2ヶ所に通院て・・・

レス11
(トピ主3
お気に入り8

心や体の悩み

イタタ

こんにちは!
左肩の痛みに悩まされ、接骨院へ行っています。四十肩らしいのです。
以前ほかの総合病院でレントゲンを撮り、骨に異常は無いとのことですが痛みが尋常でないのでセカンドオピニオンを受けたく、開業している整形外科へ行こうと思いました。
そこで以前接骨院で言われたことを思い出しました。
「同じ箇所で2ヶ所通院は出来ません」って。

整形外科は2ヶ所かかっても良いとか、接骨院と同時がダメだとか?これは医療機関ではない接骨院が関わってくるかららしいのですが、賢い患者として医療機関を選択するのにいくつか受診してみて決めたいのですがどうすればいいのでしょうか。やっぱり自分の体ですから。

詳細をご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただけますでしょうか。宜しくお願いします。

ユーザーID:0888431335

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数11

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ええッ〜

    そんな事ないと思いますよ。
    実際に接骨院でよくならなかった患者さんが整形外科に受診に来ますし。
    もし同じ箇所の診察で通院出来ないんだったら、セカンドオピニオンなんて存在してないと思いませんか?
    恐らく、その接骨院は病院に患者さんを取られたくないんだと思います。
    痛みが尋常でないなら、早めにちゃんと医師に診てもらったほうがいいですよ。

    ユーザーID:7063373427

  • 再レスすみません

    トピ主さん補足です。
    通院について聞かれていたんですね。勝手に診察についてだと思い込んでしまいました・・・
    接骨院と病院、同時に2箇所の通院は出来ません。が、整形外科で診察を受けることは可能です。
    痛みが尋常でないのでしたら注射や投薬治療が可能である病院を受診してみて、どちらか選択してみたらいかがでしょうか。
    言葉が足りなくて申し訳ありませんでした。

    ユーザーID:7063373427

  • 健康保険は使えません

    以前医療事務をしていました。保険診療についての解釈が年々変化するので、若干自信がありませんがおおよそ以下の解釈になるかと思います。

    セカンドオピニオンのために他の医療機関を受診することは、患者の当然の権利であって自由です。しかし、セカンドオピニオンは診療ではなく相談だとされているので、健康保険を使うことはできません。
    また、複数の医療機関から同一疾病で診療報酬を健康保険に請求する事も、原則としてできません(一方の医療機関がもう一方の医療機関に請求し、それを統合して請求することができるが、実際そのような事は行わない)。
    相互の医療機関の連携がないまま、複数の医療機関で治療を受けることが患者にとって危険だということは言うまでもありません。

    ユーザーID:4749998988

  • アップルさんありがとうございます

    トピ主です、アップルさんレスありがとうございます!

    やっぱりダメなんですね。

    でもおかしいですよね。整形外科で医薬品の投与や医療行為を受けて、接骨院で体をほぐしてほしいんです(涙)診療行為の主体が違うのに・・・。

    これはやっぱり保険請求で却下される恐れがあるってことでしょうか。
    きっと自費ならいいんでしょうね。

    月を変えたり期間を微妙にずらしてかかれば問題ないのでしょうか。

    ユーザーID:0888431335

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 健康保険には色々制限があります

    こんにちは。

    以前、歯医者で同じコトを言われました。
    当時、矯正で通院してる歯科があり、たまたま虫歯が見つかって
    治療をしていました。

    同じ月に他の歯科で歯周病の治療を受けたら「他の歯科にも掛かって
    いますか?そうすると同じ月に同じ科で治療を受けると保険組合から
    問い合わせが入り、結果保険が使えない場合もあることをご了承下さ
    い」と言われました。

    >恐らく、その接骨院は病院に患者さんを取られたくないんだと思います。

    アップルさんの↑コレは違うと思いますよ。
    接骨院は病院ではないので保険診療にも色々と制約があります。
    その一つにそういうことがはいっているんだと思いますが。医療機関
    よりも厳しく制限があります。

    私なら整形外科で撮ったレントゲンを持って接骨院に行きます。
    そして気長に治療をしてみてダメなら整形外科ではなく、ペイン
    クリニックに行くと思います。

    夫が接骨院勤務なので...。

    ユーザーID:6763703907

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • それならば

    整体とかカイロプラクティックに行くという手もあるかな。
    アメリカなどでは医療機関として認められているようです。

    ユーザーID:2976515031

  • たぶん…。

    通院というのは診察ですか?それともリハビリ?
    たぶん診察は○でリハビリは×だと思います。

    私も長年の頚椎性で整形外科と接骨院にお世話になりましたが、そのような事を言われました。
    保険の関係で…と言ってたと思います。

    ユーザーID:3780605853

  • かぼちんさんありがとうございます

    (前レスはかぼちんさんのレスに間に合いませんでした)
    保険が使えないんですね、やっぱり。

    しかもセカンドオピニオンで利用できないなんて初耳でした。気をつけます。

    ありがとうございます!

    ユーザーID:0888431335

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 大前提として

    肝心なことを抜かしてしまいました。
    柔道整復師が健康保険で治療できるのは、骨折・不全骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷だけです。四十肩(肩関節周囲炎)は保険診療の対象ではありません。きっと接骨院では違う病名をつけて、不正請求しているのでしょうね。残念ながら健康保険法と、多くの接骨院の現状です。

    トピ主さんには不本意でしょうが、一度設備の整った整形外科できちんと診断してもらい、そこで保険治療を受ける。主治医の了解を得られたら接骨院には自費で通うのがベターということになるでしょうか。

    お大事に。

    ユーザーID:4749998988

  • ドクターショッピングの防止

    >でもおかしいですよね。整形外科で医薬品の投与や医療行為を受けて、接骨院で体をほぐしてほしいんです(涙)診療行為の主体が違うのに・・・。

    そうです。
    診療行為の主体が違うので
    医療保険の圧迫などにより
    医師が診断を付け診療を行う行為と
    柔道整復師が行う診療は基本、分けて考えられています。
    なので
    (全国レベルなのか都道府県レベルなのか知りませんが)
    医師の病名診断により
    柔道整復師が行う診療行為が治療に必要と認められれば
    医療保険が効きます。

    もし、本当に四十肩(五十肩ともいう)であれば
    >体をほぐす
    ことは西洋医学的に四十肩の治療とは無関係です。
    柔道整復師の方が詳しく
    肩周囲を理学療法的に動かしているなら
    同じ事をしていると言えますが
    四十肩なのに肩首腕以外も行っているならおかしいです。

    保険請求で却下されるのは、
    皆が収めている税金を無駄に使わない為でもあります。

    以前整形で診ているなら
    もう一度行って経緯を話し治らないと言えばいいのです。
    四十肩なら半年や1年かかると言われるかもしれませんが。

    ユーザーID:7865728146

  • レスありがとうございます

    たまごさん、かたこりさん、gumiさん、医療従事者の端さん、レスありがとうございます。

    通院(受診)は自費ならば問題ないけれど「保険」が関わってくると保険組合の規定に沿わない保険適用は認められないということなんですね。

    保険請求を直接行うのは病院や接骨院なので、この患者さん、他で受診していないかな?保険適用は大丈夫かな?という視点が働くんですね。
    (不正請求をしているかどうかはまた別として)

    肩の激痛が始まってから一ヶ月ほど経ちまして、おかげさまで痛みに起きてしまうことはなくなりました。しばらく様子を見て、まだ痛むようなら整形外科をもう一度受診します。そして経過説明することにします。

    皆さんありがとうございました!

    ユーザーID:0888431335

  • トピ主のコメント(3件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧