小金持ちの家から会社員に嫁いだ方

レス95
(トピ主0
お気に入り247

家族・友人・人間関係

さくらんぼ

はじめまして、結婚1年半の主婦です。

幸せに暮らしていますが、時々、結婚前に比べて美味しい物が食べられないこと、お手伝いさんがいないこと、優雅な旅行が出来ない事などがつらく感じられます。

同じような環境の方、どのように乗り越えられましたか?いつか慣れる日が来るのでしょうか?アドバイスをお願いします。
(批判はご遠慮下さい)

ユーザーID:0371717181

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数95

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 小金持ちではないですが

    サラリーマン家庭だったので、小さい頃はそれなりに安月給で大変だったと思いますが恵まれた暮らしをさせてもらいました。
    トピ主さんよりも裕福ではないと思うのですが…。
    (お手伝いさんなんて、ドラマの話です(笑)ただ旅行や美味しいものは普通に頂いてましたよ)

    サラリーマンの若いうちの月給なんて安いものです。
    自分の思うようにはとてもなりません。
    もし自分が美味しいものを食べたい、旅行がしたいというならばご自身で稼いでしまうのが一番手っ取り早いと思いますよ。
    私はそれで主人と美味しいものを食べて、温泉に出かけたりしています。
    主人には食と住、すべて面倒見てもらってます。
    着るものは自分で働いているので、自分で買いますが。
    専業主婦の頃は図書館へ出かけたり、お散歩するのも楽しかったものです。
    家のなかであれこれ考えているなら、外に空気を吸いに行くのも、働くのも良い気分転換ですし、気がつけば乗り越えちゃっているかもって思いますよ。
    どうか頑張ってくださいな。

    ユーザーID:6145060288

  • わかります。

    あ、似てるなぁ〜。と思ってレスいたします。28歳結婚3年の女です。

    私の実家も小金持ち(?)でした。ものすごい大豪邸に住んでいたわけでは
    ありませんでしたが、一人娘で子供の頃より何不自由なく育てられ、
    海外旅行も度々行きましたし、お手伝いさんもいらっしゃって、
    多分多くのご家庭よりは多少裕福だったと思います。

    結婚したのはトピ様と同じく一般的な会社員の夫でした。

    今までの生活より、食べる物、着る物、通うお店‥全てがお安い所で、
    (この書き方に不快を覚える方がいらしたらすみません‥)
    覚悟していたとはいえ、1年ほどは幸せな心の隅で余りに違う生活に
    虚無感(?)や不満に悩んだりしておりました。(勿論夫には言いません)

    ですが、昨年より私も働き出すようになりまして、
    毎日が家事と仕事で時間がなくなると、そのような負の感情(?)も
    気付いたらかなり軽減されておりました。

    要は時間があるあまり考えすぎだったのかな、と。
    愛する夫が傍にいて、慎ましくも生活に困らないだけのお金がある。
    そう再認識して、日々の生活に感謝する事が大切ではないでしょうか。

    ユーザーID:1080313789

  • お仲間です

    羽振りの良い自営業のうちに育って、普通の会社員の夫と結婚しました。
    夫は田舎育ち。
    おうちは工場勤務。
    別世界でした。

    で、解決策でしたね。
    働けばいいと言われそうですが、働きたくなかった私は実家からお小遣いもらってました。
    夫公認です。
    車も買ってもらい、家を買うときもかなり出してもらい、お休みにはうちの別荘に泊り・・・
    夫もそんな暮らしに慣れてしまい、自分の実家とは疎遠になりました。

    そのうち夫も出世して稼いでくるようになり、お小遣いを貰わなくても大丈夫になりました。
    そして、私の両親が亡くなり相続でまたたくさんいただきました。

    さくらんぼさんも、実家に事情を話してみたらいかがですか?
    娘がみじめな暮らしをするのは親御さんなら耐えられないと思うのですが。
    旦那さんがそれはだめだと言うなら我慢するか、頑張って自分で稼ぐしかありません。

    ユーザーID:0698696117

  • ご実家にお願いしてみたら?

    お手伝いさんやお小遣い、リッチな旅行の代金などは実家に頼れませんか?トピ主さんのご両親が結婚に大反対されてたとしたら難しいかもしれませんが。

    ユーザーID:8221258145

  • 前向きに

    そういうこと、あるある!(笑
    でも当たり前ですがその「会社員」と結婚して良かったこともありますよね?
    例えば部屋数が少なくなってお手伝いさんがいなくとも掃除が楽だとか、安くても意外に美味しいものがあることを知ったとか、余計な人付き合いが減ったとか。
    あれがつらい、これがつらい、と考えて楽しいことを見逃していたら不幸になるばかりです。
    ご主人も奥様がそんなふうに考えていることを知ったらさぞや悲しむでしょう。
    前向きに、「普通の生活」を楽しんでくださいね。

    ユーザーID:7539748666

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 同じような…。

    私の実家は、住み込みのお手伝いさんが一人いて家事炊全般をしてくれてましたから、
    祖母も母も私も、包丁というのに縁がありませんでした。
    なので、新婚生活が始まって料理に四苦八苦でしたが、
    良い味を舌が覚えているようで、味付けだけは褒められます!
    掃除も苦手なので、まず「散らかさない努力」をするようにしてます。
    旅行は、それはビジネスやファーストで行くことはなくなりましたが
    夫の趣味に感化されてか、コストパフォーマンスの良いツアーを探す楽しみを知りました。
    身の丈に合った生活をしていない方が、居心地が悪くつらく感じませんか?

    昔の友達に会うと「なんだかシンプルな感じになった」と言われます。
    お給料の全てを毎月使ってましたから、無駄にお金を使ってましたが
    今は必要なものを必要な分だけ。です。
    品の良い服は長く着られますし、カシミヤのコートは軽く仕立て直し
    この冬も活躍してくれます。
    友達の言葉を悪く受け取るのも、良く受け取るのも自分の気持ちの持ちようです。
    自分が今の暮らしや生活に不満があれば、昔を思い出しては「あの頃は良かった」
    なんて言うのでしょう。

    ユーザーID:8289476697

  • 慣れるしかないです

    主人と結婚して6年ですが、未だに結婚前との生活のギャップを感じる時があります。 まだ3歳の子供一人で、主人の結婚前の貯金があるのでそれ程苦しい生活とは思いませんが、やはり実家の時にはお手伝いさんがいたし、食卓に並んでいた食材や、旅行、着ていた服、などなど・・は今よりはずい分良かったと思います。

    でも、それを覚悟で主人と結婚した訳だし、今は今でとても幸せだなと感じることが多いです。
    なによりも、主人との穏やかで平和な生活はお金には変える事ができないと今更ですが、実感しています。

    トピ主さんも、まだ結婚して1年半だということですが、これから先、ご主人との時間がとても大切だと感じることができれば乗り越えることができると思います。

    ユーザーID:8158508281

  • 同じような…。2

    ところで、優雅な旅行に行きたいなら、他力本願ではなく
    自分で稼ごうという気持ちはありませんか?
    私はというと、自分の趣味(陶芸)を活かして教室でパートをしています。(午後3時間週3日)
    扶養控除内ですけど、年間約100万円が私の贅沢資金です。(滅多に使いませんけど)
    他に実家から生前贈与に毎年120万をもらってますが、これも使わずに預金してますよ。
    主婦は家事炊事をすることが仕事ですから
    生活の中に楽しみを見つけてみてはいかがでしょう。
    お料理の腕を磨いたり、インテリアを手作りしてみたりはいかが。
    良い物に囲まれて育った人には、センスが備わってますから
    カリスマ主婦なんて簡単になれるかも知れませんよ。

    なんていうか…
    過去(実家)と現在を比べて、あの頃が良かったなぁーと思うなら、
    実家に帰ってしまえ!と私の友人なら言ってしまうかも。(ごめんなさいね)
    10年後、20年後、余裕のある暮らしができるように、
    自分で準備をしなくてはならない事もあると思います。
    ご実家だって、裕福な暮らしをするための努力はしてきたでしょうからね。

    ユーザーID:8289476697

  • すごいなぁ

    私は、ごく普通の家庭で育ったので、アドバイスも何もできませんが、お手伝いさんがいらっしゃるようなご家庭で育った方が、時々しか現状をつらく感じないなんて、すごいなぁと思います。

    人間って、贅沢にはすぐ慣れてしまい、いったんそれに慣れてしまうと、ランクを下げるのは耐えられないと思うんです。
    ましてや、トピ主さんはそう言う環境で育ってこられたんですよね。
    なのに、今を幸せに暮らし、たまにかつらく感じないなんて、すごい適応力だと思います。

    ごめんなさい、アドバイスにはなってませんが、トピ主さんは幸せに生きていける人なんだと思いました。

    ユーザーID:0589699020

  • ハッキリ言います

    慣れません!断言します。
    気持ちの中ではね。

    私も祖父母の家にお手伝いさんが4、5人。家に1人お手伝いさんがいる環境で育ち、いろいろな事情で会社員と結婚し、今に至ります。
    金銭感覚が、やっぱりおかしいです。ある程度までは何とか落とせますが、それより下はどうにもこうにも我慢ならず。。。
    と言いたいのですが、そんなワガママ言っていたら一家心中しないと生きていけない状況なので必死に働いて、節約しています。
    4人家族で一ヶ月の食費4万程しか出せない極貧生活。


    私が一番言いたい事は、金銭感覚が違うもの同士が結婚した場合、とても精神的にきついです。
    スーパー等にある食堂?!のようなところでお昼を食べるのは今でも慣れず、苦痛です。
    早くこんな生活から抜け出したい!

    ユーザーID:5267909709

  • それが怖くて・・

    私も実はそれが怖くて、大学時代から7年もつきあった大好きだった彼と別れました。
    すごくつらかったです。実家が自営業で裕福だったので、普通のサラリーマンと結婚して生活水準が落ちることが
    大変恐怖だったのです。交際中はこんなに好きなのに・・・とデート中に涙したことも
    あります。別に親に反対されたわけでもなかったのですが、好いた惚れただけで
    結婚するべきではないと漠然と感じていました。今は、当時の自分の理想であった3高(高学歴、高身長、高収入)
    の夫を持ち、幸せです。億万長者ではありませんが、夫のことは大好きですし、周りの主婦よりも
    確実に生活レベルが高いです。具体的には、大きな家に住み、外車に乗り、一流ブランドの服を着て、
    子供にも自分のように名門私立中学に向けての教育をしています。多分、多くの方から、嫌な女と
    いわれるかもしれませんが、やっぱり、夫の経済力って大切です。色恋沙汰・結婚の後には、’生活’が待っています。
    皆さん、冷静に、相手を選んでください。

    ユーザーID:6721456388

  • 批判じゃいです

    お父様と旦那様は立場が違うと思われたらいかがでしょう。
    お父様から見ればあなたは守るべき存在です。
    旦那様から見ればあなたは供に過ごす存在です。

    お父様から頂いたものは、これからあなたがこれから生まれてくるだろうお子さんに返していくものではないでしょうか。
    あなたが何かを守る立場へステップアップしたのです。

    旦那様とお幸せに。

    ユーザーID:6899312542

  • 結婚30年・・・慣れません(苦笑)

    婚家は中流だけど、私から見るととにかく「どケチ」
    食生活、旅行、服・・・全てにおいて。
    それが結構辛かった。あ、今も。

    若い頃は父の会社を訪ねて、ゆっくりと豪華なランチをご馳走してもらいました。ついでに服も買ってもらって。
    父は社長だったので時間の融通はできました。
    帰りに義母(同居)や夫に、リッチなお土産を父が持たせてくれたので、婚家で気まずくはなかった。

    母とは旅行。
    年に2、3度だけど、婚家なら目ん玉が飛び出そうな程の高級旅館やホテルに泊まって、心身共にリフレッシュ。
    もちろんお土産は欠かさずに。
    義母には母からと私から、ダブルのお土産です。

    父は亡く、母も高齢になったので、いつ実家の恩恵を受けられなくなるか、分かりません。
    大好きな母だから、長生きしてほしいけれど・・・

    だから、貯蓄はせっせ、せっせとやっています。
    株とかも。

    ゆくゆくはお一人様で、リッチな旅行をしようかなと。
    元々、私たち夫婦は個々の趣味を尊重しあっているので、一人で旅行に行くと言っても、反対はされないでしょう。

    トピ主さんも色々策を考えて、お幸せにね。

    ユーザーID:2895804237

  • いまだに

    親から援助してもらっています。
    親に余裕がある場合は結婚後も援助ありの家庭が多いと思いますよ。お小遣いをもらったり、ブランドものを買ってもらったり、家や車を買ってもらったり・・・

    でも、親がお金持ちではなくても、結婚すると生活レベルがさがるのは普通ではないでしょうか?
    だって、親も夫も同じサラリーマンだったとしても20代と50代ではお給料も貯蓄額も違います。実家暮らしをしていたなら、親が普通のサラリーマンでも自分のお給料は全て自分のお小遣いにしている女性も多いので、親と夫の稼ぎが同じでも自由に使えるお金は全然違ってしまいます。

    トピ主さんの旦那様は将来出世してお給料が良くなる見込みはないのですか?普通、お金持ちの家に育った人は、その生活レベルを落とさないために、親と同程度稼ぐ夫・将来親と同じくらい稼げる見込みのある夫・夫は普通でも義理の親がお金持ち、のいずれかのパターンを選ぶものだと思っていました・・・

    旦那様が出世するとか転職の予定がないなら、ご両親に相談して援助してもらうのがいいですよ。いずれ相続するのだから、今お小遣いをもらったほうが相続税かかりません。

    ユーザーID:0734910203

  • 同じでしたよ

    だから私は自ら起業しました

    父=夫 ではないので
    自分で足りないと感じたものは自分で足していきます

    ユーザーID:9239315462

  • 批判はご遠慮下さいと仰いますが1

    申し訳ないのですが、さくらんぼさんが我侭でいらっしゃると思います。
    旦那様のお宅にお手伝いさんがいないなんて、結婚前からわかっていたことですよね?
    それが嫌なら、お手伝いさんのいるお家の方と結婚すればよかったのにと、
    思わざるをえません。

    拙宅の話になって恐縮ですが、さくらんぼさんと同じようにお手伝いさんはいません。
    「いつかは結婚して家庭を持つ身なので、一般的な主婦としてやっていけなければ」
    と、料理教室に通ったり、式の半年以上前には退職し、一日中家にて、
    炊事洗濯等家庭の仕事を、長年仕えてくれている、60代になる実家のお手伝いさん
    から、厳しく私も姉も仕込んでもらいました。
    さくらんぼさんは、結婚前、全く花嫁修業をなさらなかったのでしょうか。

    美味しいものが食べたいのなら、ご自身の料理の腕を磨くのが早道でしょうし、
    外食・優雅な旅行がしたいというのも、さくらんぼさんがやはり主婦としての
    腕を磨いて、やりくり上手におなりになればよろしいのではないかと存じます。

    ユーザーID:5816404802

  • 批判はご遠慮下さいと仰いますが2

    一般的な家庭にお手伝いさんがいない、結婚後そのような境遇になるということは、
    予想できたはずです。
    もし、さくらんぼさんがそのようにご両親から教育されてなかったとすれば、
    それは不幸というか、お可哀想と申し上げるほかないのですけれど・・・。

    勝手に想像の上に経済的なお話なんて、はしたないことを申しまして恐縮
    なのですが、旦那様、充分な収入を得られてる方ではないかと拝察致します。
    私の周囲を見ましても、そうでなければそもそもお付き合いが続いていない
    場合が多々見受けられますので・・・。

    生活に困らない分を旦那様が入れてくれ、ぎりぎりなんとかなるけれど、
    でもやりくりが苦手で貯金ができないのであれば、
    外食・旅行は、ご自分の貯金からという方法もありますよ。
    ある程度、独身時代の蓄えもなさっていらっしゃると思いますし。
    それだと旦那様も何も仰らないのでは?

    結婚して1年が過ぎたばかりの私より、主婦として先輩の方にこんなことを
    申し上げるなんて、と思いますが、お料理もお掃除・洗濯も、慣れると
    手際よくなるし、また、楽しくなりますよ。
    頑張って下さい。

    ユーザーID:5816404802

  • 結婚6年目です

    お手伝いさんはいませんでしたが何一つ不自由した事が無い家庭で育ちました。

    現在サラリーマンの夫と4歳0歳の子がいます。
    私も3年目くらいまでは正直(あ〜あ・・)と何度思ったことか。
    お金を気にせず好きなものを食べ、欲しいものを買い、いつでも自由に海外旅行に行けた生活を思い出してはため息でしたよ。

    それがいつからかそういう「物質的な豊かさ」よりも「精神的な豊かさ」の方がよっぽどすばらしい事だと感じ初めました。

    我が子の成長を感じる時、家族で公園へ行って主人と子供が笑顔で走っている姿、ささやかながらも楽しい家庭での食事・・・。

    日常の小さな幸せがとても愛おしく感じています。
    今はもぉ、ブランドバッグも高級料理も海外旅行よりも楽しい事が見つかった気分です。

    ユーザーID:7548030612

  • わかります〜

    私もトピ主さんほどではありませんが、会社経営するそこそこ小金持ちの家庭に生まれて幼少時代から海外旅行、欲しいものは大抵買って貰えて、やりたい事はお金が掛かってもやらせてもらえ、外食も値段を気にして食べるなんて事もありませんでした。恵まれていたと思います。両親には感謝です。 
    そんな私も数年前、普通の会社員の主人と結婚しました。生活のランクは確実に下がりました。子供が生まれたら尚更です。    海外旅行なんてありえないし、外食もたまーにファミレス、服なんて買えません。…でも幸せですよ。主人と子供たちが健康で、私の作ったご飯をおいしいと言って食べてくれて、皆でお風呂に入ってテレビ観て…休みの日には手弁当持って公園に行って遊ぶ。   お金には変えられない幸せを貰ったと思ってます。 まぁ、辛いと感じることもありますが慣れますよ。 お金がすべてじゃないですから。トピ主さんもそう感じられる日が来るといいですね〜。

    ユーザーID:5053061322

  • 切り替える

    切り替えるしかないと思います。
    今までは、親から与えられて感じた幸せ。
    これからは、好きな人と一緒に感じる幸せ。
    似てるようで全く違う幸せだと思います。

    まずは、一生懸命に働いている旦那さんに感謝することかな?
    と思いますが、どうでしょうか?

    ユーザーID:5892867438

  • お役に立てれば幸いです。

    収入が激減した経験があるので。

    トピ文から、ご主人の年収が700万前後、専業主婦、お子さんは無し として話をさせて頂きます。

    大きな環境の変化だと思います。

    まず、「これは仕方ないし、即効薬は無いので、一歩一歩進めましょう」と言いたいです。

    私のアドバイスです。とりあえず落ち着く為に、

    生活するに当たって今出来ている事 をリストにする。
    良かった・楽しかったと感じたもの を日記に付けて読み返す。

    です。恒久的な対策は、

    1.体性感覚に気づき続ける。
    2.浮かんできた感情に気づき、観察し、頭の中で繰り返す。→感情が消えます。
      注意:抑え付けるのではありません。抑えるといつか爆発します。
      例:辛くなったら、「辛さ」、「辛さ」と頭の中で繰り返す。
        怒ったら、「怒り」、「怒り」と頭の中で繰り返す。
    3.静かに座った状態で上記の1と2を行う。1日30分位。

    です。これを続ける程、気づく力 が成長し、理性的な人間になり、周りの状態に左右される度合いが減っていきます。

    とにかく「結果を焦らず」続けてみて下さい。以上。

    ユーザーID:0031781719

  • 覚悟の上でしょ?

    ご結婚自体、覚悟の上のことでしょうから、そのことについては何も言いません。生活レベルというのは、上げるのは容易いですが、下げるのはとても難しいことだと思います。トピ主さんの場合、実家から援助を受ける、自分で稼ぐ、離婚して小金持ちと再婚する、のどれかになると思います。

    ユーザーID:4378772900

  • 実家にお話されてみては?

    生活が苦しいなら、ご両親に相談されてはどうでしょうか?
    亡くなってからもらうのも、今もらうのも同じだと思います。
    ときどき、親に頼るのはよくないと仰る方もいますが・・・。
    生活が苦しいと、性格も外見も醜くなりがちです。
    ご実家が近いなら、ご両親と一緒に出かけることを多くするとか・・・。

    お手伝いさんも、業者さんを通さないで雇えば、
    週2回、月5万円くらいで働いてくれたりします。
    お手伝いさんがいないってことが、一番心にクルと思います。

    あとお洋服も、高いお店を下見して、同じものをオークションで安く仕入れたり・・、

    でも貧乏だと、良いこともたくさんありますよね。
    家が狭くて、お掃除が楽だったり、電気代が安かったり、
    税金が安かったり、お庭もないからお金がかかりません。
    服なども、高いものじゃないと家で洗えたり。

    旦那さんは好きですか?
    でしたら、出来るだけ旦那さんとコミュニケーションするといいと思います。
    私も、生活に虚無感を覚えたときは、夫と話して、
    幸せだってことを思い出すようにしています。

    ユーザーID:2993229925

  • 弥生さんへ

    >もし、さくらんぼさんがそのようにご両親から教育されてなかったとすれば、それは不幸というか、お可哀想と申し上げるほかないのですけれど・・・。

    トピ主じゃありませんが、同じ境遇の者です。それが、「お金のない生活」というのは経験してみないとどういうものか、わからないものなんですよ、具体的に。私はサラリーマンの主人と結婚する前に「サラリーマンと結婚するっていうことは、100円200円を気にして生活していくってことなのよ。あなたにはできないと思うわ。そんな風に育てていないから」と母親から言われました。

    それくらいできるわよと言い返して結婚しましたが、生活が激変し、価値観まで変えなければならないとは想像はしていませんでした。

    >外食・優雅な旅行がしたいというのも、さくらんぼさんがやはり主婦としての腕を磨いて、やりくり上手におなりになればよろしいのではないかと存じます。

    実家では、やりくりなど節約の仕方やお金のかからない家庭料理の作り方は教わりませんでした。実家では、主婦はお金を使って生活を潤すものだったからです。何ひとつ役立ちません。

    ユーザーID:3191906273

  • 極貧からスタートしました

    世帯年収2000万円・・のトピに度々出ていた者です。母の若い頃のことだと思いました。母が稼ぎの良くない父と結婚したのを不憫に思った祖母が、旅行は全額持ち、土地を買い与え、宝石与えた為、贅沢から抜けられない体質になりました。外食やホテルは高級志向ですし、身に着ける物も平均的な家庭のそれとは違いました。祖母の死と退職直前の父の年収が多少良い時期が重なった為、贅沢をさせてくれる相手が祖母から父へとスムーズに移りました。でも遺産を使い果たし、夫の収入が途絶え、年金暮らしの日々がやってきます。それからどうやって生活水準を維持するか?苦学して自立した生活を送る娘に依存します。セカンドカーの維持費を出し、贅沢な外食をご馳走し、パソコン等を買ってあげますが、こんなの間違っていますよ。身の丈にあった生活でいいと思うのですが、駄目ですか?母の世代は「働かないのが普通」といって一度も勤めてません。
    ちなみに私は親の水準より更に下の苦学生と結婚したので、家賃3万円のボロ家からのスタートですが、地に足ついた生活で満足していました。今は300平方メートルお手伝いさん付の生活です。※2000万円トピをご覧下さい。

    ユーザーID:7225123362

  • 夫のおかげ

    母がお嬢様で実家の会社の非常勤の役員だったので、父はサラリーマンでしたが、通いのお手伝いさんがいる裕福な生活でした。
    独立する時に母方の祖父母の遺産と両親からの生前贈与でマンションを持たせてもらったので、結婚後もそこに住んでいる所為か、そこまで生活が苦しいわけではないのですが、家事は未だに慣れません。

    私は夫が不在の時を狙って実家に帰っては、食材とか色々ともらって帰ってきています。
    さすがに現金をもらうのは誕生日やお正月だけですが、いただきもののカタログギフトやギフト券はスライドさせてもらっていますよ。

    ブランド物は一通り持ってはいますが、元々興味が薄かったようで、結婚してから欲しいと思わなくなりました。
    誘えば両親持ちで旅行にも食事にも行けますし、夫は私が一人で両親と出かけたいと言っても「行っておいで」と送り出してくれます。
    しかも私は働いていて、自分の稼ぎは自分のお小遣いにして良いと夫に言ってもらっており自分の自由になるお金があるので、そこまで大変ではないですよ。

    ユーザーID:0062267274

  • 他の人は知らない。でも私はできない

    生活でも文化でも、
    下から上には慣れることができるでしょうが、
    上を味わったら、下にはいけない。
    他の人は知りません。
    でも、私にはできない。

    子供ができるまでは働いてましたが、
    保育園に預けて働く気は無いので
    今は、働いてません。

    うちは親が会社経営してるので、
    会社を手伝うという面目で、お小遣いもらってます。
    でも、親より稼げない夫が嫌いなわけじゃないので、
    愛情とお金は別物。
    でも、お金の無い生活には耐えられません。

    賛否両論あるでしょうね。
    いや、反対の方が多いのかも。
    でも私にはできない。
    トピ主さんもご実家に相談してみたら?
    まずは旦那様に内緒で。

    ユーザーID:5958141971

  • 慣れるしかない

    でもケンカするたび「低収入のくせにーー」とか
    不満が少しずつ溜まっていくんですよね…。
    仲が良いときはいいんですが。

    >批判はご遠慮ください

    最近多いですね。
    だったらこんなところに書き込まなければいいのにと
    思うのは私だけでしょうか。

    ユーザーID:2499049454

  • 私は私

    経済的にはそんなに遜色を感じません。家は裕福でしたが、私は質素に育ちましたから。
     ただ父親が田舎の名士(?)ですので、実家にいる頃は知人からは大切にされる事が多かったです。また父は腰が低く、外では人望が厚かったので、私まで良いように見てくださる方が多かったような気もします。子供心に、外での父の姿は見習う事が多かったです
     結婚して実家から離れたところに住んで初めて、上から目線や他人からの侮蔑を経験しました。(子供時代の人間関係等ではありましたけどね)
     また最初に住んだ部屋は、そのマンションでは一番狭い部屋。「そんなところでよく住めるわね」という思いをバシバシ感じた時は、自分でも挫けそうでした。
     最初は、アイデンティティが「名士のお嬢さん」でしたが、10年以上たった今は「私」に変わりつつあります。これで良いんだと思います。でも脱皮するまで苦しかったです。
    「教授の娘」「医師の娘」「資産家の娘」「社長の娘」「旧家の娘」
    こういうのって、親から受け継いだよい資質は受け継いだままで良いと思いますが、いつまでもアイデンティティをそこに持ちすぎると苦しむのかも。
     

    ユーザーID:0717067271

  • 義妹が心配・・・

    夫の実家が、羽振りの良い自営でお手伝いさんのいるウチでした。
    その環境から田舎の長男のサラリーマンとの同居結婚を選んだ義妹。

    ここで皆さんのレスを読んでいて、心配になってきました。
    盆暮れ正月、何かと旦那さんも連れて夫の実家に長期帰省しており、同居の舅姑は大丈夫なのかと思いましたが、
    実家と仲良くしておいた方が、経済的にいいからなのかもしれませんね。

    夫は今はサラリーマンですので、ごく一般的な生活に慣れていますが、将来同じ業種での自営になったときには、やはりお手伝いさん付きの生活にしたいようです。
    夫が、坊ちゃま、と呼ばれていたと聞いたときは、キモチ悪い〜と思ってしまいました(笑)

    ユーザーID:3125242564

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧