安産になる方法

レス11
(トピ主1
お気に入り14

妊娠・出産・育児

ぷりん

現在妊娠8ヶ月のぷりんと申します。

2月に初めての出産を控えていますが、出産が不安でなりません。
仕事をしているのでマタニティヨガとかに通うこともできず、ただいつも通りの生活をしているだけなので、このままで大丈夫かなと心配になります。
友人は出産の痛みを「生理痛のひどい感じ」と言っていましたが、普段から生理痛があまりないのでピンとこず・・・。
不安な思いと「しっかりしなくては!」という思いが交錯しています。

普通分娩で生みたいと思っているのですが、『こうしたら安産になる』という方法があったら教えてください!!

ユーザーID:0338678561

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数11

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 適度な運動と体重管理

     難産といわれる人は、まあ、体質的な問題(骨盤が小さいとか狭いとか)を除いて、多くが太りすぎによるものだと聞きました。
     太りすぎると産道にも脂肪がついて、赤ちゃんがスムーズに通れないので、ギュウギュウってなって余計に時間もかかるし、痛くて辛い、という話でした。


     とりあえず、出産の過程(赤ちゃんはどうやって産道を通るのか)とかをよく勉強して、陣痛のたびに「ああ、いまこういう状態だろう、」と頭で考えられるまでになると、かなり楽になる、という話でした。


     え、私ですか。私は、勉強不足で、イタイイタイ大騒ぎでしたよ!でも体重は5キロしか増やしませんでした。辛かったけど自他共に認める「安産」でした。2人目に至っては、陣痛開始から僅か1時間程度で生まれました。

     マタニティヨガ、当時はそんなのなかったので、普段の家事や散歩で十分だと思いますよ。

    ユーザーID:4000619423

  • 赤ちゃんが太ると、、、

    産道に肉がつくって、、、助産師さんもよく言うけど
    産道に肉がつくより赤ちゃんが太ると大変です。
    骨盤の間を通ってでてくる骨の大きさは決まっているので
    自分の骨盤の間を通れそうなあかちゃんを産みましょう。
    あとは上手に誘導してくれる助産師さんと
    ひたすら呼吸をすること。
    マタニティヨガは骨盤を整える意味でやると少しは違うみたいですよ。

    私は3500−3700−3600と三人産んで
    体重も10kg増えましたが安産でした。
    とりあえずいたいときは息を吐いて
    夫に親指と人差し指の間のつぼをぎゅーとおしてもらって
    痛みをごまかしました。(両手)
    まあ何とかなりますよ。
    がんばって!

    ユーザーID:1665663950

  • まずは

    常にあぐらをかいていると良いと思います。
    開きなれていないと出産時につってしまいそうになります。

    案ずるより産むが易しです。
    お体に気を付けて!

    ユーザーID:8842606414

  • 私の場合ですが

    臨月まで通勤1時間の職場で働き、
    なおかつ犬の散歩で毎日1時間ほどは歩いていました。
    産休に入ってからは、トータルで1日3時間ほど歩いていたかな。
    体重増加は10キロほどです。

    犬の散歩で歩いていただけですが、これがかなり良い運動だったようで、
    予定日より10日早く、4時間という超安産でした。
    もともと生理痛が酷かったので、痛みにも強いのかな?
    想像より痛くなかったです。
    産後の浮腫も全くなく、入院中にのマッサージでは
    マッサージさんに「歩いている足だわ」と感心されました。

    私は心構えもなく、トントン拍子で進んでいくお産に
    とにかく精一杯で、あっという間でした。
    別にヨガなど通わなくても、普通に家事をするだけでも
    十分じゃないかなぁ。
    もし調子が良いようなら、ウォーキングしてみてはどうですか?

    ユーザーID:9575272136

  • 心配しないで

    初めての出産、わたしも怖かったです。

    こうしたら安産になるという決定的な方法は、残念ながら無いと思いますが、できるだけ安産を目指すには、適度な運動でしょうか。
    お産は体力勝負ですから…

    運動といっても、特別なことをしたわけでもなく、わたしはひたすら散歩していました。

    あとは、陣痛時にどれだけリラックスできるかということでしょうかね。
    「いやだぁ〜!」と思っていても、陣痛からは逃れられません。
    ていうか、陣痛こないと産まれないし。
    陣痛を怖がって(いやがって)変な緊張をすると、よけい辛くなっちゃうそうです。
    わたしはひたすら腹式呼吸で深呼吸をし、リラックス〜平常心〜と、唱えていました。
    どれくらい効果があったかは不明ですが。。

    無事出産されることをお祈りしています。
    お体お大事になさってください。

    ユーザーID:9386454005

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • 三陰交のつぼをお勧めします!

    こんにちは。 9月に出産した yukiです。 

    適度な運動(散歩や家事などで十分ではないでしょうか)と適度な体重管理の上でですが、
    お近くに妊婦さんも見ていただける鍼灸院があったら 
    三陰効のつぼにお灸をすえてもらってください。
    正確なツボの位置にお灸をしないと意味が無いそうなので・・。 

    安産 ツボ などで検索するとたくさんのHPでお勧めされている有名なツボです。 

    主さんは これからの寒い季節に出産を迎えられるので 
    膝から下を冷やさないように靴下やタイツで防寒してください。

    赤ちゃん楽しみですね。 安産をお祈りいたします。

    ユーザーID:2597307940

  • 私も実は怖かった

    のですが。でもねお腹の赤ちゃんも生まれ出ようと体を小さく丸めてゆっくりゆっくりママがなるべく痛くないようにしているんです。陣痛も赤ちゃんからのそろそろ産まれたいよのサインです。お腹の赤ちゃんにママも頑張るから赤ちゃんと一緒に力と呼吸を合わせて産まれようねってよくお腹に話しかけていました。
    スルッポンで出てきてねと。根拠はないですが赤ちゃんとママの初めての共同作業です。リラックスですよ。
    あと、私はトイレ掃除と雑巾がけをよくしてました。体勢が子宮口が柔らかくなるらしいです。なんにしても急激な体重増加は気をつけてね。中毒症も怖いですから

    ユーザーID:0160224901

  • やっぱり体重と運動

    他の方も書いていらっしゃいましたが、やっぱり体重増加に気をつける事と、ウォーキングや妊婦体操などして体力をつける事だと思います。
    かくいう私は、体重管理がうるさくない産院だったせいか気が緩みすぎ15キロ増え、元々運動嫌いでろくに体動かさないでいたら、大変な難産で30時間かかりました。。

    ユーザーID:6953306372

  • 歯周病にも気をつけて

    意外かもしれませんが、歯周病は早産と密接な関係にあり、歯周病を患っていると早産になりやすいです。

    妊娠中の歯磨きは、吐き気を伴い大変ですが、歯磨きの際、しっかり歯茎もマッサージして歯周病を予防することが、運動などと同様、安全な出産準備に欠かせません。

    運動自体は、特別にヨガなどをやらなくても、歩くだけで十分に効果があります。そしてなによりも、あまり心配しないのが一番かな。

    ユーザーID:7279357043

  • トピ主です

    みなさま、心温まるアドバイス本当にありがとうございます!

    運動・あぐら・ツボ・掃除・・・etc普段の生活の中でもできることがけっこうあるんですね。さっそく今日仕事帰りに1時間のウォーキングをしてきました。

    ただひとつ心配なのは、里帰り先が雪国の為、臨月に近づくほど気軽にウォーキングができなくなると言うことです。寒いのはたくさん着込むとしても、滑って足元が危険なのは不安で・・・。
    体育館などを利用するしかないかもですね(^^;

    赤ちゃんに会う為に必要な陣痛、怖がるばかりではなくてドーーンと構えてがんばります!

    ありがとうございました!

    ユーザーID:0338678561

  • 私の場合

     昨年の今頃、長男を出産しました。おなかの張りも早い段階からあり、運動禁止のまま出産を迎えました。
     ここ数年、運動らしい運動もしていなかったので、体力もなく・・・・。
     ですが、周囲が驚くほどの安産でした!
     産院で難産だったお母さんと仲良くなりましたが、その母子との違いは「体重」です。
     私+7キロ(息子2600g) 彼女+14キロ(彼女の子3800g)でした。
     お互いの子供を見れば「安産」「難産」の差に納得!というぐらい違いました。必要以上の体重増加をしないように心がけてみて下さい。

     産院の先生が「お母さんの呼吸が、赤ちゃんへの唯一の酸素供給です。子宮の中しか知らない赤ちゃんが、どんな事態なのか理解できないまま暗くて狭い産道を必死に進んで産まれ出てくるのです。しっかり呼吸をして赤ちゃんが少しでも楽に出て来れるように協力してあげてください。」と説明を受けました。呼吸法も特に習ったりはしていませんでしたが、助産師さんや先生の「大きく吸って〜ゆっくり吐いて〜」「短く繰り返して」という指示に従っているだけでしたよ。
     赤ちゃんとの対面、楽しみですね。安産お祈り致します。

    ユーザーID:7607999638

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧