ごめんなさい。骨髄提供できません。

レス249
(トピ主0
お気に入り151

家族・友人・人間関係

私は偽善者です。

レス

レス数249

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
先頭へ 前へ
121150 / 249
次へ 最後尾へ
  • 気持ちがあればまた登録することもできます

    登録するには家族同意は必要ないのですが、いざ提供となると家族同意必須です。
    http://www.jmdp.or.jp/reg/chance/index.html

    トピ主さんに来た案内は「ドナー候補者のお知らせ」。他に4人候補がいるかもしれません。断った場合、別の1人が候補に上がるかもしれない。
    そういう段階です。その後、何度も骨髄バンクの担当者から家族同意について確認されます。健康状態を確認して後、正式にドナーとして選ばれるかどうかわかります。最終同意面談(家族共)で署名捺印した後は断れません。患者が前処置に入った後での撤回は患者の死を意味するからです。骨髄移植は患者にとって生死をかけた治療です。候補のお知らせが来た段階で自分の状況から本当に提供できるかどうか考えてそして決断したのですから誰もあなたを責められません。

    登録できるようになったらまた考えてみたらどうでしょうか。バンクを介した提供は8,811例。世界中で10万例以上行われている手術です。日本の骨髄バンクでの死亡例はありませんが世界では4例(うち1例が日本)あります。

    ユーザーID:8543212553

  • 気持ちは分かりますが…

    トピ主様のお気持ちはトピを読み私自身も共感する部分があり、分かりますがドナーを毎日待ち続ける友人を持つ私の立場から言うと登録する時になぜ今のような気持ちになる場合のことを考えられなかったのかという事が疑問となっております。また、このような人の「命」に関する話題。誰かに相談したいという気持ちはよく分かります。でも嘆きたくなるのは日々健康で生活出来ている私達ではなく実際ドナーを待っている方々ではないでしょうか。もし、トピ主様がドナーとして協力出来なかった事に対し悔やむ気持ちがあるのでしたら偽善者という言葉は間違っているのではないでしょうか。

    ユーザーID:6788722490

  • 攻撃的な意見の方

    このトピを見て、これから登録しようと思ってた人が登録を思い直したりしたら、
    その方がずっと酷いと思いますよ。
    私は死後(心停止後)の臓器提供は了承してカードを携帯してますが、
    骨髄バンクには登録していませんし、脳死提供も考えていません。
    どちらもシステムや安全性に疑問を持っているからです。
    実際に骨髄提供の際に亡くなってる方もいるんですよ。
    それが何千分の一の確率だとしても、不安になるのは当たり前です。
    それを鬼の首を取ったように責められるならば、
    登録する人なんかいなくなりますよ。
    少なくとも私はこのトピを見て
    「やはり登録は見合わせて正解」
    と思いましたもの。

    ユーザーID:0330721639

  • 断るのはごく普通のことです 〜その1

     骨髄移植の提供者として思わず一言・・・。
    今年、骨髄を提供しました。
    登録から、10年たってからです。

    幸い、家族も職場も理解を得られ、無事に提供することが出来ました。
    相手からのお礼の手紙(もちろん、匿名です。)をいただいたときは、感動して、涙が止まりませんでした。
    その中で知ったことですが、やはり、骨髄移植は血縁者間の移植の割合が高いとの事。
    また、どなたかのレスにもありましたが、事前・事後の検査(家族の同意を取ることも含めて)が何度もあり、その度に仕事を休まなければならず、提供するほうも大変です。

    トピ主さんは、登録するだけで、充分立派です。
    今後、周りの状況が変わり、提供できるようになることもあるかもしれませんから。

    参考までに、手術は全身麻酔をして行われるので(昔は局部麻酔だったそうですが)痛みは基本的にありません。
    また、よく勘違いをされますが、別に背骨に針を刺すわけじゃなく、腰骨に刺すのですから、そう簡単に半身不随にはなりません。
    (世界中で、死亡事故は数例です。)

    ユーザーID:3431272533

  • 親の言葉にあやはない(1)

    私は数年前に、骨髄を提供しました。
    私の母親は、癌で亡くなりました。母の癌は抗癌剤が全く効かないタイプ
    で、ただただ痛みを取る治療のみが行なわれるだけで、どうしてあげる事も出来ず、日々苦しみ衰弱して行く母を見守る事でしか出来ませんでした。

    母の死後、ドナーの登録をしました。母には何の有効な治療を受けさせてあげる
    事が出来なかったけれど、もし私の骨髄で誰かが助ける事が出来るのならばとの
    想いからでした。

    ですから、HLAの型が一致した時、最初、兄弟の反対に会いましたが、最終同意
    してくれて骨髄提供をしました。

    しかし、実際に骨髄提供して始めて分かる事は、知らないと言う事は、無謀だと言う事です。

    まず、ドナーになる前に、バンクの方から説明用の冊子が配布され、専属のコーディネター、医師から説明がされるのですが、都合の悪い事、本当に大事な事、は一切記載されてません。

    例えば、入院期間は早い人で2日、社会復帰に要した期間は平均何日
    、多少痛みが残る、、とか。アリキタリの事ばかり。

    私の場合、2日で退院しましたが、体調が万全ではありませんでした。

    ユーザーID:1361008631

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 気にしないで!

    気にすることはありません。先に進んだとしても他の候補者に決まり提供に至らなかったかもしれません。

    私も今年、登録後十年以上たって初めて候補者に、しかも二回なりましたが、いずれも「患者さんの理由」で中止になりました。詳細は教えてもらえませんが、他の候補者が提供者に決まった可能性もあるそうです。

    私の場合は、母が子供の時に姉を白血病で亡くしたこともあり両親の理解は一応得ていました。残念なのは、骨髄移植の実態をよく知らずに家族の骨髄提供に同意しなかったり、登録を躊躇する人が多いと思われることです。

    私は今年候補者として病院で詳細な説明を受け、骨髄移植がいかに安全かを十分理解することができました(詳しくは骨髄バンクのHP)。

    私は献血を二十年以上続けていますが、伯母から「献血をしすぎると失明する」から止めるよう忠告されたことがあります。誰かから聞いただけらしく何の根拠もありません。半年前に眼に違和感を覚えて眼科に行った際(心配不要との診断)、母が伯母の言葉を思い出して心配するので、念のため日赤に確認しました。

    同様の誤解が骨髄移植にも結構あるような気がします。

    ユーザーID:9801744731

  • 親の言葉にあだは無い。(2)

    自宅で2日横になっていましたが、仕事を休む訳にも
    行かず無理をして出勤しました。

    私の場合、入院2日、社会復帰4日と言う統計データに含まれる事になりますが、
    実際は、骨髄提供御、さまざまな後遺症に苦しみました。体中に発疹が現れたり、痔になり出血したり、骨髄を採取した骨が盛り上がったり、、体調が元に
    戻るのに1年は掛かりました。その間、医者に相談しようにも、骨髄を採取した病院は遠くそうそう会社を休んで行けませんので、結局、夕方近くの医院で診てもらうので、全て自己負担でした。

    又専属のコーデイネ-ターは、採取後,暫らくは、体調を聞きに電話をくれてましたが、出勤出来てると言う事で、コーディネートを打ち切りたいのが見え見えでした。 採取3ケ月くらいに、健康診断が有り、その後は、何のフォローも一切有りませんでした。もちろん、1年後、3年後、5年後、、とかに、ドナーの健康追跡調査なども全く有りません。

    これで,良く骨髄採取はドナーの健康に問題が無いなどと言えるのか不思議です。残念ですが、これが実体で、日本のドナー制度は完全な物とは言い難く改善すべき余地が残されてます。

    ユーザーID:1361008631

  • 私が登録したのは

    私は5年ほど前に骨髄バンクに登録しました。
    登録した理由は、テレビで白血病が骨髄移植で助かったのを放送していました。
    それを見てて、自分の子供が白血病になったら・・・って考えたんですね

    自分の子供は白血病になったら・・・なんとしても助けたい
    もし、骨髄移植が必要とあればしてもらいたい
    と、思ったんです
    それで、まず自分が骨髄バンクに登録しました

    リスクやなんやらって反対ばかりする人に聞きたいです
    あなたは、自分の最愛の人が白血病で骨髄移植が必要になったら
    どうしますか?
    自分は人にはあげれないけど、人から貰うのは全然平気ですか?
    それで心が痛まないほうが不思議です

    ユーザーID:5087392686

  • 全く問題ないと思います

     通常2〜3次の検査を経てドナーになる様で、私の妻に2度ほど連絡有り、病院での検査も2次までは行った事がありましたが、最終的には骨髄提供する事はありませんでした。たとえ提供の強い意志があっても、実際に提供できるまでは数々の検査をクリアしなければならないようです。
     骨髄バンクを理解している人であれば、あなたの様な状況が発生する事も十分に理解していますので、将来再度提供の依頼があった際にどのような対応をするのか決めておけば良い事です。

    ユーザーID:5371624150

  • やり切れない思いです

    読んですごく腹が立ちました。
    どんな思いで患者が待っているのか、
    やっと光が見えたと思ったら、断られ・・・。
    中途半端な思いで登録なんてしないで!
    まったく偽善者だと思います。
    身内に白血病患者を持つものとして
    許せない思いです。
    なぜ登録したのですか?
    患者は移植しか助かる道は残っていないのです。
    それをどんなに待ち望んでいるのか、
    想像できますか?
    本人はもとより、その家族もどんな思いで
    待っているか。

    目の前で、あなたと同じような断り方をされた
    患児を見ています。患者は大人だけではなく
    子供もいるのです。
    移植しかないのです。

    中途半端な気持ちで登録なんてしないで。
    こんなところにそんな告白なんてしないで。
    許せない思いでいっぱいです。
    悔しいです。

    ユーザーID:1877606384

  • 少年

    以前、白血病で闘病を続ける少年の話を、テレビで見ました。
    ひとり親家庭で、下には妹がいました。
    ドナーも一時は見つかったのですが、断られてしまい、結局その少年は亡くなってしまいました。
    食事も、「食べさせろ!」と、怒りながらも、食べられない状態だとわかっていて、とても切なかったです。

    今でも、その少年の顔が忘れられないし、あれ以来、骨髄移植が気になっていました。
    でも、献血とは違い、気軽にはドナーになりにくいですよね。
    正直、このトピを見て、ますます怖くなりました。
    とても、勉強にもなっていますが。

    ドナーになられる方には、頭が下がる思いです。
    私は、リスクや痛みが怖いです。

    ただ、テレビを見て泣くだけしかできない、自分が情けないです。
    まだ、登録もしていないので、登録だけでもする事もできますが、それだけでも勇気がいりますね。
    トピ主さんは、頑張られたと思いますよ。
    結局、私はまだ迷っています。

    ユーザーID:3252747080

  • 提供者側で亡くなった知人が居るという人が居ますが

    日本での骨髄移植の死亡事故は、平成2年に血縁者間での移植で局部麻酔のトラブルから呼吸停止して亡くなった1例のみ。

    同じく平成2年に設立された骨髄バンクを通しての移植で死亡した例は無いそうです。

    ユーザーID:2403047201

  • 偽善者じゃないとは思うけど・・・

    トピ主さんは登録した際、移植の連絡があった場合提供しようという意志はあったんですよね?
    そして今回連絡があっても検査を受けて移植になったら提供する意志もあったと思います。
    家族の反対で残念な結果にはなりましたが再度移植について家族と考える時間ができてよかったのではないでしょうか?
    ただ、今後も反対を受けるようであれば登録を解除した方がいいのかなと思います。

    うちは夫が登録してます。
    「適合したので検査をしたい」という連絡が2度ありました。
    1度目は相手(患者さん)の都合で中止になったようで検査もありませんでした。
    2度目は連絡後検査を2度しましたが移植するための基準にあわず移植には至りませんでした。
    普段献血では一切問題無く全血・成分献血ができるのでかなり厳しい基準なんだろうなと思いました。
    連絡があって夫とも話しましたが「正直怖いけど人のためにできることなんて本当に少ないからチャンスがあればやりたいと思う」と言ってました。
    リスクがあるのも確かですが夫の意志も尊重してあげたくて私はOKを出しました。

    ユーザーID:9784966725

  • 立派です

    貴方は立派です。
    誰からも自らも攻められることはありません。

    登録自体立派です。
    親の言うことを聞いたのも立派です。

    すべての条件がそろったときに無償の奉仕ができるのです。

    無償の奉仕ができない貴方は偽善者だ、と主張する人こそ、他人の好意を自らの権利と主張する狭量な偽善者に見えてしまいます。

    ユーザーID:2888736337

  • なんだか吐きそうです

    私はトピ主さんの事を偽善者だと決め付けはできません
    ただ、このトピックを拝見して先ず一番に思ったことは・・・

    白血病という重い病気と闘い、生きるか死ぬかという絶望に似たつらい毎日を
    世間と隔離された病室で闘っている患者さんの命が、もうすぐ
    尽きてしまうのかもしれない・・・とても悲しいということ。

    トピ主さんを責めるのは良くないでしょうが

    「ねえ、皆聞いて!私のせいで人が一人死んじゃうかもしんないんだよ〜」
    「だって親が反対するし注射も痛いみたいだし最悪死ぬかもしれないし」
    「罪悪感は残るよねえ、でも私って偽善者じゃないよね、そうだよねみんな〜」

    そんな心の声が聞こえてきて、たまらなく醜いものを見てしまったような気がして
    とても嫌な気分になりました。患者さんは壮絶な死と闘っているのですから
    せめて・・・あなたには罪悪感と真正面から戦ってほしかった。
    こんな公共の掲示板を使ってまで言うことなの?

    純粋な善意とはいえ最終的に患者さんの心を傷つけ弄ぶ結果になるなら
    最初から登録なんてしないでほしいと思いました。きついこと言ってごめんなさい。

    ユーザーID:2297223827

  • 予想される未来

    骨髄移植を待っていたということはその方はそれしか助かる見込みが無いということでしょうね。
    ドナーが見つかる確率から考えると、他のドナーが見つかることは極めて希望が薄いでしょう。

    とすれば、その方がどういう結果になるかは容易に想像がつくはず。

    私も骨髄バンクに登録していますが、どうして私に回ってこなかったのか歯がゆいばかりです。

    ユーザーID:1484312224

  • ここ読むと登録するのが恐ろしくなりますね

    ここでトピ主さんをたたくレスを読んでいると、
    手術の怖さ以上に登録するのが恐ろしくなりますね。
    一度登録したら、何が何でも実行しないと
    こんなに世間にたたかれるとは恐ろしいものです。

    登録するときは、本当にするつもりだった。
    それはどなたも間違いないでしょう
    でも、登録してから相手が見つかるまでに、
    自分の状況も周囲の状況も微妙に変わることがあると思います。
    他人にとってはたいしたことなくても
    その人にとっての「大事なとき、大事な状況」と
    重なる可能性がないとはいえません。
    本人はそれ相当の覚悟をして登録しても、
    自分にとって大事な人の考えは、途中でかわるかもしれません。
    そのために、断る自由があるのだと思います。

    でも、ここの反応を見る限り、
    一度登録したら、断れないんですね。
    断ったら世間からこんなにたたかれるんですね。
    恐ろしいです。
    「もし断ったら偽善者扱いされる」ということも
    覚悟してないと登録できなさそうです。

    これじゃ最初から登録する人がいなくなってしまいそうですが、
    それは患者さんにとって良いことなんでしょうか?

    ユーザーID:6069556528

  • これから。

    パンダコパンダさんのレスを見て、そんなに融通がきかないものとは知らず、驚きました。できうるかぎりの融通はきくものだと思っていました。善意を生かすという姿勢が感じられない体制ですね…
    私はトピ主さんを責める気持ちにはなれません。でもトピ主さんがつらいお気持ちでいるなら、これから人の役に立つことをしていこう、と生きてみられてはいかかでしょう。もちろんできる範囲でいいはずです。苦しい気持ちを生かしていけばいいと思うんです。

    ユーザーID:2934299300

  • トピ主さんに非なし

    トピ主さんを責めている方々は何か勘違いしていませんか?ドナー登録は提供者候補になるという約束であり、提供の約束ではありません。タイプの一致する患者さんが見つかった時点で実際に提供する/しないを決断するのが当然の手順です。

    誰にでも都合や状況というのがあります。登録をしても実際に提供できないことだって当然あるでしょう。トピ主さんだって今回は断りましたがまた10年後20年後に機会があったら今度は状況が変わって提供する気になるかもしれません。

    ドナー登録が簡単すぎるという意見もありますが私はそうは思いません。逆にもっと多くの人が登録するよう簡単にすべきだと思います。断ってもいいじゃないですか。10回断っても11回目には提供しようと思う日が来るかもしれない。長く生きていれば考え方も状況も変わりますから。

    登録したら必ず提供しろ、なんて恐喝です。提供を断る権利を前提としての登録でなければ登録者数は増えないでしょう。

    トピ主さん、もしよろしければ登録続けてください。何度だって断る権利があなたにはあります。登録はただ単に提供の可能性の門を開けておくということです。

    ユーザーID:7646163509

  • トピさん、ありがとう。

    皆さんのレスを読みながら、いろんなことを考えさせられました。こうして皆さんがいろんな意見を出し合う場所そのものが大切な「答え」なんだと思いました。

    ユーザーID:3763319852

  • どうして

    わざわざこういうところでなぜそのような心情発表をされるのか気持ちが理解できません。いろいろな立場の方になにかしらの影響があるとはかんがえませんでしたか。

    ユーザーID:1837587438

  • 気分を害している方へ

    どこに気分を害する理由があるのか分かりません。

    HLAが適合したヒトが至らす具に患者さんに連絡して、その後、ドナーとなる側から「やっぱり、ごめんなさい」との断りの連絡が行くというのなら、それは残酷なことでしょう。
    しかし、そのようなシステムにはなっていないはずです。

    また、ドナー登録前に両親の了解を取っておくべきだったとの指摘については、一理ありそうです。

    しかし、事前に了解を取っておいても、いざその時になって反対を受ける可能性はあります。
    逆に、いざというときに、ドナー登録した人ヒトが両親を説得できる可能性もあります(事態が切迫しているだけに、説得できる可能性はあります)。

    中途半端な善意を示すことは、何らの善意を示さないことより、よっぽどいい。

    何らの善意も示さなければ、そこから何かが生まれる可能性はないけど、中途半端でも善意を示すことができていれば、そこから何かが生まれる可能性がある。

    自分で示した「中途半端な善意」を途中で投げ出すのは、よろしくないけど、トピ主さんは「中途半端な善意」を自分自身の手で摘み取ったわけではないというところも考慮すべきです。

    ユーザーID:1300909550

  • えっと、偽善者ではないと思います(辛口です)

    ドナーの方の事情で移植ができなくなるというのは、
    それぞれその時々の事情があるだろうから仕方が無い事だと思います。
    それなりにリスクがあることをする訳ですし、事故だって無い話ではありません
    ご両親の意見ももっともでもあります

    過去に知人に色々あって、私もドナー登録しようとしましたが、
    小さい時の輸血が規定に引っかかってしまい登録できませんでした
    自分の命を誰かに救ってもらったのに、自分は誰かを救えない
    なんとも切ない思いをしました

    ただ、トピ主さんについて思うのは
    「わざわざこのトピ立ててなんなの!?」って感じです。
    登録抹消も別に本人の問題ですし、責めることではありません
    でも、小町でわざわざ宣言しなくてもいいんじゃないでしょうか?

    >私はいますごく健康です。健康に産んで育ててくれた両親にはとても感謝しています。

    なんだかな〜・・・って感じです(苦笑
    自己満足したいなら他人を巻き込まないでください。
    真剣な人たちに失礼ですよ

    ここを見てイヤな気持ちになってる人たちは
    「ドナーを断った」ことが理由じゃないと思います

    ユーザーID:7298548386

  • リスクの説明をちゃんと聞いた方がよいと思います

    ご両親が反対されるのもよくわかります。
    が、理解不足のまま終わるのは良くないので、その度合いをしっかり知っておいた方がよいと思います。
    http://www.donorsnet.jp/130/000131.php

    本当にご両親がいわれるようなリスクがあるのか。
    Caroline さんの挙げた事例は骨髄移植にもあてはまるのか。

    ドナーの方の心のケアをするのもコーディネーターさんのお仕事。
    あなたの疑問点を全て並べて、コーディネーターさんにきいてみてはどうでしょうか。
    不明点がなくなって、それでもご両親が反対するためにやめる。決して疑問点を払拭することは無駄にはならないはずです。
    多くのドナー対象となった方があなたと同じ悩みを持っているのでしょうから。

    ユーザーID:6126995143

  • 批判覚悟ですので、、

    けっこういますよ。
    いざとなったらという方は、、

    これは仕方ないことです。
    骨髄バンクサイドもリスクも都合のよい
    説明してませんし(冊子でも)

    実際の骨髄移植はパンフよりはるかに痛いですし
    痛い期間も短めです(親族経験者)
    ご両親が言われたリスクもまったく
    過去無かったわけではありませんし、

    謝礼どころか休業補償もない、、
    移植相手も知らせない
    (謝礼問題なんでしょうが)
    手紙はよかったかな、、

    そんなに同意が必要ならば
    最初から完璧な書類を用意すべきです。
    とりあえず登録人数を、、的に見えます。

    だから、合致したらお断り、、
    になるのではないでしょうか??

    人の為になる事は大抵の人はしたい。

    しかし、痛い思いをする数日の入院
    退院後もある程度は痛い、
    しかも、補償は善意なのでなしです。

    今の世、数日の休みが簡単に取れる人
    いますか??
    前後のうっとおしい検査は別で、、

    骨髄バンクも最低限の保障しないと
    登録も移植も進みませんよ。

    うちのように、親族だけで
    合致者を探すしかないですね

    ユーザーID:1096701317

  • なんで提供者が負担を強いられるのか

    トピ主さんを責めている方へ

    ドナー登録には同意がいらないんですよ。
    本人の承諾と採血だけです。

    財団のHPでは最終同意までに家族の同意を取るように
    としか書いてありません。

    確認検査からコーディネーターとの面談、最終同意と
    複数回足を運ぶ必要があります。

    骨髄採取の時も4〜5日入院する必要があります。

    入院時に土日対応してくれることも殆どないどころか、
    時期や曜日も聞いてもらえないこともあります。

    もちろん協力費なんてありません。
    (個人的には治験並に提供協力の見返りがあっても
    いいと思います。)

    私が登録する際、こういったことは
    ”HLA型が一致したら考えればいい”という
    感じで登録時に説明されました。

    しかし”登録者が一人でも多ければいい”とCMを流す
    推進財団の方針に疑問を抱いて登録抹消しました。

    マッチングさえすればいいのか?
    提供者の善意におんぶに抱っこでいいのか?

    その他の生体移植できる臓器同様に考えて欲しいです。
    レシピエントのサポートはしっかりしていても、
    ドナー側のサポートなんて二の次ですから…

    ユーザーID:4720679682

  • 無駄な事なんて何ひとつない

    まずトピを立てた事の是非に云々言っている方達に。
    無駄なトピなんてない。何故そんな判断を下せるのでしょう。

    このトピをキッカケに多くの方が、自身の登録を思い出したり、今後どうするかを改めて考えるのかもしれない。主さんがどんな気持ちで立てたか分かりませんが理由如何を問わず、トピ主さんを責める必要は皆無です。

    登録している多くの方は、軽い気持ちだったり、詳しく何の知識も与えられないまま登録した、させられた方が大半だと思います。よく考えないで、と責める方もいますがネットのような便利な物が普及する以前はこういう情報は隠蔽傾向にあって、登録する側はその時点で、まともなリスクの説明も受けていません。何故なら本当の事を説明すると多くの方は登録を拒否するから。それがバンクの「やり口」でもあったのです。
    関係者ほど責めたりしない事からも現実の苦労、現場が見えてきます。

    そういう私も登録は止めました。
    【骨髄ドナーに選ばれちゃいました】という本を読んで下さい。私はこれで止めましたが、逆に登録した友人もいます。現実を知る事こそ最優先。この機会に、人を責める前にドナーの勉強して下さい。

    ユーザーID:9906308971

  • 何故トピ主さんを責める人がいるの?

    登録後に病気になる人もいるし、仮に服薬の影響で残念ながら不適切に終ったという例と、今回のトピ主さんのケースとでは、どちらの方がより仕方なかったのか?なんて比較にもならない話しです。
    どちらもその時提供できなかったという事実だけ。こんなの登録者全員に起こりうることでしょう。

    それとも登録者は皆、海外旅行時や長期出張、何か服薬する度に、忘れず毎回登録を凍結なさってるの?
    登録した以上、旅行も出張留学病気怪我も一切しないで待機に専念してるという人など皆無に思いますが。

    トピ主さんの場合、もしご両親に猛反対されなければ提供できていた可能性(検査段階ですが)があるので、運による要素が大きく、登録は無駄に間違いだったとは言えないと思います。仮に反対されなかったり、結婚していてご主人が承諾してたら可能だったかもしれないからです。ご両親の考え方が変わっていた可能性だってあります。

    仕事を持つ社会人、妊娠出産育児の可能性のある若い女性、年齢制限、そして健康、もともとこれらをクリアできる人自体限られるので、本人の意思で登録する、できる機会は大いに尊重、尊敬すべきだと思います。

    ユーザーID:6518950671

  • ツォータンさんの言葉に同感です。

    色々な立場の人がいて、色々な意見がある。
    それを知ることができ、私も色々と考えさせられました。
    そのきっかけを作ってくださったトピ主さん、ありがとうございます。

    ドナーカードを持つことを夫に相談した時、夫の答えは「NO」でした。
    話し合いの結果、お互いに「自分は臓器提供はしてもいい(むしろ
    したい)が、相手の臓器を提供するのは嫌だ」と考えていたことが
    わかりました。
    今のところ、2人ともドナーカードは持っていません。
    メルさんのところのように、夫婦で登録というのができればいいなと
    思うのですが、大切な人が関わってくることなので、躊躇してしまう
    部分もあります。
    理屈じゃないんですよね・・・、大切な人の臓器をどうこうって
    いうのが・・・。具体的に何が、というわけではないんですが、
    申し訳ないなぁ、と思います。

    人や立場によって考え方の違いがあり、こうでなければならないという
    明確な定義もありません。
    トピ主さんは少なくとも、優しい心を持っておられます。そんなに
    落ち込まないでくださいね。

    ユーザーID:6653422273

  • 問題はどこにあるのか。

    私も、Mieさんや患者でしたさんと同様です。

    提供を断った事自体に問題があるとは思いません。
    提供は義務ではありませんから、自分がしたくないと思ってしまえば
    イヤイヤする必要もないと思います。
    しかし、こういった場所でいかにも「親が止めるから仕方なくやめた」
    と親に責任転嫁するような謝罪の仕方には納得がいきません。

    最終的に、提供しないと決めたのは自分自身なんですよね。
    石にかじりついてでも提供しようと思ったのに
    親に先手を打たれて提供できなかったわけじゃないんですよね。
    だったら、あれこれ理由なんかつけず謝罪すればよかったんですよ。
    誰かが
    「仕方ないよ、ご両親が駄目っていったんだもの」
    と言う甘い言葉を期待するような書き方なんてしなければいいんです。

    ユーザーID:0979727369

先頭へ 前へ
121150 / 249
次へ 最後尾へ

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧