お稽古事の謝礼金を強要されているのですが・・・

レス199
お気に入り217

あけみ

学ぶ

お稽古事の謝礼金(レッスン料以外のもの)を、なかば強制的に徴収されるのが、どうしても納得できなくて、皆様のご意見を伺いたいと思い、投稿いたしました。
楽器の発表会やコンクールのときのことなのですが、月謝以外のお礼金を支払わなかったということで、周りの受講生から非常識扱いされおります。
もちろんお月謝の滞納は一回もありませんし、それ以外のお金だって、必要な物に使うのであれば、そうおっしゃってくださればお支払いするつもりです。
先生に感謝はしているものの、御礼の金銭を催促されているようで大変不快ですし、そもそも支払い義務のないお金を要求するなんて、それこそ非常識におもえてなりません。
なぜ、このような催促がまかり通っているのでしょうか・・・ご意見をお願いいたします。

ユーザーID:7405424600

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数199

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ドライに行くならそういう所へ

    御礼やご挨拶を払いたくなければ、そういう方式のOOO音楽教室とか会社組織になっている所へ行くべきでしょうね。個人の先生にお付きになられる場合には、発表会・お茶席など等、御礼やご挨拶とのしぶくろに書いてお渡しすることは、常識といいますか当たり前のことです。のしぶくろですから、当然領収書はいただけません。皆さんはトピ主さんに「強要」しているのではなく、仕来りを「お教え」しているのだと思いますが、お身内でどなたか教えてくださる方はいらっしゃらないのでしょうか?もし、どうしても納得がいかなければ、会社組織になっているようなOOO音楽教室やOOカルチャーセンターなどに行かれることをお奨めします。

    ユーザーID:2502553667

  • 謙虚に

    お稽古事の発表会やコンクールは生徒さんの為にあり、先生は当日はもちろん何ヶ月も前から準備されるのではないでしょうか。
    お煎茶のお稽古でで、通常の稽古以外の茶会など先生に一日ご足労頂いたらお月謝1月分包んでお渡しするものです。
    舞などはもっと高額になりますが、長くお稽古しておられる方に伺って同じようにするものです。
    あなたの知らない常識をせっかく教えていただいたのに…
    謙虚に受け止められないのはお気の毒です。

    ユーザーID:7267140547

  • お稽古、というもの

    トピ主さまは、ちょっとお世話になったので、お礼に菓子折りを持参する、
    というような習慣はないのですか?
    そして、今習っておられる先生に対して、なんの感謝もない、ということでしょうか。

    ただテクニックを習っているだけなので、先生に対する気持ちは何もない、
    というのなら、謝礼はなくても良いでしょう。
    でも、それなら発表会やコンクールに出てはいけません。

    確かに毎回のお稽古の講義料は、お月謝として払っておいででしょうが、
    発表会やコンクールは先生の「器量」で行うものです。
    発表会やコンクールのための準備や細かい折衝、プログラム作りなどは
    お稽古とは別のご苦労でなさっているとは思われないですか?

    発表会やコンクールに参加する場合には月謝以外の参加料を払っている、と仰るかも
    しれませんが、それは会場料、音響、照明、などの必要経費です。
    先生やスタッフの方が立ち働いているのを見ても何も思わないのでしょうか。
    お花代、お茶菓子代くらいお包みしよう、と思い至らないなら、
    トピ主さまはお稽古に向いていないのだと思います。
    独学しましょう。
     

    ユーザーID:0289343437

  • 習い事は自分で選んでいる

    伝統芸能の世界等は金額も大きく、「誰それが師範のお免状を頂いた」等となると、万単位のお金(お祝い)が出て行きます。また、舞台を踏ませて頂くと○十万と御礼のケタも上がります。

    でも自分で選んでやっていますからね。
    それがイヤなら、同じ日本舞踊や華道、茶道を習うにもカルチャーセンターで習うべきです。

    どのお稽古事も、個人の先生と、カルチャーセンターのようなところがあります。

    カルチャーセンターはお月謝と実費でできます。
    一方、個人の先生の場合は、お月謝だけでなく、お中元・お歳暮等の季節のご挨拶や、舞台などの発表の後の御礼も必要経費です。
    トピ主さんは、そういった場所に自分で選んで行っているもかかわらず「お月謝だけで習える」と思っていることが間違っていると思います。

    賃貸マンションを借りておいて、「家賃以外の更新料や礼金、どうして払わないといけないんですか?」と言っているように聞こえます。

    「『家賃』だけで借りられると思ってたんですか?」
    同じで、「お月謝だけで習い事ができると思ってたんですか?」

    24歳の若造ですが、私でもそれくらい知ってますよ。

    ユーザーID:6138533589

  • 発表会やコンクールには

    発表会やコンクールには先生は来られるんですよね?
    また、発表会に関する手間は一切先生にかけていないのでしょうか?

    レッスン料だけしか払わないのなら、規定回数(時間)だけレッスンを受けて発表会など出なければ良いではないですか。

    ユーザーID:1459676850

  • そういうもの だからです

    心付けをしたくないなら、無い所に移ればいいだけです。
    変と思う人もいれば、当然と思う人もいる わけですが、
    現在通っておられる所は、お渡しするのが当然 な所だっただけです。
    非常識呼ばわり というよりは、暗黙の了解事項を教えてくれて居るだけだと思います。

    鳴りもの系(和の楽器)は何かとお金がかかると 聞きますが
    踊り や 洋楽器も 同じなんではないかと...?

    ユーザーID:1922301421

  • お稽古事を続けて来た人間には理解し難い方ですね

    何かあるときは、そのお稽古場の先輩やお仲間と話し合い
    仕来りに従うことも必要です。

    >もちろんお月謝の滞納は一回もありませんし、それ以外のお金だって、必要な物に使うのであれば
    >そうおっしゃってくださればお支払いするつもりです。
    >先生に感謝はしているものの、御礼の金銭を催促されているようで大変不快ですし
    >そもそも支払い義務のないお金を要求するなんて、それこそ非常識におもえてなりません。

    先生にお渡しするものに対し「お支払い」という言葉を遣うあなたの発想が
    いちばん非常識な事と感じてしまいます。


    感謝の気持ちを現すには、様々な形があります。

    あけみさんが参加なさっているお稽古事のメンヴァーは
    「お礼」をお渡しすることを常識としていらっしゃるのです。
    子供時代は、親がしてくれていましたが
    現在しているお稽古事では
    見よう見まねで「お礼」や「ご挨拶」をしています。
    これが、我が家の常識となっています。

    ユーザーID:5872665935

  • 御礼金を知らないほうが非常識

    お稽古事、師匠と弟子の関係はそういうものです。理屈ではありません。
    「師匠につく」ということは、御礼金も付き物なのです。

    たとえば、書道では全国的な公募展で入賞すると2ケタ包みますし、
    将棋や囲碁ではプロになると3ケタ包むらしい・・・です。
    それを「非常識」「大変不快」に思うなら、辞めるしかないです。

    御礼金を拒否するのはトピ主さんの自由ですが、仲間や先生からはトピ主さんこそ「非常識」だと思われてますよ。
    そんなに払いたくないのならガンコさんも仰るように、カルチャーセンター等に通われてはいかがでしょうか?

    ユーザーID:2340840248

  • それも月謝のうちと思うしか…

    それが常識か、と問われると、違うかなぁとは思いますが、そのシステムが既に定着しているなら、月謝の一部と思って払うか、そういうのが無い教室に変えるかどちらかだと思います。
    私の場合、先生のお宅でお茶を習っておりますので、免状取得時の御礼や季節の贈り物(中元・歳暮)は当たり前という感じです。免状取得の御礼は免状の半額、中元・歳暮は1回のお稽古料と同額となっています。(これでも金額的には少ない方です)
    私が以前習っていたカルチャーセンターの茶道は、そういうものは一切ありませんでした。
    その先生でなければ!というのでなければ、場所を変えるといいと思いますよ。

    ユーザーID:0436067643

  • 思うことはあります。

    私もイヤだなと思ったことがあります。
    以前ですが、お琴を習っていました。
    病気をして金銭的につらくて発表会の謝礼など厳しいので参加を辞退しようと思ったのですが、
    師範からの強制参加命令・・・
    もちろん謝礼と衣装代と諸費用を請求されました。
    私も病院や薬代がかかってなくて、自分から参加したのなら当たり前と払えるのですが、そのときばかりは本当につらくてその後病気の悪化とともにお稽古からフェードアウトしてしまいました。

    カルチャーセンターでも発表会はあったりしますし、
    その場合でも謝礼は必要です(個人よりは安いですね)
    払いたくなければ、発表会にでないことだと思います。

    ユーザーID:3796612231

  • 勉強になりますね、トピ主さん

    どなたかマンション契約についてお書きになっていた方がいらっしゃいますが、分かりやすいですね。
    トピ主さん、賃貸契約でも「礼金」「更新料」というのは名目としてありますが実態(実際に何かにかかるお金ではない)のない費用ですよね?
    「御礼」としてのお金ですが、これは金額○○円と明記してある例です。

    明記のない例では他には、結婚式等で準備をしてくださった方へのお心付け、海外でのちょっとしたことへの御礼であるチップ等はどうでしょうか?支払い義務のないお金だと言ってはねつけるのでしょうか?

    最近は「サービス料」としてホテル等でも明記されているところは多いですが、トピ主さんはそれなら支払うのですか?同じく実態がなくても。
    「サービス料」や「礼金」という風に金額が明記されていないなら払わないとおっしゃるのであれば、

    そんな無粋な方はお稽古事などするべきではありません。

    「無粋」であり、「非常識」なのはトピ主さんです。

    せっかく教えて下さっているのを拒否するということに驚きますが、ここで聞いて勉強になりましたね。これからは皆さんにお詫びして、御礼はきちんとしましょう。

    ユーザーID:7516420765

  • 子供の頃習っていたバレエスクールでは常識でした

    先生への謝礼の方がレッスン代より高かったと母が言っておりました。でも、その世界では常識なので、払わないという選択肢はなかったそうです。発表会のときに「先生へのお礼」という形でまとめて払っていたそうです。1年間のお稽古の代金の一部と考えた方が良いのではないでしょうか。

    トピ主さんのように合理的な方は、そういう現代的なスクールを選んで通われたらいかがでしょうか?トピ主さんのような考え方の人が多いから、選択肢も増えているんだと思います(例えば発表会のないスクールもありますよね)。

    ユーザーID:8400965220

  • 二度目です

    明日は「お事始め」です。
    京舞の井上流の行事をテレビで取り上げることが多いので
    知識としてご存知の方は多いと思います。

    私がしている稽古事でも、先生が大切になさっていらっしゃる行事なので
    お包み(綺麗な熨斗袋に入れた現金)とちょっとした品物を持ち、午前中から伺います。
    集合時刻の30分前には集まるのが、こういう時の常識です。
    この先生は、とてもご丁寧な方なので食事や福引などをご用意くださいますが
    ご挨拶だけ、という先生も多いようです。

    当然の事ながら、後片付けも弟子の仕事です。

    ジャンルによりますが
    このような事もひっくるめて受け入れられないと、お稽古事は続けられないかもしれませんね。

    ユーザーID:5872665935

  • 考えを改めた方がいいかも…

     お稽古事の場合は昔からの慣習があります。大手の子供の音楽教室の発表会でもグループの親たちでお金を出し合ってお花と商品券で先生に日頃のお礼の気持ちを表すのが慣習です。
     うちの子供は初めての参加でしたが経験されたお母さんが発表会の前に他の方にも声をかけていましたが、皆さん納得されていましたよ。
     
     グループの場合、1人1人がお花やお礼を渡すより、グループ一同と言う形でそれなりの花束とお礼にした方がすっきりするし、割安にもなります。たとえ先生があまり好きじゃないとか、教え方に不満がある場合でも今後もお稽古を続けるのであれば、周りの方とのおつきあいとして出した方がいいと思います。
     
     催促と捉えるのを改めるべきだと思います。
     自治会などに入っていればほとんど知らない方にお見舞金などを渡しているのに比べれば、お世話になっている先生に感謝の気持ちとして年に1回ぐらいお礼を差し上げるのがそんなに納得いかないものなのでしょうか?
     このことが原因で今後、周りの方が声をかけて頂け無くなる方が問題だと思います。

    ユーザーID:3359589109

  • 月謝は・・・

    月謝は普段のお稽古についてですよね?
    コンクールや発表会を普段のお稽古の時間にお稽古の範囲内で、かつお稽古の場所でやるなら月謝だけでOKでしょうが、違うなら別に料金が発生してしまうのは仕方ないのでは?
    カルチャースクールや○○音楽教室でも発表会等があれば場所代等いろいろかかる場合もままあります。
    私の子供も○○音楽教室に通ってましたが、お中元お歳暮だって包みましたよ(有志でだけど)。

    先生に対する感謝の気持ちですからね(月謝はあくまでレッスン料ですので)。
    月謝だけで済ませたいなら、月謝ぶんのお稽古だけされていれば強制徴収もないのではないでしょうか。
    トピ主さんが、ちゃんと内訳(発表会の費用やコンクールの費用など)がわかれば払う、というならそうおっしゃってみてはどうでしょう?
    それこそカルチャースクール系なら明細を示してくれたりしますよ。

    ユーザーID:1007124265

  • 月謝は・・・続き

    トピ主さんは発表会やコンクールに必要経費以外のお礼を徴収されるのが疑問なんですよね。
    そういうのの先生に対するお礼って場合によってはすごい金額だったりしますし。
    私もあまりに高額なのは馬鹿馬鹿しいと思いますが、やはり先に書いたように「お礼」ってあくまで感謝の気持ちだと思うんです。
    月謝は単なるレッスン料で先生に対する感謝の気持ちまでは入ってないですから。
    発表会やコンクールの時に「先生お世話になりました。おかげさまでここまで上達しました。」という気持ちをお金にして渡すのでしょう。
    トピ主さんが「先生は教えるのが仕事なんだから当たり前でしょ、教えることについては対価を払ってるんだし。」と考えるタイプであるなら理解は難しいでしょうけど。

    ユーザーID:1007124265

  • 常識は場によって違います

    トピ主さんを非常識扱いしてる方々、少し慎みましょう。
    常識・非常識は場によって大きく違います。

    個人で楽器を教えている人でも、謝礼を受け取る人と受け取らない人がいます。和楽器は謝礼が常識というケースが多いですが、コンクールという言葉が出てるので、おそらく洋楽器でしょう。プロを目指して徹底的な指導をしているとか、そういう場でもないと常識とまでは言えませんよ。
    私の知っている範囲では、プロのソリストが生徒を取っている場合でも謝礼を受け取る方はいらっしゃいません。菓子折り程度なら受け取られますが、高価なものは下手をすると袖の下になりますから。袖の下にならない程度なら本当に気持ちでしかないですし、目くじらを立てるほうが大人気ないですね。

    あと、お稽古事の謝礼は基本的に有職故実の伝統によるものです。洋物の習い事に持ち込むのはおかしな感覚、という見方もできます。

    このトピで一番の違和感は、先生ではなく他の生徒から非常識と言われていることですね。先生が気にしてないなら気にする必要なんてありません。
    先生がスルーしてることに、他の生徒がしゃしゃり出るほうが非常識です。

    ユーザーID:7532165081

  • 習い場所や先生によってことなります。

    稽古事の常識は世間の非常識といいます。納得いかない世界ですよね。
    私は、カルチャーセンター時代の発表会には
    打ち上げのパーティー代ぐらいしか集金されませんでした。(それも強制ではない)
    個人の教室にうつったとたん、母の会から御礼数千円を集金されました。
    数年払いましたが、それぞれ感謝の度合いが違うと思い、
    思い切って、先生自身に、自分は先生に直接御礼するから、
    母の会には2重にわたしません、と宣言しました。
    その後毎年、私は先生には個人で差し上げてしています。
    母の会からは、先生が言ってくださったので請求されません。
    こうするには、ある程度実績と年月が必要です。

    必要な時に、明細を出して集金し、領収証を出すきちんとした先生の教室もあります。
    どんぶり勘定、領収証なしの世界は、いざという時はトラブルの原因になり怖いです。
    明朗会計をのぞむなら、カルチャーなどが一番無難ですね。

    ユーザーID:4138903371

  • そもそも御礼を要求するほうが間違い

    アマチュアダンサーの続きです。
    アパートの礼金などと比較する方もいらっしゃいますが、更新の時に、きちんと請求書がきて納得のうえ払い、
    領収書が残ります。チップは、払う側にいくら払うかまかされていますよね。
    稽古事の御礼は、あとから口伝えで半強制的に金額をきめられ、支払った証拠も残らないのです。
    誰もが、先生自身からXXにいくらかかったから、XX払ってくれと知らされたら納得すると思います。

    本当に世間とずれた感覚が多い世界ですが、あとは個人の信頼関係になりたっています。
    私は先生の個人指導が多いので、X万払うこともしばしばです。でも心から感謝してお渡しします。
    腑に落ちないことが多ければ、お教室をかわることもお勧めします。

    ユーザーID:4138903371

  • 常識は場によって違うから・・・

    トピ主さんは非常識ではないとおっしゃる方、間違ってますよ。
    だって現に非常識扱いされてるじゃないですか(笑)

    「常識は場によって違うから」
    その通り。
    皆さん、「御礼は当たり前にするところもある。あなたの教室が著しく非常識なわけではない」とおっしゃっているんです。

    「御礼を受け取らない先生もいる」
    そんなこと皆さん知ってますよ。でも、トピ主さんのところは実際、「ある」んですよ。

    「トピ主さんのところでは当たり前に行なわれている御礼は、世間一般に見てあってもおかしくない慣習です。」
    「趣味は選択自由です。それをあなたが理解できないというのなら、そこの教室はやめましょう。但し、そこにおいて非常識なのはあなたであり、他の受講生の方々ではありません。」
    そこを離れ、お月謝のみで演奏会等もできるところに行けば、トピ主さんは非常識ではなくなります。

    ユーザーID:9217686045

  • 二度目です

    トピ主のあけみです。お稽古で先生への御礼のことをまったく考えずに入会していた私も、非常識だったと反省しております。
    ことの発端は、以前、先生とほかの生徒さんとの間で御礼金の話になったとき、先生がご自分の子供時代の経験の話で、「コンクールでは月謝の一月分を御礼金としてお渡ししたものです」と語り、そしてそれを聞いた生徒さんがそれを実行するようになり、今に至る・・・らしいです。

    賃貸マンションやアパート契約であれば、家賃のほかに敷金がいくらかかり、光熱費は別で、修理の費用がいくら・・・といった明細書があり、納得できる契約か支払前に確認できますよね?
    私は自分の感謝をお金で表現することに抵抗があり、賄賂のような気がして、どうしても現金を出す気にはなれません。先生には本当に感謝していますが・・・。すみこさんのおっしゃるとおり、「無粋」とは思います。かといって「粋」で済ませられない金額が動く以上、領収書なしでトラブルというのも困ると思うのです。

    ユーザーID:7405424600

  • まさかとは思いますが

    脱税でもしているのでしょうか?
    何しろ帳簿に載せずに済みますからねぇ。
    意図的な物ではないと思いますが、勘違いと言う事もあり得ますし。

    ユーザーID:5676645711

  • 悪しき習慣

    質問です。

    トピ主さんが支払わない事をなぜ他の受講生が知っているのですか?

    >そもそも支払い義務のないお金を要求するなんて、

    誰が要求してくるのですか?先生ですか?

    私はカルチャーセンターではない教室で着物、お茶、油絵、書道
    のお稽古事の経験がありますが月謝以外の謝礼などした事はありません。
    たまにお菓子やお花を持参する事はありましたがそれは個人でのこと。
    皆で一斉に同じ金額でお包みした事はないです。
    ちなみに東京です。

    着物は教室を開けるまでの資格をとりましたが周りでも、
    誰もそんな謝礼はしていませんでした。
    だからそれが当然だという意見にびっくりしました。

    それが習慣だから従え、従えないなら辞めろというのは筋が違います。
    悪しき習慣ならそれを少しずつ改善していくことも必要です。

    それに礼金や更新料とは全く別物です。
    契約前に文書として読み、納得した上で契約してるのです。
    契約後に突然請求されることはありません。

    トピさんの場合お稽古を始めた後(いわば契約後)に請求されて
    いるのですから納得いかないのも当然です。

    ユーザーID:0313458419

  • 私はトピ主さん派

    私はトピ主さんと同じように疑問を持ってしまうタイプです。
    「伝統」「昔からの慣習」「周りの皆さんと同じ事をしなければ」聞くだけで疲れがどっと出ます。でもそれで成り立っている世界があるのも事実です(先生のコネがあるから〜ができるという事もあるので、ある程度は理解もします)。しかしそれを改革する気も力量もないですし、私みたいな人はそういった世界に入ってしまうととっても生きにくいです。

    ここはお稽古事の為に自分を抑えるか、
    もっと自由で明朗会計の世界へ変わるか、
    どちらかだと思います。

    ユーザーID:4869674458

  • 領収書無しの謝礼は、本来相手のためにならない

     歌舞伎、落語といった伝統芸能界で、脱税認定され、追徴金を支払った、という全国ニュースが、ありました。

     消費税率アップ目前といわれるこのご時勢、世間や税務署の、使途不明金のチェックは、いよいよ厳しくなるでしょう。 
     長くお稽古ごとを続けるのなら、やはり身ぎれいな先生についた方が、面倒に巻き込まれずに済むかもしれません。

     チップの習慣のある国では、税法上、チップの扱いが決まっていることがあります。 
     アメリカでは、有名料理店や美容室が、チップを申告してなかったといって、ニュースになることがあります。 

     トピ主さんの場合は、素直に直接、先生にご相談してみるとよいのでは? 
     謝礼を、古参生徒にことづけるのは不安だし、周りのいう金額が適切なのかどうか分からないし。 

     日本では、芸能に関わる人達は身分が低く、上から施してもらう時代が長く続いたので、何となく今も、先生本人より周りがお金の心配をするのかな、と考えています。 お金の話ははしたない、という年配の人が、お稽古熱心だったりするし。 先生の方もありがた迷惑のような。

     お稽古、楽しんでくださいね。 

    ユーザーID:5388368560

  • 方針が合わないのでしょう

    そう思うこともあります。
    しかしそのお稽古においては「そういうもの」なのでそれはそれとして”主さんが”受け入れるしかないと思います。
    また、これまでにも「お稽古事とはそういうものです」と多くの方が仰っていますよね。それを読んでも主さんのお稽古だけが特異ではないとわかります。

    主さんは「私が納得いかないんだから先生が変わって然るべき」とお考えなのですか?
    ものを教わる立場でそれはあまりにも失礼だと思うのですが・・・。

    「先生が仰った⇒生徒さんが受け入れた」と言うことでその教室は成り立っているのですから、そこが納得しがたいのであれば”主さんが”教室を変われば良い。それだけのことです。

    先生には教わりたい、でも先生の言うことには納得しがたいからお金は払いたくない。これはいくらなんでも無理でしょう。ただの駄々っ子ですよ。

    ユーザーID:3225671197

  • 三度目です

    一般慣習として領収書を出さない収入(お礼・ご祝儀)に対し
    税務署から査察が入り問題となることも
    「お稽古事」の世界では、ままあることです。
    「お礼」「ご祝儀」「心づけ(チップ)」等を税務署へ申告するかどうかは
    受け取った方の良識に委ねるしかありません。
    本音のみで生きていらっしゃりたいあけみさんには
    こういう曖昧模糊の世界を
    ご理解いただくことは難しいかもしれません。

    自分の心に偽らずに生きていらっしゃりたいのなら
    今、問題となさっていらっしゃる「お稽古事」は辞め
    入門前に全ての確認をし納得出来るところへ
    変わられては如何ですか?

    ユーザーID:5872665935

  • 義母に・・・

    >自分の感謝をお金で表現することに抵抗があり

    そういえば昔義母に「お稽古事の先生にはお金か商品券を包むものよ。生徒さんがたくさんいるからみんなから物をもらっても困るだけだから。」と言われました。
    私の親戚にもお習字の先生がいますが、お醤油だの油だのたくさんもらって困る、近所の人に分けてもいつもだと周りが恐縮してお返しを持ってくるし・・・と言っていました。

    ユーザーID:5074896051

  • はっきりいって脱税です

    金銭をなにげに要求するやり方、普通の学校なら法律違反です。
    私は、両親が公立学校の教師なので、お菓子ならともかく
    金銭をうけとることは逮捕につながりました。
    かなり前に、国立芸大のヴァイオリニストが、業者から数十万もらって、
    収賄で逮捕されました。本人には公務員の自覚がなかっただけで
    この世界では当たり前、本当に非常識が当たり前です。
    私はバレエですが、こういうことがまかり通っているから、
    いつまでも、職業意識のないお稽古事なのです。
    ちなみに、私は先生に御礼するとき、かならず制作費という領収書を
    いただきます。
    たくさんいい役をいただいて、ひいきだ、と思われたら嫌だし、
    きちんと払うものは払っていると、証拠をのこしたいからです。
    中元・歳暮は先生自身におことわりしました。
    それ以上の金額をはらっているからです。

    ユーザーID:4138903371

  • レッスン料以外のお金

    レッスン料以外の謝礼に疑問を持ったり、理不尽に感じたりしている方は、
    あけみさんのお稽古のお仲間の中にもいらっしゃると思いますよ。
    ここで「そういうものです」と仰っている方の中にもね。
    ですから、あけみさんが先生になり、お教室を持たれた時には
    ぜひ風通しの良い運営をなさって下さい。
    支持する方が増えれば、そんな慣習は廃れていきますよ。

    でもね、現にあけみさんが通われているお教室は「ある」所だったのですから
    従いましょうよ。

    それと、「賃貸マンションやアパート契約であれば……
    支払前に確認できますよね?」と書かれていますが、
    お稽古だって月謝以外のお金がどれくらいかかるか、は、
    あらかじめおうかがいする事が出来たはずですよ。
    例えば、海外研修旅行があるので毎月積み立てをしている、だとか、
    定期的な食事会がある、とか、自習会への参加が必須だ、とか、
    お月謝以外に必要なお金って、先生への謝礼だけではなく
    結構あるものなんですよね。
    ちょっと聞いてご覧になれば良かったですね。
     

    ユーザーID:0289343437

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧