研究者と結婚

レス68
(トピ主0
お気に入り122

恋愛・結婚・離婚

ちー

レス

レス数68

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 教授志望って…

    現役PD研究者です。「教授志望」というのはトピさんが勝手に想像してることでしょうか、それとも彼自身の言葉でしょうか。私の個人的な見解ですが、教授になることと研究者として大成することは基本的に別物だと考えます。極めて優秀な研究者は多くの場合結果的に教授の地位を得ますが、教授イコール優秀な研究者でないことは断言できます。彼が教授という地位に魅力を感じており、研究以外の術でそれを実現させようとしているなら(いわゆる世渡り上手ってやつです)、トピさんの苦労の種類も変わってくるでしょう。

    ユーザーID:0541260844

  • 研究者の生活

    主人は40手前の准教授(理系)です。
    生活は朝8時前には家を出て(職場までは自転車で15分)、
    6時半ごろ帰宅し子供と風呂、夕食のあと、8時ごろにまた職場へでかけます。
    1時過ぎくらいに帰宅します。毎日こんな感じです。
    夕食に帰れないときには弁当を2個持っていきます。
    土曜日もそんな感じです。日曜は午前中子どもと遊んだ後、職場へ行くことが多いです。
    お盆や正月も3日位しか休みませんし、GWも全然関係なく職場へ行きます。
    時間だけだと大変そうですが、つらいとか苦しいとかは聞いたことないです。
    自由度はあるみたいで、子供の幼稚園の行事とかには時間をつくって参加してくれます。

    経済面だと、書籍代がかかります。
    2万円もする本も「必要だから」と何の相談もなく買います。
    あと、電車の通勤は嫌だといって
    職場近くのマンションを借りてますので、家賃が高くて大変です。
    まあ、それでも何となくやっていけるだけの給料はいただいてます。

    ユーザーID:4251510853

  • 再レスです。

    色々レスを拝見して、浮気の件で気になったので、再度レスします。

    実際、多くの方が浮気をしているのかどうかは分かりませんが、
    私(元医学部教授秘書)からすると、一緒にいる時間は長いし、
    泊まりがけの学会にも同伴するので、雰囲気によっては浮気を
    疑われるような事もありました。
    私も全く関係はないし、一度も誘われたこともないにもかかわらず、
    事務の方から大丈夫??って言われたことがあります。

    それに、私だけかもしれませんが、先生方は意外に子供っぽく、
    語弊があり失礼な発言かもしれませんが、疑似夫であり疑似子供でも
    あるのです。よって端から見れば、親密な関係に見えるのかもしれません。
    世間一般でも同じだと思いますが、浮気する人はするし、しない人はしないのではないでしょうか?

    夫(医学系研究者)も手を伸ばせば浮気も可能と私も知っているので、
    国際学会などには必ず同伴し、パーティーにも二人で出席して
    夫婦円満をアピールしています。

    男だし、魅力的なら一度や二度の浮気くらいと思っていた方が気持ちも楽に過ごせるかもと思います。

    ユーザーID:1058180041

  • 浮気は男と女の定め?

    研究者に浮気は無い!とはいいませんが、研究者に「特に」浮気が多いのかはちょっと疑問です。

    世の中では、自分が思っていたより浮気が多い、ということではないですか?

    小町を見渡してみても、浮気に関するトピ珍しくないですけど、研究者に限ってないとおもいます。

    ユーザーID:1462121954

  • 浮気はむしろ少ないのでは?

    今はどこの大学にもセクハラ委員会が設置されていて、発覚すると処分も厳しいので、普通の職場よりも浮気は起きにくいと思います。

    卑近な例だけで、研究者には浮気が多いなどと書くのは人としてどうかと思いますよ。

    ユーザーID:8174757160

  • 浮気とセクハラは違う

     浮気とセクハラは明らかに違いますよね。
    大学では、いちいち浮気をセクハラ委員会で議論するのでしょうか?
    ご苦労様です。でも、本当のセクハラで迷惑を被っている人には、
    ちょっと本当に迷惑です。根本的に違います。
    その区別がつかない大学の教員がいるとしたら、
    ちょっとおかしい。
    それこそ、世間知らず、って言われちゃいます。

    ユーザーID:5020277570

  • 明るく臨機応変に対応してほしい!・・・かな

    研究者→教授の道が険しいのは、皆さんがおっしゃる通りです。
    日本の最優秀と言われる大学(院)を卒業しても同じです。

    私は研究者、婚約者も研究者で在米です。
    なんだかんだで幸せです。

    パートナーに理解してもらいたいのは、
    「予定外の事に臨機応変に対応してほしい」
    ことかな、と思います。

    予定外の実験や来訪者、また突発的な仕事(特に若いうちは…)ができたりで、「日曜日に○○しよう」という約束が取り消しになったりします。
    また、「○○のポストにつく予定(約束)」というのも、確実なものではありません。ポスト自体がなくなることもあります。

    そのときに責められると辛いです。
    逆に、理解してくれると、パートナーのありがたさが身に染みます。


    日常では、彼は研究には口を出されたくない人ですが、夜中に仕事をしているときに、コーヒーや夜食を持っていくと、すごく喜んでくれます。

    もしも米国でポスドクをされるようでしたら、こちらは医療保険制度が悪いので、日本にいるうちに特に歯医者にはかかったほうがいいです。

    ちーさん、頑張ってください!

    ユーザーID:5916217583

  • 周囲を羨ましく思わないこと

    迷いはありません!ってしっかりおっしゃっていて気持ちいいです!
    頑張ってくださいね!
    最も大きな覚悟は、ご主人の友人の方々と比較して羨ましく思わないことでしょうね!
    おそらく研究者になる方の友人は大きな企業の正社員さんが多いでしょうから。
    彼らは定年間際の教授の給料を40歳くらいの平社員でもらえてしまいます。
    研究者は週休0.5日程度ですが、企業では週休2日、しかも残業も多くなりすぎると組合が文句を言いますので、過労になることは大企業では少ないです。
    つまり、お金も自由時間もすっごく不利なわけです。
    海外留学の際も、ポスドクならこき使われて、自由時間はなく、お金も将来保証もありませんから精神上たいへんですし、海外への引越し・生活など自分もちなので、治安の悪いワンルームに住んだりしますが、企業から来た人は会社が船便も航空便もらくらくパックでものすっごくお金を出してくれるし、成果がでなくても会社が安泰なので奥さん方は海外旅行気分で楽しまれ、しかも良い大きな家に住まれます。
    子供が出来て、教育にかけられる費用の違いなども大差!こういったことを羨ましく思わないことです。

    ユーザーID:9837899609

レス求!トピ一覧