研究者と結婚

レス68
(トピ主0
お気に入り122

恋愛・結婚・離婚

ちー

レス

レス数68

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 持ち出しが多いことかな?

    主人が国立大学医学部に勤めています。(たぶん教授目指してます)普通に暮らす分にはお給料が決して悪いわけではありませんが、我が家の場合いわゆる持ち出しが多いです。お勤めしている大学や部署によると思うのですが我が家の場合学会参加費や書籍代、研究費として認められないけど必要な備品の購入などなど、結構使ってます。研究者によっては薬品会社の招待がない限り学会には出ない、研究費が下りない限り書籍も必要品も買わないという方もいらっしゃるみたいですが・・・どちらがいいのか分かりませんが、回りを見る限り上に上がっている方は結構自己資金を投入してたみたいですね。

    ユーザーID:7246585991

  • 教授志望?

    教授志望・・といっても、昨今パーマネントなポストにつくことすら困難なはずでは?
    一般的なポスドクは将来どころか任期が切れたらどうなるかすらわからず
    職があるなら全国海外どこへでも行くし、それすら無いかもしれない・・
    研究者になれる人はほんのわずかで厳しい世界だと思うので
    奥さんも主婦よりは仕事もってたほうが無難だと思いますけどね

    ポスドクを支える妻のトピなら、小町にも結構あるので覗いてみたら参考になると思うし
    パーマネントな職に就いてる人なら、サラリーマンの奥さんと一緒ですよ
    忙しい人もいれば、割と自由な人もいる
    年齢や所属先、専門で全然違うものだと思いますしね

    ユーザーID:9949766159

  • 研究者の資質として必要と思うこと

    研究者にもいろんなタイプの方がいるとは思うのですが

    研究って、基本的に自分の領域を開拓していくってことだと思うので
    精神的に大人になりきった人には出来ない、
    裏返せば、「幼児性」が資質として必要だと思うんです。

    これが現実生活では邪魔になるものなんですね。(特に周囲にとって)

    簡単な例ですと、よりよいポストを得るために遠方へ行きたいと彼が思ったときなど、
    ご夫婦だけならそう難しい話にもならないでしょうが
    将来、お子さんの生活環境や、ご両親などの状況によっては、彼の希望に現実生活をすりあわせていく役割をあなたが一身に負うことになるかも。

    夢を語る彼らを大らかな気持ちで受け止めて上げられる方々なんだろうなと、周りを見ていて思います。
    どうかお幸せに。

    ユーザーID:9505293891

  • 着実に

    文系の研究者(国立准教授・男)です。主婦じゃないんであれですが、PD研究員ということであれば、今後パーマネントの職につけそうなのか、つけるとしたらいつ頃なのかは見極めが必要でしょうね。今は競争が激しいので、ポスドクを延々と渡り歩く、なんてことが多いようです。給与は国立だと結構安いですよ。主婦をされるとカツカツでしょうね。大手私学ならいいでしょうが。また大学のポストを得ても任期付きだったり、大学によっては今後どうなるかわからない、なんてパターンもあるのでいきなり専業主婦を考えるより、とりあえずは共働きした方がいいと思います。

    ユーザーID:2999502751

  • どーんと構える

    研究者と結婚した者ではありませんが、自身が理系の研究職である女性です。お呼びでなかったらごめんなさいね。

    トピ主さんの彼は教授まで上りつめることを志望してらっしゃるとのことですが、実際に確たるポストを得るまでは、いろんなところを転々とすることもあるでしょう。
    (一つの大学内で昇進できるところもあるのかもしれませんが、私はむしろ、実力であちこちのポストをわたり歩き実績を積むのが研究者の本分と考えます)
    地方でも、海外でも、彼が行くと言えばそれに動じず行動できる覚悟をしておいてください。

    私の周りの研究者(男性)には、極端に二通りにのタイプがいます。
    ばりばり働いて稼ぐ奥さんにがいるので、自身は9時5時勤務で育児や家事をこなしつつ研究している、まめで勤勉で効率がいい人。
    かたや、いわゆる「研究バカ」タイプのため、家庭をうまくサポートできず、スポイル状態のままただ勤務して給料だけ渡している、天才肌かもしれないけど効率の悪い人。

    彼がどんなタイプに近いか知りませんが、何にせよ、配偶者になる方は「現実適応能力があってちょっとやそっとじゃ動じない」ほうがいいかと思います。

    ユーザーID:1064426175

  • 結構厳しいです

    主人が地方私立大学に勤務しています。
    くり様のお宅同様、収入は決して悪いほうではないのですが、持ち出しが多い。大学から支給される研究費もありますが、主人の勤務先では退職時には図書・備品類は返却しなければならないので、主人は長く使いたいものは必ず自費で購入します。そのため我が家では手取り収入の2割弱が主人の小遣いと研究用の経費に費やされます。
    それと、休日がない!会社員の方は土日休みの場合が多いようですが、土曜日は授業がないから自分のことができると朝から晩まで大学です。日曜日の半分は研究会で勉強、あとの半分は疲れて寝ています。家族でレジャー・・・行きたいなあ。
    子どもが生まれて暫くは保育園に預けて共働きでしたが、夫は授業のある日は(ほぼ毎日)決して休めない為、子どもが病気の時はいつも頭を悩ませていました。出張に向かう新幹線の中で、保育園から電話が入ったときは本当に辛かった・・・。結局私は仕事を辞めました。
    でも、主人と結婚したことは後悔していません。
    良いことは、子どもに親が勉強している姿を見せられることかな。
    ちなみに、白い巨塔みたいなセレブな夫人会はありません(笑)

    ユーザーID:1198520293

  • 経済面かなぁ

    私の夫は、教授希望の文系です。
    理系と文系では違うかもしれないですが。

    仕事をしながら、Ph.Dを取得しようとしています。今はMAです。

    で、既に夫は大学院に2回行きました。日本の院と海外の院。
    お金は自腹です、もちろん。
    それから、学会費これがばかになりません。会社から一部は出ますが。
    会費・学会参加費、学会に投稿する原稿を仕上げるための参考文献にもお金がかかります。

    なかなか、お金がたまりません。
    今でも不安です。


    研究者と結婚して良かった〜って思えること、
    それは、会社を離れて海外の大学院に行ったときに私も一緒に行きました。
    その時は、家にいる時間が多いので、一緒に入れる時間がたくさん
    あったことでしょうか?

    私も知りたいですね。研究者と結婚してよかった点。

    ユーザーID:7602290913

  • 心がけ次第

    確かにお金持ちしか研究できないんじゃんって思う瞬間ありますね。
    書籍に数万円(買わなくてはいけない)、英文の論文の校正費用
    学会費、ソフトウェアの購入など。人脈でどうにか節約できる部分もあるかもしれないけど私は無理です。

    私は単なる学生だけど、洋服は今年の春以降2980円のを2枚買っただけです。髪型も真っ黒でストレートを一回かけただけで半年は美容院に行かない。

    だけど奥さんが一緒に学会についてきたりする場合もありますよ?
    旦那さんが学会にいる間、1人で観光できないのでラグジュアリーなホテルにしてもらって一日ホテルの施設を楽しむって言ってる奥さんがいた。(台湾人)
    あとビジティングスカラーとかアカポスとかで外国についていって数年滞在する機会もあるんじゃないですか?アメリカの場合、現地で生まれた子供がアメリカ国籍も持っちゃう人けっこういます。(アメリカ国籍どうでもいい人もいるけど)あと現地の英会話とか行って、英語のスキルを上達させている人もいる。

    ユーザーID:6170034483

  • 就職できるか

    アカデミックの世界の現状をご存知ですか?大学は斜陽産業で、閉鎖する大学も出てきています。そのような中、教員になるのはきわめて困難で、文系だと40歳を過ぎてもポストにつけずに非常勤教員のアルバイトでフリーターのような生活をしている人も多いです。理系でもPDをいくつか渡り歩いても定職に就けず、しかたなく企業に就職しようとしても断られるということが、社会問題化しています。私は幸いにも36歳で就職できましたが、もちろん地方からのスタートです。

    結婚するのでしたら、お相手を養えるだけの経済力をつけること、お相手の仕事(次のPD)が地方でも海外でも黙ってついて行くこと、研究には持ち出しがかなり多いのに文句を言わないこと、理系だと研究室で過ごす時間が家にいる時間よりはるかに長くなりますが文句を言わないこと、お相手がなかなか就職できなくても責めないこと、アカデミック・ポストにつけずに民間に就職することになっても責めないこと・・・こんなことに気をつけて下さい。

    「高学歴フリーター」という本が出ていたと思うので、これを読むと大学の世界のことが少しはわかると思います。

    ユーザーID:3288210399

  • 床が抜けそう…

    蔵書がすごいってことが一番先に思い当たりました。我が家は親子三人で4部屋あるのですが、使用しているのは一部屋だけです。あとは台所にまで彼の本があふれてます。
    それから自己投資にお金がかかるなあとも。研究書籍はそれだけでレアで高価なので、正直「ええ〜そんな本に○万円!?」とか仰天しきりです。でもやっぱりしぶってて手に入らないとなると、研究者としていかんよなあと思うので、「かっちゃいなよ」って快く言うようにしてます。それに学会やら研究会やらも…結構あるので、出張費が馬鹿にならないです。
    あとは、彼が仕事人間だからなのか24時間、研究のことばっかりかんがえてます。もちろん旅行に行っても、そればっかり。オフとオンがないのかなあって思います。ホントに好きなんだなあ…とも。
    人付き合いは幸い、職場結婚だったので、苦になってないです。

    ええと、よかったことは、やっぱり彼がこつこつと着実に研究会で名前をあげているのを見ることですかね…。やっぱり嬉しいです。私が彼の論文を査読するので、本が出たら彼と同じぐらい嬉しいし…。
    「キミがいなきゃここまで来られなかった」っていわれるのも嬉しいです。

    ユーザーID:7810245381

  • 心の強さ

    夫の研究者の側です。

    >前もって予想できる事態だったら回避したいので

    来年の4月からでも常勤のポストを得ているのでしょうか?
    確率からいえば、PD切れで無職無収入ないしは企業に就職という事態になることも大きいわけです。
    就職はタイミングの要素も大きいので、どんなに優秀な人もこうなる可能性はあります。

    もし常勤のポストを得ていないのであれば、将来の研究者・教授と結婚したという気になるのは少し早すぎです。
    就職できていない大学院の同期の嫁さんの中には、だまされたと感じている人もいるようです。
    なぜか自分の夫だけは早く就職できると勘違いしてる人も多いんですよね。

    常勤のポストを得ていないのであれば「PD切れしても支えていく」という心の強さが、一番重要では?
    甘やかしすぎてもだめですが・・。

    生活でいえば、研究者の場合、基本的に曜日の感覚がありません。
    土日も大学に行く場合が結構多く、妻からはそのことを一番怒られるかな。

    ユーザーID:0277292408

  • あまり気負わずに

    研究者だからと気負う必要もないと思います。
    どんな職業の人でも、変わっている人はいますし、人それぞれ個性がありますから。
    生活は、一緒に暮らしていて模索していくものでしょうし。

    ただ、今人気のドラマを見ていて、再認識したことがありました。
    主人は、ドラマの主人公ほど頭脳明晰でもスポーツ万能でもありませんが(笑)、論理的でないことを非常にいやがり、すべてにおいて論理的であることを求めます。とっても、理屈っぽい。かなりデフォルメされているとは思いますが、一般人が感じる研究者をうまく描いているなぁと思います。

    研究者すべてそういうわけではないでしょうが、うちの主人も、すべてにおいて純粋で一途です。いつも謎を追い求めていて、子供のように熱中します。まさしく、飽くなき探究心という感じです。
    一般的と思うことをしない(あえてしない?)から変わっていると思うのかもしれません。これは職業柄でしょうか。ユニークである必要がありますから。
    疲れることも多々ありますが、一緒にいて面白いです。

    結婚してよかったと思っています。安定という意味では、将来の不安はありますが(笑)。

    ユーザーID:9495053372

  • 経済的な苦労

     彼氏さんは現在ポスドクとのことですが、どういった専門分野でしょうか? 医学系で医師免許を持っていれば、生活費に困ることはないと思いますが、それ以外の分野であれば、経済的な苦労は覚悟しておいた方が良いと思います。
     ポスドクの殆どは、いくら志望しても教授にはなれません。
     助手や講師のポストですら、大勢のポスドクが欠員を取り合っている状況です。海外留学して箔をつけても、です。
     食べていけないポスドクを大量に生み出してしまった現在の教育システムが大変問題視されていることをトピ主さんはご存知でしょうか?
     いざという時の為に、トピ主さんが彼を経済的に支えられる準備をしておいた方が無難です。

     私自身、旧帝国大学の大学院を卒業しましたが、アカデミックな分野に残らず民間企業に就職して心から良かったと思っています。
     博士課程からポスドクになった友人の多くは、結局大学での職を得られず生命保険の勧誘をやったり、家業を継いだり、零細研究機関でパート業務についており、大学に残って教鞭を取っているのはほんの一握りです。
     厳しい世界ですよ、研究者って。

    ユーザーID:2150181410

  • 企業研究職ですが

    夫がメーカー研究職です。かつてノーベル賞をとられた、江○さんや、田○さんみたいな感じだと思います。
    結婚生活では、そんなに大変なことと言うのはありませんが、強いて言うならば、「学者○カ」と言うのか、一般的な社交上のマナーとか常識とか欠落していることが多いです。
    企業で文系の仕事をしている人なら、ビジネスマナー的なことが身についてるので、そんなことありえないと思うのですが。
    家事は夫が好きなので、よく手伝ってくれるので、助かっています。
    また、激しい理屈こね、講釈たれで、頑固です。感覚で分かる、ということがなく、事実に基づいたり、理屈で通らないと首を縦に振らないので、話が疲れます。
    うちは研究者という前に、どうしても会社員と言うことの方が先に立ちますので、その辺は一般的なサラリーマンの方と変わらないと思います。
    大学の研究職だと、経済的なことがまた別になると思うので、何とも言えません。

    ユーザーID:4161296050

  • 良かったことは人脈です

    研究分野にもよりますが、留学生や同じ研究者で外国の方の知り合いが多く、外国に行ったときに大体は知り合いがいるために、困ることがないことでしょうか(笑)
    それだけでなく、お偉い様方との付き合いも多いので、人脈を広げるといった面ではかなりいいと思います。(でも、私自身にはほとんど関係ないのですが)

    経済面で困るということはないです。お金持ちでもありませんが・・・。

    困るところは、「書籍代」と「書籍の保管場所」です。
    地震が起きたら本で死にそうです。
    1ヶ月にかかる書籍代は10万以上が当たり前の我が家です。

    ちなみにうちの夫は文系です。
    あまり、夫の職業に興味がないので、こんな感じです。

    ユーザーID:9156104330

  • ビバ、研妻

    ちーさん、こんにちは。 

    主人が海外のラボで勤めているので、わたしも書かせていただきますね。

    大変なことは
    ・帰宅時間が遅い。
    ・帰宅すると、家中あちこちに論文・本の山ができる。
    ・研究者同士の付き合いが多く、私も付き合わされる。
    ・家にいるときも、仕事のことを考えている時が多い。

    良かったことは
    ・毎年長期バカンスが取れる。
    ・ビザの心配をせず、海外暮らしができる。
    ・主人の出張について、旅行ができる。

    研究されている分野や部署によって、違うと思いますが、
    わたしは研究者と結婚して良かったなーとよく思います。
    普通の人より少しかわっているので、毎日楽しいです。
    一緒にいられる時間が少ないので、お家ではリラックスできるように
    気を配ったり、ほほう!と思わせるような話題を提供するように
    アンテナを張っています。

    将来が見えにくいので、心配性の方には向いていないかも。

    ちーさんが彼氏さんと幸せな結婚ができることを祈ってます♪

    ユーザーID:0640570757

  • 地味です

    研究者で現在医学部準教授の嫁です。

    留学する予定があるなら英会話、料理が
    出来る方がよいとは思います。
    留学先では日本人同士で誰かの家に集まり
    パーティー(いわゆる飲み会)が結構ありました。

    留学先では家賃も高いし近場への旅行など
    貯金はあった方がよいです。


    学会出張費などは研究費が当たると
    それを使うことが出来るので自費は殆ど無いです。
    優秀な研究者には年間に使える研究費が千万円単位で出ます。

    生活は地味ですが何より研究が好きで
    仕事が楽しくてたまらない主人なんで
    まあ幸せですかね、でも家庭は二の次かも

    ユーザーID:8877124713

  • お慶びに水を差すようで申し訳ないですが。

    辛口です。

    彼は教授志望ということですが、現在ポスドクなんですよね?
    大学の講師や助教授ではないのですよね?
    将来必ず常勤の職につけることが約束されているのでしょうか?
    (恩師のコネなどで数年後にポストが空くから
    PDしながらそれを待っているとかでしょうか?)

    分野によっても違うかと思いますが、
    PDのまま常勤の職につけない研究者が多くいる研究分野もあります。

    現在理系の研究者が大学・研究所で常勤の職を得るのは
    大変難しくなっています。
    研究者の数に対してポストが圧倒的に少ないからです。
    よほどすごい研究者か、コネがないとなかなか常勤にはなれないのが現実です。
    その辺に関して彼はどのようにあなたに説明していますか?
    現場にいる私には、彼が今後本当に常勤の職が得られるのかどうか疑問です。

    私も現在は大学の講師をしていますが
    アカポスでの採用がなかなか得られず(公募に出しては落ちを繰り返した)
    企業に勤めていたこともあります。

    教授コースに乗れなかったときの人生設計も
    考えておいた方が良いです。

    ユーザーID:0813075863

  • 人それぞれだと思いますが私の場合を。

    夫が国立大理系准教授です。私は現在専業主婦。

    ・経済面
    がくしゃさんが仰るとおり、多くはありませんが少なくも無いかな?
    家の夫の場合、幸い今まで科研費をそこそこ射止めていたので
    そんなに持ち出しは無いです。

    ・生活ペース
    独身時代はほぼ昼夜逆転状態。結婚を機に
    真っ当な時生活時間にシフトしてくれました。

    ・家事
    結構協力的です。でも人それぞれ。

    ・人付き合い
    …えーと、これは不眠に悩む妻さんが仰るような「セレブな夫人会」ですか?
    無い無い(笑)私の知ってる教授夫人はサバサバしてフレンドリーな方ばっかです。

    結婚生活で苦労する事?…今のところ無いですね。
    それと「『彼』と結婚してよかったー」と思う事は多々ありますが、
    「『研究者』と結婚してよかったー」って感じではないですね……

    ……と書きましたが、他の方も仰るとおり、現在PDなら
    まずは「パーマネント志望」でしょうね。期間の限られた職、
    勤務地も世界中を転々……もしかしたらちーさんが本当に知っておいた方がいいのは、
    そういう「ポスドクの苦労」なのではないかと。

    ユーザーID:4099597327

  • 教授志望なわけじゃないですが…

    夫が理系・パーマネントのアカポスで地方大学に勤務しています。
    経済面では,(私もフルタイムで働いてますが)夫の給料だけでも質素な生活を心掛ければ困る程ではありません。
    ただ持ち出しが多いのは確かです。パソコンも自費です。学会費はもちろん,資格取得のための講習費なども自己負担だったりします。
    まあ,私が稼げば済む話なので特に負担ではありません。

    心配なのは,毎晩遅くまで事務処理に追われ(これは所属によりますが)いつも疲れていることと上司達との人間関係でストレスがかなり溜まっているらしいこと。
    鬱になる人,自殺された方,話を聞くたびにハラハラします。
    もっと彼の精神面を支えられるようになりたいと思っています。

    良いことは,とりあえず社会的な信用度が高いということくらいでしょうか…。
    でもちーさんと同じで結婚に迷いはなかったし,彼と結婚してよかったーと思っていますよ♪

    ユーザーID:9473714789

  • 本代がすごい。毎日暇だと思われている。

    夫も研究者ですが、本代が月に10万くらいかかっているみたいです。
    家中本だらけです。

    それから、仕事の時間が自分である程度コントロールできるので、
    家にいることが多いのですが、姑からは暇だと思われていて
    好きな時間に呼び出されます。仕事というとウソばっかりと言われています。夫がちょっと気の毒です。

    友達からは、ご主人すごいね、と言われますが、確かに地位はあるけれども
    経済力は普通です。でていく本代もすごいし。

    ユーザーID:8284427858

  • うーーん

    もう15年前になりますが、私自身、理系の研究室の助手として居たことがあります。

    理系の研究者は研究ができればできるほど、家族はほっとかれることが多いです。朝は9:00から夜はご飯を食べに帰ってまた夜中まで働く先生やら、軽く出前を取ってやはり12時まで働く先生やら・・・。私の教授は自ら年末は30日まで、年始は3日から仕事というところでした。

    上にも書いてあるように、一般的に「我が強い」「わがまま」です。何事も自分中心という人が多かったですが、お人好しではやっていけないので仕方ないかも知れませんね。

    奥様方は専業主婦(実家が裕福な人が多い)か、やはり研究者か医者や教員といった専門職に就く方が、ほとんどでした。

    なので、一緒に遊ぶことを考えてはダメです。たまに海外の学会に連れて行ってくれることはあるかも知れませんが。

    ユーザーID:0081542054

  • 研究者って

    夫は、某国立大学理系博士課程修了後、企業の研究所勤務を経て、
    現在は米国で研究を続けています。

    理系研究者を夫に持ってよかった点は、非常に数字に強いことです!電卓なしでも(そろばんができないのに)計算をやってくれます。

    マイナス面は、食事中でも研究のことを思い出すとそれに集中してしまうこと。スーパーで待ち合わせをすると、こちら側にいる私に全然気がつかず、別方向に向かって歩き出すため、出会うまで時間がかかること。(周囲を眺めればすぐ見つけられるのに!)

    夫の同業者はかなりの確率で変人が多いです。それぞれ、相手の変人振りを論評しますが、自分もその中にしっかり入っていることを露にも思っていません。やはりひとつのことを極めようとする人は、変わっていますし、こだわりも強いです。

    さて、夫はいくつかの学会で委員をやっていますが、最近の若手研究者の不勉強振りは目に余る(論文の推敲不足、発表の練習不足、質問に答えられない等)と嘆いていました。

    彼が本気で上を目指すなら、そしてその彼を応援するのなら、
    研究者の本分をしっかり理解した上で、支えてあげてくださいね。

    ユーザーID:3025660525

  • 彼を養うことができますか?

    教授志望、いい響きですが、「志望」するだけなら誰でもできるんですよ。小学生でもね。

    現在、数え切れないほどいる「ポスドク」の中で希望通り、大学の常勤職につける人間が本当にわずか、ごく1部の選ばれた者だけであることをご存知ですか?

    大多数のポスドクは「使い捨て」ですよ。任期が切れたら無職です。博士号があって一番「無職」に近いのがポスドクだといってもいいでしょう…。悲しいけれどこれが現実です。

    勿論、トピ主さんの彼が医師免許をお持ちで、現在ポスドクというのならば心配する必要はありませんが、…トピ主さんの書き方からするときっと彼氏は医師ではないですよね?

    トピ主さんへのアドバイス。結婚したいと思える彼と出会えたことは幸せなことです。その結婚を継続させるためには、「あなたが彼を一生養っていく経済力と覚悟を持つこと」です。これに尽きます。

    ユーザーID:2814524243

  • 9割が挫折せざるを得ない世界です。

    夫は30代後半の生命科学系准教授(MD+PhD+留学)、私は医師免許持ちの子育て兼業主婦(週2日だけ病院勤務の医師)です。

    彼はMDなので、" どうしてもダメになったら諦めて医者をやるからそれまでは研究に打ち込みたい" と言っています。彼は医学生時代から研究志望でしたが、生活保障のため、臨床研修は修了しています(これがないと医師に戻れない)。

    ポスドクの9割はアカポスになれません。まず教授になることよりもパーマネント職(最近は任期制がほとんど)を得ることに目標を置かれた方がよいのでは?超高学歴フリーターになる可能性が決して低くない世界です。このポスドクの惨状は日本だけではなく、米国でもポスドクの75%は、ポスドクのままその研究者キャリアを終えます。

    夫は、" PhDの人達は本当にすごい。自分は逃げ道を用意しないでこんなギャンブルな世界で生きていく自信がない "といいつつ、工学部2年中退+医学部6年+臨床研修2年=10年出遅れのハンデを背負って、先を行くPhDの方々と競争しています。

    あなたの心構えとしては、大人の男を一人養うくらいの気概が必要でしょう。

    ユーザーID:7515528756

  • 研究者の妻で幸せです

    理系のポスドクの妻で、普段はお家でのんびりしている私です。

    皆さんからポスドクの現状についての説明は沢山されているので割愛します。その上でヤクザな商売だぜ、と笑って一寸先は闇の世界を楽しい毎日に変えられるように支えてあげたら如何かしら。私は大学の側に住んでいるので食事などで癒しを、笑顔で癒しを、くだらない話で癒しを?様々なストレスで疲れた体をマッサージして癒しを施しています。そんなときに幸せそうな顔をしてくれるのがうれしいし、楽しいです。

    あとは業界が近いので知り合いの研究者も多いから可愛がってもらえることかな。そうじゃなくても研究者ってフランクで語り好きで国海外を問わず良い人が多いと思います。経済的な面の心配よりも私は大らかな気持で「この人と一緒だったら研究者じゃなくなったって何でも幸せ!」と確信できる気持ちが大事だと思います。じゃなきゃ不安で辛い現実を必死に頑張る彼がしんどいと思いませんか?どんなお仕事でもクリエイティブな仕事は忙しいときは忙しいし、集中したいときは集中したいし、大変なところは同じなのだと思う。

    そこを理解してあげて下さいね。大丈夫ですよ、生活なんてなんとかなります。

    ユーザーID:6832711174

  • たとえ彼が研究者でなくなっても好きでいられれば大丈夫

    この手のトピを拝見するたびに「研究者」だから彼を好きになったのかしらと思ってしまいます。以前も大学教員の彼がどうのこうのというトピがありましたが。トピ主さんは異業種のお仕事をされているのでしょうか。

    私の周りには研究職のご主人を持つ友人が大勢います。職場結婚が多かったので。私の主人も独法機関の研究員です。私を含め友人も「夫が研究者だからどうの」という言葉を使うことはほとんどないです。PDの夫を持つ友人は将来の不安を口にすることはありますが、よく現状を理解していますので奥さんたちもしっかり働いています。

    サッカー元日本代表選手が若くして引退後、宅配関係に勤めて家族を養っている姿をTVで見たことがあります。感動しましたしご家族は幸せだろうと思いました。研究職もあきらめなければならない時がくる場合もあると思います。万が一、彼が研究者を辞めることになっても一緒に支える心積もりがあれば大丈夫だと思います。

    あと「研究者」と結婚してよかったことは、夫の留学に伴って海外生活ができたことです。自分の能力だけでは出来ない貴重な経験をさせてもらっています。

    ユーザーID:1237190702

  • 研究者の妻です。

    夫が医学系研究者の専業主婦です。
    結婚して7年になりますが、やっと夫の世界が垣間見えたような気がしてきた今日この頃です。

    私事ですが、結婚してよかった事は、
    夫の留学に同伴し海外生活を経験できること、
    学会などに同行し、色々な国の方とお話できること。
    探求心旺盛な夫を持つことで、私も様々な事に興味を持つことができる事。

    イマイチだと思ったことは、
    狭いアパートに大量の本が乱雑に積まれ、掃除も大変なこと。
    研究費の残りが少なくなる、年の後半は学会などは全額自前。
    国内だと最低一回15万、海外だと30万は持ち出しです。
    その為、本代と学会代で、月15万づつ積み立てをしています。

    あとは、夫には言った事はありませんが、ハイレベルな方が多く、ご主人は当たり前ですが、奥さんにも学歴、容姿、実家の財力、語学力、社交性などが求められ、奥様会でも目に見えない階段に座らされているような事が、当初は大変プレッシャーを感じたこともありました。

    でも、今は、総トータルで、◎です。

    ユーザーID:3599870945

  • がんばって〜

    わたしの夫は水産関係の研究者ですが、サラリーマン(団体職員)なので
    お給料やお付き合いや生活ベースetc…は普通の会社員の方と同じです。
    ただ、仕事上必要な専門書を買うのに、職場での予算が限られているので
    100%自腹です。しかも専門書って高い!雑誌ですら普通の本と桁が1個違う(涙)
    「営業職のスーツ代+接待費」と同じ必要経費だと思い込むようにしていますが。
    苦労?と言えば、これくらいですね。
    良かったことは、海外で開かれる学会に同伴できるので、自分では決して
    チョイスしないような国へ行けます。
    残業で超過勤務しても好きでやってる仕事だから、精神的には苦にならないようです。
    (肉体的にはボロボロですが…)
    またうちの場合、研究内容のことを質問すると喜んで話します。
    聞いた話でも「へぇ〜そうなんだぁ」とか初めて聞くフリするとさらに喜びます(笑)
    もしトピ主さんがフィアンセさんと同業者でないなら、聞き役に徹してあげると
    さらに良い仕事をなさると思いますよ!

    すみません、何の参考にもならないですね(汗)

    ユーザーID:1661468392

  • 当の関係者には用がない?

    研究という仕事は合間に時間の空くこともある一方で、経時変化を追いかけるような仕事だと深夜、早朝、土日祝に関わりなく学校(機関)に赴かなければいけないことが多々あります。

    つまりサラリーマン感覚からはとても離れた生活を強いられる場合もあります。

    また仕事に生き甲斐を感じられる反面、結果が出なければ(相方に悪いとは思いつつも)八つ当たりすることもあります。

    経済的にも苦しいかも知れません。運良くアカポスに付けるとしても、国公立大学法人の助教(旧称・助手)ではその金額も知れています。

    文中「予想できることならば回避」と仰っていますが、回避ではなく「理解」していただくことが肝要かと思われます。

    また教授以外は実質宮仕えです。余程理解のある教授にでも巡り会わない限り、独立独歩という訳にはいきません。また退官・退職によって憂き目を見ることすらあります。上司の退官で、周囲から「お前も辞めろ」と執拗に言われることさえあります。准教授、講師といえどもです。

    こういった状況を「どれだけ受け止められるか」こそが、配偶者の器量でしょう。想像よりも大変だと(私は)思います。

    ユーザーID:8782546964

レス求!トピ一覧