少6男児、これからどうしたら・・・

レス19
(トピ主6
お気に入り29

妊娠・出産・育児

この子にしてこの親

小学校6年男児の母です。彼は何をするにも、「自分から」「自分で責任を持って」することがありません。普段の生活も、私から「〜はしたの」「〜をやったら」等なければ動こうとしないのです。成績も芳しくなく、スポーツに打ち込むということもなく・・・。塾の先生にも(年長のときから通っています)「理解するのに時間がかかりすぎ。ぶきっちょさんな性格です。」といわれました。それでも学校では委員も引き受け、それなりに頑張っているようで担任の先生はそこを認めてくださいます。優しい性格なので人をいじめたりはしないのですが、口のきつい子には「お前は失敗作だ」(酷いですよね)などと言われています。(でも、いじめをうけている訳ではないです)もう少し何かに挑戦したり、やる気を出せば変われると思うのですが・・・。すぐ諦めるし、怠ける性格は変わっていくのでしょうか。いつもこの事で子供を叱ってしまいます。同じような経験をなさった方はいらっしゃいますか。アドバイスをください。私もかなり限界です。   

ユーザーID:6975753673

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数19

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 小6の息子がいます

     「お前は失敗作だ」と言う友達がいることのほうが、気になりますが。
     十分「言葉の暴力」・・・「イジメ」だと思います。

     理解の能力は個人差があります。塾の先生の言葉は深く考えないほうが良いと思います。逆にこういうことを平気で言う先生の能力を疑いますが?ただ以前の勉強でつまずきがないか…そこだけはチェックされたほうが良いと思います。

     委員の仕事も引き受けてくるのであれば、「自分から」「自分で責任をもって」やってらっしゃるのではないかと思います。担任の先生同様、認めて褒めてあげて下さい。
     かくいう私も息子を叱ってばかりです。何のアドバイスにもなりませんでしたが、お互い頑張りましょう。

    ユーザーID:0501713999

  • それも個性(と割り切るまで時間がかかるけど)

    うちも同じようなものです。良く言えばおっとりしてて、悪く言えば要領が良くない。グズ。チャッチャと片づけてしまえばいいものを・・・と、傍で見ている私が常にイライラしていました。今から考えれば、それも良くなかったんですよね。
    でも、そんな息子も高校に入ってビックリするほど意欲的になりました。最初に受けた資格試験がすんなり受かり、とても自信をつけたようです。ちょっとしたきっかけって大事だなって思います。先生方も代わる代わるフォローしてくださり、3年間、本人のモチベーションを下げないように指導してくださいました。
    長い目で見てあげてください。大丈夫、優しい、いい子なんでしょう?一番大切なことじゃないですか。
    友達を「失敗作だ」なんてホザく子は、そのうちに痛い目に遭いますよ。親から大切に育てられていない子なんでしょうね。他人にひどい言葉を言うのは天に唾するようなもの、いつかは言った本人に返ってきます。放っておきましょう。

    ユーザーID:8868309453

  • 見当違いだったらごめんなさい

    見当違いでしたら大変失礼な推測になってしまいます。ご容赦ください。
    もしかして、ですが、お子さんのやることに完璧を求められていたということはないでしょうか?

    学生時代に塾講師、家庭教師などをやりまして、問題を解かない、という生徒がちらほらといました。
    解けないのではなく、解かない、です。よくよく観察しないと、分からないから問題を解けないのか、問題を解かないことで身を守っているのかは分かりません。個人指導に近い状態だったので、いろいろカマをかけてようやく気づきました。
    共通していたのは、親御さんが教育熱心で真面目であること。間違えるとかなりきつく叱られるので、間違えてしまうリスクが少しでもあることには手を出さない、というのが習い性になってしまっていました。
    また、なんでもかんでも親御さんに口を出されるので自分のしたいことを口にするどころか、何がしたいかを考えるの自体諦めてしまっている子もいました。

    本当に失礼な仮定で申し訳ありませんが、もし思い当たる節がありましたら、お子さんの様子をよく観察してみてください。

    ユーザーID:7621568362

  • 叱るよりもほめてあげて

    お子さんはまだ6年生。今後変わる可能性は大いにあります。委員を引き受け頑張っていることなど担任の先生が認めてくださるのですから、トピ主さまもあまり悲観的に考えないほうが良いです。
    すぐ諦めたり怠けたり、いまどきの子供としてはごく普通です。それよりもトピ主さまが、お子さんのそのような傾向を突いて叱ることのほうが弊害があるかもしれません。
    いつも叱られていると自己肯定感が低くなり、『向上心』が芽生えることが困難になりますから、積極的にお子さんに関わり良いところをどんどん見つけて、機会あるごとに「頑張っているね」「最近変わってきたね」などと具体的にほめたほうが効果的です。
    何かに挑戦してほしいやる気を出してほしいと願うだけでなく、親の敷いたレールにのせてあげる(走るのは本人次第ですが)とか、親のほうもお子さんを導くような環境を作ることが必要だと思います。
    来年は中学生ですし、定期テストや高校受験という目標ができれば、次第にやる気も出てくるのではありませんか。男の子は暢気なように見えても、劇的に変わるケースがあります。
    どうか長い目で見てあげてくださいね。

    ユーザーID:9574954767

  • レスありがとうございます

    ぷ〜様、うちも一緒様、レスありがとうございます。彼は幼い時から反応のごゆっくりなタイプでした。幼稚園ではのびのび遊んでおりましたが、就学し人の話を理解する能力に不安を感じたので学習相談をうけたところ「様子を見ましょう」という結果でした。どんなにやさしい言葉で説明しても、理解が遅いわが子に、これ以上対処出来ないと学習塾の先生にお願いしたのでした。新しい単元に入ると、どうしてこんなに言っても解ってもらえないの?と先生も手を焼いています。

    それでも先生はよく教えてくださっているので、「ぶきっちょさん」は少々きつい表現ですが的確だと思っております。「失敗作」と言った子は確かにご家庭が大変なお子さんです。彼はほかにいろいろ問題を起こしているのでこの程度の発言は息子も聞き流す努力をしていますが、さすがに許せないと思ったのでしょうね。母に愚痴りました。今日、塾の先生は「まじめな頑張り屋さんです。お母さんがもっと認めてください」とおっしゃっていました。(レスしてくださったお言葉通りです)私は彼の出来ない点ばかりに目がいって良い点に気付いていないのかもしれません。努力すべきは私なのかも・・・です。

    ユーザーID:6975753673

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • 先回りし過ぎなのでは?

    少し親であるトピ主さんが先回りをし過ぎているのかな?といった
    印象です。「いや、何も言わなければ、全く自分から動こうとしない
    のですから、言わざるを得ない」という反論が聞こえて来そうですが
    お子さんも小六なのですから、失敗しても自分で責任をとるべき
    年齢だと思います。少し、親も見守るといった体制をとりましょう。

    それから、お子さんにコンプレックスを持たせるような発言は
    しないこと。無意識に「何でできないの?」なんて、お子さんが
    不器用なことを責めたりはしていませんか?
    「自分は能力がない」と認識してしまった子供は自分から
    行動することはしなくなってしまいます。
    口うるさい親の子供は萎縮したり、ふて腐れたり、折角、持っている
    能力を発揮できないこともあります。
    今、出来ていることを最大限に誉めてあげることをしてあげて下さい。

    塾のことですが、折角、お金を出して通わせているのですから、もっと
    お子さんの能力に合わせて上手に対応して学習をすすめてくれるような
    所に替わられては如何でしょうか?

    ユーザーID:2456987227

  • 心を鬼にして

    ついつい「○○はやったの?」と声を掛けてしまいたくなる気持ち、分かります分かります。
    今のままの性格で大人になるかと言われると、それもまた定かではないですが、とりあえず心を鬼にして「何も言わない」を実践してはどうでしょう?
    それでたとえ忘れ物が増えたとしても、学校で注意されれば「こりゃいかん」と本人も思うでしょう。
    もし、宿題も言われなきゃしないようなら、明日から「言わない」。
    そうすると忘れて注意されるのは自分です。
    何度も親が「宿題やった?」と言うより、学校で1回怒られるほうが効果的だと思います。
    勉強は、塾の先生が言われるならそうなんだと思います。
    塾に行くのもいいですが、どういう教科、問題が得意で、どういうのが苦手なのかをトピ主も把握しておくことも大事だと思います。
    親子で取り組み、よくできたら「これがあなたの実力なのよ」と、できた時の喜びをしっかり味合わせておくことも大事かと思います。

    ユーザーID:9042844528

  • 皆様、レスありがとうございます

    元塾講師様、Reico様、れいれい様、我が家にも小学生あり様、ありがとうございます。こんな愚母、愚息に皆様ご心配くださり、うれしい限りです。悩みに悩んだせいか、皆様のご意見が浸透してきました。「何で出来ないの」はため息混じりに言っています・・・。「何回言っても解らないよね」・・・口癖です。その時はしょぼんとしていますが、数日後同じ失敗を繰り返す彼に、本当に念仏のように言い続けている言葉です。今、彼の自己評価は低くなっていると思います。

    「よく出来るようになったよ」などと声を掛けてはいましたが、それよりも先程の言葉の方がずっと使用頻度は高く・・・。もう何年もこんな状態だったので、本当に辛いのは私より彼だと皆様のお言葉で解ってきました。実は今年の夏水泳で彼は飛躍的に泳げるようになったにもかかわらずあまり嬉しそうではなかったので変だな、と思っておりました。私が「せっかく泳げるようになったんだから、習ったら?もっと泳げるよ」と、より上を求めたので「自分は認められていない」と感じ取っていたのですね。普段からこんな調子でつい彼を「もっと」とけしかけてしまうのが癖になっていたのです。

    ユーザーID:6975753673

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • トピ主さんのレスを読みましたが

    学習相談を受けられているのですね。
    「様子を見ましょう」とのアドバイスがあったとのことですが、
    それは、おそらく、お子さんはややグレーゾーンに属するかも
    知れないという判定をされた上での、一言であったように思われます。
    今一度、児童相談所や養護教育センターといったところに相談されて
    子供の心理発達の専門家の診断を受けてみては如何でしょうか?

    塾でも指摘されている学習への理解に著しく時間が掛かる点は、
    少々、学習障害等を疑ってみた方が良いのかも知れません。

    ユーザーID:2456987227

  • うちの次男と似ています。

    今 同じ年齢なので、アドバイスにはなりませんが・・・
    とても 次男に似ています。
    理解力はちょっと・・・ですが、とても優しく、生活力はぴか一です。

    我が家は、運動・勉強・美術・話術・・・・なんでも得意な兄貴がいます。 次男は生まれも小さく、病弱だった為、極力 気を使って育ててきました。
    生まれた時の性格に、私達が拍車を掛けてしまったのでしょう。
    怖がりで、失敗を恐れる、内弁慶君になりました。
    上の子と違うのは、やはり 「自信」ですね。
    自信がある子は、道の世界にでも飛び込んでいく勇気がありますが、自信がない子は、「石橋を叩いても渡らない」感じです。

    でもね。このごろ、本当に思うのは、次男は、人として良い悪いが分かって、他の人に優しくできる。日常の身の回りが ちゃんと自分でやれる。(凄い事だなぁ)と思っています。

    両極端の息子達を持って、本当に今は良かったと思っています。

    まず、誉める事が大切ですよ。叱られすぎてる子は 本当に自分に自信がない。世間が認めてくれない良いところを親が見つけてあげましょう。
    そこから 始まると思います。

    ユーザーID:5203320365

  • またまたレスありがとうございます

    れいれい様、ヤンチャ坊主母様、ありがとうございます。息子は小4時に学習相談をしました。検査の結果、学習障害があるとは思えない、しかし理解力(聞き取り、理解する力)が少し低い・・・なので様子を見ましょう、ということでした。会話ひとつとっても、かみくだいて、かみくだいて話して「わかった?」と念を押すのは当たり前で・・・「普通だったら自分で解る歳なのに」と思っていました。

    会話は生活の基本ですので、こちらの問いかけにトンチンカンな答えがかえってくると、正直疲れます。私の「あーあ・・・」という顔を見て、彼は自信を無くしたのでしょう。でも私はいつまでこうなんだろう・・と考えると気持ちが落ち込んでしまい、ますます苛立って彼を叱ってきました。「もっとしっかりしてよ」はいつも言っていました。

    でも私が苛立ちを感じて接している中、一方で彼は学校で委員を引き受けたり、友達が引き受けない掃除を自らやったり、塾で出来ないと騒ぐ友達に一緒にやろう、と声かけをしたり・・・私の思いも及ばないところで「しっかり」していたようです。だから「そんなこと出来るならもっと頑張れば」とさらに彼を責めていました。(続きます)

    ユーザーID:6975753673

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • さきほどのつづきです

    多分、生まれつき得手、不得手という面がはっきり現れている子なのではないかな、とこちらに投稿してから思うようになりました。ここ数日は「何で出来ないの」と言っていません。言いたくても「こうすればいいんじゃない?」に(ひきつっていますが)留めています。こうしていると自然に頭もクールダウンして「怒るだけじゃなく、工夫することを身につけさせよう」と考えるようになりました。

    例えば今までなら、宿題が机におきっぱなしになっていると「何でここにあるの、忘れてるじゃない!」と言っていたところを、「やった宿題はすぐ鞄にしまおうよ」に。「こうしたら良くなる」と具体的にアドバイスすることにしました。「何で出来ないの」は、はっきりいって厭味ですね。不得手な事は本人だってどこをどうしていいのか解らないはずだし、それを責めたって何も解決できませんよね。まずは彼の自信をとりもだすため、責めることをやめます。毎日厭味な態度をとり続けていたところを改善するところからはじめます。十分彼を傷つけてしまっていたので・・・。

    ユーザーID:6975753673

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • 気休めかもしれませんが、こんなこともあります。

    私の知人の話ですが小学校に行っている間は特殊学級でしたが中学から普通クラスになり、高校はどの程度進学校かはわかりませんが大学は文京区にある難関国立大にすすみ、博士課程を修了し今や一流企業の研究所に研究員として勤めている人がいます。あまりにも希なケースだと思うので、あまり詳しく書けないのですが実在する人物です。

    私はその話を聞いたときに「小さい頃から本当は頭がよすぎて、いろんなことがぐるぐる巡っちゃってフリーズしていたんだろうな。それが大人に理解されなかったんだろう。」と思いました。その話を知る人は皆そういった意見です。

    私は大人になったその人しか知りませんが、よく立ち止まってじーっと何かを考えているのを見ました。私が速いテンポで話していても、かみ砕いて解釈しているのがよくわかります。大きくなってもゆっくりは変わりません。でも学生時代に有名な雑誌に数報論文を出しています。

    私はすぐ動揺し慌ててしまうタイプなので、ゆっくりな人にあこがれます。せかせかしているよりもゆっくりと落ち着いた雰囲気になりたいです。

    お子さんも何かのきっかけで目覚めるといいですね。

    ユーザーID:7114572557

  • まるで自分のことのようで・・

    つい、出てきてしまいました。

    ほんとうに茫漠とした子供時代で、いつも白昼夢の中のようで「ぼけらー」としてました。
    おしっこさえも自分からは行けなくて、友達に「トイレにいきな」なんて
    言われてました。(教室でやっちゃったこと有り)
    家での生活も言われないと出来ない。言われても出来ない。お風呂場で服を脱ぎかけて
    気が付くと「ぼけー」の波に飲まれてるなんてことも何度もありました。

    そんな私も30代後半です。
    なんとか大人になりました。
    結婚もして子供も居ます。
    物作りが好きで、得意で(?)機械設計の仕事をしています。
    独学ですが、電気電子メーカーで図面を書いてますよ。
    今年からは念願の開発になりました。
    なんとか育児と仕事の両立を頑張ってます。

    大丈夫ですよ。
    「どろなわ娘」(泥棒を捕まえてから縄を作る)と母にあだ名されましたが
    充実した人生を送ってます。

    ユーザーID:1972771219

  • ノロイと決め付けず、ジックリタイプと評価してあげて

    お子さんは一見ブキッチョさんだったりノロイのかもしれません。しかし、委員を引き受けて頑張っているし、優しい性格のようですから、良いところもたくさんあるのでしょう。多分、自分が納得するのに時間がかかるジックリさんタイプではないのでしょうか。

    お子さんがそういう性格であるとすれば、それは貴重なことだと理解してその方向に伸ばしてあげるのが筋だと思います。「普段の生活」という効率の視点からおかぁさんが口うるさく云っても、多分効果はないでしょう。むしろそういう対応はお子さんをスポイルすることになるかもしれません。おおらかに見てあげましょう。

    昔からじっくりタイプの子供は、効率のしばりがある学校や塾では良い評価が与えられることが少ないのです。つまり、学校や塾の評価が絶対ではないのです。子供時代はトロかったと云われながら大きな仕事をした人はたくさんいます。

    ユーザーID:3561507617

  • (2度目です)明橋大二先生の本を読んでください。

    私には高校生の息子がいますが、いまだに母親として未熟な点があることは否めませんし、また「今からでも遅くないだろう。育てなおしがしたい」と省みることもしばしばです。
    私は手探りの子育ての最中にいろいろな本を読み、高名な先生の講演に行き、さまざまな指針を求めましたが、そのような中で『明橋大二先生』の著書には感銘を受け、あらゆる面で助けていただいたことも少なくありません。著書は『輝ける子』『翼ひろげる子』『思春期にがんばってる子』等があります。一読をぜひお奨めしたいです。
    愛するわが子のために良かれと信じる自分の子育てや、長年の価値観を変えることは容易いことではありませんが、自分が変わろうと努力をするおかあさま(=トピ主さま)なら、より良い親子関係が築けるのではないでしょうか。優しくて頑張り屋さんのお子さんにトピ主さまが育てたのです。いいかげんな子育てだったら優しい子になりませんよね。
    お子さんの良い芽はたくさんあるでしょう。どんどん伸ばしていってあげてほしいと思います。

    ユーザーID:9574954767

  • 私自身を例にしてみます

    私は幼少の頃からボーっとしていて
    意欲的・自ら進んでいく感が
    全くない幼児(全く手のかからない赤ん坊・幼児期だったそう)です。
    小学生になり、母が算数を教えてみても反応が遅い・理解力がない。
    こうだよ?と教えても、分からない。。とかなんで。。?などと
    理解できずに止まってしまっていたそう。
    母は本当に心配したそうです。
    中学にあがり、テストというものを前に自身で勉強してみることに。
    結果、学年一位。3年間トップの成績でした。
    勉強しなくてもパパっと解けてしまう天才肌ではないんです。
    例えば、一つの公式があれば、すんなり疑問に思わず暗記してしまうのではなく、その公式は何故成立するのか、それではどう応用できるのかなど、とにかく長い時間をかけて自分のペースで学ぶタイプだったんです。
    母も後になり、そういえば昔の理解のなさは、立ち止まって
    疑問視するために時間がかかり無言になっていたのかもね、と言っています。
    性格もいまだに会話で飲み込みが遅くワンテンポ遅れてしまうことが
    多いです。
    でも、何故かリードできる姉御肌タイプの親友が多いです。
    個性です!大丈夫!

    ユーザーID:5331961154

  • 皆様、レスありがとうございます

    通りすがり様、わたしだす様、いとさん様、Reico様、ゆう様、ありがとうございます。わたしだす様のお話は子供らしいというか、何かいいですね。私自身も小学校1,2年生頃は忘れ物がひどく、毎晩明日の持ち物をお友達の家に電話してきいていたことを思い出しました。子供の頃って毎日起こる事象に、ついていく事が精一杯だったと思います。長い休みの前後は特に授業が普段とは変わるので、よく周囲に確かめていましたね。混沌としていて流れ(学校行事の)が掴めないまま、一年が過ぎ、また繰り返し、なんだかよくわからない、と過ごしていた時期が何年かありました。彼はそういうあいまいな時間の中にいるのかな。だから「言われたこと」や、「自分が理解している活動」ではしっかりこなせるけれど、全体的にはよくわかっていないのかもしれません。聞いた話なのですが、男性と女性の性差が縮まるのは20歳ぐらいだそうで・・。うちみたいにおくて君はそれまで待たないとダメかな、と腹をくくりました。「ぼけらー」としている時間のなかで彼が自己否定せず、ゆっくり育っていけるためにも口煩くせず、見守る事が大事ですね。(頭では冷静です)(つづきます)

    ユーザーID:6975753673

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • さきほどのつづきです

    明橋先生の本はまだ読んだ事がありません。新聞で広告を見たときに気にはなっていましたがそのままでしたので、これを機会に読んでみます。
    彼が自分の好きな分野で伸びていってくれることを切に望んでいます。反面、私がその芽を摘み取ってしまいそうで本当に何年も悩んでいました。ようやく最近「先は解らないけれど、とにかく彼のとなりにいよう」と思えるようになりました。

    Reico様は彼の優しい性格は、私が育てたとおっしゃってくださいましたが、私は彼自身の素質だと思っています。到底、今の私には教えられるものではないので・・。私から生まれたのだけど、私とは別個の人で、育ててはいるのだけれど、独りでたっている人間。(うまく説明できなくてすみません)「くるむ、つつむ」という感覚より、となりにいるという感覚でいたいと思っています。親だから、年長者だからと傲慢にならずに、すなおに彼を尊敬したいです。

    ユーザーID:6975753673

  • トピ主のコメント(6件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧