頭が働きません

レス12
(トピ主5
お気に入り22

心や体の悩み

りら

ずっと以前から自分は普通でないと感じていました。最近、頭の働きが鈍いと分かりました。事柄にもよりますが、人の話を理解しづらくぱっとすぐ反応できません。的はずれな言動を返していたりすると思うと人と会話するのもおっかなびっくりです。
ドラマや演劇などを鑑賞しても人とあまりにも異なった捉え方をしているのを感じると自己嫌悪です。もう一歩踏み込んだ察知力がないようです。
幼い頃から考えることが苦手で頭を使わず感覚で来たのも一因かも知れません。頭の悪さを痛感します。自分に関心のないことはつい遠ざけてしまってたこともあると思います。アドバイスをお願い致します。

ユーザーID:3123236088

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数12

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 鈍感力

    今年の夏ごろだったか忘れましたが、渡辺伸一さんという作家さんが出された「鈍感力」という本が話題になりました。

    内容を大雑把に僕なりに解釈すると、「今の世の中、頭の回転が速い人や神経が過敏な人は生き難い。反対に鈍感な人、無神経な人、神経が図太い人のほうが生きやすい。」というものです。

    例えば賞味期限が過ぎていても平気で食べて、ケロッとおなかも壊さない人や、貧乏ゆすりを見ても気にならない人が勝ちだということです。

    僕はこの本を読んで、なるほどと思いました。

    因みに僕は会社で上役に「のんき者」とか「鈍くさい」とか「気が走っていない」と言われながら定年まで勤め上げましたが、後輩の上司からは「あなたのような図太い人が病気しないで最後まで生き残れますね。」としみじみ言われたことがありました。

    りらさんがこの本に書かれているような人かどうかは分かりませんが、もしまだお読みになってなければ一度是非読んでみてください。

    ユーザーID:5562498548

  • そこまでわかっているならばー

    考え方の幅を広げる方法としては、他の人と本や映画の感想を話し合ってみるというのもいいですよ。
    ただ、あまりにも基本的なことを見落としていると、相手が面倒くさがってきちんと説明してくれないこともあります。

    そこで、とりあえずはセルフトレーニングしましょう。
    同じ映画を何回も見るというのもいい方法です。
    最近のはつくりが簡単ですが、ちょっと古めのだと複線がいろいろあるので、このシーンでこう言ったのはあのためか、とか気が付くようになり、そのうち最初から気づくようになります。

    あとは、一人ブレーンストーミング。
    話題は何でもいいです。
    そうしたら、その話題に対する(極端な)感想を考えます。
    次に自分の感想に対する(極端な)反論を考えます。
    次に、最初の感想と反論とでどちらが正しいか、頭の中で議論してみます。反論の方は屁理屈でいいので考えてみましょう。

    次に、仲介する人をだしてみて、落しどころを考えます。
    これで終わりにしてもいいのですが、全く別の視点の人を出して引っ掻き回してもいいです。

    まあ、4,5人頭の中で議論させれば、大概のことはいろんな視点から見れるようになります。

    ユーザーID:2338965844

  • 悲観しなくても・・・

    ごめんなさい、できれば年齢をうかがってもいいですか?

    年齢的なものなのか、
    別の要因なのかわからないので。

    世の中おっとりしたかたもいらっしゃいます。
    ちょっとぬけてるわね、といわれながらも
    友達の人気者という人もいます。

    別の魅力があるのなら、
    明るく生きてください。
    それほど悲観することじゃないかも
    しれませんよ。
    だって他のかたのレスのように、
    ちょっと勉強、工夫すれば
    頭って使えるようになりますもん。

    楽しみながらがんばってください。
    できないことを悲観するより
    ちょっとできたことを
    ご自分でほめてみてください。

    ユーザーID:0530254641

  • みなさま、ありがとうございます。

    暖かなお言葉や参考になるご意見、嬉しく読ませて頂きました。本当にありがとうございます。
    「気がきかない男さま」、おっしゃる通りあまり気に病まぬように「のほほん力」でいこうと思います。
    「ボンドさま」一人ブレーンストーミング、面白いですね。教えて頂きありがとうございます。早速実行しております。まだ鋭いつっこみは出来ずにいますが、楽しめますv
    「momoさま」 わたくしは43歳でございます。この年になると過去の知識や習慣が結果としてでてきます。他の人と比べては「自分は出来ない」という落ち込みが原因かも知れません。
    が、仰るとおり、人と比べるのでなく自分が少しでも前進すればいいですよね。他人に及ばずとも自分なりに前向きに取り組みたいと思います。
    皆さま、本当にありがとうございます。少しずつがんばります。

    ユーザーID:3123236088

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • momoです〜

    りらさん〜 
    なんと同い年じゃないですかぁ〜

    私も時々不安になることあります。
    だからたくさん本、読んでますよ。
    最近は、自己啓発的なものが多いです。

    まだまだがんばればいくらでも脳は
    働くんだと、自己暗示。
    できないのはできるまでやらないから…だ、とか
    読んでいて『おぉ!もしかして自分も
    まだまだできるかも!』と発奮させながら
    日々、努力してます。

    5年後、10年後の自分を想像した時
    やっぱりまったくかわっていない自分しか
    いないと思うと淋しいじゃないですか。
    だから結構 『無理かも』と思うことを
    自分に課していますよ。

    りらさん、
    りらさんの文章を読んでいるととても
    しっかりしてらっしゃるし、前向きな姿勢も
    感じます。
    前向きでない人がこんなトピ立てませんよ。
    ね?

    お互いがんばりましょう!
    だってまだまだ43歳だもの〜

    ユーザーID:0530254641

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • よく似ています

    もっと昔から、TVドラマや映画・ニュースなどをよく観てたらよかったと思っています。
    そして、興味がある事以外は自然と遠ざけてしまっていました。
    学校の考査でもそう。
    興味がある物ばかりよく勉強をし、100点取れて通知表で10も取れた。それはいいのですが、あまり興味の無い科目では、赤点で追試(0点も経験あり。)。
    波がある成績でした。
    私も難しい事を考えたり、頭を使って何かをする作業がとても苦手です。仕事をしていてもそう思います。よく「もっと想像力を働かせて仕事をしろ。」と言われたりします。
    1を聞いて10を知る。それも私には欠けている点だと思います。
    よく似ていて、人事とは思えなくて、レス致しました。

    ユーザーID:5049882301

  • momoさん、ありがとうございます。

    こんにちは。momoさん、わ〜、同い年なのですか!
    お言葉を読ませて頂き、ハッとしました。
    本を沢山読んでおられ、「ちょっと難しいかな」と言うことも挑戦してみる、ここに私がずうっと今まで迷ってきた答えがありました。
    実は今まで難しいと思うことは避けて通ってきました。

    momoさんは私と同じように不安があっても、行動を起こしておられます。そこに私自身、大きな答えを得ることができました。
    今まで「このままでいい。上手くいきっこない」と非常に消極的でしたが、それは努力して失敗するのがいやだったから動かなかったのだと思います。
    私だって、本当は数年後、もっともっと素敵になっていたい。
    それなら失敗しても、時間はかかってもそれに向かって努力しようと思いました。

    皆様から教えていただいたことを参考に、早速小さな事から始めております。字を綺麗にかきたいと思ったら本の1ページをよぉく見て写し書くとか、子供の算数問題集を借りて解いてみて、頭の活性化を図るとか。

    数年後の自分のために、少しずつがんばろうと思いました。
    本当にありがとうございましたv

    ユーザーID:3123236088

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • 迫さまへ

    迫さま、こんにちは。レスを読ませて頂き、私と一緒だ〜、と思いました。得意科目と不得意科目は、そのものズバリ同じです。
    イヤなものはイヤ、とまず初めに思うのでしょうか。
    私の場合、やりたくないことはしない、が生き方の基本でした。
    最近ようやく、それではいけないなあ、と思い始めております…。

    私自身は二面性があるのか、きっちりしたい自分とそうでない自分。
    前者を優先すると息がつまるし、後者を優先するとだらだらしてしまったと自己嫌悪…。
    最近、少しだけきちっとするように心がけております。

    こちらの皆様から頂いたお言葉もあるのですが、先日なんとも美しいおばあさまに出会ったのです。ゆきずりの人で時間を訊かれただけなのですが、ああ、数十年後、こんな風に年をとりたいなと思わせられる人でした。少しでも近づきたいとその時思いました。

    未来への目標とか、あこがれの人に近づきたいとかを決めたら結構がんばれるのかも。

    それとこちらで「鈍感力」の本の紹介を頂きましたが、なるほどと思いました。つまらないことは気にせず、自分のために軽やかに前進すべくお互いがんばりましょうv

    ユーザーID:3123236088

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • モーム

    サマセット・モームの『月と六ペンス』の中に「毎日自分の嫌いなことを二つするのは、魂のためにはいい」と言う言葉があります。

    好きなことだけしていると、意外と行き詰ってしまいます。
    とはいえ、嫌いなことばかりしていても、疲れてしまいます。

    一日に二つくらい、ちょっと面倒だなと思えることをやってしまうのは、いいものですよ。

    それと、苦手意識に対する対策を書いておきます。
    どんなことでもいいんですが、挑戦する前に「これは簡単だー!」と思いましょう。それだけで相当違います。
    有名な海外の数学者さんが実践している方法です。

    例えば、数学の難しい問題がありますよね。誰も解決できなくてずっと経っている問題でも、誰かが解くと別の解答がたくさん出てきます。世の中の数学自体のレベルが進歩したと言うのもあるんですが、それ以上に誰かが解いて、解けるってわかってると、「それなら俺にも!」ってリラックスできるのも重要だったりします。

    不得意科目というのは、自分の思い込みが作りあげている場合があります。それってもったいないですので、まずは「簡単だー!」「面白そうだー!」と思い込んで、向き合ってみましょう。

    ユーザーID:2338965844

  • ぼんどさま、ありがとうございますv

    ぼんどさま、こんばんは。お言葉ありがとうございます。読ませて頂き、目から鱗でした。
    一日に二つぐらい面倒なことを頑張ってみる、それと「これは簡単だ〜」と思うこと。特に後者には感動さえ覚えます。
    今まで私はその逆で、「難しそう、出来ないわ、きっと出来ない」と思っていました。うまく出来たり褒められたりすると「おかしい、出来ないのが私なのに」なんて思ってしまうほど、自分は出来ない、と自分自身をはめ込んでいたことに気づきました。努力して得られる「可能」よりやってみて失敗したことに対して「ほらやっぱり」という妙な安心感にも似たものを感じていました。上手くいく方が数段いいのに変ですね。

    最近、少しだけ「出来るようになっていくこと」が自分にも可能なのだと思えるようになりました。それとあれほど嫌だった数学にチャレンジしたくなりました。仕事(事務です)があるので思うように時間が取れませんが、少しずつ小五ぐらいの問題から始めたいです。このごろ字がちょっとだけ綺麗に書けるようになってきました。
    建設的なアドバイス、本当にありがとうございます。今からでも遅くないと思います。がんばりますね。

    ユーザーID:3123236088

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • 数学をするなら

    数学の勉強を始められたとか、頑張ってくださいね。
    数学の楽しさを味わって欲しいと思いますが、学校の数学を勉強すると楽しくないかもしれません。

    今は絶版になってしまいましたが、矢野 健太郎先生が新潮文庫から出されていた数学についてのシリーズを読むと、数学の歴史とか数学者の話とかが、大変に面白く書かれています。

    矢野先生の本では、講談社現代新書の「数学の考え方」、角川ソフィア文庫の「数学物語」は売られていますので、読んでみてはと思います。

    また、内容的にちょっと高度なところもありますが、そこは飛ばし読みするとして、新潮文庫の「フェルマーの最終定理」サイモン シンは、数学の楽しさの伝わってくる良書です。

    ユーザーID:2338965844

  • 未知の世界ですねv

    ボンドさま、こんばんは。数学に関する書物のご紹介をありがとうございます。「数学物語」、ネットで検索をしてみました。数学の世界を興味深く覗けそうで、是非読んでみたく思います。
    最近、小五の円の問題をやっておりますが、分かっているつもりでもあやふやだったり詰めが甘かったりして間違ってしまいます(^_^;)
    学校を出て以来、こういう勉強から遠のいていたので新鮮です。

    と、同時に改めて数学の大切さを身に染みて感じています。
    国語や英語などと違い、答えが一つで曖昧さが許されないだけに、筋道を立てて考えることで自己を確立していく側面があることに気づきました。今まで算数、数学が苦手、というより、私の自己そのものが、ぐらついていたので理解しようとしなかったのかも知れません。

    絵や音楽は一つの作品でも賛否両論があり、終わりがない故に苦しみもありますが、数学は方法さえ間違わねば誰がやっても平等に正解に到達できる、そこが今では心強く感じます。
    まだまだほんの入り口で、遅いスタートですが、算数から入って、新しい世界を知りたいと思います。貴重なアドバイス、どうもありがとうございます。

    ユーザーID:3123236088

  • トピ主のコメント(5件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧