1万年」というような。
あいまいだし、もしかしたらもっと間違っているかもしれません。
メロディはけっこう覚えているのですが。

思い出せないことが喉に骨が引っ掛かった感じで気になるのと、「桃栗3年柿8年」はよく聞きますが、実際にそれに続く言葉があるのか?歌は?、ドラマ上の架空のものなのか知りたいです。
そして、架空の歌でも覚えている方がいらっしゃったら、ぜひ歌詞を埋めて私をスッキリさせてください。
よろしくお願いします。

ユーザーID:6074014576

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数14

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 映画の方なのですが……

    私が見たのは、1983年に公開された大林宣彦監督、原田知世初主演の映画です。
    ドラマの存在は知りませんでしたが、映画にも同じ歌詞の歌が出て来ます。
    「桃栗三年、柿八年。柚子は九年でなり下がる。梨の馬鹿めが十八年」です。
    今でも歌えますが、映画ではここで終わりだったと思うので、続きは分かりません。
    御免なさい。
    この歌の曲は大林宣彦監督が作った物ですが、「桃栗三年、柿八年」のことわざに続く言葉は、日本各地に様々な形で伝承されているそうです。

    ユーザーID:4591904143

  • ヒトデ?

    映画版の「時をかける少女」(1983大林宣彦監督作品)ですね。
    原作の小説にも、NHKのドラマにもないシーンです。

    映画のシナリオ(完成した映画から起こしたもの)が手元にあります。
    それによると
    「愛の実りは、海の底、空のため息、星くずが、
    ヒトデと出会って億万年・・・」
    です。
    たしか、ヒトデ、と深町くんが歌ったところで、原田知世の芳山和子が
    「ヒトデ?」と怪訝そうに言うのでした。

    ユーザーID:3524267377

  • お役に立てないのですが・・

    私も映画版しか観ていません。
    桃〜の部分はふわふわさんの通りだったと記憶してます。
    で、トピ主さんの言う続きの部分も映画で歌われてました。
    歌詞は覚えていませんが、映画でともよちゃんが「え?この歌に続きがあるの?」と聞くと、深町君(でしたっけ?)が「僕が作ったんだよ」って答えていた気がします。
    なので、続きの部分は架空のものなのだと思います。
    私もヒトデと出会ってってところが印象的でした。

    ユーザーID:7130271635

  • 横ですが、げげっせんさまへ

    星屑がヒトデと出逢って億万年……ああ、懐かしいです!
    当時幼かった私はここまで記憶にありませんでしたが、今夜が明けていくような気分です。
    情報を有り難うございました!

    ユーザーID:4591904143

  • 監督の創作

    この歌は、大林監督の創作だそうですよ。
    私も時々口ずさんでしまいます。

    1番の歌詞
    桃栗三年 柿八年 
    柚子は九年でなり下がる 
    梨の馬鹿めが十八年

    2番の歌詞
    (映画の中では深町くんが「ぼくが作ったんだよ」と言います)
    愛の実りは海の底
    空のため息 星くずが
    ヒトデと出会って億万年

    ユーザーID:5968023092

  • タイトルが素敵。

    あの曲は、『愛のためいき』というタイトルらしいです。
    何かを成し遂げるには永い時が必要という事でしょうかね。
    素敵ですよね。

    ユーザーID:9312408317

  • 好きな歌です。語らせてください〜

    以前別トピで、この歌について書きこませて頂いたことがあるのですが、ちょっと違っていたので、申し訳ありませんがここで訂正させてください〜。作詞は平田穂生、平田オリザさんのお父様で、作曲が大林監督でした。

    「桃栗三年柿八年」の続きについてですが、地方によって、梅・枇杷・銀杏・達磨・亭主(妻)の不作…など色々バリエーションがあるみたいです。

    映画では、知世ちゃん演じる和子が「わたし、この歌にこんな素敵な続きがあるの知らなかったわ」と、深町君への想いを深めますが、実は「愛の実りは…」の部分は彼が作ったもので…、という感じで、重要なポイントです。なんていうか、愛なんだなあ…。切ない〜!DVDも出てるんですけど、フィルムの劣化で全体的に赤くなっちゃって残念です。

    ユーザーID:2091834118

  • 土曜日の、実験室!!

     つい何日か前、DVDを借りてきて久しぶりに観たばかりです。
    知世ちゃんも深町くんも、演技はとほほ。・・・ですが、
    とても素敵な作品ですね。

    2番の歌詞は、深町くんが「僕が作ったんだよ」と言ってます。
    とても印象的な歌で、気がつくと口ずさんでます。

    横ですが、
    作品の中で繰り返し流れる、歌詞のない曲、

    楽譜が欲しいと思ったのですが、曲名もわからず、
    楽譜が出版されているかどうかもわかりません。

    どなたか、ご存じないでしょうか?

    ユーザーID:8546852738

  • 昔の筋肉少女帯のアルバムにも

    はい、皆さんがおっしゃる通り大林監督の創作だったと記憶しております。そして、何故か15年くらい前の筋肉少女帯のアルバムにも収録されていました。(もちろん歌は筋少)タイトルは忘れてしまいました・・(実家においてきてしまったので確認できず)オーケンたちも「ヒトデと〜」「え?ヒトデと?」「出会って〜」「おくまーんね〜ん」でシビれた口なんだなあと、その当時もうれしかった記憶があります。私のシビレポイントは「あーいのみのりーもうみのーそこー」って歌った後にいきなり知世ちゃんが「らららららー」と合いの手をいれたところでした。
    私もしょっちゅう子守唄で歌ってましたヨ〜〜。

    ユーザーID:8610724043

  • 愛のためいき

    というタイトルで筋肉少女帯がカバーしていました。
    歌詞は、るうりいさんのレスと同じ、作詞:平田穂生、作曲:大林宣彦だそうです。

    ユーザーID:3137075019

  • またまたお邪魔します

    以前はyoutubeやファンサイトで聴くことができたのですけれど、もう削除されてるみたいです…。残念。↓ここで一部試聴することができます。このまだ完成されていない演技&歌唱、そしてハープの音が素敵ぃ〜♪

    http://www.7andy.jp/cd/detail?accd=C0812436

    はなこさんのお好きな曲も見つかると良いですね。楽譜はないと思うんですけど、CDがあれば耳コピで楽譜を作成してくれるサービスもあるようです。でも、お値段はものすごく高いのですが…。

    ユーザーID:2091834118

  • なつかしー!!

    数年前に、ウッチャンナンチャンのラジオでこの歌の話をしていて、「誰かちゃんとした歌詞知ってる?」と聞いていました。
    私も知世ちゃんの映画を観にいきました。
    ♪愛の〜.....海の底〜♪のところで、知世ちゃんが♪ラララ〜♪と
    唄うんですよね。
    「梨のバカメが〜」のところは、私の聞き間違いだと思っていましたが、本当に「バカめ」という歌詞なのですね。
    切ない映画でした。

    ユーザーID:3352845436

  • ありがとうございました!!

     梨子さま!!
    ありがとうございました!

    私の探していた曲は、5番目の「ふれあい」という曲です。

    曲名がわかってとてもうれしいです。
    鍵盤の前でちょっとずつ音をとって、楽譜を作ろうと思います。

    ありがとうございます!!

    このトピを作って下さった主様にも、感謝です!!

    ユーザーID:8546852738

  • ありがとうございます(トピ主です)

    遅くなりましたが、レスをくださったみなさまありがとう
    ございました。
    個レスにいたしませんが、みなさまに感謝しています。

    映画だったんですね〜
    出だしから間違ってました。
    映画館で見ずに、たぶんテレビで放映された時に見たので
    混同してしまったようです(ドラマシリーズが好きだった
    ので)
    庭の温室?かなにかの段々のとこで夕暮れ時に、というシーン
    が浮かんできましたが、これも混ざってるかなぁ?
    いったん思い出したら、ちゃんと原田知世さんの主題歌
    もスルスルと浮かんできました。
    まさに記憶も芋蔓式!
    ついでに向こうから工藤夕貴さんがヤカンを持って走って
    きたり(それは「お湯をかける少女」だろっとセルフ突っ込み)

    ここでトピ立てしてみてよかったです。
    スッキリしました。
    今は主題歌と桃栗をひたすら口ずさんでおります。

    ユーザーID:6074014576

レス求!トピ一覧