外国暮らしの方、室内は土足OKですか?

レス49
お気に入り10
トピ主のみ2

ぶーちゃん

話題

先日2回目のホームステイから戻りました。
2回ともカナダのビクトリアですが、疑問があるので教えて下さい。

両方のお宅とも、玄関を入るとカーペットが敷いてあり、そこで靴を脱いでいました。
スリッパに履き替える人もいれば、裸足の人もいてそれぞれなのですが、例えば近所の人が遊びに来ると、その人は靴のままでした。
また、いったん外に出たけど忘れ物を取りに戻った時などは、土足のまま室内を動き回っていました。

私はスリッパに履き替えていましたが、それでも土足の人が歩き回った場所を自分も歩く事がとてもいやでした。
ホストマザーは毎日掃除機をかけないし、語学学校のクラスメイトに聞くと、家の人はめったに掃除機は使わないと言っていました。
正直「外の道路を歩くのと変わらないじゃん。けじめがないなあ・・・」と思いました。

外国で暮らしていらっしゃる方は、どういう風にされているんでしょうか?
近所の人や友人にも日本式に靴を脱いでもらっているんでしょうか?

ユーザーID:1182941212

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数49

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • OKではないですが・涙

    在米です。
    我が家の住人と知人・友人は全て靴を「脱がせます」。これは、一家の主婦である私の一存なので否応なく「脱がせます」。帰る道々、来る道々、嫌なものを踏んでるかも知れないでしょ、冗談じゃないわ、誰が掃除すると思ってるのよ、と。

    ただ、コンドミニアムに住んでいるので、時々修理人の方が何かしら修理に来ます。彼らはつま先などもカバーされているであろうごっつい作業靴を履いているので、脱げ、とは言えず、帰った後でモップで水拭きです・涙 
     知人でも友人でもなく、私が室内では靴を脱ぐ日本という国から来ていることを知らずに来てしまった人に、突然靴を脱げとはいえません。だって、靴以上に靴下が汚れている可能性(だって、一日中休まず履いている訳でしょ?靴の中がきれいな訳が無い…)や穴が空いていて恥をかかせてしまうこともありますからね・笑

    余談ですが、私も高校生の時にカナダに短期留学したことを懐かしく思い出しました。そういえば、私のホストファミリーのうちは靴を脱ぐ派でしたね。この習慣、もっと広がれば良いのに…。

    ユーザーID:6802473171

  • いつまでも日本式

    フロント ドアを入った所 約1.5M X 2M 程の広さがタイル張りになっています。そこからはカーペットのリビングルームに通じますが
    そのタイル張りの所にスリッパを置き 来訪者に どうぞと促します。

    在米44年 スリッパを出されて 土足のまま入る方は居ませんでしたね。

    ちなみに 年二回ほど家中のカーペットを念入りにシャンプーします。

    ユーザーID:3462218001

  • うちは脱いでました。

    文化の違いって大きいですよね。米国なんかでは、大学の寮などで、学生が素足のままトイレに言ったりしますからね。そしてあの足のままベッドの上に・・。

    雪の降る地域では冬季のみ、玄関先で上履きに履き替える家もありますよ、米国でもカナダでも。ただ、それが年中というわけではない。

    私は米国滞在中、自宅では必ず玄関で靴を脱いでました。私の知る限り、
    日本人家庭は皆そうしていましたよ。米国人と結婚した日本人も、家庭には日本式を持ち込んでいるところが多かったですね。やはり気持ち悪いですからねえ・・。

    最近日本でもシラミの発生が問題になっているようですが、アメリカなんかでは子供の毛じらみは決して珍しい問題ではないですよ。毛じらみ用の薬も売ってますから。絨毯と靴の生活のせいなんでしょうかねえ?

    ユーザーID:7647127910

  • そうなんですよ〜。

    アメリカ在住です。
    我が家では、土足厳禁です。
    ドアを入った所が一部タイルになっているので、そこを玄関代わりにしています。
    友人の家も大体そんな感じですが、アメリカ人のように土足の家もあります。
    私は、赤ちゃんが土足でしかも動物の出入りする家でハイハイしているのがたまらなくイヤです。

    アパートに住んでいた友人は、メンテナンスのオジサンに靴を脱ぐようにお願いしたら「忙しいので、いちいちそんなコトできない。」と断られ、次回からメンテナンスのオジサンの歩くルートに古タオルや古シーツを敷き詰めていました。
    まるで、レッドカーペットのセレブのようです(笑

    渡米まもない私は、裸足で外を歩くアメリカ人にビックリしました。
    当時アパートの隣人は片手に靴を持ち、裸足で駐車場に行き、車に乗り込んで行きました。
    要は、室内外の区別が無いのでしょうね・・・そのままベッドに入るのでしょうか?

    他にも色々、疑問な衛生観念がありますよね。

    ユーザーID:2114164249

  • 脱いでもらいます

    自宅内では、靴を脱ぎます、
    誰かが尋ねてきたときは、玄関先で靴を脱いでくださいとお願いします。
    カナダで暮らして20年、自宅を持つようになって15年ですが、個人的な知り合いに、靴を脱いでくださいと頼んでそれでNOといわれたことはないです。
    特に、今の時期は、雪や雨で靴がぬれているので、脱いでもらわないとカーペットが大変なことになります。

    例外は修理などで、人が入る場合のみですが、その際は、靴カバーをかけてもらいます。

    ユーザーID:8714125395

  • そのお宅と同じです

    アメリカですが、自分たちは日本と同じように靴を玄関先で脱ぎますが、訪問客には強制させてません。うちの習慣がわかってる親戚や友人は言わずとも脱いでくれますが。

    私の周りのアメリカ人だけかもしれませんが、室内で靴を脱いで過ごしてるお宅は結構あります。人をよく通すリビングルームは大抵ドアから入って一番近い部屋にあるので、土足で行き来するのは主にドアからリビングの間と、リビングに近い客用トイレまでの間だと思われます。なので、寝室などは案外綺麗な状態で保ってるのではないかなと思われます。それと、カーペットのクリーニングも人によっては定期的にやってると思います。

    自分の足を常に綺麗に保ちたい人は、室内履きに変えてます。犬を飼ってる家だと、外を散歩させた後の犬はそのまま家に入ってくるわけですし、土足を気にしない人はこちらでは多いでしょうね。私もリビングに土足で入られるくらいは気にならなくなりましたが、汚い足をテーブルに乗せる方が嫌悪感を感じてしまいます。こっちの人はそれが多くて驚きました。

    ユーザーID:5080965138

  • 土足はタブー

    です。ちなみに、主人がイギリス人で義父母の家でも土足はタブー。玄関で靴を脱ぎます。でも彼らの親戚は土足OK. 日本で生まれ育った私としては、土足は嫌です〜。家の中では靴を脱いでくつろぎたいですよね。と主人も同じ意見です。

    ユーザーID:1051453814

  • 脱いでいます

    以前アメリカに住んでいました。
    アパート暮らしでしたが、玄関を入ったところで靴を脱いでいました。
    来客にも、全員脱いでもらっていました。といっても、家にくるお客様は基本的に日本人か、日本の文化に詳しい人たちだったので問題はありませんでした。
    でも、ケーブルテレビだったか、電話会社だったか、修理の人がきたときに、脱いで欲しいと頼んだところ、「ユニオン(労働組合?)の規定で、靴を脱ぐことはできない」と言われたことがあります。
    そのときは靴をビニール袋でくるんでもらいました。

    現在ヨーロッパ暮らしですが、ここでも脱いでいます。
    また、いかなる来客にも脱いでもらっています。

    やっぱり土足は嫌です...。

    ユーザーID:9389889549

  • アメリカでしたが

    周囲の駐在などの日本人家庭は100%土足禁止にしていましたね。
    アメリカ人の親しい友人は我が家ではこちらに習って靴をぬいでくれましたし、
    「自分の家でもそうする」と宣言していましたが日本人の目からすると中途半端な状態でしたね。

    私の数軒でのホームステイ経験から思ったことですが、
    あちらの人にとって人前で靴を脱ぐというのは下着になるのに近いくらいの感覚なのかも。
    恥ずかしい、行儀がよくない、だらしないという感じでしょうか。
    ステイ先の奥さんは室内履きや靴下になったりするのですが、
    「私も靴を脱いでいるし、あなたも自由に靴を脱いで構わないのよ」という気遣いのようでしたね。
    対して男性はたいていスニーカーなどを履いていました。
    女性である私を意識してきちんとしているという印象でした。

    郷に入っては郷に従えということで
    家具などの配達やメンテナンスの人にはそのまま上がってもらうようにしていました。

    ユーザーID:6316680234

  • 靴を脱いで生活してます。

    我が家では、アメリカ在住さんと同じく、玄関のドアを開けたところがタイルになっていて、そこで靴を脱ぐことになっています。初めてのお客様には必ず、「靴を脱いでください」とお願いしていますが、断られたことはありません。修理などで来る人は、「危険なものを踏むかもしれないので、靴を脱いではいけない規則になっています。」と言われましたが。 

    靴下では、落ち着かない人もいるかもしれないと思い、日本でLLサイズのスリッパを買ってきてあり、「よろしかったら履いてください」と、お声はかけますが。履く方もいるし、履かない方もいます。

    誰かのお宅にお邪魔するときは、そこに住んでいる人が靴を履いていれば、私も履いたまま家の中に入りますし、脱いでいれば、私も脱ぎます。

    ニュージーランドとオーストラリアでよく見かけますが、はだしで外出する人、多いですね。はだしで車を運転して買い物に行ったり。家の中で靴を履いてなくても、外でも履いてなければ、やはり床は汚れますよね。子供の友だちが、はだしで遊びに来たとき、家に入れるのをためらいました。

    ユーザーID:9886097804

  • オーストラリアですが…

    うちは土足です。日本人ではありますが、ここは日本ではないのでまったく気になりません。ご近所や友人(日本人を含む)宅で靴を脱ぐところは、私の知る限りゼロです。掃除機をかけるのも我が家は週一で、これもいたって現地人並みだと思います。

    カナダでは雪や雨が多いので家では靴を脱ぐ人たちは多いですね。西部海岸沿いを除けば、冬場はブーツが必須の屋外から暖房で二十度以上に暖めてある室内に入るわけですから、脱ぐ習慣がつくのは自然なことかもしれません。

    逆に、日本で一般的な、複数でお風呂(タブ)のお湯をつかうことを嫌悪する外国人はかなり多いでしょう。

    清潔感の度合いは、国によって違ってもいいのではないでしょうか。外国にホームステイに行く意義は、視野を広げたり、視点を変えたり、語学以外にもいろいろあると思います。

    土足だから「けじめがない」と言われるのは、かなり不快です。「郷に入れば郷に従え」という言葉は、トピ主さんの辞書にはないのかな?

    ユーザーID:0322470808

  • うちも100%脱いでいます。

    在米です。日本からこちらに来た当初はアメリカ人の夫が、強制的に靴を脱がないといけないという状況が嫌だったらしく土足でしたが(私はスリッパで)夫を見てるとほとんど裸足でいる時ばかりだったので途中から土禁にしました。でもこちらの人って中途半端で裸足でガレージに出たりなど地面を踏んだ足で家に入るんですよね。夫もそうなんですが、靴で家に入らなければいいだろうとの考えのようです。日本人の靴を脱いで家に入るのは靴というのは外を歩いて汚れているからその汚れた物では家に入らないという考えからだというのを理解していないようです。部分潔癖症の私としては、すっごく嫌なんです。そして一番嫌なのは中途半端なお宅でアメリカ人の夫婦でも出身地の習慣などで家の中では靴をはかないお宅があります(日本人の私達のように完全土禁かは微妙ですが)。私たち夫婦が始めにお邪魔すると強制されてはいないですが、家の主が脱いでいるから私達も当然靴は脱ぎます。しかし後から来た他のアメリカ人ゲストにも強制しないので皆、靴を履いたままです。この状況が一番嫌です。脱いでる私たちの靴下が汚れるし、そのまま靴を履いたら靴の中も汚れますし。

    ユーザーID:3223379944

  • 脱いでいます・・・・が

    在仏です。夫も靴を脱ぐ生活に賛成してくれているので、基本的には靴を脱いでスリッパに履き替えます(本当はスリッパもナシが希望だけど・・・)。周囲でも、日本人の居る家庭は、ほとんど靴は脱いでいらっしゃるようです。日本人の住む家で、土足OKなお宅には、まだ行ったことがありません。

    ただ、我が家はあまり、徹底はできていないんです。やっぱり日本人以外の客人が来た時に、「脱いで。」とは言いづらいので、そのまま上がってもらっています(靴脱がないんだから「上がる。」とも言わないのかな?)。さすがに、夫の家族は協力してくれるようにはなりましたけど。

    かく言う家主の我々でさえ、トピにあるように、忘れ物を取りに戻った時、(一応つま先立ちだけど)そのまま入ってしまいます。

    玄関に段があるといいのにな〜などと思います。

    ユーザーID:7879429869

  • 土足OK

    うちは土足OKです。私は一日中靴を履いていると疲れるので、室内履きを使いますが、それを履いたまま郵便物をとりに行ったり、庭でハーブを摘んだりして、また家に戻ってきます。「けじめ」ないです。

    こちらは椅子にすわり(座布団で直接床に座らず)、ベッドで寝る(布団で直接床に寝ない)生活様式であり、さらに私の住む国は空気が乾燥しているため、床を靴で歩いても何ら問題ありません。日本人は気分的に家の中が土足だと気になるのでしょうけど、実害はありません。

    うちが土足OKだと知ると、多くの人が「ああよかった、日本人だから靴を脱げって言われるかと思ってた」と皆さん胸をなでおろすので、文句を言わず靴を脱いでくれる人たちも、心の中では「面倒だ」と感じているのでしょう。

    こちらの人は、お湯をかえないで何人もお風呂に入る習慣の方が信じられない、衛生観念がない、と言います。それぞれの文化・生活様式の観点から別の文化・生活様式を判断することは、無意味なことが多いですね。

    ちなみにフローリングの床は、素足で歩くのが一番痛みが早いです。靴かスリッパ・室内履き使用をおすすめします。

    ユーザーID:2577203041

  • 諦めも必要

    ニュージーランドに住んでいます。家では靴を脱いでいますが、周りは靴のままだったり、公共のトイレを含めて、どこにでも裸足で出かけたりと色々です。

    子供の友達が遊びに来ると、この家では靴を脱がなければならないと思って、玄関の3メートルも手前で脱いで素足で歩いてくる子がいます。そもそも最初から素足の子もいますし、学校でも教室で靴を脱がせてから体育館に行ったりするので、靴を脱がせたとろこで足や靴下がキレイとは限らず、衛生に関する感覚を多少は寛大にする必要に迫られました。

    ニュージーランドはカジュアルなので、家の内外を問わず裸足もOKですが、アメリカなどでは靴を履くこと自体が身だしなみの一つなので、人前で靴を脱ぐのはビーチやプールだけという感覚の人もいます。玄関でさっさと靴を脱いでしまえば、セクシーな感じさえ与えかねないので、来客に靴を脱いでもらう場足も、そういう相手の感覚への配慮が必要かと思います。

    ユーザーID:6061411458

  • トピ主です

    トピ主です。

    夏様・「けじめがないと言われるのはかなり不快」
    けじめ=区別という意味なんですが、お気を悪くされたのならごめんなさいね。
    私は2回のホームステイで、語学以外の様々な事を体験し少しは視野を広げたつもりです。
    その中で今回疑問を持った事があったので、トピをたてさせていただきました。

    あさ様・「要は室内外の区別がないんでしょうね」
    やはりそうなんでしょうかね。特に裸足で外を歩くという事は、区別がないんでしょうね。
    横ですがバスタブの中で体や髪を洗うのも、区別がないのでしょうか?
    構造的に違うんですけど・・・

    1本様・「汚い足をテーブルに乗せる方が嫌悪感がある」
    私もハイキングのロッジで、ごつい靴のままテーブルに足を投げ出してる人達を見た時、嫌悪感がありました。
    更に教会で、席の前の聖書が置いてある所に靴のまま足を載せながら、神父さまのお話を聞いている信者さんを見たときは、驚きのあまりひっくり返りそうになりました。

    他の皆様もレスをくださりありがとうございました。
    北米、欧州以外ではどうなんでしょうか?
    いろいろ教えて下さいませ。

    ユーザーID:1182941212

  • ホームステイする意味

    うちでは家族は靴を脱ぎますが、ゲストに強制はしません。自分がゲストとして招かれた時も、招いて下さった方が靴を履いたままの場合は、私も靴は脱ぎません。

    最近では靴を脱ぐ家も増えてきたと感じていますが、やはりアメリカ人の友人、知人宅はまだ靴をはいたままの方が多いです。でもそれはあちらの習慣だし、それが日本の習慣と違うからと言って、「けじめがない」って断定するのは間違っていると思いますが。

    ホームステイって語学を学ぶだけではなく、その国の文化とか習慣とかも学ぶために行くんだと思ってましたけど・・・。だって、語学だけなら日本にいても学べますよね?何もわざわざホームステイしなくても。

    土足で家の中を歩く事に違和感を覚える気持ちは、同じ日本人として理解出来ますが、北米では珍しくないことです。生活習慣の違いです。

    ユーザーID:1420715920

  • 郷に入らば

    はいいけど、だからと言って室内土足まで従わねばならないということはない
    ので、トピ主さんの思うようにされたらいいのでは。室内土足って精神衛生上もつらいですよねえ・・。自分は耐えられないです。

    ユーザーID:7647127910

  • 土禁です

    同居人には「このマットから先に土足で立ち入ったら掃除」と言い渡してあります。

    それはそうと、夏に裸足で床を歩いていたら「汚い」といわれて目からウロコが落ちたことを思い出しました(靴下をはいていれば許容らしい)。私からすると「家の中を土足で歩くなんて」が、彼にとっては「床を裸足で歩くなんて」なんですね。欧米でも室内では靴を脱いでいるご家庭は少なくないですが、それは楽だからであって、衛生面の感覚では室内といえど床はむしろ外の延長に近いんでしょうね。これは私にとってはちょうど小中学校(日本)の床のようなものかと思いました。普段は上履きに履き替えているけど、たまに忘れて上履き無しで過ごすのはちょっと汚い気がする、みたいな。普段から床に座ったり布団を敷いて寝たりしている日本人とはそもそも的に感覚が違うのだろうと思います。

    ユーザーID:2355211756

  • 土足です

    イギリスです。雨がじとじと降る国ですが、うちも土足ですねぇ。
    来たときからすぐに「こっち式」に馴染んでしまいました。
    道端には犬の糞なんかも落ちてるので、汚いといえば汚いんですけどね。
    一応、玄関マットでは靴底をきれいにしますが。
    まぁ床に腰を下ろすわけではないし、それで病気になるわけでもないし、別に気になりません。
    慣れですかね。

    時々、日本経験のある現地人の家に招待され、玄関先で靴を脱がされることもありますが、なんか面倒。

    カーペットでも木の床でも、こっちのフローリグ材はとても丈夫です。
    ドカドカ靴で入り込んでも、床がしっかり受け止めてくれてるような感じがあります。
    畳が基本の日本家屋とはまた違った味わいですよね。
    私はこっちの住宅の、頑丈で、汚れや雑菌もなんのその!というコンセプトがとても好きです。

    ユーザーID:8366707161

  • うちは土足禁止

    EU圏在住です。
    日本人夫婦ですので、土足禁止にしています。
    かなりの人がそれを理解してくれますが、他の方も書かれていますけれど、修理や運搬などで入ってくる人には、靴を脱げとは言えません。
    こちらの人の大半が、カーペットの上でも平気で土足ですから、なんとも思わないようですね。在留邦人でも、土足禁止にしている家は少ないような気がします。

    以前、「日本はベッドがなくて床で寝るけれど、赤ん坊でもそうなのか? 汚いとは思わないのか?」と見下すような言い方をされた時にはムッとしました。
    「日本は家に土足で上がることがないから床は綺麗なんだ。それでも最近はベッドが主流」とは説明しましたが、彼らのライフスタイルでは、「床で寝る」なんて理解できないかもしれません。

    ユーザーID:0942838609

  • 在米8.5年、土禁だった自分の部屋はなし。

    タイトルの通りなんですが、留学生から始まってアメリカに8年半住んでいます。しかし最初っから土足禁止(日本式)だった自分の部屋なりアパートメントはありません。郷に入りては・・・なんでしょうけど、慣れました。同じように日本では絶対イヤ!!と思っていたユニットバス(便器のすぐ横にバスタブというの)も、アメリカでは基本的にそれしかないので慣れました。

    全く平気です。スタイルとしては「ちまり」さんと同じです。家に帰るとスリッパなり部屋履きに履き替えますが、靴のままではしんどいというだけで、その履物で外にも出ます。世界中をみても部屋の中で靴を脱ぐ文化の方が少ないでしょうし(日本人は人口が多いので少数派という意識が薄れますが)、感覚の違いです。なんでもかんでも日本の文化を押し通すのが良いとは思いません。ましてやそれが「けじめ」だなんて、押し通すところか「靴を脱ぐのが正しい」という傲慢じゃないですか?

    ユーザーID:5518291468

  • 私は野蛮人だ・・・(汗)

    オーストラリアで育ち、現在はアメリカ東海岸に永住、夫はアメリカ人。そのせいでしょう、私は日本国籍なのに、家の中での「土足」に抵抗を感じることはまったくない真性野蛮人です(笑)。

    ここの皆さまの大ヒンシュクを買うのは必至ですが、あえて白状しちゃいます。夫と日本で暮らしていたときも、冬の間は、畳の部屋でさえ靴は脱ぎませんでしたよ。床から寒気がじわ〜と上がってくる安普請の家でしたから。

    現在のアメリカの家では、庭仕事などで靴に泥がついたり、雨や雪で濡れた場合のみ、勝手口のポーチで靴を履き替えますが、少しくらいの汚れなら、ドアマットでゴシゴシ落として、おしまい。

    テーブルに足を投げ出すのは、TPOによりますが、わが家では、これも当然、やっていますよ〜。オットマンがコーヒーテーブルを兼ねているからですが、こういう使い方は、こちらではごく一般的です。

    しかし、はぁ〜、改めて文化の違いを痛感しました。日本は「外」と「うち」の境界線が非常に厳しいということなのでしょうね。

    ユーザーID:2216083104

  • 文化の違いと、公共の作りの違い、建物の作りの構造の違い

    日米文化の違いと建物の構造の違いですね。アメリカの場合は、マンションを除いて、一軒屋では土足であがっても良いように家が設計されています。日本は敷居が高いのと畳とかありそういう風習がありません。要するに西洋人は生活を効率良くして快適な生活スタイルで過ごしたいという気持ちから構成されています。しかし、反面欠点は当然効率良い生活するのはそれなりのエネルギーを使い今のグリーンハウス効果にかなり貢献しているのは間違いないですね。
    アメリカの場合公共の場が綺麗に日本より掃除されていて、確かにトイレでいってそのまま家の中に入るといいますが、それまでに他の場所を歩いたり車の中で靴がカーペットで掃除されたりしますから。私は日本の公共の場が綺麗でないことに大変気持ち悪く感じます。アメリカの場合は家まで土足で入るように殆どのアメリカ人は考えているので公共の場を設計する時は掃除という機能は絶対に省いておりません。
    開発途上国から移民してきた人達の習慣をみますと、綺麗にするという習慣が無いために家の中とか周りが汚れて見えます。これは実は日本人が住み始めると同じ現象が起きており、その町全体が汚れ始めます。

    ユーザーID:9256219166

  • 現地人宅で、お客も現地人ですよね

    在米で、家では靴を脱いでいます。

    人を呼ぶときは、呼ぶときに、靴を脱いでもらうことをあらかじめ伝えています。
    やはり、靴下のこととか、においのこととか、気になる人もいるようですし。靴を人前で脱ぐことに、抵抗を感じる人もいるようで、そういった人たちのために心積もりをしておいてもらうということです。こちらが招待されたらその家に従います。

    うちに来て、テーブルに足を乗せる友人は、家主の権限でやめさせました。かといって、公の場で眉をひそめるほど、神経質ではありません。そこはほら、郷に入れば何とやらで…日本人の常識が通じるところではありませんから。

    生活していると、土足の有る無しは、小さな文化の違いです。
    そんなことに神経質になっていたら、やっていけません。

    ホストファミリーは、土足OKの家で、家人が室内履きを使っていたに過ぎないのでは?そこに、日本の風習、感覚を持っていっても、迷惑なだけですよ。それで、自分の気をめいらせるのも、損です。
    異国で暮らすということは、世界共通の常識「盗まない、殺さない、嘘つかない」等で憤慨しつつ、日本の常識に目を瞑ることです。

    ユーザーID:9924397563

  • 在米、アパート住まい、土禁です。

    日本人、日系の方に限らず土禁のお宅はけっこう聞きます。
    私の住んでいるアパートでは、知っている限りでうち以外に3部屋の家族がそうです。
    赤ちゃんがいたり、独身女性、ママがロシア人だったりとそれぞれです。
    以前ELSのクラスをとっていたとき、日本では家の中では靴を脱いで生活すると言ったところ、うちもそうしているとよその国から来ているひとたちが何人かいました。
    修理の人が来たときも、靴脱いでくださいね〜とお願いすると、彼らはちゃんとビニールの靴カバーを持参してるので、そういうものだと思ってました。
    なので、土足厳禁てけっこう市民権得てると思っていました。

    外国人が多い土地柄だからここは特別なのか?とこのトピみて思いました。

    ユーザーID:6201254403

  • 在仏です

    靴は脱いで室内履きに履き替えます。
    でも徹底していないです。
    日本人以外のお客さんが多く、そのまま靴で上がってもらいますので。
    正直イヤなんですが、文化の違いとして我慢しています。

    で、ちょっと横なんですが、お風呂の件です。
    日本人がお風呂で同じお湯を使うということ、勘違いしている人が多くありませんか?
    こちら式に湯船の中で体を洗い、次の人も、となると汚いですよね?
    こんな風に勘違いしている人が多いです。
    湯船に入る前には体をしっかり洗うか、最低限下半身は洗い流して入り、
    洗い場で体を洗い、湯船の中は温まるだけ。
    タオルも決してお湯につけてはいけない、と言うとたいていの人は納得してくれます。
    私としては下半身も流さずに入り、そのお湯で顔を洗ったりするほうがよっぽど汚いと思うのですが・・・。
    こちらの子供は湯船のお湯を口に含んで遊んだり、
    そのお湯で歯磨き、口をゆすいだりと、初めて見たときはびっくりしました。

    体の洗い方を見ても、衛生観念は日本人の方が上だと思います。

    ユーザーID:3751397047

  • うーんと・・・

    家族は脱いでいます。
    (オーストラリアです)

    カーペットの上は靴下か裸足
    タイル&フローリングの上は
    スリッパを着用しています。

    私や夫の友人が来た場合・・

    その人達も皆うちで脱いでいる
    人が多いせいか、皆さん玄関で
    脱いでくれます。

    それ以外の人達は・・・

    修理やデリバリーで人が来る場合は
    カーペットの上はペンキを塗るときに
    しくような大きい厚手の布を敷きます。
    特に修理関係の人の場合、セーフティーブーツを
    脱ぐのを強要することは出来ないですからね。

    ご近所さんがいらしたときは
    一応、スリッパを出しますが
    履かれない場合は土足で入ってもらっています。
    大抵、皆さんスリッパに履き替えてくれますけれどもね。

    ユーザーID:7264178188

  • 完全日本式

    アメリカ東部大都会のアパート暮らしです。

    玄関のドアの前にはよく汚れを落とせそうなドアマットを敷き、
    ドアの内側にも敷いています。

    お客様には、よくよく靴の汚れを落としてもらい、尚且つ玄関を入ったところで即、その靴を脱いでもらいます。
    スリッパを並べておけば、日本人の方なら何も言わなくても、すっと履き替えて下さるし、アメリカ人も日本通が多いので、その点は問題ありません。
    ボーイフレンドも自分で勝手にスリッパを出して履き替えています。(笑えましょ?)彼はこれが気に入って、自分のアパートも完全土足厳禁にしました。(更に笑えましょ?)

    年に数回、出入りするスーパー(管理人兼修理屋)やペンキ塗りの人たちは、仕事が仕事なので土足で入ってもらいます。(あまりの泥靴に涙チョチョぎれそうになります)

    その後は、床に這いつくばって雑巾で磨きます。

    ちなみに、そのせいで絨毯を敷き詰めず、木の床とタイルにしています。
    掃除するには、これが一番。

    ところで、ヴィクトリアは私も昔、2度訪れました。
    2度とも夏でしたが、本当に美しい所ですよね。
    懐かしいです。

    ユーザーID:7892175304

  • 土足です

    人生の3分の2以上海外生活です。現在はメルボルンで、何時も土足です。でも、訪問してくる人は私が日本人だと分かると、日本の文化を尊重して必ず靴を脱ぎましょうかと私に尋ねるか、自分から進んで靴を脱ぎます。オーストラリアは暑いし、水虫防止の為にはだしで歩き回る人が多く、内でも暑い時は裸足で家の中も、外も歩く事がありますよ。でもカナダのトロントに転勤した時、雪で靴が汚れるので、玄関で靴を脱いでいました。トロントでは雪の降る冬や雪どけで道路が汚くなる春など、土足で家に入るのはエチケット違反です。

    相手の立場をよく考慮する人は玄関で汚れたスノーブーツを脱ぎ、室内用の靴に履き替えます。冬に履く室内用の靴は市販されており、これはオランダの木の靴をプラスチックに作り変えたようなものです。訪問する時は、その家の習慣に従って靴を脱いだり、脱がなかったりです。カナダでは人種に関わらずほとんどの場合冬は家で靴を履きませんでした。季節に関わらず靴を見て、汚れている場合、脱いで家に入るのが普通でしたよ。

    ユーザーID:0829331911

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧