• ホーム
  • 子供
  • 子どものお手伝い、これはやりすぎですか?

子どものお手伝い、これはやりすぎですか?

レス201
(トピ主8
お気に入り129

妊娠・出産・育児

はな

レス

レス数201

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 普通にやってましたね〜

     いつから何を手伝っていたのか定かではないのですが、覚えている範囲では小学校3年生の時には「食器を洗って拭いてしまう」と「お米とぎ+炊飯ジャーにセット」「洗濯物の取り込み、たたむ」はしていました。毎日ではないですが、週に何回か母親が仕事で遅くなる時があって、その日はやってました。

     で、中学で休みの日の昼食作り(自営業だったので)などもしていましたし、高校生では家事の一通りは出来てました。

     母からはしなくて怒られたことはあるのですが、あまり褒められたことはなくて、でも高校時代に母が入院したときに家事をやったことを母は友人に「家事を全部やってくれたおかげで安心して入院できた」と自慢したらしく、その話を母の友人から聞いたときには、やってよかったな。と、思えました。

     おかげで、大学時代の一人暮らしも、結婚後も家事であまり苦労はしなくて済んだ思えます。
    お手伝い、というより、「家族の一員として責任を持つ仕事を担当する」ということの方が私個人としては好きです。

    ユーザーID:1260833826

  • 思い通りにいかなくてもいいと思って!

    友人の話ですが、トピ主さんに近い理想を持っていて、ふたりの娘さんが家事を次々に、しかも自主的にやっていってくれる家庭がありました。
    友人は、なにか決まりごとや家族に従ってほしいことを、紙に書いて張り出したり、一週間の献立なども毎日曜日に決めて書き、これも張り出したりし、きちんきちんとするのが好きな人です。
    娘さんたちも、たぶん、姉妹でやるので楽しかったのでしょうし、気持ちの優しい、家事にも向いた性格もあったかもしれませんが、率先して家事をやる家庭でした。
    ところが、下の子が中学2年生になった年から、姉妹そろって宿題の量が一度にどっと増えたため、お手伝いの時間がまるで取れなくなったらしいのです。
    自分がラクをしたいとは思っていなかったけれど、いつもやってくれている、これは子供がするべきものという「決め事」が崩れて、今、友人は精神的にもまいってしまっています。
    子供は学校に行っている間は、学生としての本分があり、年齢が上がるほど、その行動は、親が一方的に決めたり期待したりはできないものです。
    柔軟な対応ができる余裕を持って見つめてあげてください。

    ユーザーID:4394290628

  • OKだけど、すごすぎ。。。

    「当たり前」って書いている人が多いみたいですが、今の世の中、かなり厳しい方だと思いますよ。
    はなさんだって小町のなかで、いい大人が(30代だけじゃなくて、40代も!)、ずーっと自宅にいて、家に3万円くらい入れているだけで、家事はぜーんぶお母さん、というトピがたくさんあるのをご存知でしょう?

    でも、これは各家の方針だから、別にいいんじゃないですか。特に、自分の身の回りは自分でさせるというのは、とても良い事だと思います。

    議論が分かれるのは、料理と、家の共用部分の掃除でしょうね。

    特に料理は、「これは自分の家だけの方針」という自覚をもったほうがいいですよ。
    私は小学校6年生のときに、お菓子作りが大好きだった母親の影響で、自宅で友達呼んでクッキーつくりましたが、後で数人のお母さんから「子供に火を使わせるなんて!」と苦情がきました(オーブンですが)。母は「私がちゃんと見張ってたんだけどね。。。」と言いながら謝っていましたよ。
    掃除はともかく、料理は火と刃物がからんできますから、親によって意見が全然異なる事を頭のすみに入れておいてくださいね。

    ユーザーID:4878924158

  • やりすぎじゃないですよ。

    当方40代(男性)です
    子供のころ、自営業の両親は非常に多忙で家事は幼少からやらされていました。

    初めて料理したのは7歳です。(コンロを使う)腹が減ったけど家に誰もいないので自分でラーメン作りました。もちろん食器洗いもしました。(放置すると母にブッ飛ばされた)
    8歳から家の掃除を任されました。掃除機+モップがけ。
    10歳から遠足や運動会の弁当は自分で作りました。毎日ではありませんが時々簡単な家族の夕食を作りました。12歳では洗濯と洋服たたみは当然、染み抜きとつくろい縫い(学校の家庭科で習いました)もこなしました。ミシンと編み機も当然扱えます。
    歳の離れた兄がいましたが、兄は自営業の両親を中学生のころから手伝っておりましたので「家事はお前の役目だ」と私が任命されていたのです。

    もっとも私は珍しいケースでしょうね。いやだと思ったことはあまりありません。むしろ友達が出来ないことが出来る”技能”を持っているので、密かに自慢していました。

    家事は今でも好きです。時々妻の要領の悪い家事のこなし方を見てイライラし、家事を横取りして怒られますけど(笑)

    ユーザーID:0552372021

  • けっしてできないことではないですが

    実家で、このぐらいのお手伝いはやっていましたので、内容的にはけっして、やりすぎではないと思います。
    うちは母もフルタイムで働いていて、子どもも家事の一部をやるのは当然でした。お手伝いじゃなく、「仕事」ですね。他のレスに「それはお手伝いじゃなく、半強制の仕事だ」というのがありますが、子どもも家族の一員だから、家のことを分担して「仕事」をするのは別に悪くないと思いますけど。子どもは下宿人やお客様じゃないから。
    うちでは掃除機をかけるのは私と妹、さらに夕食の後片付けも私と妹の仕事。小学校高学年ぐらいからは日課に。曜日で分担して、できないときは妹と曜日を交代したりと融通つけて。大学生、社会人、家を出るまで続きました。
    母は料理も全く手抜きなし、作るのはもっぱら仕事から帰った母の仕事、もちろん子どもたちも手伝います。
    家事ができることは自立の基本なので子ども自身のためでもあります。
    でも、書かれているような細かい「計画表」をつきつけられると、拒否反応を起こして当然かも。いちいち計画することでもないですよね。その時その時の状況に合わせて、子どもに合わせてできることをやらせるだけですよ。

    ユーザーID:4265426085

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • 普通じゃないですか?

    内容に関しては 思いついたのを
    とりあえずリストにしてみたというだけで
    今から少しずつ始めているものなんでしょう?

    家の場合(現在高校3年と中学3年の息子)は
    上の子は 4才くらいから
    お料理していると 手伝いたがりましたので
    果物ナイフで果物のカットや
    細く切ったキュウリなどを ぶつ切りにとか
    自主的に(←やりたいぃぃぃと泣く)やってました。
    (かえって手間がかかるんですけどね 苦笑)
    5才で お好み焼きをひっくり返すとかもしてましたし
    小学校入った頃には ごはんと味噌汁と目玉焼きくらいの朝食くらいは作れました。

    その他のことも 一緒に手伝ってぇ〜というと
    たいがいのことは 手伝ってくれましたしね

    今じゃ 洗濯もアイロンも 自分のものは自分でしてますし
    上も下も勝手に 飯(夜食とか)作って食ってます(笑)

    今時 男の子でもこれくらいは出来ないと!と
    私も主人も思ってますしね

    姑の介護とかも有るんで
    その時々で頼めばやってくれる優しい子達になりましたよ。

    ユーザーID:7568816002

  • お手伝いという言葉が問題なのでは?

    タイトルの通りです。
    でも「しつけ」と考えれば当然の内容ではないでしょうか?

    私も「お手伝い」の名のもとにトピ主さんのリストにあるものはさせられてきました。加えて年の離れた妹の面倒も。
    確かに反抗もしましたし、当時は親を恨めしく思いました。(大げさですが)

    でも今では感謝していますよ。
    自分の子供にも同じようにするつもりです。
    ただし、「あなたが自立するため」だとちゃんと話したいと思います。

    遠方の大学に進学すれば(18歳)この程度のことができなくては困りますよね。
    進路によっては高校進学時(15歳)で親元を離れる可能性もあります。

    余談ですが、うちの会社に第2新卒で入った人は「前職でいじめにあった」と言っていましたが、台所用漂白剤の使い方も解らない、古新聞に十字に紐をかける方法も知らない方でした。周囲は「いじめじゃなくて厳しくあたられただけじゃない?」と言っています。
    彼女は今の会社では数年勤めていますが、いまだに色々と天然技を披露してくださって、新卒にも失笑されています。

    ユーザーID:2847540190

  • お手伝いは当然

    うちの7歳の長男。自分の使った食器運び、おもちゃの片付け。既にやっている。食事作り(刃物を使わない)手伝い、食器拭き。毎日ではないがやっている。あとはシューズ洗いは幼稚園時から毎週金曜日実施(内履き)。外履きは必要に応じて。洗濯物たたみは自分のものを幼稚園から。今では家族のものもそれなりに。上手に指導すれば段々楽しく、うまくなって、本人もやらないと気持ち悪くなるみたい。次男(1歳半)にも同じようにやらせていくつもり。生活していれば、誰かがやらなければいけないこと。自分のことは自分でやる習慣身につけることから段々広げていけばよい。

    ユーザーID:6479371771

  • 専業主婦かどうかで違ってきます

    主さんは働いているんでしょうか?
    専業なら
    小学生になると
    無理になるかもしれません
    なぜなら
    わざわざ、子どもにお手伝いさせるために
    家事を残すことになるからです

    働いていると
    子どもでも戦力になりますので
    必然的にお手伝いをさせやすい傾向になります

    周囲でも
    専業のおうちの方は、幼稚園の頃は、お手伝いごっこで
    一緒にしていても
    小学校になると宿題・習い事・塾などが優先になり
    あまりしなくなるようです
    また、
    自分の使った食器運び、おもちゃの片付けは
    お手伝いではなく
    躾ですね

    ユーザーID:8602942909

  • 「お手伝い」と「仕事」は違う

    「やらないのを叱る」のはお手伝いの範囲を超えてませんか?
    お子さんの年齢がわからないので、状況はよくわかりませんが、手伝うとは本来やるべき人を助けるためにすることですよね?
    それをしないからと叱るのは、違うかなと思いますが、どうでしょう。
    本人の仕事と約束しているなら仕方ないですが。

    お手伝いは強制されてすることではないと思います。
    お手伝いが楽しい時期があります。(3歳頃)
    そういう時期に楽しくお手伝いさせ「手伝ってくれてありがとう!」「上手だね」などの言葉をかけ本人のやる気につなげて習慣化させるのがいいのかなと思います。

    ちなみに現在うちの長男は4歳。
    保育園では自分の食器や使った物はきちんと片付けます。
    家では、家族みんなの分を片付けてくれたり、料理を運んでくれることもあります。自主的にです。
    でも、しない日もあります。それでも「やりなさい」と言ったことはありません。
    「お茶碗持ってきてくれると助かるな」と言います。
    それで「やりたくない」と言うことはないですよ。

    手伝いをやらせる方法に問題あるかもしれません。

    ユーザーID:6966355774

  • 文章にしてあるからビックリするだけじゃないですか?

    別に毎日全部きっちりやれってわけでも無いでしょうし、コレ位ならうちでもやってましたよ。
    低学年の時も休日は母が庭掃除をするのを見ながら、上靴をバケツにつけて妹と並んでバシャバシャやってました。
    布団も家族中のを干すのは母、取り込むのは私とかその逆とか。
    食事の支度も、私がテーブル拭いて妹がお箸並べて、その間に母がよそって私達がテーブルへ配膳したり。
    おしゃべりしながら、楽しくやってたと思います。
    勿論、面倒な時もあってダラダラやって怒られたりもしてましたが、それって日常の風景だと思います。

    家が嫌いになるとか無いですよ〜(笑)
    なるとしたら、子供に全部まかせっきりで親がゴロゴロしてたら嫌かもしれませんね。
    一緒に並んでやってると楽しかったです。
    洗い物を一人でしてた時は、母は林檎を剥きながら待っててくれたなぁ。
    終わった後の「ありがとう」は嬉しかったです。
    子供の頃からなんにもしてない父は相変わらずゴロゴロしてて、腹が立ったりもしてましたが(笑)

    ユーザーID:5785552065

  • 補足読みました

    お子さん、まだ小さいんですね。細かくあげたのはあくまでも目安と。
    うちの子供の周囲でも全くやっていない子もいます。PTAで終日出かけた時ですが家にすごい剣幕で電話しているお母さんがいました。「カップ麺を置いてきたけどお湯の沸かし方がわからないっていうの。お宅はお昼どうしたの?」というので自分達で食べてるよと言うと「料理できるの?!」と絶句していました。母親自身が神経質&心配症で包丁やガスは触らせない、高価な食器なので割られたら困るとか話してくれて、うちはIHだからガスの心配はないなぁという点に気づきました。同居の人は「子供が何かやろうとするとおばあちゃんが出てきて何もさせない」とか、手伝いを頼むと「家事は母親の仕事じゃん!」と自室に行ってしまうお子さん・・みんな様々でした。
    >放り出してやらないのを叱るのはいつも私です。。
    うちもそうです。旦那はズルい。笑
    小さい頃は手が遅い子供達にイライラしてしまうこともありましたが我慢我慢。夜中に茶碗を洗いなおしたり洗濯物をたたみ直したり・・お手伝いさせるとさせないより大変なんですよね。旦那さんには何とでも言わせておきましょう。

    ユーザーID:7112719554

  • お手伝いは楽しく

    トピ主さんのお考えが一般的なのかどうかはわかりませんが、
    ちょっとお手伝いの域を超えているかなとは思います。
    お手伝いではなくて家事分担のような印象を受けるので。

    ただお手伝いって自発的に楽しくやるものではないでしょうか。
    そうじゃないと負担になってある程度の年齢になったら、
    家になかなか帰ってこなかったりして(笑)。

    ユーザーID:9949415168

  • 19歳です。

    〜6歳:自分の使った食器運び、おもちゃの片付け
      →これは当然だと思います。

    私は6〜8歳ぐらいで、洗濯物の取り入れ〜たたみと
    自分の靴を洗うのと自室の掃除はしてきました。
    玄関掃除と食事前後のテーブル拭きは6歳からでした。
    食事作りはもう少し遅くてもいいかな。
    食器洗いと食事作りを一緒にするのは
    もうちょっと年齢を重ねてからがいいと思います。

    布団干しは体格を考えてからがいいですよ。
    小柄だと苦労します。

    ユーザーID:8417062746

  • 親次第

    親の態度次第だと思います。
    トピ主さんが「私はやってたんだから子供もやって当然」を前面に出さなければ大丈夫かと。自分がやってた=普通。当然。じゃないですから。現に「自分はやってなかった」旦那さんにとっては「強制労働」と感じてらっしゃいます。
    私自身はお手伝いは嫌いでした。というか母の言うことを聞くのが嫌いでした。今思うと母が子供の操縦が下手で下手で。
    兄弟には性格や体格や生活の差がありますので、お子さんが二人いるのなら平等を心がけてあげてくださいね。

    大人だってなんとなく料理したくない日があったり、そんな時は出前を取ったり外食したりしてやり過ごせますが、自分の都合でそういった「ちょっとしたサボリ」が許されない子供にとってはお手伝いでなくまさに「強制労働」と感じていました。家に帰るの嫌でしたよ。

    小町の皆さんも「嫌じゃなかった」「むしろ当然では?」とおっしゃる方は親御さんの対応が適切だったんだろうなと思います。

    ユーザーID:0834425283

  • 計画しすぎ

    >・・・と子どもに「与えること」の話が続き、私がふと「あげるばっかりじゃなくて、その歳でやれることはお手伝いできるように育てていかないとね」と言い出したのがきっかけでした。

    子育てなんて与えるばっかりでいいのよ。
    それと生活習慣を身に付けさせる事、家族で協力して暮らしていく事はまったく別の話です。トピ主さんの計画は「その年でお手伝いできて当然のこと」で特に表にするまでもない。わざわざ計画などたてなくても親の背中を見て自然と身につくものです。親の背中を見せるのも与えることになってると思います。

    でも夫婦で子育てを話し合うのは素敵なことです。手伝いも今から「コレ!」と決めてしまわずに、臨機応変・適材適所でやっていけばいいと思います。

    ユーザーID:6041442123

  • うちの娘(年中4歳)の場合

    毎日・・自分の食器片付け、自分の机・リビングのおもちゃ整頓、

    時々・・週末のご飯手伝い、洗濯物をたたむ
    ぐらいはします。料理は特に手伝いだと思っていません、自分で「やりたい」と言ってきたので。むしろ楽しみのようです。そのときは献立も考えてくれます。

    親が決めてしまうのではどうか・・と思います。
    うちの主人は強制の手伝いがイヤだったと言うからです。決まっていませんが、我が家の家事も私はアップアップだったり、疲れているときはしてくれます。
    楽しみながらさせたいですね。ただ、本人の生活に直結するものは絶対に自分でさせたい(自然とあたりまえと思わせたい)ですね。

    ユーザーID:6360907901

  • お子さんの態度に表れていますよ

    トピ主さんの2回目と3回目の発言を読みました。
    スケジュールのようなものが出来たいきさつは、自然なものだと思います。
    でも、子どもとご自分は別物と考えたほうがいいですよ。
    トピ主さんが同じ事をこなして家が嫌いにならなかったのは、それはトピ主さんが苦にならないタイプだったからか、実は苦だったんだけど自分の本音からは目を逸らしていたかだと思います。

    もしも後者なら、自分と同じ事を子どもが出来ないと、自分がやってきた事を出来ないのは許せないからと必要以上に怒る事もあるでしょう。

    気になるのは、トピ主さんが今お子さんにお手伝いを「させて」いる事。
    お子さんがぐずると叱る事。

    自立を促すためのお手伝いだとおっしゃっていますが、自立って甘えたい時期にちゃんと甘えられた人ができるものなんですよ。
    ぐずるという形での甘えを受け入れてもらえないお子さんが、果たして将来自立した人間になれるのでしょうか?
    形だけいろんな家事が出来ていても、精神的に自立できていないなと感じる人なんていくらでもいます。

    やっぱり現段階で、すでにお子さんに「求めすぎ」だと思いますよ。

    ユーザーID:4315945090

  • やりすぎと言うよりも・・・

    母は私を産んでから専業主婦になりましたが、私が小学校低学年の頃にフルタイムの仕事にもどりました。
    学校から帰ってくると母から「おかえり」の言葉と一緒に「お米4合お願い」とか「洗濯物ヨロシク」とか「お風呂入れててね」と書かれたメモがあり、家事を手伝うことはありましたが強制された記憶はありません。
    なのでたくさんのレスの中に、お子さんに対して「使う、仕込む、やらせる、叩き込む」等の言葉があってビックリしました。

    幼稚園生の頃には祖父が小さなMY包丁プレゼントしてくれ、母が料理をする隣で私は野菜を輪切りにする手伝いをしました。アイロンがけをする母を見ては「私がするーーー」と言って、母からアイロンを奪ってアイロンがけをしました。遊びにきた祖母の前で食器洗いを自慢げにしてみせました。家事を手伝っているというよりも、全てが遊びの延長のような感じでした。
    そんな私も今年結婚して家事が仕事になりました。家事を遊びの延長と楽しめるのは子どものうちだけだと思います。
    お手伝いをさせるんじゃなくて、自主的に楽しんでできる環境を作るのが両親のつとめではないでしょうか?

    ユーザーID:5690570652

  • 基本は自分のことは自分で

    私が育った家は「自分のことは自分で」「働かざるもの食うべからず」が教育方針でした。
    物心ついたころから夕食のテーブルにお皿やお箸を並べたり、食べ終わった食器をシンクに運び水につけたりは当たり前でした。
    小学校に入ったら自分のシューズは自分で洗っていましたし、部屋の片付けも幼稚園の頃から兄弟で協力してやっていました。
    また、両親が共働きなため、小三のときから夕飯は私の「仕事」(これはお手伝いではないと認識しています)でしたし、私が夕飯を作っている間に、兄は洗濯をいれてたたみ、弟はお風呂を洗っていました。
    私は「お手伝いは○○歳から」とか細かく決めるのではなく家庭の都合や子供さんの成長などを見ながら、みんなが協力しあう形で行なうのが本当の姿ではないかと思っています。
    子供ってちゃんと親の背中を見ていますからね。必死に汗水流して働いている姿を見れば「助けなきゃ」と思うでしょうし、親も子供には出来ないと決め付けないで「助けて」というオーラを少しずつ出して導いていくことが大切なのかも・・・と思います。

    ユーザーID:5865292488

  • 年齢的には遅いくらいだと思う

    決めるのはどうかと思いますが・・・。

    うちの4歳児は3歳半から、危なくない包丁で食事作り手伝ってくれてます。余計に時間がかかりますけどね。
    あとは洗濯物をたたむ(これもやり直しが必要)。

    楽しみながら家事に参加してくれて、尚且つ、色んなことを学んでくれると嬉しいですね。
    小さな子供って、家事も遊びの一つって感じじゃないですか?なので、強制はどうかと思うけど、ドンドン家事に参加させるのは賛成です。

    ユーザーID:5149847418

  • いいのでは…

     お手伝い、いいじゃないですか。
    「できる範囲内で」じゃんじゃんやってもらいましょう。私も小3の時には食後の片づけ、洗濯物たたみなどは私の仕事でしたし。学校の勉強では得られない知識が得られます。生活力を磨いておくのはいいと思います。

     今時のお子さま達は忙しいこともあるけど、本当にモノを知らないなぁ〜、と感じています。親が過保護なせいで「お茶の入れ方も知らない」とんでもない社会人がいたりしますからねぇ。
     「自主的にやる日が来る」とは限らないですし、家事のみならず「嫌いでもやりたくなくてもしなくてはいけないこともある」ということを子供も知るべきです。それに「いざとなれば家事ができる」のは親も子供自身も心強いですよん。
     家事の大変さ、親の大変さ、生活すること、などがわかってくれば自主性もさらに進むのでは。ある種の責任感も生まれるでしょう。
    がんばってくださいね〜。 

    ユーザーID:7652760877

  • 量より持って行き方かなあ

    トピ主さんの文を読んでひっかかったのは、旦那さんが「強制労働」と感じるというところと、お子さんがぐずってるのを叱ってやらせるってとこです。

    レスの方々でお子さんがいっぱいお手伝いしているご家庭は、お子さんから率先して楽しくやってますよね。
    それには、お母さんの気持ちに余裕が絶対必要です。

    でも、トピ主さんの文を読んでいるだけで、ちょっと息が詰まると言うか、「反論は許さない。私の考えどおりに動いて」って圧力を感じてしまいます。
    今現在、お子さんがお片づけするときも、やったら「えらい!」とほめてはくれないけれど、やらなかったら叱るそうですし。

    現に、旦那さんが楽しく家事を手伝うようにする教育は失敗しているわけですよね?
    ちょっと失敗するだけで文句言って、感謝はしてなかったりしませんか?

    私が子供だったら、「手伝いをする種類や量は別に文句ないけど、お母さんじゃなくお父さんと一緒にやりたいな」とたぶん思います。

    ユーザーID:3778477963

  • 2度目のレスです

    トピ主さんの12月11日のレス、読みました。完全に決めたのではなく、何が出来るかリストに加えていっただけなのですね。なら大丈夫です。トピ主さんなら臨機応変にいけそうです。

    子供が家族の一員として仕事(家事)を分担するということは意義があり、上手くなくともいろいろ経験することはいいことだと思います。

    他の方のレスを拝見して思い出したのですが、自分の子供の時、手伝わされていたのが非常に嫌でした。何を手伝わされていたかというと、夕飯後の後片付け。食器洗い全部(たまには母と2人で)を強制的にほぼ毎晩させられていました。母が自分がしたくないから私にさせてたと思って腹が立ちました。実際はどうだったかわかりませんが、今でもそうだったと思ってます。料理も毎日の風呂掃除も全部祖母がやっていましたから、母のする家事というと食後の片付けくらいだったので。

    親が子供の見本になるべく姿勢を取ってるかですよね。親が怠惰であってはいけないし、ただの押し付けでは子供のお手伝い精神を損ねてしまいます。家族意識を育てていくことも大切ですね。

    ユーザーID:2381730031

  • 孫の場合

     我が家の孫のお手伝いについて、時々娘と喧嘩をします。でもレスの中に「それはお手伝いではなく自分でやるべきこと」と言うのがあり、なるほどなぁと納得したところです。

     我が孫の9歳の女の子は、自分が当然すべき事以外は、
    1お風呂掃除(学校から帰った時にするようです)
     祖母である、我が家に来たときは、昼、夜の食事作りを手伝わせます。これは将来とても役立つと思います。
     包丁を持ち野菜、果物なんでも切らせます。モチロン目は離せません。それから、先日は玉子焼き、オムレツ等もフライパンで焼いてもらいました。
     誉めてやると、何でもどんどんお手伝いと称して遣りたがります。

     まぁ、現在はそう言ったところですね。
     洗濯物たたみ。アイロンがけもしたがりますが、お料理ほどではありません。今後の課題です。

    ユーザーID:8881212213

  • 今から決めなくても・・

    私の息子は今3歳ですが、
     食器運び
     おもちゃの片付け
     食事の手伝い(食材を鍋に入れる)
     洗濯、吹き掃除
    の手伝いします。

     食器運び、おもちゃの片付けはしつけましたが、他の手伝いに関しては息子が興味を持って、やりたいと言ってきました。
    まあ、結果的にぐちゃぐちゃにされ、普段より倍近く時間がかかってしまいますが、二人で笑いながらする家事は楽しいです。
    トピ主さんの仰ってるお手伝いの中で、私が子供の頃やってなかったことが、食器ふき、シューズ洗い、玄関掃除、庭掃除、布団ほし、下着洗濯です。息子にやらせるつもりもありません。

    ユーザーID:0704567002

  • すごっっっ・・・

    やっぱり主さんも言ってるように、子供によって興味を持つ時期も違うし、子供の質にもよるので、年齢別に考えると言うのは良いことかもしれないですが、意味がないような気がします。

    ちなみに私は高2から親の事情で一人暮らしをしましたが、それまではお手伝いをしていませんでした。と言うか、最低限自分のことしかしてませんでした。覚えてるのは小1の頃にはボタンつけをしていたような・・親が忙しかったもので。。洗濯をたたむや掃除はあまりにも部屋が汚いと他の部屋もやりましたが、基本、自分の部屋のみでしたね。料理も日曜日に起きると(昼近い)両親がいなくて仕方なく自分のぶんを作ってたとか・・・

    現在、小学生の子が二人います。上の子はやる気なしです。でも器用なのでちょっと教えるとすぐにできるようになり、2年生ですが包丁も使いますし、焼き物はやります。下は幼稚園の頃から洗濯をたたみたがり、幼稚園バスが来る前に掃除機を掛けてくれました。今は小学生で家を出るのが早くなったのでやらなくなりましたが。自主性に任せたいと思いますし、やりたいと思えばすぐに覚えるので。

    ユーザーID:5285057142

  • 言葉が悪かったですね

    トピ主です。たくさんのレスありがとうございました。
    「お手伝い」という言葉が良くなかったですね。子どもがするのを全てお手伝いと呼んでいたので、言葉の意味とずれてしまっていました。私の考え方だと、お手伝いというよりは仕事を任せるの方が近いみたいです。

    夫とは、「手伝いと仕事、どちらの範疇か」ではなく、「子どもに家のことをどこまでやらせるか」「自発を待つか親から働きかけるか」で意見が分かれています。
    夫の主張は「勉強も家のことも子どもがやりたいときに。大事さが分かれば自然にやるようになる。親が手をかけない方が子どもは伸び伸び育つから」です。
    私は、「やりたいことはもちろんやらせる。ただ、やらないといけないこと、すでにできると思われることも、やりそうにないならやらせる。できないことを無理強いはしないけど、『その日の気分』とか『面倒くさい』とかの理由で逃げるのを看過するのは甘やかしだ」と思っています。

    私自身も、子どもが自発的に「やろう」と思えるような育児をできるように心がけたいと思います。ただ、子どもの自主性ばかりでは偏りが出てくる気もします。そんなことはないのでしょうか?

    ユーザーID:1183770724

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • トピ主さんは何をするの?

     このお手伝い計画によると,子供さんが成長していくごとに新しいお手伝いを増やす(前の年のものに加算していく)方式なのでしょうか?
     年齢が上がると,学校の宿題や受験勉強,もしかしたらスポーツや習い事に部活,と帰宅時間が遅れたりしそうですが,この計画表のとおりに毎日子供さんがこなさないと,ペナルティを与えたり,親が手伝ったりしないで子供がやるまでほっとくのでしょうか?
     もしそうなら,旦那さんの「強制労働だ!」ってのもわかります。
     だって,加算式だと学校の部活でへとへとになって帰宅→食事作り→洗って洗濯たたみ→その間に玄関やトイレの掃除もしなくちゃ→風呂掃除して下着洗濯?その間,お母さんやお父さんはリビングでまったりしながら子供の「お手伝い」を眺めて,子供が沸かしたお風呂に入っている時に,ようやく子供が疲れた身体で宿題や復習をするの?
     昔,ご自分が出来てたとしても,今の子供の学校生活に取り入れるのは難しいと思います。
     毎日強制ではなくてやり方を教えて自分で出来るようにする,そして自発的に手伝える時に手伝う子供を目標に,ていうなら,いい躾をなさってるな〜と思いますが…

    ユーザーID:3417238216

  • 家事労働と子どもが思わない程度がよい。【1】

    母親が夜に家庭教師の仕事を行い、昼間は無償の奉仕活動をしていたため(月に90時間、年間1000時間)、家事を小2のときから、強制的にやらされていました。
    昼間母が奉仕活動をしている間に私と弟が帰宅し、夕方帰ってきた母が家事と食事の支度をし、夜に仕事に出かけていく、という生活パターンでした。
    夕方の短い時間に色々なことをしないといけないおかげで、母は常にイライラして不機嫌で、洗濯物を取り込んでいなかったり、また洗濯機の中に洗濯物が置きっぱなしになっていると怒鳴られ、怒られ、時には体罰(パンツを下げ、皮ベルトなどでムチ)を受けました。
    だから、学校から帰ってきた私はまずできる家事を全て行ってからしか、自分の時間がありませんでした。母に般若顔で怒られるのは恐怖だったからです。
    続きます。

    ユーザーID:5289209379

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧