アメリカ在住。病院に行きたくない

レス11
(トピ主0
お気に入り10

生活・身近な話題

さくら

アメリカに住んで6年になります。英語の方は日常会話位ならなんとか問題ないのですが,なんかお医者さんとうまくコミュニケーション出来ないっていうか,アメリカの人って日本人の事をやたら良い様に誤解してるみたいで,そういう人に身体の不安とかを相談するのは躊躇してしまいます。

子供が小さかった頃食事をあまり食べてくれなくなってしまい,検診ついでに相談しようと思って病院に行ったのですが「ワタシ日本の知り合いが多いから日本の事は良く知ってるのよ、日本人は魚を毎日食べて栄養管理はばっちりなのよね」みたいな事を言われてしまって,相手は褒めてくれてるのでしょうけど,それでうまく相談出来ずに帰って来てしまった事がありました。

薬の説明なんかも私はあまり強い薬を使いたくないんですが,アメリカの人ってそういう事わかってくれないようで,「どうして飲みたくないの?」と不思議がられます。そんな感じで病院に行くとなんだかいつも話が噛み合ず、嫌な思いをするので結局は日本製の薬を飲んでガマンしてしまいます。

長くなってしまいましたがアメリカ在住の方、そんなことありません?どうしてます?

ユーザーID:0018480848

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数11

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • お医者も商売、 だから米国の医者は愛想が良い。

    以前行ったお医者さんがあまり好ましくなかったのなら、別のお医者に行けば良いと思います〔お医者を選択するのは患者さんですから、日本での様に替えるのを躊躇する事は無い)。 診療の際に、自分の症状を詳しく書面で書き出して、持って行き、見せれば良いと思います。〔辞書も必要なら持って行く。)

    要は、米国では、以心伝心は皆無。 全て、はっきりと言わないと何もわかってくれません。 お医者が愛想が良いのは、医療も自分の商売と割り切っているからです。 日本のお医者とは大分違います。

    薬は処方してもらったら、サイトで検索して自分で確認してから、買えば良いと思います(米国の薬は主に白人を対象に検査/承認されたものです。 日本でも使っていれば、日本での投薬量が参考になると思います)。

    ユーザーID:8656278336

  • アメリカではありませんが

    >アメリカの人って日本人の事をやたら良い様に誤解してるみたいで,そういう人に身体の不安とかを相談するのは躊躇してしまいます
    どうして躊躇してしまうのか分かりません。
    折角日本に好意(?)を持ってもらっているのに、自分の相談をする事で「日本人って実は体調管理できてないじゃない」なんて思われてしまうのが嫌、という気持ちですかね?
    「日本人って〜」って会話はただの世間話ですよ。
    「日本人はみんな健康で悩みなんてない」なんて思ってるお医者さんがいますか?!

    強い薬の断り方ですが、私が住んでいる国も体格が大きいため、薬や放射線など、日本人には強すぎると言われています。
    「日本人とアメリカ人では体格が違うため、アメリカの薬は強すぎるんです」と言うような言い方をしてはダメですか?
    欧米人が飲むのと同じ薬を日本人が同じ量飲んでしまうのは危険、という事は海外に出る日本人なら誰でも知ってますよね。
    「日本のお医者さんからも注意を受けてきた」という事を前提に軽い薬を出してもらうか、半量でも効果があるか確認した上で量を減らせばいいと思います。

    ユーザーID:8266833575

  • はっきりいうしかない

    栄養管理については言われたことはないですが。

    薬は怖い話ですが副作用がひどいと命にかかわる場合もあるそうです。
    なので私もできるだけ日本の薬を飲んでいます。
    体格が違うので効き目もちがうんですよね。

    日本からもってきた薬の本で成分を調べると
    日本の一日量が一回分だったりします。
    そういうことを話して「日本人は普段こちらの3分の1の量しか使ってないので、
    多いと体に負担がかかってしまうから」といってはどうでしょうか。
    アメリカ人の友人にきいたところ「子供用をだして」って言う手も
    あるらしいです。

    アメリカ人は面倒くさがりなので一回に何錠も飲むのを嫌がると、
    アメリカ人の友人が言っておりました。
    なので、
    500mgが一回分として処方されるなら
    250mgの錠剤×2で一回分としてだしてもらうとかという手もあると
    教えてもらいました。

    私はナイフで自分で割るとかしています。
    カプセルのものはだめですが、錠剤だと大丈夫だそうです。

    ユーザーID:0949001621

  • 自分の性格やニーズに合ったドクターを

    友人やご近所に良いドクターはいないか聞いてみてはどうですか?自分の性格やニーズに合った先生を探すのは大変です。誤解されたり薬に関しての不安など理解してくれない先生は少なからずいます。私の場合、性格が合わず数人の先生を点々としましたが、友人に薦められて今の先生に出会いました。患者一人一人との時間が長いと苦情が出る方ですが、それは患者が納得するまで話を聞いてくれている証拠。今では家族全員がこの先生にお世話になっています。

    また西洋医学に抵抗があるならば、naturopathic doctor(自然療法医)を探してみては?手術など大きな治療はやはり普通の病院で見てもらわなければいけませんが、自然療法医なら漢方薬やサプリメントを処方してもらえますよ。

    ユーザーID:7637761816

  • 自分の相談したい事は伝えるべき

    在米4年目です。
    私も、今年に入るまで、出来るだけお医者さんにかからないようにと、風邪を引いても日本の薬か市販薬で済ませようとしてきました。
    が、ここに来て、風邪をこじらせてしまったりで、病院に通うようになりました。
    お医者様がどんな偏見を持っていようとも、何が問題なのかはきちんと伝えないと判らないと思います。これは日本のお医者さんに行っても同じことだと思います。日本人に対してどのようなイメージを持たれていても、そればかりじゃないということは知らせるべきだし、何より病院に行った意味がないと思います。
    私の場合、ずっと日本の風邪薬を飲んでいましたが、ある時、とんでもなく長引いたことがあり、アメリカの市販薬に切り替えたところすぐに効いたということがありました。アメリカの風邪菌にはアメリカ製が効くのかなと思いました。その後、つい最近、風邪を引き、2週間市販薬でこらえたものの、こじらせて気管支炎になり、病院に行ったところ、注射と処方薬で、劇的によくなりました。強いということでもあると思いましたが、お医者さんには行くべきだなと改めて思った次第です。

    ユーザーID:9442264005

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 大きい総合病院なら通訳がいます。

    住んでいらっしゃる場所で状況がちがうと思うので、的外れなことかもしれません。すみません。

    ボストンに数年暮らしていました。
    持病があるので定期的な通院が必要でした。
    通訳の方を頼めることをプライマリー・ケア・フィジシャンから教わったので、専門医のところに通うとき、お願いしました。
    待合室で待ち合わせをして、病室にいっしょに入ってもらえます。
    検査などにもついてきてもらえます。
    日本人の方とは限りませんが、待っている間も日本語で話せるので、とても安心でした。
    場所やシステムに慣れたこともあって、お願いしたのは結局一度だけでした。

    お子さんもいらっしゃるんですよね。
    薬の種類や量のことは、きちんと話し合いたいですよね。
    私はやせていたこともあって、それを考慮した処方(少なめ)をしてもらっていました。

    たしかに、アメリカ人の中には、ヘンに日本のことに詳しい方もいますね。アジアの他の国と混同されることも多いですが。
    タクシーの運転手さんに『先週から喉が痛いんだけど、あなたならどんなお茶を飲む?』と聞かれたとき、
    はじめは話がかみ合いませんでした。

    お悩みが解決することを祈っています。

    ユーザーID:0831810745

  • 日本人医師を探す

    大学のある都市までいけば留学中の日本人医師のバイトしている病院があるのではないでしょうか?

    ユーザーID:8843389137

  • また出てきてしまいました。

    加入している医療保険によって、選べる先生がちがいますが、どの保険会社も通訳を介した三者通話が可能で、
    日本語が話せる医師(日本人とは限りません)を探してもらえます。
    インターネットでも探せますが、情報がいまいち古くて(オンラインなのに)、
    連絡が取れたら、もう臨床はしていません。新患は取っていません。という場合もあります。
    ただ、日本語を話す医師をどうしても捜している、と交渉すれば、診てもらえることもありました。
    また、紹介や口コミなどで医師を見つけたとしたら、その先生に(実際は秘書に)直接交渉して、
    自分の加入している医療保険でも適用してもらえるよう頼み、診察してもらえました。

    大学病院に留学している日本人医師は本当にたくさんいますが、留学している身分ではアメリカでの医療行為は行なえません。
    たいていの方はポスドクとして研究をしているだけです。

    それと、日本人医師、日本人通訳が見つかったとしても、感覚的には(国籍も)アメリカ人という人がほとんどです。

    どうにかうまくいくといいですね。

    ユーザーID:0831810745

  • そんなことありません

    息子の先生はいつも親身になってこちらの話を聞いてくれ、先入観を持つことなく、適切な指導をしてくれます。
    私の先生は、風邪でも、ウイルスに抗生物質は効かないからと、市販薬のどれを飲めはいいか教えてくれるだけです。
    もちろん炎症がひどければ、その旨を説明して、抗生物質を飲みたいかどうか、聞いてくれます。

    アメリカの先生は、日本と違って、とことん説明して、こちらの意見を聞いてくれるというのが私の印象だったのですが、トピ主さんはちょっと運が悪かったようですね。
    恐らくその先生があまりよくないと思うので、先生を変えてみてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:6616896274

  • ありがとうございます

    スミマセン。トピを見失ってました。

    皆さんのアドバイスとても嬉しいです。うまくいかないのは私だけじゃないんですね。有り難うございます。

    ネズミさん
    そうなんですよね。別のお医者さんを捜せば良いのですが、保健の関係で選択肢が限られています。こちらのお医者さんは確かに愛想が良いですね。でも最初におもいっきり日本に対して誤解しているのを見せられてしまうと、なんかコミュニケーションする気がなくなってしまいます。

    たんぽぽさん
    最初に「私日本人の友人が居て日本人の事は良く知ってるのよだから安心して」って自信たっぷりに言われてしまったのでなんか躊躇してしまいました。勇気を持ってもっと話し合えれば良いんでしょうね。

    チキンフィレさん
    薬の量は私も気をつけています。あの大柄のアメリカ人と同じ量を飲む気はしませんね。

    sofiaさん
    そうなんですよね。日本人が殆ど居ない地域に住んでいるので口コミもあまり無いんですが、中国人の友人とかに聞いてみます。

    ユーザーID:7045318911

  • ありがとうございます

    トピ主です。続きです。

    はんなりはなこさん
    確かに。緊急時になるとやっぱりお医者さんって必用ですね。はなこさんのかかったお医者さんはきちんと説明してくれる良いお医者さんだったのですね。

    ぽろっぽろっさん
    私も良く中国人と間違われるクチで、それはそれで困るんですが。ボストンなんかだと通訳が居るんですね。私の地域では日本人自体が居ないので多分そういう部分で誤解が大きいのかもしれません。

    かすみさん
    大都市までは有に4時間はかかってしまうので。やっぱり地元で良いお医者さんを捜すしか無いのですが、田舎の人って思い込みも激しいし、外国人もあまり異ないしで日本人と言うより外国人慣れしてない人が多いです。

    ぽけちゃんさん
    そうですね。私もそう思います。多分アメリカ人でも先入観の無い先生も居るでしょうからめげずに根気よく探してみます。

    ユーザーID:7045318911

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧